タグ:旅~日本 ( 15 ) タグの人気記事

今年4回目の日本滞在記

e0335287_02521056.jpg


5月下旬、C氏と旅した日本の滞在記もまだ終わっていないというのに、、、。



2018年4回目の日本に行ってきました。
今回は、久しぶりに仕事抜き、、、というか、もしかして2004年にイタリアに渡ってから初めてかもしれない仕事抜きの日本滞在(驚)
(途中、ビザ関連で日本に行ったことはありましたが)

暑い―、暑い―、、、、と沢山の人に脅されて行った日本ですが。
普段から暑い島で過ごす私は、

「別に暑くない、、、」

という感じでした(笑)
きっと、暑い島には暑い島なりの暑い夏を過ごすヒントが生活のあちらこちらにちりばめられているのかと。

到着した日は40度近くまで上がって、そこそこ暑いな、、、と思っていましたが、
帰国(シチリアに)当日はもう若干寒いくらい。
今回の日本滞在は9日間。
その間に夏→秋になってしまった、、、(笑)

今回は諸々の所用のために行ったため、尚且つ、その用事が予定が読めずアポを取る事ができなかったため、
食事に行きたかった方々にも結局ご連絡できず仕舞いで。
でも、様々な所用はそこそこ終わらせることができて、満足な日本滞在でした。

途中、時間が空いたところで興味のある展示会にも行ってきました。


e0335287_02525047.jpg


琉球、つまり沖縄はシチリア同様興味のある島。
沖縄には土着の文化があって、人々の中には今も尚「琉球人」というアイデンティティがある。
それはシチリアも同じく。
国境、島国、海洋王国、暑い地方、そんな同じような風土に影響されたからだろうか。
シチリアと沖縄には多くの共通点があり。

私はそんな土地にすごく惹かれるのです。


そして他の日。
本当は縄文展に行くつもりで行った上野ですがは、、、。
縄文展、ウワサには聞いていましたがすっごい人、人、人、、、(汗
あまりの人混みにさっさと退散。
近くで開催していたミケランジェロ展へ。


e0335287_02525332.jpg

普段イタリアで見ているような彫刻を日本で見るという、
ちょっと妙な感じ。。。
こっちは空いていてゆっくりと鑑賞できました。

そしてやっぱり日本滞在中のお楽しみは食!
今回は時間を縫って縫って、、、だったので、
あまり多くの機会はありませんでしたが、それでも満喫。

e0335287_03075169.jpeg

久しぶりの江戸前寿司。
一つ一つ、丁寧な仕事がしてあり、宝石のような江戸前寿司を堪能。


e0335287_02525650.jpg
やっぱり蕎麦も美味しいね♪


e0335287_03081868.jpeg

トラーパニで食べられないもの、それはアジアンなもの。
大好きなフォー❤

なんだかんだ、美味しい食事も堪能できました!

あともう1回、料理教室で日本に行くので、今年は計5回の日本訪問。
2.5か月に1回のペースで行っている事になり。
日本で料理教室を始めたのが確か8年前くらい。
当初は時差ボケにかなり悩まされていましたが、もはや体が慣れてきたのか、時差ボケもかなり少なくなり。
トラーパニ⇔東京間は、もはや大阪⇔東京間くらいな感覚です(笑)
(それは言い過ぎか?)

さて、来週からはお客様が続きます。
やらなければならないことを箇条書きにしたら、あまりの量に唖然、、、、(@_@)
頑張らねば~。


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-09-06 20:08 | 世界を旅する | Comments(0)
e0335287_02173313.jpg

広島2日目。
広島、、、と言えば、原爆資料館&原爆ドームしか最初は思い浮かばなかったのですが、
考えてみたら宮島があるではないかー、と気が付いたのは出発前にガイドブックを見ていた時。
そっか、だからイタリア人に人気があるのか。

宮島と言えば、潮の満ち引きに寄って道ができたり、水に沈んだりする、旧約聖書のようなお話が現実にある場所。
そしてそれが奇しくも日本では「神々の住む島」と言われているわけですから、
キリスト教信者にとってはちょっと興味深いのも頷ける。

ホテルからバスに乗って広島駅へ移動。
そこから電車に乗って約30分。
宮島行きの船がある宮島口駅で下車。
人が流れていく方向に行くと船乗り場があります。
早速切符を買って船に乗り込む!
微妙にあまり天気が良くありませんでしたが、乗って少しするとすぐに見えてくるあの有名な光景。
行くときは大鳥居は海の中にいました。

やっぱり海の中に立つ大鳥居って不思議。

さて、島に着きました。

で、また皆が向かう方に歩く(笑)

e0335287_02255288.jpg

牡蠣発見♪
目の前でジュージューお姉さんが焼いていましたが、まだ時は朝。
微妙に食べる気になれず、帰りに食べよー、と言って通過。

e0335287_02280029.jpg

修学旅行の学生達がたくさん。
いつもなのか、シーズンだったのか。

宮島と言えばアナゴ。
今日のお昼はあなごめしかね~、、、と物色しつつ。

e0335287_02315063.jpg

でも、友人が宮島駅前にあるお店が美味しいよー、と情報をくれたので、宮島ではパス。

そして、広島と言えば、、、のもみじ饅頭。
あちらこちらで売っているんだけど、ここは日本の観光地、絶対に焼きたてがあるはずだ!と思い探していたら、、、

e0335287_02335001.jpg

予想通りあった!(爆)
さすが日本、、、。
おまけに作っているところも外から見れて、お茶と焼きたてもみじ饅頭で150円。

e0335287_02361177.jpg

なんか思いっきり観光している感じがして、気分が盛り上がる(笑)

さて、楽しみながら歩いている間に嚴島神社到着。
早速、鹿がお出迎え。

e0335287_02400140.jpg

イタリアでは本人は特別好きなわけでもないのに、いつも子供と動物になつかれるC氏、、、と思っていたら鹿にもなつかれた!

大鳥居が近づいてきました。
この時点ではまだまだ海の中。

e0335287_02440739.jpg


早速神社に入ってみる。

e0335287_02460881.jpg
おー、イタリア人好きそう!
そして早速何かを見つける。

e0335287_02483359.jpg


「なんじゃこりゃ?」

境内ではちょうどお祓いが始まる前で。

e0335287_02511625.jpg

不思議な動きに興味津々なイタリア人。

しかし大きな神社だなー。

e0335287_02562139.jpg

今の本殿は元亀2年(1571年)、毛利元就によって改築されたそうで。
そして本殿も水の上。
確かにこれは大観光地になる理由も分かる。

神社を抜けると、懐かしの昭和な街並み。

e0335287_03034028.jpg


こんな路地もいい感じ♪


e0335287_03022331.jpg

さて、この後どうするか。
ロープウェイで上に登る?
どうする?
と、宮島でもらった地図を見ていたら、、、、。

あ!!!!

e0335287_02263940.jpg
後ろでシャカシャカ音がするので振り返ってみたら、神社の説明書きを鹿に食われた、、、、。
なんと罰当たりな鹿じゃ!(笑)
もう我ら、眺めるばかり(苦笑)

さて、結局、C氏の「水族館に行きたい」という一声で行先は決定。

入ってすぐの展示は、牡蠣の養殖。



入ってすぐの展示は牡蠣とホタテの養殖。
さすが広島!

e0335287_02332223.jpg


養殖は上からとか写真では見たことありますが、水中を見たのは私も初めて。
水槽の中では魚も普通に泳いでいて、海の中を再現した感じで。
へ~、こうなっているのね。


e0335287_02363853.jpg
イタリアンカラーにライトアップされているクラゲや、

e0335287_02382485.jpg

ニモ(イタリア語ではネモ)を発見したり。

でもやっぱりカラフルなお魚はキレイだわ~。

e0335287_02423349.jpg


こんな輩もいました。

e0335287_02444717.jpg

ニョロニョロくん。
写真を撮ろうじーっと見てると砂の中に潜っちゃうコヤツ。
ちょっと離れてから出てきたところを今だ!と撮影。
結構楽しめました。

他にも、普段トラーパニの魚市場に並んでいるような魚や、エビとか、、、あ、懐かしのウーパールーパーもいた。
今見ると微妙な感じがする、、、。

地味な水族館ではありましたが、久しぶりの水族館。
何気に楽しめました。

さて、そろそろ帰るか~、、、と戻っていくと、、、

お~、海が開けて道ができた!

e0335287_02512943.jpg

すっかり潮は引き、鳥居まで歩いて行けます。
これは面白い。
観光名所になるわけも分かるー。
せっかくなので私達も靴が汚れるの覚悟で鳥居下まで行ってみました。

帰り道、そういえば本日、お昼ごはん食べていないー。
お腹が空いてC氏、宮島B級グルメを楽しみ始める。

e0335287_02585172.jpg

なんかよく分からないけど、アスパラベーコンに惹かれたらしく(笑)
そして、焼き牡蠣!
ぷりぷりで美味♡

この牡蠣で食欲に火が付き、、、
本当は宮島であなごめし予定だったんだけど、、、時間があまりに微妙で断念。
この日の夜は広島に戻って牡蠣三昧に決定~!

長くなってきたので、牡蠣三昧は次のエントリーにて!
広島旅、まだまだ続きます!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-07-09 03:02 | 2018春 金沢・広島食い倒れ! | Comments(0)
金沢2泊のあとは、広島へ移動。

何故、広島かって?

それは、、、C氏が行きたいと言ったから。
日本に行ったイタリア人に聞いてみると、必ず訪れたという広島。
東京 → 大阪・京都 → 広島、これがゴールデンコースの模様。
やっぱり原爆資料館と原爆ドームでしょうか。

実は私も行ったことがなかった広島。
ということで、すんなり広島に決定。

移動は電車か飛行機か。
電車の方が時間的には短そうですが、スーツケースを持って構内を歩くのが嫌~、と思い、飛行機で移動することに。
でも、小松空港から広島空港への直行便はないため、小松 → 羽田 → 広島と2本乗り継ぎました。
羽田→広島間は、初めて当たったSTAR WARS号!
搭乗口にヨーダが乗っていました(爆)

e0335287_04311810.jpg

飛行機と電車、そんなに所要時間は変わらないように思いましたが、、、、難点は広島空港から市内が意外と遠い事。
バスで1時間くらい。
飛行機&空港好きの私にとっては搭乗時間の待ち時間も、バスの待ち時間もあまり気になりませんが、
せっかちな方はギリギリに駆け込める電車の方がいいかもしれません。
私は待つよりも混んでいる電車構内をスーツケースを持って移動する方が嫌なんですが(苦笑)

さて、金沢は日航ホテルでしたが、広島はANAクラウンホテル。
ダブルの部屋を予約したのですが、部屋に案内されてみたらあまりの狭さに驚き、、、。
3泊もするので、さすがにもう少し大きな部屋がいいなー、と思い、フロントで空室状況を聞いてみたら、
ツインの部屋だったらもっと大きい部屋があるとのこと。
迷わず変更してもらいました。

e0335287_04364378.jpg

うん、これなら3泊大丈夫。
イタリアはツインのお部屋が少なくて、私もお客様のお部屋をキープするのに苦労することが多いのですが、
日本は逆に、ダブルで快適なお部屋を探すのが難しい。
大体狭いんです、ダブルって、、、(涙)

広島、まーったく土地勘がなかったので、とりあえず中心ぽいところ、ということで選んだこのホテル。
行きは空港からのバスが1日に数本、このホテルの真ん前に停車するのがあったのも理由のひとつ。
なにせ、全く土地勘ありませんから(汗)
大半のところは徒歩で行けるので便利でしたが、駅まで行くのがバスに乗らなければならずちょっと不便。
街歩きだけなら良いのですが、滞在中に駅から電車で移動することがあるならば、
いっそのこと駅前のホテルでも良かったのかな?とも思ってみたり。
ホテルは宿泊客に対してスタッフが少し少ないかな?という印象も。
街のインフォメーションやホテルのサービスの質問をしようと思ってコンシェルジュに行っても人がいない。
フロントには列ができていてなかなか聞けない。
辺りを見回してもスタッフ誰もいない、、、。
お部屋自体に大きな不満はありませんでしたが、サービスは今イチ、という印象でした。
おそらく混んでいたせいもあったのかとは思うので、また次回、広島に行くことがあったらここに泊まってみようかと思っています。

朝から移動して、お部屋を変えてもらって、、、そうこうしている間に、もう夕方!
お昼ごはんは大したものを食べていないので、お腹が空いてきて、、、夜ごはんへ行こう!
去年、シチリアにいらしてくださった広島のお客様に早速情報収集。
すすめていただいたいくつかのお好み屋さんから場所とか色々考えて選んだのがここ。

e0335287_04554836.jpg


みっちゃん総本店。

地元の方の教えにならい、まずは牛筋とビールでお好み焼きを待つ。


e0335287_04582879.jpg


牛筋の煮込みがトロトロで、それをビールでぐいーっと。
いやー、美味しい!

混んでいても必ずカウンターに座るように!

とも、教えを乞うていたのですが、カウンターは煙がモウモウで嫌がるひとが約1名(笑)
なので、カウンターが良く見える席に座りました。

お好み焼きが出来上がるのを見ているのはまるでスペッターコロ。
イタリアにはカウンターで食べる店ってすくないですから。

e0335287_05041436.jpg


そうこうしている間にやってきました、お好み焼き!

e0335287_05044743.jpg


東京では「広島焼き」とも言われるそば入りお好み焼きですが、地元民はやっぱり「お好み焼き」と呼ぶそうです。

あ~~~、C氏の糖質制限よ~~~、日本にいる間はおさらばじゃ!
と、この時点から諦めました(笑)
せめてもの抵抗、C氏のは「そば半分」にしてもらいました。

この日は到着後からずっとハードに動いていてC氏が時差ボケ限界を迎えたため、
広島の街をホテルに向かいながら少しウロウロして早目に退散しました。

さて、明日は宮島へ行きます!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-07-07 04:52 | 2018春 金沢・広島食い倒れ! | Comments(0)
6月上旬、C氏と一緒に行った日本への旅から戻ってきて、怒涛のお客様ラッシュとなり、、、ブログ開店休業状態が続き(苦笑)
結局アップできたのはvo.2まででした。






でもすっごく楽しかった久しぶりに2人で行った日本への旅。
季節もすっかり移り変わり、写真も微妙に季節外れではありますが再び再開します!

さて、金沢食べまくり編に続き、金沢観光です!

まずは金沢、、、ではなく白川郷。
今回の金沢の旅、知人が「白川郷に行こう!」と誘ってくれたことから始まりました。
私も行ったことがなかったし、金沢も久しぶりに行きたいし。

結構観光地化されている白川郷か、こじんまりひっそりの五箇山か、、、迷ったのですが、
久しぶりに饅頭系の観光地もいいかな?と思って白川郷へ。

おー、なんか日本ぽい!(笑)いいね♪

e0335287_00002439.jpg


お、マンホールも白川郷。


e0335287_00032580.jpg

C氏はあちらこちらに植わるイネに興味を持ち。
それもそのはず。
トラーパニには塩田はあるものの、水田はありませんからね~。
アラブ人がシチリアに米を持ってきた、、、という頃には、シチリアには水田があったのか否か、、、。



e0335287_23580506.jpg

一番上まで登ったらこんな風景が待っててくれました。

e0335287_00074487.jpg


なんと緑が深い!
降水量がとーっても少ないトラーパニではこんなに深い緑にはならず。
しかもものすごい密集してる、、、。
とんがり帽子の家の風景も写真で見るよりもずっとずっと素敵でしたが、
一番驚いたのは久しぶりにみた日本の山の風景でした。

さて、白川郷を後にして金沢に戻った後は、仕事で忙しい知人を見送りC氏と2人でいざ金沢観光へ!

駅近くに宿泊していたので、まずは駅の中にあったインフォメーションでバス乗り放題チケットを購入。

e0335287_01153241.jpg
毎回、お金を払う面倒もないし、3回乗れば元が取れるので取りあえず買ってみた。

駅前 → 武家屋敷 → 兼六園 → ひがし茶屋街 → 駅前

と、4回乗ったので余裕で元が取れた。
朝から乗っていたらもっとお得だったんだろうなー。

ということでバスに乗ってまずは武家屋敷近くまで。

e0335287_01190073.jpg


ここ、20代の頃に来たことあるはずなんだけど、、、全く記憶になし(汗)
加賀百万石の加賀藩の上流・中流階級の藩士の屋敷が並ぶこの一角。
観光客はほとんどいなくて、ちょっとしたタイムスリップ気分が味わえます。
武家屋敷の一角に九谷焼のお店があったので入ってみる。

おっ!

鮮やかな緑にお花の柄のカワイイ陶器発見!
急須と湯飲み2個を私の両親のお土産としてゲット。

シチリアでは陶器の街は「良質の土」があるところに発展するのですが、
やっぱりこの辺でも「良質の陶石」が発掘されていたそうで。
陶器と磁器の違いはあれど、基本は一緒なのですねー。

さて、バスに乗って兼六園&金沢譲へ。

午後、といっても14:00過ぎから観光を始めたため、兼六園と金沢城、両方行くのは無理と見た。
C氏にどっちがいい?と聞くと、迷わず帰ってきた答えが「兼六園」。
そう、庭好き、自然好き(笑)
おそらく、お寺やお城は、私達が教会をたくさん見ると何がなんだか分からなくなっちゃうのと一緒で、
今までにも散々私に連れられて見てきているから、お庭の方が良かったんでしょうねー。


e0335287_01341029.jpg

おー、風情がありますのー。

菖蒲のお花がたくさん咲いていてキレイ❤

e0335287_01355615.jpg


普段から私は食べ物が成る植物派、C氏はお花が咲く植物派、ときっぱり別れる私達。
日本庭園は私よりもC氏が喜んどりました。


e0335287_01400887.jpg

続いて、またしてもバスに乗って行ったのは「ひがし茶屋街」。
ここは、春に来た金沢出身のお客様に、茶屋街ならひがし茶屋街が素敵♪、と勧められ。


e0335287_01423130.jpg

なんだか映画のセットみたい(笑)

雰囲気はとっても素敵なのですが、時間はもう結構遅く、、、お店が全部閉まっていました。
個人的にはここでお抹茶と和菓子でもつまみたかったのですが、閉店中だったためそれが存在するか否かも全くわからず。
街をふら~っとして終了。

またバスに乗って駅前まで行き、ホテルに帰りました。

e0335287_01482208.jpg

ホテルのお部屋からはほんのり赤い夕暮れとお月様が臨め。
今回のホテルは全て高層階を予約。
何せ高いところが大好きな我が家のイタリア人(笑)

そしてこの日は、この後に廻るお寿司を食べに行ったのでした。
(vol.2参照)

良く動いた1日だった!

さーて、翌日は移動日。
どこへ向かうのかな??

Vol.4に続くっ!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-07-07 01:51 | 2018春 金沢・広島食い倒れ! | Comments(2)
到着翌日、無事にイベント「シチリア祭り!」を終了し、これからがバカンス❤

今回で日本4回目のC氏、東京は色々と見たので今回は東京は最初と最後だけ。
最初に向かったのは金沢!
新幹線が開通して東京から行きやすくなったのと、知人が案内してくれる!というので楽しみにしていた金沢滞在♪

宿泊はホテル日航金沢。

e0335287_23095422.jpg


駅前で新幹線にも、街中にいくバスにもアクセスが良く。
お部屋からの眺めもキレイ♪
クラシックな感じとモダンな感じが入り混じっていて、スタッフの感じもとてもよく落ち着いたホテル。
とても良いホテルでした。

さて、金沢滞在1日目の夜。
知人が夕食に招いてくださり。

e0335287_23184805.jpg


のどぐろ、鮑、雲丹、毛ガニ、マグロ、がすエビ、甘エビ、珍味色々、、、。
新鮮な食材を使った和食を堪能!

初日、2日目とゆっくり食事をすることができなかったので、
この日の夜ごはんは私もC氏も本当に楽しく美味しく頂きました❤

金沢2日目は朝から夕方までぶっ通しで観光。
お昼ごはんはゆっくり食べる時間がなく。
そして夜に向かったのがこれまた楽しみにしていた廻る寿司。
金沢は廻っていても美味しい!とウワサを聞いていたので、これまたとても楽しみにしていた事のひとつ。

観光を終えて一休みしてから向かってみると、
この日は月曜日だったのにも関わらず、長蛇の列、、、。
東京やシチリアでは絶対に並びませんが、今回C氏も楽しみにしていた廻るお寿司。
どうせ移動しても同じ事だろう、、、と、並びました!
待つこと1時間、、、多分、人生の中で最長の待ち時間(笑)

でも、でも、その甲斐あったかも!

e0335287_23264775.jpg

まずは刺身盛り合わせとがすエビフリットをつまみながら、お寿司を選び。
ガスエビ、白エビ、甘エビのエビオンパレードに続き、のどぐろ、マグロ色々、カニ、雲丹、、、
その後も目に付いたものをどんどんオーダー。
最後は白エビフリットとカニ汁で閉める。

ちなみに途中から食べるのに夢中になり、写真がすっかりありませんでした(爆)

かなりの量を食べ、噂通りに美味しかった金沢の廻るお寿司だったのに、お会計が安くてびっくり!

堪能❤

さて、次は金沢観光編です。
日本旅行記、まだまだ続きます!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-06-05 23:34 | 2018春 金沢・広島食い倒れ! | Comments(0)
気が付けば、最後に2人で日本に行ったのは2014年の春、、、もう4年も経っていました。
もうすっかり私が日本人であることを忘れられてしまいそうな今日この頃。
それを想い出してもらうためにも、久しぶりに一緒に日本に行くことにしました(笑)

日程は東京のイベント「シチリア祭り!」が終わったらすぐに金沢へ。
そして広島、東京に戻ってきてシチリアへ出発、合計9泊の日本の旅でした。

今回の旅、結構ぎりぎりに決めて、尚且つマイレージで2人分チケットを取ったため、
なかなか乗り継ぎの良い便がなく、結局スイスエアに決定。
行きも帰りもチューリッヒ経由となりました。

e0335287_19372582.jpg



パレルモ → チューリッヒ → 成田

チューリッヒでの乗り継ぎ時間はなんと50分、、、。
ネットで色々調べたところによると空港がそう遠くないので大丈夫、という意見多し。
スイスエアは最低乗り継ぎ時間は40分に設定している模様で、成田行きの他、
アメリカ行きも多くの便が40分、45分の乗り継ぎでした。

飛行機を降りたら急ぎ足で歩く、歩く、、、イミグレーションは誰もいなくて列もなくスイスイ。
ターミナル間を繋ぐミニ電車に乗って成田行きが出発するターミナルへ。
更に急いで歩いていくと、搭乗口へ。
ちょうど優先搭乗が始まるところでした。
移動時間30分弱。
私達は余裕~♪で乗り継ぎができたのですが、、、。
成田に着いてみたら、私達の名前が既に張り出されていて(汗)

見事に6個とも全部ロストバゲージ!!

が――――――ん。

シチリア祭りの食材が、、、、手元に何にもなし。
本気で目の前が真っ白に、、、(@_@)

私達は余裕だった乗り継ぎも、スーツケースは余裕じゃなかった(笑)
チューリッヒに置き去りにされたスーツケースは、翌日の同じ便に乗ることが既に決定。
急がなければ届けてくれるのを待つわけなのだけれど、翌日はシチリア祭り、、、急がないわけがない!
なので、成田空港引き渡しにしてもらい、駆けつけましたよ翌朝、、、成田に。

ドキドキしながら待っていると、目の前を通りすがる私達の荷物、、、あ!!!
6個全部無事に到着!!!


e0335287_19390344.jpg

良かった、、、、ホッ。
それにしてもすごい荷物(汗)
もしちゃんと届いていたら、これプラス手荷物の小さいスーツケース2つ、、、すごい事になっていました(^^;)

ピックアップ後、急いで会場に向かい設営。
無事に開催することができました❤

もう本当にドキドキだった日本到着日&翌日。
ばたばたと予定を変更したり、翌日どうやって荷物を取りに行くかを考えたり。
結局なんにもできなかった初日でした(苦笑)

私の洋服は少なかったので全部手荷物で持ってきたのですが、
C氏の洋服は結構あったので大きなスーツケースに入れて預け荷物に。
しばらくロストバゲージがなかったので全く何も考えずに全部大きなスーツケースに入れちゃったので、
C氏着替えも日用品も何もなし!
皆さん、1日分くらいの着替えは手荷物で持って行きましょう、、、。

と、かなりばたばたと始まった日本滞在ですが、いま、シチリアに帰ってきてから考えてみても、
全く予習しないまま行ったにしては、かなり楽しめた日本滞在。

ボチボチと更新していきますので、どうぞ気長にお付き合いくださいませ~♪

※「シチリア祭り!」の様子はラ ターボラ シチリアーナのwebサイトで近日中にアップしまーす!

========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-06-05 19:42 | 2018春 金沢・広島食い倒れ! | Comments(2)

日本でたべたもの色々。

e0335287_00342523.jpg

日本に行くとやっぱり食べたいのは和食&中華。
今回は短い滞在であまり時間もなく。
更に日本に到着して数日は「お腹の時差ボケ」のせいか食欲もなく。
滞在も終盤戦になってようやく食欲が湧いてきました。

ということで、写真だけアップします。

あ〜、次の日本ではインドカレーが食べたい!

e0335287_00344098.jpg

e0335287_00350160.jpg

e0335287_00351356.jpg

e0335287_00451341.jpg

e0335287_00461111.jpg

e0335287_00465839.jpg

by latavolasiciliana | 2017-09-24 00:33 | 日本滞在日記 | Comments(0)
e0335287_09393501.jpg


Aeroporto Haneda @ Tokyo
日本到着!

e0335287_09420249.jpg


友人にメッセージで勧められ食してみる。

#aeroporto #airport #tokyo #edo #japan #hanedaairport #羽田空港国際線ターミナル #江戸 #日本滞在2017 #江戸小路

#dolcegiapponese #greentea #teverde #houjicha #softcream #shitatama #anmitsu #itoen #maccha #抹茶ソフト #ほうじ茶ソフト #白玉あんみつ#伊藤園 #greentea #teverde #houjicha #softcream #shitatama #anmitsu #itoen #maccha #抹茶ソフト #ほうじ茶ソフト #白玉あんみつ#伊藤園

by latavolasiciliana | 2017-02-01 09:37 | REIのシチリアプチ便り | Comments(2)

沖縄へ母娘旅行 

e0335287_225911.jpg


4月の日本滞在、母と一緒に沖縄旅行へ行ってきました。

考えてみれば去年の春はC氏と行った沖縄。
2年連続の春の沖縄は、初日ちょっと雨が降ったものの、全体的にはお天気にも恵まれ、
楽しい母娘旅行となりました。

まずは那覇をウロウロ。
私たちのお目当ての一つ、それは「やちむん」。
沖縄の焼き物です。
去年は読谷の「やちむんの里」に行ったのですが、今年はレンタカー予定なし。
那覇の牧志公設市場の奥にある「壺屋やちむん通り」でお買い物♪

e0335287_22153618.jpg


かわいい❤
シチリアのマヨルカ焼きも大好きですが、やちむんもとっても素敵♪
唐草模様やお花がモチーフなのはマヨルカ焼きとも共通しています。
今回、それぞれの模様に意味があることも知りました。
唐草模様は四方八方に伸びていくことから延命、長寿孫繁栄を意味し、
菊紋は太陽の恵みを象徴する花で、病気を治し、寿命を延ばすと考えられた文様だそうです。

壺屋やちむん通りの入り口には博物館もあります。
陶器好き必見!

e0335287_22223043.jpg


日本の博物館ってすごいな~。。。と思うのが、ひとつひとつに説明がついている!
日本にお住いのみなさんにとっては普通のことかもしれませんが、
シチリア(というかイタリア?)の博物館にはほとんど説明がついていません。
イタリア全土ではオーディオガイドが付いているところも増えてきましたが、
シチリアはまだまだ。
その辺でおしゃべりしている学芸員の人を捕まえて説明を聞くしか方法がありません(苦笑)

やちむん博物館も説明がしっかりと書かれていて、とても勉強になりました。

本当は陶器ショッピングに1日費やしてもいいくらいだったのですが。。。
時間も限られているので、牧志公設市場を散策に。

e0335287_2232422.jpg


相変わらずシュールなこの市場、、、楽しい♪
カラフルな魚たち、、、1階で魚を買って、2階の食堂で調理してもらって食べることができるのですが、
残念ながら今回もチャンスなし。
また次回にっ!

そして市場場外。

e0335287_22372886.jpg


ここも大好きな通り!
やるきのなさそ~なおばちゃんオンパレード(笑)

「声かけないでよ~」

というオーラを醸し出しまくり。
トロピカルフルーツに怪しい沖縄のお菓子。
左下のお菓子、、、どこかで見たことがある!と思ったら、、、
シチリアのカッサータシチリアーナ、、、。
なんか共通点を感じます。
実際、暑い国、島国、本島とは違う歴史を辿ってきた、、、などなど、
歴史的地理的背景も似ている沖縄とシチリア。
どことなく共通点があちらことらに見受けられます。

那覇に2泊して街をたっぷりと楽しんだ後は、読谷近くのリゾートへ移動。

e0335287_22424822.jpg


あ~、シチリアに戻ってきた、、、的な気分になる私。
やっぱり青い空、青い海はいいのぉ~♪

お部屋は180℃に美しい海が広がり。

e0335287_22495749.jpg


ホテルでノンビリ過ごした1日でした。

いつもは甘いものしか食べない朝ごはんですが、沖縄式の薬膳定食があったの頼んでみました。

e0335287_22463637.jpg


日本の朝ごはんってすごい。
けど、朝から苦しい(笑)

3泊4日の沖縄旅行。
年に数回しか会えない母との時間は私にとっては貴重な時間でもあり。
離れているが故に、余計に感謝の気持ちがわいてくるのかもしれません。

とっても楽しかった沖縄の旅。
また来年、春に日本に行くことがあれば行きたいな。
by latavolasiciliana | 2015-05-23 22:55 | 日本滞在日記 | Comments(0)
e0335287_223822100.jpg


今回のオキナワ、私の目的は読谷(ヨミタン)にある「やちむんの里」を訪れることでした。

沖縄の伝統的な焼き物(やちむん)の工房が集まるやちむんの里。興味を持ったきっかけは、去年に友人から結婚祝いにいただいたお皿。それがなんとも私好みで♪ その工房があつまるやちむんの里が私たちが泊まっていたホテルから意外と近いことが分かり、、、ならば是非行きたい!と。

「やちむん」とはオキナワの言葉で「焼き物」のこと。絵付けや削りの入れ方の技法はもちろん、土の質や釉薬の種類、その年の天気や湿度、さらには火の種がマツかスギかによっても、すべてが変わってくる、、、というやちむんは、同じような絵付けのお皿でも1枚1枚、表情が違うらしく。独自の技法にとても興味をそそられたのでした。

e0335287_2240623.jpg


やちむんの里は、広い敷地に点々と作家さんの工房があります。そして、敷地内にあるいくつかの販売所で色々な作家さんの作品がまとめて販売されています。

e0335287_2242366.jpg


工房は外から覗くのは自由。ですが、作家さんは実際に作品作りにまじめに取り組んでいるため、中に入り込んでお邪魔するようなことをしてはいけません。

e0335287_22445383.jpg


外には製作途中の作品たちが乾かされています。

e0335287_22471464.jpg


のんび~りした雰囲気はシチリアと同じく。静かなので鳥のさえずる声も聞こえます。

e0335287_2249136.jpg


こちらが登り窯。中には階段に沿って何個もの窯が段々になっているらしく。お皿は重ねて焼くのでお皿の真ん中に丸い輪ができます。(上のお皿の底面の跡が残るんです)

e0335287_22593816.jpg


日常使いのために生まれたというやむちんは、ぽってりした質感がとっても温かみがあり、素朴な絵付けが美しく。

e0335287_2312018.jpg


e0335287_233141.jpg


お値段もお手頃なものからあります。

e0335287_2342338.jpg


私がお祝いにいただいたのは下の写真の一番右のお皿。

e0335287_2365932.jpg


お祝いは何がいい?と聞かれたので、せっかくなので実用的なものを、、、と思って、

「カレー皿がいい」

と注文した私。(カレーを食べるわけではないけれど・笑)そしてやってきたのがこのカワイイ模様のぽってり陶器、、、❤私の好み、直球ど真ん中!でした。せっかくなので同じデザインの小皿を数枚買い。シチリアまで連れて帰ってきました♪

e0335287_23122176.jpg


こんな風景もシチリアを連想させ、、、やっぱり南ってどこもノンビリ。

さて、これにてオキナワ編は終了!この後は、ババババーとダイジェストに入ります!
by latavolasiciliana | 2014-06-16 23:12 | 2014年春 めんそ~れニッポン! | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana