NEW POST

収穫してきたリンゴで『りんごのチャンベッラ』と美味しい粉

収穫してきたリンゴで『りんごのチャンベッラ』と美味しい粉_e0335287_16064390.jpg

C氏のパパの畑で収穫してきたりんごで、
朝ごはん用のチャンベッラを焼きました。

収穫してきた田舎のりんごは、
八百屋で買うりんごより固くて水分量が少なくて酸味が強く。
そのまま食べても美味しいけれど、この手のりんごは火を入れると更に美味しくなり。
なので、朝ごはん用のりんごのチャンベッラを作ることにしました。



収穫してきたリンゴで『りんごのチャンベッラ』と美味しい粉_e0335287_16064660.jpg

ちっちゃなりんごを5つほど使い(もっと入れても良かった)、
、砂糖、バター、粉だけのシンプルな生地に入れて焼き込みます。



収穫してきたリンゴで『りんごのチャンベッラ』と美味しい粉_e0335287_16065152.jpg


上にも飾りでたっぷり乗せて。

粉は農民市場で見つけた古代小麦の軟質小麦を使ったせいか、
生地がちょっと茶色く仕上がりました。


収穫してきたリンゴで『りんごのチャンベッラ』と美味しい粉_e0335287_16065581.jpg

一晩寝かせて、今朝、型から外してみると、、、
切ってみるとどことなくスパイシーな香り?
ん?
あ、粉だ!
石臼で挽きたての粉は、ちょっとだけシナモンのようなスパイシーな香りがいつもするのです。
食べてみるとしっとりとした生地の中から、酸味のあるキュッと締まったりんごがこんにちは。



収穫してきたリンゴで『りんごのチャンベッラ』と美味しい粉_e0335287_16065833.jpg

わー!
この粉、美味しい??

粉は最近トラーパニの農民市場に来はじめた生産者だけれど、
代々、古代小麦だけを栽培しているらしい。
そもそも昔は古代小麦しかなかったわけだけれど、
改良小麦が流行った時代も古代小麦を作り続けていたそうです。

良い生産者との出会いはなんとも嬉しいもの!

さて、この粉で次は何を作ろうかな?

レシピは、

『シチリアの伝統菓子とマンマの手作り菓子』(誠文堂新光社)、106ページに、、、。
こちらの本も、『イタリア菓子図鑑』同様、どうぞよろしくお願いします♪

?右のカラムからアマゾンにジャンプ!




========================================

収穫してきたリンゴで『りんごのチャンベッラ』と美味しい粉_e0335287_15564785.jpg

 イタリア菓子図鑑(誠文堂新光社)佐藤 礼子著

 大好評、発売中!

 北から南まで、107種の全イタリア伝統菓子がレシピと解説付き!
 解説を読んでお菓子の歴史を知り、
 レシピを見ながら実際に作って楽しむ。
 1冊で2度美味しい「イタリア菓子図鑑」♪
 
 1年間、全精力を傾けた渾身の1冊です。
 イタリア好きの皆さま、お菓子好きの皆さま、どうぞよろしくお願い致します??





========================================
収穫してきたリンゴで『りんごのチャンベッラ』と美味しい粉_e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2020-09-30 17:23 | REIの手作りお菓子 | Comments(0)

イタリアの南に浮かぶ島・シチリア島の西の端っこトラーパニ在住の料理家。シチリアのおうちごはん、お菓子、海、家庭菜園、オリーブ、四季のお花、そしてニャンコ。シチリア美食の旅をコーディネートする「ラ ターボラ シチリアーナ」を運営しています。


by latavolasiciliana