<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

我が家の菜園日記 no.1



新居のキッチンの裏には小さな家庭菜園を作りました。
トラーパニの海の近くはかなりの確率で赤い土。我が家ももれなく赤い土、、、はてこの土で育つのか?
全ては実験(笑)
まずは土を改良せずに試してみる事に。
引っ越して早々、4月下旬にトマト、サラダ菜、ナス、ピーマンを植えてみたところ、、、意外と育ってる(笑)






ということでサラダ菜、トマトの苗を追加。


トマトの苗は1か月前に入手した時には、今の背丈の半分以下、、、。
苗も着々と成長しています(笑)

でもこうして苗の状態と現在育ったものを比較してみると、1か月で随分育つんだな~、、、と。

ズッキーニの苗も買ってみました。




この苗はGenovese(ジェノヴェーゼ)と呼ばれる、皆さんが普通に使っている緑のズッキーニ。

ズッキーニは広い場所が必要なので、我が家の隣に空き地に植えます(笑)

このブログでも紹介している長~いズッキーニ、あの苗も入手したかったのですが、現在売り切れ。

今週中には入荷するらしいのでゲットしに行きます。


今、トマトの花がたくさん咲いています♪




サラダ菜は既に外側の葉から収穫ができるので、サラダにして毎日楽しんでいます♪

土の改良を何もしない状態でどこまで育つのか、、、楽しみです♪




by latavolasiciliana | 2016-05-30 22:47 | 我が家の菜園 | Comments(0)
2006年6月に設立したラ ターボラ シチリアーナは2016年6月で10周年を迎えますっ!

あっ!という間だった10年、、、。
本当に10年経ったとは信じ難く。
でも10年経ちました(笑)

葉山にあるシチリア料理屋ピスカリアさんとはヒョンなご縁で毎年トラーパニで新年会を開くのですが、
そのピスカリアさんも今年3月で10周年、、、ということが今年の新年会で発覚!
では、一緒にお祝いをしよー!という事で、今回開催した

「ラ ターボラ シチリアーナ×ピスカリア 10周年感謝祭!」

土曜日から葉山に乗り込みたくさんの料理を仕込み、、、



かんぱ~い!



今回の食事会のメニューのテーマは

「田舎の日曜日のおうちごはん」

野菜をたっぷりと使ったメニューを組みました。



写真はお出しした料理の一部、、、
お食べ地獄とも言える「シチリア式おもてなし」を皆さんに体感していただきました(笑)

イベントは日曜日でしたが土曜日は夜中の1時頃まで仕込み。
日曜日の朝の仕込みは8時から、、、
そしてイベント終了の0時までノンストップ!!
ハードスケジュールでしたが、ピスカリアの出雲シェフご夫妻を始めスタッフの皆さま、
そして私のたっての希望で貸してもらったマヨルカ焼きのお皿達を絵付けするceramicaspumoさん 、、、
そして突然現れたボランティアお手伝いの皆さまと一緒に、本当に楽しい週末を過ごしました!








ピスカリアは葉山の一軒家レストラン。

ナチュラルな落ちつた雰囲気にたくさん入ってくる自然光がとっても気持ちよく☆

ちょっと疲れた週末にリフレッシュできる空間です。そして出雲シェフの魚をたっぷりと使った料理も魅力的!

今回参加できなかった皆さまも是非是非訪れてみて下さいね!


https://www.facebook.com/PISCARIA/



↑ ピスカリア外観



ご参加下さった皆さま、ありがとうございました!


10年を迎えたラ ターボラ シチリアーナ。

これからも「シチリア」をキーワードに皆さんに笑顔とパワーをお届けしていきます!

引き続きの応援をどうぞよろしくお願い致します❤




by latavolasiciliana | 2016-05-26 00:57 | 日本での活動 | Comments(0)
先週末、REIの料理教室 in JAPAN春が無事に終了しました!

今回のテーマは、

「パレルモB級グルメとオヤジ食堂」

ムンムンと漂うカオスなパレルモの雰囲気を日本で再現すべく練りに練ったメニュー、、、
参加してくださった皆さまに大好評でした♡


私の中での「オヤジ食堂」のイメージを再現するために買った赤いチェックのクロスとコップ酒を楽しんでいただくためのカラフェ。
そしてテーブルにドン!と置かれたカトラリー。



ちょっとオヤジ食堂っぽくなったかな?(笑)
雰囲気も大切です♪


今回はちょっと狭めのスタジオにてワイワイガヤガヤ、、、。
シチリア熱がムンムン漂っていました(笑)

今回もシェフ、料理教室の先生を始め食に携わる方が多く、そして奈良、名古屋、長野などなど、、、
遠方から来てくださるかたもたくさん!

シチリア好きがこんなに集まる会ってないんじゃないの?(笑)と思うくらい、
ディープなマニアな料理教室(笑)

シチリア好きな方は明るい方ばかりですからね~。
初めまして!の方も、テーブルで食卓を囲んでいる間にいつのまにか仲良くなっちゃう♡
生徒さんが楽しく会話を楽しんでいる姿を見るのも料理教室の楽しみの一つです!

今回も大盛り上がりで終了した料理教室。
ご参加下さった皆さま、本当にありがとうございました!
今回お会いできなかった方、次回の料理教室 in JAPANでお目にかかれることを楽しみにしています☆

バタバタのうちに日本にやってきて、料理教室続き、、、。
今週末にあともう1つ、イベントがあって、日本滞在は終了。

もう既に1週間を過ぎようとしている日本滞在。
本当にあっ!という間、、、。

今日は束の間の休息♡
天気も良いのでこれからお散歩を楽しんできますっ!




by latavolasiciliana | 2016-05-19 11:51 | 日本での活動 | Comments(0)

天国への扉



このブログを読んでくださっている方、特に前のブログから続けて読んでくださっている方にはお馴染みのドミンゴ家のパパが、
5月1日夕方、安らかに天に召されました。

85歳の生涯の大半を家族のために働き続けてきたパパ。

「人生は最後まで勉強することばかりだからね」

私が出会った頃には既にパーキンソン病を患っていたパパ。
それでも病気なんか感じさせないくらい元気で、活力に満ち。
病気と闘うために病気に関しての本を読み、研究し、体が動きにくくなってきても、
それでも畑に出て苗を植えて、、、。

私がトラーパニに来てすぐに出会ったドミンゴ家のパパとマンマ。
日本人はおろか、中国人も多分見たことがない、、、というパパとマンマですが、
ものすごく暖かく私を迎えてくれたのがまるで昨日の事のように思いだされます。

パパからは畑の事、オリーブの事、たっくさんの事を教わりました。
私が畑に興味を持ったのも、パパがいたから。

パパは家族のために畑で野菜や果物を栽培し、
それを使ってマンマが代々伝わってきた家庭料理を作る。
トマトソース作りやオリーブ収穫等、それぞれの季節にその季節の風物詩があり、
お祭りの日にはそれにちなんだ料理やお菓子を作り。

普通の日常生活ですが、ひとつひとつのことがとっても丁寧で、季節感溢れる彼らの生活。
東京で生れ東京で育ち、ずっと忙しい生活を送ってきた私は、そんな彼らの生活に感動したのでした。
パパとマンマがいなかったら今の私はいないかも、、、と思うくらい、彼らの日常生活には強く影響を受けました。

今の仕事を始めたのも、私が感じた感動を、日本の方にも体感していただきたい!と思ったのが始まりでした。

「僕はね3人の子供を本当に誇りに思っているんだよ」

といつも言っていたパパ。
家族を愛し、ひたすら真面目に働き続けてきたパパの人生。

昨日のお通夜には、家に入り切らないくらいの人が訪れ、
今日のミサもびっしりと教会が埋まるほど、パパとのお別れにたくさんの方々が訪れました。
それは多くの人に愛されてきたパパの人生を現しているようでもありました。

亡くなった後から今朝まで、天も怒ったかのように荒れて冬がやってきたトラーパニでしたが、
ミサが終わって外に出たらものすごい青空が広がり。
まるで天国への出発を祝福しているかのようでした。

パパ、本当にお疲れさまでした。
そして、人生で大切な事をたくさん教えてくれたこと、心から感謝します。

パパの事だから天国でも畑を耕して、畑を歩いてはフルーツを捥いで食べてるのかな。

どうぞ安らかに、、、、。



by latavolasiciliana | 2016-05-04 04:59 | Comments(6)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana