タグ:旅のプチガイド~番外編~ ( 43 ) タグの人気記事

さて、告知続きでちょっと間が空きましたが、、、。
サルデニア島ヴァカンツァ日記の最終回です!(ふぅ、やっとたどり着いた、、、・笑)

さて、サルデニア島南東部で最終日に行った浜、、、その名はなんと、、、

Costa REI(コスタ レイ)

そう、私の海岸です(爆)

サルデニア行きのチケットを買ったのが3月。
そして、何気なくサルデニアの地図を見ていた時に発見したこのCosta REI。
その時点ではまったく情報はなかったものの、絶対行く!って思っていました(笑)

Costa REIはサルデニア島東側の海。

e0335287_16010487.jpg

ご覧の通り、数キロに渡って続く長~~~い海岸です。

最終日は残念ながら北東からの風がかなり強く吹いていて。
となるとCosta REIは大荒れ模様なはず、、、。
と思ったけど天気はいいし行く!ということで張り切っていきました(笑)

もうねー、そこら中に私の名前だらけ(爆)

e0335287_16091950.jpg
サルデニアの南東部走っていると、道路の標識にも「Csota REI」がそこら中に出てくるんです。
なぜなら南の国道からショートカットで東海岸に抜ける山道があるから。

散々、標識や看板を堪能(笑)した後は、いざ海岸へ!

お宿の方に

「Costa REIにいくならScoglio di Peppino(ペッピーノの岩)に必ず!」

と強く念を押されていたので、まずはそこを目指して!

しかし、、、ここが遠かった、、、(笑)
近くに駐車場はなく、かなり遠くに停めて歩きます。
少し歩くと、、、見えてきた、、、遠くに見えるあの大きな岩、、、。

e0335287_16170716.jpg
結構遠いじゃん(笑)

遠くから見ると穏やかに見えますが、実際にはかなりうねっていたこの日。
ペッピーノの岩まで辿りついたものの、微妙に海が荒れていた&パラソルが立てられないのでスルーして。
そしてペッピーノの岩の後からはいよいよCosta REIが始まります!

やっとこさ到着~~~♪

e0335287_16215738.jpg
白い砂、青い海!
そしてず~~~っと長く続く海岸、、、♡

後ろを振り向くとペッピーノの岩。

e0335287_16274787.jpg
この日、かなりの強風でした。
パラソルが吹っ飛ぶかと思った!
なので、私は早速、朝ビール♡

e0335287_16362589.jpg
サルデニアのビールと言えばichnusa(イクヌーザ)なのですが、スーパーでレモンバージョンを発見。
軽いから朝ビー&海にピッタリ!

はぁ、気持ちいいな~、、、♡


e0335287_16413964.jpg


波打ち際がガラスみたいにキラキラしていた本当にキレイ。

それにしても丸々1週間、海で過ごしたら、、、ものすごい日焼けしていた、、、。

e0335287_16511743.jpg

もう東南アジアを超えてアフリカン(笑)
腕も、顔も、、、かなり黒い!

シチリアに戻ってきてから会う人会う人、、、

「、、、、、、。」

思わずみんな無言(笑)

C氏からは、夜、庭にいた時に、

「あのさ、暗闇にいると見えない、、、マジで怖いくらい日焼けしているんですけど、、、」

と、ビビってました(爆)
という私も、結構ビビった(汗)

さて、Costa REI、風は強かったですが十分堪能したので、パラソルが吹っ飛ぶ前に退散。

帰り際のペッピーノの岩。

e0335287_17021835.jpg
風&波でかなり海藻が押し寄せてきていましたが、波も少し下がって美しい海が広がっていました♪
ここ、穏やかだったら絶対に相当きれいなはず。

帰り道、歩いている最中にはこんな海も臨むことができて。

e0335287_17085859.jpg
テンション上がる!(笑)

ここは波が穏やかだったら下っていける崖があったのにー、残念。

この後、近隣のビーチチェック!
やっぱりこの辺はどこも波が高いので、前日にも行ったソラナスの海をチェックしに。



やっぱり波はあったけど、他の浜に比べるとそこそこ穏やかだったので、またひと泳ぎ&パニーニで遅めのお昼ごはん。
しかし、海パニーニ、よく食べたな~(笑)

そして、翌日は夜遅くの便だったので、しつこくソラナスの海へ。
朝10:00、、、海岸に人はまばら。

e0335287_17221779.jpg

トラーパニの海岸もそうですが、11:00過ぎから人が少しずつ出てきて、、、。
14:00頃にお昼を食べにおうちに帰り。
そしてまた夕方出てくる。
そんなパターンなんです。
だから9:00とかに行くとまだまだガラガラ。

朝はだいぶ波も収まっていて穏やかに♪
最後の最後まで海を楽しみました♡

宿に戻ってシャワーを借りて、身支度をして、、、出発!
まだ時間があったので、カリアリの街で時間をつぶす事に。
でもね、、、暑い、、、。
朝は海にも行っていたので、バールをハシゴ(笑)

e0335287_17270832.jpg

トラーパニにはない感じのクラシックなバールと、オサレバール。
サルデニアの郷土菓子のお店を探していたのですが、めぼしいところ見つからず力果て(笑)

これで本格的にサルデニアのヴァカンスは終了です。

あ~、、、楽しかったなぁ~。

旅は色々と妄想をしたり、ホテルを探したり、、、、
計画している時が一番楽しいのかも。
終わってしまうと、ぴゅ~~~、と寒い風が吹いてくる、、、。
(いや、実際には熱風が吹いていますが!)

さて、次の旅はどこに行こうかな?
旅がひとつ終わるとすぐに次の旅を考えたくなります(笑)

サルデニアヴァカンス日記、最後までお付き合いいただきありがとうございました♡
いつかサルデニア食文化の旅もラ ターボラ シチリアーナで企画してみようかなー、と思っているので、
希望される方がいらしたら、ホームページから、ブログのコメントからご連絡下さいね!


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!


http://www.tavola-siciliana.com/


※イタリア好き vol.30表紙のベネデッタの料理教室はこちらから!


http://www.tavola-siciliana.com/tour/cooking_benedetta




by latavolasiciliana | 2017-08-04 17:32 | 2017年夏サルデニア島で海三昧! | Comments(0)
e0335287_23540326.jpg
さてと、またしてもサルデニアの海の写真です(笑)

南東部に到着した翌日、またしてもGoogleマップを片手に海探し(笑)
北風がちょっとあがってきたこの日。
海岸の地形に寄って波が高かったり、穏やかだったり、、、。

Cala Regina, Kal'e Moru, Genn'e Mari, などなど、、、。
いくつかの浜をチェックしたのですが、最初の数個の浜は波が結構高くて、海藻がやってきていて。
チェックだけして次に移動。

最初に海水浴をした浜はSolanas(ソラナス)。
この先にはヴィラシミウスという超有名な浜が控えているため、ほぼ無名な浜(だと思う)。
だけど、ここが、、、エメラルドグリーン!!
尚且つ、駐車場が無料で、駐車場から浜までも本当にすぐ!

わーい♡

一番上の写真みてください。
よく船が宙に浮いている、、、そんな写真ありますよね?
この海、ちょっと上から撮影したら、絶対そうなるはず。

e0335287_00014484.jpg
こんなにキレイなのに人もすくない、、、♡

浜は結構長いので、ちょっとお散歩。

e0335287_00044954.jpg

惚れ惚れしちゃう、、、。
もうね、いつまでも眺めてられるほど水面がキラキラ輝いていて。

海へはホテルから借りたパラソルと、ビーチタオル、それにPEPPA PIGの浮き輪(笑)

e0335287_00075980.jpg
浮き輪、、、と言っても、これ子供用だから私は入らない(笑)
あまりに可愛くて去年のオフシーズンにクッション代わり購入。
これがね、お尻がちょうどはまっていい感じなの(笑)

海を見ながらパニーニ。

e0335287_00453615.jpg

今回のバカンス、前のエントリーにも書いたけれど、そう食に期待をしていなかったので、
ランチはほぼ毎日パニーニ(笑)
どんなに美味しい食事も、ここまで至近距離で食すことはなかなか難しく。
私にとってはこの海が極上の調味料。
毎日微妙にパンや具を変えて、ピクニック気分を満喫しましたよ~♪

ソラナス、結局ものすごーい気に入って、3日の滞在中に4回来ました。

さて、ソラナスを後にしてまた海チェックに。

途中、浜にはおりませんでしたが、こんな美しい風景がたくさん!

e0335287_00271513.jpg

私達が頼りにしていたのはこんな看板。


e0335287_00291492.jpg

Googleマップにない海岸も、現地に行くと看板が出ていたりして。
(spiaggia = 海岸という意味です)

この看板が出ているところをひとつひとつ入っていくわけです(笑)


やっぱり北風で波が強いなー。
で、たどりついたのがSimius(シミウス)。
ここ、もう超有名な浜。
北風が吹いても比較的穏やか。
ソラナスよりは波が建っていましたが。

e0335287_00240025.jpg

ただね、、、有名だけあって人が多い。
海はきれいなのですが、ソラナスのようなキラキラ感が少なくて。

トラーパニ近郊のサン ヴィート ロ カーポも、人が比較的少ない6月や9月はキラキラしているのに、
7月中旬~8月にかけては海はきれいだけどキラキラ感がなく。


e0335287_00324675.jpg

とはいえやっぱりキレイですね~。

もうこのころ、かなり日を浴びて黒くなってきた私。
C氏が、

「怖いくらい黒いよ、、、」

と、ポソっと一言(汗)

そう、私、、、焼けやすいんです、、、。
毎年、パラソルの下にずっと潜んでいるにも関わらず、真っ黒。
今回のサルデニア、前半戦はパラソルも持っていませんでしたからね、、、。
一番焼ける足や手は、もう日本人の肌とは思えないほど黒くなっちまいました。

きゃ~~~。

さて、最後のエントリーはなんと偶然出会った「私の海岸」、、、果て、どんな海岸でしょう?

どうぞお楽しみに!


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-07-31 00:48 | 2017年夏サルデニア島で海三昧! | Comments(0)
さて、今回のヴァカンツァ日記、食レポが圧倒的に少ないのですが、、、。
そう、今回はあまり美味しいモノにありつけなかったのですー(涙)

まぁ、メインは美しい海でしたからね、、、いいんですけど。

シチリアとサルデニア、海の近くはやっぱり海の幸を味わうレストランが多く。
シチリアでは外食、と言えば散々海の幸なので、正直、私のテンションもあまり上がらなかった、、、というのも原因のひとつ。

それとね、後半に行ったサルデニア南東部にある高級リゾート地Villasimius(ヴィラシミウス)はすんごい人だった、、、。
お宿から途中ウネウネ山道を通って車を走らす事30分。
到着したヴィラシミウスはまず駐車場を探すのに一苦労。
お目当てのレストランに到着したものの、待ち時間なんと1時間半、、、。

もうね、お腹空いちゃうし、帰るのも大変だし。

他のお店を探すも、ピンっ!とくるお店が1軒もなくて。
更にお腹もそんなに空いてはいなかったので、駐車場の近くにあったカジュアルなワインバーで軽くつまむことにしました。


e0335287_17425104.jpg

e0335287_17443846.jpg
下にパンがてんこ盛りだったので、これだけで結構お腹がいっぱいになりました。
グラスワイン2杯と合わせて27.5ユーロ。
リゾート地としては安いので、ここも結局座るのに30分くら待ちましたけどね(苦笑)

シチリアはリゾート地でも美味しいトラットリアが街の中に溢れているんですけどね~。
情報収集していかなくても、ここだ!というトラットリアにかなりの確実で出会える。
そういう意味では、シチリア>サルデニアかな。

さて、翌日はもう移動するのも面倒だし、ホテル近辺に魅力的なレストランもなかったし、ホテルのレストランで食べる事に。

例の海風プールサイドで(笑)

e0335287_17500556.jpg

雰囲気もとっても良く♪
宿泊者以外でも食事ができるのでほぼ満席でしたが、空間が広いので静か。
サルデニアの白と言えばヴェルメンティーノで、サルーテ♪

e0335287_17525546.jpg
C氏はアサリとカラスミのフレーグラ、私は絶対に1度は食べたい!と思っていたクルルジョネス♪
この旅でクルルジョネスがメニューにあるレストランに初めて出会いました。
ホテルのレストランだからなー、、、とあまり期待していなかったのですが何れも美味♡
この旅で一番美味しかった。

メインは魚のフリットを。

e0335287_17560239.jpg
てんこ盛り、、、(笑)

この日に食事をしていた最中、隣の席でピッツァを食べている人達がいて、、、。
美味しそう♪
ということで翌日もプールサイドでピッツァ。

e0335287_17592751.jpg
シチリアのピッツァは生地が厚くてパンっぽいのですが、サルデニアは薄い。
サルデニアのビールichnusaと一緒にサルーテ♪

という事で、、、今回サルデニアの旅はこれぞ!という美味しいものに出会える旅ではありませんでしたが、
まぁ、海がメインだからいっか、、、という感じです。
ひとつだけ心残りはお宿の近くにポルケッタが美味しいところがあったのですが、
それを知ったのはピッツァを食べた後だったこと、、、(笑)
いつかサルデニアの海を楽しみに来た時にリベンジします!

サルデニア、前回も思ったのですが海系リゾート地に行くと美味しいレストランを探すのが難しく。
(特にわたし好みのオヤジ食堂)
カリアリは色々なレストランがあるので食を楽しむには事欠かず、
後は田舎のアグリツーリズモに行くとポルケッタ(豚の丸焼き)や羊肉をたんまりと楽しむことができます。

ということで、今回は食レポはこれにて終了。

夏休み日記もあと数回で終了予定です!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-07-28 01:00 | 2017年夏サルデニア島で海三昧! | Comments(0)
e0335287_15365224.png
サンタンティオコ島で2日、南西部の海で1日、、、これでもか!というくらい海三昧♡
で、更に南東部に美しい海をハンターしに移動。

南西部とか、南東部とか、知らない土地の事を言われてもピン!と来ないかな?と思い、地図にまとめてみました。
ピンが付いているところは宿泊したところ。
サンタンティオコ島からサルデニア南東部の海までは約200km。
その間を行ったり来たり、行ったり来たり、、、なんだかんだ1000kmくらい走りました。
シチリアはもっと大きいので、1000kmは1~2日で走ることも多いので、
1週間で1000kmというと私達にとっては移動の少ない楽な旅♪

さてホテルでたっぷりの甘い朝ごはんを楽しみ、東へ移動。
途中、カリアリの街の中を通ったのでちょっと観光でも、、、?と思ったのですが、
もう水着を着こんでいてすっかり海装備だったので、その恰好で街に出るのはさすがにやめて(笑)

一気に東へ~。

ホテルに着いたのが13:00頃。
ちょっと早めにチェックインをさせて頂き、さっそく海ハンターへ!

サルデニア島南西部にはVillasimius(ヴィラシミウス)というコスタズメラルダに続く超有名&高級リゾート地があるのですが。
その辺は人が多い、そして何よりも高い!ので避けて、その手前でお宿を探しました。
で、そのお宿を出て一番近い浜に降りて行ってみたところ、、、。

おぉ!サルデニアの友人からここだけは!と勧められていたビーチがあるではないですか!
ラッキー♡

e0335287_15505357.jpg
Pintau(ピンタウ)という名の海岸。

ご覧の通り、サルデニアって本当に緑が海岸すぐ近くまでうっそうと茂っているんですよね~。
我らがトラーパニ付近は雨が少なすぎて絶対にありえない風景。
海に入っていても目も前には緑が見えると、360度、自然に囲まれている感じでとっても癒されるんです♡

浜に降りる。

e0335287_15555606.jpg
ここは砂浜ではなく、大きめの石がゴロゴロの海岸でした。
マリンブルーの海♡
海岸で海を眺めていると、、、むむ?なにやら海からやって来たぞ??

e0335287_16004432.jpg
あ!グラニータ売り!
この浜、石がゴロゴロで浜を売って歩く事は難しい、、、だから海の中を歩いて売りに来た!(爆)
声をかけると上がってきてくれて。
今日はスイカのグラニータを。
そしてまた海の中へと戻っていきました、、、、斬新!(笑)

この浜、とってもきれいだったので今日はここで夕方までノンビリ♡

そしてオマケの写真。

e0335287_16064789.jpg

どうですかー、この海キレイでしょ??

と、言いたいところですが、、、。
ここ、なんとホテルのプール(笑)
海を模して作った見事なグラデーション!
プールにいても海気分が味わえる、、、というスバラシイ設定です(笑)

夕方海から戻ってきて、プールサイドで更に寝っ転がる。
こんな生活していたらもう日常には戻れません(爆)

と言いながら、、、バカンスを回想しつつ、今日も仕事に明け暮れるのでした(涙)

ああああああ~~~!!!


========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-07-27 16:10 | 2017年夏サルデニア島で海三昧! | Comments(2)
e0335287_23592345.jpg

今回、宿泊したお宿は全部で3つ。
全てのお宿がプール付きのリゾートっぽいホテル達。
個人的にはキッチン付アパートを借りて料理をしてもいいのですが、C氏はしっかりとバカンス気分を味わいたい生粋のイタリア人(笑)
(まぁ、イタリア人にも色々いますが)
バカンス期間中はたっぷりと朝ごはんを楽しみたいC氏にとっては、朝ごはんが充実していることも大きなポイントのひとつ。

今回宿泊したお宿は、朝食よりも場所と価格を優先させて選んだのですが(この時期の海近くの宿は高い、、、)
偶然にも朝食が充実していました!

イタリアのお菓子ってとっても素朴。
ほとんどがデコレーションもなく焼きっぱなしのものが多いのですが、、、これがまたじんわりと美味しい♡

e0335287_00025813.jpg
サルデニアは外国人も多いので、もちろんハム、チーズ、卵系の食事もありますが、
私は昔から朝ごはんは甘いモノ派。

特に海バカンス中は朝ごはんをゆっくりとしっかりと食べてから海に行って、お昼は軽くパニーニ等で済ませる事が多いので、
朝ごはんが充実しているのは本当に嬉しい♪
リゾート系のホテルは大体街から離れたところにあるので、ちょっとBarで朝ごはん、、、という訳にもいかないので。

今回、特に美味しかったのが一番上の写真のタルトとこれ↓。

e0335287_00065093.jpg

いずれも写真で見るとただの焼き菓子(笑)
でもねー、生地の感じといい、甘さといい。
いずれも100%わたし好み♡

さて、朝ごはんをたっぷりと楽しんだ後は、今度は南東部の浜をハンターしに!

次回はまた海写真です(笑)
どうぞお付き合いくださいませ、、、♪

========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/





by latavolasiciliana | 2017-07-26 00:09 | 2017年夏サルデニア島で海三昧! | Comments(0)
さてさて、サルデニア島旅行記の続きです!

サンタンティオコ島を後にして向かったのは、到着翌日、サンタンティオコ島に行く途中にチェックしていった浜たち

サルデニア島の西海岸から南東の海岸に辿りついたあたりから、かなり道がクネクネしてきて。
そしてその辺りからこんな美しい海が臨めるようになり始め。

e0335287_18424363.jpg


ドライブしているだけでもかなり楽しい!

こうして美し浜を探しつつ、最初に寄った浜がここ。


e0335287_18463327.jpg
青のグラデーションが素晴らしく美しい小さな入り江だったのですが、どこを見ても看板もなく、なんという浜かもわからず。
地元の方に聞いてみても、

「さぁ、何だろうね?私達は”いつもの浜”って呼んでるけど(笑)」

とのこと。

日曜日だったので結構な人がいましたが、平日はほとんど貸切状態だそうで。

e0335287_18500723.jpg


暑い日はみんな海の中に座っておしゃべり。
海風も吹いて一番涼しいですからね♪

さて、ここに1時間ほど滞在して、次に向かったのはPiscinni(ピッシンニ)という海岸。

e0335287_18554611.jpg
ここは長いビーチが続いていて。
駐車場からもアクセスが良く。
そしてなによりも、、、、

e0335287_18521142.jpg
まるでプールみたいな海、、、、♡

サルデニアのいいところは、こんな美しい浜が数キロ単位にあるので、
よほど有名なビーチじゃない限り空いてる♪

あ~、本当に極楽だわ~♪
いま猛暑のシチリアでこのブログを書いていますが、北風が吹いて涼しかったサルデニアに戻りたい、、、(笑)

ここの浜も1時間ほど滞在。

次の浜に浮かう途中にはこんな美しい風景も。

e0335287_19002152.jpg
ちなみに写真よりも目で見た方が100倍美しいんです、、、。
もうとなりで、

「まだー?」

と言っているC氏を無視して、写真を撮りまくりました(爆)

さて、次の浜はTueredda(トゥエレッダ)という、ここは必ず!と思っていた浜。
友人からも噂を聞いていたし、行きがけにチェックした時にもあまりに美しくて絶対!と思っていました。
何といってもこんな海ですから、、、♡

e0335287_19033272.jpg
もうね、外国のリゾート地(モルジブとか)とか行く必要ないんじゃない?という感じ。

e0335287_19054729.jpg
でもね、、、この浜、、、人が多かった!!!
平日にくればそんなに混雑しないらしいのだけれど、何せこの日は日曜日。
すごかった、、、。
そして駐車場代が高い!、、、と言っても日本とは比べ物にならないくらい安いですが(笑)
1日9ユーロ、半日6ユーロ。
これまでほとんど駐車場代を払っていなかったので、異常に高く感じ。(感覚狂っています・笑)
でもね、、、せっかくですから立ち寄りましたよー。

今思い起こせばここの浜から始まった私達のグラニータ三昧。

e0335287_19092269.jpg
こんなカワイイグラニータ屋さんが浜を歩いています。
パフパフ、という音が聞こえてきたらグラニータ屋が近づいているサイン。

侮るなかれ。
このグラニータが結構おいしくて。

e0335287_19111644.jpg
暑い日の喉を潤してくれるグラニータ。
この日からパフパフの音が聞こえてくる度に反応する私達。
毎日食べてました(笑)

この浜にいる最中に北風が強くなってきて、、、段々波が高くなってきて。

本当はこの先にあと2つほど行きたかった浜(Le Dune, Su Giudue)があったのですが、
もう夕方だったし、波も上がってきたので今回は断念。

この日のお宿に向かう事にしました。

皆さん、きっと毎日海ばかり飽きないね~、、、とお思いかと思うのですが、、、これが飽きないんです(笑)
言われてみれば日本にいた20代も海を眺めるのが大好きで。
そして、トラーパニに来てからは毎日海を眺め。
私ってやっぱり海が好きなんだわ~、、、と実感した今回の旅でもありました。

さて、翌日は南西部を後にして南東部に移動です!
まだまだ海の写真が続きますよ~(笑)

========================================
e0335287_19321980.jpg シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-07-24 19:18 | 2017年夏サルデニア島で海三昧! | Comments(0)
e0335287_18142468.jpg

サンタンティオコ島の海を満喫した後は、お楽しみの夜ごはん♪
1日目はお宿から車で5分ほどの港町、カラセッタへ。

金曜日の夜は小さなメルカートが開かれるとのこと。

e0335287_18202820.jpg
はちみつやチーズ、そしてサルデニアのナイフ等等。
栗やクルミの木で作られたまな板、ものすごい手作り感が漂っていて(笑)

e0335287_18273203.jpg
街は思っていたよりもずっと可愛くて。
港街はやっぱりいい♪

街をうろうろと散策した後は、夜ごはんへ♪
お宿でいくつか教えてもらったお宿の中から一番オヤジ食堂っぽいところを選び(笑)

e0335287_18301953.jpg
Ristorante Da Pasqualino(リストランテ ダ パスクワリーノ)。
予約を入れてみると22:00までは満席。
人気のレストランの模様です。

ここは魚料理のお店。
サルデニアと言えばまずは粒粒パスタ、フレーグラを食べないと。


e0335287_18353910.jpg

前菜の盛り合わせを頼んだら、、、、マグロとカジキのプロシュットが。
そう、ここサンタンティオコ島と上にあるサンピエトロ島の近くはマグロ漁で有名。
マグロは回遊魚だから今の時期に一気にとれるマグロを保存食として加工する、、、というのはトラーパニも一緒。
ということで、トラーパニと同じような保存食がこの島にもあるわけです。

そして海の幸のフレーグラ♡
クスクスと似ていますが、似て非なるもの。
つぶつぶな食感がたまりまへん♪
マグロのグリルを頼んだら、色々な部位のグリルが。
食後はミルト酒とレモンのソルベで〆め。

大満足!

食後、広場に戻ってみたら、、、、

e0335287_18465143.jpg
生演奏が始まっていて、すごい人!
この時点でもう0時を回っていましたが、子供達もおおはしゃぎ(笑)
イタリア人、かなりの夜行性ですが、こうして小さな頃から鍛えられるのです。

翌日はサンタンティオコの街に行ってみました。
お宿から車で30分。
こちらもカラセッタ同様、港街。

e0335287_18583348.jpg

そしてオジサン率高し(笑)

e0335287_18595083.jpg
カラセッタの方がリゾート感あふれる感じでカワイイ街並みで。
こちらはなんだか昭和~、、、な雰囲気が漂うレトロな街。

1軒、行ってみたいレストランがあったのですが、行ってみたらコースメニューしかなく。
食べている人達のお皿を覗いたら、結構なボリューム、、、(汗)
そんなにお腹が空いていたわけでもなく、絶対に多すぎる!と思い断念。
そして軽く食べられるトラットリアを、、、と思ったのですが、これがない、、、、。
22:00を過ぎ、これでは絶対に夜ごはん難民になってしまう~、と思い、宿のお姉さんおススメのピッツェリアへ行くことに。

e0335287_19034446.jpg
土地のものを、、、と思っていたのですが、とりあえずこの日は土地のビールでカンパイ(笑)

サンタンティオコの街、グルグルとまわりましたが、美味しそうなレストランは最初に行こうと思った1軒だけ。
食事はカラセッタのほうが美味しそうなお店が多かったです。

今回の旅は、海>食の旅。
海の近くではやっぱり海の幸、、、、海の幸はトラーパニでも食べれる、、、(笑)
とはいえ、最低限の美味しいモノは食べたい!
でもピッツァは美味しかったからいっか(笑)

さて、翌日はサンタンティオコ島、出発でーす!




by latavolasiciliana | 2017-07-23 12:00 | 2017年夏サルデニア島で海三昧! | Comments(0)
さて、カリアリから色々な浜を周ってSant'Antioco(サンタンティオコ島)に到着。

サンタンティオコ島は「島」と言っても実際には陸続きなので車で直接入れます。

e0335287_05213448.jpg
私達が宿を取ったのは島の北部のカラセッタという小さな港町から車で5分くらいのところ。

サンタンティオコ島に行こう、、、と思ったのは大きな理由もなく(笑)

2010年にサルデニア島を旅した時にはカリアリに入ってからすぐに北部に移動。
旅の様子はこちらから↑。


サルデニアの食情報はこちらから↑。

南部はカリアリ以外は何も見ず、後からグーグルマップを見てみたら、南部にもきれいな入り江がたくさんあって。
いつか南部を中心に周りたい!と思った2010年。
あれからもう7年、、、。

で、今回は南部を西と東に分けて周ろう!という事になり。

有名な浜のすぐ近くはお宿が極端に高いし、人も多い。
でも、マイナーなところでもきれいな浜はあるはず!と思い、なんとなく目指したサンタンティオコなのでした(笑)

さてホテルに到着後、早速情報収集。
お宿のお姉さんにどこの海がいいか聞いてみました。
おススメされたのは、

Maradroxia(マラドロクシア)とCoaquaddus(コアクゥアッドゥス)、、、、舌を噛んでしまいそうな名前の海岸2つ。
地図で見ると島の南東部。
コアクゥアッドゥスはマラドロクシアの更に南にあります。
その他に、近いところならばカラセッタの近くに
Saline(サリーネ)、Spiaggia Grande(スピアッジャ グランデ)という浜があるとのこと。

ということで早速海チェックへ!

まずは近場から行ってみたのですが、、、、
北風が強かったせいもあり島の北側の海は波が強くあまりコンディションが良くない。
なので方向転換して、おススメのマラドロクシアに行ってみました。

e0335287_05375808.jpg
お、なかなかいいね♪

白い砂浜に青い海。
そして人が少ない♪
まず、サルデニアでの初海水浴はここに決定!
時は既に17:00、それでもこの明るさ、、、。
幸か不幸か、、、北風。
風が吹けばもちろん波は立つけれど、この風がなければ暑い、、、。
どちらがいいとも言えないけれど、いや、やっぱり暑さをしのぐには適度な風はあったほうがいいかも。

e0335287_05403796.jpg
しばらく浜で海水浴を楽しんだ後、浜のすぐ近くにあるBarにて一休み。
こんなきれいな海を見ながらって最高だわ~❤
と、気が付いたらもう19:00っ!

サンタンティオコ島、1日目の海はここで退散。

そして翌日2日目。
1日目同様、北風が強いから北側はチェックせずに、お姉さんおススメのもう一つの海。コアクゥアッドゥスへ直行~。
駐車場に車を停めて海へ行ってみると、、、

e0335287_05493919.jpg
遠くから見えたのはこんな海。
テンション上がる!

サルデニアは海のすぐ近くまで緑が生えているのが特徴的で。

e0335287_05521050.jpg

緑を眺めながら海岸へ!

e0335287_05543588.jpg

お~、キレイキレイ♡
地元の人の話によると、北風が強かったこの日、サンタンティオコ島で唯一そこそこ凪いでいる浜だったそうで。
結構、人がたくさんいました。
が、もちろん場所がない~、、、というほどの混雑ではなく。

コアクゥアッドゥスの浜は横に広がっているのですが、1つの海岸ではなく岩と岩の間にいくつかの小さな入り江があって。

e0335287_05592946.jpg

こっちは岩場なせいか、空いてる~。
海の色が違う~。

更に奥に行くと、LIDO(リド)と呼ばれる海の家のようなところがあって。

e0335287_06032103.jpg
写真で分かるかどうかわかりませんが、続いている浜なのに、地形によってちょっとずつ色が違う。
ちなみにここは砂鉄のような黒っぽい色の砂でした。

さて、この浜に何時間いたでしょうか、、、。
今回は基本的にビーチタオルと水だけを持って浜から浜へと移動する予定だったので、この時点ではパラソルもなし!
かなり焦げ付いてきたので移動することに。

グーグルマップで見てみるとコアクゥアッドゥスの先にかなり海が青い部分があって。
どこだろ~?と思い、車で探しに行きました。
コアクゥアッドゥスの先はガタガタ道でしたが、どんどん前進していくと、、、。

e0335287_06084443.jpg

うぉぉぉぉぉ~、あった!
思わず息を飲むほど美しい。
残念ながらここの下は崖になっていて降りていくことはできませんでしたが、上から見ただけでも十分に美しく。

更に前進するとほぼ岬の辺りに到着。
崖から下を覗いてみると。

e0335287_06114262.jpg

なんなんですかね~、、、自然って偉大過ぎる。
周りにはほとんど人がいなくて、波と風の音だけが響き。
もうこの風景を見ているだけで気持ちが癒されるような。
特に今年は前半戦がいそがしく、7月もお客様は少ないものの仕事自体は立て込んでいて、
夏休みがしっかり楽しめるかどうか、、、ちょっと不安ではあったものの、
やっぱり来てよかった、、、、と思った瞬間でした。

ここでしばらく海を眺め。
まだ時間が少しあったので、今度は島の西側へ移動、またグーグルマップを見ながら(笑)

次に行ったのはちょうど東から西に移動する道が、西に出てすぐの海岸、Cala Sapone(カーラ サポーネ)。
海に行く前にグラニータで喉を潤すためにBarへ。

e0335287_06223298.jpg
海の後のグラニータはとにかく美味しい♡

カーラ サポーネ、この海岸は全体的に白く。

e0335287_06251251.jpg
海の色も淡い青。
砂も白く、囲まれた色も白っぽい。
カーラ サポーネ、、、石鹸の入り江、という名はこの白さから来たのかな?

この辺にはかつて、トンナーラ(マグロ加工工場)があったらしく。
なんとなくトラーパニの近くの小さな浜と感じも似ているかも。

ここにいたのはほとんどが地元の人々。

e0335287_06274539.jpg
パラソル、テント、ビーチベッド、クーラーボックス、、、パニーニ、フルーツ、そして冷たい飲み物を準備して、
コンディションのよい浜にやってきて、
1日ノンビリ過ごすのがイタリア人流の夏の休日の過ごし方。
お金のかからない贅沢な休日です。

この後、北上していくつかの浜をチェックしたのですが、結局コンディションが良い海が見つからず。
この日の海チェックは終了。
翌日はサンタンティオコ島を出発する日だったので、サンタンティオコ島での海水浴はここにて終了。
1.5日でしたが島の美しい海を堪能しました!

サンタンティオコ島で海に行くなら、Maradroxia(マラドロクシア)とCoaquaddus(コアクゥアッドゥス)がおすすめ。
ただし、南風が吹いていると南側の海があれるので、
北側のSaline(サリーネ)、Spiaggia Grande(スピアッジャ グランデ)の方が美しく凪いでいるかもしれません。

さて、明日はサンタンティオコ島に移動途中にチェックした美しい浜へ移動です!

⇒続く





by latavolasiciliana | 2017-07-22 16:00 | 2017年夏サルデニア島で海三昧! | Comments(0)
e0335287_00182153.jpg

さて、カリアリに到着した翌日。
あまり体調は回復せず、ゲホゲホと咳をしながらの出発。
あ~、、、楽しみにしていたヴァカンツァなのに、、、(涙)

今回の旅は7泊8日。
予定としては南西部のサンタンティオコ島に2泊の滞在。
翌1泊は何も決めずに、海を見てから決めようという事で宿も予約せず。
そして最後の3泊は南東部で。
決めたのはそれだけ。
本当はお宿も決めずに、気に入った海の近くで宿を探して好きなだけ滞在、、、と思っていたのですが、、、。
さすがに7月のサルデニア。
出発前に宿を見ていたら、どんどん宿が埋まっていく、、、(汗)
残っているのは500ユーロ以上の5つ★ホテル。
段々怖くなってきて、、、直前に予約しました。

さて、初日はカリアリから南西の海をチェックしながら、2泊を予定しているサンタンティオコ島へ。

e0335287_23193759.jpg
今回はガイドも地図も持たず、お供はグーグルマップ。
そして地元の友人から聞いたきれいな海情報。
友人からは「Chia(キア)」の周りにきれいな浜がたくさん、、、、と聞いていたので、
キアあたりの美しい海岸をグーグルマップで見てみると、、、。

e0335287_00113481.jpg
ほぉ、あるある。

こうやって地図を見ながら美しい入り江や浜を検索。
そして、現地に行って浜入り口の看板を探す。
看板がなければ、車で、、、、歩いて、、、、浜に降りていく道を探す。
テクノロジーを使いつつ、結局は原始的(笑)

こうしてかたっぱしから南東部の南の海をチェック。

e0335287_00212594.jpg

お~、あるある、、、美しい海岸が♪

1泊フリーにしておいた日は、この辺りでお宿を取ることを心に決め、いざ目的地のサンタアンティオコへ。

⇒次に続く



by latavolasiciliana | 2017-07-22 07:00 | 2017年夏サルデニア島で海三昧! | Comments(0)
e0335287_22421868.jpg

昨晩遅くにトラーパニに戻ってきました。
7泊8日のサルデニア島でのヴァカンツァ、本当に満喫してきました!

旅行にパソコンは持っていったものの、SDカードから写真を読み込むためのアダプターを忘れてしまい(汗)
ヴァカンツァ中にブログをアップしよう、と思っていたのですが、結局、iPhoneから数枚アップしただけで。
楽しかった旅の備忘録として、そしてサルデニアを旅してみよう!という方のために、
旅の記録をつけておこうかと。

さて、トラーパニからサルデニア島への移動について。
日本からサルデニア島へは、ローマ、もしくはミラノ乗り換えですが、
トラーパニからはRyanairという格安航空がカリアリまで直行便がでています。


サルデニア島への空の玄関口はサルデニア南部の州都のカリアリ、
コスタズメラルダ(エメラルドコースト)がある北部のオルビア、
北西部のアルゲロの3都市。

カリアリへはイタリアの小さな街からライアンエアーが出ていますが、
格安航空とだけあって、規則が色々とあって。

●基本料金には手荷物10kgしか含まれていません。預け荷物は別料金。
●席指定は別料金。
●事前にWEBチェックインしておかないと空港で超過料金を取られます。

などなど、、、。

とにかく最初に表示されている価格には預け荷物の料金が入っていないことだけはお忘れなく。
預け荷物は、チケットを選択して先に進んでいく途中で追加することができます。
ただし、預け荷物を追加すると、アリタリア航空で飛ぶよりも高くなってしまう事もあるので、お気を付けて。
その後も、保険はいりませんか~、レンタカーはいりませんか~、ホテルはいりませんか~、、、と色々出てきます。
慣れると、お!こんなものも勧めてくるのか、、、と結構笑えます。
(ライアンエアーではスーツケースもおススメされます・笑)

あとライアンエアーは席指定もできず。
指定したい場合はそれも有料。
今回、行きも帰りも指定しなかったら、行きは前の方の通路側と最後列の通路側と、遠くに分かれ。
帰りも前の方と後ろの方に分かれていたのは同じですが、なんと3席の真ん中の席と、どんどん劣悪な環境に。
次回は絶対に指定しろよ!と、ライアンエアーからの声が聞こえてきました(笑)
どうせ1時間くらいですから、きっと次回も指定しないですけどね(笑)

ライアンエアーの他、VOLOTEA(ヴォロテア)という格安航空がカリアリ、オルビア、アルゲロ、
どこの空港にも就航している模様。



私は乗ったことが無いのですが、ヴォロテアもも色々と規則があるはず。
じっくりと読んでからチケットを購入してくださいね。

諸々の規則が面倒~、、、、という方は、やはりアリタリア航空で飛ぶのが安心かと思います。
ただ、トラーパニやピサなど、小さな街から直接飛べるのは本当に便利。
トラーパニはトラーパニ空港までは車で20分くらいですが、パレルモまでは車で1時間ですから。

到着後、レンタカーしてホテルに行って、街へ。
先日アップしたブログにも書きましたが、この日は風邪で絶好調、調子が悪くて。
ホテルに到着した後、何か食べようか、、、という事になりカリアリの街に行ったのですが、、、駐車する場所なし!
ものすごい混雑、、、。
30分くらいウロウロしてようやく駐車したのですが、街中にもかなりの人が溢れかえり(汗)
恐るべしカリアリの夏。

ヒトも多いし、体調も悪いし、、、サクっと食べてホテルに戻り、明日からのヴァカンツァに備えました。

さて、どんな美しい海が私達を待っているのか~~~、楽しみだな、今年の夏休み!



by latavolasiciliana | 2017-07-21 23:09 | 2017年夏サルデニア島で海三昧! | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana