タグ:シチリアの宗教行事 ( 44 ) タグの人気記事

復活祭の翌日はパスクエッタと呼ばれ、この日も祝日。
復活祭はキリストの復活と共に、春の訪れを祝うとも言われ。
春がやってきた今、そう!外へ行こう!
ということで、ピクニックが恒例のパスクエッタ。

以前はパスクワもパスクエッタもドミンゴ家で過ごしていたのですが、
ここ数年はパスクワはドミンゴ家で、パスクエッタは友人と過ごしたりしています。
が、この家に引っ越してきてから、庭の手入れや畑など、家でやることもたくさん出てきて。
今年も家で過ごす事にしました。

我が家の外キッチン、建築中に勢い余って火山石BBQスペースを作ったのですが、、、
気が付いてみたら、去年のパスクエッタ以来、1度も使っていない!!!!



ということで、今年も2人でBBQすることにしました。

e0335287_04442950.jpg

この方、久しぶりの登場(笑)

家の中のキッチンでは全く料理しないのに、外のキッチンだと何故か包丁持ったり洗い物したり。
何故か突然やる気になるC氏。
鍋奉行ならぬ、BBQ奉行。

e0335287_04482397.jpg

まずは野菜をジュージュー焼きまーす。

待っている間にワインを開けて♪
お昼にピッタリな軽いNero d’avola種のワイン。
ドンナフガータのもの。


e0335287_04495801.jpg

かんぱーい♪
昼ワインは極楽極楽♪


e0335287_04514836.jpg

そうこうしている間にてんこ盛りの野菜が焼け。


e0335287_04535150.jpg

ほんとはもっと焼きたかったらしいけれど、結構時間がかかっていて、お腹がすいて肉が焼きたかったらしい、、、(笑)

ということで肉!

e0335287_04555187.jpg

豚バラ、ロース、そしてサルシッチャ、合わせて1.5kg、、、、、(^^;)
去年も1kg買った、ってブログにかいてあったけど、今年はそれを超えていた(汗)

見た目はそんなたくさんには見えないんですけどねー。


e0335287_04584114.jpg

さて焼けたぞ!!!

サルシッチャを残して先に焼けた豚バラとロースをいただきまーす❤

e0335287_05010589.jpg

たっぷりのシチリアレモンを搾ってサッパリ♪
イタリアの肉って、赤身だから意外と食べれちゃうところが恐ろしい(汗)
小さく見えますがロース1枚300g(笑)
でも私でも食べれちゃうさっぱり感。

そして完璧なる焼き加減だったサルシッチャ。


e0335287_05033214.jpg

ギリギリの火入れですっごくジューシー♪
うまうま!!
しかし私はお腹がいっぱいになってきたので、ちょっとだけ食べて終了。
C氏は全部食べれそうな勢いでしたが、さすがに1.5kg、、、、と思うと、ちょっと怖くなり。
サルシッチャちょっとだけ食べたところで、取り上げました(笑)

いやはや今年も食べた!!

今年は糖質制限中なので、パンやパスタはほとんど食べない生活が続いているのですが、
それもすっかり慣れてきて、時折ライ麦パンを食べるくらいでも全く大丈夫な私達。
とは言え、こんなに肉食べてもいいのか!?とちょっと疑問に駆られたパスクエッタでした(笑)

でも今日は、ジムにいって2人でしっかりとしぼってきましたよー。

今年も無事に終わった復活祭。
復活祭が終わったらあとは夏を待つばかり!

早くこ~い、今年の夏❤


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-04-04 05:09 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)

Buona Pasqua ❤

e0335287_18082517.jpg


今日4月1日は復活祭。

イタリア語ではパスクワ、英語ではイースター、日本では復活祭。
キリストの復活を祝うお祭りです。

キリストは金曜日に亡くなった、と言われています。
そして翌々日に復活したと。

トラーパニではその金曜日から翌日の土曜日まで、24時間にわたる大行進が行われます。
キリストの最後の1日を20のシーンで表現したミステリと言われる聖台をお神輿のように男達が担ぎ、
ブラスバンドによって奏でられる物悲しい音楽に合わせてゆっくり行進します。

金曜日は悲しい1日。
大行進が行われる日はすっきり晴れる事が少なく。
雨が降るわけでもなく、どんより曇った日が多いのはいったいどんな偶然か。

そしてスッキリ晴れる事が多いパスクワ当日。

今日も北風が強く気温は下がっていますが、スッキリした青空に恵まれたトラーパニ。

この1週間、街であった知り合いたちには、

「Auguri(アウグーリ)!」

と挨拶をし、頬にキスを交わすのがイタリアの習慣。

今日が全世界で平和な1日でありますように。

=================

パスクワがどんなお祭りか知りたい方のために、今までにブログにアップしてきた記事をまとめてみました。
ざっと探しただけでも結構なエントリーがありました.
お時間あるときに是非♪































========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-04-01 18:15 | ご挨拶 | Comments(0)
e0335287_22344945.jpg

今年ももうすぐパスクワ(復活祭)。
日本行きを前にして、仕事が溜まっていてバタバタとしている間に、
気が付けばもう今週末!

昨日、遅めに帰って来たC氏。
本当はジムに行く予定だったけど、遅くなってしまったので予定変更でトラーパニの街を散歩することに。
Venerdi Santo(ヴェネルディ サント=聖金曜日、パスクワの前の金曜日です)盛大なパスクワの行進が行われるトラーパニですが、
その前にも色々な宗教行事が行われるため、街は賑わいます。

旧市街を散歩していたらいつもは開いていない時間にカテドラーレ(大聖堂)が開いている。
入ってみると、何やらコンサート準備中で。

「今日はフォーレのレクイエムのコンサートだよ」

と、知り合いが教えてくれ。

なんとラッキー♪

フォーレのレクイエムと言えば、モーツァルト、ヴェルディに続いて3大レクイエムと言われることもある名作。
トラーパニのコンセルヴァトワール(音楽院)が主催の演奏。
教会全体に鳴り響くコーラスとパイプオルガン。
静かに、そして優しく、そして美しく。

入場料は無料。

ヨーロッパの街角ではかしこまってコンサートに行くのではなく、
日常的に音楽に触れる事ができるのが魅力のひとつでもあります。

あしたはいよいよ、パスクワの大行進。
ことしも楽しみ!



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-03-29 22:45 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_01220956.jpg
今日3月19日は聖ジョセフ、イタリア語ではサン ジュセッペの日。
ジュゼッペはキリストのお父さんだったので、それにちなんでイタリアは「父の日」でもあります。

そしてトラーパニ近郊の小さな街では「パン祭り」が行われるのが毎年の恒例行事。
なぜ?って。
それは下記のエントリーをご参照あれ。



昨日は、バールが1軒だけある、、、という小さな村で開催されていたパン祭りに行きました。
舞台では民族衣装を着た村の人達が、シチリア民謡を歌い踊り。
観客(=ほとんどが村民!)も一緒に大合唱!
すっごいローカルで好きなんです、この街のお祭り♪

そしてサンジュゼッペの日と言えば、食すのがこれ!



カロリー爆弾スフィンチョ―ネ ディ サン ジュゼッペ!

揚げたシュー生地の上にたっぷ~りのあま~いリコッタ、、、❤
このお菓子、本当に美味しくて大好きなんだけれど、、、怖くて1個はたべれません。
ゲンコツより大きいですから(苦笑)

ここのところ、暖かくなってきて畑も始動しはじめました。
現在、苗を植えたり、ピアノも練習しなきゃいけないし、低糖質ライフにしたら料理の品数も増えて時間かかり、、、
ブログにアップしたいことがたくさんあるのですが、追いつかない(汗)
ボチボチがんばりまーす。


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-03-20 01:37 | シチリアのお菓子 | Comments(0)
e0335287_04401712.jpg

イタリアでは1月6日はベファーナという魔女がやってくる日。
子供達は5日の夜は、枕元に靴下を置いておくと、、、。
いい子にはお菓子を、悪い子には炭を持ってくる、という言い伝えがあります。


この時期になるとスーパーにはこんなものも並び。

e0335287_04444265.jpg

大きな靴下の中には子供が好きそうなお菓子がいっぱい!
おばあちゃんがたくさんの靴下を買っている姿は微笑ましくもあり。

そして、1月6日はクリスマス期間終了の日。
12月8日、マリア様が受胎告知を受けたという日に始まるクリスマス期間。
12月25日にキリストが産まれ、1月6日は東方から三博士が誕生のお祝いに来た、という日。
そしてこの日をもって1か月も続く長~いクリスマスが終了するわけです。

私にとってはお食べ地獄から解放される、1年で最もホッとした日でもあります(苦笑)

今年はとにかく集まって食べる機会が多くて(@_@)
シチリアで人が集まるとなれば、やっぱりご馳走が用意されるのが常。
この1か月はどう考えてもダイエットは無理!な期間。
明日は日曜日、、、なので月曜日から、正月太りならぬクリスマス太り解消を目指して頑張ります!


ちなみに今年の我が家のクリスマスはこんな感じでした。


e0335287_04573249.jpg


毎年、各地のクリスマスマーケットで集めてきたカワイイ飾り達。
クリスマス担当のC氏が家のあちらこちらに飾ります。
新しいLEDも今年はたくさん加わって、楽しい我が家のリビングルームとなりました❤

そして外はこんな感じに。

e0335287_05104669.jpg

オリーブの木にイルミネーションを付けてみました。
残念ながら我が家、強風地帯のため飾りは付けられず。
でもクリスマス期間、十分に楽しませてくれました♪

今日は外のイルミネーションも取って、クリスマスツリーもしまい、、、(C氏がね・笑)
クリスマス気分も終了です。

ホッとするけど、6日が過ぎると現実が待っているという密かな恐怖、、、(笑)
明日の日曜日までもう少しノンビリ気分を味わうとしますか。


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2018-01-06 23:15 | REIのシチリア日記 | Comments(0)
皆さんはクリスマス、楽しく過ごしましたか?

私は今年のクリスマスもファミリークリスマス。
24日の夜は、家族のように仲の良いN君宅のファミリークリスマスにお邪魔しました。

N君は大のワイン好き。
だからN君主催の食事会は私もとってーも楽しみ♪

e0335287_17015608.jpg

計6種類のワインをあーでもない、こーでもない、、、と言いながら楽しみました。

すごいなー、と思うのは、ワイン好きのN君の知識はかなりのマニア級ですが、
そうでない人も、かなりのワインへの知識を持っているという事。
さすが世界的ワインの生産地イタリア。
そしてシチリアでは数千年、ずっと食卓のお供であったワイン。
もうDNAに組み込まれているのか(笑)

そしてテーブルにはN君の妻Gちゃんのかわいいテーブルコーディネート。

e0335287_17085536.jpg

彼女、本当にセンスが良くて。
ちゃちゃっと家にあるものを使ってテーブルコーディネートしちゃうところがすごい!
毎回、お宅にお呼ばれされる度に違う度に感心しちゃいます。

ワインのみならず、食大好き!のN君。

こんな巨大パンがあったり。

e0335287_17125072.jpg

ドルチェブッフェにこんなオサレなチョコレートがあったり。


e0335287_17141069.jpg


色々と楽しい仕掛けがいっぱい!のクリスマスイブでした♡

さてさて、25日、クリスマス本番!

この日はドミンゴ家で家族ですごすのがもはや定番。

今年はアンティパストもたっくさん用意されていたのですが、、、
思わず写真を忘れて食いついてしまった!(笑)


e0335287_17172888.jpg
プリモはマンマのトロトロラザーニャ。
メインは牛肉の煮込み野菜ソース、付け合わせにローストしたジャガイモ、キノコの煮込み。
この2皿、シンプル、、、なんですが、かなりヘビー級な2皿。
この時点でもう既にお腹いっぱいなのですが、、、。

この先、カルチョーフィの煮込み、フェンネルのサラダ、フルーツ、ドルチェ、、、
やはり25日のお昼は例年通りのお食べ地獄でした(笑)

去年からパパはいなくなってしまったドミンゴ家のクリスマスですが、
マンマも少しずつ元気になってきて楽しいクリスマスとなりました。

今年も無事にクリスマスが終了。

毎年毎年、段々食べれる量が少なくなってきて本格的にお食べ地獄と化してきているクリスマス(苦笑)
この時期が終わるとホッとします、、、(私は毎年なーんも用意しませんが)。

今年はお正月が月曜日。
今週末は更なるお食べ地獄が待つシチリア、、、(汗)
今日からの数日間は節食に励みます!



=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-12-27 17:26 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(0)
e0335287_18161425.jpg

11月11日はサンマルティーノの日。
この日、トラーパニではムッフォレッタというフワフワパンや、
ビスコッティ ディ サンマルティーノというガチガチ固いビスコッティを食べる日。

このムッフォレッタ、今の時期しかパン屋さんに並ばず、
毎年買いに行くのですが、今年はヤボ用(C氏がどうしても買いたいモノがある!!ということでパレルモに拉致された、、、)で11日に買いそびれ(涙)
ヤボ用途中に立ち寄ったBarにてビスコッティ ディ サンマルティーノの進化バージョンを発見!
早速試してみたのですが、、、。

今イチだった、、、(^^;)

と、残念なサンマルティーノの日でした。

毎月連載のポッカレモン有機のブランドサイト、今月号のお題は「サンマルティーノの日」。
写真たっぷりでシチリアから風をお届けします!
是非ご覧くださいね☆



=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/

by latavolasiciliana | 2017-11-12 18:21 | シチリアのお菓子 | Comments(0)
e0335287_21570870.jpg

今まで私のブログをずっとご覧くださっている方はもう何度も読んだかもしれませんが、、、。


イタリアのカレンダーにはその日の守護聖人の名前が書かれています。
そして街には守護聖人がいて、カレンダーに街の聖人が書かれている日は祝日となります。
トラーパニの守護聖人は聖アルベルトで8月7日が祝日。
街にはイルミネーションが灯り、夜になると聖アルベルトの像が街を練り歩きます。


e0335287_21585397.jpg


夕方、トラーパニで一番重要な教会、カテドラーレに行ってみると、聖アルベルトが行進に出る準備をしていました。


そして夜20:00過ぎ、もう一度街に行ってみると、教会の鐘が鳴り響き、、、聖アルベルトが教会を出発した合図です。
この鐘の音を聞くと、トラーパニ市民は聖アルベルトの像を追いかけに!
私達はちょっとだけ追いかけていきましたが、すごい人、人、人、、、、!


e0335287_22022969.jpg

一番奥の赤い旗のその前、ちょうど建物と建物のど真ん中辺りに、キラッ!と輝いていました。


これから数時間、練り歩く訳ですが、この時点で猛烈にお腹が空いていた私。


神より食欲(笑)


食欲はあれど、お腹は空いていれど、、、暑い日々が続く今年のシチリア。

ガッツリ食べる!という感じでもなかったのにアペリチェーナに行くことにしました♪


アペリチェーナとはAperitivo(食前酒)+Cena(夕食)の造語。

元々アペリティーヴォを頼むと、結構しっかりしたおツマミが付いて来ていたトラーパニ。

かつては、アペリティーヴォしてから、レストランで夕食を、、、というのが流れだったのですが、

近年のダイエット志向で、夕食は比較的ライトなものへと嗜好が移り。

尚且つ、不況も後押しして、一気に盛り上がったアペリチェーナ。


私達、行きつけBarのアペリチェーナはこんな感じ。


e0335287_22082240.jpg

これで2人分ですが、パンをつまみながら食べていると、意外とお腹いっぱいになります。
ミニアランチーニとパネッレは揚げたてでとっても美味♡

アペリチェーナの内容はお店によって色々ですが、1杯飲みながら軽くご飯を、、、という時に最適。
というか、我々、最近、外食というとこればかり(笑)
夏のトラーパニは、トラットリアには人が殺到していますからね~、、、。

アペリチェーナを楽しんでいる最中に、港では花火が上がりました。
聖アルベルトが教会に戻った後に花火が上がるのです。


トラーパニの守護神は聖アルベルトですが、8月16日はトラーパニのマドンナの日。

マドンナ信仰がとっても強いトラーパニは、W守護神の街とも言われ。

イルミネーションは8月16日までこのまま灯されています。


トラーパニは夏真っ盛りです♪


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!


http://www.tavola-siciliana.com/




by latavolasiciliana | 2017-08-09 22:20 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_04571936.jpg

パスクワの翌日はパスクエッタ。
この日はピクニックに行ってBBQをするのが定番♩
ですが、、、。
私達は昨年家を引っ越した際にテラスのキッチンに付けた、火山石BBQ台の試運転のため、テラスで2人BBQをすることに(笑
肉屋さんに行って豚肉バラと豚ロース、そしてサルシッチャ、合計1kgを買ってきて。

火山石BBQは石を先に充分に温めるのがポイント。
建築家曰わく、
「一度温まると火を消しても30分は熱いらしく移動も可能だから卓上BBQもできるよ!」
と、、、。
しかし、今日気がついたんですが、そんなにに熱い石、移動できんだろー😅

ま、いいか(笑



という事で充分に温めて先ずは野菜からグリル。
庭で摘んできた春キャベツと玉ねぎ、料理教室の試作のために買ってあったズッキーニを載せてみる。
結構焼けるかも。


e0335287_04594585.jpg


概ね野菜がグリルし終わったところでいよいよ肉をオン!

ジューーーーーーー。

おー、いいねーーーーー。

グリルパンで焼くより、炭で焼くより、かなり早い!
いいね、いいね♩


e0335287_05012084.jpg


先ずはロース厚切りをシチリアレモンをギュッと絞っていただきま〜す❤️
付け合わせはこれも庭で収穫したサラダ。

うまっ!❤️

シチリアは魚のイメージが強いですが、肉も美味しく(特に豚肉が美味)


e0335287_05030831.jpg

ロースを食べている間にサルシッチャとネギに豚バラをグルグル巻きにしたのも乗せて。
さらに豚バラを乗せ。

おー!どんどん焼きあがる!!!

食え〜、食え〜!!
と食べている間に、肉1kg、、、全部食べちゃいました😅

食後は今が旬!のイチゴをタップリと。


e0335287_05044295.jpg


これで火山石BBQがきちんとできることが確認できたので、次回は友達でも呼んでおうちBBQするかな。


さて。

お腹いっぱいごはんを食べた後は、サンビートロカーポの海へ散歩へ。


e0335287_05070311.jpg

相変わらずの真っ青な空、真っ青な海!

夕方の海岸では水着で日焼けする人、洋服のままビーチベッドに座っている人、はたまた泳いでいる人、、、温度感覚はそれぞれ。
確かに太陽の下はもう日焼けできるほど暑いですが、さすがに海水浴はね、、、(^^;)


海沿いをたっぷりと歩いて。


あ~、気持ちいい!


今日はノンビリなお休みです




by latavolasiciliana | 2017-04-18 05:10 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(2)
もう今までのブログでも何度も何度も取り上げてきたパスクワ(復活祭)の大行進@トラーパニ。

↑こちらからパスクワ(復活祭)について、色々ご覧いただけます。

今年は時間に余裕があったので、 この金曜日の大行進を迎える前にも教会に行き。
そして迎えた金曜日。

見事に晴れた!

e0335287_17275050.jpg

このミステリと呼ばれる聖台は、キリストの最後の1日を20シーンに分けてあらわしたもの。
ということで、20台。
キリストが亡くなったとされる金曜日の14:00に最初の1台が教会から出て、
翌日土曜日の14:00に最後の1台が教会に入っていく。
つまり24時間、トラーパニの街のどこにいってもこのミステリと出会う訳です。

1台につき1組のブラスバンド。

e0335287_17334031.jpg
ブラスバンドの奏でるちょっと物悲しいシチリア伝統音楽に乗せて、ミステリはゆっくりゆっくりと行進します。

そして、ミステリと関係する小道具を持った子供や大人達が、それぞれの服装でミステリと一緒に行進。


e0335287_17394366.jpg

かなり大規模な行進であることが分かっていただけるかと思います。

宗教行事、、、と聞くと、なんとなくおどろおどろしい感じもするかと思いますが、
実際には青空の下、トラーパニの街を行進するミステリ達は、感動的でもあり。

宗教心のあらわれとしてこの行事に参加する人々は、担ぎ終えた後、涙を流しながら教会からでてきます。

e0335287_17444479.jpg

最後の1台はマドンナが教会に戻る際には、花吹雪が舞い。
教会の前にはおびただしい人の数。

感動的な瞬間です。

そして最後、教会の扉が閉まり、2017年パスクワの行進も終了。

e0335287_17481419.jpg

そしてこのブログを書いている今日、日曜日はパスクワ。
キリストは日曜日に復活した、、、と言われています。
今日はみんな、それぞれの形で復活をお祝いします。

私は毎年の恒例でドミンゴ家でお昼を過ごします。

この時期のトラーパニは非常に賑やかで。
今年は遅めのパスクワだったせいか、観光客がすっごく多くて。
既にタンクトップと短パン、そしてビーサンで街を闊歩(笑)
そしてトラーパニ人はまだダウン着ている、、、というこの時期恒例のこのギャップ(笑)
(トラーパニはいつも風が吹いているので、市民達は風邪を引かないよう割と厚着)

来年のパスクワは4月1日。
ラ ターボラ シチリアーナでは毎年この時期に「シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」を開催しています。

2016年の様子はこちらから。


来年は3月28日(水)~31日(土)の開催です。

イタリア料理やイタリア菓子はキリスト教とは切っても切り離せないご縁で。
イタリア好きの方、イタリア料理を勉強されている方には一度は見ていただきたいこの行進。
ちょうど春休みの時期なので、お子さんと一緒のご参加も大歓迎です!

ではこれからドミンゴ家にパスクワランチに行ってきま~す!



by latavolasiciliana | 2017-04-16 18:04 | トラーパニの風景 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana