クリスマスマーケットの旅2018はイタリア北西アオスタからスイスへ vol.9 ~ 最終回!再び峠を越えてイタリアへ、、、

ようやく最終回です!

スイスも2泊ながらに食とクリスマスマーケットを堪能♪
いざ、帰路につきます。

帰りはモントルーからミラノ・リナーテ空港へ一直線!
約320kmと長めですが、怖いのはロングドライブではなく雪、、、。
この日、天気予報は雪。
来るときは下の方は晴天だったものの、峠を越える頃にはやっぱり銀世界。


もしや帰りはすごい積雪なんじゃないのぉ~!?!?

とは言え、帰らなければならないのでおそるおそる出発。

そして案の定というか、なんというか、、、モントルーを出発して20分くらいでこんな景色に、、、。

e0335287_03254454.jpg

見るからに天気悪し(汗)

この先は備忘録&クリスマスマーケットのために峠越えをしようと思っている方の参考になれば。
というのも、アオスタ~レマン湖を結ぶサンベルナルド峠、どんな状況かな?とネットで色々調べましたが、
全くと言っていいほどなんにも出てきませんでした。
私達も北イタリアに住む友人や、C氏のネットワークを使って色々と調べましたが、
やっぱり情報少なし。
という事で、記録に残しておきます。

モントルーを出発したのは9:00頃。
さすが雪国だけあって、前日、結構な積雪があったと思われますが、除雪車が通っていて道に雪はなく、
結構登っていっても周りは雪景色ですが、道には雪はありませんでした。

e0335287_03310749.jpg


この日の気温は確かこの辺りでマイナス3度。

e0335287_03331410.jpg

道の横を見ると、積雪10cm、、、というところでしょうか。

トンネルが近くなってくると、今度は雪よりも霧。

遠くから見ていて、まさかあの雲の中には入らないよね~、、、と見上げていたところに突入(汗)

e0335287_03343094.jpg

とはいえ、目の前はまだ視界が開けていたのでよかった、、、。

そしてやっと屋根付きゾーンに到着!

e0335287_03361826.jpg

ここまでくれば、とりあえず道に雪はないので安心、、、と思っていたら、ここ、結構、霧は出るのね、、、(汗)

横は真っ白。

e0335287_03375643.jpg

でも、真冬はもっと積もるはず。

真っ白な世界を見ているうちにスイスとイタリアの国境へ到着。

e0335287_03393522.jpg

イタリアからスイスに到着した時には、ここで高速道路の年間チケットを買ったり、パスポートをチェックされたり、、、
なんだかバタバタでしたが、スイスからイタリアはパスポートもノーチェック。
車に乗ったまま、そのまま通過しちゃいました。

いいんかい、これで(苦笑)

ここからはしばしトンネルなので安心♪

e0335287_03423144.jpg

標高2469m、約6km弱のこのトンネル。
通行料がスイスの年間高速チケットの他、片道20ユーロちょっとがかかります。
年間高速チケットが40ユーロ、トンネル往復で40ユーロちょっと。
このトンネルを抜けるだけで80ユーロ払いました。

この峠、「サンベルナルド峠」、、、セントバーナードの生まれ故郷らしく。

サンベルナルド = セントバーナード、、、全くリンクしなかった、、、。


遭難者の救助に活躍したのが犬たちである。代々育成されてきた救助犬たちは、樽に詰めた食料や気付け薬を遭難者へ送り届けた。こうして少なくとも2,500人の遭難者が救助されたと伝えられている。なかでも歴史に残るのはバリーという名の救助犬である。19世紀はじめに、生涯で40人もの遭難者を救助したバリーは、死後に体躯がベルン自然史博物館に収められて保存している。救助犬として用いられたのは2世紀頃にローマ帝国の軍用犬としてアルプス地方に移入された大型犬であるが、後にこの種は峠での活躍にちなんで「セント・バーナード」(サン・ベルナールの英語読み)と命名された。 (wikiより)

なんと!

もともと2世紀ごろにローマ帝国の軍用犬、、、なんかすごい、2世紀!

イタリアって色々な事で驚かされる。

さて、イタリア側に到着!

e0335287_03503248.jpg

イタリア側もまずは屋根付きの道路に。
イタリアに入った瞬間、太陽が出ていて、、、さすが太陽の国イタリア!

と思ったもの束の間、、、。

e0335287_03523395.jpg


やっぱり天気悪かった(笑)
でもスイス側と比べると雪が少し少ないかな?

こんないかにも雪国、、、っぽい村を通過。

e0335287_03535475.jpg


やっと人の気配がしてきた、、、。

e0335287_03560566.jpg


まだまだ雪深いですが、なんとなく一安心。
事故っても人がいそう(笑)

e0335287_04003722.jpg
だいぶアオスタに近づいてきました。
この時、まだお昼前だったのですが、もう夕方くらいに暗い!

アオスタの街付近まで着いたら、雪景色ながらも道路はもう安心。
あとはミラノ目指して走ります!


結論からいうと、、、この時期でも旅行者の方はおススメしません。
私達は幸い大雪には合わなかったこと、そしてイタリアで運転し慣れていること、ということで大きな困難はありませんでしたが。
今年は寒波がやってきていなかった12月。
この時の雪が、例年並みなのか、それ以上なのか、それ以下なのかはわかりませんが、
晴れている、という保証もなく、大雪が降れば一晩でかなりの積雪量となるこの地域。 
ましてや、その日に日本に旅立たねばならない~、何て言ったら、飛行機を乗り逃がす可能性があり。

ということで、峠越えレポ&備忘録でした!

今回で楽しかったクリスマスマーケットの旅レポも終了。

この旅をしている間にも来年はどこへ行こうかな~、、、と考えていました(笑)
来年はやっぱりドイツ語圏へ!
ドイツ在住のイタリア人友人から聞いているドレスデン、、、本当に美しいマーケットらしく。
それとそこからプラガのセットかな?
来年は車は借りずに電車&バスにて(笑)

長い間、お付き合いありがとうございました☆彡

気が付いてみれば、まだ2018年5月の日本の旅、、、もレポ途中で(汗)
こちらも、再開したいと思いますのでよろしくお付き合いくださいませ~。



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2019-01-09 04:26 | 2018アオスタ~スイス クリスマスの旅 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」がシチリアの幸せな食卓と旅レポをお届けします。


by latavolasiciliana