e0335287_533172.jpg


今日は日曜日。恒例のドミンゴ家ランチの日♪

冬になると美味しいのがマンマのスープパスタ。写真の通り、具も入っていないほ~んとに地味なパスタなのですが、これがまたウマイ。本当にウマイのです。

オイシサの秘密はブロード。たっぷりの牛肉と鶏肉と野菜からとったブロードは優しいオフクロの味。野菜や肉のエキスがたっぷりと感じられるのにしつこくなくって。ブロードの中で茹でられたパスタはその旨みを十分に吸っていて。冬だけに食べられるマンマのゴチソウです♪

普段ならブロードパスタ、

「体が温まるね~♪♪♪」

と喜ばれるはずが、本日、日中の気温は20度くらいまで上がり。コート要らずにポカポカ日和。パスタを食べながらみんな、

「暑い、暑い(汗)クーラー付けるか!?」

と、冗談が飛ぶほど暖かかったんです、今日は。

私にとっては夏でも喜ばしいくらい大好きなこの一皿♪ いつでも大歓迎~~~♪

あ、ちなみに今日の鶏肉も数ヶ月前に締めた前代の庭のニワトリちゃんたちでした~。卵を産んで、最後は美味しいブロードとなり、、、ニワトリってエライ!
# by latavolasiciliana | 2013-12-23 05:11 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(0)
e0335287_22372925.jpg


冬、、、とは思えないくらい暖かい日が続いているトラーパニ♪

シチリアに本格的オレンジの旬がやってきました。オレンジ自体は11月下旬からメルカートに並び始めますが、その頃のオレンジはちょっと固くてジュースも少なく。12月下旬になるとオレンジもジューシーになり、甘みも増します。これぞ旬のオレンジ!という感じです♪

今日は週1回土曜日に開催される農民市場に久しぶりに行きました。予想通りオレンジが山のように並んでいました。このオヤジ、冬になるとオレンジの前でいつもくわえタバコ(笑)私にとっては冬の風物詩的な姿です。

シチリアの太陽にピカピカ輝くオレンジ。さあ、今年もいっぱい食べてビタミンをたっぷり取るぞ!
# by latavolasiciliana | 2013-12-21 23:07 | シチリアの旬色々 | Comments(2)
e0335287_18225761.jpg


見た目はな~んてことのないこの一皿、私にとってはゴチソウ♪

色々な種類の野菜と数種のマメ、そしてファッロのごった煮。しかも一緒に煮込むだけ!という本当に簡単な一皿ですが、これがまた美味しい、、、❤ 私はスープには特別なダシは使いません。いつも入れるのはドライトマトとローリエ。野菜は下茹でなどせずに小さく切ったらナベに入れて、野菜から出るダシを利用します。これだけで十分に美味しいスープが出来るのです♪

今年のフレッシュなオリーブオイルをたっぷりかけると、青いオリーブの香りがふわ~っと漂い。本当に幸せなひと時♪♪♪ チーズ大好きなC氏は表面みえなくなっちゃくらいのパルミジャーノをかけて。これもまたウマイ♪

レストランで食べる料理もおいしいのですが、やっぱり私はこんな素朴な一皿が好き♪
# by latavolasiciliana | 2013-12-19 18:37 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)
e0335287_20435449.jpg


今朝、ラジオ関西の「谷五郎のこころにきくラジオ」という番組で15分ほどシチリアのお話をさせて頂きました。こちらの時間で7:15くらいからが出番だったので、いつもよりちょっと早起きしましたが、7:00ってまだ暗いんですね~。いつもは7:30ごろにベットから抜け出すのですが、その頃はもう明るいのですが。

ちょっと早起きしたので、朝のトラーパニの街に散歩へ。写真は8:00のトラーパニ。写真にはうまく出すことが出来ませんでしたが、実際の空はもう少し朝焼けしてオレンジ色。そういえば、昔、旧市街に住んでいた頃はこうしてよく朝のお散歩に出かけたっけな~。しかし、今日は本当によい天気!風もなく海はまっ平ら。この後気温もどんどん上がり、ポカポカ陽気となりました♪

冬の朝って空気がピーンと張り詰める感じですごくクリアな感じがします。昼間の青い海も良いですが朝の海もいいものですね♪

今日のつぶやきでした(笑)
# by latavolasiciliana | 2013-12-18 20:51 | REIのシチリア日記 | Comments(0)
e0335287_18545583.jpg


ウィーン菓子といえば「デメル」、というほどデメルは日本でも有名な老舗のお菓子屋さん。王宮のほぼ前にあるデメルはハプスブルグ宮廷ととっても関係が深かったお菓子屋さんのひとつです。

創業は1786年、、、時は皇帝ヨーゼフ二世の時代だったというから驚きです(゜o゜)創業者の名はルートヴィヒ・デーネ。店名も最初は「デメル」ではなく「デーネ」だったそうです。ハプスブルグ家王宮、ホーフブルグ宮殿のすぐ近くににあるデメルは、19世紀以降、宮廷晩餐会や宮廷舞踏会のたびに菓子職人がデメルから借り出された、と言います。当時は、デメル自体がウィーン上流階級の女性達の溜まり場?となっていたらしく。

e0335287_19123084.jpg


沢山のお客さんで賑わう小さな店内。

e0335287_18465493.jpg


クラシックなデメルの店内はとってもステキ♪ 見ているだけでも楽しくって。中央に山積みになっているのはザッハトルテ。お持ち帰り用に木箱に入っています。スーツケースに入れて持って帰ったことがありますが、崩れも潰れもせず。

e0335287_1901122.jpg


クリスマス時期限定デザインのアイシングクッキーもあり。

e0335287_18445680.jpg


ショーケースには伝統ウィーン菓子がズラリと並びます。2階にはゆっくり寛げるサロンがあって、デメルの美味しいお菓子を楽しむことが出来ます。

歴史と絡む老舗のお店には独自の雰囲気があり。何と言っても時代はハプスブルグ家が存在していた時代、、、そんな事を妄想しながらお店にいるだけでワクワクしてきます♪ウィーンにはステキなカフェハウスや美味しいお菓子屋さんがたくさんありますが、デメルはまず行って頂きたい老舗のお菓子屋さんなのでした。
# by latavolasiciliana | 2013-12-17 19:18 | 2013冬ウィーンでクリスマス! | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana