e0335287_17194780.jpg


今月下旬に開催される「夏合宿!シチリアの海を一足お先に満喫しよう!5泊6日」。ラ ターボラ シチリアーナ初の島プランです。

トラーパニはいつも風が吹く街。特に、アフリカ大陸からの南風シロッコが吹き始めると、島に行く側の海が激しく荒れ、、、。時折「欠航」なんてこともあるので、今までチャレンジした事がなかった島プラン。今年は初の試みとして、そして初の試みにしては大胆にマレッティモ島2泊の滞在を組み込んだプランを作りました!

しかしマレッティモ島、、、本当に海が美しいですね~。2006年に初めて行ったマレッティモ島では、自然界に存在する「青」という色がたくさんあること、、、を知りました。青は一色ではありません。青、と言っても色々な色の青があるのです。そしてこじんまりとした白と青の街にはブーゲンビリアが咲き乱れ。真っ青な空とのコントラストがまた美しく☆

トラーパニからたったの1時間、船で海を渡るだけなのですが、そこは全くの別世界。なんだか不思議な島。

マレッティモ島で唯一の宿泊施設マレッティモ レジデンスオーナーのファウスト氏も、

「ここはla isola magica(=マジック アイランド)さ。いちどここにくると、皆、魔法にかかったかのように虜になっちゃうんだよね。そういう僕もその一人だけど、ははは。」

ファウスト氏はボローニャの人。今でも冬季はボローニャとマレッティモ島を行ったり来たり。初めてこの島にバカンスに来て、すっかり魅了されて、ここにレジデンスまで築いてしまった彼、、、、本当に虜になっちゃったんですね(笑)

さて、このプラン、マレッティモ島のレジデンスが満室になってしまったため、最初の2泊のマレッティモ島の部分の参加からのお申し込みは締め切りましたが、後半の3泊、現在、こちらのみのお申し込みを絶賛受付中!

6月28日午後~7月1日までのプランでは、

・エリチェ散策
・ワイナリー見学とアペリティーヴォ
・マンマの料理教室
・クスクスの女王がいる「ポショ」でクスクス三昧!
・白い砂、青い海サンビート ロ カーポを散策&ドライブ!

3泊でも盛りだくさんの内容です!詳細はこちらからご覧下さい。

どうしてもマレッティモへ!という場合、7月1日のプランが終了した時点で、マレッティモレジデンスの空室があるかどうか確認もできます。私は同行する事はできませんが、チケットの手配、レジデンスの手配などはこちらでお手伝いさせていただきますのでご安心を!

夏前に旅を予定されている皆様、、、シチリアで一足お先に青い海&美食のシチリアを満喫しませんか?
# by latavolasiciliana | 2013-06-08 17:37 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)

料理上手になる塩♪

e0335287_164808.jpg


真っ青な空が広がるトラーパニの塩田。

トラーパニからマルサラにかけての沿岸全域で行われている塩作り。そろそろ今年も季節がやってきました。

「シチリアの塩」

と書かれて日本で販売されている塩はほとんどがこのトラーパニからマルサラにかけての塩田で作られたものだと思います。私の中ではもはや、

「当たり前よね」

思っていたこの事実も、

「えーーーーー、私が使っていたシチリアの塩って、、、ココで出来たものなんですか!?」

と驚くお客様が多い事に驚く私(笑)そう、私にとっては「当然の事」も、日本の皆様にとっては「当然じゃない」!こんな事を忘れられずにいるのも、今の仕事のおかげだと思う今日この頃。

さて、この塩田、、、毎年季節ごとに何度も行き様子を観察したり、小さな生産者に話を聞いたり、、、。自分なりに知識を深めてきたけれど、塩って地味な存在で考えてみたらあんまり塩について書くことってなかったかも。私のもう一つのブログ、朝時間公式ブログ「ボーノな毎日」で先日、塩について書き始めたところ、、、ついに5回のシリーズとなってしまいました(笑)

トラーパニの塩について、色々知りたいわ!という方、是非ご覧くださいませ♪

vol.1 塩田の朝
vol.2 古代製法の手作りの塩@マルサラ
vol.3 塩の原材料は?
vol.4 色々な種類の塩
Vol.5 これさえあれば料理上手になれる!「極上一番塩Fiori di Sale(フィオーリ ディ サーレ)」

さて、第5回目で紹介した「Fior di Sale(フィオーリ ディ サーレ)」。フランス語では「フルール ド セル」、日本ではこっちの名称の方が馴染みがあるかな?これ、実においしくって♪ この塩とトラーパニのおいしいオリーブオイル、、、これだけで、ただのレタスがグーンと味が濃くなる感じなのです。ポイントは上からパラパラかけたら、オイルをタップリかけて、、、グルグルとよく混ぜてなじませること。ただかけて食べるよりも、これまがグーンとおいしさが増します。

Fiori di Sale、去年お仕事で大量にサンプルで頂いた事があって。普段は、長時間煮るものには使わず、「仕上げの塩」として使っているのですが、たっくさんあるので、パスタに、野菜の煮物に、、、と普通の塩変わりに使ってみたところ。

やっぱりおいしい塩を使うと料理がおいしくなる事が発覚!

ま、当然と言えば当然なんですけどね、、、(笑)野菜の煮物が相当おいしくなってました、、、。

塩って本当に地味な存在ですが、料理の味を大きく変えるものなんですよね。最近はおいしい塩をなめながら、トラーパニ近郊で作られた非常にミネラリーな白ワインを楽しんでいます♪

今年も収穫まであと1ヶ月ですっ!
# by latavolasiciliana | 2013-06-06 17:03 | シチリアのオイシイ食材 | Comments(2)
e0335287_1211641.jpg


今朝、用事があって出かけたのですが、家に戻ってきてからどうしてもやる気が起きない、、、。日本の友人にそんな事をぼやいてみたところ、

「じゃぁ、今日はC氏感謝Dayにしたら?」

と、ナイスなアイディア!

ナイス、、、とは思ってみたものの、、、感謝Dayって何すれば?(笑)特別感謝する事ってないので、本当に思い浮かばない~。

とりあえず買い物にでも行って、家に戻り冷蔵庫を整理していたら、古くなってきて絶対にもう食べないであろうりんごが2コ、、、そうだ!これでケーキでも作ってあげよー。

という事で、C氏感謝Dayはリンゴのケーキを作ってあげる事に♪

このケーキのレシピ、混ぜるだけの簡単ケーキなのに、すっごくオイシイ。かつてはよく作っていたのですが、そういえば最近つくってないし。

ランチに家に戻ってきたC氏に、

「じゃーん!今日は感謝Day!!」

と、リンゴのケーキを見せたところ、

「そういえば、、、、確か冷蔵庫にふるーいリンゴが2コあったよね、、、、まさか、、、、。」

ドキッ!(^_^;) バレタカ、、、、。

いや、材料は古いけど(残飯整理じゃないよー・笑)、感謝の気持ちはこもってますから、一応(笑)
# by latavolasiciliana | 2013-06-05 01:31 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(2)
e0335287_3313530.jpg


ウチのオリーブ農園にようやくオリーブの赤ちゃんが実りました♪

今年は寒い春となったシチリア。いや、シチリアだけじゃなくてイタリア全土、肌寒い春となりました。ウチの農園は標高が少し高いところにあるので、トラーパニよりも気温が低く。海近くにある農園より一足遅く花が咲き、一足遅く実がなります。トラーパニ近辺の農園では2週間ほど前から実が付いている木も多かったのですが、ウチにもようやく実が成り始めました♪

5月中旬から既に雨が降っていないトラーパニ。大体5月末に嵐が来て大雨が降って、その後、夏になるのですが、今年はもしやこのまま雨が降らないまま夏になってしまうのか、、、ちょっと心配なところではあります。

さてどうなる今年の夏?

収穫は例年10月中旬~下旬。あと5ヶ月、すくすく育てよ~♪
# by latavolasiciliana | 2013-06-04 03:30 | オリーブのお話 | Comments(2)
週末のプチバカンスの帰り、マンマの家に立ち寄りました。マンマとお喋りしていると、

「ズッキーニいらない??」

と、巨大ズッキーニを2本、手にもって現れたマンマの娘、マリアピア。

e0335287_22181443.jpg


でかっ!(注)後ろのすり鉢はミニじゃありません、普通サイズです。

「いるけど1本でいいわ。」

という私に、

「えー、収穫しちゃったから2本持ってって~。」

とズッキーニを置いて立ち去るマリアピア、、、(ははは・苦笑)マンマは既に2本、前日にもらっちゃったそうで。

「こんなに食べきれないよー」

という私にマンマからのアドバイス。

「薄く切って揚げて茹でたパスタとあえるのよ。そこにパルミジャーノをかければご馳走よ♪」

えー、でもズッキーニだけじゃおいしくないんじゃないの?という私に、

「いいから試してみなさい~」

とマンマ。そこまで言うなら試してみるか、、、。という事で今日はお試しデー。週末たらふく食べてしまったため、パスタというよりはコメの気分だった私達。という事で、少しアレンジして玉ねぎも加えて作ってみました。作り方はすっごく簡単。

玉ねぎを薄切りにして多めのオリーブオイルで炒めたら、角切りにしたズッキーニを投入。中火でじっくりと炒めていきます。しんなりして水分が出てきたらコメ投入。後は熱湯をヒタヒタくらいにキープしながら、かき混ぜながら、17分程度コメに火を通します。コメがちょうど良いくらいの硬さになったら、今日はパルミジャーノじゃなくてラグザーノ(熟成したカチョカヴァッロ)のすりおろしをたっぷりと投入。

出来上がり~。

e0335287_22201797.jpg


って、これが、、、、本当にウマイ!

ズッキーニの甘みがほんのりあって、なんとも優しい味なんです。今日は旨み成分が少ない?と思い、塩はFiori di sale(フィオーリ ディ サーレ)と呼ばれる一番塩を使ったのもよかったのかも。でっかいズッキーニだからもしや大味なのでは、、、という心配もよそに、いや~、とにかく驚きのおいしさでした!(我ながら自画自賛!・笑)

さてさて、大量にもらってきたズッキーニ、、、コメをたいている間は火から離れられないので、その時間を利用してついでにグリルしました。こうしとけば食べたい時に食べれるしね。しっかりとグリルして、これも一番塩をかけて、先日のシチリア周遊の時にいただいていたキアラモンテ グルフィ地方のオリーブオイルをかけて、、、ちょっと味見。

ひょ~、これもウマ!

塩&ズッキーニの相乗効果の甘みに、とっても爽やかなオリーブオイル、、、。シチリアって本当に食の宝庫だわ、、、と再確認した本日のランチでした。お外で食べるごはんもおいしいけれど、とれたて野菜を使ったおうちでのごはんがやっぱり一番だわね~♪

巨大ズッキーニ、濃い緑の方は、直径が太いところで8cmほど、長さは軽く30cmほどありましたが、リゾットとグリルでランチで完食してしまいました。

ちなみに薄い緑色のズッキーニ、日本ではあまりなじみがありませんが、ここシチリアでは普通に栽培&売られています。緑のよりもちょっと水っぽいかな?という感じもしますが、グリルでもスープでも使えます。

明日はパスタにするか、、、それとも他の野菜とスープにするか、、、。使い切れそうにないな~、と思っていたズッキーニですが、どうやらすぐになくなりそうです♪
# by latavolasiciliana | 2013-06-03 22:26 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(4)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana