カテゴリ:シチリア散策♪( 63 )

e0335287_223235.jpg


陶器の街カルタジローネにはこれでもか!というくらいのお店が並びます。その中でも私が圧倒的に好きなお店、それは~の有名な142段の階段の脇にある「Branciforti(ブランチフォルティ)」。ブランチフォルティ一家が営むお店です。

カルタジローネには何度も行っていますが、一番最初にカルタジローネの陶器ファンになったのはこのお店を覗いてから。

e0335287_2254827.jpg


店内には私好みの陶器がたっくさん❤

e0335287_2265827.jpg


こんなカラフルな小物はお土産にもピッタリ♪

e0335287_22244022.jpg


お店に並ぶ陶器は全て手描き。店内では職人さんが1枚1枚丁寧に絵付けをしています。

e0335287_2292278.jpg


カルタジローネの柄は、何度も何度も重ねて色を付けていくため、すっごく時間がかかります。カルタジローネの陶器のお値段が少し高めなのは、絵付けにかかる時間と職人さんの技術料と思えば納得がいきます。

e0335287_22132457.jpg


特殊な形は店内で土からロクロをまわして作ります。

ロクロをまわすのは現店主のエミリアーノ君。お父さんの代から引継ぎ、今も丁寧に陶器を作っています。

カルタジローネでは伝統のマヨルカ焼きが作られています。でも一言で「マヨルカ焼き」と言っても、お店によってデザインも色も様々。伝統のマヨルカ焼きですが人が違えば作品が違うのは当然のこと。7年前ほど初めてカルタジローネの街に行った私は、さほどマヨルカ焼きについて知識もありませんでした。なんとなく直感でこの店かわいい!と思ったのですが、今考えてみると、このお店の陶器は絵付けがすごく丁寧だからなのかもしれません。

今回、ご縁があって数日間、エミリアーノ君一家と一緒に過ごしたのですが、陶器と伝統に情熱を持つ、すごくシンパーティカなファミリーでした♪

ブランチフォルティは彼らの苗字。階段の下のほうの左側にあります。

旅のおもひでに、、、お土産に、、、是非覗いてみて下さいね♪

<店舗データ>
Ceramiche Artistiche E. Branciforti
住所 : Scala S.Maria del Monte, 11
TEL : 0933-21703
by latavolasiciliana | 2014-02-02 22:27 | シチリア散策♪ | Comments(0)
e0335287_20194537.jpg


シチリアの陶器の街といって最初に思い浮かぶのはやっぱりカルタジローネ。

カルタジローネと言えば142段の階段が有名ですが、、、陶器好きなら是非とも行って頂きたいのが州立陶器博物館。一昨年あたりからググっと行く回数が増えたカルタジローネですが、なかなかゆっくりできる時間がなくて、私も久しぶりに行ってきました。

最後に行ったの確か5年くらい前。その時と比べると陶器の知識もだいぶ多く身に付け、今回はちょっと前回とは違う見方が出来ました。博物館は年代別にその時代の陶器が並んでいます。年を経ることに使われる色が違ったり、図柄が変わったり。料理もそうですが、陶器もその時代背景を現します。こうやって関連付けて世界史を学べることができたら、きっともっと点数も良かったはず(笑)

個人的にはやっぱり青の陶器が好き♪ 上の写真はなるべく色々な写真を組み合わせましたが、撮ってきた写真は圧倒的に青が多かったです。

カルタジローネの博物館はいくらでも写真が撮れる事も魅力♪ パソコンの背景にしたくらい美しい陶器が並んでいます。ただし、ショーケースに入っているので反射しちゃって、なかなか写真を上手に撮るのが難しいんですけどね。

カルタジローネの博物館、現時点の情報では、月曜が休館日。火曜日~日曜日9:00~18:30まで、お昼休憩ナシで開館しています。入り口は道路に面している正面入り口ではなく、裏手にある市民庭園にあります。

カルタジローネを訪れた方、陶器ショッピングだけではなく是非訪れてみて下さいね♪

<博物館データ>
Via Roma
電話番号:0933-21680
入館料 : 4ユーロ
by latavolasiciliana | 2014-02-02 20:29 | シチリア散策♪ | Comments(0)
e0335287_18484021.jpg


ポカポカ日和のシチリア。おじいちゃん達は外で日向ぼっこ♪

昨日は用事があってマルサラに行きました。アフリカからの風、シロッコが吹いて気温は上昇した昨日のシチリア西部。そしてシチリアの太陽は冬でも力が強いので昨日の外は本当にポカポカでした。こんな日、街の中に絶対みかけるのがおじいちゃん集団。もはや南イタリアお馴染みの光景となったこのおしゃべり集団(笑)1年中、夏でも冬でも見かけます。

それもそのはず、、、。

シチリアの多くの街は氷点下に冷え込むこともなく(もちろん標高が高い場所は冷え込みます)比較的温暖。それが故に暖房設備も甘く。ならば天気の良い日は外にでていた方が暖かかったりするわけで。夏は夏で、ちょっと涼しい風が吹く日影にいたほうが、熱気がこもる室内より涼しかったりもして。

昨日も元気におじいちゃん達はドォーモ前のPiazzaでおしゃべり。なんかホノボノするな~♪
by latavolasiciliana | 2014-01-12 18:52 | シチリア散策♪ | Comments(0)
e0335287_2025873.jpg


今年は11月下旬~12月下旬にかけて天候が荒れたシチリア。

今週からはいつものシチリアに戻り、ポカポカ陽気が続いています♪ 週末は天気が良かったので、サン ビート ロ カーポにドライブっ!風もなくて最高の陽気♪ 海も真っ青♪

海が見えるバールで朝ごはんを、、、と思ったのですが残念ながら季節柄閉店中。ドォーモの近くのバールのテラスにて朝ごはん。

e0335287_20282929.jpg


右側にチロリと写っているのが朝ごはん(笑)サックサクのパイの中に入っていた甘さ控えめのチョコクリームが美味でした♪ シチリアは太陽直下に出ると冬でも暑いくらいで。ここにビーチベッドを出せば十分に日焼けが出来そうなくらいで、、、。教会では結婚式をあげていたらしく花嫁さん家族がたくさんウロウロしていました。

お昼時になった街にはだーれもいなくって。

e0335287_20431172.jpg


夏は人があふれるサンビート。季節はずれの天気が良い日の散歩はシチリアに住んでいる特権です♪

e0335287_20503939.jpg


しかし本当にキレイだな~~~☆彡

e0335287_2049392.jpg


たっぷりと太陽を浴びた後、帰り道にある石釜焼きパン屋さんでパニーニを頬張り♪

e0335287_20533912.jpg


このパン屋さん、夏はお店の中は人でごった返し。ここのパンは蒔釜で焼いた独自の香りがしてすごく美味しいので、海に行く人達がパニーニやピッツァを買いに立ち寄るのです。でも、季節はずれはこの通りガラガラ。外にあるテラスでノンビリとお昼ごはんを食べました♪

冬の休日の朝は、ベッドでゴロゴロするのが好きな私(笑)この日も10時ごろまでベッドでゴロゴロ、、、外を見るとすっごく天気が良かったので突然飛び起きてサンビートへ。先週は家にこもってパソコン仕事ばかりだったのでと~っても気持ちの良い1日となったのでした☆彡
by latavolasiciliana | 2013-12-15 21:06 | シチリア散策♪ | Comments(0)
e0335287_5535784.jpg


ウィーンのイルミネーションの後にアップするのもどうかと思ったのですが、、、マルサラの街もちょっとキラキラしています(笑)

去年は経費削減のため、クリスマスのイルミネーションがまったく灯らなかったトラーパニ(涙)そして今年も引き続き、、、、ないっ!!!!(号泣)ヒドイ。。。。

私達が払っているたかーい税金は(本当に高いっ!)市民のために使われるべき。イルミネーションは見るだけでもキレイなので、市民も街に出てきてそぞろ歩きをしながら、つい何か買い物をしてしまったり、バールでカッフェを飲んだり、、、経済効果にも繋がると思うのです。実際、イルミネーションが灯らなかった去年、例年に比べて街をそぞろ歩きしている人が極端に減ってしまったトラーパニ。

用事があって行ったマルサラ、チェントロには控えめながらにもきちんとイルミネーションが灯っていました♪

e0335287_5554056.jpg


さほど寒くないシチリアですが、やっぱりイルミネーションって心を温かくさせるものですよね。

来年はトラーパニにもイルミネーションが灯ることを祈ります。。。
by latavolasiciliana | 2013-12-11 05:57 | シチリア散策♪ | Comments(2)
e0335287_16372955.jpg


今日は、パレルモにあるマッシモ劇場でオペラを鑑賞してきました。

ヨーロッパには数多くのオペラ劇場がありますが、マッシモ劇場は20年以上の歳月をかけて完成され1897年に初めてオペラが上演されたという、由緒あるオペラハウス。3200席と規模もかなり大きい。幕開け当時はパリのオペラ座について2番目の大きさだったそうです。

1800年代のパレルモと言えば、マルサラワインで有名なフローリオ家全盛期。彼らはマッシモ劇場の大スポンサー様でもあったそうです。色々な歴史的繋がりを感じます。

e0335287_16365779.jpg


今日の演目はLa Traviata(椿姫)。マッシモ劇場で鑑賞したのは初めてでしたが、横っちょのボックス席だったにもかかわらず素晴らしい音響効果。大好きな演目だったので満足満足♪

2014年のプログラムを見たらオテロ、ロミオとジュリエット、カルメン、ファルスタッフ、ノルマ、トスカ、、、そうそうたるプログラム。思わず定期公演を申し込もうかと考え中な私。日本では考えられないほどの価格ですので、、、(安いんですよ、、、)

外に出るとすっかりライトアップされていたマッシモ劇場。

e0335287_1638082.jpg


すっかり寒いシチリアですが、プチ贅沢にてちょっと心も体も暖まった夜でした☆彡
by latavolasiciliana | 2013-11-30 07:37 | シチリア散策♪ | Comments(0)
e0335287_1542558.jpg

冬のシチリアはよく雨が降る。

その合間に時折見せる晴れ間。空の色も雲の形もなんだか不思議。そして、その風景は、いつも晴れている爽快な真っ青な真夏の空より美しいかも知れない、、、、といつも思う。
by latavolasiciliana | 2013-11-26 06:31 | シチリア散策♪ | Comments(0)
e0335287_19272320.jpg


そう言われてみれば2005年に1ヶ月だけ暮らしたことがある街、シラクーサ。

この街は圧倒的に夕暮れが美しくって。

e0335287_23491088.jpg


特に夕暮れのPiazza Duomoは麗しく。古代ギリシャ時代に建てられた神殿の跡地に建てられたドォーモを眺める。紀元前、シラクーサがギリシャの首都であった時代のことを妄想せずにはいられない。

e0335287_23533352.jpg


秋の日はつるべ落とし

とはよく言ったもので、Piazza Duomoから海に下っていくと既に街は暗闇に包まれ始めた。アレトゥーサの泉、ここは海の隣にあるのに淡水という、ちょっと不思議な泉。それはきっと、今も自身の純潔を守り通したアレトゥーサが宿っているから?

e0335287_23585257.jpg


シラクーサの街は実に優美。夕暮れを散歩するために、、、また再訪したいと思う。
by latavolasiciliana | 2013-11-14 00:00 | シチリア散策♪ | Comments(0)
キノコ祭りが目当てで行ったカステルブォーノ。

山の上の小さなキノコの街、と「キノコ」くらいしか予備知識がなかった私。

e0335287_20552994.jpg


山の上の小さな街、、、といえば定番なのが石畳。

e0335287_2058549.jpg


鐘楼の上にはちょっとアラブチックなチェラミカ。トラーパニ近辺はほとんど緑ですがここは青。それにしても空が青いなー。

e0335287_210126.jpg


街並みがどことなくチェファルーっぽいのは気のせい?やっぱり近いだけあるな、、、。

e0335287_2122842.jpg


小道には昨日のエントリーでご紹介したナンガラッルーニのキノコ看板。

e0335287_2144613.jpg


地図もなく適当にテクテク歩いていると街の中心広場らしい場所に出ました。ちなみに車を駐車してからここまで、適当に1本道を歩いただけ、、、。地図がなくても周れるサイズの小さな街です。そういえばエリチェにもどことなく似ているかな~、この街。

さらにずんずん歩いていくと、、、

e0335287_2173825.jpg


やっぱりあったか元お城。

カステルという名前が付く街にはほとんどの街が昔お城がありました。お城=カステッロ。イタリア中に「カステル●●●」という街がいくつあることか、、、。数え切れないほどのお城があったんでしょうね、昔は。

このお城はその昔は要塞だったそうで。左右に塔がある形はチェファルーのドォーモに通づるものが。中は博物館になっていましたが今回はスルー。

夕方ここに戻ってみたら、お城前からはあたり一面を見渡すすごく美しい景色に遭遇。

e0335287_21125984.jpg


中央広場の横っちょにあった教会。到着したときには閉まっていましたが、夕方には空いていたので入ってみました。

e0335287_21153993.jpg


壁や柱にはフレスコ画。50セント払うと地下にある秘密の礼拝堂へ入ることができ。

e0335287_2118043.jpg


いくつかの小さな部屋があるのですが前面フレスコ画で埋め尽くされていて圧巻。昔、ここに司祭達が集まり祈りを捧げていたそうです。地上階の教会がきらびやかな装飾なのと裏腹に、地下は一面のフレスコ画。今となってみればフレスコ画は貴重な財産ではありますが、当時はやはり金や大理石が高価なものとされ、フレスコ画は質素な装飾だったそうです。もっともラファエロとかが描くフレスコ画は別物ですが。

夕方の中心広場。

e0335287_21271031.jpg


おおおー、すごい!
この日はキノコ祭りだっただけあって、シチリア名物(笑)のおじいちゃんの集会、、、見事に集団を成していました!

e0335287_21225883.jpg


今回は全く出来ませんでしたが小道歩きも楽しそう♪

近いうちにキノコを食べつつ、今度は博物館に行ったり、、、街歩きも楽しみに再訪してみようかな?小さな街ですがかわいくって、意外と見るものがたくさんありそうなカステルブォーノでした。

さて、カステルブォーノと言えば、、、パレルモ近辺では知らない人はいないであろう!という有名なものがあります。(トラーパニでもおそらく知らない人はいません)さあ、なんでしょう??おそらくキノコより有名です。それは、、、次のエントリーにて♪
by latavolasiciliana | 2013-10-28 21:30 | シチリア散策♪ | Comments(0)
e0335287_17571923.jpg


明日日本へ出発ですっ!

で、ギリギリで間に合いました、今年のクスクスフェスティバル!
毎年、青い海白い砂で知られるサンビート ロ カーポでこの時期に開催されるクスクスフェスタ。今年で16回目を迎えるそうですが、年々熱気が増してきています。昨日は初日だったにもかかわらず、車を停めるだけで30分グルグル、、、ようやく停めて会場に行ってみたら驚くほどの人、人、人、、、、っ!話している言葉からするとシチリア人率少なしっ!まだまだバカンスしている人、たくさんいるんですねー、この時期でも。

クスクスフェスタは10ユーロでチケットでクスクス+フルーツ or ドルチェ+ワインを楽しめる、というシステム。しかしワインは毎年ホットワイン(苦笑)冷やす設備がきっとダメなんでしょうねー。毎年頭が痛くなるから今年はパス。15種類くらいあるクスクスの中から今年選んだのは、、、、

e0335287_1851618.jpg


Cous Cous di Carne(肉のクスクス)!

写真では分かりにくいですが、、、なぜかここのブースだけ、山盛りのクスクス(笑)他のブースの倍以上盛られていました。(だから選んだわけではありませーん・笑)鶏肉ベースで作ったスープにジャガイモがゴロゴロ、、、肉もゴロゴロ、、、。マンマがいつも作ってくれる肉のクスクスとはまた違う味で。同じ肉のクスクスでもこんなに違う味に仕上がるのね。

毎年、アフリカや南米から色々な民族衣装をまとってクスクスを盛ってくれるのですが、今年はおそろいのユニフォーム。ちょっと残念、、、、。

e0335287_1818733.jpg


このお方、初日からすごい列ができていて、既にお疲れの模様(笑)

今年は、クスクスブースの周りにずらりと並ぶスタンドが充実していました。

e0335287_18213946.jpg

e0335287_18215147.jpg


チーズ、ワイン、オリーブオイルの販売ブースがあったり、

e0335287_18232329.jpg

e0335287_18255910.jpg


民芸品や陶器のブースもあり。去年よりもブースの数はググっと増えていました。これを冷やかして回るのも結構楽しく♪

トラーパニで最大の祭りでもあるクスクスフェスタ。10年前は結構手作り感あふれるイベントでしたが、もはや毎年有名歌手や有名料理評論家がやってくるような、かなり盛大なイベントに成長しました。手作り感溢れるイベントは個人的に大好きですが、1年に1度のお祭り騒ぎ、、、これもまた楽しく♪ 昨日はFrancesco de Gregori(フランチェスコ デ グレゴーリ)というちょっと昔の歌手が来ていたのですが、会場はすごい人混みでチラっと見ることもできませんでした。でも歌はそこらじゅうに鳴り響いているので多少遠くにいても聞くことができます。

さてさて、まだ荷造り、、、どころか、買出しが終わっていませんー。忙しくなるとなぜか急にブログを更新したくなる私(苦笑)さて、これからラストスパートの買い物!がんばってきまーす♪
by latavolasiciliana | 2013-09-25 18:33 | シチリア散策♪ | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana