e0335287_04401712.jpg

イタリアでは1月6日はベファーナという魔女がやってくる日。
子供達は5日の夜は、枕元に靴下を置いておくと、、、。
いい子にはお菓子を、悪い子には炭を持ってくる、という言い伝えがあります。


この時期になるとスーパーにはこんなものも並び。

e0335287_04444265.jpg

大きな靴下の中には子供が好きそうなお菓子がいっぱい!
おばあちゃんがたくさんの靴下を買っている姿は微笑ましくもあり。

そして、1月6日はクリスマス期間終了の日。
12月8日、マリア様が受胎告知を受けたという日に始まるクリスマス期間。
12月25日にキリストが産まれ、1月6日は東方から三博士が誕生のお祝いに来た、という日。
そしてこの日をもって1か月も続く長~いクリスマスが終了するわけです。

私にとってはお食べ地獄から解放される、1年で最もホッとした日でもあります(苦笑)

今年はとにかく集まって食べる機会が多くて(@_@)
シチリアで人が集まるとなれば、やっぱりご馳走が用意されるのが常。
この1か月はどう考えてもダイエットは無理!な期間。
明日は日曜日、、、なので月曜日から、正月太りならぬクリスマス太り解消を目指して頑張ります!


ちなみに今年の我が家のクリスマスはこんな感じでした。


e0335287_04573249.jpg


毎年、各地のクリスマスマーケットで集めてきたカワイイ飾り達。
クリスマス担当のC氏が家のあちらこちらに飾ります。
新しいLEDも今年はたくさん加わって、楽しい我が家のリビングルームとなりました❤

そして外はこんな感じに。

e0335287_05104669.jpg

オリーブの木にイルミネーションを付けてみました。
残念ながら我が家、強風地帯のため飾りは付けられず。
でもクリスマス期間、十分に楽しませてくれました♪

今日は外のイルミネーションも取って、クリスマスツリーもしまい、、、(C氏がね・笑)
クリスマス気分も終了です。

ホッとするけど、6日が過ぎると現実が待っているという密かな恐怖、、、(笑)
明日の日曜日までもう少しノンビリ気分を味わうとしますか。


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2018-01-06 23:15 | REIのシチリア日記 | Comments(0)
2018年も始まってもう4日目。

イタリアでは一応1月6日まで冬休みモード、、、の人も多いのですが、
我が家はカレンダー通りの今年の年末年始。
2日からC氏が働き始めたので、私も仕事始め。
という事で、もはや平日モードで過ごしています。

e0335287_18473870.jpg

例年、ニューイヤーはドミンゴ家で迎える私達ですが、今年はC氏の友人に誘われCenone(チェノーネ)に参加。
Cenoneとは、、、言ってみれば「ニューイヤー大パーティー!」。
20:00頃から生演奏と共に夕食が始まり、食べたり、踊ったりしながらニューイヤーを待ちます。
そして新年を迎えると、皆でカンパーイ!
で、その後は、、、会場をさっさと片づけて、いきなりディスコに大変身!

e0335287_18504669.jpg

私達のような大人(笑)は夕食からの参加ですが、10代後半~20代前半の若者たちは、
ニューイヤーが明けてからのディスコタイムのみやってくる、、、、。
私達が退散する頃には、大量の若者が入ってきて、、、朝までディスコだそうです。


しかし、イタリア人の勢い、これがすごい!!!!
もう夕食の時からかなりの盛り上がり。
あちらこちらの知り合いに挨拶したり、踊り始めたり。
でも、食事がテーブルに配られると、一気にみんな自分のテーブルめがけて着席!
そしてまずは食べる(笑)

食への執着はどんな時でも発揮するイタリア人なのでした(笑)

いやー、とにかくすごい2018年の幕開けでした。

こんなイタリア人達のパワーに負けないくらい、2018年もパワフルに行きたいと心に誓ったのでした。

お正月はしっとりと、、、ドミンゴ家で。

e0335287_19010551.jpg

今年もマンマの幸せごはんで始まりました♪

さて、今年はどんな1年になるかな?

日本はまだまだお正月モードでしょうか、、、。
皆さん、楽しいお正月をお過ごし下さいね❤


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2018-01-04 19:03 | REIのシチリア日記 | Comments(0)
e0335287_19423770.jpg


謹賀新年。
あけましておめでとうございます!

2018年、明けましたね~。
今年のニューイヤーはCenone(チェノーネ=大食事会・笑)という31日にあちらこちらで開催される大宴会に友人家族と参加。
超大盛り上がりで迎えました。
そして今日1日はドミンゴ家にて大ランチ会。
お食べ地獄はまだまだ続く!

今年のご挨拶写真は真っ白だけど細かい漆喰細工が美しいエリチェのドォーモの写真を。
2018年は初心に返る、という目標を掲げたから。

今年も美味しいシチリア、愉快なシチリアを紹介して行きたいと思います。
2018年もどうぞよろしくお願いします。

2018年1月1日
暖かいトラーパニ@シチリア島より
# by latavolasiciliana | 2018-01-01 19:49 | ご挨拶 | Comments(2)
e0335287_18394094.jpg


1年の最後の日は曇り&薄日のさすトラーパニ。
イタリアではお節料理の習慣はないですが、今晩&明日の家族の食卓に向けて準備しているマンマも多いはず。
そんな中、クリスマスもお正月もなーんもしない私は、年末、1年の疲れを癒すべく、かなりボーっと過ごしています(笑)


今年1年、ブログやSNSにアップした写真を見ながら今年を振り返り。
今年も色々な事がありました。


仕事はありがたいことに本当に充実した1年でした。

日本にも4回行って、料理教室やイベントを色々と開催。

2月の一番最初のイベントの準備が1月に始まり、そこからダ~~~!と、最後の日本での料理教室を終え12月7日にシチリアに戻ってくるまで一気に駆け抜けた1年でした。


旅は、2月の雨のマドリッド、7月にサルデニアの海三昧、そして現在レポ進行中の12月のニュルンベルグのクリスマスマーケット、、、、それに加え4回の日本行き。

忙しかった割には意外と旅に出てた。

今年は10年以上、アリタリアに乗り続けていたから、それに飽きて、今年はANAに乗り換えた年でもあり。

そのため、ヨーロッパの色々な空港にも立ち寄りました(笑)


そしてこのブログでもちょいと書き始めた「シチリアで家づくり日記」。




2016年4月に家は完成し、既に住み始めているのですが、その時点ではまだまだ手を加える箇所が多くて。

完成度50%という感じでした。

2017年はそこに更に手を加え、現在完成度85%

だいぶ完成に近づいてきた!!


と、色んな意味で2017年は充実の都市でした。


海外に住む身としては、日本の家族の事も心配になってきた今日この頃。
今後の人生、仕事のやり方等々、本当に色々と考えねばな、、、と気が付いた年でもありました。


こうして充実した生活を送れるのも、たくさんの方が応援してくれるから♡


シチリアに旅行に来てくださる方、料理教室に参加してくださる方、そしてそれを支えてくれる方々、、、そしてブログをいつもご愛読いただいている皆様!

今年もたくさんの「シチリア仲間」の応援を頂き、1年間、笑顔で楽しく過ごす事が出来ました。
いつも応援してくださる仲間のみんな、本当にありがとう♡


現在イタリアは朝ですが、日本はもうすぐ年明け。


みなさま、良いお年をお迎えください♡


2017年12月31日



# by latavolasiciliana | 2017-12-31 18:56 | ご挨拶 | Comments(0)
クリスマスシーズンが続き、旅レポ少しお休みしていましたが復活です!

さて、鉄道駅近くのホテルに滞在した私達。
ニュルンベルグのメインストリートを散策しながらニュルンベルグの中央広場へ向かう。。。


橋を渡ると広場への入り口。

e0335287_18535244.jpg
ニュルンベルグ、クリスマスマーケットが有名とあって厳戒態勢。

そしてその先に、、、

e0335287_18562020.jpg

クリスマスマーケットだ♡

しかもこのドンヨ~リした空、、、私のイメージ通り(笑)

クリスマスマーケットに到着して、まず最初に目に入ってきたのが、、、


e0335287_19110209.jpg

ニュルンベルガーソーセージ!
この小さくて細いソーセジにはマジョラムがたっぷり、、、
それを炭火で焼く!
と、下調べで学んでいたので早速食べてみる。


e0335287_19133965.jpg

小さなパンにソーセージ3本が基本。
メルカートではどこで食べても3ユーロ。

うん、美味しい!

その土地の名産物はどこで食べてもやっぱり興奮する(笑)


e0335287_19153922.jpg

その後も、このおばちゃんから何回ソーセージバーガーを買ったことか(笑)


e0335287_19370443.jpg

みんなここでソーセージバーガーを頬張る(笑)


そしてその真ん前、クリスマスマーケットの入り口にあるこのお店、Schmidt(シュミット)。


e0335287_19014359.jpg
ニュルンベルグのクリスマスのお菓子、レーブクーヘンのお店。
街の中にいくつも支店がありますが、ここが本店。

お店の中はこんな感じ。


e0335287_19390610.jpg

定員さんに頼んで後ろの棚から出してもらうシステム。
どの缶の中に何が入っているか、全くわからーん(笑)

入り口に発送用カタログがあったのでそれを頂いてまずは退散。

え、レーブクーヘンって何かって?

これがレーブクーヘン。

e0335287_19422990.jpg

四角いのもあり。


e0335287_19434209.jpg

ニュルンベルグのレープクーヘンは、柔らかいタイプ。
シナモンやクローブが使われたクリスマスのお菓子。
オスティアと呼ばれるミサの時に信者に分け与えられるキリストの聖体をあらわすもののような薄い生地の上に乗せられていたので、もしかして修道院発祥かしら?と気になって調べてみると。


「14世紀にはニュルンベルグととその周辺で、レープクーヘンが男子修道院で焼かれていたことが知られている」

やっぱりそうか。

「スパイスの入った小さな蜂蜜パンについて記している最初の文献記録は、紀元前350年のものである。
古代エジプト人は、蜂蜜で甘くしたケーキを知っていた」

へ~、とすると起源はここか?

このレープクーヘン、クリスマスマーケットの中ではもちろんのこと、
街のあちこちに屋台があって。
いや、本当に街のあちこち(笑)

スパイス系のお菓子は大大大大~好き!なので、滞在中、いったい何枚食べたことか(笑)
お店や屋台に寄って微妙に硬さや厚さが違うのも興味深かった。

ニュルンベルガーソーセージとレープクーヘンだけで、長くなってしまったので、
クリスマスマーケットの続きはまた次のエントリーで、、、。

どこにいってもまずは食べ物で興奮する私でした(苦笑)


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2017-12-30 19:59 | 2017ニュルンベルグへクリスマスの旅 | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana