e0335287_02173313.jpg

広島2日目。
広島、、、と言えば、原爆資料館&原爆ドームしか最初は思い浮かばなかったのですが、
考えてみたら宮島があるではないかー、と気が付いたのは出発前にガイドブックを見ていた時。
そっか、だからイタリア人に人気があるのか。

宮島と言えば、潮の満ち引きに寄って道ができたり、水に沈んだりする、旧約聖書のようなお話が現実にある場所。
そしてそれが奇しくも日本では「神々の住む島」と言われているわけですから、
キリスト教信者にとってはちょっと興味深いのも頷ける。

ホテルからバスに乗って広島駅へ移動。
そこから電車に乗って約30分。
宮島行きの船がある宮島口駅で下車。
人が流れていく方向に行くと船乗り場があります。
早速切符を買って船に乗り込む!
微妙にあまり天気が良くありませんでしたが、乗って少しするとすぐに見えてくるあの有名な光景。
行くときは大鳥居は海の中にいました。

やっぱり海の中に立つ大鳥居って不思議。

さて、島に着きました。

で、また皆が向かう方に歩く(笑)

e0335287_02255288.jpg

牡蠣発見♪
目の前でジュージューお姉さんが焼いていましたが、まだ時は朝。
微妙に食べる気になれず、帰りに食べよー、と言って通過。

e0335287_02280029.jpg

修学旅行の学生達がたくさん。
いつもなのか、シーズンだったのか。

宮島と言えばアナゴ。
今日のお昼はあなごめしかね~、、、と物色しつつ。

e0335287_02315063.jpg

でも、友人が宮島駅前にあるお店が美味しいよー、と情報をくれたので、宮島ではパス。

そして、広島と言えば、、、のもみじ饅頭。
あちらこちらで売っているんだけど、ここは日本の観光地、絶対に焼きたてがあるはずだ!と思い探していたら、、、

e0335287_02335001.jpg

予想通りあった!(爆)
さすが日本、、、。
おまけに作っているところも外から見れて、お茶と焼きたてもみじ饅頭で150円。

e0335287_02361177.jpg

なんか思いっきり観光している感じがして、気分が盛り上がる(笑)

さて、楽しみながら歩いている間に嚴島神社到着。
早速、鹿がお出迎え。

e0335287_02400140.jpg

イタリアでは本人は特別好きなわけでもないのに、いつも子供と動物になつかれるC氏、、、と思っていたら鹿にもなつかれた!

大鳥居が近づいてきました。
この時点ではまだまだ海の中。

e0335287_02440739.jpg


早速神社に入ってみる。

e0335287_02460881.jpg
おー、イタリア人好きそう!
そして早速何かを見つける。

e0335287_02483359.jpg


「なんじゃこりゃ?」

境内ではちょうどお祓いが始まる前で。

e0335287_02511625.jpg

不思議な動きに興味津々なイタリア人。

しかし大きな神社だなー。

e0335287_02562139.jpg

今の本殿は元亀2年(1571年)、毛利元就によって改築されたそうで。
そして本殿も水の上。
確かにこれは大観光地になる理由も分かる。

神社を抜けると、懐かしの昭和な街並み。

e0335287_03034028.jpg


こんな路地もいい感じ♪


e0335287_03022331.jpg

さて、この後どうするか。
ロープウェイで上に登る?
どうする?
と、宮島でもらった地図を見ていたら、、、、。

あ!!!!

e0335287_02263940.jpg
後ろでシャカシャカ音がするので振り返ってみたら、神社の説明書きを鹿に食われた、、、、。
なんと罰当たりな鹿じゃ!(笑)
もう我ら、眺めるばかり(苦笑)

さて、結局、C氏の「水族館に行きたい」という一声で行先は決定。

入ってすぐの展示は、牡蠣の養殖。



入ってすぐの展示は牡蠣とホタテの養殖。
さすが広島!

e0335287_02332223.jpg


養殖は上からとか写真では見たことありますが、水中を見たのは私も初めて。
水槽の中では魚も普通に泳いでいて、海の中を再現した感じで。
へ~、こうなっているのね。


e0335287_02363853.jpg
イタリアンカラーにライトアップされているクラゲや、

e0335287_02382485.jpg

ニモ(イタリア語ではネモ)を発見したり。

でもやっぱりカラフルなお魚はキレイだわ~。

e0335287_02423349.jpg


こんな輩もいました。

e0335287_02444717.jpg

ニョロニョロくん。
写真を撮ろうじーっと見てると砂の中に潜っちゃうコヤツ。
ちょっと離れてから出てきたところを今だ!と撮影。
結構楽しめました。

他にも、普段トラーパニの魚市場に並んでいるような魚や、エビとか、、、あ、懐かしのウーパールーパーもいた。
今見ると微妙な感じがする、、、。

地味な水族館ではありましたが、久しぶりの水族館。
何気に楽しめました。

さて、そろそろ帰るか~、、、と戻っていくと、、、

お~、海が開けて道ができた!

e0335287_02512943.jpg

すっかり潮は引き、鳥居まで歩いて行けます。
これは面白い。
観光名所になるわけも分かるー。
せっかくなので私達も靴が汚れるの覚悟で鳥居下まで行ってみました。

帰り道、そういえば本日、お昼ごはん食べていないー。
お腹が空いてC氏、宮島B級グルメを楽しみ始める。

e0335287_02585172.jpg

なんかよく分からないけど、アスパラベーコンに惹かれたらしく(笑)
そして、焼き牡蠣!
ぷりぷりで美味♡

この牡蠣で食欲に火が付き、、、
本当は宮島であなごめし予定だったんだけど、、、時間があまりに微妙で断念。
この日の夜は広島に戻って牡蠣三昧に決定~!

長くなってきたので、牡蠣三昧は次のエントリーにて!
広島旅、まだまだ続きます!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-07-09 03:02 | 2018春 金沢・広島食い倒れ! | Comments(0)
金沢2泊のあとは、広島へ移動。

何故、広島かって?

それは、、、C氏が行きたいと言ったから。
日本に行ったイタリア人に聞いてみると、必ず訪れたという広島。
東京 → 大阪・京都 → 広島、これがゴールデンコースの模様。
やっぱり原爆資料館と原爆ドームでしょうか。

実は私も行ったことがなかった広島。
ということで、すんなり広島に決定。

移動は電車か飛行機か。
電車の方が時間的には短そうですが、スーツケースを持って構内を歩くのが嫌~、と思い、飛行機で移動することに。
でも、小松空港から広島空港への直行便はないため、小松 → 羽田 → 広島と2本乗り継ぎました。
羽田→広島間は、初めて当たったSTAR WARS号!
搭乗口にヨーダが乗っていました(爆)

e0335287_04311810.jpg

飛行機と電車、そんなに所要時間は変わらないように思いましたが、、、、難点は広島空港から市内が意外と遠い事。
バスで1時間くらい。
飛行機&空港好きの私にとっては搭乗時間の待ち時間も、バスの待ち時間もあまり気になりませんが、
せっかちな方はギリギリに駆け込める電車の方がいいかもしれません。
私は待つよりも混んでいる電車構内をスーツケースを持って移動する方が嫌なんですが(苦笑)

さて、金沢は日航ホテルでしたが、広島はANAクラウンホテル。
ダブルの部屋を予約したのですが、部屋に案内されてみたらあまりの狭さに驚き、、、。
3泊もするので、さすがにもう少し大きな部屋がいいなー、と思い、フロントで空室状況を聞いてみたら、
ツインの部屋だったらもっと大きい部屋があるとのこと。
迷わず変更してもらいました。

e0335287_04364378.jpg

うん、これなら3泊大丈夫。
イタリアはツインのお部屋が少なくて、私もお客様のお部屋をキープするのに苦労することが多いのですが、
日本は逆に、ダブルで快適なお部屋を探すのが難しい。
大体狭いんです、ダブルって、、、(涙)

広島、まーったく土地勘がなかったので、とりあえず中心ぽいところ、ということで選んだこのホテル。
行きは空港からのバスが1日に数本、このホテルの真ん前に停車するのがあったのも理由のひとつ。
なにせ、全く土地勘ありませんから(汗)
大半のところは徒歩で行けるので便利でしたが、駅まで行くのがバスに乗らなければならずちょっと不便。
街歩きだけなら良いのですが、滞在中に駅から電車で移動することがあるならば、
いっそのこと駅前のホテルでも良かったのかな?とも思ってみたり。
ホテルは宿泊客に対してスタッフが少し少ないかな?という印象も。
街のインフォメーションやホテルのサービスの質問をしようと思ってコンシェルジュに行っても人がいない。
フロントには列ができていてなかなか聞けない。
辺りを見回してもスタッフ誰もいない、、、。
お部屋自体に大きな不満はありませんでしたが、サービスは今イチ、という印象でした。
おそらく混んでいたせいもあったのかとは思うので、また次回、広島に行くことがあったらここに泊まってみようかと思っています。

朝から移動して、お部屋を変えてもらって、、、そうこうしている間に、もう夕方!
お昼ごはんは大したものを食べていないので、お腹が空いてきて、、、夜ごはんへ行こう!
去年、シチリアにいらしてくださった広島のお客様に早速情報収集。
すすめていただいたいくつかのお好み屋さんから場所とか色々考えて選んだのがここ。

e0335287_04554836.jpg


みっちゃん総本店。

地元の方の教えにならい、まずは牛筋とビールでお好み焼きを待つ。


e0335287_04582879.jpg


牛筋の煮込みがトロトロで、それをビールでぐいーっと。
いやー、美味しい!

混んでいても必ずカウンターに座るように!

とも、教えを乞うていたのですが、カウンターは煙がモウモウで嫌がるひとが約1名(笑)
なので、カウンターが良く見える席に座りました。

お好み焼きが出来上がるのを見ているのはまるでスペッターコロ。
イタリアにはカウンターで食べる店ってすくないですから。

e0335287_05041436.jpg


そうこうしている間にやってきました、お好み焼き!

e0335287_05044743.jpg


東京では「広島焼き」とも言われるそば入りお好み焼きですが、地元民はやっぱり「お好み焼き」と呼ぶそうです。

あ~~~、C氏の糖質制限よ~~~、日本にいる間はおさらばじゃ!
と、この時点から諦めました(笑)
せめてもの抵抗、C氏のは「そば半分」にしてもらいました。

この日は到着後からずっとハードに動いていてC氏が時差ボケ限界を迎えたため、
広島の街をホテルに向かいながら少しウロウロして早目に退散しました。

さて、明日は宮島へ行きます!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-07-07 04:52 | 日本滞在日記 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana