タグ:オリーブ農園のお仕事 ( 20 ) タグの人気記事

e0335287_16031969.jpg


庭のオリーブの木のお花が開花し始めました❤️

オリーブのお花って例年5月に咲くのですが、、、。
今年は早かった。
多分、暖かくなったのも早かったからでしょう。

秋にはたくさんの実が付くかな?


by latavolasiciliana | 2017-04-20 15:59 | オリーブのお話 | Comments(0)
e0335287_01155662.jpg
==
※11月1日19:00頃に、搾りたてオリーブオイル販売のご案内メールを送りました。
いつもの事ですが、相当数、、、戻ってきてしまっています(涙)
メールが届いていない方は迷惑メールフォルダを一度ご確認下さいませ。
それでもメールが見つからない方で、オリーブオイルのご購入を希望される方は、
下記メールアドレスまでご連絡下さいね。

info2★tavola-siciliana.com(★→@に変更してください)

件名に「オリーブオイルの案内希望」とご記入下さい。

お手数をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い致します<m(__)m>
==



2015年、第1回目オリーブ収穫が終了。
収穫当日にオリーブオイルを搾油しましたが今年は本当に素晴らしいでき!

写真をご覧いただけるとわかると思いますが、
フラントイオ(搾油所)の電気の光の下で撮影した時よりもかなり濃い緑色。
今年はかなり若く青い時に絞ったので、本当に爽やかな青いオリーブの香りが際立っています♪
この写真を撮影している最中も、非常にみどり~な感じな香りが漂い。

緑の香りはきちんとテイスティングすると80%のチェラスォーラ種がもたらす、
カルチョーフィの香り。
カルチョーフィの茎のあたりの香りがします。
追って、トマトのヘタの香り。
これは10%のノチェッラーラ種がもたらす香り。
結構強く感じるので、もしかして10%以上入っていたかな?

口に含んでみると、、、、。

サラッとした中からまず感じるのは苦み。
続いてノドにやってくる辛み、、、。
フラントイオでテイスティングした時にはかなり苦みを強く感じましたが、
数日経って落ち着いてみると、苦みより辛さの方がちょっと強いかな?
やはり辛さが特徴のノチェッラーラ種が10%以上入っていた証拠かと。

それでもどこかマイルド~♪な感じがするのは、
ビアンコリッラ種が10%入っているかな?

●チェラスォーラ種 ⇒ 青さと苦みが特徴、カルチョーフィの香り
●ノチェッラーラ種 ⇒ ピリピリ!と辛さが特徴、青いトマトの香り
●ビアンコリッラ種 ⇒ 爽やか、かつデリケートさが特徴、フローラルな香り

ビアンコリッラ種は3年前に私達が植えた木から今年かなりの量が収穫でき。
始めて一緒に搾油してみましたが、青さが特徴のチェラスォーラ種に混ぜる事で、
ちょっぴりマイルド感が漂うんですね。

いずれにせよ、3種のオリーブの特徴が1つのオイルですべて感じられる、、、
私達のオリーブオイルとしては初めての感じのオリーブオイルとなりました。

昨日はパスタに、今日はサラダに使ってみましたが、
使ってみると料理にすっとなじむ感じで。
とはいえ、まだまだ青いのでスッキリと爽やかな香りが料理からも漂います♪

こちらのオリーブオイル、今までラ ターボラ シチリアーナのプランや、
日本で開催している料理教室に参加したことある方限定で販売致します。
近日中に全員の方にご案内メールを送らせていただく予定ですが、
一括送信で送ると、多くの方にメールが届かない模様。
11月3日までには送信致しますので、3日を過ぎても届かないよー、
でもオリーブオイルを買いたいよー、という方、
いつものメールアドレスにご連絡下さいね!

11月7日&8日の料理教室に参加される方、ちょこっとですが料理教室でも販売します。
たくさんは持っていけないので、売り切れてしまった場合。
予約販売とさせていただき、後日、到着後、指定のお店にて引き渡す形とさせていただきます。
詳しいご案内は料理教室当日にさせていただきます。

今年は豊作だったので、あと12本収穫していない木が残っています。
現在、残念ながら天気が悪くて収穫できず(涙)
私が日本滞在中に、収穫される予定です。
こちらも日本から戻ってきてからテイスティングするのが楽しみです!

今年は本当に幸せな秋を迎える事ができました。
たくさんの実を付けてくれたオリーブ達に感謝❤




by latavolasiciliana | 2015-11-01 01:37 | オリーブのお話 | Comments(0)
e0335287_17201807.jpg

2015年のしぼりたてオイルができました!

1年間、手塩にかけてきて育ててきたオリーブの木達、、、。
今年は去年のように大きな被害にあう事もなく、
健康そのもののオリーブが収穫でき。
昨日、フラントイオ(搾油所)にて搾油してもらいました♪

今年は私は仕事が忙しく、今週も出張で収穫には参加できず(涙)
でも信頼できる農家さんに頼んで収穫してもらいました。

e0335287_17253722.jpg
収穫したオリーブはすぐにフラントイオに持って行って。

e0335287_17283082.jpg
「REIKO」の名前で大きなケース2つ分。


e0335287_17342318.jpg
私はちょうどこの時点で出張から戻ってきて。
フラントイオに駆けつける~。

今年はかなり青めな状態で収穫してみました。

e0335287_17301606.jpg
下から2番目。
今回の収穫は449kg。
まだ全部の収穫が終わっていないので、来週も今回と同じくらいの量を収穫予定。

ワクワク、、、、待つこと約1時間ちょっと。

e0335287_17360938.jpg
きた~~~!!!

一番上の写真は、ちょっと黄色がかっていますが、
実際の色は鮮やかな緑!
こちらの写真の方が現物に近い感じです。
勢いよく流れ出るオリーブオイル、、、、あぁ~、、、、1年に1回の至福の時間❤

幸せ❤

オイルは持参したステンレスタンクでお持ち帰り。

e0335287_17394987.jpg
たまたま農家のお友達がいて、車まで運ぶのも手伝ってもらい。
(というか、重くて私には無理、、、、)

無事にお持ち帰りしました❤

出張の疲れも一気に吹っ飛びました(笑)

このしぼりたてオリーブオイル、来週の料理教室@日本で少しだけ販売します♪
おそらく7日お昼&夜の会の方は購入可能かと思われますが、、、
大した量を持っていける訳ではないので、8日はちょっと怪しいところ。
その場合はシチリアから発送、若しくは、日本で引き渡しのできる予約販売をさせていただきます。
今まで、ラ ターボラ シチリアーナのプランや、日本の料理教室に参加下さった皆様には、
近日中にお知らせのメールを送らせていただきますね♪

さて、今日からは日本でのイベント諸々の準備ラストスパート!

日本で皆様にお会いできることを楽しみにしていますねっ!

==

●シチリア美食の旅をコーディネート「ラ ターボラ シチリアーナ」
http://tavola-siciliana.com/

●エリチェの街散策付き!トラーパニステイ3泊4日&5泊6日ベーシックプラン
http://tavola-siciliana.com/set_plan/basic.html

●2016年の「シチリア美食プラン」の日程が決定しました。詳しくは下記URLから。
http://tsiciliana.exblog.jp/23492589/




by latavolasiciliana | 2015-10-30 17:51 | オリーブのお話 | Comments(2)
e0335287_05071379.jpg

すっきりと晴れた日曜日。
我が家のオリーブ農園のパトロールに行ってきました。

今年は、、、鈴成り!!

去年の凶作のニュースは日本にも届いた事と思います。
我が農園は9月にハエにやられて、あっ!という間にオリーブが落ちてしまい、、、(涙)
去年は理由こそ違えど、イタリア全土のオリーブがほぼ全滅状態。
イタリアでも例に見ない凶作となったのでした。

今年の夏はシチリア、あまりの酷暑のため、ハエも活動できず。
雨は相変わらず降らず不足していましたが、これは例年の事。
(シチリアは6月~8月まで例年ほとんど雨が降りません)
それどころか、5月に暑い夏がサッサとやってきたおかげで、
8月中旬に1回、まとまった雨が降り。
まさに恵みの雨!

、、、という感じで、今年は当たり年!

我が農園も緑に輝く宝石が鈴成りです❤


e0335287_05084019.jpg
そして嬉しい出来事がもう1つ。
2013年4月に私達が植えた27本のオリーブの木。
今年で3年目ですが、なんと多くの木にたっくさんの実が成ってる!

e0335287_05151702.jpg
しかも、写真ではちょっとわかりづらいのですが、デカい、、、。
(上の写真とあまり差が分からないですね、すみません・苦笑)

若い木はエネルギーをたくさん蓄えているので、実もどんどん成長し、
熟していくスピードも速く。

背の丈は2mを超え、、、。

e0335287_05192890.jpg
私はすっかり追い抜かれました(笑)

3年前の写真を見ると、か細~くてヘナチョコな感じでした。
それが今では幹もしっかりしてきて、木っぽくなってきました。
オリーブって成長早いんですね~。

さて、気になる収穫ですが、、、おそらく2~3週間後。
日本に行く直前くらいになると思います。
今年はどんなオリーブオイルになるか、、、本当に楽しみです!

==

さて、11月の料理教室@日本。
11月8日(日)の夜の部でお席がご用意できます。
デモンストレーション方式とご案内していたこの日のレッスンですが、
実習付きレッスンを希望される方が多かったため、
一部実習付きレッスンに変更させていただきました。
デモンストレーション方式を希望される方は実習に参加しなくてもOK。
フレキシブルなレッスンにしたいと思っています!

皆さんのお越しをお待ちしております❤

詳しくはこちらから。




by latavolasiciliana | 2015-10-05 05:22 | オリーブのお話 | Comments(2)
e0335287_01424347.jpg

今年は忙しさにかまけてまったく畑パトロールに出ていない私(汗)

冬の間はかなりの雨が降ったため、畑に入ることもなかなかできず。
春からはC氏がちょこちょことパトロールに行ったり、
畑を耕したりしていてくれましたが、私はほぼ行けず。

ひっさしぶりの畑散策となりました。

今年は豊作な我が農園❤

e0335287_01440183.jpg

オリーブの木は1年置きに豊作になるのですが、
今年は年で言えば豊作なはずな我が農園。
それに加え冬の雨で水の貯えがあるのと、
花が咲いた後、結実する時期に気候が良かったこと。
こんなことが今年の大豊作につながったのでしょう♪

が、まだまだ油断はできない、、、。

これから針を刺しちゃうハエが発生する時期(汗)
近いうちに一度、無農薬に認可されている銅を散布する予定です。
しかしもって、本当に暑い今年のシチリア、、、。
5月下旬からずーっと30度超えの夏日が続いています。
(ちなみに7月はずーっと35度超え・汗)
トラーパニは5月下旬からずーっと熱帯夜。
朝も夜もあまり気温が下がらず。
散布も大変そうな2015年夏。
頑張れC氏!!

2013年に植えた27本のオリーブの苗。
今年が3年目となるわけですが、、、。

e0335287_01523713.jpg
じゃんっ!
斜めっていますが、かなり育ってきています!
比較対象がないのでわかりにくいですが、私の背は完全に抜き去りこの木は2mくらい。
中には3mくらいまで育ち、葉もモサモサと生えている木もあります。

そして何より嬉しいのが、、、

e0335287_01553653.jpg
じゃじゃーん!
こんなに実を付けました!

27本の木は、ノチェッラーラ種、チェラスォーラ種、ビアンコリッラ種、と
3種のオリーブの木を植えたのですが、ビアンコリッラ種は比較的早く実が付く、
という話で。
ウワサ通り、、、このたくさん実を付けたのはビアンコリッラ種の木達でした。

比較的背が伸びてモッサモッサと葉が付いていたのはチェラスォーラ種。
こちらは実がたくさん成るまではもう少し時間が必要なようです。

何はともあれ、今年は今のところ順調な我が農園!
でも夏はハエとの戦い。
これから勝負です、、、。

イタリアほぼ全土が凶作だった去年のオリーブオイル業界。
トラーパニ地方は今年はどの農園も順調に育っているようです。
暑い暑い2015年のシチリアの夏。
今年は大きな天候不順が発生しませんように、、、。



==
●シチリア美食の旅をコーディネート「ラ ターボラ シチリアーナ」
http://tavola-siciliana.com/

※オリーブ農園訪問プランもあります!
http://tavola-siciliana.com/kengaku/visita.html




by latavolasiciliana | 2015-07-14 02:01 | オリーブのお話 | Comments(0)
さてさて、収穫が終わったオリーブは早速、フラントイオ(搾油所)に持っていってオリーブオイルにしてもらいます。

私達が毎年持っていくのはアルベルトが運営するフラントイオ。美味しいオリーブオイルを作るには、オリーブの実自体が健康であることはもちろんの事、どのように搾油するかも大きな分かれ道。

e0335287_19353264.jpg


さっ!いよいよ私達のオリーブちゃん達の番ですっ!

e0335287_19374217.jpg


大丈夫かな~、どんなオリーブオイルになるかな~、、、。

私達の前の順番の人のオイルが出てきました。

e0335287_19562872.jpg


きれいだな~♪ いつも思うのですが、自然界に存在している色って人工的には作り出すことが出来ないくらい美しい色で♪

さあ私達の出番!というところで、アルベルトに仕事の用件で呼び出され、、、戻ってみたらもう全部出ちゃってました(涙)

持って帰って早速試飲&試食。

e0335287_19432792.jpg


きれいな色♪

写真では光が当たっている部分が少し黄色く見えますが、実際は深い緑一色です。

今年のオリーブオイルは、苦味が強いチェラスォーラ種80%、辛味が強いノチェッラーラ種20%を一緒に搾油しました。やはり熟していたオリーブが多かったので苦味はすごく少ないですが、ノチェッラーラ種からくる辛味がピリピリと気持ちよく♪ 青いオリーブの香り、青い草の香り、そしてほのかな青りんごの香りが感じられます。想像していた以上に美味しいオリーブオイルでした❤

e0335287_19493915.jpg


1年に1回のお楽しみ、、、パンに新オリーブオイルをたっぷりとかけて食べるっ!幸せ~~~~❤❤❤

今年は絞れたオリーブオイルの量は少なかったですが、今年も美味しいオリーブオイルが出来ました。1年の苦労が報われた、、、、。

同じ畑から収穫されるオリーブオイルですが、気候条件や手入れの仕方により毎年味が変わってきます。頭では分かってることなのですが、実際に自分で畑仕事をしてみると、より実感がわくのです。そして、美味しいオリーブオイルを作る難しさも肌で感じます。

冬に思った以上の大雨が降ってからというもの、心配続きだった今年のオリーブ。そして夏は気温が上がらなかったため、ハエも続出。(ハエは暑すぎると活動しません。)その上、5ヶ月に渡る水不足、、、(雨が降らない!)そういう今日も少し気温は下がりましたが、日向を歩けば汗ダクなくらい暑いトラーパニ。収穫する人にとってはこの暑さは厳しいでしょう、、、。

今年はイタリア全土で不作だったオリーブ。大きな農園を持っている人はその中でも美味しいオリーブオイルを造る事ができると思いますが、絶対的に量が少ないであろう今年の優良オリーブオイル。皆さん、生産者に感謝の気持ちを忘れずに味わって下さいね!

オリーブ収穫が終わると、冬が一歩近づいてくる感じがする、、、はずなのですが、まだまだ暑いトラーパニ。一体冬はいつ来るんだろうか、、、(笑)しばらくは新オリーブオイルを食べつつ、暑い暑い秋を楽しみます♪
by latavolasiciliana | 2014-10-20 20:05 | オリーブのお話 | Comments(0)
今年もやってきたオリーブ収穫!

10月中旬だというのに連日30度を超す暑さのトラーパニ、、、本当に毎日暑いっ!その上、いつもなら9月から降り始める雨が、未だに降り始めない、、、6月から5ヶ月間、まともに雨が降っていません。

、、、という事で、今年はトラーパニ周辺、非常にオリーブの収穫量が少ない年となっています(涙)

トラーパニのみならず、シチリア全体、いやイタリア全体、ほぼ壊滅的な状況。トラーパニ周辺では大きな土地を持っている生産者は同じ農園の中でも良く付いているところもある、ということで、イタリア全土で見てみればまだまだ良い状況。今年はイタリア全土、本当に生産量が少なく、その中でも良質なオリーブオイルを見つけるのは非常に難しいでしょう。

ウチの農園、収穫前に最後にチェックしに行ったのは10月10日。シチリア食文化探求プランが始まる1日前でした。

9月中旬にハエ攻撃にあったオリーブは既に地面に落ちていて、量は少し減った感じはありましたが、健康な緑のオリーブちゃんたちが実をつけていました。

e0335287_057169.jpg


ちょいとボケていますが、色はお分かりいただけるかと。

あと1週間くらいで収穫かな~、、、?と思っていたのですが、先週、南風シロッコが吹き荒れ35度に達する日が数日あり、、、その間に一気に熟していってしまったオリーブの実。それのみならず落ちてしまったっ!

e0335287_102546.jpg


そして落ちないまでもカラカラに干からびていってしまったオリーブも多々アリ(涙)

豊作の時は2日間かけて1000kgくらい収穫ができるのですが、今年はその1/10程度。ボコボコ落ち始めてしまった先週、多くの生産者がいきなり収穫を始めました。明日からは人数を倍に増やして、一気に収穫してしまわないと、本当に木から全部落ちてしまいそうなくらいな勢い。

e0335287_141923.jpg


とは言えども年に1回の収穫は楽しく♪ でも、、、暑かったっ!すっかり日焼けしました(笑)

今年は食文化探求プランに参加されていたSさんが、お手伝いしてくれました!不作だろうがなんだろうが、毎年実をつけてくれるオリーブの木に感謝。この木はC氏のパパのパパ(つまりおじいちゃん)が、90年前に全部接木をして育て、それをパパが引き継ぎ、C氏が引き継ぎ、、、3代に渡って育てられている木。

去年の春に隣の土地に去年植えた27本のオリーブの木はスクスクと育ち、既に私の背丈を越え、今年は数個実をつけている木もありました。あと数年すれば収穫も出来るのかな~♪

毎年、ラ ターボラ シチリアーナのお客様限定でお分けしていたオリーブオイルですが、今年は収穫量が少なくウチのオリーブ農園のオリーブオイルはお分けできそうにもありません。

がっ!

とある農家さんから、美味しいノチェッラーラ種の絞りたてオリーブオイルを少し分けていただけることとなりました♪今年は トラーパニ近辺でも探すことが難しいだろう、と言われている良質ノチェッラーラ種のオリーブオイル。限定となりますが、皆様にもお分けできそうですっ!

詳細は近日中にメールをお送りします!

さてさて、出来上がったウチのオリーブオイルはどんな感じ、、、??続きは明日のエントリーでっ!
by latavolasiciliana | 2014-10-20 01:17 | オリーブのお話 | Comments(0)
e0335287_144542.jpg


先週、多くの知人から、

「ハエ、出てるね~、、、」

という話を聞きました。

なんのこっちゃ?という感じですよね(笑)

シチリアの9月、オリーブ栽培は非常に注意が必要な時期。何故なら、針のようなものでオリーブの実に穴をあけちゃう「ハエ」が一番発生しやすい時期だから。

このハエ、7月くらいから出没するのですが、暑い8月はハエにとっても暑すぎるため人間と同じであまり活発に動き回りません。が、9月、、、ちょっと気温が下がってきて、私達も

「あ~すごしやすいな~♪」

なんて思い始めた頃から、ハエも同じ気分になるらしく、、、オリーブに穴を開け始めるわけです。

先々週にチェックしたときには、そんなにハエがたくさんいる感じはしませんでしたが、先週、数人の生産者の方から突然ハエが!という話を聞き、心配になり私達もウチの農園に今日、チェックに行ってきました。

結果は、、、やっぱりハエいるいる!いや、正確には眼で見てハエがいっぱいいるわけではなく、ハエに刺されたオリーブが結構ありました。あ~~~(涙)

ちなみにハエに刺されると、そこから腐ってきて、、、(涙)

e0335287_14019.jpg


今年は冬~春先にかけて例年より雨が多く降りました。湿度が苦手なオリーブ。シチリアではそれによっての被害は大きくはありませんでしたが、中北部のほうではその後も気温が上がらずに湿度だけが高かったため、カビや湿度による病気が蔓延しました。その上、今年は冷夏、そしてシチリアを除いては夏にも大量の雨が降りました。今年はイタリア全土、オリーブ受難の年。シチリアは冷夏と言っても、それなりに気温は上がるし、夏に大量の雨に見舞われることも無く順調、、、?と思っていたのですが、例年9月初~中旬にかけてまとまった雨が降るはずなのに、今年はまだ降らない、、、オリーブは水不足のせいか、まだちょっと小さい感じがします。そして今の時期のハエ(涙)

去年は9月の末にハエが大発生!それに比べれば今年のハエはまだまだ数は少ないのですが、時期は少し早く。

手間ヒマかけて育ててきたオリーブの収穫は年に1回。でも9月に一気にダメになっちゃう、、、なんてこともよくある話。オリーブに限ったことではないですが、自然と対峙する農業は本当に厳しい、と毎年思うのでありました。

シチリアでは今年は生産量が減ることは間違いないだろう、、、と言われています。そして心配なのはその品質。どの生産者も1年間、大切に大切に育ててきたオリーブ達。最後の難関、ハエに負けずに今年も美味しいオリーブオイルが生産されることを祈るばかりです。
by latavolasiciliana | 2014-09-15 01:50 | オリーブのお話 | Comments(0)
パンテッレリア島は強風で知られる島。海に囲まれる小さな島パンテッレリアは、1年中全方角から容赦の無い強風が吹きつけています。今回も行った時には南の風シロッコが吹き荒れ熱波がやってきたかと思ったら、後半は北風マエストラーレが吹き荒れ一気に気温が下がり。船の出港が3日間ストップしました。

そしてそこに生息する木々は、、、

e0335287_19141443.jpg


ほぼ地面を這うオリーブの木。

e0335287_19181355.jpg


ブドウの木も上ではなく横に伸びていきます。

e0335287_1920506.jpg


トマトも低いっ!

そう、パンテッレリアの木は風で倒れないよう、そしてせっかくついた実が風で落ちないよう、ほぼ膝丈くらいしかないくらい低い木ばかり。そしてその木達は手で積み上げた石壁によって風から守られるように栽培されています。

ちなみに一番上のオリーブの木、これで1本、、、。真ん中に幹があって枝が横に広がっていっているため、1本なのに巨大な面積に広がっていました(汗)

e0335287_1927347.jpg


乾燥を好むケッパーはパンテッレリア島中、どこに行っても岩から生えてますが、土に栽培されている畑もあって。やっぱりこれも超低木で地面に這っています。

トラーパニもパンテッレリアほどではないですが、風が強い街。なので、ブドウの木は比較的低く、尚且つ低い位置にブドウが成るように剪定されます。が、さすがにオリーブは、、、横には伸びておらず上に伸びています。

いずれも大変だな~、、、と思うのが収穫。

e0335287_1934698.jpg


平地が少ないパンテッレリア島は斜面に沿って段々畑になっていて、必ず風除けの石壁があるため、収穫は機械で行うことができず。

オリーブの収穫は上を向いて手を伸ばして収穫するので、収穫するものの中では意外と楽なはずなのですが(それでも大変ですが・汗)、オリーブも、ブドウも、トマトも、ケッパーも、、、、ほぼ地面に実が成ってますから(汗)直立したままで収穫できるものなんて、この島には何一つありません。すべてがほぼ地面にあるものを手摘みしなければなりません。

自然と対峙する全国各地の農家さんにはいつも頭が下がる思いです。

パンテッレリアでは8月上旬からブドウの収穫が始まります。感謝の気持ちをこめて、今年もパンテッレリアのワインを美味しくいただきたいと思います♪
by latavolasiciliana | 2014-07-23 19:41 | 2014年パンテッレリア島バカンス | Comments(0)
e0335287_16463432.jpg


ブログでの更新は久しぶりとなりましたが、ウチのオリーブ農園、今年もがんばっています!

最後に更新したのはどうやら1月のようで、、、(汗)もちろんその間、何もしていなかったわけではありません。

今年は冬に大量の雨が降ったトラーパニ。雨が降れば育つのは雑草、、、。最後の更新の写真でもまるでお花畑のように黄色いお花が咲いています。それはそれでキレイなんですけどね(笑)雑草は取る人、取らない人、生産者の中でも色々な意見や考えがありますが、私達はこの畑に関しては取りたい派。なぜならパパの木は樹齢80歳。肥料もなるべく少なく育てているため、雑草に土の栄養分を奪われすぎるのもね~、、、と考えたから。

でもね、、、、。

最後に更新した1月に、「大量の雨で土が湿っていて雑草を抜くためにかける耕運機がかけられない」と書いてあるのですが、

雑草があるから土が乾かない⇔土が湿っているから雑草が育つ

この悪夢の連鎖からやっと抜け出れたのが、な、なんと、、、5月!!

しかも、いつも使っている手押しの耕運機では太刀打ちできないくらい、雑草は育ってしまい、、、。お隣さんに頼んでトラクターかけてもらったのです。(そのトラクターですら反転の危機に、、、危うかった・汗)ちなみに雑草は手で抜くとか、鎌で刈るとかそんなレベルではないくらい冬は成長します。放置すれば自分の身長以上の雑草ですから、、、しかもトゲ多し(涙)

冬は10日に1回くらいのペースでチェックをしに行くわけですが、毎回、靴は土で3倍くらいに膨れ上がり(苦笑)そんなこんなで、今年は実が少ないんじゃないかね~、、、と心配していたのですが。

今年も元気にたくさんの実が付いてくれました!

e0335287_16395086.jpg


去年は収穫が少なかったウチの農園。オリーブは毎年実をつけますが、今まで観察していた様子に寄ると、やはり2年に1回が豊作、その翌年はちょっとお休みで実は少なめ、でその翌年にまた豊作、、、と繰り返す木がほとんど。その経験から行くと今年は「豊作」な年。

1年ちょっと前に植えた27本の苗木もスクスクと育っています♪

e0335287_16431268.jpg


私の腰丈くらいしかなかったヒョロヒョロだった苗木君達、今では幹もしっかりしてきて私の身長を越すくらいにまでなっています。成長早いな~、、、。

e0335287_16502567.jpg


パパが大切に育ててきたこのオリーブの木たち。今年も美味しいオリーブオイルができるようにがんばりますっ!
by latavolasiciliana | 2014-07-23 06:27 | オリーブのお話 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana