タグ:旅のプチガイド ( 197 ) タグの人気記事

e0335287_20260350.jpg

次回のための備忘録として、空港から街への行き方です。

今回、ベルギーを旅するにあたって参考にさせて頂いたサイトがBelplusというベルギー在住の方々によって運営されているサイト。
ベルギーの色々がとても親切に説明されています。
そして空港からの移動方法もとても分かりやすく解説されていました。


私達は荷物も少ないので、空港から街までは電車で移動することにしました。

空港出口を出て、電車は地下に行きます。
あちらこちらにチケットの券売機がありますが、空港→市街のチケットは電車指定ではなく日にち指定。
チケットを買ってから電車に乗るまでに時間がかかったとしても問題なしなので、
列が少ない券売機で買ってしまった方が得策かもしれません。
3月はローシーズンですが、6〜8月のハイシーズンには列ができているかもしれませんから。

券売機でのチケットの買い方もBelplusでチェック。



英語があるのでわかりやすく、片道9ユーロでした。
ブリュッセル中心部には北駅、中央駅、南駅と駅が3つ。
ブリュッセルの観光名所が集中しているのは中央駅で約20分くらい。
ロンドンやパリまで行くTGVが出ているのは南駅。
どういうルートで周るかによってどこにホテルを決めるといいと思います。

私達の目的はブリュッセル観光と古都ブルージュへのプチ旅。
ブリュッセル観光するなら断然、中央駅のホテルがおすすめです。
実際にホテルを探してみると、南駅周辺にお手頃価格のホテルが集中していて。
中央駅まで1駅だし、電車も地下鉄もメトロもあるし、頑張って歩けば20分くらいでいけそうだし、、、
私も最初は南駅近辺にホテルを予約しようかな〜、、、とも思ったのですが。
結果、予約したのは中央駅近くのホテル。
これが正解!

たった1駅でも毎回乗り物に乗るのはやっぱり面倒、、、。
ちょっと買い物してホテルに帰って買い物したものを置いて、ついでにトイレにも行って、またすぐに出発。
ブリュッセルもイタリアほどではありませんが、あまりトイレ事情が良くないです)
1日中観光するのは、結構体力がいるもの。
最近ヘタレな私は、やっぱりホテルに戻れて一息つけると楽だなー、と思いました。

ブリュッセルの駅近くにあるのは、近い順に、、、

ヒルトン(駅前)→ ノボテル → NHヨーロッパカルフール → Ibis(アイビス)

こんなところでしょうか。
その他、街中にはホテル色々とありますが、やっぱり駅近くが便利。
駅近くはあまり治安が良くない事も多いですが、ブリュッセルはそんな感じはあまりしませんでした。
駅を出てすぐに観光地があるからでしょうか。
メインの観光地、グランプラスまでは駅から徒歩5分。
↑上に書いた4つのホテルは全てグランプラスに行く手前にあります。

その中で私が選んだのはNHヨーロッパカルフール。
ヒルトンは高い、Ibisはヨーロッパのアパ的な感じで大体100ユーロ以下で泊まれるのですがブリュッセルは結構高かった、ということでこの2つは除外。
残るはノボテルかNHか、、、価格と部屋の感じを見比べて、NHにすることにしました。

e0335287_21060897.jpg


実際に見てみた感じはノボテルの方が格段に新しかったです。
NHは古いホテルを改装してはいますが、部屋の中の設備も古い。

e0335287_21082973.jpg


部屋はそこそこ広く、マットレスも悪くなく寝やすかったので合格点。
ちなみに部屋に入ってすぐに写真を撮るのを忘れ、ベッドの上でゴロゴロしていたのでベッドカバーがクシャクシャですが、
入った時はきれいにピーンとしていました。

NHのいいところは朝食が充実しているところ。

e0335287_21182251.jpg

といっても私は朝ごはんは、ほとんど食べれないんですけどね、、、。
朝ごはんをたっぷり食べたい人が若干1名(^-^;
本当は朝食代わりにワッフル&ホットチョコレート巡りをしたかったのですが、我が家の高血糖の人、危なすぎる、、、。
それよりもホテルで野菜&タンパク質中心に朝ごはんを食べてもらった方が安心で。

ホテル選びはなかなか難しく。
旅先を選ぶのも、行きたい時期を選ぶのも、ほとんど私。
まぁ、旅は私が行きたいところに、私が都合がいい時期に行くわけでして(笑)
C氏のただ一つの希望は、

「快適なホテル&充実の朝ごはん」

なので、そこだけは叶えてあげよう(笑)

色々な意味でNHヨーロッパカルフールは合格点。
ただ、施設の古さが気になる方はノボテルがいいかもしれません。
駅から離れれば色々なホテルがありましたが、石畳の街をスーツケースを転がして歩くのは大変なので、駅から離れるならばタクシー移動がおすすめ。
でも、ブリュッセルは先ほども書いたように駅前が危険な感じがしないので、歩いて駅まで移動できる駅前ホテルが便利でだと思います。

さて、無事に空港からホテルまで移動して観光開始!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2019-03-28 21:46 | 2019春ベルギーでワッフルを食べよう! | Comments(2)
e0335287_00232322.jpg


3月8日はイタリアでは男性が女性にミモザのお花をプレゼントする日。
何の日かって?

「国際婦人Day」

という日を聞いた事がありますか?

wikiによると、

=====================
1904年3月8日アメリカ合衆国ニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こした。
これを受けドイツ社会主義クララ・ツェトキンが、1910年コペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で
「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱したことから始まった。
=====================

今から115年前に始まったのですね、この運動。
正式に国連が「国際婦人Day」と名付けたのは1975年だそうで、44年前。

その頃から比べると、いまはどれだけ自由になったことか。
その頃に権利を主張していた女性達に本当に感謝します。

イタリアでは春のお花、ミモザを女性にプレゼント。
我が家のプレゼント男子も忘れる事なく、ミモザの入った小さ目の花束を抱えて帰ってきました。

いつも持ってくる、ドデカイ花束は私の趣味ではなく、毎回文句を言っているのですが(笑)
今回のはちっちゃくてカワイイ?
テーマは「野で摘んできた花をブーケに」だったそうです(笑)

今日、朝起きて見てみたら、朝陽を浴びてキラキラと輝いていた春のお花たち。

ミモザのお花が我が家にやってきたら、春はもうすぐそこ。


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2019-03-10 00:32 | REIのシチリア日記 | Comments(0)
e0335287_02091462.jpg


今週は本当にいい天気が続くトラーパニ♪

今日は海辺のドライブに出かけてみたら、、、期待以上の美しい海!
もうどこかの離島ではないの~?と思うほど青い海。
そしてそんな海を独り占め!


e0335287_02091829.jpg


海辺へ行くまでの道はお花畑。
菜の花に見えますが菜の花ではなく、、、野の花です。(いわゆる雑草と言われている草、、、)

お花畑の向こうに真っ青な海、そしてその向こうにはそり立つ岩山。
冬の寒い時期はシチリアを脱出したい!なんて思ったりもするのですが(おそらくそこまで寒くはないのですが、、、)
こんな風景を見ちゃうと、やっぱりシチリアはいいよね~♪、なんて思ってしまうのでありました。



e0335287_02092310.jpg


帰り道に寄った小さな村ではアーモンドの花が満開!
前々回のエントリーとかぶりますが、やはり日本人としては桜のお花っぽいアーモンドのお花は萌えるのです(笑)

「シチリアで一番いい季節はいつですか?」と聞かれると、決まって、「6月です!」と答えていた私ですが、
6月は暑さが好きな人はいいですけど、苦手な人には結構暑い、、、💦
2月下旬から4月にかけて、春野菜が楽しめ、天気が良ければこんな極上の海も楽しめます。
そして6月には既に枯れている野の花が満開!のステキな季節♪
暑さが苦手な方、今の季節もおすすめですよ~。

あ、そういえば飛行機も空いているので快適なフライトの季節でもあります♪


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2019-02-22 02:20 | 田舎を散歩♪ | Comments(0)

春の足音が、、、、♪

e0335287_00100889.jpg


毎週水曜日、我が家から徒歩10分の広場で行われる農民市場。
ポカポカ陽気の水曜日に訪れてみると、そこは春の気配がムンムン!

上の写真は細長~いアスパラガス。
これが出てきたらもう春はすぐそこ。
ほろ苦さがたまらなく美味しいのです♪



e0335287_00101273.jpg
春のフルーツ言えばいちご♪
早生ものが少しずつ出始めています。

e0335287_00102353.jpg

e0335287_00102857.jpg


そして春野菜の代表格と言えば、ソラマメとグリーンピース。
2月中旬に早生が出てから季節は短く2か月ほど。
今の時期のグリーンピースは小粒で、めをつぶって食べたらスイートコーンか???と間違えるほど甘いのです❤

そら豆は日本では蒸れた匂いが嫌いでしたが、今の時期のグリーンな小粒のソラマメは大好物!
大きくなるとやっぱりちょっと蒸れた匂いがしてくるので、私にとっては今の季節限定です。



e0335287_00105765.jpg

冬からずっとあるのでつい忘れがちですが、、、
カルチョーフィ(アーティチョーク)は春が本当の旬。
今年は12月、1月と寒くて、雹もたくさん降ったため、いつもの2倍くらいの価格がついていたカルチョーフィですが、
今の季節になってようやく価格も下がってきて。
これからは食べ放題!の季節です♪

e0335287_00110293.jpg

忘れてはならないのが新じゃが❤
糖質OFFの我が家ではジャガイモは厳禁ですが、、、。
新じゃがだけは少し食べちゃおうかな♪

今の季節は市場に行くと春が感じられて嬉しい時期。

春はもうすぐそこ❤


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2019-02-22 00:20 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)

e0335287_21373091.jpeg



私が大好きなカステルヴェトラーノの黒パン「Pane Nero」。
カステルヴェトラーノでは「Tumminia種」を中心に、

古代小麦を使ったパンを作る伝統がありました。
しかしながら、黒いパンは日本でいえば「玄米」のようなもので、

日本で「白米」が美味しい、とされてきたように、

シチリアでも精製されたセモリナ粉で作られる「白いパン」(正確にはセモリナ粉で作っているので黄色いですが)が主流となりました。

「Pane Nero」のように、時代の流れに押しつぶされて亡くなりつつある伝統食材を守ろう!という

「味の箱舟プロジェクト」をスローフード協会が経ちあげたのが1997年の事。
伝統食材を作る農家さんの多くは小さな生産者。
インターネットもまだ普及していなかった時代に、価値をきちんと消費者に伝える方法もなく。
スローフード協会は金銭的援助ではなく、その食材の付加価値をどうやって消費者に伝えるか、

どうやって商品化するか、そんな事をお手伝いすること、多くの生産者が救われてきました。

現在、シチリアにはプレシディオ食材が45個。


2月2日(土)・3日(日)に、葉山のシチリア料理店・ピスカリアにて、

西シチリアのプレシディオ食材を使った食事会を開催します。
なかなか食すことのできないレアな食材達。
La Tavola Siciliana代表佐藤礼子さんとピスカリアの出雲シェフの手によって、

シチリアの伝統食材を使った西シチリア郷土料理を西シチリアのこだわりワイン3種に合わせて召し上がっていただきます。

両日とも、夜の部に若干数、お席をご用意できます。


詳細は下記ページからご覧ください。




●カステルヴェトラーノの黒パンについて、過去の私のブログ「シチリア食通信」にも書いています。チェック!









by latavolasiciliana | 2019-01-24 21:39 | 日本での活動 | Comments(0)
e0335287_01151419.jpg

土曜日の朝、久しぶりにBarで朝ごはん。
気がつけば昨年日本から帰って来てから初めてかも??

夏は土曜日、日曜日の朝はBarで朝ごはん、が定番ですが、
冬はシチリアでもそこそこ寒く。
外にいくのが面倒だから大体はおうちで朝ごはん。
でも時にはやっぱりBarに行きたい!

楽しくおしゃべりしている人々で満席の店内。

e0335287_01165279.jpg

賑やかな朝のBar はイタリアの風物詩なのかも。


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2019-01-13 01:15 | REIのシチリア日記 | Comments(0)
もはや毎年恒例となった12月のクリスマスマーケットの旅。

去年はドイツのニュルンベルグへ。


毎年、11月末~12月上旬に私が日本での料理教室を終えてイタリアに戻ってきてから、
1年の疲れを癒しに出発するのが恒例のこの旅。
ただ、今年は私が帰ってくるのが少し遅いため、その後にまた出発するともう本当にクリスマスになっちゃうー、
という事で選んだのが、ミラノから車で移動できるアオスタ。
イタリアの北西のスイスとフランスとの国境、アルプスの麓にある小さな街です。
そしてそこから更に北上してスイスまで行っちゃおう!という今年のプラン。

ただ、、、夏を超えた辺りに決めたのこの旅でしたが、私があまりにも忙しかったため、
全く情報収集はしていないまま、レンタカーとホテルだけ予約して出発。

さて、どうなることやら、、、の旅でした。

まずはミラノでレンタカー。
今の季節はスタットレスタイヤかチェーン装備が義務付けられている北のレンタカー。
寒い中、震えながらチェーンを着装するのは面倒なので、Gomma da neve(スタットレスタイヤ)を予め予約。
念のため、チェーンもオプションで付けておきました。
そして、更に念には念を、、、。
フルオプションの保険@1日30ユーロにも加入。
雪がなければ、フルオプションはあまり付けない私達。
でも、途中、何が起こるかわかりませんからね、、、。
そして行先はスイス。
超高級車にぶつかっちゃったりしたらシャレにならんし。
ここまでフル装備にしておけば、何が起きても大丈夫!

ミラノ・リナーテ空港は人影もまばらで、レンタカーも列もなく。
いつもは結構レンタカーで時間を取られるのですが、今年はスイスイと借りれて、いざ出発!

ミラノからアオスタまでは高速道路でブーンと一気に200km@約2時間。
高速代金は25ユーロ。
無料の地区が多いシチリアからすると高く感じますが、まぁ、こんなもんですかね。
アオスタって車で行くと近いですが、電車だと2倍くらいかかるんですね~、、、遠い、、、。

e0335287_02414692.jpg

アオスタに近づいてくると、目の前に雪をかぶったアルプス山脈があらわれ。
うお~!と言っていると、、、そのうち右も左も山に囲まれるようになり、、、。
アオスタ州の正式名称はValle d'Aosta=アオスタの渓谷。
本当に山と山の間の渓谷なんだなー、と実感。

そしてナビのおかげで迷う事なく無事にお宿に到着。

今回のお宿はアオスタ旧市街の入り口にあるLe Reve Charmant。
せっかく北国にきたのだから、山小屋風のお宿はないかなー、と思っていた時に見つけたお宿でした。

e0335287_02472199.jpg

全6室のプチホテル。
部屋はそう広くはありませんが快適。
コーヒーマシーンや電気ケトルがも付いていて。
今回はミストサウナをついているお部屋を予約したのですが、これが快適!
日中に冷えた体を温めてくれます♪

e0335287_02523769.jpg

中心広場まで徒歩5分、クリスマスマーケットまで徒歩10分。
アオスタの旧市街はほぼ1本道のメインストリートがあって、そこから1本入った道にあるこのお宿。
おススメです♪


荷物を置いてちょっと休憩したら早速、アオスタの街へ出発!

続きは次のエントリへ、、、つづく。

========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/




by latavolasiciliana | 2018-12-19 02:59 | 2018アオスタ~スイス クリスマスの旅 | Comments(0)

好評連載中のポッカレモン有機のコラムが今月も更新されました。

今月はちょっと興味深い内容、、、。
イタリアの墓地って覗いたことはありますか?
イタリアでは11月2日は「死者の日」といって、死者の魂が現世に戻ってくる日と言われています。
つまり日本のお盆なような日なのです。
今月号は、死者の日にちなんだ色々、について書きました。
トラーパニの墓地の写真もアップ!
私がエリチェのマリアグラマティコで修行がしたい!と思ったいきさつや、

私の師匠の写真もアップしました♪


今月も、シチリアの風をコラムを通して感じてくださいね!






by latavolasiciliana | 2018-11-01 17:15 | 日本での活動 | Comments(0)
毎年、春秋の恒例行事!
4月に開催したREIの料理教室@Toko 2018年春に続き、秋も開催します! 
毎回シチリアのひとつの地方の料理をご紹介している「旅するシチリア料理」の第8回目。
今回のテーマは、

「柑橘類がいっぱい!東シチリアの大都市 カターニャの郷土料理」

 西のパレルモ、東のカターニャ。シチリアの2大都市。パレルモとカターニャ間は約200km。 
アラブの影響を濃く受けて発展してきた西シチリアと、ギリシャの影響を受けて発展してきた東シチリア。 
同じシチリアでも別の文化圏と言っても過言ではないほど。
 さて、カターニャにはどんな郷土料理があるのでしょうか? 
今回の料理教室は手打ちパスタの実習を予定しています。 

 <開催日程> 
2018年12月8日(土)
昼の部(11:00~14:00)➡ 満席
➡キャンセル1席出ました!現在募集中です。➡再度満席となりました。キャンセル待ち受付中。

夜の部(
17:00~20:00) ➡︎ 残席わずか

2018年12月8日9日(日) 
昼の部(11:00~14:00)➡ 満席 ➡ キャンセルが出ました!2席ご用意できます。
夜の部(17:00~20:00

※両日とも開場は15分前となります。 

<参加費>
各回 9500円 (グラスワイン2杯付)

<開催場所>
新宿区内のキッチンスタジオ(お申込みの方にのみ詳しくご案内させていただきます)

<メニュー予定>
東シチリアの大都市 カターニャの郷土料理を4~5品予定しています。
簡単な実習も予定しています。 

<お申し込み方法> 
・お名前 
・当日連絡がとれる電話番号 
・昼の部 or 夜の部のご希望 
・どの媒体で料理教室を知ったか
上記の事項をご記載の上、
info2@tavola-siciliana.com  
までご連絡ください。 
折り返しお振込みの方法などの確認メールを送らせていただきます。 

※携帯電話のメールアドレスからのお申し込みはこちらからの返信が届かない場合があるため、 
ご遠慮いただけますようお願い致します。 
携帯電話のアドレスしかお持ちでない場合は、「info2@tavola-siciliana.com 」上記のメールアドレスが届くよう、
設定の変更をお願い致します。

 ※hotmailからのメールはこちらには届くのですが、 
私から送信するメールが100%戻ってきてしまいます。
 hotmailのみ、メールアドレスをお持ちの方は、
 FBアカウントをお持ちの方は、ラ ターボラ シチリアーナのFBページより、 
メッセージでご連絡頂けますようお願い致します。
https://www.facebook.com/tavola.siciliana
別のメールアドレスから返信させていただきます。 

 今回も日本でお会いできることを楽しみにしていますっ! 

by latavolasiciliana | 2018-10-20 13:26 | 日本での活動 | Comments(0)
日本の風景ばかり続いているので、ちょっとシチリアの風景も。

今日は日曜日✨✨✨

最近、私は仕事が忙しく、C氏は仕事とちょっとした家庭の事情でなかなか自由時間がなく。
2人が一緒にお休みの日があまりありませんでした。
今日は半日、一緒にお休み。
久しぶりにゆっくりしよー、って事で近所の海に行きました。

我が家から徒歩5分。
去年からC氏の友達が経営するLIDOと呼ばれる海の家へ。

e0335287_03450365.jpg

貸しパラソルとビーチベッド、そしてBarもあるのが便利なLIDOは海の家みたいなもの。

e0335287_03464212.jpg

今日は風が強目で波もあり。

e0335287_03474448.jpg

でも暑い夏はその風が気持ちいい♩

ビーチベッドでのんびりし、時々海へ。

そしてお腹が空いたら軽くランチ。

e0335287_03491676.jpg

夏も本番。
LIDOも大賑わい!

e0335287_03495976.jpg

最後はビールを飲みながらリラックス、、、❤️

e0335287_03532347.jpg

あ〜、海満喫♩

日曜日、後半戦は家で急ぎの仕事してでしたが、
来週の仕事に備えて充電完了!

さあ、来週もがんばるぞ〜!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-07-09 03:41 | シチリアの海 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」がシチリアの幸せな食卓と旅レポをお届けします。


by latavolasiciliana