パスクワ2017!

e0335287_04434037.jpg


2017年4月16日、復活祭!

今年も恒例のドミンゴ家ランチ。
いつもは前菜なし、のランチを食べですが、パスクワの日は卵を使った料理が数品。
今年はシンプルにソラマメのフリッタータ。
ソラマメが柔らかくて美味しい

そしてプリモはマンマのラザーニャ。
相変わらずの美味しさで、、、、。

セコンドはパスクワと言えば、、、の羊のオーブン焼き。
さ、これで終了かな?と思っていたら、牛肉のグリルとサラダが出て来た、、、😅
続いてカルチョーフィ(アーティチョーク)のグリル。
品数はそうも多くなくても、1皿のボリュームが結構あるので、もう満腹!!!
(というかラザーニャでもうお腹いっぱいです・笑)


食後はフルーツ♩
イチゴと洋梨のマリネ。
レモン汁がたーっぷりでさっぱりと美味しい🍋


最後はドルチェ。
私達が買いに行ったミニョンと呼ばれるプチフール、そして定番のコロンバ。

もうお腹がはち切れる!!


今年もお腹いっぱい!のパスクワ。

マンマ、いつもありがとう
# by latavolasiciliana | 2017-04-16 20:46 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(0)
もう今までのブログでも何度も何度も取り上げてきたパスクワ(復活祭)の大行進@トラーパニ。

↑こちらからパスクワ(復活祭)について、色々ご覧いただけます。

今年は時間に余裕があったので、 この金曜日の大行進を迎える前にも教会に行き。
そして迎えた金曜日。

見事に晴れた!

e0335287_17275050.jpg

このミステリと呼ばれる聖台は、キリストの最後の1日を20シーンに分けてあらわしたもの。
ということで、20台。
キリストが亡くなったとされる金曜日の14:00に最初の1台が教会から出て、
翌日土曜日の14:00に最後の1台が教会に入っていく。
つまり24時間、トラーパニの街のどこにいってもこのミステリと出会う訳です。

1台につき1組のブラスバンド。

e0335287_17334031.jpg
ブラスバンドの奏でるちょっと物悲しいシチリア伝統音楽に乗せて、ミステリはゆっくりゆっくりと行進します。

そして、ミステリと関係する小道具を持った子供や大人達が、それぞれの服装でミステリと一緒に行進。


e0335287_17394366.jpg

かなり大規模な行進であることが分かっていただけるかと思います。

宗教行事、、、と聞くと、なんとなくおどろおどろしい感じもするかと思いますが、
実際には青空の下、トラーパニの街を行進するミステリ達は、感動的でもあり。

宗教心のあらわれとしてこの行事に参加する人々は、担ぎ終えた後、涙を流しながら教会からでてきます。

e0335287_17444479.jpg

最後の1台はマドンナが教会に戻る際には、花吹雪が舞い。
教会の前にはおびただしい人の数。

感動的な瞬間です。

そして最後、教会の扉が閉まり、2017年パスクワの行進も終了。

e0335287_17481419.jpg

そしてこのブログを書いている今日、日曜日はパスクワ。
キリストは日曜日に復活した、、、と言われています。
今日はみんな、それぞれの形で復活をお祝いします。

私は毎年の恒例でドミンゴ家でお昼を過ごします。

この時期のトラーパニは非常に賑やかで。
今年は遅めのパスクワだったせいか、観光客がすっごく多くて。
既にタンクトップと短パン、そしてビーサンで街を闊歩(笑)
そしてトラーパニ人はまだダウン着ている、、、というこの時期恒例のこのギャップ(笑)
(トラーパニはいつも風が吹いているので、市民達は風邪を引かないよう割と厚着)

来年のパスクワは4月1日。
ラ ターボラ シチリアーナでは毎年この時期に「シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」を開催しています。

2016年の様子はこちらから。


来年は3月28日(水)~31日(土)の開催です。

イタリア料理やイタリア菓子はキリスト教とは切っても切り離せないご縁で。
イタリア好きの方、イタリア料理を勉強されている方には一度は見ていただきたいこの行進。
ちょうど春休みの時期なので、お子さんと一緒のご参加も大歓迎です!

ではこれからドミンゴ家にパスクワランチに行ってきま~す!



# by latavolasiciliana | 2017-04-16 18:04 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_05414415.jpg


たっくさんの人があふれかえる聖金曜日のトラーパニ。
そう、今日はパスクワの大行進が行われています!

毎年道順が変わるのですが、今年は旧市街のメインストリートを夜に通過。
私がトラーパニに来てからはこのルートは初めて。

バロック建築の立ち並ぶ旧市街を生花が飾られ、キャンドルが灯る聖台が、
ちょっと悲しげな音楽と共に行進します。

詳細は後日。。。


# by latavolasiciliana | 2017-04-15 05:35 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_16525868.jpg

昨日水曜日の夜のお散歩に続き、木曜日も夜のお散歩。

金曜日の大行進の前夜、木曜日の夜。
教会にはセポルクリと呼ばれる、キリストの聖体安置所が作られます。


そのいわれは、↑のエントリーからご覧ください。

敬虔なキリスト教徒達は明日の大行進の前日、このセポルクリを見るため、そしてミサに参加するため教会に行きます。
私達も夕食を家で食べた後、トラーパニの街へ。

セポルクリは「奇数見なければならない」と言われています。
それも最低3つ。

さて、まず向かったのはカテドラーレ(大聖堂)。
中に入ってみると、、、

e0335287_16561882.jpg

わかるでしょうか、、、長蛇の列。


e0335287_16583021.jpg

パンはキリストの身を、杯に注がれた赤ワインはキリストの血をあらわします。
後ろにある絵は最後の晩餐。
そう、聖木曜日は最後の晩餐が行われた日。
そして翌日、金曜日に十字架にかけられます。

2つ目はこれも旧市街のサンピエトロ教会へ。


e0335287_17024006.jpg

セポルクリは教会によってそれぞれ。

どこでも一緒なのは、パンとワインがあること。
そしてミサが行われている事。

そして次は新市街のアヌンツィアータ聖所記念堂へ。
ここは私達は「マドンナの教会」と呼んでいる通り、トラーパニのマドンナが祀られている場所。
正確には教会ではなくサンクチュアリーです。
トラーパニ市民に愛されるマドンナ、ここの教会は人がいっぱいいるだろうな~、、、とは思っていたんですが。
行ってみたら外にまで列ができていました。


e0335287_17070960.jpg

ん?ここの空間、入ったことが無いような。


e0335287_17085808.jpg

非常に美しいセポルクロ。(セポルクリ(複数)⇒ せポルクロ(単数))

どこの教会も、神聖な空気に包まれ。
観光客はほとんどいない(というか、いない)ので、写真を撮ることさえはばかられる雰囲気です。
と言いながら、私は撮ってしまいましたが、、、、(苦笑)

このセポルクリの前にいる時間は皆ほんの少し。
祈りを捧げるというより、軽くご挨拶程度な感じ。
なので列ができていても比較的早く順番が回ってきます。

こうして1日1日、パスクワに備えていく敬虔な信者達。

そして今日はついに聖金曜日。

復活祭の大行進があと4時間後に始まります。


もちろん私も見に行きます!




# by latavolasiciliana | 2017-04-14 17:13 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_15435422.jpg

とっても美しいトラーパニ旧市街の夜のお散歩♪

パスクワ(復活祭)前のトラーパニでは、
金曜日の行進に向けて毎日色々な宗教行事が行われています。


e0335287_16080655.jpg


昨日は、マドンナの絵がバンドと共に街を行進。

e0335287_16085160.jpg

たくさんの人が行進を見に来ていました。

e0335287_16103893.jpg

パスクワ(復活祭)の時期は、クリスマスよりも人々の信仰心を垣間見る事ができる時期。

キリスト教徒ではなくてもちょっと心打たれるものがあります。

明日はいよいよパスクワの大行進!



# by latavolasiciliana | 2017-04-13 16:15 | トラーパニの風景 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana