e0335287_05070898.jpg

年に3〜4回、日本に行って料理教室や食事会などのイベントを開催するようになって今年で8年目。
毎回、キッチンスタジオを借りたり、貸していただいたり、レストランさんとコラボしたり、、、
固定の場所は持たずに根無し草のようにフラフラとしている私😅
拠点がないため、イベント開催時は約3か月前から場所取り、発送、などなど、準備が始まります。
そして、料理教室開催時も事前に準備が十分にできないため、
1回目の開催はかなりギリギリな線で慌ただしく。
優秀な助っ人達(シチリアエプロン隊)がいるからできますが、1人だったら絶対に無理、、、。

ということで、2018年は数年前から妄想していた「秘密基地計画@東京」を実現化させるために、
本格的に動こう!と決めました❣️

といっても、場所も物件もなーんも決まっていません。
あるのは私の頭の中のイメージのみ。

そこで皆さんにお願いです。不動産、建築、リノベーション、施工会社、、、
色々な分野で協力して下さる方を探しています。
もちろん仕事として依頼するわけですが、限りある予算の中で、
この秘密基地計画を一緒に楽しんでやって下さる方、大募集中!
場所は東京23区内です。

もちろんご本人の立候補も大歓迎ですが、こんな人がいるよー、こんな会社があるよー、という情報も大歓迎❣️
秘密基地ができたら、もっと自由に皆さんにシチリアを楽しんでいただけるかと、
企画だけは頭にいっぱい浮かんでいます(笑
情報はコメント、直メール、なんでも構いません。
※直メールはこちら ⇒ info2★tavola-siciliana.com(★→@に変えてください)
皆さんからの情報をお待ちしておりまーす❣️

写真は今日のトラーパニの海岸。天気予報は雨☔️だったのに、何故かそれとなく晴れている☀️今日のトラーパニ。
天気がぐずつきがちな冬は、秘密基地で楽しみたい!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2018-02-20 05:06 | 日本での活動 | Comments(0)
e0335287_17041088.jpg

1月下旬の話になりますが、、。

日本に出発する直前の日曜日、我が家のオリーブ農園を散策してきました。

オリーブ畑はこの時期お花畑♪
といっても野に咲くお花、、、俗に言われる雑草です(笑)
今の時期は私達が持っている手押しの耕運機は、土が柔らかすぎて入れません。
なので取りあえずこのまま放置。
春になって土が少し乾いてきたら手押しの耕運機で雑草を取るか、
4月になっても入れる状況でなかったら、近所の農家さんに頼んでトラクターで耕してもらいます。

去年は大豊作だった我が家のオリーブ農園。


オリーブの木は2年に1回、たくさんの実を付けます。
たくさんの実を付けた翌年は大体不作。
全く成らないわけではありませんが、豊作とは言えません。
オリーブオイルで生計を立てている農家さんや生産者の方々は、
大きな畑を持っていてその中で豊作ゾーンと不作ゾーンが1年ごとに違ったりすることも多く、
全部の木が一緒に豊作になるわけでもなく。
そして、毎年できるだけ多くの実を付けるよう、今の時期に肥料を蒔いたり。

我が家はオリーブオイルで生計を立てている訳でもないので、
なるべく自然に任せよう、、、ということで、心がけている事は、

・なるべく頻繁に畑を耕すこと、
・春には状態に合った剪定をすること
・どうしても力不足だったら有機肥料を蒔く事
・病気が発生しそうな時期に硫黄の粉(無農薬認定の消毒)を蒔く事

こんな感じです。

箇条書きにしてみると少ないのですが、春以降、週末は農園にいる事が多く、
月~金まで普通に働いているC氏からすると結構な重労働。
ちなみに私は力不足でできないことが多いので、おうちでお留守番か、畑にいって写真撮ってる(笑)

「オリーブオイルって1年に1回収穫して搾油するだけなのに値段が高いよね~。」

というお声をよく聞きますが、1年に1回収穫する、、、だけじゃないんです。
通年きっちり仕事があるのです。


e0335287_17140541.jpg

これ、2013年に私達が植えたオリーブの苗。


気が付けばもう5年前なのですね~、、、。

あの時、5年後にオリーブを収穫することを夢見て植えた27本のオリーブの木ですが、
2017年の秋、結構な量が収穫できたんです。

私達がパパから譲り受けたオリーブの木は、パパのパパ(つまりC氏のおじいちゃん)が、
野生で生えてきたオリーブの木に接木をして実を成るようにしたもの。
(野生で生えてきたオリーブの木は、そのまま成長してもオイルが絞れるほど大きな実は成りません)
そうして成長するオリーブの木は、実を付けるまでに10年くらいかかるそうで。
今の苗は早く実が付くように改良され、もはや5年でこの成長っぷり。
技術の進歩はすごいな~、とも思いますが、個人的には接木した樹齢100年近くのオリーブの方が愛着があって♪

e0335287_17201330.jpg

そしてついに収穫できた!
27本のオリーブの木を植えた時に、オレンジ、マンダリン、レモンの木を合計5本植えました。
そのうちの1本、オレンジが初めて実を付けました♪
うしろにうっすらと見えているのが植えたオレンジの木。
来年からは少しずつたくさん実を付けてくれるのかな~、、、と楽しみ♪

e0335287_17261954.jpg

冬の間に大活躍してくれる私の農作業靴。
ずーっと前にオリーブ農園で靴がドロドロになってしまった私を見て、
カワイソウ、、、と思ったお客様がプレゼントしてくださりました。
大切に履いていたのですが、もう随分長い事履いていて、ついに破けた!
(左足に注目!)

今年シーズンまで大切に使わせていただき、来シーズンは新調します。

日本から帰ってきてから約1週間、ほんとずっと天気が悪いトラーパニ。
今週も予報を見るとずっと雨、、、。
今日は「雨予報」にも関わらず、何故かスッキリと晴れていますが(笑)
でも、きっとまた明日からはぐずついた天気でしょう。
トラーパニは冬といってもそれほど寒くもなく、降水量も多い訳でもないのですが、
12月~3月くらいの間で約1か月間くらい、毎年天気がぐずついた日々が続きます。
それがいつ来るのか、、、はその年になってみないとわからず。

お天気屋な私は天気が悪いと、今イチ体調も優れず。

春の到来が本当に待ち遠しい今日この頃です。




========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2018-02-19 17:34 | オリーブのお話 | Comments(0)
2月3日&4日のお昼と夜、合計4回の食事会を葉山のシチリア料理店ピスカリアとのコラボにて開催しました。

いつもは料理教室ですが、今回は食事会。
シチリアからえっちらおっちら、たっくさんの食材を持ち込んで日本で料理してきました。

メニューはピスカリアのシェフと色々と意見を出し合って、お互いコレだ!というメニューをバランスよく組み合わせました。

今回の私の目玉は、

「ブロッコリーとリコッタのパスタ」

これ、本当に簡単で美味しい近年私の冬のお気に入りの一皿♡

e0335287_03101269.jpg

本当になーんてことのない料理なんです。
が、美味しいリコッタが必要不可欠。
なので、なかなか日本では味わう事の出来ない料理かと。

リコッタ、もはや通年チーズ屋さんで売っていますが、旬は冬。
私がシチリアに来た頃(2005年頃)は、夏のリコッタは注文しておかないと確実には買う事ができませんでした。
シチリアは冬だけが緑の草が食べられる時期(羊が)。
夏は暑すぎて草も枯れてしまうため、飼料用に作った枯草を食べるのです。
だから美味しい乳が出ない。
よって美味しいリコッタもできない。

この料理、本当に家庭料理の神髄のような一皿で。
「冬の体暖まる料理」というテーマでメニューを考えた時、
一番最初に頭に浮かんだ料理でした。

去年の冬にはトラーパニの老舗トラットリア「カンティーナシチリアーナ」のシェフ、ピーノを連れて、
ピスカリアで「トラーパニ伝統料理の会」を開催したのですが、
その時にも皆さんに召し上がっていただいた「カジキのパンテッレリア風」。
今年はREIスタイルで召し上がっていただきました♪

e0335287_03181012.jpg

同じ名前の伝統料理でも料理人によってその仕上がりは違うもの。
私は魚の臭みを取るためにしっかりと焼いてから煮込みますが、
ピーノは焼かずに煮込みます。
同じ名前の料理ですがその出来上がりは別の料理。

去年と今年、2年連続でご参加の方は気が付いたかな?

その他、作った料理の数は合計で10種以上。
うち多くの料理はシチリア直送食材で作りました。

その他、料理とイベントの開催風景はラ ターボラ シチリアーナのホームページにアップしましたので、
そちらをご覧ください。↓


e0335287_03255859.jpg

ピスカリアのオーナー出雲夫妻とスタッフで集合写真♪

とっても楽しい2日間(正確には半日仕込みで2.5日間)でした。
ご参加頂いた皆様、そしてピスカリアの皆さん、本当にありがとうございました!

通常は日本では料理教室を開催していますが、レストランさんとのコラボも大歓迎♪
是非うちでっ!という方、お声をおかけくださいね。
一緒に料理しましょ~♪



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2018-02-17 03:31 | 日本での活動 | Comments(2)
e0335287_20393785.jpg

昨日はバレンタインデー。

日本では女性が男性にチョコレートをプレゼントする習慣のバレンタインデーですが、
イタリアでは女性も男性もお互いにプレゼントを渡したり、渡さなかったり。
特に何をプレゼントする、、、という訳でもないけれど、なんとなくバレンタインデー、、、という感じのイタリア。

バレンタインデーってイタリアが発祥なんです。
でも、そのブームに思いっきり乗っかるわけでもなく、このゆる~い感じ、、、
まさにイタリアって感じです(笑)

さて、私は日本滞在中に大風邪を引いてしまい。
もう倒れるようにしてシチリアに戻ってきてから寝込むこと数日間。
熱で体が痛いのか、寝込み過ぎて体が痛いのか、はたまた重いスーツケースを何個も運んだ筋肉痛か、、、
もう全くワケわからず(笑)

何が辛いって、ずっと気持ちが悪い日々が続き、食欲超減退、、、、何も食べれず(涙)
食べ物を想像しただけで気持ち悪く、ついでにPCや携帯を見ると気持ち悪く。
とにかく体調悪すぎて。
こんなに寝込んだのは人生初ではないか!?と思うほど。

ようやく昨日から食欲が回復してきて、それと同時に元気も出てきました。

食べる事って本当に重要だわ~、、、と思うばかり。

食べないと力が湧きませんからね、、、。
実際、しばらく歩くとフラフラする日々を送っていましたから。

昨日、ランチで家に帰って来たC氏から、

「はい、これ」

と渡された小さなフラワーアレンジメントを見て、あ!バレンタインデーと気が付いた私。

しばらくPCを開かなかったので、世の中と隔離された生活を送っていましたからね、、、
日にちの感覚もすっかりなくなっちゃって(苦笑)

ということで私からのプレゼントは何もなし!
ははは、ま、いっか。

ようやく気持ち悪いのがおさまったので、昨日から久しぶりにPC仕事しました。
ご連絡が遅くなっていた方々、スミマセンでしたっ!


先日、日本での食事会(この様子はまた別エントリーで、、、)の際に、

「春の料理教室はいつですか??」

と、多くの方に質問され。

体調が良くなってきたところで、少し日程を検討してみたところ、
5月中旬~6月中旬あたりの週末が可能性濃厚な感じで。
この時期にシチリアに旅に来たい~、と思っている方、いらしたら早目にご連絡下さいませ。
その期間はシチリアにいるようにしますので。

帰って来たシチリアは思いのほか寒くて。
出発前は暖かかったんですけどね~。
雨も多くグズついたお天気なので、こんな時にお客様がいらっしゃらなくて良かった、、、とホッとしています。
この時期、シチリアは天気が回復し始めると、一気に暖かくなります。

早く春が来ないかな~。



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2018-02-15 20:57 | REIのシチリア日記 | Comments(4)
e0335287_20131523.jpeg


だいぶ糖質オフライフにも慣れてきた今日この頃。

トラーパニで土曜日に、エリチェの山の麓で水曜日に毎週開催されている屋外の農民市場は、
我が家の強い味方で。
いずれも近いので野菜はほとんど土曜日か水曜日に仕入れていたのですが、
それに加えて金~日の午前に室内の農民市場が昨年暮れにオープン。
ということで、現在、水・金・土・日にの4日に買い物できる日が増えて。
なんだか私達のためにオープンしてくれたような(笑)

室内の農民市場にはチーズ屋さんが2軒。
1軒は地元、もう1軒はシチリアの南側からやってきていて、
同じ羊のチーズでもやっぱり風味が違って。
でも、いずれも美味しいチーズ屋さんであることは間違いなく。

最近のお気に入りは、たーっぷりのピスタチオが周りに引っ付いているペコリーノ。
プリモサーレと言って1回だけドボンと塩水に漬けて少しだけ熟成させたフレッシュ感漂うチーズ。
そこはかとないソフトな羊感と、チーズが醗酵し始めた時の爽やかなヨーグルトのような風味がたまらない♪

先日アップしたリコッタもここのチーズ屋さんのもの。

チーズは血糖値の上昇率も緩やか。
チーズ大好きのC氏にとっては糖質オフライフの強い味方です♪



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2018-01-28 08:07 | ゆるゆる低糖質OFFライフ | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana