<   2017年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

e0335287_18394094.jpg


1年の最後の日は曇り&薄日のさすトラーパニ。
イタリアではお節料理の習慣はないですが、今晩&明日の家族の食卓に向けて準備しているマンマも多いはず。
そんな中、クリスマスもお正月もなーんもしない私は、年末、1年の疲れを癒すべく、かなりボーっと過ごしています(笑)


今年1年、ブログやSNSにアップした写真を見ながら今年を振り返り。
今年も色々な事がありました。


仕事はありがたいことに本当に充実した1年でした。

日本にも4回行って、料理教室やイベントを色々と開催。

2月の一番最初のイベントの準備が1月に始まり、そこからダ~~~!と、最後の日本での料理教室を終え12月7日にシチリアに戻ってくるまで一気に駆け抜けた1年でした。


旅は、2月の雨のマドリッド、7月にサルデニアの海三昧、そして現在レポ進行中の12月のニュルンベルグのクリスマスマーケット、、、、それに加え4回の日本行き。

忙しかった割には意外と旅に出てた。

今年は10年以上、アリタリアに乗り続けていたから、それに飽きて、今年はANAに乗り換えた年でもあり。

そのため、ヨーロッパの色々な空港にも立ち寄りました(笑)


そしてこのブログでもちょいと書き始めた「シチリアで家づくり日記」。




2016年4月に家は完成し、既に住み始めているのですが、その時点ではまだまだ手を加える箇所が多くて。

完成度50%という感じでした。

2017年はそこに更に手を加え、現在完成度85%

だいぶ完成に近づいてきた!!


と、色んな意味で2017年は充実の都市でした。


海外に住む身としては、日本の家族の事も心配になってきた今日この頃。
今後の人生、仕事のやり方等々、本当に色々と考えねばな、、、と気が付いた年でもありました。


こうして充実した生活を送れるのも、たくさんの方が応援してくれるから♡


シチリアに旅行に来てくださる方、料理教室に参加してくださる方、そしてそれを支えてくれる方々、、、そしてブログをいつもご愛読いただいている皆様!

今年もたくさんの「シチリア仲間」の応援を頂き、1年間、笑顔で楽しく過ごす事が出来ました。
いつも応援してくださる仲間のみんな、本当にありがとう♡


現在イタリアは朝ですが、日本はもうすぐ年明け。


みなさま、良いお年をお迎えください♡


2017年12月31日



by latavolasiciliana | 2017-12-31 18:56 | ご挨拶 | Comments(0)
クリスマスシーズンが続き、旅レポ少しお休みしていましたが復活です!

さて、鉄道駅近くのホテルに滞在した私達。
ニュルンベルグのメインストリートを散策しながらニュルンベルグの中央広場へ向かう。。。


橋を渡ると広場への入り口。

e0335287_18535244.jpg
ニュルンベルグ、クリスマスマーケットが有名とあって厳戒態勢。

そしてその先に、、、

e0335287_18562020.jpg

クリスマスマーケットだ♡

しかもこのドンヨ~リした空、、、私のイメージ通り(笑)

クリスマスマーケットに到着して、まず最初に目に入ってきたのが、、、


e0335287_19110209.jpg

ニュルンベルガーソーセージ!
この小さくて細いソーセジにはマジョラムがたっぷり、、、
それを炭火で焼く!
と、下調べで学んでいたので早速食べてみる。


e0335287_19133965.jpg

小さなパンにソーセージ3本が基本。
メルカートではどこで食べても3ユーロ。

うん、美味しい!

その土地の名産物はどこで食べてもやっぱり興奮する(笑)


e0335287_19153922.jpg

その後も、このおばちゃんから何回ソーセージバーガーを買ったことか(笑)


e0335287_19370443.jpg

みんなここでソーセージバーガーを頬張る(笑)


そしてその真ん前、クリスマスマーケットの入り口にあるこのお店、Schmidt(シュミット)。


e0335287_19014359.jpg
ニュルンベルグのクリスマスのお菓子、レーブクーヘンのお店。
街の中にいくつも支店がありますが、ここが本店。

お店の中はこんな感じ。


e0335287_19390610.jpg

定員さんに頼んで後ろの棚から出してもらうシステム。
どの缶の中に何が入っているか、全くわからーん(笑)

入り口に発送用カタログがあったのでそれを頂いてまずは退散。

え、レーブクーヘンって何かって?

これがレーブクーヘン。

e0335287_19422990.jpg

四角いのもあり。


e0335287_19434209.jpg

ニュルンベルグのレープクーヘンは、柔らかいタイプ。
シナモンやクローブが使われたクリスマスのお菓子。
オスティアと呼ばれるミサの時に信者に分け与えられるキリストの聖体をあらわすもののような薄い生地の上に乗せられていたので、もしかして修道院発祥かしら?と気になって調べてみると。


「14世紀にはニュルンベルグととその周辺で、レープクーヘンが男子修道院で焼かれていたことが知られている」

やっぱりそうか。

「スパイスの入った小さな蜂蜜パンについて記している最初の文献記録は、紀元前350年のものである。
古代エジプト人は、蜂蜜で甘くしたケーキを知っていた」

へ~、とすると起源はここか?

このレープクーヘン、クリスマスマーケットの中ではもちろんのこと、
街のあちこちに屋台があって。
いや、本当に街のあちこち(笑)

スパイス系のお菓子は大大大大~好き!なので、滞在中、いったい何枚食べたことか(笑)
お店や屋台に寄って微妙に硬さや厚さが違うのも興味深かった。

ニュルンベルガーソーセージとレープクーヘンだけで、長くなってしまったので、
クリスマスマーケットの続きはまた次のエントリーで、、、。

どこにいってもまずは食べ物で興奮する私でした(苦笑)


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-12-30 19:59 | 2017ニュルンベルグへクリスマスの旅 | Comments(2)
e0335287_05175735.jpg

ラ ターボラ シチリアーナのイベント@日本、第1弾のお知らせです!

Piscaria × La Tavola Siciliana コラボ企画!
「シチリアから食材直送!冬のシチリア料理で暖まろう!

葉山の老舗シチリア料理店ピスカリアとシチリア美食の旅の案内人La Tavola Sicilianaのコラボ企画!
ピスカリアのシェフ出雲択逸さんとシチリア在住La Tavola Siciliana主宰佐藤礼子さんの豪華シチリア料理の競演。

テーマは、


「冬のシチリア料理で暖まろう!」


夏のイメージが強いシチリアですが、冬にも美味しい食材がたくさん♪
今回はたくさんの食材をシチリアから直送!
シチリアに精通した2人が冬のシチリア料理を皆さんにご紹介します。


冬のシチリア料理でお腹も心もポカポカに♡


【日時】
2018年2月3日(土)・4日(日)
昼の部 12:00~15:00
夜の部 18:00~21:00


2月3日(土)のお昼の部は満席となりました。➡ キャンセルが出ました!現在3日のお昼の部も受付中!➡再び2月3日(土)の昼の部は満席となりました。


【参加費】
10,000円
たくさんのお腹が温まる料理とワイン3種をご用意しております。

※参加費は当日現金にてご清算させていただきます。
カードでのお支払はご遠慮させていただきます。


【開催場所】
シチリア料理 ピスカリア(Piscaria)
神奈川県三浦郡葉山町堀内918?20
※JR逗子駅、京急新逗子駅から、海岸回り葉山行き、元町下車。徒歩1分
新逗子駅から2,129m


【お申し込み】
ピスカリアに直接お電話下さい。
046-802-8388

※12月31日~1月11日の間はピスカリアは冬休みとなります。
その間のご予約はFacebookのアカウントをお持ちの方は、La Tavola SicilianaのFBページよりメッセージで。

www.facebook.com/tavola.siciliana

FBアカウントをお持ちでない方は、

info2★tavola-siciliana.com(★→@に変更して)

までメールでお申し込み下さい。


【キャンセルについて】
1月15日までのキャンセルは承ります。
それ以降のキャンセルの場合は、代理の方にご参加いただけますようお願い致します。

皆様のお越しを心よりお待ちしております!




by latavolasiciliana | 2017-12-28 12:00 | 日本での活動 | Comments(0)
12月26日、クリスマスの翌日はサントステファノの日で、続いて祝日のイタリア。
かつてはこの日もドミンゴ家で過ごしていた私達ですが、
最近はもう食べれん!という事で、26日は家で過ごしています。

天気が良くポカポカだった2017年のクリスマス。
26日もちょっと冷たい風が吹いているけれど、まぁまぁお天気良かったのでエリチェ散策に行ってきました。

e0335287_23395028.jpg

石畳のエリチェはいつでも美しく。

そしてここ数年、なんとエリチェでもクリスマスマーケットが開催されていて、、、。

e0335287_23461663.jpg

といっても食べ物ばかり(笑)

中央広場でもう5年ほど開催されているクリスマスマーケットですが、本当にまーったく盛り上がらない。
昨日は気温9度。
ニュルンベルグの0度近辺には負けますが、私達にしたら十分寒いんですが、、、やっぱり盛り上がらない(苦笑)

気分だけでも、と思い、VinBrule'(ホットワイン)を頂きにBarへ。

ここに強烈なおばちゃんがいて、かなり写真を楽しませていただきました♪


e0335287_23492531.jpg


ホットワイン自体はやはり本場ドイツの方が美味しかったかなー。
ここのはちょいと甘すぎた、、、。


エリチェは昔からクリスマスの時期はプレゼピオが飾られるのが有名な街。
教会の中、中庭、お店、あちらこちらに大がかりなものから、ちっちゃい可愛いものまでたくさん。
今年はエリチェのシンダコ(市長)が女性にかわったからか、とっても素敵な展示をしていました。
名付けて「世界のプレゼピオ」。

e0335287_23550900.jpg

インドネシア、ペルー、メキシコ、エジプト、ロシア、オランダ、フランス、イタリア等々、、、。
世界中のプレゼピオが展示されていました。
やっぱりその国の衣装にもその国の特徴があらわれます。
一番気に入ったのは大きな写真のインドネシア。
ちょっとコケティッシュで妙にカワイイ♡
イタリアのはかなり本物チックで怖かったりもしますからねー(汗)

市庁舎にはこんな美しいプレゼピオも。

e0335287_23595197.jpg

これ、ぬわんと大きな電球の中!
器用な人がいるものですね、、、、。

こうしてエリチェの街をたんまりと楽しみました♪
エリチェっていつ行っても本当に美しい。
長年の時を経た建物の壁や石畳。
だからこそ成せるこのなんとも言えない雰囲気。

かつては25日&26日は閉まるレストランもお店も多かったシチリアですが、
最近は開いているお店も増えてきました。
この時期の旅行も随分楽しめるようになったかと思います。

ちょっと早いですが2018年のクリスマス、シチリアで過ごしてみるのもおススメです!


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-12-28 00:04 | シチリア散策♪ | Comments(0)
皆さんはクリスマス、楽しく過ごしましたか?

私は今年のクリスマスもファミリークリスマス。
24日の夜は、家族のように仲の良いN君宅のファミリークリスマスにお邪魔しました。

N君は大のワイン好き。
だからN君主催の食事会は私もとってーも楽しみ♪

e0335287_17015608.jpg

計6種類のワインをあーでもない、こーでもない、、、と言いながら楽しみました。

すごいなー、と思うのは、ワイン好きのN君の知識はかなりのマニア級ですが、
そうでない人も、かなりのワインへの知識を持っているという事。
さすが世界的ワインの生産地イタリア。
そしてシチリアでは数千年、ずっと食卓のお供であったワイン。
もうDNAに組み込まれているのか(笑)

そしてテーブルにはN君の妻Gちゃんのかわいいテーブルコーディネート。

e0335287_17085536.jpg

彼女、本当にセンスが良くて。
ちゃちゃっと家にあるものを使ってテーブルコーディネートしちゃうところがすごい!
毎回、お宅にお呼ばれされる度に違う度に感心しちゃいます。

ワインのみならず、食大好き!のN君。

こんな巨大パンがあったり。

e0335287_17125072.jpg

ドルチェブッフェにこんなオサレなチョコレートがあったり。


e0335287_17141069.jpg


色々と楽しい仕掛けがいっぱい!のクリスマスイブでした♡

さてさて、25日、クリスマス本番!

この日はドミンゴ家で家族ですごすのがもはや定番。

今年はアンティパストもたっくさん用意されていたのですが、、、
思わず写真を忘れて食いついてしまった!(笑)


e0335287_17172888.jpg
プリモはマンマのトロトロラザーニャ。
メインは牛肉の煮込み野菜ソース、付け合わせにローストしたジャガイモ、キノコの煮込み。
この2皿、シンプル、、、なんですが、かなりヘビー級な2皿。
この時点でもう既にお腹いっぱいなのですが、、、。

この先、カルチョーフィの煮込み、フェンネルのサラダ、フルーツ、ドルチェ、、、
やはり25日のお昼は例年通りのお食べ地獄でした(笑)

去年からパパはいなくなってしまったドミンゴ家のクリスマスですが、
マンマも少しずつ元気になってきて楽しいクリスマスとなりました。

今年も無事にクリスマスが終了。

毎年毎年、段々食べれる量が少なくなってきて本格的にお食べ地獄と化してきているクリスマス(苦笑)
この時期が終わるとホッとします、、、(私は毎年なーんも用意しませんが)。

今年はお正月が月曜日。
今週末は更なるお食べ地獄が待つシチリア、、、(汗)
今日からの数日間は節食に励みます!



=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-12-27 17:26 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(0)

Buon Natale♡

e0335287_04250706.jpg

「シチリア」と「食」、この2つのキーワードを通して多くの出会いがあり。

そして何度も会ううちにもう「シチリア仲間」みたいな感覚になってきた今日この頃。
そしてそんな仲間と共有したいのは


「笑顔」


シチリアの食を通じて、皆が笑顔になって、

その笑顔が伝染して皆の周りの方々も笑顔になってくれたら嬉しい、、、

そんなことを心から感じた2017年でした。


今年も本当にたっくさんのシチリア仲間と、シチリアで、そして日本で楽しい時間を共有させていただきました。
シチリア仲間達よ、本当にありがとう。


もうすぐクリスマス、そして新年。

来年もみんなが笑顔で、そして私も笑顔でいれますように。

家族と過ごすクリスマス、友達と過ごすクリスマス、そして1人でクリスマスを過ごす人、それぞれのクリスマス。

世界中の1人でも多くの人が笑顔でクリスマスを過ごせますように。


Buon Natale



久しぶりにライトアップが灯ったトラーパニより
ラ ターボラ シチリアーナ
佐藤 礼子





by latavolasiciliana | 2017-12-24 04:20 | ご挨拶 | Comments(0)
e0335287_03175823.jpg

さて、いよいよ街を散策です♪

お天気はどーんよりですが、ドイツのイメージってこんな感じ(笑)
街並みはシチリアと全く違って、メルヘンチック♪

ホテルを出てすぐ、中心地に向かう中央通りの入り口にあるのが職人広場。

e0335287_03220922.jpg

おお、かわいい♡
職人広場というだけあって、手作り工芸品のようなものが並んでいました。


e0335287_03274136.jpg

まだまだ先があるので、とりあえず前進。

いつもは真っ青な空~、な写真なのだけれど、どこを切り抜いてもスモーキーな写真のニュルンベルグ。

e0335287_03303165.jpg


建物の感じがあまりにもシチリアと違うので、思わず写真を撮りたい衝動に駆られ、
なかなか前進しない(苦笑)

クリスマスマーケットに到着する前から街中にクリスマスマーケットのような屋台が出ています。


e0335287_03351031.jpg

道すがらにあったサンロレンツォ教会。


e0335287_03433434.jpg


なんか、ものすごい暗雲立ち込めてますね。

ゴシック様式のこの教会、1270年から1477年にかけて長い年月をかけて造られたそうです。

e0335287_05495958.jpg

天井がすごく高くて入った瞬間圧倒されます。

そしてあちこちに張り巡らされたこのステンドグラス。

e0335287_05535436.jpg

そとから入る光にキラキラと輝き。

なんの下調べもせず、ふらり、と入ったのですが、教会全体が美術館、、、
と言ってもいいくらい、美しき教会でした。


e0335287_05583463.jpg

後から知ったのですが、天井からぶら下がっていたレリーフは、
16世紀のドイツの後期ゴシックの彫刻家として活躍したファイト・シュトースにより作られた「受胎告知」のレリーフとして有名なものだそうで。


e0335287_06043444.jpg

大天使ガブリエーレとマリアが並んでいます。
後ろのステンドグラスから入る光がキラキラと2人を照らしていて、
とっても素敵だったので、写真がたくさん残っていました。

さて、教会を抜けるとついにクリスマスマーケットが開催されている中央広場に近づきます。

長くなってきたので次のエントリーに続く!
(なかなかクリスマスマーケットまで辿りつけません、、、笑)


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-12-21 06:07 | 2017ニュルンベルグへクリスマスの旅 | Comments(2)
パレルモからビューンと飛ぶ事約2時間。
あっ!という間に南の島から、北のおとぎの国へ一直線!
ニュルンベルグ空港到着。

いつもは旅に出るとレンタカーを借りてウロウロするのですが、
今回はもしかして雪が降るかも、、、、ということでレンタカーはなし。
電車で移動することにしました。

クリスマスマーケットの話題の前に、自分の備忘録としてニュルンベルグ空港から街への行き方と、
ホテル情報を書いておこう。


e0335287_01454818.jpg

空港を出るとすぐに地下鉄の券売機があります。
前に並んでいたのは皆、パレルモから一緒に乗って来たイタリア人。
画面はドイツ語のまま、皆、前の人が買ったように画面をタッチしていく、、、(笑)
一番上を2回タッチすると、枚数が出てきて。
自分の番になってみると、イタリア語マークもあったので変換。
一番最初の一番上はなんなんだろ?と思っていたら、「Corso Semprilice」、つまり1回乗車券。
なるほど。
二番目に表示されたのは行先のゾーンを選ぶもの。
えっと、なんと表示されていたかは忘れたけれど、とにかく一番上をタッチ。
それがニュルンベルグの中央駅に行くまでのゾーンらしい。
空港から中央駅まで片道3ユーロ@おとなひとり。

ニュルンベルグ空港から中央駅まではU2という地下鉄に乗って15分くらい。
結構頻繁に出ている模様。
入り口で刻印をお忘れなく。

ホテルは雪の中、スーツケースを持って移動するのも嫌だったので、
駅前にある「パークプラザ」に。


私自身は、古い建物のプチホテルが好みなのですが、同行者の好みはモダンで快適なホテル。
旅の行先はほとんど私が決めてしまうので、せめて宿くらいは好みに合わせてあげるか、、、ということで、
宿泊はいつも快適なシティホテルを選びます。

e0335287_01413624.jpg


このホテル、部屋に電気ポットとコーヒー&紅茶もあり、ベッドも寝やすい固さ。
部屋も広くはないけれど狭くもなく。
バス&トイレがちょっと狭かったのが難点。
朝ごはんは甘いパンの種類は少なかったけれど、チーズ、ハムを始めしょっぱい系は充実。
それも合わせれば、立地も良いし、コストパフォーマンスの良いホテルかと。

e0335287_16512922.jpg


ただ、1つだけ気になる点が。
掃除の時間が遅い、、、っ!
2日目は14:30ごろに一回部屋に戻ってきたら、まだ掃除がされていなくて。
掃除のおばちゃんに、いつ頃なの?と聞いてみたら、あと2時間後くらい?と言われ(汗)
寒かったし、部屋で一回ゆっくりしたかったので、その場ですぐに掃除してもいました。
翌日は、朝出ていくときに、2時くらいまでに掃除しておいてね~、とフロントに言っておいたのですが、
戻ってきたらまだ掃除されていないー。
で、またおばちゃんに直接言って掃除をしてもらい。
(放置しておいたら、掃除が終わるのは18:00くらいだった模様。)

小さなことですが、意外と気になる掃除の時間。
仕事の時は途中で部屋にはほとんど戻らないので、気になりませんが、
寒い地方に旅する時には寒がりの私としてはずっと外にはいられない、、、。

掃除の件さえなければとっても良いホテルだと思ったのですが、ちょっと残念。

ちなみに駅の横の道には、NOVOTEL、Holiday Inn、NH、などなど、、、ホテルが並んでいますが、
クリスマスマーケットから意外と遠いかも。
ニュルンベルグは街の真ん中にはホテルが少なく。
私が宿泊したパークプラザは駅を出れば目の前に見えるほどのド真ん前なのですが、
そこからクリスマスマーケットのある広場までは徒歩約15分。
街を散策し、クリスマスマーケットを見て帰ってくると、
帰りの道のりは結構遠く感じました。
駅の横のホテルはパークプラザから更に5~10分歩く訳なので、、、。
夏の時期ならいいかもしれませんが、冬は寒い!

と、個人的な感想でした。

ホテルにチェックインして、いよいよ街に繰り出しまーす!


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-12-20 16:44 | 2017ニュルンベルグへクリスマスの旅 | Comments(2)
e0335287_18072383.jpg

もうすぐクリスマス♡

日本から帰ってきて1年の疲れを癒し、、、そして夏から密かに楽しみにしていたご褒美旅行に行ってきました♪

2011年にウィーンのクリスマスマーケットに行って以来、すっかりハマったクリスマスマーケット。


シチリアはクリスマス時期、驚くほど寒くもならないため、そして宗教的意味がまだまだ強いため、
クリスマスマーケットは全く盛り上がらず。
ならば寒い地方に!!と思って選んだのがウィーンでした。
本場もんのオーストリア菓子も食べてみたかったし♡

すっかり気に入ったウィーンのクリスマスマーケットはその後3回足を運び。
去年は、トレント、ボルツァーノ、メラーノと南チロル地方を周り。
今年はドイツ!

ニュルンベルグにしたのは単純な理由。
パレルモからライアンエアーで直行便が出ていた(笑)
そしてドイツでも人気のマーケットだと聞いたから。
単純でしょ?

夏のすっごく忙しい時期に、お客様のチケットを調べるためにライアンエアーのホームページを見ていて、
偶然見つけたパレルモ⇔ニュルンベルグ直行便。
今年の仕事がひと段落したらクリスマスマーケットだ!と、
ほぼ即決でチケットを購入し、、、。
密かにずーっと楽しみにしていたのでした♡

情報収集もままならないまま、出発したのですが、、、。
やっぱり北国のクリスマスはキラキラしていて美しい✨✨✨

でも、、、当たり前だけどやっぱり寒い(笑)

日本で超暖ヒートテックを買い、足ホカロン&背中ホカロンを装着。
かなり厚着で出かけたのですが、やっぱり寒い~。
途中、デパートやお店に入りながらダマシダマシ歩きました。
去年の南チロルの時のブログを見ると「2時間が限界!」と書いてあったけれど、
今年は4時間歩きました!(笑)
気温は大体0~2度くらいだったので、結構頑張ったぞ、私。

昨日帰って来て、まだまだ写真も整理しておらず。
写真を整理しながらぼちぼちとアップしていきたいと思いま~す。

帰って来たシチリアも思ったより暖かくなく。
今日は最高気温13度と、12月にしては低めの気温。
寒い寒い。

日本の皆さんも、寒い冬、どうぞ暖かくしてお過ごしくださいね~♪

ではでは今年のクリスマスマーケットレポもお楽しみに!


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-12-18 18:23 | 2017ニュルンベルグへクリスマスの旅 | Comments(0)
e0335287_17025322.jpg


2004年、イタリア留学の記録として始めた「イタリア留学日記」。




この頃、情報の発信と言えばホームページが主流で。
私も「DOLCE MANIA(ドルチェマニア)」というイタリア菓子のサイトを運営していました。
でもホームページの運営は留学中には難しいかな?と思い、
その代わりに始めたのがブログ。
イタリア菓子ではなく、留学の記録として始めました。

私がイタリアに来た頃はまだiPhoneもSNSもなく、
時折、実家にSKYPEで電話しては、

「聞こえる~?」
「聞こえるよ~、そっちは聞こえる?」
「うん、聞こえる聞こえる!すごいね~、SKYPE!!!」

なんて会話を繰り返しながら30分が経過する、、、
そんな時代でした(笑)

ブログは発信するだけではなく、ブログを通じてたくさんの海外在住組との交流も楽しみのひとつで。

ブログはその人の日常生活や、考えている事を一方的に見つつ、
共感できたらコメントを残したり、その逆にコメントを残してもらったり。
共感しなければ読まなければよいだけで(笑)
そのせいか、ブログを通じて知り合った友はなんとなく心通じるところも多く、
十数年経った今でも交流があったりして。

そんな大切なブログ友の一人と久しぶりに日本で再会!
当時スペインに住んでいたafricaさん。


かなり個性的な一家なのはスペイン在住だから?と思っていたのですが、
日本でもかなり個性的で刺激的な生活(笑)

今回、巡業先で1日の余裕ができて日本での再会を果たす事が可能に!

e0335287_17284269.jpg

africaさんとの再会はロシア料理屋さん。
だからトップの写真はマトリョーシカ(笑)

ボルシチとピロシキのランチ♪

なんかひっさしぶりに会ったのだけど、時空を超えた感じで。
africaさんが住んでいた南スペイン、そして私が住んでいる南イタリア。
共通する部分がたくさんあって、話は盛り上がる盛り上がる!

あっ!という間に時は過ぎ。

e0335287_17433062.jpg

最後にロシアンティ―を♪

そして来年の再会を誓って今回はお別れ。

目まぐるしく過ぎてきたこの十数年。
でも昔からのブログ友に会うとイタリアに来た時のことを想い出し。
まだまだ時間に余裕があって、いろーんなことを考えていた時のことを想い出します。
若かったな(笑)

去年は子供のころのピアノ仲間達とFBを通じてン十年ぶりに連絡が取れたり。
そして、本当に久しぶりの再会。
今回の料理教室にはそのうちの1人が参加してくれたり。
最近、そんな再会が多いのも自分に少し余裕ができてきたからか。
イタリアに来てからずーっと突っ走ってきたからな~。

最近は私もアップが簡単なSNSの方がブログよりも多く更新していますが、
やっぱりブログって後からきちんと読み返せる便利な記録ツール。
これからも細々でも続けていきます!

=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!

http://www.tavola-siciliana.com/


by latavolasiciliana | 2017-12-13 17:56 | 日本滞在日記 | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana