最近、ナデナデするとお腹を出してくる、マーレとティーモ。

e0335287_01163178.jpg


e0335287_01163672.jpg


e0335287_01164141.jpg


e0335287_01164755.jpg


今日も激カワイイ、ニャンズ達でした!(相変わらず超親バカ!)



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2019-10-10 01:40 | ニャンズ日記 | Comments(0)
e0335287_00443365.jpg


今日は農民市場Day。

秋の農民市場(秋、って感じもあまりしませんが、、、)は、早生ものの冬野菜と、終わりかけている夏野菜が混在していてとっても賑やか!
夏の間は、暑すぎて、水が足りなさ過ぎて育たない葉野菜もようやく豊富に並び始めました!



e0335287_00465771.jpg


シチリアの野菜は味も濃いけど、色も濃い。
見ているだけでも元気になるビタミンカラー。
目からも元気を吸収!



e0335287_00444179.jpg


まだまだ旬が続くピーマン
この形のピーマン、最近よく見かけるのですが、農家さん曰く、

「皮が薄くて、消化がいいのよ」

確かに皮が薄くて、煮込んでもはがれない便利もの。
いまの時期のピーマンは甘みが強くて美味?


e0335287_00470665.jpg
そしてザクロも今が旬!


e0335287_00471087.jpg

ナスもまだまだ旬が続きます。

両手いっぱいの野菜を購入。

さて、これで何を作ろうかな??


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2019-10-10 00:51 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)
e0335287_19240136.jpg


最近、自分の中での働き方改革として、家でPC仕事をする時には始業時間を決めています。
私の始業時間は9:00。
それまでは、朝ごはんを食べたり、ネットで次の旅行のチケットを調べたり、ニャンズと遊んだり(笑)
好きな事をする、それがお客様がいらっしゃらない時の朝の時間。

最近は、本当に世の中便利になったものでVPN経由でTverを使えば日本のテレビ番組も見れちゃうという。
イタリアに来た頃は、テレビ番組どころか、電話すら危うかった時代。
日本に電話するにはイタリアの公衆電話から国際電話用のテレカを買って、、、という、今の若者が聞いたら

「はぁ?」

って言われちゃいそうな昭和な感じが漂う15年前、、、でも、既に平成15年だったという(爆)

まぁ、そんなことはどーでもいいんですが、Tverではテレビ東京の経済番組を良くチェックします。
日経プラス10、ガイアの夜明け、カンブリア宮殿、そして経済番組ではないけど孤独のグルメ(笑)
今朝は、カンブリア宮殿を朝ごはんを食べながら見ていました。
登場していたのは麹町中学校を大改革したという校長先生。

「自律」

を学校の目標と掲げ、学校教育を大改革。
宿題も、学期末テストも廃止。
予定表を作って自主性に任せて自分のための時間を何に使うかを、自分で決める。
自分の頭で考える。

わ~、すごいな~、時代は変わったな~、、、。

私は小学校、中学校、高校と、信頼できる先生にはほとんど出会うことができませんでした。
まぁ、確かにじゃじゃ馬で、あーいえばこーいう面倒な子供だったことは確かですが。

今でも強烈に印象に残っているのは中学生の時の「茶色ローファー事件」(と勝手に名付けています)

中学の頃、校則では「黒の革靴」と決まっていました。
が、見つけてしまったリーガルの茶色のキルトタッセルが付いたローファー、、、カワイイ❤
まさに一目惚れ。
それを履いて学校に行ったら、皆、

「カワイイ~❤」

で、1か月後には茶色ローファー族がたくさんあらわれ、、、。

そこで、出てきたのが先生。

「なんでみんな茶色なんだ!!校則では黒と決まっているだろ!!」

と、茶色ローファー族が全員呼び出され。
呼び出された時に先生が言った一言。

「誰だ、最初に履いた奴は!!」

まぁ、そりゃ私ですけどね、、、。

「私ですけどー」

と、ちょっと不服そうな感じで言ったら、私だけその場に残され。
こっぴどく怒られた。
それ以来、何があっても私のせい。

私は兄が2人いてミミドシマで、あーいえばこーいうし(というか理不尽な規則ばかりでしたからね、学校は)、、、んでもって学校の成績も悪くない。
扱いにくい生徒であったことは確かですが、なんでもかんでも私のせいにするってのもねー。

そんなこんなで、中学校中盤からいつしか進学する上で必要な日数をきちんと数えながら、学校をサボる、、、という確信犯に育ちました(爆)

高校時代も似たり寄ったりで、高校3年生の時の担任の先生にもめっぽう嫌われていて、

「こんなに大学受験したって、きっとひとつも受からないわよ。内申書は無駄だから書きません。」

とまで言われ。
結局、親が先生に直談判に行き書いてもらいましたけどねー。

全くいい思い出がない学生時代。

その頃から思っていたのが、

「無駄な規則があり過ぎる!!」

どうして、服装も、勉強方法も、なにもかも、みんなと一緒じゃなきゃいけないの?
どうして、みんなと同じ考え方をしなければいけないの?

何もかも「みんなと同じ」でなければならない学校に本当に嫌気がさしていました。

さっきまで見ていた、麹町中学校の校長先生は、

「社会にでて通用する人間を育てることが目的だ。自分の頭で考えて、問題を解決していくプロセスを考える力を付けることこそが教育だ。」

というようなことを、おっしゃっていました。

確かに、その能力を付ければ、成績だった上がるはずですよね。
そしてそれは勉強だけではなく、仕事でも同じ事。

社会に出れば、みんなと一緒なんてありえない。
(一部の古い体質の会社では、まだまだそういう風潮もありそうですけどねー)
そこでどうやって生きていくか、自分の頭で考えて決断して行動していくか、それが重要、、、本当にその通りだと思うんです。

「先生」と名の付く人で、一人だけ尊敬できる先生がいました。
それは私のピアノの恩師。
暴れん坊だった私が大好きだったのはピアノ。
ピアノは大好きで1日中弾いていても飽きないくらいでしたが、指定された曲の練習は全くせず。
レッスン当日に楽譜を読み始めるという始末(ほんとクソガキ・苦笑)
でもね、、、それでもきちんとレッスンもしてくれ、レッスン後にはピアノ友達のHちゃんと家に残っていつまでもピアノを弾かせてくれ、、、。
おかげで私はピアノが大好きになり、今でも音楽は大好き♪
今はもうこの世にはいませんが、私の「ピアノが好き」という気持ちを大切にしてくれた恩師には心から感謝しています。

「この世はサバイバル」

なんて過激な言葉は、今の若者にはきっと響かないと思います。
でもサバイバル、、、というほど過激なものではなくても、自分が興味を持つことを見つけたり、自分の居場所を見つけたり、、、生きていく、意味ではやっぱりサバイバル。

日本の画一的な教育もやっと転換期にきたのでしょうね。
よかった、よかった。

私には子供がいませんが、海外に住んで今の日本の子供達に思う事がひとつだけあって。

「世界は色々であることを知っておくという事」

日本のスタンダードは世界のスタンダードではない。
日本にはいいところもたくさんあるけれど、他の国に見習うところもたくさんある。
日本は極東の小国だ(笑)

等々。
海外旅行をすることがいいとか、海外留学をすることがいいとかいう訳ではなく、

「日本だけが世界ではない」

という事を認識することが大切なんだと思うんです。

これから日本も、もっと「個性」を伸ばす事ができる社会になるといいなー、と願いつつ。

===

おっと!このエントリーを書いている間に始業時間が過ぎてしまいました~💦

仕事します!

ちなみに写真は本文とは何の関係もありません。我が家の悪ガキ、マーレです(笑)


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2019-10-08 19:25 | REIのシチリア日記 | Comments(0)
e0335287_20503258.jpg


毎年、春と秋の恒例、REIのシチリア料理教室@TOKIOの日程が決まりました。

========================
2019年12月7日(土)
昼の部 11:00~14:00
夜の部 17:00~20:00

2019年12月8日(日)
昼の部 11:00~14:00
※日曜日は昼の部のみとなります(多分・笑)
========================

今のところ、日程が決まったのみで、まだテーマは決まっていません。
海の幸か、山の幸か、、、大いに悩み中。
ご希望があればコメントを~。
(その通りになるかどうかは分かりませんが・笑)

お申し込みはまだ開始していません。
近日中にメルマガで最初の募集開始致します。
昼の部はメルマガでかなりの席数が埋まってしまいます。
希望されるかたは、メルマガに登録を↓↓↓



ではでは皆様、12月に日本で会いましょう!!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2019-10-07 20:53 | 日本での活動 | Comments(0)

日曜日の田舎パトロール

e0335287_20382082.jpg



日曜日の田舎パトロール。

地域の違うオリーブ農園を3つ、そしてブドウ農園を周った。




e0335287_20382938.jpg


ちょっと前まではブドウの収穫で盛り上がっていたシチリアも、今の旬の話題はオリーブ。 「今年はキミのオリーブはどうだい?」 という話があちらこちらで交わされている。


オリーブは1年間、放置しておいたオリーブを年に1回だけ摘めばいい、と言うわけではない。

土地を耕したり、剪定したり、、、1年中、やらばければならない仕事は山ほどある。



e0335287_20382430.jpg

ブドウも同じだ。

今日訪れたブドウ農家さんは、収穫後の土の手入れをしていた。 「明日は雨が降りそうだから、今日のうちに終わらせたいんだよね。」 朝5:00に家を出てから、お昼ゴハンも食べずにぶっ通しで働いていた15:00。




e0335287_20383262.jpg


我が家の60本のミニマムサイズのオリーブ農園もパトロールしてきたが、ここ数年、オットも私もなかなか農園に行く時間が取れず。

どうしてもできない時は農園の近所に住むおじさんに手入れを頼んでいた。

そのせいか、、、3年前までの全てを自分達で手入れしてきた時より、心なしか元気がない気がする。


来年は全部自分達でやろう。


心に決めた日曜日。



========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2019-10-07 20:45 | 田舎を散歩♪ | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」がシチリアの幸せな食卓と旅レポをお届けします。


by latavolasiciliana