タグ:旅~日本 ( 9 ) タグの人気記事

日本でたべたもの色々。

e0335287_00342523.jpg

日本に行くとやっぱり食べたいのは和食&中華。
今回は短い滞在であまり時間もなく。
更に日本に到着して数日は「お腹の時差ボケ」のせいか食欲もなく。
滞在も終盤戦になってようやく食欲が湧いてきました。

ということで、写真だけアップします。

あ〜、次の日本ではインドカレーが食べたい!

e0335287_00344098.jpg

e0335287_00350160.jpg

e0335287_00351356.jpg

e0335287_00451341.jpg

e0335287_00461111.jpg

e0335287_00465839.jpg

by latavolasiciliana | 2017-09-24 00:33 | 日本滞在日記 | Comments(0)
e0335287_09393501.jpg


Aeroporto Haneda @ Tokyo
日本到着!

e0335287_09420249.jpg


友人にメッセージで勧められ食してみる。

#aeroporto #airport #tokyo #edo #japan #hanedaairport #羽田空港国際線ターミナル #江戸 #日本滞在2017 #江戸小路

#dolcegiapponese #greentea #teverde #houjicha #softcream #shitatama #anmitsu #itoen #maccha #抹茶ソフト #ほうじ茶ソフト #白玉あんみつ#伊藤園 #greentea #teverde #houjicha #softcream #shitatama #anmitsu #itoen #maccha #抹茶ソフト #ほうじ茶ソフト #白玉あんみつ#伊藤園

by latavolasiciliana | 2017-02-01 09:37 | REIのシチリアプチ便り | Comments(2)

沖縄へ母娘旅行 

e0335287_225911.jpg


4月の日本滞在、母と一緒に沖縄旅行へ行ってきました。

考えてみれば去年の春はC氏と行った沖縄。
2年連続の春の沖縄は、初日ちょっと雨が降ったものの、全体的にはお天気にも恵まれ、
楽しい母娘旅行となりました。

まずは那覇をウロウロ。
私たちのお目当ての一つ、それは「やちむん」。
沖縄の焼き物です。
去年は読谷の「やちむんの里」に行ったのですが、今年はレンタカー予定なし。
那覇の牧志公設市場の奥にある「壺屋やちむん通り」でお買い物♪

e0335287_22153618.jpg


かわいい❤
シチリアのマヨルカ焼きも大好きですが、やちむんもとっても素敵♪
唐草模様やお花がモチーフなのはマヨルカ焼きとも共通しています。
今回、それぞれの模様に意味があることも知りました。
唐草模様は四方八方に伸びていくことから延命、長寿孫繁栄を意味し、
菊紋は太陽の恵みを象徴する花で、病気を治し、寿命を延ばすと考えられた文様だそうです。

壺屋やちむん通りの入り口には博物館もあります。
陶器好き必見!

e0335287_22223043.jpg


日本の博物館ってすごいな~。。。と思うのが、ひとつひとつに説明がついている!
日本にお住いのみなさんにとっては普通のことかもしれませんが、
シチリア(というかイタリア?)の博物館にはほとんど説明がついていません。
イタリア全土ではオーディオガイドが付いているところも増えてきましたが、
シチリアはまだまだ。
その辺でおしゃべりしている学芸員の人を捕まえて説明を聞くしか方法がありません(苦笑)

やちむん博物館も説明がしっかりと書かれていて、とても勉強になりました。

本当は陶器ショッピングに1日費やしてもいいくらいだったのですが。。。
時間も限られているので、牧志公設市場を散策に。

e0335287_2232422.jpg


相変わらずシュールなこの市場、、、楽しい♪
カラフルな魚たち、、、1階で魚を買って、2階の食堂で調理してもらって食べることができるのですが、
残念ながら今回もチャンスなし。
また次回にっ!

そして市場場外。

e0335287_22372886.jpg


ここも大好きな通り!
やるきのなさそ~なおばちゃんオンパレード(笑)

「声かけないでよ~」

というオーラを醸し出しまくり。
トロピカルフルーツに怪しい沖縄のお菓子。
左下のお菓子、、、どこかで見たことがある!と思ったら、、、
シチリアのカッサータシチリアーナ、、、。
なんか共通点を感じます。
実際、暑い国、島国、本島とは違う歴史を辿ってきた、、、などなど、
歴史的地理的背景も似ている沖縄とシチリア。
どことなく共通点があちらことらに見受けられます。

那覇に2泊して街をたっぷりと楽しんだ後は、読谷近くのリゾートへ移動。

e0335287_22424822.jpg


あ~、シチリアに戻ってきた、、、的な気分になる私。
やっぱり青い空、青い海はいいのぉ~♪

お部屋は180℃に美しい海が広がり。

e0335287_22495749.jpg


ホテルでノンビリ過ごした1日でした。

いつもは甘いものしか食べない朝ごはんですが、沖縄式の薬膳定食があったの頼んでみました。

e0335287_22463637.jpg


日本の朝ごはんってすごい。
けど、朝から苦しい(笑)

3泊4日の沖縄旅行。
年に数回しか会えない母との時間は私にとっては貴重な時間でもあり。
離れているが故に、余計に感謝の気持ちがわいてくるのかもしれません。

とっても楽しかった沖縄の旅。
また来年、春に日本に行くことがあれば行きたいな。
by latavolasiciliana | 2015-05-23 22:55 | 日本滞在日記 | Comments(0)
e0335287_223822100.jpg


今回のオキナワ、私の目的は読谷(ヨミタン)にある「やちむんの里」を訪れることでした。

沖縄の伝統的な焼き物(やちむん)の工房が集まるやちむんの里。興味を持ったきっかけは、去年に友人から結婚祝いにいただいたお皿。それがなんとも私好みで♪ その工房があつまるやちむんの里が私たちが泊まっていたホテルから意外と近いことが分かり、、、ならば是非行きたい!と。

「やちむん」とはオキナワの言葉で「焼き物」のこと。絵付けや削りの入れ方の技法はもちろん、土の質や釉薬の種類、その年の天気や湿度、さらには火の種がマツかスギかによっても、すべてが変わってくる、、、というやちむんは、同じような絵付けのお皿でも1枚1枚、表情が違うらしく。独自の技法にとても興味をそそられたのでした。

e0335287_2240623.jpg


やちむんの里は、広い敷地に点々と作家さんの工房があります。そして、敷地内にあるいくつかの販売所で色々な作家さんの作品がまとめて販売されています。

e0335287_2242366.jpg


工房は外から覗くのは自由。ですが、作家さんは実際に作品作りにまじめに取り組んでいるため、中に入り込んでお邪魔するようなことをしてはいけません。

e0335287_22445383.jpg


外には製作途中の作品たちが乾かされています。

e0335287_22471464.jpg


のんび~りした雰囲気はシチリアと同じく。静かなので鳥のさえずる声も聞こえます。

e0335287_2249136.jpg


こちらが登り窯。中には階段に沿って何個もの窯が段々になっているらしく。お皿は重ねて焼くのでお皿の真ん中に丸い輪ができます。(上のお皿の底面の跡が残るんです)

e0335287_22593816.jpg


日常使いのために生まれたというやむちんは、ぽってりした質感がとっても温かみがあり、素朴な絵付けが美しく。

e0335287_2312018.jpg


e0335287_233141.jpg


お値段もお手頃なものからあります。

e0335287_2342338.jpg


私がお祝いにいただいたのは下の写真の一番右のお皿。

e0335287_2365932.jpg


お祝いは何がいい?と聞かれたので、せっかくなので実用的なものを、、、と思って、

「カレー皿がいい」

と注文した私。(カレーを食べるわけではないけれど・笑)そしてやってきたのがこのカワイイ模様のぽってり陶器、、、❤私の好み、直球ど真ん中!でした。せっかくなので同じデザインの小皿を数枚買い。シチリアまで連れて帰ってきました♪

e0335287_23122176.jpg


こんな風景もシチリアを連想させ、、、やっぱり南ってどこもノンビリ。

さて、これにてオキナワ編は終了!この後は、ババババーとダイジェストに入ります!
by latavolasiciliana | 2014-06-16 23:12 | 2014年春 めんそ~れニッポン! | Comments(0)
オキナワの食べ物、、、と言ってまず思い浮かぶもの、、、それはゴーヤチャンプルー。(私にとってはね) 東京でも食べられないわけではありませんが、やっぱりオキナワに来たからには食べておきたい、そしてイタリア人的苦いものの反応を見たかった(笑) なので、イタリアから日本に到着してその日にオキナワまで移動、、、40時間ほど寝てなかったC氏を連れて、いざオキナワンを食べに!

e0335287_204155.jpg


いや~、、、地味(笑) しかし美味しかった。苦い食べ物って苦手かな~、、、と思っていたのですが、このシンプルな味がどうやら気に入ったらしく。オキナワの旅で一番気に入った食べ物だったそうです。へ~、意外。

もう一品、気に入ったもの。

e0335287_2074836.jpg


ソーキソバ。
やはりパスタのお国の人、、、麺ものは好きなんですね。そういえば、ソバも好きだし。

e0335287_2094388.jpg


海ぶどうも気に入っていました。食感が楽しいらしい(笑)

やっぱり南の男、、、食はどうやら南繋がりで気に入ったそうです。

そして私が気になったもの、、、それはオキナワのお菓子達。

e0335287_2013269.jpg


店先に並ぶお菓子はちょっとシチリアを連想させるような色nお菓子達。

e0335287_201627.jpg


e0335287_20171659.jpg


この松風というおせんべいみたいなお菓子。これはオキナワのお祝いの伝統菓子らしく。

「結納や長寿のお祝いに使われるのよ。」

とお店の人が説明してくれました。ゴマがついたほんのり甘い香ばしいお菓子なのですが、ゴマってところもちょっとシチリアを連想させ。

e0335287_202178.jpg


このポーポーというお菓子、食べ損ねた!中には何にも入っていない黒砂糖味のクレープみたいなお菓子らしいのですが。

そしてこれ!

e0335287_20245915.jpg


闘鶏餃と書いて「たうちいちゃう」と読むこのお菓子。なんでも鶏のとさかをイメージしたとかしないとか。ラードを使ったパイ生地にゴマ餡を包んで揚げ、赤と緑で鶏の色彩を表現したそうです。

シチリアのお菓子もラードを使った揚げ菓子が多く、これまた南繋がりなんだな~、と。「暑い」という気候条件から育つ食物や飼育される動物も寒い地方とは当然違ってきて、そこに根付く食文化は遠く離れていてもどことなく同じ匂いを感じさせるのだな~。

余談ですがこの闘鶏餃。先日日本に行ったときに新宿伊勢丹で販売されていてびっくり!東京ってすごいですね~。(すっかり田舎モンです、私)

オキナワのお菓子に私の興味心はちょっとくすぐられ。やっぱり私はお菓子好きなんだわ(笑)
by latavolasiciliana | 2014-06-16 20:34 | 2014年春 めんそ~れニッポン! | Comments(0)
すっかり時が経ってしまい、、、あぁ、なんだか遠い昔のことのようですが、まだ記憶が断片的ではあるものの、残っているうちに更新続けます!

さて、沖縄2日目。市場を楽しんだ後は、きれいな海で海水浴~♪をめざし、北上します!車をのんびり走らせること約1時間、、、到着した海は、、、

e0335287_0131098.jpg


きれいでした♪

時はまだ4月。シチリアも結構暖かいものの、海水浴はまだ誰もしていない季節。オキナワの方が夏の到来は早いのです。尚且つ、この時は偶然にも気温が急上昇、、、なんと30度超え!ということで、早速海水浴。(私はビーチで見守っていました・笑)水温もさほど低くはなかったそうです。

e0335287_0171622.jpg


この小さな入り江は、私達が夏に良く行く小さな岩場の海にそっくりで、、、。私も沖縄好きかも(笑)

e0335287_0214714.jpg


青いパラソルが白い砂と青い空に映えます。

今回オキナワで選らんだホテルは万座毛にあるANAインターコンチネンタル。今までの傾向を見ると、やっぱり外資系ホテルがお気に入りの外国人C氏。今回、日本で車を運転するのが初めてな人がドライバーなため那覇からもあまり遠すぎないホテル、ということで選んだのがここ。日航アリビラとも迷ったのですが、インターコンチ、すごく気に入っていたC氏。なぜなら、、、

e0335287_0251185.jpg


こんな館内に心トキメイたようで(笑)

外観も巨大客船のようですが、館内も客船のような感じで。なによりも、外からも見えるカプセルのような形のエレベーターに目は釘付け(爆)私の目にはフツーに思えるものでも、外国人にとっては珍しいものがたくさんあり。

室内も写真では伝わらないかも知れませんが比較的広くて、明るくて。

e0335287_0342117.jpg


お風呂スペースもたっぷりで快適でした。体積の大きい外国人にとっては、広々としたスペースも重要な要素ですからね~。

お風呂、、、と言えば、ここ、大浴場があって。C氏初めての公共お風呂デビューしましたっ!しかも一人で、、、(笑)一応のルールは先に説明しましたが、後は、周りを見ながら適当に入って来い!と送り出した私。ちょっと心配ではあったものの、大人だし大丈夫よね、、、と私はのんびりとお湯に浸かり♪ 出てみると予想通りC氏は先に上がってました。感想は?と聞くと、

「一人じゃつまんない、、、」

だって(笑)

イタリアは温泉と言っても水着を着てみんなで入るからおしゃべりもできるわけだけれど、一人で、裸で、お年寄りに囲まれて(爆)、、、、たいそうつまらなかったらしく(笑)ま、私は久しぶりのお風呂で大満足だったからいっか。

e0335287_0423888.jpg


ホテルの中のチャペル。散歩していたら花嫁さん登場。

e0335287_0441025.jpg


、、、と思ったら、あっちからもこっちからも花嫁さん登場、、、(汗)さすが日本。同じ時間帯に時間差攻撃で結婚式を挙げるのですね~、すごすぎ!

e0335287_0475589.jpg


こんな海を見ていると、いったい自分がどこにいるんだか分からなくなる、、、日本か?シチリアか?いやはや、オキナワの海もきれいでした!

まだまだオキナワ編が続きます。
by latavolasiciliana | 2014-06-13 00:57 | 2014年春 めんそ~れニッポン! | Comments(0)
今回の日本滞在、ひっさしぶりにアリタリア航空以外で飛びました。

ここ数年(おそらく4年以上)、毎年2~3回の日本行きはいつもアリタリア航空を使っていました。理由は、、、

直行便、かつ、一番安いから。

現在、日本からイタリアに直接入っているのはアリタリア航空のみ。パレルモ空港に到着するには、いずれにせよローマかミラノで乗り換えなければならないので、イタリアに直接入ってもただでさえ2便は確実に飛ばなければならない私。となると、ヨーロッパのどこか(パリとかフランクフルトとか)を経由してくるより、体力的にもずいぶん楽なアリタリア航空。その上、ヨーロッパ経由便より安い、、、と来たんじゃ、アリタリア航空以外を選ぶ理由もどこにも見つからず。

しかし、、、ご存知の通り、サービスがとっても悪いアリタリア(@_@) 数年前にエールフランスとKLMが経営に参画した際から、随分よくはなったものの、それでもね、、、。そして、ここのところ本当に美味しくないアリタリアの機内食。もともと全く期待しているわけではありませんが、それでもちょっとひどい、、、食の国なのにね。

でも、ローマから日本へ直行+安い、となったらそれでも利用しちゃうよね、、、。

5月の日本行きもアリタリアで、、、と思っていたのですが、なんとアリタリアの便が高い!エールフランスやKLMのほうが数百ユーロ安い、、、じゃー、久しぶりに他の航空会社も試してみるか!という事で、今回選んだのがエールフランス。価格的にはKLMも変わらなかったのですが、羽田を22時頃に出る夜便を試してみたかった、、、というのが選んだ理由。

日本の友人達には

「アリタリアもエールフランスも大して変わらないよー、サービスも機内食も。」

と言われていたので、ふ~んそうかしらね~、、、と何の期待もしていませんでした。日本に仕事で頻繁に行くようになるまでは、エアフラやルフトハンザなど、そのときに安いチケットを適当に買って行っていましたが(かつてはヨーロッパのどこかでの乗り継ぎ便がアリタリアより断然安かったのです)、確かに特別サービスが良かった記憶も、特別機内食が美味しかった記憶もなく。ただ、シャルルドゴール空港は乗り換えが面倒臭い(遠い)、という記憶だけがあり(笑)

今回も何の期待もなく、乗ってみたエールフランス、、、だったのですが。

まずはお飲み物のサービスの時。キャビンアテンダントが皆、乗客一人一人にニッコリと微笑みながら丁寧に対応しているのに驚き。(ちなみにアリタリアはぶっきらぼう、かつ、コップに飲み物を注いでいる間、キャビンアテンダント同士でペチャクチャおしゃべり、、、汗)続いて機内食の提供もとっても丁寧で好印象。そして機内食もアリタリアに比べて量も質も、ちゃんとしていました。ワインもミニボトルで提供。食後は「食後酒にコニャックはいかがですか?」とミニボトル。ちなみにアリタリアは食後酒がないのは当然ですが、ワインもボトルではなくグラスサービスになっちゃいました。

その後、長旅の間、アリタリアはほとんど見回りもやってこないのに対し、エアフラはちょこちょこと周ってきたキャビンアテンダント。帰りの便では、最後の機内食時にコーヒーや紅茶などの温かい飲み物が提供できなかった、、、というおそそがあったものの、その後全員に配られた紙にメールアドレスを記載しておいたら、今日、謝罪のメールが届いていました。ちなみにエアーフランスでマイルを貯めている人は4000マイルのプレゼントだそうで。アリタリアでおそそはしょっちゅうだけど、そんなメールは届いた試しがない、、、。

とにかく。日本系の航空会社に通常乗っている人はアリタリアもエアフラもそりゃ変わらないかも。だって、日本のサービスは素晴らしいですから。しかし、、、劣悪なサービスにすっかり慣れている私、、、ニッコリ微笑んでサービスされちゃっただけで思わずすごいっ!と思ってしまいました、、、(爆)時には航空会社を変えてみるのも面白いもんだな、と思った今回でした。

ちなみに羽田発夜便は、、、22:15発とあって、尚且つラッキーなことにお隣さんが誰もいなくて3席使えたので、さすがに飛行機の中ではいつもより寝れました。

が。

パリ・シャルルドゴール空港着は朝4時の予定だったのに、3時過ぎには着いてしまい、、、7時発のローマ行き出発まで4時間待ち(@_@) ラウンジはなんと5:30から、、、、(涙) 夜中の寒い空港で何時間も待つことに。それ以外は順調で、予定通り11:00にパレルモ空港に到着。C氏が迎えに来てくれて12:00には家に着きました。約26時間の旅。好みにもよると思うのですが、朝到着してからまたもう1日が始まるよりも、夜到着便で飛行機の中は寝ずにがんばって時間を潰しとりあえず到着してから寝る、、、というほうが、体が楽な感じがしました。朝到着便だとその日1日、得した感じであるとは思うのですが。結局飛行機の中ってぐっすり寝ているようでもベッドで寝ているのとはやっぱり違うから、疲れが結構溜まっちゃう感じがしました。そして寒い空港での待ち時間は辛かった、、、。

でも、夜発は最終日に最後の買い物や用足しもできるし、羽田までは余裕をもっていけるし、羽田の国際線のターミナルはガラガラだったし(怖いくらい空いていた、、、)、、、、悪いことばかりでもなく。そして羽田発エールフランス便はスカイチームの上級カードを持っていればJALのさくらラウンジ使えるし(JALのラウンジはうわさ通り食事が充実していた・笑)

とにかく、久しぶりに航空会社を変え、初めての羽田夜発ヨーロッパ便に乗ってみて(考えてみれば夜のみならず羽田からヨーロッパに飛ぶのも初めて)、ちょっと久しぶりにワクワク体験でした。

いずれにせよ、シチリアに来るにはアリタリアが安かったらやっぱりアリタリアが一番便利でしょうね。ヨーロッパ経由便、時間の差は3~4時間なのですが、その数時間が意外と堪えます、体力的に。旅行時間は短いに越したことはありませんから。

イタリアに来る際の航空会社選びのご参考に、、、あくまでも個人的意見ですので責任は持ち兼ねますが(笑)

次に日本に行くのはおそらく冬。そのときはどこの航空会社で行こうかな?皆さんの体験談もお聞かせくださいませ♪
by latavolasiciliana | 2014-06-05 23:37 | シチリア旅の便利帳 | Comments(8)
2011年の春に日本に行って以来、なかなか日本行きのチャンスがなかったC氏。イタリア人の中にはすっごく日本が大好きで、だからお嫁さんも日本人がいい~❤なんて人も多いですが、C氏はまったくそんな感じではなく。でもね~、、、このままで行ったらおそらく私が日本人であることをヤツは忘れちゃいそうで(というか、既に忘れられているかも~・笑)結婚の報告も兼ねて、日本を旅するか、、、ということで計画が始まった今回の日本の旅。

「日本のどこに行きたい?」

という私の質問に迷わず返ってきた返事。

「オキナワ」

えええええええ!ここシチリアからオキナワですか~、、、、^_^; まぁ、確かにシチリアとオキナワの共通点と言えば「海がキレイで大自然に囲まれていること」くらいで、文化はまったく違うわけですが、、、なんかシチリアと同じような条件の土地を選ばなくても、、、、と思ったものの、私も暖かい海でちょっとゆっくりしたかったのでまずはオキナワへっ!

e0335287_22504710.jpg


じゃーん、オキナワ(笑)

成田に到着したC氏はそのまま成田で待つこと5時間、、、その日のうちに那覇まで到着。しかも空港でレンタカーをしていきなり運転!

・右側走行 → 左側走行
・左座席 → 右座席
・マニュアル車 → オートマ車

日本とはすべてが逆のイタリア、、、大丈夫かい!?(車の運転は本人のたっての希望です。) 私もすっかりマニュアルに慣れてしまったから忘れてたのですが、オートマ車って左足を使わないんですよね。C氏も最初、左足をスカスカ動かしてて笑えました(笑)ナビをつけてもらいましたが、私もすでにすっかりイタリアの運転に慣れてしまい、、、、車線に一瞬戸惑ってしまいました。が、ここはオキナワ!みんなゆっくり走ってるし、あまり混雑もないし、、、1泊目の那覇のホテルまで無事到着!ホッ。。。。軽く夕食を食べに行って、この日はC氏ノックダウン。そりゃそうだ。もう40時間近く旅行してたし、、、。

翌朝は那覇観光。国際通りで早くもイタリアへのお土産を買い始め。ウロウロしている途中に見つけたこんなお店。フルーツ好きのC氏にはたまりません。

e0335287_232685.jpg


さっそくパイナップルを購入。すごく甘くて美味しかったらしい。

おやつも買って。

e0335287_2323191.jpg


更にウロウロしてたら市場にやってきた。

e0335287_22583213.jpg


入り口近くでなにやら怪しい人たちが撮影中、、、、イタリア人から見たら不思議な光景でしょうね~(笑)

こういうおばあちゃん、、、たまらなくカワイイな~♪

e0335287_23253455.jpg


e0335287_2372869.jpg


市場の中に入ると、、、なにやら怪しいものがたくさん(笑)豚に、魚に、島ラッキョウ、そして海草色々、、、あ、塩も。オキナワ食材がずらりと並びますが、雰囲気はなんだかユルユル~。やっぱり南の島に共通するこのユルイ感じがたまりまへんな。

魚は深海魚みたいなカラフルな魚が色々並んでいます。イセエビもたくさんいて、ここで買って2回の食堂で調理してくれるシステムもあるらしい。

e0335287_23133931.jpg


市場のおっちゃんと、なにやら謎の言語で会話、、、やっぱり南の男同士、通じるのか!?

e0335287_23152555.jpg


市場の2階。日曜日だったせいもあってか、11:30なのにすごい人!朝ごはんをたくさん食べてしまったことを後悔した私、、、。あ~、、、ここで新鮮な魚を調理してもらってお昼ごはんにしたかった!

特別見ることもない国際通りはお土産を買って、市場を見て退散。首里城も見たかったけれど、お土産ショッピングで意外と時間を使ってしまったため、次回ね!ってことにして、海に向かいます。

続く!
by latavolasiciliana | 2014-04-23 19:41 | 2014年春 めんそ~れニッポン! | Comments(2)
e0335287_16375763.jpg


皆さん、ご無沙汰しています。3週間の日本滞在を終えて、シチリアに戻ってきました♪

今回はREIの料理教室@JAPANと「シチリアの伝統菓子とマンマの手作り菓子」の出版記念イベントを終えて、母と京都旅行、その後C氏が日本にやってきてフラフラと日本を旅行していました。合計3週間と数年ぶりに長い日本滞在となり。

久しぶりの家に戻ってきたら、C氏が出発前に掃除しておいてくれたからピカピカで(笑)私が出発した3週間前にはまだ咲いていなかったお花も開花。春の3週間は季節が変わりますね。

母との京都旅行ではもう終わってしまったかな~、、、と思っていた桜もまだまだ満開な地域がたくさん!これでもか~!というほど咲く桜と、そよ風で散っていく花吹雪の中のお散歩を堪能してきました。ポカポカ陽気で人生の中で最高のお花見に♪ その後は、沖縄、熊本、福岡、そして東京とC氏と旅行しました。旅の途中では期せずして至るところで旧友と再会することもできたし、東京ではシチリアに来てくださったお客様を中心にC氏とのウェディングパーティーも開催できたし。充実の日本滞在でした。

今回はパソコンを持っていかずにiPhoneとiPadだけ.... だったので、ブログのアップはなかなかできませんでした。(パソコンからの更新に慣れてるもので、やっぱりiPadからの更新はなんとなく....)というよりも、忙しくて更新するヒマもなかった(笑)

今回の滞在、想い出がたくさんあるので色褪せないうちにアップしたいな、、、と思うものの、週末からはお客様がいらっしゃり、その前にやること盛りだくさん!ということで、ゆっくりのアップになると思いますが、どうぞ気長にお付き合いくださいね♪

上の写真はトラーパニの美しい海、、、といいたいところですが、沖縄の万座ビーチ。日本に行ってまできれいな海を求める、、、ってやっぱり海好きな私達なのでした(笑)
by latavolasiciliana | 2014-04-22 16:36 | REIのシチリア日記 | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana