カテゴリ:未分類( 22 )

e0335287_00084159.jpg

空港に到着後、今回宿泊するアパルタメントまで直行。
空港からはお宿の方がお迎えに来てくださり、途中、お願いしておいた125ccのスクーターを借りてお宿到着。
今回借りたのは、街の中心から5分くらいのところにあるキッチン付のアパルタメント。
ランペドゥーサ島にはリゾートホテルもたくさんありますが、
今回は広々したところで、ダラダラしたかったのでアパルタメントにしました。

早速、腹ごしらえ!と思い街に繰り出してみると、、、、


e0335287_00084586.jpg

がらーん。


e0335287_00094884.jpg

ガラ―――ン。

そう、ここは海を楽しむための島。
昼間は全員海です(笑)

レストランはほとんど閉まり。
バールは開いていたけど、あんまり食べたいものがなく。
唯一、いや、唯二??開いていたのが、ロスティッチェリアと言われる、
アランチーナやピッツェッタと呼ばれるピッツァのようなものが食べられるお店。


e0335287_00095330.jpg

e0335287_00085969.jpg
e0335287_00093186.jpg

e0335287_00093550.jpg


まぁまぁ、美味しく取りあえず満足。

帰り道に見つけたフェラーリトラックに大爆笑。



e0335287_00103737.jpg



八百屋さん@屋台は開店。


e0335287_00094478.jpg

トラーパニを含め、海の街は昼間はガラガラ。
海の街あるある。

腹ごしらえもしたところで、さて!海を巡回するぞ!!



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/

by latavolasiciliana | 2019-07-24 00:20 | Comments(0)
e0335287_16164271.jpg

今年も我が家のオリーブオイルのおすそ分けです♪

毎年、ラ ターボラ シチリアーナのプランにご参加頂いた方、
日本で開催する料理教室にご参加頂いた方限定でご案内させて頂いている、
我が家の搾りたてオリーブオイルのおすそ分け。
先ほど、ご案内をメールにて送信致しました。
プランに参加した!料理教室にも参加した!けど、メールが届いていない、、、という方、
このブログのコメント、又は、FBアカウントをお持ちの方は
ラ ターボラ シチリアーナのFBページよりダイレクトメッセージにてご連絡下さい。

●ラ ターボラ シチリアーナのFBページ
https://www.facebook.com/tavola.siciliana/

※写真はイメージです。今年はまだ収穫しておりません~。

気が付けば1か月も更新していなかったこのブログ。
すっかりSNSの手軽さに負けてしまった、、、。
エキサイトブログがインスタからも直接アップできるようになればいいのに、、、と願う今日この頃。
そうすれば、SNSをお使いでないブログ読者の皆様にも、シチリアの風景をお届けできるのに。

私は元気に仕事しています!
もう今年はかなりのノンストップ状態(笑)
休みもほとんどありませんが、仕事があるのはありがたいこと❤
がんばりま~す。

気が付けば、春のC氏との日本旅日記も、ものすごい中途半端なところで終わってる、、、。



ひと段落したら、最後のいくつかのエントリー仕上げます(笑)

シチリアの旬の風景は、インスタにてご覧いただけます。

インスタは特別テーマなく、シチリアの日常の一コマをアップしています。
ブログの更新がないな~、、、とお思いの方、インスタを是非覗いてみてくださいね!

ブログは仕事がひと段落したら更新再開予定です!

それでは今日も元気に仕事に行ってまいりま~す♪


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/




by latavolasiciliana | 2018-10-10 16:30 | Comments(0)
e0335287_00154434.jpg

東シチリア周遊 究極の美食の旅、”その2”につづき、一気に最後まで書き上げます!

エトナ山の西側、ピスタチオの街ブロンテでたっぷりとピスタチオを満喫した後は、
エトナ山の東側に移動して、ワイナリーお宿へ♬

シチリアにはワイナリーが経営するアグリツーリズモが何軒かあります。
西側のお宿は色々と行ったのですが、東側のお宿はなかなか行く機会がなく。

今回、前から行きたいな~、、、と思っていたワイナリー「Murgo(ムルゴ)」に併設するアグリツーリズモにお邪魔しました。

エトナ山麓を登りながらワイナリー到着。
お宿はワイナリーからワイン畑とエトナ山を眺めながら、歩いて5分くらい登ったところにありました。

e0335287_00260781.jpg
ワイン畑の中にポツンと佇む昔の建物を改装したアグリツーリズモ。
お部屋から直通のテラスからはワイン畑が見渡せ。
11月1日に訪れたのですが、プールではまだ水着で楽しんでいる家族もいて。
(個人的に水着はもう寒かったですが、、、、)

やっぱり自然の中はいいな~!

さてさて、ワイナリーお宿ですからね。
ワイナリーを見させていただかないと。

最近、ちょっと日本でブームっぽくなっているエトナのワイン。
トラーパニのレストランではほとんど地元のワインが置いてあるので、あまり飲むこともない東シチリアのワイン。
オーナー一家のミケーレさんに色々とお話を伺う事ができて勉強になりました。

e0335287_00353126.jpg
さて、ワイナリーを見学した後は、、、もちろん試飲!
レストランのカウンターでMurgoにあるほとんどのワインを試飲させていただき。
あと、ちょっと、、、というところで、

「このワインはテーブルに持っていって、試飲を続けてね!」

と、2本ドン!と渡され。

試飲している間にどんどん並べられた、田舎料理のアンティパストからよるごはん開始!
ワインほぼ飲み放題状態(笑)
パスタ、続いてセコンドはお肉料理、、、。
野菜もたっぷりで嬉しい。
なにより、おっかさんが作ったような田舎野菜料理が美味しかった!

そして翌日の朝食。

ズラリと並べられた自家製ジャムがとっても美味しく。

e0335287_00415443.jpg
シンプルな朝食でしたが、絞りたてオレンジジュースやもぎたてフルーツ、トマトサラダ、生ハム。
甘いもの派もしょっぱいもの派も満足できる素敵な朝食でした。

ワイナリーお宿はやっぱりいいなぁ~。

来年の東シチリア周遊プランで再訪しよう!と心に決めました。

そして2016年東シチリア周遊美食の旅、最終目的地は、、、、タオルミーナ。

シチリアきっての高級リゾート地タオルミーナ。
オヤジ系が好きな私としては、普段はあまりプランに組み込まないのですが、
今回は「ギリシャに想いを馳せる」、、、がサブタイトルの美食の旅。
やっぱりタオルミーナのギリシャ劇場は行かないと。

e0335287_00501631.jpg
久しぶりに街を歩いてみると、やっぱりかわいいタオルミーナ。

私が好きなのは夕暮れ。

e0335287_00534352.jpg
街灯が灯り、夕陽を浴びて建物が赤く染まり、、、。

エトナ山の噴煙も夕陽で赤く染まり、、、。

e0335287_00551725.jpg
美しきタオルミーナの夕暮れ。

e0335287_00565201.jpg
最後の夜ごはんは、せっかくのタオルミーナですから、、、ちょっとオサレなレストランで♬

お庭のあるレストランで、郷土料理ベース、でもちょっと素敵な盛り付け。

e0335287_01035190.jpg
最後の夜は毎回ちょっと寂しくなっちゃうな~。

ご参加頂いた皆さま、6日間の楽しい旅をどうもありがとうございました!

来年の東シチリア周遊美食の旅は、9月下旬~10月上旬にかけてピスタチオの街ブロンテで行われる「ピスタチオ祭り」も組み込もうかな?
と思っています。

ピスタチオ祭りの日程がわかり次第、プランと日程をお知らせしますね!

ラ ターボラ シチリアーナでは東シチリア周遊プランの他にも、シチリアの旬を味わえるプランをたくさんご用意しております。
シチリアで美食を楽しみたい、、、という方。
是非、一度ホームページをご覧くださいね!

シチリア美食の旅をオーガナイズ 「ラ ターボラ シチリアーナ」

皆さんのお越をシチリアでお待ちしております❤



by latavolasiciliana | 2016-11-20 01:08 | Comments(0)
e0335287_16024309.jpg


もう2週間も前の話になりますが、、、。

久しぶりに仕事ファビニャーナ島に行きました。
相変わらず美しいCala Rossa、、、。
息を飲む美しさですが、Cala Rossa=赤い入江、という名のゆえんは、
ポエニ戦争の時にここが戦場となり、たくさんの血が流れたから。

2000年以上も前の話。

悠久の歴史を感じます。

今回初めて行ったのがフローリオ家のマグロ工場博物館。

e0335287_16024418.jpg


美しく修復された建物の中には、当時の様子が分かる展示の数々。

e0335287_16024453.jpg


フローリオと言えばマルサラワイン。
ワイナリーで聞いていたフローリオ家の歴史を垣間見ることができました。

またこんどゆっくり行ってみたい博物館の一つ。

さて、今日はサマータイム最後の日。
明日からは普通時間になり、1日の終わりも早まり。

シチリアにもいよいよ本格的な秋の到来です。


by latavolasiciliana | 2016-10-29 15:54 | Comments(2)
e0335287_15275212.jpg

トラーパニの旧市街歩いていたら突然現れた真っ赤な山、、、。
なんだろ?と思ったらなんとザクロ!

オレンジジューの絞り器を改良したというマシーンでザクロを絞り、、、。

e0335287_15252811.jpg


フレッシュなザクロジュース❤️
なんとザクロを4つも使った贅沢なジュースです。

ザクロジュースは今の季節限定。
ちなみに来年はあるかどうか、、、わかりません(笑

by latavolasiciliana | 2016-10-16 15:20 | Comments(0)
e0335287_20155919.jpg


昨日からものすごい暴風のトラーパニ。
アフリカからの風、シロッコが吹き荒れています。

南風だから気温も上昇。

e0335287_20160062.jpg


気温30℃。
風速20m。

モンワリ暑い、、、。
そしてこんな日は必ず頭痛がする、、、。

うちのヤシの木がゴーゴー音を立てていて、倒れそうで怖いです、、、。
そして庭にはすごい砂とゴミが風と共にやってきて、、、(涙

今日で丸2日の暴風。
早くやんどくれ、シロッコよ、、、。


by latavolasiciliana | 2016-10-14 20:08 | Comments(0)
e0335287_20123109.jpg


今日はとーってもいい天気のトラーパニ♩

比較的過ごしやすかった2016年の夏でしたが、
10月になってもまだまだ夏気分。
ビーチでもまだまだ海水浴。

e0335287_20123250.jpg


旧市街をぶらぶらすれば、そこには真っ青な空!

e0335287_20123220.jpg


気持ちのよい1日❤️

by latavolasiciliana | 2016-10-04 20:08 | Comments(0)



日曜日から毎年恒例の「食文化探求コース6泊7日」が始まりました!

東京、大阪、広島、鹿児島、、、日本全国から集まった食のプロフェッショナルとマニアな方々。

料理を学び。




街を散策し。




毎日朝から晩まで、シチリアの食三昧!



by latavolasiciliana | 2016-09-21 15:25 | Comments(0)

真夜中のジェラート

e0335287_21404236.jpg


真夜中のジェラート。
23:00。
危険度100%!!


by latavolasiciliana | 2016-07-18 21:39 | Comments(0)

天国への扉



このブログを読んでくださっている方、特に前のブログから続けて読んでくださっている方にはお馴染みのドミンゴ家のパパが、
5月1日夕方、安らかに天に召されました。

85歳の生涯の大半を家族のために働き続けてきたパパ。

「人生は最後まで勉強することばかりだからね」

私が出会った頃には既にパーキンソン病を患っていたパパ。
それでも病気なんか感じさせないくらい元気で、活力に満ち。
病気と闘うために病気に関しての本を読み、研究し、体が動きにくくなってきても、
それでも畑に出て苗を植えて、、、。

私がトラーパニに来てすぐに出会ったドミンゴ家のパパとマンマ。
日本人はおろか、中国人も多分見たことがない、、、というパパとマンマですが、
ものすごく暖かく私を迎えてくれたのがまるで昨日の事のように思いだされます。

パパからは畑の事、オリーブの事、たっくさんの事を教わりました。
私が畑に興味を持ったのも、パパがいたから。

パパは家族のために畑で野菜や果物を栽培し、
それを使ってマンマが代々伝わってきた家庭料理を作る。
トマトソース作りやオリーブ収穫等、それぞれの季節にその季節の風物詩があり、
お祭りの日にはそれにちなんだ料理やお菓子を作り。

普通の日常生活ですが、ひとつひとつのことがとっても丁寧で、季節感溢れる彼らの生活。
東京で生れ東京で育ち、ずっと忙しい生活を送ってきた私は、そんな彼らの生活に感動したのでした。
パパとマンマがいなかったら今の私はいないかも、、、と思うくらい、彼らの日常生活には強く影響を受けました。

今の仕事を始めたのも、私が感じた感動を、日本の方にも体感していただきたい!と思ったのが始まりでした。

「僕はね3人の子供を本当に誇りに思っているんだよ」

といつも言っていたパパ。
家族を愛し、ひたすら真面目に働き続けてきたパパの人生。

昨日のお通夜には、家に入り切らないくらいの人が訪れ、
今日のミサもびっしりと教会が埋まるほど、パパとのお別れにたくさんの方々が訪れました。
それは多くの人に愛されてきたパパの人生を現しているようでもありました。

亡くなった後から今朝まで、天も怒ったかのように荒れて冬がやってきたトラーパニでしたが、
ミサが終わって外に出たらものすごい青空が広がり。
まるで天国への出発を祝福しているかのようでした。

パパ、本当にお疲れさまでした。
そして、人生で大切な事をたくさん教えてくれたこと、心から感謝します。

パパの事だから天国でも畑を耕して、畑を歩いてはフルーツを捥いで食べてるのかな。

どうぞ安らかに、、、、。



by latavolasiciliana | 2016-05-04 04:59 | Comments(6)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」がシチリアの幸せな食卓と旅レポをお届けします。


by latavolasiciliana