平和記念資料館へ、、、広島散策 ~ 2018年日本食い倒れ旅行記 vol.7

さて、広島3日目。。
神のが住む島、宮島を堪能した翌日は、広島の街を散策。
特に行きたかったのは「平和記念資料館」。

イタリア人が日本で行ってみたい街に絡必ずあげられる街、広島。
やはり誰しもが、世界で唯一原爆が落とされた国日本の戦争の爪痕を見てみたい、、、と思うものなのでしょうか。
今回、日程を決めている中で、何故かC氏が、

「広島に行きたい」

と言い出し。
いつもは、あまりどこそこへ行きたい、という事もなく、私が行先を決めてしまうのですが、
そういえば、私も広島は行ったことがなく。
ということで、広島に来ることが決定したのですが、やはり平和記念資料館は行ってみないと。

ホテルで朝ごはんを食べて、早速散策へ!

あ、全くの余談ですが、、、。

朝食においてあったチチヤス ヨーグルト。
パッケージがレトロで超カワイイ、、、と思って手にしてみたら。

e0335287_01013304.jpg

なんと広島に本社があるのですね!
知らなかったー。
しかも広島レモンのヨーグルトも!

チチヤスって子供のころに良く食べていた気がするけれど、広島の会社だったとは知らなかったー。

さて、まずは平和記念資料館へ。

平和記念資料館ってもっとおどろおどろしいものなのかな、、、と思っていたら、
意外と説明が多いんですね。

e0335287_01162851.jpg

最後の展示室にあったのが、当時の遺留品。
放射能によってボロボロになった小学生の洋服や熔けたガラスの牛乳瓶。
焼け焦げた三輪車に子供が遊んでいたビー玉、、、。

e0335287_01183645.jpg
やっぱり心が締め付けられます。

原爆が落とされたのは日本だけで、第二次世界大戦は終了しましたが、
現在も世界のどこかで戦争が起こり、テロが起こり。
平成の30年間は戦争が起こらなかった日本ですが、次の時代はどうなるかわからない。
ヨーロッパに住んでいるとテロや戦争が他人事とは思えず、意外と身近なものに感じられます。

C氏も遺留品の数々をじーっと見て黙っていました。
戦争の凄惨さを感じていたんだと思います。

戦争って国民1人1人が起こすものでもなく、大きな力によって民衆が扇動されているんだと思うんです。
もしくは国家間で勝手に戦争になっていたり。
色々な考え方の人間が地球上に沢山生きている以上、なくなるものではないのかもしれません。
が、世界で1人でも戦争による犠牲者が少なくあることを心より祈るばかりです。

外にでれば平和記念公園。

e0335287_01305383.jpg

続いて原爆ドーム。

e0335287_01341456.jpg
いま、前を通っているのどかな遊覧船の風景が、なんだか余計悲しいような、、、。

公園内では祈りを捧げているグループがたくさんいました。
私も心の中で祈りを捧げ、しばらく川沿いに座って原爆ドームを眺めていました。

そしたら、、、お腹が空いてきた!(笑)

前の日、宮島で食べ逃したアナゴ、、、どうしても食べたい!!



色々調べたのですが、広島の街ではなかなか食べられない、、、と思っていたら、ホテルの近くの食堂で発見!


e0335287_01395507.jpg


やった!
しかも美味しい!

広島の食べ歩き楽しい♪

腹ごしらえをした後は、広島城へ。

向かっている最中にC氏に、

「ここで写真撮って~」

と言われて、いったいどこ?と思ったら。
階段の横っちょに水が流れていて、壁面も水でアート。
(写真で見るとただの壁に見えます・笑)
水や光のアートが好きなイタリア人。


e0335287_01452628.jpg

そして、お得意の雄三ポーズ(笑)

そしてお城に到着。


e0335287_01423599.jpg
というか、お城の周りのお堀に到着。

お城の正面は残念ながら一部修復中。

e0335287_01481682.jpg

お城の中は博物館みたいになっていたら入るの辞めよう、、、と。
多くのお城は前の姿を見る事ができず、完全に改装されて博物館っぽくなっています。
松本城のように昔の雰囲気が味わえるといいのですが、、、。

入り口から覗いてみると、ちょっと昔の造作が見えたので入場してみました。

e0335287_01512927.jpg

が、、、。
昔の造作が残っていたのはこの入り口のある階だけ(@_@)
やられたー!
上に登ると、鎧、刀、昔の地図の展示。

e0335287_01563114.jpg

天守閣からはまわりが一望できました。

e0335287_01540663.jpg

残念ながらの曇り空。

この日は友人が経営するPizzeriaに食事をしに行く約束をしていたので、とりあえず観光は終了。
イタリアでは観光の後、食事の前に一度みだしなみを整えてから出直します。
まぁ、日常の習慣は旅の途中も続くわけで、、、。
いつも夕方は一度ホテルに帰ってから出直します。
イタリアの夕食が始まるのは20:00以降なので、18:00頃までばっちり観光できるのですが、
日本の夕食は早め。
なので、私達も早めに退散して夜に備えるのでした。

夜の様子は次のエントリーにて、、、面白いことが起きた!(笑)


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2019-01-12 21:10 | 2018春 金沢・広島食い倒れ! | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」がシチリアの幸せな食卓と旅レポをお届けします。


by latavolasiciliana