e0335287_18022354.jpg
夏はいつも駆け足で過ぎていき、、、もう9月となりました。

今年の我が家の夏野菜は、最初の方に手をかけてあげなかったせいですっかり不作。
なので自家製の野菜ではありませんが、今年も夏の保存食を作りました!

まずは農民市場で信頼のおける農家さんかがトマト、ナス、ピーマンを合計20kg購入。

まずはトマトを軽く茹で、パッサポモドーロと言われるトマト裏ごし器でトマトジュースを作り。
夏野菜を切ってトマトジュースをかけたらオーブンへ。

e0335287_18081351.jpg

本来の伝統的なカポナータとはちょっと違いますが、夏野菜の甘みがギュっと凝縮された美味しいカポナータが完成します。

残りのトマトジュースは煮込んでトマトソースに。

e0335287_18104624.jpg
トマトジュースを瓶に詰めたパッサータと呼ばれているものは、去年作ったものがまだ残っているし、
ドミンゴマンマのおうちでも作っているので、それを頂くとして(笑)
我が家では忙しい時にすぐに使える、トマトソースを作ります。

今回出来上がったのは、カポナータが12本とトマトソースが12本。
意外と少なし。

夏野菜は7月から市場に並びますが、保存食作りは夏の終わりの夏野菜達がたくさんの太陽を浴びて熟していて美味しい。
今年は8月がモーレツ忙しくて仕込む時間がなく、、、。
今回が1回目の保存食作りとなりました。

明後日には日本に行ってしまうのですが、戻ってきたらもう1回できるといいな~、、、。



=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/



# by latavolasiciliana | 2017-09-03 18:15 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)
e0335287_16524853.jpg

先日、お客様と農民市場を散策していた時の事。

トラーパニの農民市場は地元の農家さんが採れたて野菜を販売しているので、
トラーパニから10kmほどの距離の農家さんを中心に、
遠くても50km(トラーパニの街から一番遠いあたり)あたりのところからやってきた人達ばかり。
八百屋さんはトラーパニ、パレルモ、アグリジェント、、、と100km辺りまで距離が延び。
巨大な農園を持ったカターニャ方面の野菜や果物も少なくなり、、、まぁ、シチリア産ではありますが、
思わず「ん~、、、カターニャ産か~、、、って思っちゃう。」

なんて話をしていました。

イタリアを旅行していつも思う事、それはシチリアの市場や八百屋さんには「シチリア産」がすごく多いこと。
イタリア中~北部の市場では、特に冬季になると「シチリア産」と書かれた野菜や果物がすごく多く並びます。

そこでお客様の一言。

「でも国産ですよね??」

言われてみれば、、、。

東京出身の私は、確かに自分の住んでいるところから10km以内の野菜なんてありえなかったし、
なるべく日本全国からやってきた生産物を中心に買い物はしていたものの、
やはり時には海外からやってきたものも買っていました。

それがシチリアに住み始めてからは生産者と消費者の距離があまりにも近くて。

自家菜園>地元のもの>シチリア産>国産

ついにはこんな感じが当たり前に。

野菜や果物は、私が買うのは「シチリア産」までで、それ以外のものはほとんど買いません。
海外のものと言えば、果物と言えばバナナしか食べない来客のために買う時折買うバナナ、、、
それ以外はないかも。

今の時期、農民市場には自家製トマトソースを作るためのトマトがケース売りしていて自分で畑を持っていない人が買い求めます。
トマトは自家製じゃなくても、信頼おける農家さん。
そして自分で1年分のトマトソース作り。
ドライトマト、干しイチジク、モモやアンズのジャム等、農家さんが作った自家製保存食も並びます。

旬のものを旬の時期に。

当たり前のようですが、旬の壁が崩壊しつつあった日本では意識していないとできなかったことが、
ここシチリアでは当たり前に実行することができます。
市場に並んでいるものは旬のものばかりですから。

日本では

「健康にいいから」

と義務感に駆られて食べていた野菜ですが、シチリアに来てからの食生活は野菜中心に。
何故なら

「美味しいから」

私の意識も食生活もこの12年で随分変わったな~、、、と思ったのでした。

今日は農家さんのドライトマトをゲット♡

今年は自分で作ろう!と思っていたのですが、あまりに忙しくて作るヒマがなかった、、、。
気候的には絶好なドライトマト日和が続いていたのに(涙)
来年こそは、、、!と思いつつ、農家さんの美味しいドライトマトをかじりながらブログを書いています。



=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/




# by latavolasiciliana | 2017-08-30 16:41 | シチリアの旬色々 | Comments(0)
※夜の部にキャンセルが出たので、改めてトップにアップします!

====

9月に開催する料理教室@TOKIO、参加者を募集致します!

今回のテーマは、

「復刻版!シチリア食材を使いこなす!」

日本での料理教室を始めたのは、

「シチリアで買った食材が冷蔵庫で余ってしまいました、、、」

というとある生徒さんからの声からでした。

シチリアで美味しいシチリア食材を入手したとしても、
それを応用できなければ宝の持ちぐされ。

もったいない!!!

ということで、各回、1つの食材にテーマを絞って、
その食材を徹底的に使いこなす!ことを目標としました。

ケッパー、アーモンド、オレガノ、ドライトマト、かんきつ類、、、
今回は1回のレッスンで、様々なシチリア食材を使ったメニューを作ります!

メニューは、いままで作ったもののなかから好評だったもの、新メニューなど色々。
ササッとできて、おつまみにも、メインにも使える、
我が家でもヘビーローテーションの使い勝手の良いメニューを中心に
ご紹介したいと思っています。

今回もメルマガで先行予約を受け付けました。
そして、今回は1日、2回だけの開催のため、残席が少なくなっています。
ご希望の方はお早目にご連絡下さいね!


《開催日程》

●2017年9月9日(土)

昼の部(11:00~14:00) ➡ 満席。キャンセル待ち受付中。
夜の部(17:00~20:00) ➡ 満席。キャンセル待ち受付中。➡キャンセルが出ました!現在参加受付中!

※開場は15分前となります。

<参加費>
各回 9000円 (グラスワイン付)

<開催場所>
渋谷区内のキッチンスタジオ
(お申込みの方にのみ詳しくご案内させていただきます)

<メニュー予定>
ケッパー、アーモンド、オレガノ、ドライトマト、かんきつ類など、
シチリア食材を使った料理を4~5品予定しています。

<お申し込み方法>

・お名前
・当日連絡がとれる電話番号
・昼の部 or 夜の部のご希望
・今回の料理教室をどの告知で知ったか

上記の事項をご記載の上、

info2@tavola-siciliana.com 

までご連絡ください。
折り返しお振込みの方法などの確認メールを送らせていただきます。

※携帯電話のメールアドレスからのお申し込みはこちらからの返信が届かない場合があるため、ご遠慮いただけますようお願い致します。
携帯電話のアドレスしかお持ちでない場合は、「info2@tavola-siciliana.com 」上記のメールアドレスが届くよう、設定の変更をお願い致します。

※hotmailからの応募はこちらからの連絡が届かないため、ご遠慮ください。

今回は1日だけの開催ですので、募集人数がいつもより少なくなっています。
参加をご希望される方は、早めにご連絡を頂けますようお願い致します。

REIの料理教室@JAPANは毎回メルマガで先行予約を行っています。

希望する回で参加したい!という方は、是非ご登録くださいね♪



それでは、今回も日本でお会いできることを楽しみにしていますっ!



=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/
# by latavolasiciliana | 2017-08-29 21:33 | 日本での活動 | Comments(0)
8月はお客様が連続していらっしゃる忙しい月。
朝早く家を出て夜中に帰る日が続きます。
こんな時はつい手軽なSNSの更新ばかりで、ブログがサボり気味に、、、。
もう少ししたら夏のピークがひと段落。
ブログも更新開始です!

その前に、、、すこしだけですがシチリアの8月の風景をお楽しみください。

e0335287_05450897.jpg


e0335287_05450882.jpg


e0335287_05450984.jpg


e0335287_05450901.jpg


e0335287_05450990.jpg


e0335287_05451059.jpg


e0335287_05451021.jpg


e0335287_05451016.jpg


e0335287_05451173.jpg


e0335287_05451156.jpg



# by latavolasiciliana | 2017-08-27 05:36 | REIのシチリアプチ便り | Comments(0)
すっかりご無沙汰していた今年の我が家の菜園日記。



6月13日に↑こんなエントリーを書きましたが、結局この頃から、シチリアには熱波がやってきて。
ようやく時間が出来始めた7月上旬は暑すぎて、、、苗を植えるどころが、
まったく休みがなかった2か月が終わって気も抜け、自分が夏バテ気味で(苦笑)

結局今年は夏野菜はあきらめる事にしました。

かなり放置したのに、生き残っていたトマトが5株中2株。

e0335287_17054864.jpg
ダッテリーノというもともと甘いミニトマトの品種なのですが、ほとんど水を遣らないで育ったせいか、
これがすんごーーーーく甘い♡
皮はかなり固めですが、口の中に広がる力強いトマトの凝縮した風味と甘さ。
堪りません♪

そしてナス。

e0335287_17065085.jpg
5株植えて、一応5株とも生き残っています。
が、さすがに水がないと成長しないのですねー、ナスは。
それでも5株中、3株は元気。

7月はかなり疲れ果てて、私も水遣りをする元気がなく。
下旬になって突然思い立ったように水遣りを始めてみたら、花がどんどん咲いてきて。
あと数週間したら豊作に!?と密かに期待を寄せています(笑)

e0335287_17103704.jpg
こちら、なけなし、、、な感じのパプリカ。
2株、一応残っていますが、もはや水をどれだけ上げてもシナシナな感じで。
微妙に花は咲いていますが、元気は全くなし。

ちなみに、ブログでも何度もしつこく書いていますが、今年のシチリアは暑い!!
毎日40度まで上がる日がもう2か月ほど続いています。
あまり水を飲まない私が、ガブガブ飲むくらいですからね~。
きっと植物達もノドがカラカラだったのでしょうね(涙)

水は少ない方がいい

とは言ったものの、連日40度&雨が全く降らない&夜も気温が下がらないトラーパニ。
この条件下ではやはり水遣りなしでは難しい、、、という実験になってしまった今年の夏の菜園でした。
シチリアではワイン用のブドウ作りでは、昼と夜の寒暖の差が激しい方が適している、と良く言われますが、
夜から朝にかけて気温が下がると朝露ができますからね~。
夏には全く雨が降らないシチリアにおいてはこの朝露は重要。
現在、夜中でも35度近くあるトラーパニは朝露はまったく期待できず。

そんな中でも実を付けたトマトはすごいっ!
としか言いようがなく。
すごいぞトマト!

さて、こんな感じの今年の菜園ですが、野菜の代わりといってはなんですが、ハーブ類をたくさん植えました。


e0335287_17210079.jpg

バジル、イタリアンパセリ、セージ、タイムとレモンタイム、スペアミントとアップルミント、レモンバーム、、、、

そして先日もアップしたTe verde??


ローリエも植えてみました。

e0335287_17233876.jpg


バジルは八百屋でもらった根が付いたものを土に植えたら、巨木化(汗)
バジルペーストは去年作り過ぎて、結局消費できずまだまだ残っているので、今年はドライにしてみました。

e0335287_17253506.jpg

軽く洗って、風通しのよい場所(室内)に置いておくこと3日間。
カラカラになりました。
そして意外と香りも残っているのね!

他のハーブも実験。

e0335287_17293376.jpg

タイム、イタリアンパセリ、ミント、ローズマリー、、、

シチリアって1年の数か月を除いてはフレッシュのハーブが外で育っているから、
いままでドライハーブってほとんど使ったこともなかったし、ほぼ必要もなかったのだけれど、、、。
どのハーブもかなり勢いよく育っているので、このまま放置しておくのも、もったいないのでドライにしてみます。
オリジナルのハーブソルトでも作ろうかな?

ちなみに外はゴーゴー強い風が吹くトラーパニは、ハーブの天日干しは絶対無理。
(すぐに飛んじゃう!)
なので、家の囲われたテラス?で実験中。
今年は熱波なので日は当たらなくとも良く乾くわー。
ミントなんて2日で既にカラカラ。

8月下旬に少しまとまった時間が取れたら、ドライトマト作りもする予定。
完全天日だとどれくらいかかるかな?

もう夏野菜は残っているナスとピーマン以外は完全に諦めて、、、秋~冬にかけての準備を始めます。


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


# by latavolasiciliana | 2017-08-10 17:37 | 我が家の菜園 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana