e0335287_16562288.jpg

東京でのREIのシチリア料理教室のご案内です!

毎回シチリアのひとつの地方の料理をご紹介している
「旅するシチリア料理」の第5回目。

今回のテーマは、、、

「緑の宝石ピスタチオの街ブロンテのピスタチオ料理」

シチリア東部にある活火山、エトナ山麓にある小さな街ブロンテ。
ここで収穫されたピスタチオは

「世界一美味しいピスタチオ!」

と言われています。

料理教室では、ブロンテのピスタチオと他の国のピスタチオ、食べ比べもしていただきます。

地元でも「Oro Verde(緑色のゴールド)」と言われるほど貴重な
ブロンテのピスタチオ。
そんなピスタチオをふんだんに使ったピスタチオ料理をご紹介します!


<募集日程>

5月13日(土)昼の部(11:00~14:00)⇒ 満席。キャンセル待ち受付中。
5月13日(土)夜の部(17:00~20:00)⇒ 満席。キャンセル待ち受付中。
5月14日(日)昼の部(11:00~14:00)⇒ 満席。キャンセル待ち受付中。
5月14日(日)夜の部(17:00~20:00)⇒ 残席2

※開場は15分前となります。
※終了時間は少しオーバーする可能性がありますので、
後に予定がある方は余裕を持って入れていただけますようお願い致します。


<参加費>
各回 9,500円 (グラスワイン付)

<開催場所>
都営新宿線「曙橋駅」より徒歩2分
(お申込みの方にのみ詳しくご案内させていただきます)

<メニュー予定>
<アンティパスト>
ピスタチオのアランチーネ

<パスタ>
ピスタチオのパスタ2種

<セコンド>
コトレッタ ピスタチオ風味

<ドルチェ>
ピスタチオのクロッカンテ

<お申し込み方法>

・お名前
・当日連絡がとれる電話番号
・参加ご希望日、
・昼の部or夜の部のご希望
・どの媒体で料理教室を知ったか

上記の事項をご記載の上、

info2★tavola-siciliana.com (★⇒@に変更してください)

までご連絡ください。
折り返しお振込みの方法などの確認メールを送らせていただきます。

※携帯電話のメールアドレスからのお申し込みはこちらからの返信が届かない場合があるため、
ご遠慮いただけますようお願い致します。
携帯電話のアドレスしかお持ちでない場合は、
「info2@tavola-siciliana.com 」
上記のメールアドレスが届くよう、設定の変更をお願い致します。

今回も日本でお会いできることを楽しみにしていますっ!

====
料理教室やイベントは、メルマガ購読者の方に優先予約をさせていただいています。
ご希望の時間帯に確実に予約を入れたい方、下記のリンクよりメールマガジンに登録下さいね。




# by latavolasiciliana | 2017-04-10 17:05 | 日本での活動 | Comments(0)
さて、そんなこんなで賃貸生活に終止符を打つべく、家を探し始めた私達。


私達が当初探していたのはトラーパニ市街のアパルタメント。
でも旧市街ではなく新市街の住宅地で、という条件付き。
何故なら、旧市街は、、、

・歩行者天国になっていて車が入れない
・車庫が確保できない
・知り合いが山ほど旧市街にいて落ち着かない
・建物が古くて不都合が多い(水がなくなっちゃうとか)
・近くに食材を買えるお店がない(あるけど観光客向け)

などなど、、、理由はたくさん。

その中でも一番大きかったのが「水」の確保。
トラーパニは現在でも1軒に1つ(または2つ)大きな給水タンクがあって。
そこに2日に1回、市から自動的に配水されるようになっています。
でも旧市街の給水タンクは比較的小さ目で。
アパルタメントの住民全員が使う訳なので、その水がなくなっちゃったらおしまい。
自分達で水を買う事になります。
でも、旧市街のアパルタメントには管理会社はほとんど入っていないので、
誰かが水を手配したとしたらその人が全額負担することになっちゃう、、、
なので水がなくなったらおしまい、、、というパターンが多く。
一方、新市街の新しい建物は給水タンクが比較的大きく、大抵のアパルタメントに管理会社が入っているため、
水が万が一なくなっても、すぐに水を運んでくるように手配してくれます。
その費用は、後々管理会社が計算して、年に1回清算するシステム。
水は高いので1年に1回の清算は「ひょえー!」と驚く事も多かったですが、水がなくなるのは本当に不便、、、。
(一番最初に住んでいた旧市街のアパルタメントで何度も経験あり!)

旧市街の古い建物も趣があっていいのですが、諸所の便利さを考えて新市街の住宅地で探す事に。

家を探すといえばやっぱり不動産屋。
でも、不動産屋に行く前に、今はインターネットという便利なものがあるわけで。

まずはネットである程度の相場を調べてみました。

ふーん、、、そんな感じなのねー。
新築でなければ思ったよりも安いかな?というのが最初の印象。

ただ、2人が納得する物件はなかなか少なく。

当時住んでいたマンションは5階(日本では6階にあたります)だったので、
日当たりも良く、エリチェ山を目の前に臨むベランダがあって。
やっぱり家は上層階がいいよねー。

住宅街とはいってもあまりゴミゴミした雰囲気のところは嫌よねー。

ちょっと緑があるところがいいわー。

あ、買い物もしやすいところが、、、。

2人で条件を挙げるとキリがなく(苦笑)

e0335287_19351538.jpg

※写真は、今の家の前に住んでいたアパルタメントのダイニングキッチン横の大きな窓。
借りる前に内見をしに行ったときの写真で、この風景に心奪われました。
後々、ここにテーブルを置いて春~夏はここでごはんを食べていました♪

夜な夜なネットで家を探す私(笑)
日中は時間があれば散歩がてらちょっと足を延ばして実際に街を歩き、「Vendesi(売り家)」の看板を探す。
週末は2人で車でウロウロしながら物件探し。

時折覗いてみる不動産屋では全く心惹かれる物件がなくて。
実際、不動産屋を通さずに売られる物件も多く。
小さな街なので良い物件は口コミ、あるいは「Vendesi(売り家)」の看板を張っておくと自ずと売れるらしく。
不動産屋は最後の駆け込み寺的な存在。

が、しかーし!

探し始めてから1年くらい経った頃。
不動産屋のホームページでちょっと気になる物件があって、、、。
早速連絡してみてみる事に。

外観はこんなマンション。


e0335287_19455320.jpg
比較的新しいマンションで、住宅街にありながらも比較的静か。
当時よく朝ごはんに行っていたBarがすぐ近くにあって、八百屋や肉屋もパン屋も近くにあって買い物も便利。
すっごく広いキッチンが魅力的だったこの家。
多分、20畳くらい。


e0335287_20070861.jpgそれに続いて同じくらいの大きさのリビングがあって。回数もその時と同じく5階で、採光の良い明るいキッチンとリビング。
位置的には当時住んでいた家から1kmほど旧市街に寄った場所でしたが、位置関係はほとんど一緒でしたので
キッチンの窓からはやっぱりエリチェの山が見え。
リビングはいい感じのフローリングで仕上げてあって。

一発で気に入った私❤

ここにする!!

価格的にも予算内だし。



もう引っ越しする予定だったらしく、リビングには中には段ボールがあって。
この時点でもう私の中での妄想が膨らんでいました(笑)

家にこだわるイタリア人。
前の人が住んでいたそのままの空間に住もう、、、という人は少なく。
リフォーム、、、というよりも、かなりリノベーションに近い感じで家を改装する人が多く。
私も、あそこの壁は取っ払って、壁の色はあんな感じで、、、
以前に買ったキッチンも持っていかねばならないので(イタリアではキッチンも一緒にお引越し)、
あんなものを買い足して、こんな台を作ってもらって、、、とかなりの妄想。


内見が終わって翌日。

不動産屋から電話があり、、、

「あの~、、、スミマセン。あの家、大家さんの気が変わったらしく、、、やっぱり売らない、、、と言い出しまして」

えええええええええ!!
ぬわんと~、、、、、。

大家さん、私達が気に入ったのを見ていて、どうやら売るのがもったいなくなったとのことで、、、(苦笑)
(モノって意外とそんなものなのかもしれませんねー。)

ということで、あっさり敗退(涙)

せっかく1年かけて気に入った物件が出てきたのにぃぃぃぃぃ。

振り出しに戻りました。

ということで、家探し第2弾に続くっ!



# by latavolasiciliana | 2017-04-08 20:28 | シチリア 家づくり日記 | Comments(0)
e0335287_00231517.jpg


やったー!
初のカルチョーフォがにょっこりと顔を出してくれました❤️

カワイイなぁ〜❤️

去年の秋に根っこを植えたカルチョーフィ。
5株植えてみたのですが、今のところツボミが出てきたのは1株。

え?
つぼみ?

と、思った方。

カルチョーフォはお花のつぼみ。
収穫しないで放置すると紫の美しいお花が咲きます♩

あぁ〜、春は畑が楽しいなぁ〜。

次のエントリーも畑ネタ、、、つづく!
# by latavolasiciliana | 2017-04-07 00:16 | 我が家の菜園 | Comments(0)
e0335287_02005555.jpg


Il limone siciliano🍋

レモンは頂くもの🍋🍋🍋
収穫したてのシチリアレモンの香しいこと!!
見ているだけで元気になるビタミンカラー❤️

#sicilia #sicily #limonesiciliano #sicilianlemon #raccolto #graziemariapia #profumonaturale #giallo #yellow
#シチリア #シチリアレモン #よい香り #収穫したて #レモンは買いません #頂き物 #レモンイエロー #シチリアレモンはすっぱくない #毎日料理に使ってます
# by latavolasiciliana | 2017-04-06 01:58 | シチリアの旬色々 | Comments(0)
e0335287_18122829.jpg

九州地方にお住まいのシチリアファンの方、、、
大変お待たせ致しました!福岡にて定期的に料理教室を開催することが決定しました♪
福岡では以前に東京の料理教室で開催して大好評だった「シチリア食材を使いこなすシリーズ」を全5回にて開催致します。
シチリアの太陽をたっぷり浴びたシチリア食材。
ちょっとしたコツを覚えるだけて、いつもの食卓がシチリア風に大変身!
上手に使いこなして料理のレパートリーをグンと増やしてみませんか?

第1回目のシチリア食材は「ケッパー」。
どうやって料理したらよいのかわからないシチリア食材NO.1のケッパー。
現地での使い方を覚えて、あなたの食卓にもシチリアの風を♪

●日時/5月19日(金)11:00~15:00    
   5月20日(土)11:00~15:00

●参加費/ 9.500円

●内容/*シチリア及びシチリア食材についての講義    
    *料理のデモンストレーション&試食
    *食材の販売会
●メニュー/ケッパーを使った料理
     

<Antipasto> 
イカとケッパーのサラダ 
ナスとケッパーのクロスティーニ

<Primo>
ケッパーペーストのパスタ
エビとケッパーのパスタ

<Secondo>
鶏肉のパンテッレリア風煮込み

<Dolce>
小菓子
家庭風エスプレッソ

===

小菓子は料理教室では作らずシチリアからお持ちするものを召し上がっていただきます♪

※試食時にグラスワインが付きます。
※小菓子にはケッパーは使用しておりません。


●会場/Studio Pas mal(ステゥディオ パ・マル)
※詳細は下記リンクよりご覧ください
http://pas-mal.jp/contact/


参加ご希望の方はPas malに直接電話090-4996-3989(担当/稲葉)、
もしくはPas malのフォームからお申し込み下さい。
http://pas-mal.jp/contact/

※詳細は下記リンクからもご覧いただけます。http://www.pas-mal.jp/event/

九州地方の皆さん、福岡でお会いできることを楽しみにしています☆



# by latavolasiciliana | 2017-04-03 18:15 | 日本での活動 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana