海辺で必ず食べる料理 「Risotto allo scoglio(リゾット アッロ スコーリオ)」

e0335287_258640.jpg


「シチリア時間ブログ2」ではすっかりお馴染みのサン ビート ロ カーポ。何度となく、今までのブログでご紹介してきました。青い海、白い砂浜、、、絵に描いたような美しい海岸で、4月の今、既にイタリア北部から(イタリア語のアクセント的に)バカンスに来ているグループも多くいました。

さて、美しい海はさておいて。

こんな海を見ると必ず食べたくなるもの、それは、、、

「Risotto allo scoglio(リゾット アッロ スコーリオ)」

聞きなれない名前かもしれませんが、海の幸のリゾットです。

「海の幸=Marinara(マリナーラ)」

と書かれていることも多いですが、エビ、イカ、ムール貝など、甲殻類や貝類がたくさん入った海の幸は「allo scoglio(アッロ スコーリオ)」と書かれていることが多いです。

サンビートに来るとほとんど、、、と言っていいほど、海の幸たっぷ~りのリゾットと、キンキンに冷えた白ワイン!これが私達の定番なのです。

サンビートはかつて漁業で栄えた街(というか、村だったらしいですけどね)。ここでは、非常に新鮮な魚介類が毎日水揚げされます。なので、どこのお店に入っても、海の幸系は大体美味しく。

今年2回目の日本から戻ってきた私。翌日はすっごく天気も良く、久しぶりに青い海を見に行きたくなった、、、そして海の幸たっぷ~りのリゾットが食べたくなった!で、行ってきた!

e0335287_3113155.jpg


じゃ~~~ん!!!

こ、これ、、、、2人分(苦笑)←思わず本当に笑ってしまった、、、、。

取り皿、これ、小さな取り皿ではなく、普通のパスタ皿です。ここには既に軽く1人前くらいの量が乗っているんですけど、、、まだまだ残っているリゾットの量(汗)そして、米の量に負けないくらいの海の幸の量、、、、(汗)ははは~、笑うしかない!(笑)

キンキンに冷えた白ワインと4人分くらいはあろう海の幸のリゾット、、、、がんばって2人で完食。うぇっぷ。

幸せ~~~❤ 、、、、 という気分も通り過ぎ、苦しかったです(笑)

ちなみにサンビート。ここ数年で物価が急高騰。私がトラーパニに来た8年前は、リゾット2皿+ワイン1本で30ユーロちょっと(約3900円)でした。今日のお会計はリゾット2皿+ハーフワイン1本で42ユーロ(約5500円)。1ユーロ130円で計算すると高っ!ここのところ1ユーロ=100円だと思って計算していたので、こうして改めて計算してみるとやっぱり物価高し、サンビート。というか、8年前も決して安かったわけではないのですね~。

まぁ、物価高くてもこの美しい海とたらふく食べられるリゾット、、、決して損した気にはならないのが不思議なところ。

真夏になると人がワンサカ押し寄せるサンビート。今の季節が人も少なく海も美しく♪ 地元民ならではの特権を楽しむぞっ!
Commented by tomomato at 2013-04-24 09:42
これ、食べたいです。(チェックチェック) シチリア、 真夏は暑すぎるので、海水浴をしない母と行く場合、 やはり季節を少し外して行った方が良さそうですね。 もう今からわくわくしています。
Commented by latavolasiciliana at 2013-04-24 16:22
★tomomatoさん>5月のポンテ後が暑くもなく寒くもなく、、、もしくは10月もいい季節ですよ♪(やや天候が崩れる可能性もありますが)
by latavolasiciliana | 2013-04-23 20:19 | オソト ゴハン | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana