タグ:旬の食材 ( 110 ) タグの人気記事

e0335287_01304799.jpg
相変わらず続く、我が家のトマト収穫、、、。

先日の畑日記に、大きなトマトが「尻腐れ病」になってしまったことを書きましたが。
水を与えるのを一切やめたら、尻腐れにならないトマトもできてきて。
原因はやっぱり水の与え過ぎだったようです。

そしてパキーノも5日くらい経つと、そこそこの量が収穫できて。
週に1~2回、2~3kgくらいのトマトでソース作りに励んでいます。
もう合計でどれだけトマト収穫したんだろうか、、、。
途中から瓶よりも簡単な冷凍方式に変えてるので、もう冷凍庫がパンパン(苦笑)
カポナータもかなりの量の瓶詰ができました。

今日もトマトソース作りに励みました。

e0335287_01415811.jpg
今日はソースではなく、パッサータ。
トマトに火を入れて、それをPassa Verdura(パッサ ヴェルドゥーラ)という漉し器で裏ごし、
種と皮の部分を覗いて出てきたトマトジュース。
これがパッサータ。
パッサータ=裏ごした、という意味。
私のレシピにはよくこの「パッサータ」が出てきますが、これのことです。

これをジップロックに入れて冷凍保存。
瓶にいれて煮沸消毒&脱気をしたものよりも賞味期限は短いですが、
お手軽なので忙しい時にはもっぱらこの方法。

そんな時のランチは決まってこれ。

e0335287_01465867.jpg
シンプルすぎるだろー!ってくらいシンプルなトマトソースのパスタ(笑)
でもね、自家製トマトの作りたてトマトソースですからね。
私にとっては贅沢です♪

ちなみにトマトソースもにんにく、塩、バジルだけのシンプルバージョン。
私はオリーブオイルをたっぷりとかけて頂きます。

はぁ、、、まじ美味しい❤




by latavolasiciliana | 2016-08-27 01:49 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(2)

マレッティモ島レポの途中ですが、、、。

3泊4日のプチバカンスを終えて戻ってきてみたら、一旦、ペースが遅くなったかな?と思っていた夏野菜たちが
グングン育っていて、、、大収穫!
ナスは7個も収穫できました♪

実は大収穫の後、、、うどんこ病にかかったズッキーニ。
あ~、これでもうおしまいだな~、、、と思っていたら、内側から出てきた新しい葉っぱ達、、、。
周りの葉を取らない限りどうせこれも伝染しちゃうだろうな、と思って放置しておいたのですが。
周りの葉は枯れてきて、真ん中だけ伝染せずに育ってるー。


で、また花が咲き、実が付き始めていました。

このままいけば、第2弾収穫祭りに。
先日、別件で来た園芸屋さんに聞いてみたところ、

「周りの葉、もはや枯れているから取らないほうがいいよ。強風が吹いたときに守ってくれるから。」

と。
そう、トラーパニは強風が吹き荒れる街。
今年は大した風が吹いていませんが、お盆を過ぎると台風のような強風が吹く事もあり。
そんな時は周りの葉があったほうが、新芽がやられずに助かるとのこと。

病気が伝染しちゃいそうな気もしたけれど、、、今のところ大丈夫(笑)

思いっきり季節外れに植えたZucchine Lunghe、長ズッキーニ。


もう暑くなってから植えたので、まーったく育たずに現状維持だったのですが、、、。
ようやく真ん中辺りからフサフサと繊毛に包まれた新芽が出てきた❤

そう、長ズッキーニを植えたのは、ズッキーニもですがこの新芽を食べたかったから♪
シチリアではテネルミと呼ばれるこの長ズッキーニの新芽、夏のスープとして食べるのです。
来週辺りにはちょっとだけでもテネルミが収穫できるかな~。
ウフフ、楽しみ❤

さらに季節外れと言えば、、、さてなんでしょこれ??


これ、

「どーしても自家製が食べたい!」

とC氏が執念で植えたもの、、、スイカ(笑)
気が付いたときには苗がもう売っていなくて(季節外れで)、それでもどうしても、、、!
食べたスイカの種から発芽させて苗を作って植えたのでした。

既に暑くなってからだったので、

「絶対育たないよ~」

と私は言っていたのですが、、、花が咲いた(笑)

スイカはあんなにデカいのに、スイカのお花はこんなにちっちゃくて可憐なんですね~❤

ま~、まだまだ先は長そうなスイカですが、このまま秋まで見守りたいと(笑)


ミニトマト―ズ達は相変わらず絶好調。
甘みの強いダッテリーノは続々と実が赤くなっていき、塩トマトのパキーノは第1ラウンドのトマトがまだまだ付きつつも、
新芽がニョキニョキ成長して第2ラウンド組の花が満開♪
庭を賑わせてくれています。

残念だったのは大きいトマト。


このトマト、尻腐れ病になってしまいました(涙)

この病気、トマトのお尻の部分が黒くなってしまうのです。
ネットで色々と調べてみたら、どうやら病気ではないので株全体がダメになってしまう事はないらしい。
土地の石灰不足、窒素過多、水の与え過ぎ又は乾燥しすぎ、、、このあたりが主な原因とのこと。
我が家で考えられるのは「水の与え過ぎ」。
もはや毎朝の日課となっている我が家の人間水巻器、、、絶対ヤツのせいだ!!

いくつか尻が黒くならずに赤くなったものがあったので収穫しましたが、
これが甘くてジューシーで美味しいこと!!
これでペーストトラパネーゼを作ったらどんなに美味しかったことだろう、、、(涙)

現在しばらく水やりは極力控え、様子を見ています。
まだまだ実は付いているので、今後、尻が腐ることなく育つことを期待!
頼むよ!!

そういえば、7月中旬に

「8月下旬にはもう収穫できるから」

と苗屋さんに勧められて買ってみたビエトラ。
8月下旬を待たずして、、、



こんなに成長!
でもって、もう何株か食べちゃいました(笑)

そろそろ秋にはどこに何を植えようかな~、、、と研究&妄想中の私。

去年までもドミンゴ家の畑にお邪魔して収穫したり、トマトソース作ったりしていましたが、
やはり自分で育てた野菜は想い入れが違う♪
そしてなにより買い物に行かないでもごはんが食べれるのが嬉しいのでありました❤




by latavolasiciliana | 2016-08-19 10:00 | 我が家の菜園 | Comments(4)

海で存分に遊んだ後のお楽しみは、、、夜ごはん!

イタリアのバカンスのピーク、8月15日を目前にこの時期のレストランは超満員×2回転!
友人が前日に予約の電話を入れてみたところ、

「一応満席なんだよね~。でも早めに来てくれたら席作れるかも。」

という、なんとも曖昧なお返事(笑)

そんなお返事を聞いて、私達が散歩している間にトラットリアに行って席をゲット!
ありがたい~♪

Torattoria Veliero(トラットリア ヴェリエロ)、私もお気に入りのトラットリアです。

メニューを見ていると、

「今朝、釣ってきたマグロがあるよ!」

そう、このレストラン家族は漁師さんでもあり。
毎朝、漁に出てレストラン用の魚を釣ってくるのです。

私は迷わずマグロに決定~♪

私はセコンドだけ、マグロ一本!だったのですが、皆さんはセコンドの前にプリモも注文。

C氏はあまりに空腹でメニュー決める前に一人ブッフェの前菜食べてたけどね(笑)


写真がブレているのはご愛敬で、、、(笑)

超新鮮なイワシで作ったイワシのパスタ(左)、これ、、、超美味しかった!
イワシが新鮮なので美味しいのは当たり前なのだけれど、
パスタと具材の絡み方、オリーブオイルの量、パン粉のカリカリ感、、、どれをとってもパーフェクト。
この大混雑の中のこのクオリティーはすごい!

そしてもう一皿、右のパスタ、、、なんとカジキとイチジクのパスタ!
イチジクをパスタに、、、想像もしてみたことなかったけど、、、。
クリーミーでちょっと甘みを感じて、、、
カジキの生臭さが際立つのでは?と思っていたのだけれど、逆にすごく合う。

意表を突かれた一皿でした。

さてさてお待ちかねのセコンド♪


わお~❤

ちなみにこれで1人前です。

焼き加減も真ん中がちょっと赤い感じでわたし好み、パーフェクト❤

レモンをたっぷ~~~り絞って、、、美味すぎる!


C氏はSarago(サラゴ)=クロダイ(チヌ)のシンプルなグリル、友人はお店の人おススメのマグロのサルシッチャを注文。
サラゴのグリルもシンプルでおいしそうだったな~♪

マレッティモ島の近くは暖流と寒流が混じっていて。
色々な種類の魚が釣れるんです。
そして海の流れが強いから、身が引き締まっていてこれまた美味しい。

極楽極楽。

昨日、「離島にプチバカンス」ってFBにアップしたら、

「”プチ”で離島に行けるなんて羨ましい!」

というコメントが入っていました。

確かに、、、私達的には「プチ」だったから近所の離島だったんですけどね(笑)

やっぱり辞められんシチリア暮らし♪





by latavolasiciliana | 2016-08-18 22:28 | 2016プチバカンス@マレッティモ島 | Comments(0)

比較的涼しく過ごしやすい今年のシチリアの夏。
それでも1日中、キッチンで試作やら、トマトソース作りやらをして、夕方になってみると、、、汗だく(汗)
今週は特に家での仕事が忙しくて疲労度もピークに達していた昨日の夕方。

トマトソース作りを終えて片づけの最中、あ、そうだ!

私はトマトソースを作る時はまず最初にトマトに軽く火を入れるのですが、その時に出てくるのがトマトから出てきた水分。
いつもは保存しておいて、出汁として料理に使うのですが、ダッテリーノで作った水分を飲んでみたら、
これがなんとすっごく甘い!!

グラスに氷を入れて冷やしてみたら、、、うまいっ!!

トマト自体が含んでいる塩分と甘さで、まさに天然にトマトジュース❤
庭を眺めながら一休み、、、一気に疲れが吹き飛びました。

パキーノから出た水分と比べてみると、パキーノはかなり塩分が強い。
それに対してダッテリーノは塩分よりも甘みが強い。

昨日は疲れ果てていて一気に飲み干してしまいましたが、ジンとか入れたら美味しそう、、、。

今年は20:00になると涼しい風が吹いてくるシチリアの夏。
毎日、お外で夜ごはんが気持ちいい♪



by latavolasiciliana | 2016-08-12 20:47 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)

5月下旬に植えたダッテリーノ、、、ついに収穫です!

ダッテリーノはナツメヤシの実(dattero➡ダッテロ)に形が似ている事からダッテリーノという名前が付きました。
形も似ているけれど、その糖度の高さと言ったら、、、本当に乾燥デーツに負けないくらいかも?
甘いトマトソースを作りたかったので、枝で完熟させました。

1つ食べてみると、、、甘~い❤

ダッテリーノは1.5kgの収穫、ピークは越えたもののまだまだ実が付いているパキーノも1kgほど収穫。
それぞれ別の鍋で煮て、それぞれのパッサータをつくります。


今まで2回は裏ごしたトマト(パッサータ)を更に調味をして煮て、
開けたらすぐに使えるトマトソースに仕上げてから瓶詰しました。
でも、ダッテリーノはどういう風にも使えるようにパッサータのままで瓶詰。


400mlの瓶が4つできました❤
ダッテリーノのパッサータは超真っ赤!!
写真では伝わりにくいのが残念、、、。

ドミンゴ家のトマトソース大作戦!と比べれば随分規模が小さなトマトソース大作戦。
でも自分で育てたトマトで作るソースたちに大感激な今年の夏。
最初のトマトソース大作戦から既にこれで3回目。
地道にため込んでいます(笑)

パキーノで作ったパッサータは第2回目のカポナータ作りに。

相変わらずナスは続々と実を付け、食べても食べても追いつかない(苦笑)
ピーマンは植物自体は枯れそうなのに、1週間に4~5個、、、地道に実を付け続けてくれています。

植物は待ってくれないので忙しい2016年の夏。
でもとっても贅沢な2016年の夏❤



by latavolasiciliana | 2016-08-12 20:03 | 我が家の菜園 | Comments(0)
e0335287_1592870.jpg


まだまだものすごい勢いでナス収穫中の我が家の家庭菜園。
先週から今週にかけて、1週間で約15個くらい収穫(汗)
4月に植えたパキーノトマトもまだまだ収穫できるので、
冬用の保存用カポナータを作りました。

「カポナータ」と言えば、伝統的には全ての材料を揚げて作るのですが、、、。
いつも気になるのがオイル漬けなどのオリーブオイルの劣化臭。
どんなに美味しいオリーブオイルを使っても、一度熱してしまったオリーブオイルは、
時が経つとやはり劣化する、、、。

私が作る保存用のカポナータはオリーブオイルで揚げずにオーブンで焼くタイプ。
オリーブオイルは使いません。
とあるシチリア人のシニョーラから教えていただいたのですが、これがとっても美味しい!
そしてオリーブオイルを使わないので劣化臭が気にならない♪
尚且つ作るのも楽チン!

e0335287_261488.jpg



トマトもたくさん収穫できたので、まずはトマトソース作りから始めました。
作り方はいたって簡単。
材料を一口大に切ったら、トマトソースをかけてあとはオーブンに入れるだけ。
時折かき混ぜながらクタクタになるまで火を通します。

ね、簡単でしょ?

カポナータが出来上がったら瓶に詰めて煮沸消毒。

なす、とまと、ピーマン、バジル、、、ほとんどの材料が家庭菜園で採れた野菜♪ 
記念すべき第1回目自家製野菜カポナータは日本の実家に送ろうと思っています❤

大量にできたカポナータ、余った分はランチで、、、まだまだ余っているので、
明日のお昼はカポナータパスタかな?

作ってみたい!という方。
私の著書「シチリアのおうちレシピ」の26ページに作り方が載っています。
是非お試しくださいね!

Amazonからも購入できます↓

イタリアで一番おいしい家庭料理 シチリアのおうちレシピ
by latavolasiciliana | 2016-08-06 02:10 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)
e0335287_4463984.jpg


今年は「自家製」ネタが多くてすみません(笑)

自家製、が嬉しいのと、一気にできる野菜を美味しく消費するために、
色々な野菜の食べ方を試しているので記録に残しておこうと。
そしてまた来年、たっくさんの夏野菜ができた時の参考にしようと(笑)

夏野菜の大好きな食べ方、それはグリル。
フライパンではなく、ギザギザ線の入ったグリルパンで焼き上げた夏野菜は、
これまた自家製のフレッシュなオリーブオイルとトラーパニの美味しい塩をかけると、、、
いくらでも食べられちゃう!

ナスはグリルにした後に、トマトを小さく切ってバジル、塩、コショウを合わせたものを乗せて食べるのも好き。

私達の夜ごはんはこれにパン、フルーツ。
それだけで十分。

シンプルだけど私にとってはご馳走❤
by latavolasiciliana | 2016-08-01 04:53 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(2)
e0335287_6102778.jpg



現在、我が家の家庭菜園からトマトとナスがたくさん採れます。

一昨日のナスの収穫、、、1日になんと7個!
それもシチリアのでっかいの、、、(汗)
一番大きいのは15センチありました。(汗)



e0335287_15134990.jpg


トマトは第1弾トマトソース作りをしましたが、ナスの保存食はあんまり好きではないので、
一気に食べてしまいたいところ。
2個は揚げて今年のマイブーム、パスタ アッラ ノルマに。

さて残すところ5個。

そうだ、久しぶりにナスのパルミジャーナを作ろう!
ナスのパルミジャーナ、、、シチリア人はシチリア料理だ、といい、
ナポリ人はナポリ料理だ、という(笑)
私的にもやっぱりシチリア料理かな?と思うのですが、ま~、それはさて置き。

揚げたナスとトマトソース、チーズ、バジルを重ねていくこの料理。
私はちょっと軽めに仕上げたかったので、揚げナスではなく焼きなす。
オーブンで焼きました。

しかし我が家のなす、ものすごいトロトロ感でビックリします。
使ったトマトソースはもちろん自家製。
バジルも庭から。
ちょっとだけ使っているオリーブオイルも自家製。
買ったのはチーズのみ。
ほんとうに贅沢。

ナスがたくさんあったので、久しぶりの33cmファミリーサイズで焼きました。

e0335287_158559.jpg


ナスのパルミジャーナは食べる数時間前に焼いてしっかりとなじませてから食べるのが美味。
なじませたおかげでキレイに型から抜く事もできました。

夏のシチリア、やっぱりさいこー!
by latavolasiciliana | 2016-07-29 15:14 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(2)
e0335287_2571811.jpg


トマトソースを作った日の定番料理はこれ。

Pasta alla Norma パスタ アッラ ノルマ。

揚げナスとトマトソースのパスタ。
本来ならRicotta salata(リコッタ サラ―タ)というリコッタに塩をまぶしながら水分を抜いたチーズを使うのですが、
私があまり好きではないため家には常備しておらず。
私はシンプルに何もかけずに、C氏はパルミジャーノをてんこ盛りで(笑)

さて、このシンプルな夏のパスタ、なぜゆえ「ノルマ風」??

ノルマ、それはカターニャ出身のヴィンチェンツォ・ベッリーニという作曲家が作った名作。
カターニャの人達はそれにちなんで、素晴らしいものに出会ったときに、

「お~、これぞノルマ!」

と言う習慣があったとか、なかったとか(笑)

なので、ノルマ風=とっても美味しい、という意味なんでしょうね、パスタの場合で言えば。

ノルマ風、ナスを輪切りにして上に乗っている事が多いですが、
私は小さ目に切って半分はパスタをトマトソースに和えるときに一緒にいれ、
残りの半分は上に乗せるのが好き♪

ナスは美味しいオリーブオイルで香ばしくしっかりと揚げるのが美味しく作るコツ。
オリーブオイルをたっぷりと吸ったナスが、トマトソースにコクを与えてくれ、これが本当に美味!

今日使ったナスも我が家の家庭菜園から収穫したもの。
トマト、ナス、ズッキーニ、、、現在、大量に収穫できて、食べきれません(笑)

もともと素材の味をしっかりと味わう料理が好きな私ですが、
家庭菜園で野菜を収穫し、更にシンプル度が増した今年の夏。
畑の恵みをたっぷりと味わいたいと思います❤
by latavolasiciliana | 2016-07-22 11:54 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)
e0335287_2534710.jpg



今日は自家製トマトソース作り✨✨✨

今までドミンゴ家で大々的に行われていたトマトソース大作戦。
今年は我が家で大量に収穫されたトマトを使って、うちでも大作戦にしてみました。
(規模は小さいけどね〜)

e0335287_2535394.jpg



昨日大量に収穫した庭のトマト。
新鮮なうちにソースに♩
マンマはトマトを裏ごしてジュースにあいた「パッサータ」を作って保存しますが、私が作るのは更に煮込んで調理した「ソース」。
フタを開けて茹でたパスタと混ぜれば極上トマトソースのパスタのできあがり❤️

冬のトマト旬でない時期でも、太陽をタップリ浴びた夏の味を楽しむことができます。

e0335287_254435.jpg



出来上がったのは500mlの瓶が6個と1Lの瓶が1個。瓶が手元にこれしかなかったので、同じくらいの量をジップロックで冷凍保存。冷凍保存も2ヶ月くらいなら大丈夫。

庭で野菜が収穫できるってずーっと夢だったけれど、、、
思った通り、いや思った以上の満足感!
さて今年はあと何回仕込めるかにゃ??


by latavolasiciliana | 2016-07-22 01:26 | 我が家の菜園 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana