e0335287_04173897.jpg

モントルーから車で約1時間走りやって来たのはローザンヌ。
ここもレマン湖畔の街で、最初はモントルーではなくローザンヌに宿泊しようと思っていました。
が、途中で、

「モントルーのクリスマスマーケットが有名だよー」

と聞いて行先変更。

ローザンヌといえば、国際オリンピック委員会本部があることで有名。
って、私もそれしか知らなかった(笑)

ネットでクリスマスマーケットをやっていることを知り、やってきたのでありました。

e0335287_04210807.jpg


これ、駐車場の真ん前にあったホテルですが、とっても素敵❤
イタリアともまたちょっと違う雰囲気です。

ローザンヌは思ったよりも大きな街でした。

毎回の事ですが、下調べは全くなし。
中心地っぽいところに車を停めた後は、とりあえず歩いていたら、、、クリスマスマーケット発見。


e0335287_04241401.jpg

そういえば、どなたかのブログの記事で、ローザンヌのクリスマスマーケットは街のあちらこちらで開催されている、って書いてあったかな。
(このブログもそんな情報集めのお役に立てたら嬉しいです♪)

e0335287_04260904.jpg

モントルーのクリスマスマーケットよりも、ちょっと都会っぽいラインナップ。

更にてくてく歩いていると坂道に到着。

e0335287_04283346.jpg

写真は何故かワンコ(笑)

この坂道、右に左に八百屋さんが並んでいました。

e0335287_04313122.jpg

新鮮そうな野菜が並んでいるんですけどね、驚いたのが、、、、その価格!


e0335287_04330987.jpg


ミニトマト、キロ1.5ユーロかとおもったら、、、100gでした、、、。
キロ15ユーロ。
日本よりも高いかも。

ちなみにオレンジは5.8ユーロ/kg、マンダリンは7.8ユーロ/kg。
まぁ、平均収入も違うからこれでも暮らせるのかい?と思ってみたり、この道沿いだから高いのかな?と思ってみたり。

なにせこの屋台の前にはこんなお店もありましたから。

e0335287_04362685.jpg


多分中心地(笑)
さすがすぐお隣はおフランス。

この坂を登り切ったところで、いったいどこにいるんだろう?と思ってGoogleマップを見ていたら、

「カテドラーレ探しているの?」

と親切なおばちゃん。
あっちよ、橋を渡ったらすぐだから、と指を指されたのでそちらに向かいます。

おー、あったあった!

e0335287_04390517.jpg


とんがり屋根が北国っぽい♪

しかしおっきいなー、この教会。

e0335287_04405316.jpg
全体像が写真に納まりきりません。
これは右側。


e0335287_04430154.jpg


こっちは中心と左側。

この教会、ノートルダム大聖堂という名で、12~13世紀に建てられたゴシック様式の教会だそうで。
横っちょの入り口から中に入ってみると、、、、

e0335287_04472167.jpg

e0335287_04485347.jpg
e0335287_04504743.jpg
あちらこちらに光輝くステンドグラス、、、、。
太陽が差して更に輝いてキラキラ光っていました。

シチリアに戻ってからガイドを読んでみたら、

「スイスで最も美しい教会」

とも言われているらしいこの教会。
それなのに、冬だからか、、、ひっそりしていて荘厳な雰囲気はとても心地が良い空間で。

e0335287_04525786.jpg

心洗われるひと時でした。

外に出てみると、ローザンヌの街を臨むことができ。

e0335287_04580246.jpg

ここは坂の上ですからね。

さて、教会を出て、坂を下って行くと、マーケットに出会いました。

お昼頃だったのでたくさんの人が買い物をしていました。
ここは坂の途中の八百屋さんと違って、普通に市民が買い物をしているところに違いない!とおもったんですけどね、、、。

e0335287_05025729.jpg

やっぱり高かった(笑)

でもね、鮮度は良さそう。
キレイな色の野菜が並んでいました。

e0335287_05044195.jpg

このサラミ屋さん、切りたてのサラミでパニーニを作ってくれるので、人だかりができていました。

e0335287_05071792.jpg


パルマの生ハム8.5ユーロ。

e0335287_05081944.jpg

イタリアの大体2倍くらいの価格でしょうか。
北ヨーロッパ在住のお客様が、

「シチリアは安いですね~」

と良くおっしゃいます。
現在、インフレ真っ最中なイタリアですが、確かにスイスに比べれば食料はかなり安い。

スイスと言えば!の編み編みパン。

e0335287_05110807.jpg


うっかり買わなかったことに後から大後悔!!!!!


e0335287_05124111.jpg


これも、、、、今、写真でみても美味しそう(涙)

市場をかなりゆっくり見ている間に随分時が経ち、、、。
日が暮れる前にモントルーまで帰りたかったので、とりあえず駐車場に向かいます。
と、その途中にまたクリスマスマーケット。

e0335287_05153091.jpg

そしてようやく駐車場近くにたどり着いたらそこにもクリスマスマーケット。
ここはフロン駅前のクリスマスマーケットでした。

e0335287_05183737.jpg
駅前とあってかなり賑やか♪


e0335287_05204629.jpg

キッシュやクレープが並ぶのはやはりフランスがすぐそこだからでしょうねー。

ここのクリスマスマーケットで見つけたのがこれ!

e0335287_05231165.jpg

名前は忘れちゃったけれど、東欧のクリスマスマーケットには欠かせない!と聞いていたグルグル巻きのお菓子。
一回食べてみたい!と思っていたのでした。

じゃん!

e0335287_05252441.jpg
シナモン入りグラニュー糖がたっぷりとまぶされたこのお菓子。
本場では確か炭だったか、薪だったかで焼く、、、と聞いたような気もします。
これは簡易版で電気で焼いていましたが、モチモチしていて美味しい♪

でも、やっぱり本場で食べてみたいな~、、、という欲望がムクムク湧いていて。

来年はこれが食べれるとこに行くぞ!と決めたのでした(笑)

朝10:00頃出てきたのですが、気が付けばもう夕方近く。

e0335287_05295905.jpg

帰りはまた美しきアルプスを眺めながら、モントルーまで帰るのでした。

さて、次のエントリーは最終回です!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2019-01-04 05:30 | 2018アオスタ~スイス クリスマスの旅 | Comments(2)
e0335287_19203526.jpg

新年あけましたが、まだまだ続きます、2018年栗栖マーケットの旅レポです!

イタリアの北の果てアオスタからアルプスを越えてやってきたのはレマン湖畔のリゾート地モントルー。
レマン湖もモントルーも、正直今回のクリスマスマーケットの旅の順路を考えるまで
旅行の候補地に挙がったこともなかったのですが。

e0335287_18491148.jpg

美しき湖の風景。
そしてこの湖の水の美しいこと。

e0335287_18514127.jpg

それもそのはず、私達が宿泊していたホテルの近くに、川からジャバジャバと湖に水が流れ込んできていました。
アルプスの水♪
湖って水が滞留するからあまりきれいだとは思っていなかったので、ちょっと驚き。

さて!モントルーのクリスマスマーケットです!
到着日は、午後に到着後、ちょっと休んでから、、、翌日の昼はローザンヌに遠足で帰ってきてから、、、
ということで、モントルーのマーケットを散策したは夜のみ。

e0335287_18560097.jpg

人気のクリスマスマーケットと聞いていただけあって、すごい人でした!

e0335287_18575771.jpg


e0335287_18585723.jpg

e0335287_18595999.jpg


e0335287_19004594.jpg


e0335287_19022807.jpg

e0335287_19023302.jpg


e0335287_19044747.jpg

e0335287_19045322.jpg


e0335287_19060789.jpg

想像していたよりもアメリカっぽい(笑)
昔、ラスベガスで見たホテルのライトアップを彷彿させるようなライティング、、、。
いままで、ドイツ語圏のクリスマスマーケットに行っていたので、ちょっと新鮮でした。

クリスマスの2週間前の週末に行ったのですが、ものすごい人でした!
うっかりとホテルの駐車場を予約するのを忘れていて、ホテルすぐちかくのショッピングセンターの駐車場に停めていたのですが、
翌日、ローザンヌから帰ってきたらこの駐車場に入れるまでの大渋滞、、、。
それもそのはず。
クリスマスマーケット近くの駐車場って、来場数に比べて激少ない!
1時間ほど待って、ようやく駐車できました、、、。
翌朝、車を取りに行ったらガラガラでしたけどね(苦笑)

湖畔ということもあって、いつものクリスマスマーケットよりは寒くなく。
それでも夜は2~3度でしたが、ドイツ語圏のクリスマスマーケットは絶対マイナスですから。
寒いことは寒いですが、耐えられる寒さでした(笑)

そして、スイスと言えば、、、チーズフォンデュ!
モントルーのクリスマスマーケットで楽しみにしていました♪

アオスタはフォンティーナのお膝元でしたが、モントルーはグリュイエールのお膝元。
そしてモントルー近くでは白ワインも作られているので、チーズフォンデュには白ワインもたっぷり。
同じチーズフォンデュでも土地によって違うのは面白いところ。

まず最初に目に付いたのはこれ!

e0335287_19141063.jpg

お~~~!
くり抜いたパンにフォンデュが流し込まれている!

e0335287_19151877.jpg
お隣ではフォンデュ作り。

その後ろではチーズ作り実演。


e0335287_19163934.jpg

そして、、、、

e0335287_19173842.jpg

ふふふ❤

ガブリ!とC氏が食べたら、ダラリ~、、、と横からはみ出てくるフォンデュ~。
危険です(笑)
でも寒空に食べるこのパンフォンデュはやっぱり美味しい❤

それだけでは飽き足らず、次は本物のフォンデュに!

クリスマスマーケット内にあったチーズ小屋。

e0335287_19221528.jpg

外から小窓を除くとみんなチーズフォンデュを食べてる~。

フォンデュには白ワイン、、、が定番なのですが、寒さに慣れない私達的にはもう寒くって、
思わずホットワインを注文。

右を見ても、、、

e0335287_19253770.jpg

後ろを振り返っても、、、、

e0335287_19264131.jpg

みんなチーズフォンデュに舌鼓♪

さて、、、、私達のも来た!

パンにチーズをた~っぷり絡ませて、、、、

e0335287_19280623.jpg

パクッ!
白ワインがきいていて美味しい~❤
アオスタのフォンデュが濃厚なのに対して、こっちはサッパリ。
寒さも気候条件も違う土地、やっぱりお土地柄ですね~。

e0335287_19290701.jpg

もう2人でチーズ争奪戦です(笑)

ちなみにこれで1人前。
2人でちょうどいいくらいの量でした。

今思い出してももう一回食べたいこのチーズフォンデュ。
まぁ、家でもできるんですけどね、、、やっぱりあの土地で食べるから美味しいってもので(笑)

クリスマスマーケット内に何軒かチーズフォンデュが食べれるお店が出ていました。
どこで食べてもきっと美味しいと思います。
お値段も大体一緒でした。
私達が入ったチーズ小屋、ちょうどタイミングよく席が空いて待たずに着席できましたが、
私達の次から入ってきた人達は、席が空かずに諦めて帰っていました。
週末に行くなら、予約ができるので、前もって予約を入れておいた方がよさそうです。

モントルーのクリスマスマーケット、スイスで1番人気!と聞いていったのですが、
正直な感想は、やっぱりクリスマスマーケットはドイツ語圏が素敵かも、と。
ただ、去年いったニュルンベルグはニュルンベルガーソーセージくらいしか食べるものがなくて、
毎日ソーセジ食べ過ぎて、最終日はインド料理屋でカレーを食べてしまいましたが、
このチーズフォンデュなら3日間くらい食べ続けてもいいかな?とちょっと思っちゃいました(笑)

普段は南にどっぷり浸かっている私ですが、1年に1回、この年末のクリスマスマーケットの旅は、
北ヨーロッパの文化を垣間見るという意味でも、結構楽しみにしている1年に1回の旅。
今年はアオスタのフォンデュとモントルーのフォンデュ食べ比べ、大満足でした!

さて、次回は遠足で行ったモントルーのお隣の街、ローザンヌ散策です♪

クリスマスマーケットの旅、もう少しお付き合いくださいね♪



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2019-01-03 19:38 | 2018アオスタ~スイス クリスマスの旅 | Comments(0)
e0335287_17541885.jpg

あけましておめでとうございます♪

皆さんは、どんなお正月をお過ごしでしょう?

2018年のクリスマスイブ、クリスマス、カウントダウン、私達はドミンゴ家で過ごしました。
2年前にパパが亡くなり、去年はマンマが体調不良となり。
初めてマンマが料理をしない年末年始となりました。

なので今年から私も料理に参戦!

クリスマスイブ、クリスマス、、、でひと段落でしたが、続いてカウントダウンに、そして今日はこれからお正月ランチ。
延々とつづくこの時期のファミリーパーティー。
なんだかずっと料理を作り続けているような(笑)

マンマから教わった料理に加え、私がいつも作っている料理達、みんな食べてくれるかなー、といささか心配でしたが、

「美味しいよ~♪」

とみんなに言ってもらえて一安心。

こうして少しずつ変わっていく年末年始ですが、2019年、日本の家族も、イタリアの家族も無事に迎えられたことに感謝。

上の写真はカウントダウンの料理達ですが、このほかにもまだまだ色々あって、、、。
世代が交代しても、やっぱりお食べ地獄は変わらないシチリアでした(苦笑)

さて、2019年はどんな年になるかな?

今年もこのブログ共々、どうぞよろしくお願い致します♪

【旅とお散歩に選んで頂きました♪】

2018年12月に行ったクリスマスの旅。
アオスタの街並みのエントリーが2つ、エキサイトの「旅とお散歩シリーズ」に選んで頂けました♪
どうぞご覧くださいね♪





========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2019-01-01 18:10 | ご挨拶 | Comments(0)
イタリアからアルプスを越えてやって来たのがスイスはレマン湖畔の街、モントルー。

アオスタから車で行けてクリスマスマーケットが開催されている街を探しながら地図を眺めていたところ、
ん?スイスが近い、、、と思い、スイスのクリスマスマーケットで情報を集めていたら、
モントルーの街で大きなクリスマスマーケットが開催されるとの情報が。

モントルーは湖畔なので、いままで行っていたクリスマスマーケットよりは寒くもないだろうし。
2018年は後半期、怒涛の仕事だったので、一息つきたい、、、というご褒美旅行でもあるし、
湖畔は悪くない、と思いモントルーに決定。

宿泊したのは、Hotel Eden Palace Au lacという湖沿いのホテル。
クリスマスマーケットが近いことと、この時期のスイスのホテルにしては比較的お手頃だったことからこのホテルに。

e0335287_21031654.jpg

お部屋はご褒美旅行ですからね。
ちょっと広めの湖ビューのお部屋を予約。

朝はこんな風景で目覚めました。

e0335287_21133899.jpg

部屋は十分に広く、私が日本から持ってきていた3つのスーツケースとC氏のスーツケースを広げてもまだまだスペースがある。
お部屋には電子ケトルがあるので、好きな時にお茶が飲めるのは嬉しい。
これ、日本では多くのホテルが付いていますが、海外のホテルは感覚的には半々くらい。
暑い夏はほとんど使いませんが、寒い時にはお部屋で紅茶が飲めたりすると嬉しいモノ。

このホテル、古き良き、、、という感じのホテルでした。
建物は自体は相当古く、そんなにきれいに改装されている感じもしませんでしたが、
最近は建物が古くてもモダンにキレイに改装しているホテルにいつも泊まっていたので(C氏好み)、
こんな古き良きホテルも嬉しく。

そして朝食をとるサロンが美しかった。

e0335287_21225164.jpg

窓の外はもちろん湖。

朝ごはんはコンチネンタルブレックファスト。
卵にソーセージにベーコンに、、、と一通りありますが、北国はやっぱりチーズがすごい。

e0335287_21274966.jpg

というか、みんなのチーズの消費量がすごい。
こんなてんこ盛りのチーズ達も、15分も経つとスカスカに。
私が日本から帰って来たばかりで、お腹も絶賛時差ボケ中だったため、比較的早目に朝食に行ったので、
そんなに人は多くないのに、チーズだけがすごい勢いで消えてゆく(汗)

そしてパンが美味しい。
イタリアにもありそうな甘いパン、コルネットなどなど、甘いパンが美味しく。

でもやっぱりカッフェは美味しくないー。
どうしてイタリアから一歩出ると、カッフェが美味しくなくなっちゃうんでしょうね?

クリスマスマーケットの旅はホテル選びも重要。
なぜなら外が寒くてホテルにいる時間が長いから。
モントルーは湖畔、そして今年は行った時期が暖かかったので日中は5度以上に上がるし、
夜もマイナスになるかならないかくらいの気温でした。
が、それでもシチリアと比べれば10度以上低い訳で。
というか、寒いのが苦手な私としては、夜はホテルでまったり休みたいー。

と、ホテルにチェックインした後は、早速モントルーのクリスマスマーケットへ!

つづく。





========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2018-12-29 21:40 | 2018アオスタ~スイス クリスマスの旅 | Comments(2)
充分に楽しんだアオスタ滞在。
次なる目的地はスイス。
アルプスの峠を越えてイタリアからスイスへ向かいます!

e0335287_23382979.jpg

周りをアルプスの山で囲まれるアオスタ。
出発した時に快晴!
遠くに見える白いお山が真っ青な空に映えて美しい~♪と大興奮。


e0335287_23410237.jpg


目指す街はスイスのモントルー。
レマン湖の湖畔にあるクリスマスマーケットで知られる街。
アオスタからは120kmほど。
シチリアだったら1時間で移動できちゃう距離ですが、、、Google Mapを見ると約2時間の道のり。
そう、山ですからね、山。
それもアルプス。

30分ほどグングンと山道を登ると、さっきまで遠くに見えていた山がなんと目の前に。

e0335287_23460214.jpg

そしてついにやって来た雪、、、。
天気は良いので雪は降ってはいませんでしたが、この時点で気温マイナス5度、、ブルッ!

と思っていたら、、、

e0335287_23475816.jpg
一気にマイナス9度に下がった、、、。

ここはサンベルナルド峠。
とても雪深い地帯で、イタリアとスイスの国境辺りはトンネルになっています。

気が付けばさっきまで前にあった山は横に。

e0335287_23501356.jpg


この辺りはトンネル一歩手前で、屋根があるので道はスイスイ。



e0335287_23520550.jpg


この先、スイスとの国境があります。

「パスポート見せてください~」

と、超フランス語訛りのイタリア語。

そう、スイスはEUではないので、イタリア人もパスポートが必要。
パスポートチェックは無事終了。

スイスは高速道路を走るのに年間40ユーロの通行料シールを張っておく必要があります。
なので、税関でチケット購入。

e0335287_23551289.jpg

やった、2019年度バージョン!
もしも2019年にスイスに行くことがあればまた使える!(今のところ予定はナシ)

でも、このトンネル通行料は別途料金、、、片道確か20ユーロちょっと。
どうせ帰りもこのトンネルを通らなければならないので、往復料金で40ユーロほど。
ちょっと割引料金。
カードで支払い、いざスイスへ!

トンネルをひた走り、トンネル出てから、また屋根付きの道路を雪景色を見ながらひたすら走り、、、。
この間、微妙に怖くて写真なし(笑)

やっと雪景色から解放されホッとしたのは、こんな景色が見えてきたから。

e0335287_00012090.jpg


無事にアルプス越え完了!

雪景色を見ながら突然思い出したのだけれど、時は紀元前紀元前、カルタゴ軍(現在のチュニジア)の名将ハンニバルが、
象を連れてアルプス越えした、、、というのは確かこの辺だったかと。
こんな険しい山を象と一緒に山越えって、、、ものすごい大胆な発想!
しかも、チュニジア、つまりアフリカ大陸からスペインに渡り、そしてフランスへ、、、
そこからローマ軍と戦うためにイタリアに入るためのアルプス越え。

ひょ~~~!

どんだけ歩くんだい!
昔の人は考える事が壮大過ぎる。

ちなみに所要時間はGoogleさんが示していた2時間よりも若干早く1時間半くらいでした。

旅に出る前には、ここが大雪で閉鎖していたらどうしよー、とか、
閉鎖はしていないものの凍っていてツルツルだったどうしよー、とか、色々心配で。
C氏にあらゆる手段を尽くして情報収集してもらいました。

「雪降っても除雪車が走るから大丈夫」

というのが多くのかたからの情報でしたが、それでもやっぱり心配、、、。

レンタカーを予約する時にスタットレス+チェーン、そしてどこか雪に突っ込んだ時のために、
保険もフルオプションで臨みました。
備えあれば患いなし、という事で。

行ってみたら確かに除雪車が雪をキレイによけておいてくれていて、
昼間ということで凍結も無し。
トンネルは確か6kmだったか8kmですが、その前後は屋根が付いていて道路に雪が直接積もることはなさそうです。

が、まだ12月でしたからねー。
1月~3月の雪深い時期はどうなんだろう?

Googleマップ見るとかなりのうねり道でしたが、思ったよりもうねってはいなかった。
ま、いつもシチリアのウネウネ且つガタガタ道を走ってますからね、、、。
とはいえ、ここを夜間に走ろう、、、なんて人はいないとは思いますが、
絶対に太陽が昇っているうちに走行してくださいねっ!


さて、山を越えたら後は一気にモントルーまで突っ走ります!

つづく。

========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2018-12-29 00:06 | 2018アオスタ~スイス クリスマスの旅 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」がシチリアの幸せな食卓と旅レポをお届けします。


by latavolasiciliana