タグ:エリチェ ( 10 ) タグの人気記事

6月のシチリア色々

もう7月も中旬近くになりますが、、、。

6月はお客様強化月間で、色々な土地や生産者を訪れました。
その一部を皆さんにもおすそ分け。シチリアの初夏の風景をお楽しみください。
e0335287_23503241.jpg


e0335287_23503280.jpg


e0335287_23503267.jpg


e0335287_23503397.jpg

e0335287_23503352.jpg


e0335287_23503311.jpg


e0335287_23503452.jpg


e0335287_23503509.jpg

e0335287_23503580.jpg


e0335287_23503540.jpg

e0335287_23530529.jpg

e0335287_00044439.jpg

e0335287_00052625.jpg

e0335287_00061245.jpg

e0335287_00065670.jpg

by latavolasiciliana | 2017-07-11 14:00 | シチリア散策♪ | Comments(0)

エリチェが山火事に!

大変ご無沙汰してしまいました、、、。
前のエントリーで午前中、半日休んでからというもの、昨日までまたしても1日も休みのない日々が続き、、、。
日本に行く前の準備期間から数えると、ほぼ丸2か月、1日きっちりと休んだ日は1日もなく、
60日連続働き続けた、、、という、個人記録を打ち立てました(笑)

そんなこんなで、プラチナブロガーに選んで頂いたというのに、6月はほとんど更新できない日々となってしまいました。

今日が久しぶりの投稿!
というのに、、、話題はエリチェの山火事(汗)

一昨日の夕方、ちょろっと家に帰った時、モクモクモクモク、、、、わ!山火事!

e0335287_00451169.jpg

この日はなんと、40℃まで達していて、、、。

e0335287_00490969.jpg
本当に暑い1日。
しかもシロッコ(アフリカからの暑い風)が吹いて、外は熱風が吹き荒れ、まるで暖房が入っているかのような状態。
湿度は30%くらいだったので、自然発火だったのか、、、はたまた捨てられたたばこの火から発火したのか、、、。

夜に帰ってきた時には火がボウボウと燃えていました、、、。

e0335287_00401576.jpg

この写真、我が家の前の道路から撮ったのですが、意外と火は近いところにあって。
風向きから我が家の方には火は来ないような感じではありましたが、ちょっと怖いな、、、、と思いつつ眠りにつき。
夜中に起きて火をチェックしよう、と思って寝たのに、あまりに疲れていたせいか朝までグッスリ、、、zzz
朝起きて、「わ!生きててよかった!」と本気で思いました(笑)

外に出てみると、、、。

e0335287_00592864.jpg

シロッコがもたらす砂埃と煙のせいか、空はどんよーり、、、。
しかも、意外と下の方まで火が降りてきてる(汗)(汗)(汗)
写真中心部の黒くなっているところ、我が家から結構近いんです。
ただ風向きは写真右側から左側へ、、、と強く風が吹いていたため、灰が飛んできたり、家の周りに煙がモクモク、、、
という被害はありませんでした。

この時点では一回鎮火、、、と思っていたのですが、また午後になって発火!

e0335287_01041089.jpg
この時点で気温は38℃、体感気温は42℃、、、それに加えて太陽も出てきたので、焼け付くように暑くて。
火はかすかに見えるくらいでしたが、黒い煙が上がっているのでやはり結構燃えているのか、、、。

夕方、仕事が終わってから気になって煙が出ている方面に車で行ってみると。

e0335287_01072060.jpg

ひょえー!
昨晩の燃えた後、、、ここ、道路からすぐ近く。

e0335287_01084210.jpg

左の塀はおうちの壁。
右の下、100m近くまで火が近づいて来ていたそうです。
住民の方々は、この時も心配そうに火の行方を見守っていました。

山火事の時に必ず出動するのがこれ!

e0335287_01112645.jpg

山火事の時は陸からの消火はなかなか難しいので、空から消火します。
消防飛行機が空から水を撒くのです。

どこから水を汲んでくるかというと、、、、。


e0335287_01144848.jpg


答えは海!

水面ギリギリを飛び続けて給水、そして空に旅立って水をまき消火、、、これを何度も何度も繰り返すのです。

夕陽に向かって飛んでいく消防飛行機、頑張れ!

e0335287_01162984.jpg

海を見るととっても美しい夕暮れ、、、。

e0335287_01182913.jpg

でも、反対側の山を見るとモクモクと黒い煙をあげて燃えている山、、、。

まるで天国と地獄のような風景でした。

幸い、今朝には鎮火したようですが、全国区のニュースでも取り上げられるくらい大きな山火事でした。
民家に火がうつる被害はなかったようで、良かった!

さて、、、ここ1か月、色々なところを周った写真がたくさんあるのですが、まったく紹介できておらず。
仕事がひと段落したので、シチリアの美しい風景をチョコチョコとアップしていきたいと思います。

どうぞまたお付き合いくださいね♪





by latavolasiciliana | 2017-06-30 01:21 | トラーパニの風景 | Comments(6)
最近のシチリアはこんな感じ。

e0335287_16540360.jpg


e0335287_16540401.jpg


e0335287_16540459.jpg


e0335287_16540565.jpg


春の足音が聞こえてきました❤️


by latavolasiciliana | 2017-02-22 16:51 | REIのシチリアプチ便り | Comments(0)

夜のお散歩@エリチェ

e0335287_02550854.jpg


今年は過ごしやすい夏のシチリア。
毎年、夏になると夕涼みに行くエリチェ。
今年は夕涼みの必要もないけど、、、
やっぱりエリチェへ。

e0335287_02550993.jpg


石畳の中世の街。
タイムスリップしたような気分でこれまた夏の定番スプリッツを楽しむ。

やっぱり夏のシチリアは楽しい。

by latavolasiciliana | 2016-08-10 02:50 | シチリア散策♪ | Comments(0)

エリチェから臨む絶景

e0335287_15443724.jpg


1年に何度も仕事で行くエリチェ。
750mの山から臨むトラーパニはまさに絶景!
やっぱりシチリアよいとこ。

by latavolasiciliana | 2016-07-19 15:36 | シチリア散策♪ | Comments(2)
e0335287_00064575.jpg

12月8日、インマコラータの日にエリチェに行きました。

お目当ては、、、ザンポーニャーリ!
(ちなみに食べ物ではありません・笑)

イタリアの伝統、クリスマスの時期になると、ザンポーニャを奏でるザンポニャーリが
民家や店先を周る習慣がありました。
ザンポーニャは羊の皮からできているバグパイプみたいな楽器。
ザンポニャーリと呼ばれるザンポーニャ吹きは普段は羊飼い。
クリスマスの時期だけ特別な衣装を着てザンポニャーリとなるのでした。

トラーパニ近辺ではこの伝統はもう見る事はできませんでしたが、
今年のクリスマスはエリチェで

「世界のザンポーニャ」

というイベントを開催。
毎週末にザンポニャーリが街を練り歩きます。

e0335287_00162636.jpg

ザンポニャーリはチャルメラ吹きとセット。

チャルメラ、、、と言えば、迷わずラーメンを思い浮かべる私ですが、
チャルメラってイタリア語で”Ciarmella(チャルメッラ)”、、、
wikiによると

「ラテン語 calamus 「葦」の俗ラテン語における指小形 calamella」

驚き!
世の中知らないことがたくさんあります、、、。


e0335287_00222186.jpg

石畳の街エリチェに響くザンポーニャとチャルメッラの音色、、、。
とっても素敵でした❤


==

2016年春のプランをアップしました!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!




by latavolasiciliana | 2015-12-11 00:25 | シチリア散策♪ | Comments(0)
トラーパニに来たら必ず行ってほしい街のひとつ、エリチェ。

城壁に囲まれた中世の街エリチェ。街の中は全て石畳で、建物も昔の趣を残し、気分はタイムスリップ、、、なステキな街。

e0335287_2132429.jpg


山のてっぺんには現在廃墟と化したノルマン城。

e0335287_21352371.jpg


絶壁に沿うようにして建てられたノルマン城。ここはキリスト教が誕生する前、ヴィーナス信仰が発祥した場所と言われています。それを知ったノルマン人が同じ場所にノルマン城を建てた、、、なんだかすごくロマンチックなお話です。

e0335287_21393576.jpg


ノルマン城がある崖の下にあるぺポリ小城。最近キレイに改装されて、明るいときに見るとまるで新築ですが、夕暮れ時に見るとライトアップされてステキ。そして私達は雲の上、、、。山の下を雲が横切っていきます。

e0335287_21441714.jpg


キレイだにゃ~。猫も見とれるほどの美しさ。

e0335287_21464129.jpg


750mの山頂から見渡す夜景。100万ドルの夜景、、、というほど輝きはありませんが、暗闇に染まっていく空を眺めながら、どんどん浮き立ってくるオレンジ色の光はやっぱり美しくって。

夏の喧騒が落ち着き、すっかり静かになったエリチェ。これから冬に向けて人はどんどん減っていくばかりですが、趣のあるエリチェの街はそんな静かな風景がお似合いなのです。
by latavolasiciliana | 2014-11-16 21:51 | シチリア散策♪ | Comments(0)

秋のエリチェぷらぷら♪

ようやく秋っぽくなってきたトラーパニ。今日は、お客様と一緒にエリチェを散策しました。

e0335287_344740.jpg


エリチェのChiesa Madre(キエーザ マードレ)。1600年代に建てられたバロック建築が中心のシチリアにて、ゴシック様式で作られたこの教会。1300年代に建てられたこの建物、、、かなりの趣があります。が、中は1800年代に修復されていて。

e0335287_3501182.jpg


レース模様の天井がとっても美しく。外観とのギャップがこれまたちょっとした驚きをもたらしてくれます。

エリチェの街はどこを切り取ってみても美しい写真が撮れる、とってもフォトジェニックな街♪

e0335287_3531150.jpg


e0335287_463234.jpg


この前の日曜日にサマータイムが終了して、通常時間に戻ったイタリア。(日本との時差は8時間になりました)現在、日が沈むのは17:15頃。なんだか一気に日が短くなりました。

料理教室を終了した後、15:00くらいにエリチェに向かったのですが、ぷらぷらしている間に夕暮れ時刻が近づいてきて。山頂に到着した時、わっ!と驚くほど美しい色の空が広がっていました。

e0335287_3583460.jpg


いつもは真っ青な空に真っ青な海、、、のこの風景。写真で見るよりも空は濃いオレンジ色に染まり、思わず息を飲んでしまったこの風景。

そして逆側のビューポイントからは水平線に沈んでいく夕陽、、、。

e0335287_432398.jpg


トラーパニと塩田のその向こう、そしてエガディー諸島3島のど真ん中に沈んでいく夕陽。水面には真っ赤な夕陽が写っていました。なんと美しい景色、なんと美しい色彩。もう言葉を失って、ただただ、夕陽が沈んでいくのを眺めていました。

秋のエリチェはしっとりと憂い。おすすめの季節です♪
by latavolasiciliana | 2014-10-30 04:04 | シチリア散策♪ | Comments(2)
e0335287_1542558.jpg

冬のシチリアはよく雨が降る。

その合間に時折見せる晴れ間。空の色も雲の形もなんだか不思議。そして、その風景は、いつも晴れている爽快な真っ青な真夏の空より美しいかも知れない、、、、といつも思う。
by latavolasiciliana | 2013-11-26 06:31 | シチリア散策♪ | Comments(0)
e0335287_20572735.jpg


トラーパニからロープウェイに乗ること20分、、、、750メートルの山の上にひっそりと作られた石畳と城壁の中世の街、エリチェに到着します。

冬にいくと人っ子一人おらず、犬もネコもいないほどのエリチェですが、3月を過ぎた頃から観光シーズンに突入。今の季節はお昼を過ぎると結構人も増えてきますが、午前中はまだまだ人もまばら。朝は空気も澄んでいるしエリチェに行くなら断然朝をオススメします。(と言いつつ、夕暮れや夜のエリチェもすっごくステキなんですけどねー・笑)

エリチェは街自体がとっても可愛くてどこを切り抜いてもフォトジェニック!それは、きっと建物自体がかわいいから?

e0335287_20582210.jpg


エリチェの街全体も可愛いんですが、私がいつもすっごく気になるのは建物のディテールの部分。色々な模様の鉄でできたバルコニーや美しい鉄格子(?)、そしてドアにかかった手編みのレース、、、、。シチリアの伝統を残している建物が街の景観を美しく保っているのかもしれません。

e0335287_21563455.jpg


エリチェの伝統工芸というと陶器が有名ですが、実はこのカラフルな手織りのカーペットも伝統工芸のひとつ。昔ながらの機織り機で丁寧に作られています。柄はアラブ伝統の幾何学模様。重量もずっしりとしているので、大きなカーペットはお土産には無理ですが、鍋敷きにもなるミニサイズもあります。これなら軽いしかさ張らないし自分へのお土産にオススメです♪

e0335287_2231657.jpg


エリチェはシチリアで唯一「中庭文化」がある街、、、と言われています。きっとアラブの影響でしょう。

中庭文化はトラーパニのアラブ人が侵略してきた時代に作られた旧市街の街並みにも存在しています。ヨーロッパ人がバルコニーを作って外部との接触や、外部に自分達の富を見せびらかしたいというのと対照的に、アラブ人は外部との接触を絶ち(特に女性)その代わり、庭を囲むようにして建物を作ることでご近所さん達とお喋りをしたり、暑い夏は中庭で過ごしたりしたそうです。外からみるとただ小さな扉があるだけなのですが、扉を開けてみるとそこには美しい中庭が広がります。

e0335287_22164211.jpg


ん~、空が青い!シチリア、夏本番!

e0335287_2224163.jpg


今の季節、まだ緑もあって美しいです。この緑ももう少しすると微妙に枯れてきます、、、。(暑すぎだよ、シチリア)

e0335287_22244024.jpg


ふっと視線を下に落として見ると。
おっ!雲がすぐそこに!
エリチェにかかる霧は、霧、、、というよりは雲。海のすぐ側にそそり立つ750メートルのエリチェ山。気温が上がると海水が蒸発して、山の上で冷却されて雲になるんです。

「雲に手が届きそう、、、」

なんてよく言うけれど、手が届きそうなのは上にある雲を想像しますよね。エリチェでは雲の上にいることが多いので、手が届きそうなのは下にある雲なんです(笑)

エリチェは街の中にいれば可愛い街並みと程よく整備された石畳が本当に美しくって、山のてっぺん辺りにたどり着くとそこに広がる大自然のスペタクル。地平線や水平線が見渡せて、地球ってやっぱり丸いのね、ってきっと誰しもが思うことでしょう。

世界遺産になってもおかしくないくらいの街なのに、そこにあまり興味を示さないところも意外と好きかも(笑)世界遺産になって今以上に観光客が訪れるようになったら、エリチェも美しくなくなっちゃうかもしれませんから、、、。

2005年、このエリチェにあるマリアグラマティコというパスティッチェリアで修行をしていた私。お昼休みにはいつもひとりでプラプラ~、と散歩していたのに、それ以来もしかして初めてひとりで散策したかもしれないエリチェは、あの時と全く変わらずやっぱり美しく。時には一人歩きもいいものですね♪
by latavolasiciliana | 2013-05-10 22:34 | シチリア散策♪ | Comments(4)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana