e0335287_5433567.jpg


1週間のヴァカンスが終わりトラーパニに戻ってきました。戻ってきたシチリアは、、、湿度が高い(涙)アンダルシアって暑いけど湿度がすごく低くかったんです。だから暑くても耐えられるけれど、今日のトラーパニは80%を超える湿度。ここは日本ですか、、、?というくらい蒸し暑い(汗)出発前はまだ気持ちの良い気候だったのですが、1週間で蒸し暑い夏がやってきた、、、という感じです。

さて、ずーっと行きたかったスペインのアンダルシア地方、1週間と短い旅行でしたがレンタカーを借りてアンダルシアをほぼグルリと1周してきました。自分の旅の記録のためにも1週間のスケジュールを。

1日目:パレルモ空港出発 ローマ経由にてマラガ空港へ → レンタカーでグラナダへ(約130km) <グラナダ/NHVittoria泊>
2日目:午前 アルバイシン地区を散策/午後 アルハンブラ宮殿見学 <グラナダ/NHVittoria泊>
3日目:グラナダからセビリアへ移動(約260km)午後 アルカサバ見学 <セビリア/IMG AlfonsoX泊>
4日目:午前 セビリア大聖堂見学 セビリアからヘレス・デ・ラ・フロンテーラへ移動(約100km) <ヘレス/Hotel Jerez泊>
5日目:午前 ワイナリー見学 午後 ホテルにてSPA <ヘレス/Hotel Jerez泊>
6日目:ヘレスからトロックスへ移動 <トロックス/PLYA MALAGA泊>
7日目:午前 フリヒリアナ観光 午後 ホテルにて<トロックス/PLYA MALAGA泊>
8日目:マラガ空港出発 ローま軽油にてパレルモ空港へ

こうしてみると意外とハードだったような今回の旅。テーマは「シチリアのルーツを探索」で、海でのんびり~、ではなかったので、こんな工程になったわけですが、4日目までは本当に忙しかったっ!夢にみたアルハンブラは予想を上回る大きさだし、最初の3日間は気温も40度近くあって暑かった、、、。セビリアはグラナダ以上の大都市で、1泊では全く足りないくらいでした。ここまではひたすら歩く、歩く、歩くっ!シェリー発祥の地ヘレスに着いてからはホテルもプール付きリゾートタイプで、ちょっとのんびり、そして最後の2泊は海辺でゆっくりするために海近くのホテルを予約しました。これがまた予想外のメガホテルでビックリしたんですけどね、、、、(苦笑)

ホテル選びはレンタカーでの移動だったので、基本的に駐車場があるところ。本当は旧市街のアンダルシアっぽい(つまりアラブっぽい)古い建物に泊まりたかったのですが、だいたいそういうところは車が進入禁止のところにあったり、駐車場がなくてホテルから離れた場所に車を停めて歩いていかなければならなかったり、、、。知らない土地なので泣く泣く諦めたのですが、、、正解でした。グラナダの旧市街アルバイシン地区は車が入っていけない道も多く、入っていけたとしても絶対迷ってた、、、。セビリアは旧市街の中のホテルだったのですが駐車場付きで良かった、、、、さもなければ公共の駐車場は遠いっ!レンタカーでの移動は街と街の間の移動も時間に束縛されることなく、重い荷物を持ってバス停まで歩くこともなく、便利は便利なのですが、ホテル選びは慎重にしないと、、、かえって厄介な事にもなりかねません。今回はいずれのホテルも激しく迷う事なく到着できたし、駐車場もすぐ近くにあったし。良かった良かった。

今回の旅で一番気に入ったのはグラナダかな~。街はアラブの雰囲気を醸し出していたし、とっても活気があって、何と言ってもアルハンブラ宮殿、、、ここは素晴らしかったっ!今回は午前にアルバイシン地区、午後にアルハンブラ、そして気温は38度、、、この1日はさすがにヘトヘト。全部をゆっくりと見る事ができませんでした。いつかもう1回戻ってみたい場所リストに追加です。

そういえば、レンタカーについても一つ学習した事が、、、それはレンタカーにもローコストがあった事っ!Auto Europeという色々なレンタカー会社が予約できるレンタカー予約サイトで「RecordGO」という会社を予約したのですが、、、、ここ、正直いってオススメできません。比較的料金が安いため、マラガ空港の窓口にはズラ~~~と長蛇の列!今まで見たこともないような長~~~い列でした、、、、そして待つこと1時間半、、、、やっとレンタカーできましたが、長かった、、、、。並んでいる間、他のレンタカー会社にも料金を聞いてみたのですが、窓口で直接予約だと結構高く。(ネットのほうが確実に安いんです。)時間も早めだったので気長に待ちました。カウンターで目にしたのは「Low Cost」の文字、、、ゲ、レンタカーにもローコストがっ!料金が安いのはいいのですが、この会社、ガソリン先払い、しかも満タンで90ユーロと高い、、、。ちなみにスペインは1,5ユーロ/1Lくらいでした)ガソリン満タンを先に支払って返却するときには空でいい、というシステムなのですが、使っても使わなくてもその分先に支払わなければならない訳で。私達も途中、心配だったので給油しましたがやっぱり最後まで使い切らず。まさにローコストの手口、、、って感じです(笑)そして、保険。これも分かりにく~~~い場所に「保険ナシ」と書かれていました、、、、ヤラレタ(苦笑)まー、元々破格に安かったので、何かあるかな、、、?とちょっとは思っていたし、大きな被害(?)にあったわけではないのですが、やはり知らない会社は気を付けたほうが良いのでした。

そうそう。今、アンダルシア地方はひまわりの季節♪セビリア~ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ、この近辺で真っ黄色なお花畑をたくさん見ました♪まだまだ花が咲いていないひまわり畑もたくさんあったので、季節はまだまだ続くのでしょうね。とっても美しかったです。

一つ一つの場所でそれぞれ新しい発見をした今回のスペイン・アンダルシア旅行でしたが、明後日からお客様がいらっしゃいます。7月に入ったらゆっくりとブログにアップしていきたいと思います。
# by latavolasiciliana | 2013-06-23 05:52 | Comments(2)
ちょっと早めの夏のヴァカンス、今年は南スペインはアンダルシア地方を旅しています。

アンダルシアはイスラム支配が長く続いた地方。イスラム支配が長かった分、今も尚、その頃の建物や、その後キリスト教に変わってもイスラムに憧れを持つ支配者達が次々とイスラム様式で作らせた建物が残っている、、、しかもその規模がすごいっ!と聞いていました。シチリアもイスラム文化が色濃く残っていますが、アンダルシアはそれ以上、、、というウワサも聞いていました。シチリアにはスペインを伝わって入ってきたイスラム様式もあるし。という事で、今年のヴァカンスは海でノンビリ~♪ではなく、シチリアのルーツを求めるべくアンダルシア地方にやってきたのです。

一番最初に訪れたのはグラナダ。そうここは憧れのアルハンブラ宮殿がある場所!夢にまでみたアルハンブラ、、、(これほんと・笑)。そしてそこは、、、まさに夢の世界♪

e0335287_364124.jpg


大好きなイスラム建築と、大好きなモザイクに囲まれ、、、♪

e0335287_395343.jpg


そしてその規模は、今まで見たことが無いくらいデカイ!ため息が出るばかりのアルハンブラ宮殿なのでした。

そして今日はグラナダから250キロほど車で移動して(レンタカーを借りてます)、セビリアへ到着!そして、ここでまた、、、すごいものを見たのでしたっ!

旅レポートは戻ってからゆっくりするとして、時間がある時にハイライトをアップしていこうと思います。

しかしアンダルシア、、、私の期待を裏切らないアラブの香りを感じさせてくれる街街、、、、♪ 毎日ワクワクしながら旅をしていますっ!

続きは次のハイライトにて、、、、。
# by latavolasiciliana | 2013-06-18 03:14 | 2013夏 アンダルシアへっ! | Comments(8)

Happy Birth day to me!!!

今日6月13日、ひとつ歳を重ねました♪

すでに喜んでいいのか悪いのか分からない年齢にさしかかってきましたが、やっぱり誕生日って嬉しいもの(笑)FBを始めてから

「おめでとう!」

という言葉を、今までにないくらいの方々からいただきます。おめでとう、っていつになってもやっぱり嬉しいものなんですよね♪コメントを頂いた皆様、ありがとうございました☆彡

今年で9回目を迎えるシチリアでの誕生日。イタリアの誕生日は自分で祝うわけですが、1度も自分でお祝いしたことありません、私、、、おそらくこの先も自分じゃ祝わないかと(笑)

毎年、C氏には

「誕生日、何が欲しい?」

と聞かれるのですが、これといって欲しいものも見当たらない、、、そして今年は、

「ケーキは要らないよ、ダイエット中だから。あ、お花も土曜日から出掛けちゃうからもったいないから要らない~。」

と、ケーキもお花も拒否(笑)C氏ガックリ和(笑)

そうそう、土曜日からちょいと夏休みなんです。じゃー、夏休み中においしいもの食べさせてちょうだい!っていう、超現実派で(笑)(やっぱり花より断然団子でしょ!)

こうして誕生日を平和に過ごせるって、普通なようで、、、やっぱり幸せなんでしょうね、いや幸せなのだ。

この1年、仕事もプライベートもバランスよく楽しみ、まずは自分が充実した生活を送ることで得たパワーを、日本の皆さんにもお届けできたらな~、と。まずは自分が幸せでないことには、何も始まらないですから。人生楽しみますっ!

ということで、今年は誕生日後の夏休みっ!忙しかった(っつーか、今も忙しいんですけどね~、、、汗)今年の上半期。ちょっとここらで気分転換にエネルギー充填に行ってまいります!初のタブレットからのブログ投稿も試す予定です♪

どこに行くかって??それは、、、、、、お楽しみに☆彡
# by latavolasiciliana | 2013-06-14 01:11 | REIのシチリア日記 | Comments(12)
e0335287_22184112.jpg


ここのところ、ちょっとパソコン仕事でモンモンとしている私。

先週末は先週のモンモン具合からちょっとだけ開放されたので、気晴らしに夕暮れのトラーパニの街に繰り出しました。夕暮れ、、、って言っても写真を撮った時点でもう夜9時近く。現在、日没が8時半くらい。随分、日が長いです。

e0335287_2221582.jpg


ここはトラーパニ旧市街の入り口Via Garibaldi(ヴィア ガリバルディ)。
私はエリチェの山の麓あたりに住んでいるので、パソコン仕事に追われている最中はあまり街には出て行きません。久しぶりに(って言っても1週間ぶりくらい?)に行ったトラーパニの街はやっぱり美しいなー。

かつて旧市街にもアパルタメントを借りていた頃は、パソコン仕事最中でもちょっと外にでればこんな風景を見ることができたんですよね。懐かしいです。

さてこのモンモン、とりあえずの締め切りは今週金曜日!がんばれ自分~~~!
# by latavolasiciliana | 2013-06-11 22:23 | トラーパニの風景 | Comments(2)

小麦畑の季節です

e0335287_3584886.jpg


シチリアは小麦収穫真っ最中!

ローマ帝国支配下の時代、シチリアは「ローマの穀物倉庫」と言われるほど小麦が生産されていた事はもはや有名な話。

シチリアで生産される小麦は硬質小麦。軟質小麦は水分をたくさん必要とするため、雨量が少ないシチリアでの栽培は難しく。その代わり飛び切り美味しい硬質小麦を作ることができるシチリアの肥沃な大地。

この時期、田舎を散歩していると、遠いどこかから「ドドドドド」と聞こえてくる音、それは小麦を刈るための機械の音。シーンと静まり返った田舎では、目では見えなくても音だけが聞こえてきます。季節の音。

ちょっと重いのか、穂を垂れてシチリアの太陽に輝く小麦達。キラキラとしてとってもきれい。
# by latavolasiciliana | 2013-06-11 04:04 | 田舎を散歩♪ | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana