NEW POST

あんずジャムとさくらんぼのコンフェットゥーラ 〜 夏の保存食作り

あんずジャムとさくらんぼのコンフェットゥーラ 〜 夏の保存食作り_e0335287_18184040.jpg

保存食Day。

今が旬のあんずとさくらんぼ。
この時期はいつも忙しくて、保存食どころではないのだが、今年はチャンス!

農民市場に仕入れに行きました。



あんずジャムとさくらんぼのコンフェットゥーラ 〜 夏の保存食作り_e0335287_18184485.jpg

あんずは農民市場で3種類、それぞれ1kgずつ、合計3kg。

みるからに美味しそうな、このあんず↑。
このあんずを買いながら、

ジャムにするんだー」

とおじさんにいったら、

「ならもっと熟したのがあるよ!」

といって、裏からもってきたのがこれ↓。



あんずジャムとさくらんぼのコンフェットゥーラ 〜 夏の保存食作り_e0335287_18184880.jpg


品種が違うけれど、確かにもう蜜があふれ出るほど熟しています。

「安くするから全部持って行って―!」

といわれたのだけれど、全部=5キロ、、、。
ちょっとためらい、1kgだけ分けていただきました。
1kg=1.5ユーロ(約200円)。

そしてもう1種は、農民市場の外にいつもいるオート三輪のおっちゃん。
先週末、このおっちゃんから買ったあんずがすごーく美味しかったから、今日も行ってみたら、
先週のとは見た目が違い。

「この前のはないの?」

と聞くと、

「これも本当に美味しいから。」

といわれ、ならば1kgだけ、、、と思い購入。



あんずジャムとさくらんぼのコンフェットゥーラ 〜 夏の保存食作り_e0335287_18185280.jpg


それぞれ、熟れ方も、味も、全く違う。
ミックスすると、それぞれの味が複雑に絡まり合って、深い味のあんずジャムができるんです。

オート三輪のおっちゃんから買ったあんず、見た目はちょっと青くて固くて甘くなさそうだったけれど、
これが一番味が濃くておいしかった!

あんずジャムとさくらんぼのコンフェットゥーラ 〜 夏の保存食作り_e0335287_18465274.jpeg

<私のあんずジャムの作り方>

ジャムは洗ったら種を取ったらボウルに入れて、砂糖を加えて3時間くらい放置。
そうすると水分がたっぷり出てきます。
そしたらレモン汁を加えて煮込みます。
私はさっぱりしたのが好きだから、レモンの皮のすりおろしも入れちゃいます。
種を取ったあんず1kgに対してレモン1/2個が目安。
ミントを入れても美味しいです。

最初は死ぬほどアクがでてくるので、アクが浮いてくるように中火〜強火でこまめにすくいます。
しばらくするとアクは出てこなくなるので、そしたら弱火でコトコト。
私はブルンブルンのジャムよりも、サラサラ〜としたのが好きなので、煮詰まり過ぎないに気を付けて。
もちょっと残っているくらいが好き♪

ちなみに砂糖の量は今回はあんずの重さの25%。
販売用にするためには、保存性を高めるために50%くらい入れたほうが安心ですが、自分用なので少なめに。
もちろん、もともとの果物の糖度にも寄るのですが、、、。)
砂糖はオーガニックのキビ砂糖を使いました。



あんずジャムとさくらんぼのコンフェットゥーラ 〜 夏の保存食作り_e0335287_18185641.jpg


さくらんぼ1kgは、普通に食べるために少しだけ買ったのだが、糖度が高くて、味も濃くて美味しかったから、コンフェットゥーラにすることにしました。
作り方はあんずジャムと一緒。
レモンは入れずに、ミントを加えて清涼感を。

このコンフェットゥーラ、スコーンやパンに添えてもおいしいし、真夏に炭酸水で割って飲んでも美味しい優れもの。


しかし、暑い、とにかく暑い、、、。
でも、寒い季節に、チーズに添えて食べることを考えながら、暑さに耐える!
(冬まで持つかな〜、全部たべちゃうかも💦)




あんずジャムとさくらんぼのコンフェットゥーラ 〜 夏の保存食作り_e0335287_18214623.jpg


瓶に詰めて、煮沸消毒している最中のお楽しみは、氷で冷やしたチェリー水。
鍋に残った煮詰まった部分を、水を入れてゆっくりと溶かして氷で冷やして、一気に飲む、、、

ぷはー!うまい!


あんずジャムとさくらんぼのコンフェットゥーラ 〜 夏の保存食作り_e0335287_18450425.jpeg


第1回目はちょっと控えめにこれだけ。
あんずジャムが8瓶と、さくらんぼうのコンフェットゥーラが小さい瓶で4瓶。
季節が終わってしまわない前にもう1回仕込もうかな。




========================================

あんずジャムとさくらんぼのコンフェットゥーラ 〜 夏の保存食作り_e0335287_15564785.jpg

 イタリア菓子図鑑(誠文堂新光社)佐藤 礼子著

 7月14日発売です!

 北から南まで、107種の全イタリア伝統菓子がレシピと解説付き!
 解説を読んでお菓子の歴史を知り、
 レシピを見ながら実際に作って楽しむ。
 1冊で2度美味しい「イタリア菓子図鑑」♪
 
 1年間、全精力を傾けた渾身の1冊です。
 イタリア好きの皆さま、お菓子好きの皆さま、どうぞよろしくお願い致します💛
========================================
あんずジャムとさくらんぼのコンフェットゥーラ 〜 夏の保存食作り_e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2020-07-10 18:48 | 自家製保存食 | Comments(0)

イタリアの南に浮かぶ島・シチリア島の西の端っこトラーパニ在住の料理家。シチリアのおうちごはん、お菓子、海、家庭菜園、オリーブ、四季のお花、そしてニャンコ。シチリア美食の旅をコーディネートする「ラ ターボラ シチリアーナ」を運営しています。


by latavolasiciliana