<   2014年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

すっかり時が経ってしまい、、、あぁ、なんだか遠い昔のことのようですが、まだ記憶が断片的ではあるものの、残っているうちに更新続けます!

さて、沖縄2日目。市場を楽しんだ後は、きれいな海で海水浴~♪をめざし、北上します!車をのんびり走らせること約1時間、、、到着した海は、、、

e0335287_0131098.jpg


きれいでした♪

時はまだ4月。シチリアも結構暖かいものの、海水浴はまだ誰もしていない季節。オキナワの方が夏の到来は早いのです。尚且つ、この時は偶然にも気温が急上昇、、、なんと30度超え!ということで、早速海水浴。(私はビーチで見守っていました・笑)水温もさほど低くはなかったそうです。

e0335287_0171622.jpg


この小さな入り江は、私達が夏に良く行く小さな岩場の海にそっくりで、、、。私も沖縄好きかも(笑)

e0335287_0214714.jpg


青いパラソルが白い砂と青い空に映えます。

今回オキナワで選らんだホテルは万座毛にあるANAインターコンチネンタル。今までの傾向を見ると、やっぱり外資系ホテルがお気に入りの外国人C氏。今回、日本で車を運転するのが初めてな人がドライバーなため那覇からもあまり遠すぎないホテル、ということで選んだのがここ。日航アリビラとも迷ったのですが、インターコンチ、すごく気に入っていたC氏。なぜなら、、、

e0335287_0251185.jpg


こんな館内に心トキメイたようで(笑)

外観も巨大客船のようですが、館内も客船のような感じで。なによりも、外からも見えるカプセルのような形のエレベーターに目は釘付け(爆)私の目にはフツーに思えるものでも、外国人にとっては珍しいものがたくさんあり。

室内も写真では伝わらないかも知れませんが比較的広くて、明るくて。

e0335287_0342117.jpg


お風呂スペースもたっぷりで快適でした。体積の大きい外国人にとっては、広々としたスペースも重要な要素ですからね~。

お風呂、、、と言えば、ここ、大浴場があって。C氏初めての公共お風呂デビューしましたっ!しかも一人で、、、(笑)一応のルールは先に説明しましたが、後は、周りを見ながら適当に入って来い!と送り出した私。ちょっと心配ではあったものの、大人だし大丈夫よね、、、と私はのんびりとお湯に浸かり♪ 出てみると予想通りC氏は先に上がってました。感想は?と聞くと、

「一人じゃつまんない、、、」

だって(笑)

イタリアは温泉と言っても水着を着てみんなで入るからおしゃべりもできるわけだけれど、一人で、裸で、お年寄りに囲まれて(爆)、、、、たいそうつまらなかったらしく(笑)ま、私は久しぶりのお風呂で大満足だったからいっか。

e0335287_0423888.jpg


ホテルの中のチャペル。散歩していたら花嫁さん登場。

e0335287_0441025.jpg


、、、と思ったら、あっちからもこっちからも花嫁さん登場、、、(汗)さすが日本。同じ時間帯に時間差攻撃で結婚式を挙げるのですね~、すごすぎ!

e0335287_0475589.jpg


こんな海を見ていると、いったい自分がどこにいるんだか分からなくなる、、、日本か?シチリアか?いやはや、オキナワの海もきれいでした!

まだまだオキナワ編が続きます。
by latavolasiciliana | 2014-06-13 00:57 | 2014年春 めんそ~れニッポン! | Comments(0)
e0335287_18123023.jpg


現在の日没は20:30。写真はうちのベランダから眺める夕陽です。

写真ではどうしても伝えきれないのですが、実際は赤、紫、青、、、、がグラデーションとなったもっともっと複雑な色。刻一刻と空の色を変えながら夕陽は沈んでいきます。夏至を目前にした6月中旬は日も長く、暑さも真夏ほどではないので靄がかかることも少なく、夕陽が一番美しいシーズンでもあります。

こんな風景が毎日見れる、、、って実はすごいことなんじゃないの?

ってちょっと思う今日この頃。シチリア生活も10年になり、すっかりこんな風景が普通になってしまいましたが、考えてみたら東京にン十年住んでいた私はこんな夕陽を日常的に見ることはなく。それが今では、ちょっと車を走らせれば美しい海や山から臨む絶景を見ることができ、家のベランダからは毎日夕陽を見ることができる。時間があれば街を歩きながら悠久の歴史を妄想し。野菜は農家直販の農民市場か採りたて野菜を地元の人からもらい、それを料理する時間もきちんと取れる。(除く忙しいシーズン)東京では考えられない生活だな~。

美味しいものを食べて大きな自然に身を置きながら、日本の忙しい生活のガスを抜き、リラックスしつつ大地から湧き出るエネルギーチャージを!と思って、始めたラ ターボラ シチリアーナ。私もここで人生のエネルギーのチャージをした一人ですから、、、。ありがたいことに、たくさんの方にシチリアにいらしていただくことができ、感謝するばかりなのですが、人数は増えてくると同時に私の体力は落ちるばかり(涙)数年前にこれじゃ身が持たぬ!と思い、現在のシステム(フリー予約時期以外は、プラン日程が決まっています)にしたわけですが、やはり、たくさんの方にもっとシチリアを楽しんでいただきたいな~、、、と思う気持ちもあって。

来年のラ ターボラ シチリアーナは、もう少し自由度の高いプランを増やそうかな~、、、と、夕陽を見ながら考えるのでした。

ちょこちょこ方向修正ができるのも小さな会社のいいところ。最近、徐々にメディアが取り上げているものの、まだまだ旅の情報量が圧倒的に少ないシチリア。シチリアを安心して楽しんで、そしてリフレッシュして日本に帰っていただけるようなプランを試行錯誤しながら考えていこうと思っています!皆さんお楽しみに!

さて、現実に戻り、、、あ~、今日はたっくさんのアイロンがけが待っています、、、これもまた現実。がんばります(笑)
by latavolasiciliana | 2014-06-12 18:37 | REIのシチリア日記 | Comments(2)

イタリア版 夏野菜丼

e0335287_23584392.jpg


なんだか突然ムンムンと暑くなったトラーパニ。おとといくらいまでは

「気持ちいい~♪」

なんて思っていましたが、昨日から本格的に夏がやってきたようで、いきなり家の中も蓄熱して暑くなってきた(汗) 毎年、この時期、まだ体が暑さに慣れずに食欲が落ちます。だからと言って食べないと、いきなりエネルギー切れすることもあったり。

そんなときにお役立ちなのがこの一皿。夏のイタリアの野菜、ズッキーニ、ナス、赤黄ピーマンがさっぱり&たっぷり食べれます。

これまた作り方は簡単。(簡単な料理ばかりじゃないか・笑)ズッキーニ、ナス、赤黄ピーマンを(今日はピーマンがなかったのでタマネギを入れました)一口大に切ったら鍋に入れ、パッサータ(裏ごししてあるトマト)と水を少し、そして塩、バジルをたっぷり入れたら、フタをして中火にかけます。フツフツいってきたら、一度かき混ぜて更にフタをして弱火にして30分。これで出来上がり!途中、全体に味をなじませるために時折かきまぜてください。野菜のうまみを野菜が吸い込むため、あま~い仕上がりになります。あ、ここにインゲン入れても美味しかっただろうな~。

そしてあわせるのはお米!私はイタリア米を使うので塩水でやわらかくなるまで茹でます。日本米を使う場合は少し柔らかめに炊いてください。お好みでオリーブオイルやパルミジャーノをかけて食べても美味しいです。オイルをまったく使っていない料理なので、食欲のない時でも食べ始めると意外とスルスルと入っていきます。

厚底のステンレスの鍋を使えば弱火で15分火を入れ、火を消してそのまま放置、、、夏は暑いので余熱で勝手に煮えてくれます。

料理は楽しいですが、暑い夏は火の前にいるのも結構辛いもの。手早くパパっとできる料理が助かりますよね。今年の夏はイタリア版野菜丼がマイブームになりそうな私です(笑)
by latavolasiciliana | 2014-06-10 00:15 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)

インゲンの季節

e0335287_23291576.jpg


5月中旬、日本に行く前はまだまだ出始めで高かったインゲンですが、戻ってきてみたらすっかり旬。1kg=1.99ユーロとすっかり安くなっていました。

グリーンピースも、ソラマメも、インゲンも、豆類の旬はとっても短く。1ヶ月くらいで旬が過ぎ去ってしまいます。インゲンは大好きなのでこの時期になると毎日インゲン、、、と言ってもいいくらいインゲンを食べる私。

そして暑くなり始めるこの時期に頻繁に作るメニュー、それは「インゲンのサラダ」。

e0335287_23265228.jpg


メニューと言っても、、、メニューと言っていいのか!?と思うほど作り方は簡単。

ベースの野菜となる、インゲン、ジャガイモ、タマネギを適当な大きさに切って塩水でクタクタになるまで茹でます。ザルにあけたら熱いうちに、ワインビネガー(赤が合います)、こしょう、オリーブオイルをかけてひとまぜ。塩が足りなければ塩を加えてください。

コツは、クタクタ、とたっぷりのワインビネガー。暑い夏でもさっぱりと食べれます。

この日はズッキーニが1本、冷蔵庫で寝ていたのでそれも一緒に入れました。下のバージョンは、これまた冷蔵庫にあったトマトと、茹でた鶏胸肉を入れてみたらちょっと中華風?バジルをたっぷりいれても美味しいです。

鶏肉入りバージョンはパスタと絡めて冷たいパスタにしても美味しいし(ジャガイモが入っているのでちょっと重くなりますが、)、パニーニにしても美味しいし。ちょっと生暖かいまま食べるのも美味しいですが、翌日になるとしっとりなじんでマリネ風に。これもまた美味。

すっごい単純なこの一品ですが、色々バリエーションが楽しめて多めに作っておけば、色々楽しめる一品です♪

そろそろ路地ものの夏野菜が充実してきたシチリア。やっぱり夏野菜は色が濃くてカラフルで見ているだけでも栄養を吸収できそうな気がしてきます。まだまだ夏は始まったばかり。今年も夏野菜を存分楽しみます!
by latavolasiciliana | 2014-06-09 23:40 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)
昨日、ドミンゴ家の畑に行ったらこんなものがありました。

e0335287_19114296.jpg


これなんだか分かりますか?近づくと、、、

e0335287_19123023.jpg


もうお分かりですよね、そうソラマメ。
シチリアでは春に収穫したソラマメを乾燥させて保存食とします。でもこのソラマメ、、、この状態で乾燥されているわけではありません。収穫したソラマメは鞘に入ったまま木陰で1ヶ月ほど干します。その後、鞘をバンバン叩いて中身を取り出し、更に乾燥させます。(詳しくは昔のエントリー参照)これはつまり最終乾燥段階。これで冬になっても美味しいソラマメが食べれる、、、というわけです。

いやいや、いつもながらパパに脱帽です。

さて、すっかり暑くなってきたシチリア。畑もすっかり夏模様。

e0335287_19204665.jpg


ズッキーニは既に収穫が始まり。玉ねぎもトマトももうすぐかな?ナスはちょっと遅れをとって今がお花の時期。それにしてもナスの植物の紫って本当にきれいで☆彡葉の付け根から筋、そしてお花の薄紫、、、自然の色ってすごく美しいな~、、、とナス見て一人感動する私(笑)

そういえばこれも今からが季節!

e0335287_19241332.jpg


ケッパーです。
何度も書いてきましたがケッパーはお花の蕾。ほうっておけば白い美しいお花が咲くわけですが、その前に収穫してしまう、、、というちょっと残酷でもある食べ物なわけですが、ケッパーはやはりシチリア料理には欠かすことができず。ドミンゴ家はケッパーの味が誰もあまり好きじゃないので、収穫はされずこの後お花がバンバン咲きます。夏の初めの私の楽しみの一つです♪

路地ものの夏野菜が出揃ってきた今日この頃。目で見ても鮮やかな夏野菜は料理していても楽しくって♪ あ~、やっぱりシチリアは夏がいいね~♪
by latavolasiciliana | 2014-06-09 19:30 | 畑の四季折々 | Comments(0)
e0335287_16451791.jpg


なんだか異常に暑かった5月の日本、、、。でも、ほとんど雨が降ることなく晴天に恵まれた今回の日本滞在♪ その間、トラーパニのお天気はちょっとグズついていたらしいのですが、私が戻ってきたその日から連日の青い空!トラーパニは毎年5月の下旬にミニ梅雨みたいのがあって、1週間ほどお天気がグズつきます。それが終わると夏がやってくる、、、、そう、ちょうど夏になった日に私は日本から戻ってきたみたいです♪

仕事少なめ、プライベート多めだった今回の日本滞在。4月の京都に続き、5月も実現した母との旅行。今年の初めに98歳で亡くなった祖母のお墓参りにもやっと行けて。しばらく会えてなかった大学からの親友、ゆっくりお話したいな~、と思っていた方々ともご一緒することができたり、充実の日本滞在でした。

滞在中は時間がもったいないので、ブログもFBもほとんど更新していません。1年のうち、トータルしても1ヶ月くらいしかいない日本ですから、、、時間は大切に使わないと。

と、日本滞在は楽しみなんですけどね、、、、やっぱり心が一番落ち着くのは自分の住む場所。

e0335287_16551849.jpg


留守にしていた2週間の間に、海の色も夏っぽくなってきました。トラーパニの海、真夏になると浅瀬はちょっとグリーンがかった青になってきます。海では海水浴している人も多く。

夏のトラーパニの色はひたすら青く。どこに行っても広がる真っ青な空。街を歩いていればあちこちでぶつかる青い海。(トラーパニは半島みたいな街ですから3方向海に囲まれてます)いろいろな色の青が美しい夏のトラーパニ♪

今年もトラーパニからシチリアの夏をお届けします。
by latavolasiciliana | 2014-06-06 17:02 | REIのシチリア日記 | Comments(2)
今回の日本滞在、ひっさしぶりにアリタリア航空以外で飛びました。

ここ数年(おそらく4年以上)、毎年2~3回の日本行きはいつもアリタリア航空を使っていました。理由は、、、

直行便、かつ、一番安いから。

現在、日本からイタリアに直接入っているのはアリタリア航空のみ。パレルモ空港に到着するには、いずれにせよローマかミラノで乗り換えなければならないので、イタリアに直接入ってもただでさえ2便は確実に飛ばなければならない私。となると、ヨーロッパのどこか(パリとかフランクフルトとか)を経由してくるより、体力的にもずいぶん楽なアリタリア航空。その上、ヨーロッパ経由便より安い、、、と来たんじゃ、アリタリア航空以外を選ぶ理由もどこにも見つからず。

しかし、、、ご存知の通り、サービスがとっても悪いアリタリア(@_@) 数年前にエールフランスとKLMが経営に参画した際から、随分よくはなったものの、それでもね、、、。そして、ここのところ本当に美味しくないアリタリアの機内食。もともと全く期待しているわけではありませんが、それでもちょっとひどい、、、食の国なのにね。

でも、ローマから日本へ直行+安い、となったらそれでも利用しちゃうよね、、、。

5月の日本行きもアリタリアで、、、と思っていたのですが、なんとアリタリアの便が高い!エールフランスやKLMのほうが数百ユーロ安い、、、じゃー、久しぶりに他の航空会社も試してみるか!という事で、今回選んだのがエールフランス。価格的にはKLMも変わらなかったのですが、羽田を22時頃に出る夜便を試してみたかった、、、というのが選んだ理由。

日本の友人達には

「アリタリアもエールフランスも大して変わらないよー、サービスも機内食も。」

と言われていたので、ふ~んそうかしらね~、、、と何の期待もしていませんでした。日本に仕事で頻繁に行くようになるまでは、エアフラやルフトハンザなど、そのときに安いチケットを適当に買って行っていましたが(かつてはヨーロッパのどこかでの乗り継ぎ便がアリタリアより断然安かったのです)、確かに特別サービスが良かった記憶も、特別機内食が美味しかった記憶もなく。ただ、シャルルドゴール空港は乗り換えが面倒臭い(遠い)、という記憶だけがあり(笑)

今回も何の期待もなく、乗ってみたエールフランス、、、だったのですが。

まずはお飲み物のサービスの時。キャビンアテンダントが皆、乗客一人一人にニッコリと微笑みながら丁寧に対応しているのに驚き。(ちなみにアリタリアはぶっきらぼう、かつ、コップに飲み物を注いでいる間、キャビンアテンダント同士でペチャクチャおしゃべり、、、汗)続いて機内食の提供もとっても丁寧で好印象。そして機内食もアリタリアに比べて量も質も、ちゃんとしていました。ワインもミニボトルで提供。食後は「食後酒にコニャックはいかがですか?」とミニボトル。ちなみにアリタリアは食後酒がないのは当然ですが、ワインもボトルではなくグラスサービスになっちゃいました。

その後、長旅の間、アリタリアはほとんど見回りもやってこないのに対し、エアフラはちょこちょこと周ってきたキャビンアテンダント。帰りの便では、最後の機内食時にコーヒーや紅茶などの温かい飲み物が提供できなかった、、、というおそそがあったものの、その後全員に配られた紙にメールアドレスを記載しておいたら、今日、謝罪のメールが届いていました。ちなみにエアーフランスでマイルを貯めている人は4000マイルのプレゼントだそうで。アリタリアでおそそはしょっちゅうだけど、そんなメールは届いた試しがない、、、。

とにかく。日本系の航空会社に通常乗っている人はアリタリアもエアフラもそりゃ変わらないかも。だって、日本のサービスは素晴らしいですから。しかし、、、劣悪なサービスにすっかり慣れている私、、、ニッコリ微笑んでサービスされちゃっただけで思わずすごいっ!と思ってしまいました、、、(爆)時には航空会社を変えてみるのも面白いもんだな、と思った今回でした。

ちなみに羽田発夜便は、、、22:15発とあって、尚且つラッキーなことにお隣さんが誰もいなくて3席使えたので、さすがに飛行機の中ではいつもより寝れました。

が。

パリ・シャルルドゴール空港着は朝4時の予定だったのに、3時過ぎには着いてしまい、、、7時発のローマ行き出発まで4時間待ち(@_@) ラウンジはなんと5:30から、、、、(涙) 夜中の寒い空港で何時間も待つことに。それ以外は順調で、予定通り11:00にパレルモ空港に到着。C氏が迎えに来てくれて12:00には家に着きました。約26時間の旅。好みにもよると思うのですが、朝到着してからまたもう1日が始まるよりも、夜到着便で飛行機の中は寝ずにがんばって時間を潰しとりあえず到着してから寝る、、、というほうが、体が楽な感じがしました。朝到着便だとその日1日、得した感じであるとは思うのですが。結局飛行機の中ってぐっすり寝ているようでもベッドで寝ているのとはやっぱり違うから、疲れが結構溜まっちゃう感じがしました。そして寒い空港での待ち時間は辛かった、、、。

でも、夜発は最終日に最後の買い物や用足しもできるし、羽田までは余裕をもっていけるし、羽田の国際線のターミナルはガラガラだったし(怖いくらい空いていた、、、)、、、、悪いことばかりでもなく。そして羽田発エールフランス便はスカイチームの上級カードを持っていればJALのさくらラウンジ使えるし(JALのラウンジはうわさ通り食事が充実していた・笑)

とにかく、久しぶりに航空会社を変え、初めての羽田夜発ヨーロッパ便に乗ってみて(考えてみれば夜のみならず羽田からヨーロッパに飛ぶのも初めて)、ちょっと久しぶりにワクワク体験でした。

いずれにせよ、シチリアに来るにはアリタリアが安かったらやっぱりアリタリアが一番便利でしょうね。ヨーロッパ経由便、時間の差は3~4時間なのですが、その数時間が意外と堪えます、体力的に。旅行時間は短いに越したことはありませんから。

イタリアに来る際の航空会社選びのご参考に、、、あくまでも個人的意見ですので責任は持ち兼ねますが(笑)

次に日本に行くのはおそらく冬。そのときはどこの航空会社で行こうかな?皆さんの体験談もお聞かせくださいませ♪
by latavolasiciliana | 2014-06-05 23:37 | シチリア旅の便利帳 | Comments(8)
お久しぶりですっ!

5月21日にシチリアを旅立ち、4月に続いて今年2回目の日本滞在でした。今回の目的は、熊本でのイベント。日本古来の空間でシチリア料理を食べる、、、という今までとはちょっと違うタイプのイベントを友人の協力で企画しました。

これがなかなか素敵な空間となりまして。

e0335287_18135326.jpg


召し上がっていただいたのは11品の料理&ドルチェと5種類のチーズやオリーブなどのシチリア食材で計16品。

e0335287_18155178.jpg


食材はシチリアから持っていったものと熊本で購入したものを使いましたが、野菜が美味しい熊本。特別な素材を使うことなくシチリアの味を再現することができました。

e0335287_1832097.jpg


熊本野菜バンザイ!

食事会では料理を召し上がっていただくのはもちろんのこと、シチリアについて、シチリア料理について、スライドを見ながら語らせていただきました。そしてシチリア食材も少しだけ販売させていただきました。

e0335287_18205519.jpg


日本でのイベントは私にとってはアウェイで、シチリアでの仕事の数倍の手間と時間がかかります。今回は日本、、、そして更に熊本。アウェイのアウェイ、、、でのイベント開催でしたが、熊本の皆さんに色々と助けられてたくさんの方にシチリアとシチリア料理をご紹介させていただくことができ、本当に嬉しかったです。感謝っ!

これを機に、東京以外でのシチリア料理普及活動も力を入れていこうかな、、、と思っています。とは言え、一人で企画するのはほぼ無理。そこで、イベントスペースを貸していただける方、うちで料理教室を開催してください!というご希望のある方(ある程度の人数を集めていただけることが条件となりますが)、等々、個人・法人を問わず、まずはご連絡下さい。実現できるかどうか、ご相談させていただきたいと思います。

熊本は1泊2日の滞在で、初日は朝7:00の便で羽田を発ち、午前中に買出し、午後~夜まで料理三昧。そして翌日イベントを開催して20:00の最終便で東京に戻りました。忙しい滞在ではありましたが、大満足の2日間。ご参加いただいた皆様、そして諸々とお手伝いをいただいた皆様、本当にありがとうございました!また次回、熊本でお会いできることを楽しみにしています。

さて、戻ってきたシチリアは空も海も青さを増していました。これからいよいよ夏本番です!
by latavolasiciliana | 2014-06-05 18:34 | 日本での活動 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」がシチリアの幸せな食卓と旅レポをお届けします。


by latavolasiciliana