<   2017年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

e0335287_22542126.jpg


今日のランチ中のこと。

カランカラン、、、と聞こえてきたベルの音。
あ!羊ちゃん!
と思って窓の外を覗くと、、、。

我が家の前のお花畑で羊もランチ中でした❤️

私もランチを終えて外に出て見ると、羊飼いのおじちゃんに、

「驚かさないでね、逃げちゃうから」

と。

写真を撮っていると、今の時期はこの近くで羊は寝てること、この羊達はお乳用なこと、夏はもう少し涼しい山の方に移動すること、などなど。
羊について色々と教えてくれました。

ただモーレツシチリア便利だったので、話していたことの40%は聞き逃したっぽいw
残念。

我が家、トラーパニ旧市街まで車で5分。
なのにこののどかな風景❤️

やっぱり小さな街はいいね。


by latavolasiciliana | 2017-03-30 22:45 | 田舎を散歩♪ | Comments(0)
e0335287_22420333.jpg

さて、私達が家を探し始めたのは、、、思い起こせば、、、あれ?一体いつだろう??
もう遠い昔過ぎてなかなか思い起こせません。(苦笑)

今の家に引っ越してくるまでは、ずっと賃貸で。
※前はこんなおうちに住んでいました。ここから遡って読んでね。

↑のリンクの一番最後に、

「次回は、「家を建てるシリーズ」なんていうのも面白いですね~。(いつになることやら) 」

って書いてある、、、
それが2010年だったから意外と早くその時がやって来たわけで(笑)

あるときふっ、と計算してみたんです。
生涯ずっと賃貸なのと、購入するの、どれくらい違うんだろう?と。

その時支払っていた家賃と、大体の価格相場を比較してみると、ずっと賃貸でいた方が安かった。
ローマやミラノなどの大都市の家賃は東京並みに高いけれど、ここはトラーパニ。
家賃は比較的安く。
それに対して、家を買おう!と思うと、皆さんが想像しているよりも高く。
東京都の郊外、または隣の県くらいは最低でもするわけで。
ここがシチリアで、尚且つ、州都のパレルモであるわけでもないことを考えるとやっぱり高い。

でもね、、、今は元気に働いているからいいけれど、歳を重ね、いまと同じように動けなくなった時の事を考えると、賃貸として払い続けるよりも、
今働けるうちに買っちゃって、最終的には家賃がない方がいいんじゃない?思い始め。
持ち家はいざ!っていう時には売ってお金に換金することも可能だけれど、家賃はずっと払っているだけ。
当たり前だけれどどこにもプールされないわけだし。

だったら、やっぱり買った方がいいんじゃない?と思い始めたのが確か2010年頃でした。
その頃からちょこちょこと物件情報をチェックしたり、「Vendesi(売家)」と看板が張ってある物件をチラ見したり。
(実は家探しが趣味、というくらい好きな私・笑)

私は田舎の一軒家を改装して住むのが夢で❤

ブドウ畑のど真ん中にある古い石造りのおうち。
使えるところは古い状態で残しつつ、普通に生活ができるように改装したおうち。
古いタイルなんかが張ってある建物がいいな~、、、と妄想は膨らむばかり❤

そんなことをC氏に言ってみると、、、

「まぁ、修復するのに最低でも5年はかかるね」

5年。最低5年。
むぅ。

イタリアでは図面を引いてその許可をもらうのに数か月待ち。
新しい窓を付けるのにも申請して数か月待ち。
新しく屋根を付けようとしたら申請して数か月待ち。

待ち時間があまりにも長くて、なかなか完成しない。
尚且つ、泥棒にも狙われやすい、、、(怖)
(C氏に反対された時には、落胆と怒りが入り混じった感じでもありましたが、今になって思ったのは、やめておいて良かった、、、。)

もちろん修復しながら住む、という事も考えましたが、
日常的にかなり仕事が忙しいC氏と私。
一体、誰がいつ、この壮大なる修復プロジェクトを立てて、実行するのだろうか、、、。
C氏は家の構造も詳しいし、やればなんでもできるけれど、肝心の時間がない。(生命力あり)
私は家の構造とか、当時は全くわからず。(生命力全くなし)

イタリア人って水の配管がどうなっているとか、電気はどこをどう通ってどうなっているかとか、壁のこととか、、、
みんな一通り自分達でメンテナンスするくらいの知識は持っているのが常識。
修理を呼んだって、来るまでに時間がかかるから、ならば自分達で直そう、、、という感じでしょうか。
日本は修理を呼べばすぐ来るし、お金さえ払えば手早く修理してくれるし。
とーっても便利ではあるのですが、、、あまりに便利な社会に身を置いていたため、サバイバル能力が失われている私。
(とは言ってもどんな環境でも生きていく自信はありますけどね・笑)

と話は逸れましたが、結局、古い田舎の一軒家修復計画は泣く泣く断念(号泣)

現実的なアパルタメントを探し始めた2011年秋。
なんと今から6年前でした(笑)
気が付けば、↑冒頭の家に引っ越してから1年半後の事でした。。。。

さて次は家探し編につづく。。。。

by latavolasiciliana | 2017-03-29 22:55 | シチリア 家づくり日記 | Comments(0)
春になるとやってくるお祭り、それはパスクワ。
日本語で言うと復活祭、英語だとイースター。
そしてこの時期になるとお菓子屋さんやスーパーにはパスクワのお菓子が並び始めます。

私が大好きなパスクワのお菓子、それがコロンバ。
コロンバはイタリア語で「鳩」という意味。
鳩は平和の象徴でもあり、パスクワの食卓には欠かせないお菓子。

今年のパスクワは4月16日ですが、3月に入るとスーパーではコロンバが入った箱が並び始め。
そして1か月を切った今、ますますその勢いは増し。

私も今年1個目のコロンバを購入。


e0335287_22425809.jpg
コロンバはシチリアの伝統菓子ではないのですが、これはシチリアで作られたもの。
コロンバの起源には諸説ありますが、、、とあるパネットーネで有名なお菓子のメーカーが、
コロンバの時期にもパネットーネと同じような生地で、鳩の形で焼いて売り出したのが最初、と言われています。
まるで日本のバレンタインの発祥みたいなものですね(笑)

1930年代の話なので、既に80年以上が経過していて。
100年も続けば立派な伝統となるのでしょうねー。

そもそも伝統って、何かのきっかけで作られたものが、民に受け入れられて長く続いていくと伝統となり。
そうして本質は変わらずとも、時代に合わせて少しずつ変化しながら後世に伝わっていくものなんでしょうね。
今は「流行り」と言われているものも、100年後には「伝統」になってる可能性も大ですよね。

ネット上を見ているとクリスマスのお菓子パネットーネの情報はかなり日本語でもありますが、
パスクワのコロンバの情報は比較的少なく。

コロンバはこんなお菓子。

e0335287_22514019.jpg
鳩の形に見えるような、見えないような(笑)
私は大き目に焼かれている方が頭、小さい方がしっぽ、だと思っていますが。
写真だとサイズ感が分からないかもしれませんが、お皿が直径30cmなので結構なボリューム感。
ちなみに1kgです。

「頭からいく?羽からいく?」

なんて残酷な会話が鉄板で飛び交うのですが、私は頭から。
断面図はこんな感じ。

e0335287_22562761.jpg
私が好きなのはオレンジの砂糖漬けが入ったシンプルなもの。
パネットーネはこれに干しブドウが入っているのですが、コロンバは入っていないものが多くて。
(ちなみに干しブドウも入ったほうが好きですー)

チョコレート、ピスタチオ、アーモンド、等等、色んな風味が出ているんですけどね。
やっぱりクラシックなのが一番好き❤

ちなみにコロンバ、卵、バターがたっぷり入った醗酵菓子。
パンのようなお菓子です。

スーパーや食材店では並び始めたコロンバですが、
すんごく美味しいパネット―ネを作っている田舎のパン屋さんに聞いてみたら、

「そうね~、、、、4月に入ってから準備するからね~、、、」

とかなりゆっくりな模様。
職人さんが作るパネットーネはもう少し待たないと食べられなさそうです。

2016年のクリスマスシーズンは合計10個のパネットーネを2人で食べ尽くし、、、、。
(これを私は”パネットーネ修行”と呼んでいます・笑)
さて、2017年のパスクワ、コロンバ修行はいったい何個でしょうか?
ちなみに土曜日に開けた↑のコロンバ。
美味し過ぎて1日でほとんど食べちゃいました(汗)

あーん、季節季節に美味しいものがあって、最近、横幅の成長が気になるシチリア生活です。



by latavolasiciliana | 2017-03-27 23:03 | シチリアのお菓子 | Comments(0)

e0335287_20521739.jpg
今日からサマータイムなイタリア♪
1時間後ろにずれるので、陽が1時間長くなります。
日本との時差は今日から7時間となります。

かなり早く暖かくなってきた感じのする2017年春。
まだ3月だというのに、海沿いにいる観光客はTシャツやタンクトップ姿。
朝晩はまだちょっと寒いですが、日中はかなりポカポカ。

気温が上がったら今までかなり停滞していた野菜達もいっきにグングン育ってきました。

季節外れに植えたキャベツ。(いつも季節外れ、、、って言っているような・汗)
冬の間、なっかなか育たなかったのですが、気温が上がってきたら一気に葉が増えてきて♪
しかしこの自然の色、、、美しいったらありゃしない。
触ってみると柔らかい、、、かなりの癒し効果❤
このまま放置すると全部開いちゃいそうなので、今日紐でちょいとすぼめました。

美味しいキャベツが手に入らないトラーパニ。
ならば自分で植えちゃえ!と思って去年の秋の終わりに植えたキャベツ。
もっともっと大きくなりそうですが、今の葉はとっても柔らかくて美味しそう、、、。
全部で10株あるし、、、もうかなり収穫したい衝動に駆られています(笑)

そして随分長い事活躍してくれた春菊、いま花が咲いています。

e0335287_20581748.jpg
うちの近所の空き地に咲いているマルゲリータと酷似(笑)



でもね、この間、我が家に来た壁塗り職人のおじさんがうちの畑を見て、

「あの雑草みたいな草、、、あれって食べれるの?」

と聞いてきたので、ちぎって食べてみてもらったら、

「あー、空き地に育っているのと似ているけど、味が違うねー、美味しい!うちでも育ててみたいよ。」

と、春菊にすっごく興味を持ち。

空き地に咲いているマルゲリータの葉は、苦くて固くて美味しくないそうです。
春菊ってそれを食用に改良したものなのか??

しかしさすがシチリア。
普通の人の食や畑への知識が半端ない。
しばらく壁塗り職人のおじさんと畑について話し込んでしまいました、、、いいお勉強になりました(笑)

第2弾春菊も着々と育っていて、もうすぐ収穫。

e0335287_21084034.jpg

でもね、、、多分水不足で黄緑っぽい、、、。
トラーパニ、まだ3月だというのに、長い事、雨が降っていないような。
このままいくと、植物達の水分不足が予想される今年のトラーパニです、、、。
雨降れ!!

e0335287_21201970.jpg

そして、エンダイブ(左)とトラーパニでは「ジーラ」と呼ばれているビエトラ。
左と右、なんだかわかりますか?
右は収穫後1週間くらいしたら、、、また新しく出ていた葉達。
ここ数日、かなり暖かいので、あっ!という間にグングン育ってきています。
第1弾を全部食べ終わった頃には、第2弾がまた食べられそうです(笑)

それにしてもビエトラ、、、とーっても甘みがあって美味しいんです♪
シンプルに少な目の水で蒸し煮みたいにして、たーっぷりのオリーブオイルをかけて、、、
かなり大量に食べています。

エンダイブはかなり成長してきて、10株あるんですが、まだ3株しか食べれてなくて。
どなたか希望される方がいらしたら持っていってください~。

にんじん、たまねぎ、ジャガイモも順調に育ち。
そしてスパルタで外で育てているイチゴがようやく花が咲き。
まー、実が成ることは予定していませんので、お花を眺めて楽しみます(笑)

そして今年かなり期待していたのがこちら。

e0335287_21320703.jpg
カルチョーフィ。
かなり大きくなってきたものの、花が付くのか、付かないのか、、、。
まだ希望は捨てていません!

現在、食べる葉野菜がたくさんある我が家。
嬉しいな~♪
美味しいなぁ~♪

シチリアに来てから旬の野菜をメインに食べるようになったのですが、気が付いた事が一つ。
冬にトマトやナスなど、夏野菜を食べたい、、、と思わなくなりました。
逆に夏には冬野菜が食べたいと思わない。
これってきっと自然の摂理というか、体がその季節のものを求める自然な形なのだろうな~、、、と。
だんだん体が自然に戻ってきている感じがします。
(ちなみにシチリアに住み始めて視力もアップしました!)

さて、今日からサマータイム!
今年もシチリアの夏が始まりました♪



by latavolasiciliana | 2017-03-26 21:37 | 我が家の菜園 | Comments(0)
e0335287_01010131.jpg

私がいつも買う地元トラーパニの養蜂農家さんが運営するハチミツ屋さん。
日本の料理教室やシチリア祭りでもご紹介させていただいたこのハチミツ。

うちの実家はほとんど砂糖は使わずハチミツを使うのですが。
日本で買う国産のハチミツより、私がもっていくこのトラーパニのハチミツの方が味が濃いと。

いつも農民市場に買いに行くのですが、今日はひょんな話からプチハチミツ講座が始まりまして。

ここのハチミツが濃い理由、それは、ハチミツの中に含まれる水分量が少ないから、だそうで。
例えば北部で採れるハチミツは大体25%以上はあるのに対し、トラーパニのハチミツは12~15%。
つまり、水分量がすくなければその分、味が濃くなるわけで。
北イタリアの養蜂農家さんからは、毎年結構な量のバルクでのハチミツの注文があるそうですが、
それは自分達が採取したハチミツに混ぜるためだそうで。
こうすることで、水分量を下げ、味の濃いハチミツを作るそうです。

初耳。

「Ape Nera(アーペ ネーラ=黒い蜂)って知ってる?」

と聞いてみたところ、

「僕たちのはほとんどがApe Neraだよ。」

Ape Neraとは最近スローフードがプレシディオに登録し始めたシチリア伝統の蜂。
Ape Neraが採取してきたミツは味が濃く、栄養価が高い、とのうわさ。
「希少価値」と言われていて、私もトラーパニのどこかで売っているところないかな~、、、と思っていたのですが、
実は、普段食べていたハチミツはApe Neraだった!!!

ぬわんと、、、。

「僕たち、地元でしか販売していないから、Ape Neraとかアピールしなくても、信用でお客様が買って行ってくれるからね~。」

とのこと。
それも確かに。
そう、このハチミツ屋さん、農民市場に行くと、列を成すほど人気のハチミツ屋さん。
みんな美味しいモノは良く知っている(笑)

その話に続き、

「マヌカって知ってる??」

と聞かれ。

ニュージーランドの殺菌力が高い、そして価格もお高いハチミツ、、、というくらいしか知識はないけど、、、というと、

「その殺菌力ね。うちのユーカリのハチミツから、マヌカの3倍量が分析で検出されたんだよ。」

マジ―。

確かにここのハチミツ屋さんで、「ユーカリのハチミツは喉が痛い時にいいから」と、ガラガラ声の時に何度も進められ(笑)
一度試したら、喉の効果よりも、その風味が気に入って、今日手にしていたのも偶然ユーカリ。

ちなみに500mlでお値段8ユーロ(約1000円弱)。
マヌカに比べるとかなりお得な感じで。

なかなか謎の多いハチ&ハチミツの世界。

ちなみにハチミツって「生」のものは輸入するのがなかなか大変で。
(「生」ですからね。。。。)
殺菌消毒しているものはたくさん入っていますが、殺菌消毒すると風味が落ちる事はもちろんの事、
ハチミツの持つ効果や栄養価がグン、と下がってしまうそうです。

ここ数年、輸入(輸出?)のお仕事にもちょっと携わるようになり、つくづく思ったのが、

「美味しいものは現地に行かなければ食べられない」

ということ。

日本は何でも手に入るからね~、、、と、良く言います。
確かに日本には驚くくらいの世界から輸入された食品があります。
が、それは遠い国から日本に運ばれ、、、必ずしも現地と同じ状態であるとは言えず。

そして、厳しい日本の検疫システムにより、輸入が不可能なものもたくさんあります。

やっぱり美味しいものは、現地で、その空気の中で食べるのが一番!とつくづく思った今日の朝でした。

今日は25℃近くまで上がったトラーパニ。
そして今日の夜中にサマータイムになり。
いよいよ本格的に冬脱出!!
もう夏が待ち遠しいトラーパニです❤




by latavolasiciliana | 2017-03-26 01:07 | シチリアのオイシイ食材 | Comments(0)
e0335287_01100290.jpg


2016年、それはそれは目まぐるしく、あっ!という間に過ぎていった1年でした。
何故、、、?と思い起こしてみれば、昨年の今頃は引っ越し準備で猛烈忙しく。

そして4月、、、ついに引っ越し!


それからというもの、仕事と引っ越しと、、、で激動の日々が始まり。

1年経って、欲しい!と思っていたものが大体揃い、これからは少しずつ自分の生活スタイルに合わせて改造していこうかな?
と思えるくらいまで落ち着きました。

昨年は家の事にかかりっきりで、家の事はブログにアップする余裕もありませんでしたが、
家を買うって一生にそう何度もある事ではないので、1年遅れで記録に残してみようかな?と思い始めました。

ただいま、我が家の周りはお花畑❤
黄色いマルゲリータが咲き乱れています。
写真の左端に見えるのが我が家。
後ろに見える山はエリチェ山。
海までは歩いて10分ちょっと。

大自然に囲まれているけれど、トラーパニ旧市街までは車で5分と至近距離♪

自然あり、街近し、、、というのが、この家を決めた決定的条件でした。

家を買う事を決めてから、今までの記録、ノンビリ綴っていきたいと思います。

どうぞ気長にお付き合いくださいね。





by latavolasiciliana | 2017-03-25 01:19 | シチリア 家づくり日記 | Comments(2)
e0335287_18291358.jpg

シチリア美食の旅、ラ ターボラ シチリアーナのホームページをリニューアルしました!

といっても昨年の話なのですが、、、(笑)

ラ ターボラ シチリアーナを立ち上げてからずっと自分でホームページを作ってきたのですが、
いよいよゴチャゴチャしてきてしまって、、、。
一度、きちんと整理したくてプロのデザイナーさんに頼んで作っていただきました。

仕上がりはシチリアの太陽が感じられるデザインに仕上がって大満足!

シチリアの「旅情報」を満載にしよう!と思い、ホームページにもブログのようなものを作ってみました。

e0335287_18364595.jpg
まだまだ情報は少ないですが、ここにはシチリアを旅するにあたって便利な、宿泊情報、飛行機情報、レストラン情報、注意すること、、、などなど。
皆さんのお役に立つ情報を書いていきたいと思っています。

こちらのブログは引き続き、私の日常や他愛のないつぶやきなど、、、を綴っていきたいと思います♪

どちらのブログもどうぞよろしくお願い致します☆彡

シチリアは今日は気温も上がってポカポカ、、、を通り越して少し暑いくらい。
春全開です!

シチリアって1年中美しい風景があって、季節の美味しいモノがあって、、、、いつ来ても楽しんでいただける南の島。
今年の夏休みはどこに行こうかな~、、、?と思っている方。
是非是非シチリアにいらしてくださいね!


by latavolasiciliana | 2017-03-24 18:53 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)

古い壁のおうち

e0335287_22521256.jpg


いつかこんな古い壁のあるお家に住みたい、、、
と妄想する今日この頃。


by latavolasiciliana | 2017-03-23 22:53 | REIのシチリア日記 | Comments(0)

フリージアが満開♩

e0335287_22511817.jpg


この前の日曜日の朝。

「ちょっと出かけてくるねー」

と言って出て行ったC氏。(そういえば久しぶりの登場!)

帰ってきたら手にはきれいな黄色の小さな花束。

「はい、これプレゼント♩」

誕生日でも何の記念日でもありませんが、、、、。
行きつけのお花屋さんの前を通りかかったら綺麗なフリージアが目に入り。
春だな〜、と思って花束にしてくれたそうです。

今朝起きたら、フリージアが満開。
春の香りに包まれた朝でした♩

日常の小さな幸せ❤️

by latavolasiciliana | 2017-03-22 22:45 | REIのシチリア日記 | Comments(4)
e0335287_22591933.jpg


シチリア、と言えば「夏」を想像されるかと思いますが、、、、

シチリアの春は本当に美しい


マーガレットのお花が一面に咲き乱れ、ポカポカ陽気の3月。


e0335287_23014176.jpg

このお花畑、実は我が家の目の前の風景。
ただの空き地です(笑)
我が家はトラーパニ旧市街から車で5分くらいの海の近く。
観光スポットが集まる旧市街から、ちょっと足を延ばしただけでこんな風景なんて、
トラーパニって本当にいいところ♪


カルチョーフィやオレンジもまだまだ旬の3月。
この季節ならではの美味しい食材もいっぱい♩
お花畑シーズンは5月上旬まで。
その後シチリアは夏シーズンに突入です。

四季を通して美しい風景と美味しい旬が楽しめるシチリアです



by latavolasiciliana | 2017-03-20 23:04 | 田舎を散歩♪ | Comments(4)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana