タグ:旅のプチガイド ( 163 ) タグの人気記事

e0335287_21570870.jpg

今まで私のブログをずっとご覧くださっている方はもう何度も読んだかもしれませんが、、、。


イタリアのカレンダーにはその日の守護聖人の名前が書かれています。
そして街には守護聖人がいて、カレンダーに街の聖人が書かれている日は祝日となります。
トラーパニの守護聖人は聖アルベルトで8月7日が祝日。
街にはイルミネーションが灯り、夜になると聖アルベルトの像が街を練り歩きます。


e0335287_21585397.jpg


夕方、トラーパニで一番重要な教会、カテドラーレに行ってみると、聖アルベルトが行進に出る準備をしていました。


そして夜20:00過ぎ、もう一度街に行ってみると、教会の鐘が鳴り響き、、、聖アルベルトが教会を出発した合図です。
この鐘の音を聞くと、トラーパニ市民は聖アルベルトの像を追いかけに!
私達はちょっとだけ追いかけていきましたが、すごい人、人、人、、、、!


e0335287_22022969.jpg

一番奥の赤い旗のその前、ちょうど建物と建物のど真ん中辺りに、キラッ!と輝いていました。


これから数時間、練り歩く訳ですが、この時点で猛烈にお腹が空いていた私。


神より食欲(笑)


食欲はあれど、お腹は空いていれど、、、暑い日々が続く今年のシチリア。

ガッツリ食べる!という感じでもなかったのにアペリチェーナに行くことにしました♪


アペリチェーナとはAperitivo(食前酒)+Cena(夕食)の造語。

元々アペリティーヴォを頼むと、結構しっかりしたおツマミが付いて来ていたトラーパニ。

かつては、アペリティーヴォしてから、レストランで夕食を、、、というのが流れだったのですが、

近年のダイエット志向で、夕食は比較的ライトなものへと嗜好が移り。

尚且つ、不況も後押しして、一気に盛り上がったアペリチェーナ。


私達、行きつけBarのアペリチェーナはこんな感じ。


e0335287_22082240.jpg

これで2人分ですが、パンをつまみながら食べていると、意外とお腹いっぱいになります。
ミニアランチーニとパネッレは揚げたてでとっても美味♡

アペリチェーナの内容はお店によって色々ですが、1杯飲みながら軽くご飯を、、、という時に最適。
というか、我々、最近、外食というとこればかり(笑)
夏のトラーパニは、トラットリアには人が殺到していますからね~、、、。

アペリチェーナを楽しんでいる最中に、港では花火が上がりました。
聖アルベルトが教会に戻った後に花火が上がるのです。


トラーパニの守護神は聖アルベルトですが、8月16日はトラーパニのマドンナの日。

マドンナ信仰がとっても強いトラーパニは、W守護神の街とも言われ。

イルミネーションは8月16日までこのまま灯されています。


トラーパニは夏真っ盛りです♪


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!


http://www.tavola-siciliana.com/




by latavolasiciliana | 2017-08-09 22:20 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_22492014.jpg

このブログを読んでくださっている方の中にも、ファンが多いかと思われる「イタリア好き」。

記念すべき30号は「シチリアパン特集」!
それもトラーパニ県のカステルヴェトラーノの「Pane Nero(=黒パン)」を中心に、
古代小麦なんかもテーマになっています。

ここ数年、私がすごく興味を持っている「粉とパン」の世界。

なぜ古代小麦が注目されているのか。
なぜ黒パンが再注目されているのか。

数年前に古代小麦の麦農家さんと、古代小麦を中心に扱っている石臼挽きの粉屋さんに行ったことがきっかけでした。

そしてタイムリーに頂いたイタリア好きのコーディネートのお仕事。

周りましたよ、トラーパニ近辺のパン屋さん、粉屋さん、小麦農家さん。

ということで、詳しくはイタリア好きをご覧くださいね!

イタリア好きはフリーペーパー。
下記、配布場所で無料でゲットすることができます。
でも数に限りがあるので、ご希望の方はどうぞお早目に、、、。

●イタリア好き配布場所
http://italiazuki.com/location/

そして表紙をみて「あっ!」と思った方、、、、そう、彼らです(笑)
彼女のクスクスのレシピが掲載されてますよー。

さあ、みんな急いで!

=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/

※イタリア好き vol.30表紙のベネデッタの料理教室はこちらから!

http://www.tavola-siciliana.com/tour/cooking_benedetta



by latavolasiciliana | 2017-08-01 22:59 | 日本での活動 | Comments(0)
e0335287_16452267.jpg

毎年7月末にトラーパニで開催される世界のストリートフードの祭典STRAGUSTO(ストラグスト)が
今年も開催されました!

体調があまりよくなかったので、今年は行けないかなー、と思っていましたが。
日曜日も昼を過ぎたころから段々復活の兆し、、、。
なので最終日、それも日が落ちて気温が下がった頃に行ってみました。(それでも30度でしたけど・汗)

最終日だからもう人もまばらかな?と思ったら、、、大混雑!
そこら中で行列ができていました。

ストラグストは、パレルモの脾臓バーガーやパネッレバーガー、トラーパニのクスクス(ストリートフードじゃないけど・笑)、
シチリア菓子のカンノーリやグラニータはもちろんのこと、
イタリア&世界のストリートフードの屋台が並びます。

e0335287_16494248.jpg

これはトラーパニの揚げナスパニーニ。
ええええ??という感じですが、結構おいしい(笑)

こちら正確にはどこの国だったか忘れましたが、、、アラブ系スタンド。

e0335287_16533160.jpg

かなりシチリアに近い!
やっぱりシチリアってアラブの影響が強いのね~、、、と感じられずにはいられません。

パレスチナの屋台。
まずはここでパレスチナ風パニーニ。

e0335287_16580846.jpg
ラップサンドのような感じで、鉄板でジュージュー炒めていたターキーと野菜のサンド。
ひよこ豆コロッケ(ファラフェル)が気になったので、これも入れて―、とお願いして、肉&ひよこ豆コロッケサンドに。
考えてみたら日本のコロッケパンに近いな(笑)

お次はこれ。

e0335287_17070978.jpg

オリーヴァアスコラーナ = アスコリピチェーノ風オリーブ。

アスコリピチェーノはマルケ州の街。
懐かしいぃ~♡
2004年、イタリア留学を始めた最初の土地はマルケ。
その際に何度か訪れた小さなカワイイ、素敵なメルカートがある街。
そこの名産?オリーブに肉詰めしたものを衣を付けて揚げた1品。

これ大好き!

黒い方はトリュフ風味。
いずれも揚げたてで美味しかった~♪

ストラグストはチケット制。
1チケットが1ユーロで、5枚セットと10枚セットがあります。
私達は10ユーロ×2を買って、これにビールで11枚でした。
シチリア的には若干の割高感がありますが、ま、お祭りですからね。

以下、参加していたスタンド色々です。

e0335287_17140348.jpg
パーネ カ メウサ = パレルモの脾臓バーガー、これはストリートフードにはかかせませぬ。

e0335287_17160871.jpg

揚げたてフリットも美味しそう♡
でも病み上がりにフリットはキツイからパス(笑)


e0335287_17182621.jpg
ドルチェは揚げ菓子オンパレード!
もちろんカンノーリやグラニータもいましたよ。

今年、すごい行列を成していたのがこれ。

e0335287_17203052.jpg

なんとマグロバーガー。

そういえば日本でもあったような、こんな感じのもの。

今回、ストラグストを見ていて思ったこと、、、なんだか日本の縁日みたいだわー。
焼きそば、お好み焼き、あんずあめ、りんごあめ、、、
縁日のものって特別美味しいわけでもないのに、あの雰囲気の中で食べると何故か美味しく感じる。
昭和の良き時代を思い出しました(笑)

来年はお好み焼きで参加しちゃおうかな!?なんて思っちゃいました(爆)

ちょっと気が早いですが、2018年の夏にトラーパニへの旅を予定している方。
ストラグストの時期を狙ってくるのも良いかも。
例年7月の最終週頃に開催しています。
2018年の開催日が決定したらブログでもお知らせしますね!


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-07-31 17:26 | オソト ゴハン | Comments(0)

6月のシチリア色々

もう7月も中旬近くになりますが、、、。

6月はお客様強化月間で、色々な土地や生産者を訪れました。
その一部を皆さんにもおすそ分け。シチリアの初夏の風景をお楽しみください。
e0335287_23503241.jpg


e0335287_23503280.jpg


e0335287_23503267.jpg


e0335287_23503397.jpg

e0335287_23503352.jpg


e0335287_23503311.jpg


e0335287_23503452.jpg


e0335287_23503509.jpg

e0335287_23503580.jpg


e0335287_23503540.jpg

e0335287_23530529.jpg

e0335287_00044439.jpg

e0335287_00052625.jpg

e0335287_00061245.jpg

e0335287_00065670.jpg

by latavolasiciliana | 2017-07-11 14:00 | シチリア散策♪ | Comments(0)
e0335287_16255970.jpg

毎月連載「ポッカレモン有機のブランドサイト」のコラム7月号が更新されました!

今回はトラーパニ滞在の楽しみ方、そしてトラーパニ近郊の史跡の紹介などなど。
トラーパニを丸ごと楽しんじゃう方法を大公開!

トラーパニにいらしてくださった多くの方がおっしゃっている事。

「トラーパニは海がすぐ近くにあって、街のサイズもお手頃サイズで、なにより安心して滞在を楽しめるのがとってもいい!」

一度来てみるとクセになる、、、
リピーターさんもたくさんいらっしゃいます。
えええー!?と思われる方も多いかと思いますが、、、(笑)

トラーパニを起点として周れる史跡、島は1度来ただけで制覇するのはなかなか難しく。
なので何回もいらして制覇している間に、すっかり気に入って毎年いらっしゃる、、、なんて方も少なくないのです。

とにかく海好き!自然が好き!そして、、、美味しいもの大好き!という方。
是非一度トラーパニにお越しくださいねっ!

まずはコラムと写真で気分を味わってくださいませ♡

☆コラムはこちらから↓↓↓

「シチリアからの風~マンマに教わったとっておきのレシピ」

https://www.pokkasapporo-fb.jp/plyuki/column/09.html



by latavolasiciliana | 2017-07-04 16:26 | 日本での活動 | Comments(0)
e0335287_15255356.png


私が1年の間で一番好きな季節6月
毎月連載のポッカレモン有機のホームページのコラム、今月のテーマは「1年で一番美しい&おいしい季節が到来です!」。
美しいトラーパニの風景と共に、おいしい情報をお楽しみくださいね!


☆コラムはこちらから↓↓↓


「シチリアからの風~マンマに教わったとっておきのレシピ」
https://www.pokkasapporo-fb.jp/plyuki/column/08.html


by latavolasiciliana | 2017-06-05 15:26 | 日本での活動 | Comments(0)
e0335287_05423312.jpg


先週の東シチリア周遊美食の旅に続き、、、。

今週もカターニャ発のシチリア周遊の旅です。

今回もスタートはカターニャ。
今晩到着のお客様を待ちつつ、カターニャのBarにてグラニータ。

e0335287_05423415.jpg


カターニャの街は今日も元気!

e0335287_05423482.jpg


カターニャの街は黒と白のモノトーン。
天気が悪いと暗〜い感じですが、今の季節はとてもエレガント。

街もいつも活気があって楽しい♩

第2周目は少しずつ写真がアップできるよう頑張りまーす!

by latavolasiciliana | 2017-06-05 05:35 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)
e0335287_19345953.jpg


昨日、無事にシチリアに戻って来ました!

羽田からの夜中便に乗って、フランクフルトで乗り換え午前中にローマ着。
更に、乗り継ぎパレルモへ。
車で迎えに来てもらい、15:00に自宅に到着しまいました。

C氏が実家からもらって来てくれたマンマのパスタ アル フォルノを食べ、荷物を片付け、、、海に散歩に行ったのが19:30。
現在、サマータイム中。
19:30でもまだまだ明るい♩

今回の日本滞在は料理教室の連続でフリータイムがほとんどなく。
ブログを更新する時間もありませんでした(汗)

戻ってきてすぐですが木曜日からはまた出張。

日本でのお話はアップできるかわかりませんが、時間がある時にチョコチョコとアップしていきますね。

5月なのに31度もあってもんわーりと暑かった東京。
戻ってきたトラーパニは28℃くらいのようでしたが、本当に爽やかっ!
皆さん、今年の夏はあつーい日本を離れて、爽やかな暑さのシチリアへ是非♪




by latavolasiciliana | 2017-05-23 19:30 | REIのシチリア日記 | Comments(0)
昨日、「アリタリア航空事実上の破たん」というニュースが日本に流れました。

イタリアでは「倒産」でも「破産」でもなく、「再建」と言われていますが、まぁ、事実上は破産みたいなものでしょうね、、、。
イタリア人達は「違う」と言っていますが。

今日も引き続き、対策が話し合われていてしばらく目が離せそうにありません。

アリタリアのホームページを覗いていて見ると、

「今後の運航スケジュールに影響を与えるものではありません。」

とのこと。↓

しばらくはこのまま運行されそうですが、今後どうなるかが分からないので、あまり先のチケットは手配しないほうがいいかも、、、という感じです。
とはいえ、今現在、日本とイタリアを結ぶ直行便ってアリタリアしかないですからねー。

はぁ。

私も日本に行くにあたっては長いことアリタリアの「パレルモ⇔ローマ⇔成田」路線を使っていました。
ここのところ、日本に行く回数も増えてきて、
日本に行くのがなんだかもはや新幹線に乗るのと同じ感覚になってきていた今日この頃(笑)
空港のどこに何のお店があるかまですっかり把握しちゃって、安心と言えば安心なのですが、
いい加減飽きてきた感じもして、、、。

2017年は航空会社を変えてみよう!と思い立ち、今年の第1発目日本はANAに乗ってみました。
いつもはエコノミークラスでの移動ですが、今回は訳あってプレミアムエコノミーで。
しかもマドリッド経由(笑)

パレルモ⇒マドリッド(1泊)⇒フランクフルト⇒羽田

長い(笑)
何故マドリッド経由だったかって?
ただ単にマドリッドに立ち寄りたかったから(爆)
日本へは仕事で行ったので、行きは1泊だけして翌日に日本へ。
帰りはC氏と合流して3泊のプチマドリッド旅行を楽しんできました。

ちなみに行きに1泊だけしたホテルはここ。

空港送迎もあって非常に便利なホテルでした。

さてさて本題です。

久しぶりに乗った日系エアライン。
どうだったか、、、と言われれば、そりゃサービスいいですよねー。
なんて言ったってアリタリアのサービスに慣れていますからね(笑)

まずはマドリッドからフランクフルトへ。

上でご紹介したホテル、周りには食べるところが非常に少なく。
1階にレストランがあったのですが、その日は到着した時間も遅く、
翌朝に空港で朝ごはん食べよー、と思い夕食抜き。
翌朝、確か6時台のフライトだったので、朝4:00にホテルを出て空港に向かい、
全ての手続きが終わって搭乗口に到着したのが5:00前。
さぁ、朝ごはん、、、、と思ったのだけれど、全部閉まってる、、、、(涙)

e0335287_02322104.jpg

しかもマドリッドの空港って薄暗い。
太陽の国スペイン!とはちょっと違うイメージ(笑)

確か5:30くらいにお店もバールも空き始めたのですが、もうすぐフライト、、、。
ということで朝ごはんも諦め。

まずはマドリッドからフランクフルトへのフライト。
ここはルフトハンザ航空の運航。

やっと朝ごはんでーす!

e0335287_02345077.jpg
スペイン発らしいメニューですねー。
そういえばスペインってイタリアと似たイメージがあるけれど朝ごはんはしょっぱいもの系。
イタリア発の飛行機だったら朝は甘いペストリーが出てくるところですが、
オムレツに煮た野菜、それにオレンジジュースとパン。
前の日の夜ごはんも食べていなかったので、甘い朝ごはんよりもしょっぱい系がありがたかった❤

マドリッドからフランクフルトまでのフライトは約2時間半。
あっ!という間に到着です。

フランクフルトで飛行機を降りて、日本行きの搭乗口へ移動、、、これが長い、、、。
かなりの距離歩きます。
おそらく日本からフランクフルトに到着して、ヨーロッパ各地に向かうターミナルは私がマドリッドから来た時に到着したターミナルと同じはず。
結構、移動時間がかかるので、乗り換えの際には余裕を持ってフライトを予約することをおすすめします。

そうそう、自分のための備忘録。
イタリアの空港にはターミナル間を移動する時に使う手荷物用の小さなカートがありません。
マドリッドもスペインだしね、、、ないだろうな、、、と思っていたら。
なんとマドリッド空港にはあった!
ならばフランクフルトには絶対あるな、、、と思っていたら、、、ない(苦笑)
私の場合、手荷物もかなりの重量なので、あのカートがないと結構辛い(涙)
しかも、この時は手荷物はミニスーツケースではなく、バッグだった、、、!!
重かったよーーーーー。

さて、日本行きの搭乗口があるターミナルに到着。

e0335287_02432976.jpg
おお。
ドイツっぽいね♪

BMWの新シリーズも展示されていたのもドイツっぽい。

e0335287_02445364.jpg

さて、ここからがようやくANA。
搭乗したプレミアムエコノミークラスは、あくまでもエコノミークラス。
違うのは座席がちょっとだけ広いこと。

e0335287_02470697.jpg

うん、確かに結構広いかも。
横幅は、2-3-2の並びなので(エコノミークラスは3-4-3)その分やっぱり広め。

予約していたのは2席の一番前の列で足が投げ出せる席だったのですが、隣の人が乗って来たので、
隣がいない3席の端っこに移動。
足を投げ出す事はできませんでしたが、それなりにスペースがあったので、
普通サイズの私には十分なスペースでした。

食事はエビカレー。

e0335287_02514732.jpg

最近のアリタリアの機内食は結構ひどくて。
それに比べるとかなり美味しいー。
でもこれに慣れると、今度はアリタリアに乗った時にヤバいかも(笑)

そしてアリタリア航空とANAの決定的な違い、それは映画の数。
アリタリアも数自体は結構あるのですが、面白そうなのが少ない、、、。
そしてあまり変わらないので、行きも帰りも同じ映画だと、新作は行きで見終わってしまって、
帰りは見たいものがない、、、というのがいつものパターン。
(私は飛行機の中ではほとんど寝れません・涙)

それに比べてANAは新作の本数の豊富さ、そして普段は見ない日本映画が充実!
あと、私の好きなドキュメンタリーもたくさんあるぞー。
12時間以上乗っててもいいかも(笑)

その他の違いと言えば、、、CAさんがニコニコしている、、、(笑)
以前、「アリタリア航空 VS エールフランス」というエントリーでも書いたのですが、
アリタリアのCAさん達、食事を配っている時もずーっとおしゃべり。
まぁ、既に特別彼らに多くは期待していないので、どうでもいい、、、という感じではあるのですが(笑)

でもやっぱりニコニコしたCAさんはいいな~、、、と(笑)

何かを頼んでも、ニコニコしながらすぐに持ってきてくれる。
食事を配る時にもとっても丁寧。
日系エアラインに乗ったのは8年ぶりくらいかと思いますが、やっぱりおもてなしですね~、日本は。

唯一、アリタリアが勝っていた事。
それはコーヒーの美味しさ!
さすがカッフェの国、イタリア。
機内でサービスされるのはもちろんエスプレッソではないのですが、それでも美味しいアリタリアのコーヒー。
ANAのコーヒーは今イチでしたな。

到着前にサービスされる朝ごはんは、フランクフルト発だからか、なんとなくドイツ風。

e0335287_03031630.jpg
ソーセージが美味しかったのはやっぱりドイツ発だからか?

こうして、今回は成田ではなく羽田空港着でした。

そういえば、羽田からヨーロッパ行きに乗ったことはあったけれど、到着したのは初めてだったような、、、。
羽田は成田に比べて出口に出るまでが圧倒的に近いですねー!
成田は入国審査に行くまでに結構歩きますが、羽田は近い。
入国審査が終わったらすぐに荷物をピックアップするレーンがあって。
楽チンですねー。

さて感想です。
今までプレミアムエコノミーってすごく中途半端なクラスで、
別に乗る意味もないなー、、、と思っていたのですが。
やっぱりエコノミーに比べると体の痛みが少なく。
しかもヨーロッパ発のプレミアムエコノミーって結構安いんです。
私が今回取ったチケットはエコノミーにちょっとプラスされたくらい。
日本発だと往復で30万円くらいするので、そこまで払って乗る価値があるかどうか、、、と言われれば、
今の私には見いだせない感じもします。
が、年を重ねてもうエコノミでは辛いわー、でもビジネスじゃなくてもねー、という方にはいいのかな?という感じもしました。
やっぱり足が伸ばせるのと、ちょこっとだけですが幅が広いのが、体が完全に固定されてしまうエコノミーとは違い、
体の痛みが少なかったと思います。

そして航空会社の感想。
やっぱり日系はサービスが良い!
こんなサービスに慣れちゃうと、アリタリアに乗った時に「ひどすぎる!」って怒っちゃうかも(笑)
とはいえ、一時期の本当に最悪だった時に比べれば、現在のアリタリアのサービス、かなり改善しました。
エールフランスとKLMが資本に参加していたころから随分改善され始め。
現在はエティハド航空が資本で参加していますが、引き続きサービスの改善努力は認められます。
「努力」は認めるけどね、、、(笑)

この記事、2月に日本からシチリアに帰ってきた時に書こう!と思っていたのですが、
その後、仕事が詰まっていて忙しくなってしまい、、、結局放置。
ちょうどアリタリア事実上破産!のニュースが舞い込んできたので、
改めて記憶を呼び戻して書いてみました、自分の備忘録のためにも。

そうそう。
そう言われてみれば、去年か一昨年までは「羽田⇒フランクフルト⇒パレルモ」という便を見つけて。
それでANAでシチリアと日本を往復するのもいいなー、と思い始めたのがきっかけで。
で、いざANAに乗ろう!と思ったら、冬はおそらくフランクフルト⇔パレルモのフライトがなくなっちゃった、
もしくは曜日限定になってしまったらしく、1月に日本に行った際には見つからず。
今現在は「羽田⇒フランクフルト⇒パレルモ」のフライト、あるにはあるのですが、
イタリアからのフライトを手配しようと思うと、価格が2倍くらいになってしまい。

となると、結局、パレルモ空港からはいずれにせよアリタリアに乗らなければならず、、、、。
私にとってはアリタリアは切っても切り離せないご縁のようで(笑)

いずれにせよ、アリタリア騒動、早く収束することを願うばかりです(祈)

これからアリタリアでイタリアを旅行する方、ご出発前にフライトに変更がないか、
ホームページ等で確認してから出発することをおススメします。




by latavolasiciliana | 2017-05-04 04:04 | 世界を旅する | Comments(0)
e0335287_23382921.jpg

タオルミーナから今回の目的地のひとつでもあったピスタチオの街ブロンテに移動する途中。
いつか行ってみたい!と思っていた「アルカンターラ峡谷(Le Gole dell'Alcantara)」があることに
ナビとして利用していたGoogleマップを見ながら気が付いた!(笑)

ここは紀元前2400年頃、エトナ山の噴火によって堆積した溶岩。
この噴火によってこの峡谷一帯が溶岩によって覆われてしまい、そして何千年もの間、川に侵食され今のような姿になったそうです。

青い川、生い茂る緑、そして真っ黒な岩、、、。
そのコントラストはそれはそれは美しく。

もう少しズームしてみると、、、。

e0335287_23424612.jpg


わぁ~、、、本当に青い川。

もう少し奥を見渡すと、うっそうと茂る緑。

e0335287_23441169.jpg

この川は数キロに渡って水遊びをすることができて、峡谷にはトレッキングコースもあります。

川までは上で入場料を払ってエレベーターで降りるようになっています。

今回は残念な事に、この後、ワイナリーのアポがあって。
下まで降りるのは泣く泣く諦めました、、、。

なんでも夏でもすっごく冷たい水が流れているとのこと。
今年の夏の暑ーい時期にここで水浴びするぞ~!と心に決めて。

ちなみに、日本ではまったーく知られていないアルカンターラ峡谷ですが、イタリア人の間では意外と有名で。
入場料を払う前には大きなバールとお土産もの屋さんが。
シチリア食材も意外と充実していました。

マグネットが意外とかわいかった。


e0335287_00002367.jpg


シチリアに住み始めて13年目を迎える今年。
仕事もあって、かなりシチリアを周りましたが、まだまだ行ったことないところがたくさん、、、。
今年はそんなまだ未開のシチリアを攻めてみようかな。




by latavolasiciliana | 2017-05-02 09:30 | シチリア散策♪ | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana