e0335287_23205373.jpg

昨年、シチリアに旅にいらした料理家のワタナベマキさんが、
素敵なシチリアの会を企画してくださいました。

シチリアワインと食材をたくさんご用意してお待ちしています!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月18日(土)にシチリアバーを開催いたします。
昨年、シチリアを旅し、シチリアに住むシチリア料理研究家の佐藤礼子さんと知り合うことができました。
今回佐藤礼子さんをお迎えして、シチリアの美味しさをまるごと味わっていただくイベントを開催いたします。

●Bar Siciliano
シチリアワイン
シチリアの食材をふんだんに使用したおつまみ、ドルチェ
など

その他、今回たくさんのシチリアの食材を礼子さんがお持ちくださり、貴重なシチリアの食材も販売いたします。
美味しさに驚く食材をみなさまにも、ぜひ召し上がっていだだけましたら嬉しいです。

STOCKTHEPANTRY
世田谷区桜3-2-18-2F
12時〜20時
スタンディング形式になります。

●販売物(予定)
・巻きブジアーテ(トラパニ地方のパスタ)
・モディカチョコ
・パンテレリア産のケッパー ・パンテレリアオレガノ(袋入り)
・枝付オレガノ
・ジビッボの干しブドウ
・カリカリのオリーブ
・トラーパニの極上一番塩
・マグロのカラスミパウダー
・シチリア産アーモンド(生)
・シチリア産アーモンド(ロースト)

<雑貨>
・オリーブの木のまな板、すり鉢、等、
オリーブの木製品
・シチリアエプロン
など



# by latavolasiciliana | 2019-05-11 23:24 | 日本での活動 | Comments(0)
e0335287_19384844.jpg

毎年恒例、春のREIのシチリア料理教室を5月に開催します♪

今回は「旅するシチリア料理」の第9回目は再びトラーパニに戻ってきて、、、
なんと、トラーパニ名物の「手捏ねクスクス」と「ネジネジ手打ちパスタ、ブジアーテ」の2本立て!
いずれも以前にも料理教室でご紹介していますが、
今回はトラーパニ名物をダブルで作っちゃおう!という贅沢な企画です。

トラーパニのクスクスと言えば、手捏ねのクスクス。
スーパーで見かける箱に入ったアレ、、、ではありません。
粉から手で捏ねて作る「手捏ねクスクス」は
北アフリカからトラーパニ地方に伝わって根付いた伝統料理。
イタリアの中でも「手捏ねクスクス」を食べる事ができるのは
トラーパニ地方のみという希少価値の料理。
それを新鮮な魚を使ったスープと合わせたのがトラーパニ風クスクス。
日本で、いやイタリアでも手捏ねクスクスが体験できる料理教室は"ほとんどない"と言ってもいいほど。

手捏ねクスクスの美味しさと言えば、、、それはそれは絶品。
一度食べたら忘れられないほど。

「あのクスクスを食べるために、又トラーパニに来ちゃいました!」

というトラーパニのリピーターさんも多いほど。
まだ手捏ねクスクスを味わった事のないあなた、、、
未知の体験をしてみませんか?

そしてもう一品はクルクル巻きの手打ちパスタ「ブジアーテ」。
イタリアには色々なタイプのねじりパスタがありますが、
ブジアーテほどグルグル巻かれたパスタは見たことがない!
クルクル、クルクル、、、皆で一緒にブジアーテを作りましょう。
そしてブジアーテに合わせるのは「トラーパニ風ペースト」。
トラーパニの名産品、赤にんにくを使った絶品ペーストを作りましょう。

その他、トラーパニの名産品の盛り合わせのアンティパストを
味わっていただきます。

1回目の手捏ねクスクス料理教室を逃したあなた!
手捏ねクスクスを味わってみたいというあなた!
クルクルの手打ちパスタを作ってみたいというあなた!
このチャンスを見逃さないよう、早めにお申し込み下さいね。

【日時】
2019年5月25日(土)
昼の部 11:00~14:00 →残席僅か
夜の部 17:00~20:00

2019年5月26日(日)
昼の部 11:00~14:00  →満席、ただいまキャンセル待ち受付中
※日曜日は昼の部のみとなります

【参加費】10,000円
クスクスとブジアーテのトラーパニ風ペーストに合うワインを2種ご用意致します。

【開催場所】
渋谷区内のキッチンスタジオ
(お申込みの方にのみ詳しくご案内させていただきます)

【お申し込み】
・お名前
・当日連絡がとれる電話番号
・昼の部 or 夜の部のご希望
・この告知をどこでご覧になったか

上記の事項をご記載の上、

info2@tavola-siciliana.com 

までご連絡ください。
折り返しお振込みの方法などの確認メールを送らせていただきます。

※携帯電話のメールアドレスからのお申し込みは
こちらからの返信が届かない場合があるため、
ご遠慮いただけますようお願い致します。
携帯電話のアドレスしかお持ちでない場合は、
「info2@tavola-siciliana.com 」
上記のメールアドレスが届くよう、設定の変更をお願い致します。

※hotmailからのメールはこちらには届くのですが、
私から送信するメールが100%戻ってきてしまいます。
hotmailのみ、メールアドレスをお持ちの方は、
FBアカウントをお持ちの方は、ラ ターボラ シチリアーナのFBページより、
メッセージでご連絡頂けますようお願い致します。

https://www.facebook.com/tavola.siciliana

hotmailのみメールアドレスをお持ちの方は上記アドレスにご連絡下さい。
別のメールアドレスから返信させていただきます。

【キャンセルについて】
5月10日までのキャンセルは承ります。
それ以降のキャンセルの場合は、代理の方にご参加いただけますようお願い致します。

皆様のお越しを心よりお待ちしております!




# by latavolasiciliana | 2019-04-19 19:40 | 日本での活動 | Comments(0)
e0335287_20260350.jpg

次回のための備忘録として、空港から街への行き方です。

今回、ベルギーを旅するにあたって参考にさせて頂いたサイトがBelplusというベルギー在住の方々によって運営されているサイト。
ベルギーの色々がとても親切に説明されています。
そして空港からの移動方法もとても分かりやすく解説されていました。


私達は荷物も少ないので、空港から街までは電車で移動することにしました。

空港出口を出て、電車は地下に行きます。
あちらこちらにチケットの券売機がありますが、空港→市街のチケットは電車指定ではなく日にち指定。
チケットを買ってから電車に乗るまでに時間がかかったとしても問題なしなので、
列が少ない券売機で買ってしまった方が得策かもしれません。
3月はローシーズンですが、6〜8月のハイシーズンには列ができているかもしれませんから。

券売機でのチケットの買い方もBelplusでチェック。



英語があるのでわかりやすく、片道9ユーロでした。
ブリュッセル中心部には北駅、中央駅、南駅と駅が3つ。
ブリュッセルの観光名所が集中しているのは中央駅で約20分くらい。
ロンドンやパリまで行くTGVが出ているのは南駅。
どういうルートで周るかによってどこにホテルを決めるといいと思います。

私達の目的はブリュッセル観光と古都ブルージュへのプチ旅。
ブリュッセル観光するなら断然、中央駅のホテルがおすすめです。
実際にホテルを探してみると、南駅周辺にお手頃価格のホテルが集中していて。
中央駅まで1駅だし、電車も地下鉄もメトロもあるし、頑張って歩けば20分くらいでいけそうだし、、、
私も最初は南駅近辺にホテルを予約しようかな〜、、、とも思ったのですが。
結果、予約したのは中央駅近くのホテル。
これが正解!

たった1駅でも毎回乗り物に乗るのはやっぱり面倒、、、。
ちょっと買い物してホテルに帰って買い物したものを置いて、ついでにトイレにも行って、またすぐに出発。
ブリュッセルもイタリアほどではありませんが、あまりトイレ事情が良くないです)
1日中観光するのは、結構体力がいるもの。
最近ヘタレな私は、やっぱりホテルに戻れて一息つけると楽だなー、と思いました。

ブリュッセルの駅近くにあるのは、近い順に、、、

ヒルトン(駅前)→ ノボテル → NHヨーロッパカルフール → Ibis(アイビス)

こんなところでしょうか。
その他、街中にはホテル色々とありますが、やっぱり駅近くが便利。
駅近くはあまり治安が良くない事も多いですが、ブリュッセルはそんな感じはあまりしませんでした。
駅を出てすぐに観光地があるからでしょうか。
メインの観光地、グランプラスまでは駅から徒歩5分。
↑上に書いた4つのホテルは全てグランプラスに行く手前にあります。

その中で私が選んだのはNHヨーロッパカルフール。
ヒルトンは高い、Ibisはヨーロッパのアパ的な感じで大体100ユーロ以下で泊まれるのですがブリュッセルは結構高かった、ということでこの2つは除外。
残るはノボテルかNHか、、、価格と部屋の感じを見比べて、NHにすることにしました。

e0335287_21060897.jpg


実際に見てみた感じはノボテルの方が格段に新しかったです。
NHは古いホテルを改装してはいますが、部屋の中の設備も古い。

e0335287_21082973.jpg


部屋はそこそこ広く、マットレスも悪くなく寝やすかったので合格点。
ちなみに部屋に入ってすぐに写真を撮るのを忘れ、ベッドの上でゴロゴロしていたのでベッドカバーがクシャクシャですが、
入った時はきれいにピーンとしていました。

NHのいいところは朝食が充実しているところ。

e0335287_21182251.jpg

といっても私は朝ごはんは、ほとんど食べれないんですけどね、、、。
朝ごはんをたっぷり食べたい人が若干1名(^-^;
本当は朝食代わりにワッフル&ホットチョコレート巡りをしたかったのですが、我が家の高血糖の人、危なすぎる、、、。
それよりもホテルで野菜&タンパク質中心に朝ごはんを食べてもらった方が安心で。

ホテル選びはなかなか難しく。
旅先を選ぶのも、行きたい時期を選ぶのも、ほとんど私。
まぁ、旅は私が行きたいところに、私が都合がいい時期に行くわけでして(笑)
C氏のただ一つの希望は、

「快適なホテル&充実の朝ごはん」

なので、そこだけは叶えてあげよう(笑)

色々な意味でNHヨーロッパカルフールは合格点。
ただ、施設の古さが気になる方はノボテルがいいかもしれません。
駅から離れれば色々なホテルがありましたが、石畳の街をスーツケースを転がして歩くのは大変なので、駅から離れるならばタクシー移動がおすすめ。
でも、ブリュッセルは先ほども書いたように駅前が危険な感じがしないので、歩いて駅まで移動できる駅前ホテルが便利でだと思います。

さて、無事に空港からホテルまで移動して観光開始!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2019-03-28 21:46 | 2019春ベルギーでワッフルを食べよう! | Comments(2)
e0335287_05013713.jpg

先週末、ちょっと長めのウィークエンドをベルギーで楽しんできました!

その目的は、、、

ベルギーでワッフルを食べよう!

という訳でもないんですけどね(笑)

最初にベルギーに行こう、と思ったきっかけは去年の事。
とあるLCCでパレルモ⇔ブリュッセル往復2人で100ユーロ!という格安チケットを見つけたから。
どうしよう、どうしよう、、、と思っている間に、そのチケットは価格が上がってしまい。
それでブリュッセルに興味を持ち。
ちょっと調べてみたら、あら?なかなかいい街なんでないの?
そういえば、ワッフルもあるし、チョコレートもあるし、ビールもあるし、、、。
街もとっても美しいっぽい@ガイド(笑)

そんなこんなで行きたい気分がどんどん盛り上がってきて、、、。
引き続きチケットを探していたらアリタリアのセールで結構安めのチケットが出てきて。
(さすがに2人で100ユーロではないですけどね、、、)

えい!

と、ポチっとしちゃたのがバレンタインの頃。

それから、ほぼ何の情報収集をすることもなく、出かけてきちゃいました。

そしてベルギー、、、気に入った!
今回行ったのは首都のブリュッセルと、そこから電車で1時間のブルージュ。
街のサイズも大きすぎず、小さ過ぎず、ほぼ歩いて周れるくらいの大きさで。
空港から街への移動も近くて楽チンだし、食も北に位置している割には色々と文化が豊富。
なんといってもワッフルとチョコレート♡
そう、ワタクシ、知る人ぞ知るドルチェマニアですから。

3泊4日のプチ週末旅でしたが、想像以上に楽しかった~♡

ボチボチ更新していきますので、どうぞ気長にお付き合いくださいませ~♪


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2019-03-27 05:13 | 2019春ベルギーでワッフルを食べよう! | Comments(0)
e0335287_01123731.jpg


先日、トラーパニの農民市場で菊芋を発見したことは、前にブログに書きましたが。



その後、農民市場が開催される水曜日と土曜日に2kgずつせっせと買い続け、、、。
菊芋がなくなるこれからの季節に備えて干し菊芋に励む日々。


e0335287_01124140.jpg


調理器具は最低限しか持っていない私。
最初、包丁で薄めにスライスしていたのですが、菊芋ってゴツゴツしていて本当に切りにくい、、、。
量が結構多いので、スライサーを購入してみたら。
なんと!シャッシャッシャッシャッと、簡単に薄く切れ。(当たり前か・笑)
スライサーって意外と便利ね、と今頃気が付く私。

e0335287_01125596.jpg


ちょっとヘニャっとしていた、菊芋フリットも見事にカリっと仕上がるので、
パスタの上に乗せて、食感を楽しんだり♪


e0335287_01124605.jpg


残った端切れは、スープにして煮込み。



e0335287_01125036.jpg

菊芋、いつまであるんだろうなー。
先週の土曜日、そして昨日も、忙しくて農民市場に行けませんでしたが、まだあるかな?

来週、また見つけたら、今度は冷凍にして保存しようかと。
そうすれば、スープに、ちょっとした煮物に簡単に使えるし。

そろそろ、菊芋食べ始めて1か月が経ちました。
もう少ししたら血液検査に行ってもらおーっと。

結果が楽しみ(人の体で人体実験・笑)



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2019-03-21 19:05 | ローカボ生活日記 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」がシチリアの幸せな食卓と旅レポをお届けします。


by latavolasiciliana