タグ:メルカート ( 13 ) タグの人気記事

初夏の農民市場

e0335287_19423683.jpg


夏色全開!の農民市場♪

もはや暑くなってきた、、、というより、完全な真夏モードのシチリア。
これでも今年は夏が来たのがちょっと遅かったほど、、、夏がやってくるのが早いシチリア。

夏野菜も出そろっています。
旬の野菜が全体の99%を占める農民市場。
現在、ナス、巨大ズッキーニ&長いズッキーニ、トマト、赤黄ピーマン等等、、、
ビタミンカラー!の野菜達が市場を賑わせています。

e0335287_19444291.jpg


トマトも目が眩しいほど赤い。

近年、私の周りで軽いブームが来ている長いズッキーニ。

e0335287_19471265.jpg


ちなみに奥にあるのは、この長~いズッキーニの新芽、テネルミ、という葉野菜です。

テネルミ欲しさに我が家の家庭菜園にもこの長いズッキーニ、昨日植えてみたのですが、、、育つかな?

ナスはいつもの丸型の大きい明るい紫色のものに加え、真っ白なナスも。

e0335287_19512965.jpg


すごく柔らかくてクリーミーな食感らしく、、、。
私の顔と同じくらいの巨大な白ナスを購入。
1個で1kg、でかー(笑)

さて、これで今日は何を作りますかな?



 
by latavolasiciliana | 2016-06-29 19:53 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)
e0335287_16123257.jpg
引っ越しもようやくひと段落。。。だいぶ段ボールも消え、
キッチンも無事使えるようになりました!

ということで、張り切って農民市場へ♪

トラーパニでは水曜日と土曜日の2回、場所を変えて開催される農民市場。
水曜日の農民市場、以前のアパルタメントからは徒歩10分。
今度のおうちは、前のおうち→農民市場を通り越して徒歩10分。
ということで、今のおうちからも徒歩10分(笑)
しかも土曜日の農民市場(こっちの方が大きい)へも近づいた♡

好立地です(笑)

さて、春の野菜と言えば、、、、やっぱりソラマメ!(写真上)
イタリアのソラマメは細長くて、1つの鞘に5~6個くらいマメが入っています。

そしてこちらも春の風物詩。

e0335287_16171204.jpg
グリーンピース。
甘くてとっても美味しい❤

シチリアも私がきた10年前よりも、随分旬が長くなってきた気がしますが、
ソラマメとグリーンピースの旬は本当に短く。
もうそろそろ、なくなっちゃうだろうな~、、、。

比較的旬が長い、冬野菜もまだまだ健在。

e0335287_16204290.jpg
これ達も今が最後。

そして私が好きな春の野菜と言えば、、、これっ!

e0335287_16225175.jpg
赤い短い長いネギ、、、どっちなんだよ!って声が聞こえてきそうですが(笑)
これ、赤玉ねぎと同じ苗を冬に植えるんです。
そして春になると、、、長くなってる。
春に同じ苗を巻くと初夏に赤玉ねぎが収穫できるそうです。

同じ苗を植えても気候条件に寄ってできる形状が違う。
面白いですね。

この春の短い長いネギ、オーブンで焼くとトロ~んとしてとっても美味しく♡
ネギは体にもいいですしね。

比較的温暖なシチリアは「長い冬があけ、、、」という訳でもないシチリアの春の訪れですが、
やはり春は夏の訪れを感じさせるとってもよいシーズン♪

もう少しだけ楽しめる春の旬を楽しみたいと思います。



by latavolasiciliana | 2016-04-22 16:27 | シチリアの旬色々 | Comments(2)
e0335287_15434168.jpg

今年もやってきました赤にんにくの季節。

トラーパニの街を出て数キロ車で走ったところにある小さな村、Nubia(ヌビア)。
ここでは香り高い風味の赤にんにくが作られています。

Nubiaは塩田のすぐ横っちょにあって。
赤にんにくが栽培される土にはミネラル成分がたっぷりと含まれていて、
それがNubiaの赤にんにく特有の香りを生み出すそうです。
香りがいいだけではなく消化もよいといわれているこの赤にんにく。
トラーパニ地方の料理には欠かせない食材の一つです。

赤にんにくの収穫は1年に1回、今の季節にだけ行われます。
乾燥してから編み込まれた赤にんにくは、家の外やキッチンにそのままぶら下げて、
1年間使い続けます。
さすがに春先になるとスカスカしてくるのですが、
それでも温室栽培などはせずに、使えるものだけを使う。
トラーパニの人達のこだわりを感じます。

先日、農民市場に行ったらここにも並び始めていました。
今の時期の赤にんにくはまだまだ辛味が強くて、
パスタに入れるとこれがまたピリっとして旨い!

季節の風物詩はやっぱりいいな~♪

==

なんだかバタバタ、、、と過ぎていった先週ですが、今日から夏合宿
今回はシチリアで、日本で、、、もう何度もお会いしている気心知れたお客様と、
一緒にマレッティモ島を楽しんできます!

では行ってきまーす♪



by latavolasiciliana | 2015-06-29 15:54 | シチリアのオイシイ食材 | Comments(0)

パレルモ市場 今昔物語

e0335287_123312.jpg


パレルモの3大市場の1つ、ヴッチリア市場。
かつては「パレルモ市民の胃袋」と称され賑わっていたこの市場ですが、
今は閑散と寂れた市場となってしまいました。

写真はヴッチリア市場の中央にある広場。
ここにはかつて、

「タコ親父」

と呼ばれた名物親父がいて。
さっと茹でただけのタコにレモンをギュっと絞って食べさせてくれる屋台がありました。
このタコ親父も病気になり、しばらくは息子が屋台に立っていましたが、
今はその姿も消え、、、。
昔からこの場所でパレルモ名物のモツバーガー(パーネ カ メウサ)を
売っていた親父だけが残りました。

ヴッチリア市場に変わって現在賑わっているのがパレルモ駅近くのバッラロ市場。
野菜、魚、肉、チーズ、お菓子、パン、雑貨、、、、
ありとあらゆるものが1キロ以上にわたって並ぶバッラロ市場には、
いつもたくさんの人が押しかけ買い物をしています。

パレルモは過去の栄光と現在の廃退のコントラストがはっきりと浮き上がる街。
それは市場も同様で。

ヴッチリア市場には、その過去の栄光を求めてか、
この場所を懐かしんでなのか、
それとも、もはや習慣なのか、、、
現在は多くの親父達の溜り場となり。

今日もそんな親父達がモツバーガーを求めて屋台に群がるのでした。
by latavolasiciliana | 2015-02-18 01:36 | シチリアの市場に行こう! | Comments(6)

晩秋の農民市場

しばらくアップをご無沙汰している農民市場。11月末だというのに比較的穏やかな暖かい日々が続いていて衣替え、、、にはまだまだ遠い感じですが、農民市場はすっかり衣替え。冬野菜が並んでいます。

e0335287_2347869.jpg


ブロッコロという名のカリフラワー。

e0335287_23481166.jpg


カルチョーフィ。

e0335287_2350324.jpg


フィノッキオ(フェンネル)。

冬野菜3兄弟とも言えるこの野菜たち。10月初旬から市場に並んでいましたが、その頃はまだあまり美味しそうな感じがしなくて、、、ようやく、美味しい顔をした野菜3兄弟が並び始めました。

とは言え、まだ秋という感じがするのが果物達。

e0335287_23532613.jpg


今がはしりのオレンジやマンダリンに加え、ブドウ、カキ、フィーキ ディ インディア(サボテンの実)という、秋の果物もまだあったり。

農民市場では野菜や果物だけではなく、食に関する色んなものが売っています。

これはカステルヴェトラーノの黒パン。トラーパニ県南部のカステルヴェトラーノという街の近辺で栽培されるトゥンミニアという古代種のセモリナ粉をつかったこのパン。

e0335287_23554822.jpg


すっごい香りが良くて、噛んでいると甘味を感じてくるこのパン。粉が美味しいせいかパンの味自体がとっても深く。土曜日の大きな農民市場には売りにやってきませんが、うちの近所で水曜日に立つ農民市場に毎週やってきます。

e0335287_03073.jpg


パン屋、、、というよりもちょっと漁師っぽいおっちゃん(笑)朝焼きたてのパンの他、朝食用のビスコッティも販売していますがこれもまた美味。この市場にやってくるようになってまだ数ヶ月ですが、ウワサがウワサを呼び、いつもたくさんの人が買っています。やっぱり美味しいモノのウワサが広まるのは早い(笑)

e0335287_055590.jpg


ハチミツや、、、

e0335287_07579.jpg


乾物屋さんもあります。

もちろんいずれもトラーパニ県内で生産されたもの。直売なので価格もお手頃。(というか安いっ!)

乾物屋さんでは乾燥ソラマメを買ってたおじさんが、こんなことを言っていました。

「ここで買った乾燥ソラマメはね、1袋は食べるようで、もう1袋はウチの畑に植えるようなんだよ。ここで買うソラマメは発芽率が良くてね。来年の春もきっと美味しいソラマメが食べられるはず。」

おじさん曰く、種屋さんで買うものよりも、農家さんから買ったほうが安心だから、毎年乾物屋さんで植える用のソラマメを買うんだそうです。

ここのところ忙しくてなかなか農民市場に来れませんでしたが、やっぱり市場は楽しい!

来年はパン屋さんと、ハチミツ屋さんと、乾物屋さん、、、作る現場にお邪魔したいと思っています♪
by latavolasiciliana | 2014-11-26 23:49 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)
さてさて、最終日、、、っ!

シラクーサに宿泊した最終日、午前中は各自自由行動でした。なので、私はシラクーサの市場散策に出かけてきました。

e0335287_23461772.jpg


市場はシラクーサの旧市街オルティージャ島への橋を渡った近くにあります。地元の人も買い物していますが、観光客もたくさん訪れます。食材屋さんでは観光客がパパっとすぐに帰るように、小さな袋に入って外に並んでいました。トラーパニには残念ながらこういう市場が街中になくって。市場はやっぱり活気があるし、人々の生活が垣間見れるし、通年どこかにこういう場所があったらいいのにな~。

e0335287_23502773.jpg


ブヒっ!(笑)

市場には野菜、魚、食材、、、色々なお店が並びます。

e0335287_23525445.jpg


トラーパニではあまり見かけないシャコ。シラクーサにはいつもあります。

e0335287_2354915.jpg


真っ赤なトマトが眩しいっ!

e0335287_23555323.jpg


カターニャに続き、シラクーサにもあったよグリル野菜。カターニャは丸ごとでしたが、こっちはスライスしてグリル。夏野菜はやっぱり焼いただけが一番美味しい❤

市場散策の後は海沿いを散歩。

e0335287_23591879.jpg


シラクーサの海も美しいですが、透明度はトラーパニのほうが高く。(トラーパニ贔屓・笑)

そしてお昼タイム!これが最後の食事です。当初、市場近くの魚料理のお店を考えていたのですが、昨日お客様と歩いているときに見つけたお店がどうも気になり、、、。おいしそうな匂いがしたんです、お店から。行ったことはなかったけれど、試してみようっ!ということになり、初挑戦。

そしてこのお店が当たりだったっ!

私が頼んだのは、レモンペーストのパスタ。

e0335287_032720.jpg


そしてこのパスタが、、、ちょっと衝撃的に美味しかった!今まで食べたことのないレモンのパスタ。最終日にして連日のお食べ地獄で、既に食欲を失っていた私ですが、ぺろりと平らげてしまいました、、、。他の方が頼んだお皿もそれぞれおいしそうで♪

今度シラクーサに宿泊したときには、このお店でお腹いっぱい食べよう!と心に決めたのでした。で、どこのお店かって??それは次回きちんと食べからのお楽しみ、、、ってことで♪ シラクーサのレストラン、いろいろと食べましたが、久しぶりにお気に入りのお店を見つけました♪ウレシイ♪

さて、シラクーサでランチをした後は、カターニャまで移動して2014年東シチリア美食の旅は終了しました!お疲れ様でしたっ!

いやはや、私も楽しかった美食の旅。たくさん食べましたが、たくさん歩きもしました。家に戻って体重計に乗ったところ、0.5kgの体重増加で免れました、、、、よかった、、、、ホッ。

2015年も更にパワーアップして開催したいと思います。季節は寒くも暑くもない秋がいいと思うのですが、何月に開催するか、、、現在悩み中。●●月がいいっ!というご希望のある方、是非ご連絡くださいねっ!

来年は一緒に美食の旅に行きましょう!
by latavolasiciliana | 2014-10-11 00:11 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)
美食の旅第5日目、終盤戦です!

連日の食べ歩きでそろそろ胃もお疲れ気味、、、ですが、そんな事を言っているヒマはありません(笑)5日目はモディカからカターニャへ。

カターニャといえば、、、

e0335287_19523722.jpg


ゾウのゾウだぞぅ~、、、、で知られる街(笑)←シャレじゃなくて実際に街のシンボルともなっているこの象の像は、溶岩石でできたゾウの部分は古代ローマ時代のもの、上のオベリスクはエジプトから持ってきたもの、、、と言われています。

カターニャのすぐそばにはエトナ山という火山があり、近年も何回も噴火している活火山。そのため、ドォーモを始め、街は溶岩石を使った建築物が多いため、黒と白のツートンカラー。

e0335287_203177.jpg


天気が良い日はエレガントな感じもするのですが、天気が悪くなると途端に街がすっごく暗く感じられてしまいます。ここ数年、よくカターニャにやってくるのですが、幸い晴天な日が多いため、カターニャの印象もアップしましたが、それまではカターニャといえば暗い街、、、というイメージであまり良い印象はありませんでした。きっと昔に天気が悪い日ばかりに来て、街のイメージが暗くなっちゃったんでしょうね。

さてさて、そしてカターニャといえば、、、魚市場!

e0335287_2061323.jpg


ドォーモ広場のすぐ裏側に広がる魚市場はそれはそれは活気に満ちた市場。

魚を売る男達の威勢の良い掛け声もすごく、買うおじちゃん(イタリアでは男性がよく買い物をしている比率高し)やおばちゃんの勢いもすごい。

e0335287_20104324.jpg


でもカメラを向けるといきなりカメラ視線(笑)

e0335287_20114820.jpg


新鮮な魚が大規模な市場で売られています。カターニャ近海でとれた魚も多いようですが、我らが西海岸!からやってきた魚も多々あるそうです。

魚市場の奥には肉屋さんとか、、、

e0335287_20181813.jpg

↑親父さんの横に置いてあるのは、カターニャ名物ハエよけ棒です。

スパイス屋さんとか、、、

e0335287_20202743.jpg

↑カレー粉買いました(笑)

そしてロースト野菜屋さん!

e0335287_20212575.jpg


全体的にカオス、、、な感じが漂っているところが好きなこの市場。

市場散策の後は街をプラプラとして、、、さあお昼ごはん!

カターニャといえば、、、やっぱりアンティカ・マリーナ♪ 魚市場の中にある、元祖小皿魚アンティパストのお店です!

e0335287_20254553.jpg


カウンターに並ぶ魚ベースのアンティパスト達。これを小皿にチョコチョコと10種類近く、盛ってくれます。色んな種類をちょこっとずつ食べたい日本人としてはウレシイのです。

e0335287_20284090.jpg


一番左の太っちょのおじさん、見覚えある方もいるのでは?
9月に横浜のデパートの催事に出店したんです、アンティカマリーナ。

「ニホンデ リョウリシタゼ!」

って言ってました(笑)

e0335287_20313082.jpg


魚ベースですが、野菜も程よく入っていて、疲れた胃でも美味しくいただけるアンティパスト達。

少なく見えますが、お皿に盛ってみると、、、

e0335287_2231314.jpg


結構あるし。各自これくらい取って、まだおかわり出来る分くらいあります。

次はお任せパスタ2種。

e0335287_22321438.jpg


ムール貝とマウロのパスタ。

マウロとは海草。そう、カターニャは海草食べるんです。他の地域ではほとんど見たことないのですが、、、。日本的には海草パスタにしちゃうような細い海草ですが、カターニャではパスタに入れます。磯の香りがしてこれがなかなか美味。きっと日本の似たような海草でも作れると思います。

e0335287_22344246.jpg


魚卵のラビオリ。

ラビオリ、中身は何の種類かは忘れちゃいましたが、、、魚でした。(多分ハタとかその系の魚)美味しかったけれどかなりヘビー、、、にて私はここでギブアップ。

お客様は更に続く、、、(汗)

e0335287_22381393.jpg


魚と野菜のグリルの盛り合わせ。

魚はかじき、イカ、エビの盛り合わせでした。写真では少なく見えますが、結構な盛りです。ここまで食べたらもうお腹いっぱいでしょうね、、、。少食?な私は見ているだけで更にお腹が膨れてきました(笑)

この後デザートも続き、、、もう夜は食べれない!というくらいお腹いっぱいに。

日本から来た方はやっぱり気合が違うな~、、、と実感したランチでした(笑)

この後はシラクーサへ行ったのですが、やはりお腹が空くわけもなく。

e0335287_2243199.jpg


夜はドォーモ広場のBarに陣取ってアペリティーヴォ♪ 美しい夜の風景が何よりのご馳走でした。夜が美しいシラクーサの街。訪れることがあったら1泊して、この広場でアペリティーヴォを楽しむことをオススメします♪

今日も盛りだくさんだった1日!明日は最終日、、、旅が終わってしまうのが残念だな~、、、、(って仕事なんですが~・笑)

明日が最終回です!
by latavolasiciliana | 2014-10-09 22:45 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)
久しぶりのパレルモ。そして久しぶりのバッラロ市場!

パレルモにある3大市場(バッラロ、ヴッチリア、カポ)のうち、もっとも賑わっているのがバッラロ市場。私のオススメコースはパレルモ中央駅近くのVia Tukory(ヴィア トゥコルイ)から入ってジェズ教会のほうに抜けるルート。入り口は普通の市場っぽいのに段々ディープな感じになっていきます。

まず入り口付近には果物が野菜が並びます。

e0335287_1211136.jpg


イタリアのスイカは細長し。

e0335287_12157.jpg


夏の風物詩、長~いズッキーニ。トラーパニではクネクネ曲がったのが売っているけど、バッラロにあるのは真っ直ぐ!そして細い!だから余計長い、、、、。

e0335287_1242628.jpg


真っ赤なトマトが0.7ユーロ、、、もちろん1個ではありませんよ、1kgです!パレルモの市場はトラーパニより相当安い。

e0335287_1265375.jpg


桃が食べ放題。安いです。

e0335287_1303950.jpg


でっかいカジキがドカン!

e0335287_1312041.jpg


魚屋も賑やか。

ちょっと奥に入っていくと、、、

e0335287_1333974.jpg


段々増していく廃墟感。このあたりになってくると相当道も狭いのですが、原チャリやAPE(オート三輪)がお構いなしで走っていきます。以前に比べると随分怪しい感じも薄れましたが、それでもやはり手荷物にはお気をつけください。

ディスプレイを見るのもバッラロ市場の楽しみのひとつ♪

e0335287_12917100.jpg


e0335287_1362675.jpg


なんかシュールです。

肉屋さんの軒先には通常、羊の半身がガンガンぶら下がっているのですが、さすがに暑いからか、、、ぶら下がってませんでした。豚足や豚の耳なんかもなくって。夏は肉劣勢か?

びっくりしたのはこんな真夏にブロッコロ(という名の黄緑色のカリフラワー)を売っている屋台がひとつあったこと!個人的にはこの暑い季節にブロッコリーはちょっとね、、、食べたくないし。ま~、買っていく人はさすがに見かけませんでしたけど。旬じゃないものが並んでいるとやっぱり違和感があるシチリアの市場。

久しぶりにバッラロ市場行きましたが、やっぱり活気があって物資も豊富で面白い。そして毎回思うこと、それはパレルモは安い!

さ、市場を後にしてパレルモの街をぷらぷらしましょう♪
by latavolasiciliana | 2014-08-02 01:43 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)

マルサラぷらぷら

e0335287_22431017.jpg


久しぶりにマルサラの街をプラプラと散歩しました。

マルサラは言わずと知れたマルサラワインで知られる街。あちらこちらで「Vino Marsala(ヴィーノ マルサラ=マルサラワイン)」の文字を見かけます。

この日はちゃっかり4種類のマルサラを試飲。

e0335287_22475823.jpg


楽しい(笑)

マルサラはミニトラーパニと言った感じですが、なんかカワイイ街♪ メルカートの入り口もほら。

e0335287_2251218.jpg


なんかレトロでいい感じ♪

中は魚市場があって。そういえば、今の時期のトラーパニと言えば、、、マグロ!黒マグロが回遊してくるこの季節、魚市場には生の黒マグロが並びます。今年はなんだかバタバタしてて見てないな~、、、と思い、メルカートへ。

e0335287_22532162.jpg


まず目に飛び込んできたのは、マグロじゃなくてカジキ。シチリアではカジキは筒切りが基本です。

この日は大きな黒マグロはあがっていませんでした。先に進むとこんなおっちゃんが。

e0335287_22561259.jpg


包丁が怖いってば(笑)

マルサラは本当に小さいので、旧市街を全部回っても1時間もあれば見れてしまう街。でも空が青くて、太陽光がサンサンな感じで、とっても素敵な街。

お昼ごはんは、街のおっさんたちが通う食堂へ。

e0335287_22591695.jpg


マグロのパスタはメニューには通年ありますが、生黒マグロが使われるのは今の季節だけ。ん~、やっぱり美味しい♪ 歯ごたえが違います。

この日は何のアテもなく、本当にぷらぷら。やっぱり散歩はこれに限る♪
by latavolasiciliana | 2014-06-23 23:01 | シチリア散策♪ | Comments(0)

トマト色々 @ 農民市場

e0335287_2148896.jpg


アーモンドに続いて農民市場ネタをもうひとつ。

冬でもトマトはありますが、やっぱり温室栽培。6月になって露地栽培の完熟トマトが市場に並ぶようになりましたが、そのトマト達は冬のトマトと風味も甘みもまったく別物!そして一言で「トマト」と言っても、日本のトマトほど種類は多くないですが、数種のトマトが並びます。

トラーパニ近辺で多く見かけるのはこのちょっと細長いタイプ。

e0335287_21514515.jpg


水煮缶で有名なサンマルツァーノ、、、、ではありません。甘みと酸味のバランスがよくって、サラダにもソースにも使える万能タイプ。

e0335287_21543940.jpg


そしてシチリアのトマトと言えばこれ!南東部のパキーノ村から生まれたチリエジーノ。まん丸なその形がサクランボウ(チリエージャ)に似ていることからこの名前が付きました。シチリアさんの小さいドライトマトもこのチリエジーノから作られています。圧倒的に甘みが強く、海に近い場所で栽培されているのでミネラル感がたぷりなのも特徴。とにかく甘い~♪

e0335287_21571282.jpg


そして最近の流行はこれ。ダッテリーニという、チリエジーノよりも更に甘みが強いタイプ。細長い小粒がナツメヤシの実(ダッテリ)に似ていることが名前の由来です。これ、このパックで1.3ユーロ(約180円)だったのですが本当に美味しかった!洗いながら一粒、、、そしてもう一粒、、、やめられないとまらない!で、ほぼ食べつくしてしまいました。

e0335287_2213992.jpg


こんなモコモコしたのもあります。これもサラダにソースに万能。最近は日本でもCuore di Bue(クオーレ ディ ブエ)というモコモコトマトが有名ですが、それとは違う種類だそうです。実はこの形のトマト、シチリアで古くから伝統的に栽培されている種類だそうです。

八百屋さんに行って、「トマトちょうだい」というと、まず聞かれるのが生食用か、加熱用か。それによってトマトを使い分けます。ちなみに一番上の写真の左側にあるちょっと青いトマト、これは完全な生食用。青いから甘くない、、、と思いきや、意外と甘いのでその味にちょっと驚きます。

同じような写真がズラリと並んでいますが、どのトマトも色が濃くって本当に美しい!シチリアの太陽の下でピカピカ輝くトマトは本当に宝石みたいに美しいのに、、、、安い(笑)これがシチリアのいいところです。

夏にシチリアを旅したら、炎天下に並ぶ八百屋さんのトマトを是非お試しください。価格からは想像ができないほどの甘みと、日本では既に忘れ去られそうなトマトの酸味がギュッ!と詰まった、まさにシチリアの夏の味覚です♪ あ、トラーパニの美味しい塩もどうぞお忘れなく♪
by latavolasiciliana | 2014-06-22 22:08 | シチリアの旬色々 | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana