<   2016年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

e0335287_17213509.jpg
庭に植えた5本のバジルの苗。
本当に小さかったのに、、、気が付いてみたら膝丈くらいまで育っていました。

e0335287_04100171.jpg
5本のうち3本をバッサリと切ったら、、、巨大な花束ができました(笑)

ここまで大きくなると下の方の葉、つまりかなり昔から生えている葉は香りが弱くなってきます。
なので、上の方の香りの強い葉と新芽を摘んで。

e0335287_04125828.jpg
洗って、乾かして、、、。

e0335287_04141555.jpg

さて、ジェノベーゼ作り開始です!

材料は、バジル、にんにく、塩、アーモンド、パルミジャーノ。
ジェノバでは松の実で作りますが、私はアーモンドで。
シチリアはアーモンドの名産地ですから!
少しさっぱり仕上がるように思います。

まずはにんにくをすり鉢ですり潰して、、、と言いたいところですが、すり鉢はなんといっても時間がかかる、、、(汗)
ちょっと今、仕事が忙しく、あまり時間を割く訳にいかなかったので、今回はブレンダ―のお世話になりました。

今日は冷凍保存用のペースト ジェノベーゼを作っているのですが、
いつも保存する時は、どんな料理にも使えるよう、パルミジャーノは入れずに使うときに混ぜ込むのですが。
(その方がパルミジャーノのフレッシュ感も感じられるし)

今回は、いつでもすぐに使える超忙しい時用のペースト ジェノベーゼを作りたく。
いつもより少な目ではありますが、パルミジャーノも入れ。
これで忙しい時のお昼も安心!

出来上がったペーストは製氷器に入れ冷凍庫へ。
固まったらすぐにジップロックに入れて冷凍庫で保存します。

今日のお昼ごはんはもちろんジェノベーゼ❤

e0335287_04214285.jpg


小さく切ったジャガイモとパスタを茹でたらペーストを絡めて出来上がり!
じゃがいもの姿が見えないのは、すでに柔らかくなって崩れ、パスタにまとわりついているから。
私はジャガイモは柔らかく茹でるのが好き。

ん~、、、夏だわ~♪

このパスタ、Gigli=百合の花、という意味のパスタ。
ペーストが奥の方まで絡んで本当に美味しい❤

幸せな夏のお昼ごはんでした♪





by latavolasiciliana | 2016-08-31 04:24 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(2)
e0335287_15212306.jpg


いつも行っている海の近くに、天然のプール発見!

何度も足を運んでいたあの場所。
いつもと逆に曲がり、車を走らせ、ちょっと歩いたところにひっそりと、、、。

陸からのアプローチでこの色、、、❤️
人も少ない穴場中の穴場。
ラッキー✨✨✨


by latavolasiciliana | 2016-08-29 15:17 | シチリアの海 | Comments(2)
e0335287_01304799.jpg
相変わらず続く、我が家のトマト収穫、、、。

先日の畑日記に、大きなトマトが「尻腐れ病」になってしまったことを書きましたが。
水を与えるのを一切やめたら、尻腐れにならないトマトもできてきて。
原因はやっぱり水の与え過ぎだったようです。

そしてパキーノも5日くらい経つと、そこそこの量が収穫できて。
週に1~2回、2~3kgくらいのトマトでソース作りに励んでいます。
もう合計でどれだけトマト収穫したんだろうか、、、。
途中から瓶よりも簡単な冷凍方式に変えてるので、もう冷凍庫がパンパン(苦笑)
カポナータもかなりの量の瓶詰ができました。

今日もトマトソース作りに励みました。

e0335287_01415811.jpg
今日はソースではなく、パッサータ。
トマトに火を入れて、それをPassa Verdura(パッサ ヴェルドゥーラ)という漉し器で裏ごし、
種と皮の部分を覗いて出てきたトマトジュース。
これがパッサータ。
パッサータ=裏ごした、という意味。
私のレシピにはよくこの「パッサータ」が出てきますが、これのことです。

これをジップロックに入れて冷凍保存。
瓶にいれて煮沸消毒&脱気をしたものよりも賞味期限は短いですが、
お手軽なので忙しい時にはもっぱらこの方法。

そんな時のランチは決まってこれ。

e0335287_01465867.jpg
シンプルすぎるだろー!ってくらいシンプルなトマトソースのパスタ(笑)
でもね、自家製トマトの作りたてトマトソースですからね。
私にとっては贅沢です♪

ちなみにトマトソースもにんにく、塩、バジルだけのシンプルバージョン。
私はオリーブオイルをたっぷりとかけて頂きます。

はぁ、、、まじ美味しい❤




by latavolasiciliana | 2016-08-27 01:49 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(2)


トラーパニの港の向こう、海を越えて佇むこの建物。
トラーパニに来た方なら目にした方も多いはず。
この建物、「コロンバイア」と呼ばれています。
コロンバイアとはイタリア語で「鳩小屋」の事を指すのですが、
おそらく長~いこと使われていなかったがために鳩がたくさん住み着いて。
だからコロンバイアと呼ばれていたとかなんとか。

私も10年以上トラーパニに住んでいますが、詳しくは知らず。
海を越えなければ行けないので、行ったこともなく。
トラーパニに生まれ育った人でも行ったことが無い人が多いというこのコロンバイアですが、
この前の日曜日に、コロンバイア見学ツアーを開催していたので、ここぞとばかりに参加してきました。


まずはボートに乗ってコロンバイアへ。
後ろ剥きの私はトラーパニの街を遠くに見る事ができました。


到着~。
遠くから見ても目に付くこの八角形の塔。
なんでもこの建物の中で一番古い部分で、はっきり言えるのはは1600年代に建てられたとか。
でも、おそらく1300年代に建てられたのではないかとも言われていて、、、。
とにかく古い建物です。



中に入ると歴史家のおじさん(麦わら帽子を手に持った方)が、建物の説明をしていました。
八角形の塔は見張り塔だったらしく、その後、スペイン王朝に寄って周りの建物が作られたとか。
お城だった、、、とも言われていますが、要塞説が有力。

とにかく、詳しい事はまだまだ解明されていないそうです。

1900年代にはいると刑務所として使われていたらしく。


独房。

でもオーシャンビュー(笑)



どんどん上に登っていくと、塔の中にも入れました。

列ができていたので、C氏と交代で待っている間に上から下の海を覗きに行くと、、、。


わっ!あおっ!

トラーパニ近辺の海も陸からちょっと離れただけでこんなきれいな入り江があるんですねー。


思いっきりカビていますが、昔の石壁が美しく。
八角形の建物に施された階段が斜めに走っていて。



窓からはリニーの塔が。

リニーの塔も見張り塔ですが、こっちの塔の方がかなり高い位置から遠くまで見渡せます。

上からはトラーパニの街のパノラマが180℃に広がります。


初めて訪ねたコロンバイア。

ボートに乗って、16世紀かそれより前の建物を見学して、上からはトラーパニが見渡せ、、、。
ちょっと遠足気分で楽しかったです♪

そしてこの見学ツアー、なんとアペリチェーナ付き。
食べる事も忘れない、、、イタリア人ぽい(笑)

しかし!このアペリチェーナがすごかった、、、。
何せ集まったのは、見学ツアーにした250人!
いくつかのテーブルに分かれて食事が出てくるのですが、、、これが争奪戦。


料理が並べられる間にも、皆お皿をもってスタンバイ!

Go!!

と、号令がかかると、、、すごい勢いでなくなっていく、、、目の前に合った料理達があっ!という間にない、、、(笑)
なくなると次々に持ってこられるのですが、また瞬殺、、、。
本当に殺気すら感じました(笑)

食べ物の恨みって怖いわ(笑)

私は食べ物に集中して、ほぼ誰もいなかったドリンクコーナーでワイン独り占め!
飲んだくれていました(笑)

イタリア人の食べ物への執着を見たこのアペリチェーナ。
それはそれで楽しかったかも(笑)

残念ながらいつも見学ツアーが開催されている訳ではないのですが、
今後、時折開催する、とのことなので、来年に期待!
週1くらいで見学ツアーを開催してくれることを祈ります。
(アペリチェーナは要らないよ・笑)

ディスカバー トラーパニ。
10年住んでいても、まだまだ知らないこともたくさん。

==

8月24日未明に、イタリア中部でM6.2の地震が起こりました。
いくつかの小さな街が崩壊し、死者、けが人もたくさん出ています。
世界全国で起こる地震や天災、、、。
お亡くなりになった方のご冥福を祈ると共に、被害が最小限であることを心より祈ります。



by latavolasiciliana | 2016-08-25 05:10 | トラーパニの風景 | Comments(2)


今日、8月22日発売のポッカレモンの新商品、「ポッカレモン有機 シチリア産ストレート果汁」が新発売。
それに向けて発ちあげたブランドサイトに、ポッカレモン有機を使ったレシピを10点、
ご紹介させていただきました♪

レシピサイトはこちらから♪
http://www.pokkasapporo-fb.jp/plyuki/

いつもの料理教室では「シチリア好き」の皆さんが大勢集まるので、あえてシチリア食材をふんだんに使ったレシピをご紹介していますが、
今回、イメージしたのは

「小さなお子さんがいる食に関心のあるお母さん」

食には関心があるから「有機」とか「無農薬」とかのものをできるだけ使って、
子供にも美味しいものを食べさせてあげたい、、、。
でも、食材を探しに行く時間も、料理をする時間もそんなにたくさん取れない、、、でも美味しいもの食べたい!
そんなお母さんをイメージ。

ご紹介したレシピは、お近くのスーパーでポッカレモン有機さえ入手すれば、
後は手軽に手に入る材料でシチリアの味を楽しんでいただける、シチリアの風を感じていただける、
そんなイメージでレシピを作りました。

もちろんベースになっているのは、シチリアマンマの味。
どの料理も我が家のヘビーローテーションでもあります。
私、レモン、本当に多用していますから(笑)

e0335287_20242766.jpgポッカレモン有機の発売を記念して、私の著書「シチリアのおうちレシピ」プレゼントのキャンペーン開催中!なんと合計100冊!という太っ腹なキャンペーンでして。

応募は下記URLより、、、。

http://www.pokkasapporo-fb.jp/plyuki-cp/

ポッカレモン有機をご購入出ない方も応募できるようですが、
皆さん、是非、ポッカレモン有機もお試しさい

今後も、ポッカレモン有機を通じて、シチリアレモン情報を発信していく予定です。

今回アップしたレシピのご感想も是非お聞かせ下さいね♪

私も大大大好きなシチリアレモン!
皆さんも是非シチリアの風を感じてくださいね!

by latavolasiciliana | 2016-08-22 20:49 | 日本での活動 | Comments(0)
e0335287_16443270.jpg


マレッティモ島、最後の夜は友人宅に大集合!
と言うのも、ローマからやってきた友人は2ファミリー。日中は私達は船所有の友人達と海を回っていますが、最後の夜は全員集合。
ごはんを作ってくれたマリエッラは朝から魚を仕入れて準備してくれました♩


e0335287_16463164.jpg

ローマ人作るペーストトラパネーゼ、、、さすが20年以上、夏はマレッティモで過ごしているだけあってバッチリとシチリアの味

新鮮な魚はトマトソースで軽く煮込まれこれまた美味し〜。

付け合わせは赤黄ピーマンの煮込みペペロナータ。


「ピーマンはシチリアでしか食べないの。ローマで買うピーマンは消化が悪くて、胃が痛くなるの。」


イタリア人、食に対するこだわりはとても強く、食材への評価も厳しく。
マリエッラ曰く、ローマで買うピーマンは木で完熟されれないから消化が悪いらしく。

(ウソかマコトかは知りませぬ)


私は野菜も果物も魚も、シチリア(というかトラーパニ近郊)で作られた(釣られた)新鮮な食材を日常的に食しているので、

考えたこともありませんでしたが、、、。

私達にとっては普通の食材を、ローマから来た友人達は、


「美味しい!」


と絶賛。


やっぱりシチリアって食に恵まれているのね〜、、、と実感した夜でした



by latavolasiciliana | 2016-08-22 16:47 | 2016プチバカンス@マレッティモ島 | Comments(0)

今年は近場で夏満喫!




今週、私は夏休みではないのですが、、、。

我が家には1週間の夏休みを取った人が若干1名いまして(笑
そんな人が近くにいると私の仕事のペースもゆっくりに(ならざるをえない、、、苦笑)




朝はノンビリとBarで朝ごはんを食べ。

夜はトラーパニの街を散策して。




そしてアペリチェーナ。




こんな毎日です。

昨日は土曜日だったのでサンビート ロ カーポの海岸でノンビリ。

今年の夏は、ウスティカ島、マレッティモ島、そしてトラーパニ、、、。
遠出はしていませんが、近場で夏を満喫中❤️



by latavolasiciliana | 2016-08-21 18:29 | REIのシチリア日記 | Comments(0)


鎌倉に小さな工房をかまえる「チェラミカ・スプーモ」の工房展が開催されます!



シチリアに伝わるマヨルカ焼き。
カルタジローネやサント ステファノ ディ カマストラが有名ですが、
トラーパニ、エリチェ、パレルモ、シャッカ等等、シチリアの多くの街にそれぞれの伝統柄があり、
街には小さな工房が点在しています。

チェラミカ スプーモはシチリアを始め、イタリア各地で修行を重ねたマヨルカ陶器作家の中村智世さんが主宰する、
マヨルカ焼きの工房&お教室。
実際に絵付けを体験できて、自分で描いたオリジナルの陶器を作ることができる
日本でも数少ないマヨルカ焼き工房のひとつです。

今回の展示会ではチェラミカ スプーモに通う生徒さん達の作品も展示に加え、
中村智世さんの作品ももちろん展示されています!

あの鮮やかなマヨルカ焼き、、、どうやって作るのかしら?と思っている方。
マヨルカ焼きの作り方の工程も写真で展示予定だそうです。

マヨルカ焼きにご興味のある方、シチリアにご興味のある方、焼き物に興味のある方、、、
是非、遠足気分で逗子まで足を運んでみて下さいね♪

詳細はこちら↓

===========================================
開催期間:2016年8月24日(水)〜28日(日)
時間:10:00〜17:00 (初日は12:00から 最終日は16:00まで)
場所:逗子文化プラザホール・ギャラリー
   逗子市逗子4-2-1 046-870-6622
===========================================

逗子の文化プラザホール・ギャラリーは、駅からもさほど遠くなく、
多目的ホールと図書館の間の通路がオープンスペースの立寄りやすいギャラリーとなっている、、、そうです。

智世さんは毎日10:00~16:00ごろまで在廊とのこと。
本人からのプチ情報によると、初日と最終日はバタバタとしている可能性があるので、
ゆっくりとお話されたい方はそれ以外の日に、、、とのこと。

チェラミカ スプーモのFBページはこちらから。
たくさんのステキな作品がアップされています♪

中村智世さん、実は大学時代からの長~いお付き合い。
第1回工房展に私は行くことができず超残念、、、(涙)
私の代わりに皆さん、是非、足をお運びくださいませ☆




by latavolasiciliana | 2016-08-19 23:53 | REIのシチリア日記 | Comments(0)

マレッティモ島レポの途中ですが、、、。

3泊4日のプチバカンスを終えて戻ってきてみたら、一旦、ペースが遅くなったかな?と思っていた夏野菜たちが
グングン育っていて、、、大収穫!
ナスは7個も収穫できました♪

実は大収穫の後、、、うどんこ病にかかったズッキーニ。
あ~、これでもうおしまいだな~、、、と思っていたら、内側から出てきた新しい葉っぱ達、、、。
周りの葉を取らない限りどうせこれも伝染しちゃうだろうな、と思って放置しておいたのですが。
周りの葉は枯れてきて、真ん中だけ伝染せずに育ってるー。


で、また花が咲き、実が付き始めていました。

このままいけば、第2弾収穫祭りに。
先日、別件で来た園芸屋さんに聞いてみたところ、

「周りの葉、もはや枯れているから取らないほうがいいよ。強風が吹いたときに守ってくれるから。」

と。
そう、トラーパニは強風が吹き荒れる街。
今年は大した風が吹いていませんが、お盆を過ぎると台風のような強風が吹く事もあり。
そんな時は周りの葉があったほうが、新芽がやられずに助かるとのこと。

病気が伝染しちゃいそうな気もしたけれど、、、今のところ大丈夫(笑)

思いっきり季節外れに植えたZucchine Lunghe、長ズッキーニ。


もう暑くなってから植えたので、まーったく育たずに現状維持だったのですが、、、。
ようやく真ん中辺りからフサフサと繊毛に包まれた新芽が出てきた❤

そう、長ズッキーニを植えたのは、ズッキーニもですがこの新芽を食べたかったから♪
シチリアではテネルミと呼ばれるこの長ズッキーニの新芽、夏のスープとして食べるのです。
来週辺りにはちょっとだけでもテネルミが収穫できるかな~。
ウフフ、楽しみ❤

さらに季節外れと言えば、、、さてなんでしょこれ??


これ、

「どーしても自家製が食べたい!」

とC氏が執念で植えたもの、、、スイカ(笑)
気が付いたときには苗がもう売っていなくて(季節外れで)、それでもどうしても、、、!
食べたスイカの種から発芽させて苗を作って植えたのでした。

既に暑くなってからだったので、

「絶対育たないよ~」

と私は言っていたのですが、、、花が咲いた(笑)

スイカはあんなにデカいのに、スイカのお花はこんなにちっちゃくて可憐なんですね~❤

ま~、まだまだ先は長そうなスイカですが、このまま秋まで見守りたいと(笑)


ミニトマト―ズ達は相変わらず絶好調。
甘みの強いダッテリーノは続々と実が赤くなっていき、塩トマトのパキーノは第1ラウンドのトマトがまだまだ付きつつも、
新芽がニョキニョキ成長して第2ラウンド組の花が満開♪
庭を賑わせてくれています。

残念だったのは大きいトマト。


このトマト、尻腐れ病になってしまいました(涙)

この病気、トマトのお尻の部分が黒くなってしまうのです。
ネットで色々と調べてみたら、どうやら病気ではないので株全体がダメになってしまう事はないらしい。
土地の石灰不足、窒素過多、水の与え過ぎ又は乾燥しすぎ、、、このあたりが主な原因とのこと。
我が家で考えられるのは「水の与え過ぎ」。
もはや毎朝の日課となっている我が家の人間水巻器、、、絶対ヤツのせいだ!!

いくつか尻が黒くならずに赤くなったものがあったので収穫しましたが、
これが甘くてジューシーで美味しいこと!!
これでペーストトラパネーゼを作ったらどんなに美味しかったことだろう、、、(涙)

現在しばらく水やりは極力控え、様子を見ています。
まだまだ実は付いているので、今後、尻が腐ることなく育つことを期待!
頼むよ!!

そういえば、7月中旬に

「8月下旬にはもう収穫できるから」

と苗屋さんに勧められて買ってみたビエトラ。
8月下旬を待たずして、、、



こんなに成長!
でもって、もう何株か食べちゃいました(笑)

そろそろ秋にはどこに何を植えようかな~、、、と研究&妄想中の私。

去年までもドミンゴ家の畑にお邪魔して収穫したり、トマトソース作ったりしていましたが、
やはり自分で育てた野菜は想い入れが違う♪
そしてなにより買い物に行かないでもごはんが食べれるのが嬉しいのでありました❤




by latavolasiciliana | 2016-08-19 10:00 | 我が家の菜園 | Comments(4)

海で存分に遊んだ後のお楽しみは、、、夜ごはん!

イタリアのバカンスのピーク、8月15日を目前にこの時期のレストランは超満員×2回転!
友人が前日に予約の電話を入れてみたところ、

「一応満席なんだよね~。でも早めに来てくれたら席作れるかも。」

という、なんとも曖昧なお返事(笑)

そんなお返事を聞いて、私達が散歩している間にトラットリアに行って席をゲット!
ありがたい~♪

Torattoria Veliero(トラットリア ヴェリエロ)、私もお気に入りのトラットリアです。

メニューを見ていると、

「今朝、釣ってきたマグロがあるよ!」

そう、このレストラン家族は漁師さんでもあり。
毎朝、漁に出てレストラン用の魚を釣ってくるのです。

私は迷わずマグロに決定~♪

私はセコンドだけ、マグロ一本!だったのですが、皆さんはセコンドの前にプリモも注文。

C氏はあまりに空腹でメニュー決める前に一人ブッフェの前菜食べてたけどね(笑)


写真がブレているのはご愛敬で、、、(笑)

超新鮮なイワシで作ったイワシのパスタ(左)、これ、、、超美味しかった!
イワシが新鮮なので美味しいのは当たり前なのだけれど、
パスタと具材の絡み方、オリーブオイルの量、パン粉のカリカリ感、、、どれをとってもパーフェクト。
この大混雑の中のこのクオリティーはすごい!

そしてもう一皿、右のパスタ、、、なんとカジキとイチジクのパスタ!
イチジクをパスタに、、、想像もしてみたことなかったけど、、、。
クリーミーでちょっと甘みを感じて、、、
カジキの生臭さが際立つのでは?と思っていたのだけれど、逆にすごく合う。

意表を突かれた一皿でした。

さてさてお待ちかねのセコンド♪


わお~❤

ちなみにこれで1人前です。

焼き加減も真ん中がちょっと赤い感じでわたし好み、パーフェクト❤

レモンをたっぷ~~~り絞って、、、美味すぎる!


C氏はSarago(サラゴ)=クロダイ(チヌ)のシンプルなグリル、友人はお店の人おススメのマグロのサルシッチャを注文。
サラゴのグリルもシンプルでおいしそうだったな~♪

マレッティモ島の近くは暖流と寒流が混じっていて。
色々な種類の魚が釣れるんです。
そして海の流れが強いから、身が引き締まっていてこれまた美味しい。

極楽極楽。

昨日、「離島にプチバカンス」ってFBにアップしたら、

「”プチ”で離島に行けるなんて羨ましい!」

というコメントが入っていました。

確かに、、、私達的には「プチ」だったから近所の離島だったんですけどね(笑)

やっぱり辞められんシチリア暮らし♪





by latavolasiciliana | 2016-08-18 22:28 | 2016プチバカンス@マレッティモ島 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana