タグ:旬の食材 ( 139 ) タグの人気記事

2月3日&4日のお昼と夜、合計4回の食事会を葉山のシチリア料理店ピスカリアとのコラボにて開催しました。

いつもは料理教室ですが、今回は食事会。
シチリアからえっちらおっちら、たっくさんの食材を持ち込んで日本で料理してきました。

メニューはピスカリアのシェフと色々と意見を出し合って、お互いコレだ!というメニューをバランスよく組み合わせました。

今回の私の目玉は、

「ブロッコリーとリコッタのパスタ」

これ、本当に簡単で美味しい近年私の冬のお気に入りの一皿♡

e0335287_03101269.jpg

本当になーんてことのない料理なんです。
が、美味しいリコッタが必要不可欠。
なので、なかなか日本では味わう事の出来ない料理かと。

リコッタ、もはや通年チーズ屋さんで売っていますが、旬は冬。
私がシチリアに来た頃(2005年頃)は、夏のリコッタは注文しておかないと確実には買う事ができませんでした。
シチリアは冬だけが緑の草が食べられる時期(羊が)。
夏は暑すぎて草も枯れてしまうため、飼料用に作った枯草を食べるのです。
だから美味しい乳が出ない。
よって美味しいリコッタもできない。

この料理、本当に家庭料理の神髄のような一皿で。
「冬の体暖まる料理」というテーマでメニューを考えた時、
一番最初に頭に浮かんだ料理でした。

去年の冬にはトラーパニの老舗トラットリア「カンティーナシチリアーナ」のシェフ、ピーノを連れて、
ピスカリアで「トラーパニ伝統料理の会」を開催したのですが、
その時にも皆さんに召し上がっていただいた「カジキのパンテッレリア風」。
今年はREIスタイルで召し上がっていただきました♪

e0335287_03181012.jpg

同じ名前の伝統料理でも料理人によってその仕上がりは違うもの。
私は魚の臭みを取るためにしっかりと焼いてから煮込みますが、
ピーノは焼かずに煮込みます。
同じ名前の料理ですがその出来上がりは別の料理。

去年と今年、2年連続でご参加の方は気が付いたかな?

その他、作った料理の数は合計で10種以上。
うち多くの料理はシチリア直送食材で作りました。

その他、料理とイベントの開催風景はラ ターボラ シチリアーナのホームページにアップしましたので、
そちらをご覧ください。↓


e0335287_03255859.jpg

ピスカリアのオーナー出雲夫妻とスタッフで集合写真♪

とっても楽しい2日間(正確には半日仕込みで2.5日間)でした。
ご参加頂いた皆様、そしてピスカリアの皆さん、本当にありがとうございました!

通常は日本では料理教室を開催していますが、レストランさんとのコラボも大歓迎♪
是非うちでっ!という方、お声をおかけくださいね。
一緒に料理しましょ~♪



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-02-17 03:31 | 日本での活動 | Comments(2)
e0335287_20131523.jpeg


だいぶ糖質オフライフにも慣れてきた今日この頃。

トラーパニで土曜日に、エリチェの山の麓で水曜日に毎週開催されている屋外の農民市場は、
我が家の強い味方で。
いずれも近いので野菜はほとんど土曜日か水曜日に仕入れていたのですが、
それに加えて金~日の午前に室内の農民市場が昨年暮れにオープン。
ということで、現在、水・金・土・日にの4日に買い物できる日が増えて。
なんだか私達のためにオープンしてくれたような(笑)

室内の農民市場にはチーズ屋さんが2軒。
1軒は地元、もう1軒はシチリアの南側からやってきていて、
同じ羊のチーズでもやっぱり風味が違って。
でも、いずれも美味しいチーズ屋さんであることは間違いなく。

最近のお気に入りは、たーっぷりのピスタチオが周りに引っ付いているペコリーノ。
プリモサーレと言って1回だけドボンと塩水に漬けて少しだけ熟成させたフレッシュ感漂うチーズ。
そこはかとないソフトな羊感と、チーズが醗酵し始めた時の爽やかなヨーグルトのような風味がたまらない♪

先日アップしたリコッタもここのチーズ屋さんのもの。

チーズは血糖値の上昇率も緩やか。
チーズ大好きのC氏にとっては糖質オフライフの強い味方です♪



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-01-28 08:07 | ゆるゆる低糖質OFFライフ | Comments(2)
「ゆるゆる糖質ライフ宣言」を始めてから約2週間が経ちました。

血糖値は毎日ではありませんが、週2~3回計測して経過観察中ですが、
2週間の食事療法で随分と改善しました♪
一般的な「血糖値正常値」からするとまだ高めではありますが、
お正月明けに私の度肝を抜いた数値よりはだいぶ低くなり。


現在は週に2~3回、朝の血糖値を計測して前日食べたもの、行動(ジムに行ったとか、走ったとか)と見比べて、
どんな食生活がいいのかな?と研究中。
来月は、食前、食後と血糖値を計り、どんな食材や調理法、そして組み合わせが、
血糖値の急上昇を防ぐことができるのか、こんな人体実験に移りたいと思います。

というのも、とあるFBに記事をアップしていたところ、糖尿病専門の管理栄養士の方がコンタクトを下さり。
こんなアドバイスを頂いたのです。

「摂取する糖質の量よりも血糖値が急上昇しないことが重要」


糖質オフのサイトや本を見ているとほとんどが「摂取する糖質量」にスポットが当たっています。
でもそれは本来の目的ではなく、本来の目的は「血糖値を急上昇させないこと」。
確かに糖質を摂取する量を抑えれば、血糖値は急上昇しないわけですが、そこが目的ではないわけで。
そこに絡んでくるのがGI値と食材の組み合わせによる急上昇防止策。

<追記>
いま、「血糖値を急上昇しないこと」に加えて、「ピーク値を低く抑える事」、この2つが目的、
とこのエントリーをご覧になった前出の栄養管理師の方から更なるアドバイスを頂きました。
====

GI値は日本でもイタリアでももうお馴染みの、食べた後にどれほど血糖値が上昇するかを示した数値。
イタリア語ではIndice Gricemico(インディチェ グリチェミコ)。
低ければ低いほど、血糖値が上がりにくいわけなので、
現在、私もこのGI値が低いものを中心に食材を選んでいます。
例えば、同じくパスタやパンを食べるのでも、普通の小麦よりも古代小麦の方がGI値は低く。
炭水化物量も古代小麦の方が若干少なく、そして繊維質は古代小麦の方が多いので糖質も若干少な目。
GI値も低く、糖質量も若干ではあるけれど少な目ならば、当然、

古代小麦>普通の小麦

を食したほうがいいわけで。

それと、食事の組み合わせによっても血糖値の上昇の仕方が違う事を管理栄養士の方からアドバイスを受けました。

<追記>
またまた追記です。
GI値に関しても、GI値が低いからと言って必ずしも血糖値のピークが抑えられるわけではない、とのこと。
ネットには実際とは違う情報もたくさんあるとのこと。
確信を持つには自分で計測してみて、自分でしっかりと確かめる事。
その情報だけが信じられる、と。
====

このお話を聞いてから、無理矢理に糖質量を抑えた食生活をするのではなく、
血糖値を上げないためにどんな工夫をするかが大切、、、とちょっと目からウロコ。
それまではいかに糖質量を抑えるか、に着眼していましたから。

糖質量を抑える、、、と言えば、ネットで色々と調べていくうちに、
日本には恐るべし量の「糖質オフ食品」があることが分かりました。
日本に行くときもコンビニにはあまり行かないので、気づきもしませんでしたが、
コンビニの糖質オフパン、糖質オフスイーツ、、、すごいっ!!!
でもね、、、こういうものばかりを食べて糖質量を減らすって、なんだかちょっと違うな、、、って。

糖質オフパンを作ろう!と思って色々調べたのですが、
微妙に「これ毎日食べて大丈夫なの?」という素材が入っていたりするんですよ。
いや、大丈夫なものなのかもしれないのですけどね、、、。
でも、工業的化学製品を色々と入れて無理矢理糖質を落としたパンを食べるより、
古代小麦やライ麦で作ったGI値の低いパンを適量食べる方が、体にいいのでは?と思い。
幸いトラーパニではカステルヴェトラーノという小さな街で、昔から作られている黒パン(古代小麦パン)が有名で、
私が来た頃からカステルヴェトラーノから運ばれてきたものがちょくちょく売られていました。
今となっては、グルテンアレルギーの人も猛烈に増えてきたようで、
トラーパニのパニフィーチョでも古代小麦パンは普通に作られています。
ならばこのパンを適量食べるのはどうだろうか?と。

e0335287_21431750.jpg
カステルヴェトラーノの黒パン。トゥンミニアという古代小麦を使って作っています。


糖質オフ、前にも単なるダイエットとして試した事はありましたが、
体のためを思ってこんなに調べたことは一度もなくて。

私にとっては食事ってやっぱり美味しい事が前提。
なので、旬の美味しい食材を使って、食材の組み合わせや食べ方も考えながら、
毎日の美味しい食卓を楽しむことが今の課題。
もちろん栄養価も考えながら。
春以降、仕事が忙しくなったら勉強できる時間も、ゆっくりメニューを考えている時間も少なくなってくるので、
それまでにある程度ペースをつかんでおけたらな~、と。

もうね、去年は「パネットーネ修行」と言って2人でパネットーネを食べまくっていた生活、、、
いまとなっては幻のようですよ(爆)

今までも健康に、、、と食生活を考えてはいましたが、糖質に関するお勉強をしたことはあまりなく。
今まで勘違いしていたこともたくさんあったり、毎日が発見。
知人にも「いま食事療法していてね~」と話すと、
あら?うちもそうなのよ!と、身の周りにそんな人が多くいる事も発覚して。
イタリア人、意外と隠しているその事実(笑)
そして私も今朝、血糖値を計ってみたら自分的にはちょっと高めかな?と思っていた数値が下がっていた、、、
私にもきちんと結果がでた♪

糖質オフ生活はアトピっ子の私にとってもいいはず。
ただ、私の場合、大豆製品をたくさん食べる事が微妙に不安、、、大豆もアレルゲンのひとつですからね。
なので、一つの食材をたくさん食べる、ではなく、少しずつ色々な食材を組み合わせて、
血糖値が急上昇しない美味しい食事、これが理想。

無理せず、楽しみながら引き続きがんばりま~す♪



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-01-23 21:47 | ゆるゆる低糖質OFFライフ | Comments(4)
e0335287_16434259.jpg


年明け、北風が強く吹いた!と思ったら今度はシロッコ(南風)、、、。
風が治った、、、と思ったらスッキリしない曇り空が続き。
ここ数日、ようやく安定したお天気に恵まれるようになりました❤️

e0335287_16454831.jpg


トラーパニは冬でも天気が良ければポカポカの小春日和。
お散歩がとっても気持ちい♩

シチリアといえば夏のイメージですが、冬には冬の楽しみ方があるシチリア。
夏の間は行列を成すパレルモのノルマン王宮も、冬はスイスイ入場できて、
ゆっくりとシチリアの1000年前の栄光を楽しむことができます。
オレンジも旬真っ盛りなので、好きなだけ搾りたてオレンジジュースを楽しむことができます♩

e0335287_16515679.jpg


1年中楽しいシチリア美食の旅❤️



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-01-19 16:43 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_04444229.jpg

農民市場にて出来立てリコッタ。

低糖質ライフには強い味方のチーズ。

糖質もGI値も比較的低く、良質なタンパク質を摂取することができます。


低糖質の美味しい大豆製品が日本にはたくさんあっていいな~、、、と思っていましたが、

美味しい豆腐はなくとも、美味しいリコッタはあるシチリア。

ちなみにリコッタは今が季節🐑🐑🐑


今日はそば粉のパスタ30gとたっぷりのブロッコリーを茹でて、リコッタと一緒に。

最近、お気に入りの食べ方です❣️



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-01-18 04:43 | ゆるゆる低糖質OFFライフ | Comments(0)
e0335287_05175735.jpg

ラ ターボラ シチリアーナのイベント@日本、第1弾のお知らせです!

Piscaria × La Tavola Siciliana コラボ企画!
「シチリアから食材直送!冬のシチリア料理で暖まろう!

葉山の老舗シチリア料理店ピスカリアとシチリア美食の旅の案内人La Tavola Sicilianaのコラボ企画!
ピスカリアのシェフ出雲択逸さんとシチリア在住La Tavola Siciliana主宰佐藤礼子さんの豪華シチリア料理の競演。

テーマは、


「冬のシチリア料理で暖まろう!」


夏のイメージが強いシチリアですが、冬にも美味しい食材がたくさん♪
今回はたくさんの食材をシチリアから直送!
シチリアに精通した2人が冬のシチリア料理を皆さんにご紹介します。


冬のシチリア料理でお腹も心もポカポカに♡


【日時】
2018年2月3日(土)・4日(日)
昼の部 12:00~15:00
夜の部 18:00~21:00


2月3日(土)のお昼の部は満席となりました。➡ キャンセルが出ました!現在3日のお昼の部も受付中!➡再び2月3日(土)の昼の部は満席となりました。


【参加費】
10,000円
たくさんのお腹が温まる料理とワイン3種をご用意しております。

※参加費は当日現金にてご清算させていただきます。
カードでのお支払はご遠慮させていただきます。


【開催場所】
シチリア料理 ピスカリア(Piscaria)
神奈川県三浦郡葉山町堀内918?20
※JR逗子駅、京急新逗子駅から、海岸回り葉山行き、元町下車。徒歩1分
新逗子駅から2,129m


【お申し込み】
ピスカリアに直接お電話下さい。
046-802-8388

※12月31日~1月11日の間はピスカリアは冬休みとなります。
その間のご予約はFacebookのアカウントをお持ちの方は、La Tavola SicilianaのFBページよりメッセージで。

www.facebook.com/tavola.siciliana

FBアカウントをお持ちでない方は、

info2★tavola-siciliana.com(★→@に変更して)

までメールでお申し込み下さい。


【キャンセルについて】
1月15日までのキャンセルは承ります。
それ以降のキャンセルの場合は、代理の方にご参加いただけますようお願い致します。

皆様のお越しを心よりお待ちしております!




by latavolasiciliana | 2017-12-28 12:00 | 日本での活動 | Comments(0)
e0335287_22513197.jpg

お久しぶりです!
長いこと放置してしまったブログ、、、。
秋は毎年、お客様ラッシュ、オリーブの収穫&発送、そして秋の料理教室@JAPANの準備で毎年激忙しいのですが、
今年はそれに加え、とある食品会社から依頼されたとある商品を使ったドルチェレシピ10本ノック!
9月中旬から一気に始まったこの大混乱!
気が付けば50日間、、、全く休んでいなかった!!
自分でも驚いた(笑)

年齢と共に、体力が落ちているのは否めず。
お客様がいらっしゃる時は大体朝出ていってから戻るのは夜中、という、
日本のモーレツサラリーマン的生活なのですが。
以前は家に戻ってからメールの返信やその他の仕事を片付けてから就寝していたのですが、
最近は、翌日の事を考えるとそれよりも休息、休息、、、と思うようになり。
超特急の仕事だけをして、休むことを最優先しています。
そのため、メールの返信が遅くなってしまった皆さま、本当にすみません!
でも、その分、シチリアにいらしてくださった時には120%でおもてなしします♪

さて、今日は久しぶりにゆっくりとおうちごはん。
今年のシチリア、早くに夏が終わったっ!と思ったらまた暖かさがぶり返してきて。
農家さんは

「ナスも、ピーマンもまだまだたくさん成ってるよ!」

と言っていました。
が、ちょっと気温が下がると食べたくなるのがこの一皿。
ブロッコリーを茹でて、アンチョビ、松の実、干しレーズンと合わせます。
ホクホクしたやわらかーいブロッコリーがパスタにまとわりつき、いくらでも食べれちゃう♡
たーっぷりかけた搾りたてオリーブオイルが美味しさ倍増してくれます♪



簡単に作れる秋から冬にかけての我が家の定番パスタです。

さて、11月の料理教室@TOKIO、今日から絶賛準備中です!
24日、金曜日の夜のクラスは初めて作ってみたのですが、私の生徒さんは仕事をしている方が多いため人数が少なめです。
いつもは人数が16人~20人で結構わちゃわちゃしながらの料理教室ですが、
もう少し少人数がいいなぁ~、、、と思っている方、今回はチャンスですよー。

そろそろメニューも最終決定!
決まったらブログにアップしますね♪


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-11-06 21:51 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)
e0335287_04344592.jpg


今日はオリーブの収穫!

今年もやってきたオリーブの収穫❤️
今年は雨が少なく、ようやく9月中旬になって雨が降り始め。
現在、どんどん実が大きくなっている最中。
本格的収穫シーズンはあと1週間くらい先。

でも私は超フレッシュなオリーブオイルが好きなので、一足お先に収穫開始!

今日は自宅にある大きなオリーブの木と、田舎にある今年で4年目の小さなオリーブの木を収穫しました。

今日は2人で軽くの収穫で87kg。
少ない〜(笑

そして夕方フラントイオ(搾油所)に持って行って、、、

でてきた!

e0335287_04392463.jpg


おぉ〜❤️

もう10年以上見続けている光景ですが、
いつ見ても美しく、いつ見ても嬉しい♩

残りのオリーブは火曜日の収穫です!

オリーブオイルの味はどうだったかって?
ふふふ、、、今日は疲れたので、詳しい報告は後日!

=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/



by latavolasiciliana | 2017-10-08 04:33 | オリーブのお話 | Comments(2)
e0335287_21515782.png

毎月連載「ポッカレモン有機のブランドサイト」のコラム10月号が更新されました!

10月のシチリアと言えば、何と言ってもオリーブの収穫!
我が家のオリーブの収穫も目前に迫ってきましたが、オリーブの収穫は10月の風物詩。

今回も写真満載でオリーブの収穫風景をお届けします!

☆コラムはこちらから↓↓↓

「シチリアからの風~マンマに教わったとっておきのレシピ」


☆今月のレシピはこちらから!



去年11月から始まった連載はおかげ様で1年が終了しました。

ご好評いただき連載はこのまま続行することとなりました☆彡

ご愛読いただいた皆様、ありがとうございます♡

第2巡目も、シチリアの季節の食と風景をお届けします。

引き続き、どうぞよろしくお願い致します♪



=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/





by latavolasiciliana | 2017-10-02 21:59 | 日本での活動 | Comments(0)
e0335287_16324748.jpg


美味しいリコッタを入手❤️

茹でたパスタにリコッタだけ、、、というシンプルバージョンも好きですが、
冷蔵庫にパンチェッタの残りがちょっとだけあったので、
じっくり炒めたパンチェッタ+リコッタバージョンに。
リコッタがかなり濃かったのでサッパリさせるためにシチリアレモンをシャッシャと。
さわやかな香りが一気に立ち込めシチリアの風が吹き。

思わず笑顔がこぼれる幸せのおひるごはん❤️

=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/

by latavolasiciliana | 2017-09-30 16:31 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana