e0335287_16103439.jpg


ドミンゴ家のお庭には数本のオリーブの木があります。その中でも家に一番近い、日当たりが良い場所にあるオリーブの木は既に、蕾も膨らんできてもうすぐ開花か?という様相。

同じ庭にあっても品種が違ったり日当たりが違ったり、そもそもその下にある土が微妙に違ったり、、、で、隣にあるオリーブの木であっても同じ時期に開花するとは限りません。自然ってすごい。ちなみに、私達のオリーブ農園の開花はまだまだ先。ドミンゴ家がある場所よりもちょっと標高が高いから。

ところで、「私達のオリーブ農園」、、、農園に名前をつけてあげようと思うのだけれど、何かいい名前ありませんかねぇ~。ただ今、農園名募集中です(笑)
# by latavolasiciliana | 2013-04-24 16:17 | オリーブのお話 | Comments(0)
e0335287_258640.jpg


「シチリア時間ブログ2」ではすっかりお馴染みのサン ビート ロ カーポ。何度となく、今までのブログでご紹介してきました。青い海、白い砂浜、、、絵に描いたような美しい海岸で、4月の今、既にイタリア北部から(イタリア語のアクセント的に)バカンスに来ているグループも多くいました。

さて、美しい海はさておいて。

こんな海を見ると必ず食べたくなるもの、それは、、、

「Risotto allo scoglio(リゾット アッロ スコーリオ)」

聞きなれない名前かもしれませんが、海の幸のリゾットです。

「海の幸=Marinara(マリナーラ)」

と書かれていることも多いですが、エビ、イカ、ムール貝など、甲殻類や貝類がたくさん入った海の幸は「allo scoglio(アッロ スコーリオ)」と書かれていることが多いです。

サンビートに来るとほとんど、、、と言っていいほど、海の幸たっぷ~りのリゾットと、キンキンに冷えた白ワイン!これが私達の定番なのです。

サンビートはかつて漁業で栄えた街(というか、村だったらしいですけどね)。ここでは、非常に新鮮な魚介類が毎日水揚げされます。なので、どこのお店に入っても、海の幸系は大体美味しく。

今年2回目の日本から戻ってきた私。翌日はすっごく天気も良く、久しぶりに青い海を見に行きたくなった、、、そして海の幸たっぷ~りのリゾットが食べたくなった!で、行ってきた!

e0335287_3113155.jpg


じゃ~~~ん!!!

こ、これ、、、、2人分(苦笑)←思わず本当に笑ってしまった、、、、。

取り皿、これ、小さな取り皿ではなく、普通のパスタ皿です。ここには既に軽く1人前くらいの量が乗っているんですけど、、、まだまだ残っているリゾットの量(汗)そして、米の量に負けないくらいの海の幸の量、、、、(汗)ははは~、笑うしかない!(笑)

キンキンに冷えた白ワインと4人分くらいはあろう海の幸のリゾット、、、、がんばって2人で完食。うぇっぷ。

幸せ~~~❤ 、、、、 という気分も通り過ぎ、苦しかったです(笑)

ちなみにサンビート。ここ数年で物価が急高騰。私がトラーパニに来た8年前は、リゾット2皿+ワイン1本で30ユーロちょっと(約3900円)でした。今日のお会計はリゾット2皿+ハーフワイン1本で42ユーロ(約5500円)。1ユーロ130円で計算すると高っ!ここのところ1ユーロ=100円だと思って計算していたので、こうして改めて計算してみるとやっぱり物価高し、サンビート。というか、8年前も決して安かったわけではないのですね~。

まぁ、物価高くてもこの美しい海とたらふく食べられるリゾット、、、決して損した気にはならないのが不思議なところ。

真夏になると人がワンサカ押し寄せるサンビート。今の季節が人も少なく海も美しく♪ 地元民ならではの特権を楽しむぞっ!
# by latavolasiciliana | 2013-04-23 20:19 | オソト ゴハン | Comments(2)
先週の土曜日、家で朝ごはんを食べながらゆっくり寛いでいる時に、C氏の携帯に電話がかかってきました。

「今、キミんちの農園、剪定しているよ~~~。」

去年、C氏パパから引き継いだオリーブ農園の剪定作業、、、そういえば、私が日本に出発する前、2週間前ほどに剪定師さんに頼んだ剪定作業。いつかな~、、、とは思っていたけど、きょ、今日!?(せめて前日に連絡しようよ~、、、)

急いで着替えて、農園へ!!!!

到着した頃には8割ほど終了。残りの2割、一緒に切っているところを見ながら、オリーブの木の状態やどうやって剪定するのか等等、情報収集。約1時間後、剪定師兄弟退散!

e0335287_22255930.jpg


さて、、、、。あたりを見回してみると、剪定された枝(木くらい太い枝もあり)、、、これって、、、。

e0335287_22291070.jpg


「さてと、集めるか!」

C氏がサカサカと集め始めます。そう、これ、自分達で集めて燃やすんです。いや、お金さえ払えば集めていってもくれますけどね。それくらい自分達でやろうよ、ってことで。

ちなみに剪定は今年、来年のオリーブオイルの成長や実の付き方を左右するとっても重要な作業。適当に切れば良いってものではもちろんなくって。引き継いだ木達はパパのパパが植えた樹齢70歳を超える木達。お手入れの仕方がキーポイントとなるので、信頼できる剪定師さんに頼んだのでした。

バサバサバサバサ、、、と大量の枝を束ねて一気に運ぶC氏に対して、
ズルズルズルズル、、、。。。。比較的大きな枝を引きずる私、、、、。あ~、非力な私よ!(涙)

e0335287_2257551.jpg


写真では枝の太さが伝わりにくいですが、直径10センチはあったかも?掴むのが精一杯。この枝は、パパが80歳を過ぎた頃から一番高いところにある枝が切れなくなって、グングンと上に伸びていってしまった枝。栄養分を吸い取ってしまうのでバッサリと切りました。しかし、これが重いんだな~~~。

朝、あまりにもびっくりして急いで出てきてしまったため、約1時間後、、、私はガソリンが切れてしまい、、、。

「お腹空いたよーーーーーーーー(涙)」

という私、、、一瞬、C氏のひじょーに冷たい視線を浴びましたが、時、既に13:00。一旦、退散してごはんを食べてから再開する事にしました。やった~~~♪

マンマのおうちでは、美味しい~~~ごはんを作って待っていてくれました♪ 感謝!

e0335287_22315178.jpg


朝採りのまだまだ小さくて柔らかいソラマメとグリーンピースのパスタ❤
あ~、、、、空っぽになったお腹に染み渡るわ~~~。
それに鶏肉とカルチョーフィのグリル!これで栄養補給バッチリ!

ちょっと休憩を挟み、再び農園へ!

夕方16時過ぎ、やっと全てを集めて燃やしました、、、。

e0335287_2236528.jpg


なんか、すごい勢いで燃えています、、、(汗)

e0335287_22391142.jpg


去年はいささかモサモサしていたオリーブの木達ですが、剪定されて随分すっきりしました。今年もがんばっておくれよぉ~!

足元をふっと見るとこんな可愛いお花が辺り一面に♪

e0335287_224377.jpg


シチリア、春爛漫です♪
# by latavolasiciliana | 2013-04-22 23:03 | オリーブのお話 | Comments(10)

初めまして!REIです♪

e0335287_17304726.jpg


シチリアの西の端トラーパニという小さな街に2005年から住んでいます。

180度広がる真っ青な空、キラキラと輝くエメラルドグリーンの海、大地の力を感じるゴツゴツした岩肌の山、、、、素晴らしい風景に囲まれて過ごす毎日。メルカートには旬の野菜や果物が所狭しと並び、時には畑に行って朝採りの採れたて野菜でお昼ごはん。美味しいワインにオリーブオイル、、、ここには美味しく幸せな生活があります。

そんな美味しい生活を皆さんにちょっとだけおすそわけ。

このブログを見てくださった方も少しだけ幸せを感じていただけたら嬉しいです♪

カッフェを片手にどうぞごゆっくりとご覧下さい。

2013.4.22 トラーパニにて。




■過去のブログ■

シチリア時間ブログ2 :シチリアの旅をテーマにシチリアの色々な風景を綴りました。(2010~2013)
シチリア食通信 時々イタリア :シチリアの食に関する諸々エッセイ。ディープな情報満載です。(2010~2013)
シチリア時間ブログ :シチリアの日常生活を色々。(2006~2010)
イタリア料理留学日記 : イタリア(シチリア)留学期間中のドタバタ日記。(2004~2006)

■私の仕事■

La Tavola Siciliana(ラ ターボラ シチリアーナ) http://www.tavola-siciliana.com/

シチリア美食の旅コーディネート「La Tavola Siciliana(ラ ターボラ シチリアーナ)」代表。
現地にすむREIならではのシチリアの魅力を120%お伝えできるプランをご紹介しています。

オリーブの木オーナー制度Venvs et Salvs(ヴェヌス エ サルス) http://www.venusetsalus.com/

シチリアに自分のオリーブの木が1本、、、なんてあなたの夢を叶えます。

●オリーブ農園運営

シチリアで一緒に暮らすパートナーと一緒に彼がお父さんから引き継いだ農園を運営しています。未来のオリーブオイル生産者を目指しています♪

●執筆活動

雑誌、WEBマガジン等に執筆中。2012年には講談社より「イタリアで一番美味しい家庭料理 シチリアのおうちレシピ」を出版しました。
# by latavolasiciliana | 2013-04-22 17:22 | ご挨拶 | Comments(10)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana