広島観光が終わった後は、以前、トラーパニに来てくださった広島のピッツェリアRivaのオーナーOさんと待ち合わせ。
お店でピッツァを頂く予定だったのですが、

「ちょっとその前に行きたいところがあるから早めの待ち合わせでね!」

と。
ホテルのロビーで夕方待ち合わせで、久しぶりの再会!

「じゃ、これ着てね!」

と渡されたのが、、、なんと広島カープのユニフォーム!

我々、マジか!?と思いつつも、、、洋服の上から着てみる、、、。
C氏はさすがイタリア人、赤がお似合いで(笑)

e0335287_23135765.jpg

まずは路面電車で広島駅方面に移動。
この路面電車、乗ってみようかな?とも思ったのですが、乗り方が良く分からなかったからパスしていたのでちょうどよかった!
と、乗ってみたらすんごい揺れるんですねー、これ(苦笑)

Oさん曰く、

「きっとね、今は恥ずかしいと思っているかもしれないけど、そのうち慣れるから!」

と。(爆)

「広島駅に着いたら仲間がいっぱいいるよ」

駅に到着するとほんとだ!いっぱいいる!!
そして、みんな一方向に向かって流れていく、、、。

e0335287_23180132.jpg

そう、その一方向とは球場!
すごい人の波、、、。
そういえば最近、カープが盛り上がってますよねー。

ユニフォームはもちろん私の分も準備してくださっていて、、、。

e0335287_23204610.jpg

私はカープ女子(笑)

もう思いっきり笑って盛り上がっちゃいました。

しかし、ここの通り、ほんとにカープ熱がすごい!と思ったのは、、、これを見た時。

e0335287_23241755.jpg


なんとローソンまで赤い!!

カープファンの波に乗って球場近くまで行ったところで見学は終了。
次はOさんプレゼンツ!
B級グルメでアペリティーボだそうで。

波に逆らいながら少し戻り、、、じゃん!

e0335287_23275792.jpg


B級グルメ好きな私を気遣ってくださったのか、こんなお店へ(笑)

ここ、大画面があって、つまみながらビールを飲んで野次るのがツウだそうで。


e0335287_23302588.jpg

子供のころは野球大好き!巨人大好き!だった私。
巨人の雑誌も読み込むほど大好きだったのですが、大人になってからはすっかり遠のいてしまって。
それはイタリアに来てからは更に遠のき。
もう野次る知識は全くないので、とりあえずつまみながら飲む!

でも、今日のメインはここじゃない、、、Oさんのお店でピッツァ食べなくっちゃ!

広島、横川にあるPizzeria Riva(ピッツェリア リーヴァ)はOさんが1997年にピッツェリアとして創業。
この頃はまだ”ピッツァ”ではなく”ピザ”だった時代。
(ピザ=アメリカンな感じ)
その頃にナポリで修行されて腕を磨いて日本でお店を開き。
日本のナポリピッツァ業界の先駆け的な存在のお方。

現在はOさんの息子さんが活躍するお店。


そしてなんと、Oさんの息子さんは、2012年にナポリで開催されたピッツァオリンピックのクラシック部門で優勝された方!
イタリア人を差し置いての優勝、すごいですね~。
私もお話を聞いた時から是非、広島で食べてみたい!と思っていたのです♪

そして念願かなってピッツァを頂くことに♪

ピッツァの前にまずはお料理を頂きました。

e0335287_23395500.jpg


そしてお待ちかねのピッツァ!


e0335287_23415643.jpg


一番のおススメで、、、とお願いしたところ、マルゲリータを焼いてくれました。

イタリアでは地方に寄って生地の感じが全く違うピッツァ。
ローマは薄目でパリパリ、トラーパニは全体的に厚めのパンピッツァ、という具合。
ナポリは縁がフカフカで真ん中は薄い。
私は色々な地方でピッツァ食べましたが、ナポリピッツが一番好き❤

そしてこのマルゲリータ、、、文句なく美味しかった!
トラーパニのピッツァよりも断然好み~❤
C氏も久しぶりのイタリアの味、喜んでいました。

ドルチェもカッフェも頂き、最後に記念撮影。

e0335287_23481421.jpg

なんと、私の著書をお持ちでいらっしゃいました。
私の隣のお二人がお父さんと息子さん。
親子2代でピッツァイオーロ。
日本とイタリアの共通点のひとつが「職人」が育った国であること。
仕事はイタリアのものでも、やっぱり職人気質は日本人もイタリア人もやっぱり同じだな~、、、と思ったのです。
そしてこのお店が感度の高い人が多い東京にあるわけではなく、
Oさん達の地元である広島にあって、そして地元の方々に愛されているというところが、更に素敵♪

広島に行くことがあったら、皆さん、是非行ってみてくださいね!

<店舗情報>
ピッツァリーヴァ (Pizza Riva)
広島県広島市西区横川町1-7-20
082-293-4741

美味しいイタリア料理&ピッツァをありがとうございました!

広島、想像以上に美味しいものがたくさんの街。
お好み焼きはもちろんの事、牡蠣、宮島のアナゴ、そしてピッツァ、、、。
滞在中に広島出身の方から、「こんな美味しい店もあるよ!」と沢山の情報を頂きました。
また是非訪れてみたい街のひとつとなった広島でした。

さて、翌日は東京へ戻ります!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2019-01-13 23:54 | 2018春 金沢・広島食い倒れ! | Comments(0)
さて、広島3日目。。
神のが住む島、宮島を堪能した翌日は、広島の街を散策。
特に行きたかったのは「平和記念資料館」。

イタリア人が日本で行ってみたい街に絡必ずあげられる街、広島。
やはり誰しもが、世界で唯一原爆が落とされた国日本の戦争の爪痕を見てみたい、、、と思うものなのでしょうか。
今回、日程を決めている中で、何故かC氏が、

「広島に行きたい」

と言い出し。
いつもは、あまりどこそこへ行きたい、という事もなく、私が行先を決めてしまうのですが、
そういえば、私も広島は行ったことがなく。
ということで、広島に来ることが決定したのですが、やはり平和記念資料館は行ってみないと。

ホテルで朝ごはんを食べて、早速散策へ!

あ、全くの余談ですが、、、。

朝食においてあったチチヤス ヨーグルト。
パッケージがレトロで超カワイイ、、、と思って手にしてみたら。

e0335287_01013304.jpg

なんと広島に本社があるのですね!
知らなかったー。
しかも広島レモンのヨーグルトも!

チチヤスって子供のころに良く食べていた気がするけれど、広島の会社だったとは知らなかったー。

さて、まずは平和記念資料館へ。

平和記念資料館ってもっとおどろおどろしいものなのかな、、、と思っていたら、
意外と説明が多いんですね。

e0335287_01162851.jpg

最後の展示室にあったのが、当時の遺留品。
放射能によってボロボロになった小学生の洋服や熔けたガラスの牛乳瓶。
焼け焦げた三輪車に子供が遊んでいたビー玉、、、。

e0335287_01183645.jpg
やっぱり心が締め付けられます。

原爆が落とされたのは日本だけで、第二次世界大戦は終了しましたが、
現在も世界のどこかで戦争が起こり、テロが起こり。
平成の30年間は戦争が起こらなかった日本ですが、次の時代はどうなるかわからない。
ヨーロッパに住んでいるとテロや戦争が他人事とは思えず、意外と身近なものに感じられます。

C氏も遺留品の数々をじーっと見て黙っていました。
戦争の凄惨さを感じていたんだと思います。

戦争って国民1人1人が起こすものでもなく、大きな力によって民衆が扇動されているんだと思うんです。
もしくは国家間で勝手に戦争になっていたり。
色々な考え方の人間が地球上に沢山生きている以上、なくなるものではないのかもしれません。
が、世界で1人でも戦争による犠牲者が少なくあることを心より祈るばかりです。

外にでれば平和記念公園。

e0335287_01305383.jpg

続いて原爆ドーム。

e0335287_01341456.jpg
いま、前を通っているのどかな遊覧船の風景が、なんだか余計悲しいような、、、。

公園内では祈りを捧げているグループがたくさんいました。
私も心の中で祈りを捧げ、しばらく川沿いに座って原爆ドームを眺めていました。

そしたら、、、お腹が空いてきた!(笑)

前の日、宮島で食べ逃したアナゴ、、、どうしても食べたい!!



色々調べたのですが、広島の街ではなかなか食べられない、、、と思っていたら、ホテルの近くの食堂で発見!


e0335287_01395507.jpg


やった!
しかも美味しい!

広島の食べ歩き楽しい♪

腹ごしらえをした後は、広島城へ。

向かっている最中にC氏に、

「ここで写真撮って~」

と言われて、いったいどこ?と思ったら。
階段の横っちょに水が流れていて、壁面も水でアート。
(写真で見るとただの壁に見えます・笑)
水や光のアートが好きなイタリア人。


e0335287_01452628.jpg

そして、お得意の雄三ポーズ(笑)

そしてお城に到着。


e0335287_01423599.jpg
というか、お城の周りのお堀に到着。

お城の正面は残念ながら一部修復中。

e0335287_01481682.jpg

お城の中は博物館みたいになっていたら入るの辞めよう、、、と。
多くのお城は前の姿を見る事ができず、完全に改装されて博物館っぽくなっています。
松本城のように昔の雰囲気が味わえるといいのですが、、、。

入り口から覗いてみると、ちょっと昔の造作が見えたので入場してみました。

e0335287_01512927.jpg

が、、、。
昔の造作が残っていたのはこの入り口のある階だけ(@_@)
やられたー!
上に登ると、鎧、刀、昔の地図の展示。

e0335287_01563114.jpg

天守閣からはまわりが一望できました。

e0335287_01540663.jpg

残念ながらの曇り空。

この日は友人が経営するPizzeriaに食事をしに行く約束をしていたので、とりあえず観光は終了。
イタリアでは観光の後、食事の前に一度みだしなみを整えてから出直します。
まぁ、日常の習慣は旅の途中も続くわけで、、、。
いつも夕方は一度ホテルに帰ってから出直します。
イタリアの夕食が始まるのは20:00以降なので、18:00頃までばっちり観光できるのですが、
日本の夕食は早め。
なので、私達も早めに退散して夜に備えるのでした。

夜の様子は次のエントリーにて、、、面白いことが起きた!(笑)


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2019-01-12 21:10 | 2018春 金沢・広島食い倒れ! | Comments(0)
クリスマスマーケットの旅が終わったところですが、、、。
昨年、途中で終わっていた「2018年絵春 金沢・広島食い倒れの旅」の更新がまだ終わっていませんでした。

時間のある冬の間に一気に終わらせてしまおう!ということで、ここからは去年の5月にC氏と旅した日本旅行記の続きです。
以前アップしたvol.5まではこちらからご覧ください。↓



さて、広島日記の続き。

昼間は宮島観光を堪能!


昼間に宮島で食べるはずだったアナゴを食べ逃し、かなり落胆気味だった私、、、。
しかーし!
前日に探しておいたホテル近くの牡蠣小屋。
もう一気に気分を切り替えて夜ごはんは牡蠣三昧へ!

店内、居酒屋風。
わたし好み(笑)

まずは、チューハイ(爆)でかんぱーい!


e0335287_02055707.jpg

まずは鉄板のカキフライ。

e0335287_02105610.jpg


衣がサックサクで、牡蠣がミルキーで言う事なし!
1皿注文、あっ!という間に食べてしまいもう1皿注文。
それもあっ!という間に終わってしまったー。

お次。

e0335287_02133118.jpg

焼き牡蠣。
大粒ではありませんがプクプク❤

お次。

e0335287_02160736.jpg


蒸し牡蠣。

これ、写真の撮り方が下手くそでわからないと思いますが、すごいてんこ盛りだったんです!
何を注文しようかな~、、、と思っていた時に、あちらこちらのテーブルに運ばれていったこのてんこ盛り牡蠣。

蒸したてで熱いのだけれど、軍手を渡されて自分達で割ります。

e0335287_02201241.jpg


もうここまでで牡蠣をいくつ食べたことか、、、(笑)

これも食べ尽くし、お次。

e0335287_02214812.jpg

これ、見た感じは完全なるお好み焼き。
箸でつっついてみたけど、やっぱりお好み焼きっぽい(笑)
何を注文したかわからず、、、まぁ、C氏はお好み焼きも好きだからいっか、ということで。
もちろん牡蠣はたくさん入っていました。

でも、やっぱり牡蠣はダイレクトに食べる方が断然美味しい!

そして、シメはやっぱりご飯。

e0335287_02245446.jpg

牡蠣めし。

何か他にももっと注文した気もするんですが、、、。
何せ去年の5月のお話(汗)
記憶からすっとんでます。

とにかく、牡蠣三昧、大満足!
そして、お会計をしてみてビックリ、、、驚くほど安いっ!

広島って、想像以上に名物があって食文化が面白い土地ですねー。
写真を見ながら、当時を思い出し、、、また舞い戻りたい!と思うのでした。

宮島&牡蠣三昧で大満足の広島2日目でした!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2019-01-12 02:30 | 2018春 金沢・広島食い倒れ! | Comments(0)
e0335287_02173313.jpg

広島2日目。
広島、、、と言えば、原爆資料館&原爆ドームしか最初は思い浮かばなかったのですが、
考えてみたら宮島があるではないかー、と気が付いたのは出発前にガイドブックを見ていた時。
そっか、だからイタリア人に人気があるのか。

宮島と言えば、潮の満ち引きに寄って道ができたり、水に沈んだりする、旧約聖書のようなお話が現実にある場所。
そしてそれが奇しくも日本では「神々の住む島」と言われているわけですから、
キリスト教信者にとってはちょっと興味深いのも頷ける。

ホテルからバスに乗って広島駅へ移動。
そこから電車に乗って約30分。
宮島行きの船がある宮島口駅で下車。
人が流れていく方向に行くと船乗り場があります。
早速切符を買って船に乗り込む!
微妙にあまり天気が良くありませんでしたが、乗って少しするとすぐに見えてくるあの有名な光景。
行くときは大鳥居は海の中にいました。

やっぱり海の中に立つ大鳥居って不思議。

さて、島に着きました。

で、また皆が向かう方に歩く(笑)

e0335287_02255288.jpg

牡蠣発見♪
目の前でジュージューお姉さんが焼いていましたが、まだ時は朝。
微妙に食べる気になれず、帰りに食べよー、と言って通過。

e0335287_02280029.jpg

修学旅行の学生達がたくさん。
いつもなのか、シーズンだったのか。

宮島と言えばアナゴ。
今日のお昼はあなごめしかね~、、、と物色しつつ。

e0335287_02315063.jpg

でも、友人が宮島駅前にあるお店が美味しいよー、と情報をくれたので、宮島ではパス。

そして、広島と言えば、、、のもみじ饅頭。
あちらこちらで売っているんだけど、ここは日本の観光地、絶対に焼きたてがあるはずだ!と思い探していたら、、、

e0335287_02335001.jpg

予想通りあった!(爆)
さすが日本、、、。
おまけに作っているところも外から見れて、お茶と焼きたてもみじ饅頭で150円。

e0335287_02361177.jpg

なんか思いっきり観光している感じがして、気分が盛り上がる(笑)

さて、楽しみながら歩いている間に嚴島神社到着。
早速、鹿がお出迎え。

e0335287_02400140.jpg

イタリアでは本人は特別好きなわけでもないのに、いつも子供と動物になつかれるC氏、、、と思っていたら鹿にもなつかれた!

大鳥居が近づいてきました。
この時点ではまだまだ海の中。

e0335287_02440739.jpg


早速神社に入ってみる。

e0335287_02460881.jpg
おー、イタリア人好きそう!
そして早速何かを見つける。

e0335287_02483359.jpg


「なんじゃこりゃ?」

境内ではちょうどお祓いが始まる前で。

e0335287_02511625.jpg

不思議な動きに興味津々なイタリア人。

しかし大きな神社だなー。

e0335287_02562139.jpg

今の本殿は元亀2年(1571年)、毛利元就によって改築されたそうで。
そして本殿も水の上。
確かにこれは大観光地になる理由も分かる。

神社を抜けると、懐かしの昭和な街並み。

e0335287_03034028.jpg


こんな路地もいい感じ♪


e0335287_03022331.jpg

さて、この後どうするか。
ロープウェイで上に登る?
どうする?
と、宮島でもらった地図を見ていたら、、、、。

あ!!!!

e0335287_02263940.jpg
後ろでシャカシャカ音がするので振り返ってみたら、神社の説明書きを鹿に食われた、、、、。
なんと罰当たりな鹿じゃ!(笑)
もう我ら、眺めるばかり(苦笑)

さて、結局、C氏の「水族館に行きたい」という一声で行先は決定。

入ってすぐの展示は、牡蠣の養殖。



入ってすぐの展示は牡蠣とホタテの養殖。
さすが広島!

e0335287_02332223.jpg


養殖は上からとか写真では見たことありますが、水中を見たのは私も初めて。
水槽の中では魚も普通に泳いでいて、海の中を再現した感じで。
へ~、こうなっているのね。


e0335287_02363853.jpg
イタリアンカラーにライトアップされているクラゲや、

e0335287_02382485.jpg

ニモ(イタリア語ではネモ)を発見したり。

でもやっぱりカラフルなお魚はキレイだわ~。

e0335287_02423349.jpg


こんな輩もいました。

e0335287_02444717.jpg

ニョロニョロくん。
写真を撮ろうじーっと見てると砂の中に潜っちゃうコヤツ。
ちょっと離れてから出てきたところを今だ!と撮影。
結構楽しめました。

他にも、普段トラーパニの魚市場に並んでいるような魚や、エビとか、、、あ、懐かしのウーパールーパーもいた。
今見ると微妙な感じがする、、、。

地味な水族館ではありましたが、久しぶりの水族館。
何気に楽しめました。

さて、そろそろ帰るか~、、、と戻っていくと、、、

お~、海が開けて道ができた!

e0335287_02512943.jpg

すっかり潮は引き、鳥居まで歩いて行けます。
これは面白い。
観光名所になるわけも分かるー。
せっかくなので私達も靴が汚れるの覚悟で鳥居下まで行ってみました。

帰り道、そういえば本日、お昼ごはん食べていないー。
お腹が空いてC氏、宮島B級グルメを楽しみ始める。

e0335287_02585172.jpg

なんかよく分からないけど、アスパラベーコンに惹かれたらしく(笑)
そして、焼き牡蠣!
ぷりぷりで美味♡

この牡蠣で食欲に火が付き、、、
本当は宮島であなごめし予定だったんだけど、、、時間があまりに微妙で断念。
この日の夜は広島に戻って牡蠣三昧に決定~!

長くなってきたので、牡蠣三昧は次のエントリーにて!
広島旅、まだまだ続きます!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-07-09 03:02 | 2018春 金沢・広島食い倒れ! | Comments(0)
金沢2泊のあとは、広島へ移動。

何故、広島かって?

それは、、、C氏が行きたいと言ったから。
日本に行ったイタリア人に聞いてみると、必ず訪れたという広島。
東京 → 大阪・京都 → 広島、これがゴールデンコースの模様。
やっぱり原爆資料館と原爆ドームでしょうか。

実は私も行ったことがなかった広島。
ということで、すんなり広島に決定。

移動は電車か飛行機か。
電車の方が時間的には短そうですが、スーツケースを持って構内を歩くのが嫌~、と思い、飛行機で移動することに。
でも、小松空港から広島空港への直行便はないため、小松 → 羽田 → 広島と2本乗り継ぎました。
羽田→広島間は、初めて当たったSTAR WARS号!
搭乗口にヨーダが乗っていました(爆)

e0335287_04311810.jpg

飛行機と電車、そんなに所要時間は変わらないように思いましたが、、、、難点は広島空港から市内が意外と遠い事。
バスで1時間くらい。
飛行機&空港好きの私にとっては搭乗時間の待ち時間も、バスの待ち時間もあまり気になりませんが、
せっかちな方はギリギリに駆け込める電車の方がいいかもしれません。
私は待つよりも混んでいる電車構内をスーツケースを持って移動する方が嫌なんですが(苦笑)

さて、金沢は日航ホテルでしたが、広島はANAクラウンホテル。
ダブルの部屋を予約したのですが、部屋に案内されてみたらあまりの狭さに驚き、、、。
3泊もするので、さすがにもう少し大きな部屋がいいなー、と思い、フロントで空室状況を聞いてみたら、
ツインの部屋だったらもっと大きい部屋があるとのこと。
迷わず変更してもらいました。

e0335287_04364378.jpg

うん、これなら3泊大丈夫。
イタリアはツインのお部屋が少なくて、私もお客様のお部屋をキープするのに苦労することが多いのですが、
日本は逆に、ダブルで快適なお部屋を探すのが難しい。
大体狭いんです、ダブルって、、、(涙)

広島、まーったく土地勘がなかったので、とりあえず中心ぽいところ、ということで選んだこのホテル。
行きは空港からのバスが1日に数本、このホテルの真ん前に停車するのがあったのも理由のひとつ。
なにせ、全く土地勘ありませんから(汗)
大半のところは徒歩で行けるので便利でしたが、駅まで行くのがバスに乗らなければならずちょっと不便。
街歩きだけなら良いのですが、滞在中に駅から電車で移動することがあるならば、
いっそのこと駅前のホテルでも良かったのかな?とも思ってみたり。
ホテルは宿泊客に対してスタッフが少し少ないかな?という印象も。
街のインフォメーションやホテルのサービスの質問をしようと思ってコンシェルジュに行っても人がいない。
フロントには列ができていてなかなか聞けない。
辺りを見回してもスタッフ誰もいない、、、。
お部屋自体に大きな不満はありませんでしたが、サービスは今イチ、という印象でした。
おそらく混んでいたせいもあったのかとは思うので、また次回、広島に行くことがあったらここに泊まってみようかと思っています。

朝から移動して、お部屋を変えてもらって、、、そうこうしている間に、もう夕方!
お昼ごはんは大したものを食べていないので、お腹が空いてきて、、、夜ごはんへ行こう!
去年、シチリアにいらしてくださった広島のお客様に早速情報収集。
すすめていただいたいくつかのお好み屋さんから場所とか色々考えて選んだのがここ。

e0335287_04554836.jpg


みっちゃん総本店。

地元の方の教えにならい、まずは牛筋とビールでお好み焼きを待つ。


e0335287_04582879.jpg


牛筋の煮込みがトロトロで、それをビールでぐいーっと。
いやー、美味しい!

混んでいても必ずカウンターに座るように!

とも、教えを乞うていたのですが、カウンターは煙がモウモウで嫌がるひとが約1名(笑)
なので、カウンターが良く見える席に座りました。

お好み焼きが出来上がるのを見ているのはまるでスペッターコロ。
イタリアにはカウンターで食べる店ってすくないですから。

e0335287_05041436.jpg


そうこうしている間にやってきました、お好み焼き!

e0335287_05044743.jpg


東京では「広島焼き」とも言われるそば入りお好み焼きですが、地元民はやっぱり「お好み焼き」と呼ぶそうです。

あ~~~、C氏の糖質制限よ~~~、日本にいる間はおさらばじゃ!
と、この時点から諦めました(笑)
せめてもの抵抗、C氏のは「そば半分」にしてもらいました。

この日は到着後からずっとハードに動いていてC氏が時差ボケ限界を迎えたため、
広島の街をホテルに向かいながら少しウロウロして早目に退散しました。

さて、明日は宮島へ行きます!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-07-07 04:52 | 2018春 金沢・広島食い倒れ! | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」がシチリアの幸せな食卓と旅レポをお届けします。


by latavolasiciliana