<   2016年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

e0335287_03244436.jpg

水曜日にシチリアを発って、木曜日、日本に無事に到着。
そして現在、週末の料理教室のために名古屋にやってきています。

現在、日本時間で土曜日午前3時半、、、
イタリア時間だと午後7時。
時差ボケで全く眠くありません(^^;)

飛行機の中ではほとんど寝れず。
昨日の夜もあまり寝れず。

完全時差ボケです、、、まぁ、いつもの事ですが(笑)

時差ボケと言えば、眠気だけではなく、お腹も時差ボケ起こします。
日本の夕食の時間19:00頃、、、イタリアはまだ11:00。
イタリアでは昼食が14:00なので、11:00と言えばまだ全くお腹が空きません。
今日もせっかくご招待頂いたのに、本調子が出ずにあまり食べれず(涙)
現在午前3時半、、、異常にお腹が空いてきて、ホテルのお部屋で1人カフェラッテを飲んでいます(笑)

今週末は名古屋で3日連続料理教室♪
合計140名の生徒さんとお会いします。
ほとんどの方が「初めまして~♪」なのでとっても楽しみです❤

では今日から3日間、頑張ってきます!


==

パンツアー&パスクワツアー、好評受付中!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。
こちら残席1名様となっています。
ご希望の方はお早目に~。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!




by latavolasiciliana | 2016-01-30 03:42 | 日本での活動 | Comments(2)

出発の前日は、、、、

e0335287_00030326.jpg


明日、日本に発ちます。


出発前日は毎回大忙しっ!

今回は空港から荷物を2か所に分けて発送するため、

うまい具合に荷造りしないとならず。スーツケースの中身を全てリストアップして、

成田に到着したらあっちのスーツケースからこっちのスーツケースにコレと、アレと、ソレと、アレらを移動して、、、。

23kgのスーツケース3個、まるでパズルです(@_@)


食材を覗いたら、あらー、今回は結構あるじゃないの( ゚Д゚)

料理する時間も限られている、、、

そんな時は闇鍋ならぬ、何でも鍋(笑)

にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、長ネギ、鶏もも肉、、、とりあえず残っていたものを全部鍋に入れて。

お昼はブロードでパスタを食べ、残った具は夜ごはん。

余ったブロードは冷凍。


この間、大量に買ってしまったマルサラ産のピンクグレープフルーツもとりあえず全部剥いてでっかいボウルに。

C氏はグレープフルーツよりオレンジLOVE❤ 

放置しておいたら絶対手を付けません。さすがに剥いておいたら、、、気になるから食べるでしょう(笑)


午前中、かなり働きましたが、まだまだやることてんこ盛り!夜はどうしても映画を見に行きたいから、、、

頑張りますっ!

(ちなみに映画は22:30スタート!)



==

パンツアー&パスクワツアー、好評受付中!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。
こちら残席1名様となっています。
ご希望の方はお早目に~。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!



by latavolasiciliana | 2016-01-27 00:06 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)
e0335287_23350236.jpg

イタリアの朝ごはん、それは甘いもの。

私は日本にいるときから朝ごはんには甘いパンを食べていたので、
イタリアの朝ごはんは全く違和感がなく。
返って嬉しいくらい♪

普段の朝ごはんは、本当に軽めでカッフェ、それにビスコッティ数枚。
でもお腹が思いっきり空いた朝は、徒歩1分のご近所さんのパン屋に走ります。
そこで買うのがたいていこれ。

Treccia(トレッチャ)

「三つ編み」という名のこのパン。

ふっわふわに焼き上げたパンに、粉糖とグラニュー糖を混ぜたものをまぶす。
それだけ。
本当にシンプルなんだけど、これがまた美味しいんだな~❤

シチリアパンと言えば、硬質小麦で薪窯で焼いたものがスタンダードですが、
これは軟質小麦(薄力粉)で電気オーブンで焼いたパン。
まったくシチリアっぽくはありませんが、トラーパニではこのパンが子供に大人気!
朝のパン屋さんは、子供達に持たせるおやつを買うマンマと子供で溢れかえっていますが、
本当に多くの子供がトレッチャを選んでいます。
今日も前にいた2人の子供、もれなくトレッチャを選んでいました。

ちなみにこれ0.5ユーロ(70円弱)。

70円で朝から幸せに、、、❤
やっぱり私って安上がりな女かも(笑)

==

パンツアー&パスクワツアー、好評受付中!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。
こちら残席1名様となっています。
ご希望の方はお早目に~。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!




by latavolasiciliana | 2016-01-25 23:42 | シチリアのお菓子 | Comments(0)

シチリア産大根を収穫!

e0335287_06404982.jpg

ドミンゴ家の畑でな、なんと、、、
大根が収穫できましたっ!

来週はもう日本へ、、、現在絶賛準備中!
やたらいっぱいある私のスーツケース、ドミンゴ家の物置、、、のような
使っていないお部屋に置かせていただいています。
買い物も大半終了したし、そろそろ詰めるぞ、、、
今朝、ドミンゴ家にスーツケースを取りにひとっ走り。

スーツケースは拭いてから持っていこう、と思ってタオルを絞っていると、、、
ん??
流しの横に小さな長い白いものが、、、え?これ大根!?!?

「あ~、レイコに言い忘れてたわっ!あなたの野菜、できてるわよ。」

以前、ここで植えようと思って持っていた大根の種。
2014年に種を蒔いたとき時には、蒔いた時期が悪かったのか、、、、
芽が出ませんでした。
やっぱり土が合わないのかな~、、、なんて思いながらすっかり忘れていた2015年。

半分残っていた種、もはやなんの種だかよく分からなかったのだけれど、
パパがなんだろ?と思って蒔いてみたら、、、。

最初は葉野菜かな?と思っていたパパとマンマ。
ある程度の大きさになったので引っこ抜いてみたら、、、なんと大根だった(笑)
もちろん私は全く知らず(笑)

早速一緒に収穫してきましたよー。
一番長いので18cmくらい。
葉の部分はやたら立派っ!

パパ曰く、

「下に伸びるものならもっと土を柔らかくしておけば良かったな~、、、、」

と。
シチリアの土、養分を含む粘土質。
冬は雨も降るし、朝露も降りるので土はかなり湿気を帯び、、、。
何度も何度も耕してから植えないと、下にうまく伸びていってくれないそうです。

確か大根収穫したらものすごい量の泥も一緒に収穫できた(笑)
そしてその土は、洗っても洗ってもなかなか落ちない、、、。
以前にカブも植えたのですが、ラディッシュくらいで終わってしまった。
あの時も耕し方が足りなかったのが原因かも。

パパとマンマには、全部収穫しちゃわないで、
私が日本から帰ってくるまで、きちんと残しておいてねっ!
とお願いしておきました。
畑にはかなりの量の大根が植わっていたので、何も言わなくてもきっと全部は収穫しきれないと思いますが(笑)

2週間でどれだけ育つかな~、、、楽しみ❤

せっかく大根が取れたので、今日のお昼は大根でお味噌汁♪

e0335287_06535479.jpg
葉もかなり大量に入れたのですが、味噌汁の量も大量だったのであまり見えません(笑)
私だけだったら食べる直前に葉を入れてもいいのですが、
我が家にはイタリア人がいるので、、、しっかり葉を煮たら、色が悪い~~~!
やっぱり直前に入れるに限る。

大根、あまり見えませんがちょっと苦みもあって美味しかった❤

ついでに頂いてきた本日産まれてきた卵。
炒り卵と牛ひき肉でそぼろ丼を作りました。

なんか大根があるだけで我が家の食卓が一気に日本っぽく(笑)

今日は大根に大興奮の1日でした!

==

パンツアー&パスクワツアー、好評受付中!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。
こちら残席1名様となっています。
ご希望の方はお早目に~。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!




by latavolasiciliana | 2016-01-24 06:57 | シチリアの旬色々 | Comments(0)

2016年食色々、、、

2016年、ラジオだの、和食レッスンだの、、、
来週には名古屋で料理教室のため、日本に出発だし、、、、
バタバタの幕開けです。

ブログの更新が全く追いつかず(汗)
溜まった写真を脈絡なく、、、アップします。

e0335287_00523026.jpg
1月7日、、、クリスマス&お正月で重くなった体に七草粥、、、ならぬ、
その辺にあった野草を入れた適当粥(笑)
ちりめん山椒、ホウレンソウの胡麻和え、そして高級鮭フレーク(笑)

あ~、、、、あっさりしたごはんが美味しい、、、。
日本から持ってきた最後の日本米。
やっぱりお米は日本のが美味しいね☆


e0335287_00560631.jpg
カラスミのパスタ、色々なバージョンがあるけれど、冬はやっぱりこれかなー。
レモンがバッチリと聞いたカラスミのパスタ。
柑橘類が旬な冬のシチリアは、オレンジやレモンを料理にたっぷり。
冬のお楽しみです。

今年は料理教室をお願いするマンマを増員予定!
まずはアレッサンドラ、、、♪
ジュエリーアーチストの彼女は伝統料理にちょっとだけ彼女のエッセンスを加えた料理が得意。

e0335287_01025435.jpg

ほら!カワイイでしょ❤
トラーパニリピーターの皆さま、新しいマンマに会いに是非是非いらしてくださいね!

去年初めて知ったのですが、、、マルサラはグレープフルーツの産地だった!
それもそのはず。
今までメルカートではグレープフルーツって見かけなかったけど、、、

e0335287_01044712.jpg
いた!初めて見た!
ピンクグレープフルーツ❤
グレープフルーツといえば子供の頃を想い出す、、、。
横半分に切って、砂糖をかけて、ちょっと先がWみたいな形をしたグレープフルーツ用のスプーンでほじって食べる、、、
グレープフルーツの苦味と砂糖の甘さが妙にマッチして大好きなフルーツの一つでした。

e0335287_01072076.jpg

最近、農民市場では春の訪れを感じさせる細いアスパラガスも出てきました。
春近し、、、かな?
(今現在は結構寒いです)


e0335287_01085707.jpg
トラーパニ旧市街のアラブ料理屋さんで食べた野菜のクスクス。
これが美味しかった❤
すっごく優しい味だけど、食べていても飽きがこない、、、。
クスクスの粒もトラパネーゼと全く違う、、、。
イタリア料理以外だと、チャイニーズが数軒あるだけのトラーパニ。
ちょっと目先が変わったものが食べたくなった時に、また今度行ってみよう。


今シーズンのパネットーネはパネットーネの故郷、ミラノ産。

e0335287_01115864.jpg


結局今年は7個のパネットーネを食べました。
パネットーネと一言で言っても作るお店に寄ってその味も、香りも、食感もまったく違います。
今年のヒットはピエモンテのクラフトビールメーカー”Baladin”のパネットーネと、
マンマのおうちの近くにある田舎のパン屋さんのパネットーネの2つ。
定番フィアスコナーロのTradizionaleは間違いなくいつも美味しいですけどね。

イタリアではクリスマス期間は12月8日~1月6日までと長いので、

期間中、色々なパネットーネを食べ比べできます。でも2人で7個。

1個1kgだから3.5kg食べたかと思うとちょっと怖いですけどね。。。(汗)


e0335287_01144681.jpg

ひっさしぶりに作ったレモンシナモンのビスコッティ。
これ、紅茶の季節になると突然食べたくなるビスコッティです。
今年は寒くならないから、あまり暖かい飲み物が飲みたくなることもなく、、、。
セモリナ粉が入っているのでサクサク、サクサク、、、。
レモンとシナモンの香りが、シチリアを感じさせます。

このレシピ、マンマから教わったのですが、本当に素朴で美味しくて。一度作り始めるとクセになってしばらく作り続けます。

拙書「シチリアの伝統菓子とマンマの手作り菓子」の90-91ページに作り方は掲載されています。


e0335287_01165235.jpg


この紋章が目に入らぬか~(笑)


とある日の朝ごはん。

今日の朝ごはんはお土産で頂いた最中

皮とアンコが別になってて、アンコを皮に詰め詰め。。。

パッリパリの皮に素朴な粒あん。

和菓子Love❤️


最近すっかりFacebookやInstagramへの投稿が増え、
他愛もない写真はなかなかブログでアップする機会もなく。

ブログは想い出に残したい出来事を綴るには最適なのですが、
日常の他愛もない風景はFBやInstagramがやっぱり便利。

Facebookは個人名のアカウントは基本的にお会いしたことのある方、
若しくは友達から紹介された方限定とさせていただいていますが、
ラ ターボラ シチリアーナのFBページはどなたでも登録できるようになっています。

ラ ターボラ シチリアーナのFBページ

↑上記リンクから、ページに飛んで「いいね!」をクリック。
シチリアからタイムリーな情報がほぼ毎日更新されています。

Instagramのアカウントは「tavola_siciliana」。
こちらはビジュアル的に面白い写真をアップしています。

ブログもなるべく更新するようにしていますが、FBやInstagramのアカウントをお持ちの方は、
そちらもフォローいただけると、よりシチリアを楽しんでいただけます♪

さて、来週はもう日本、、、。
準備、ラストスパートがんばります!

==

パンツアー&パスクワツアー、好評受付中!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。
こちら残席1名様となっています。
ご希望の方はお早目に~。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!




by latavolasiciliana | 2016-01-23 01:23 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)
e0335287_23142296.jpeg
先日、トラーパニで和食のレッスンを開催しました。

10年前、私がトラーパニに来たときには和食の「和」の字にもほとんど興味を持っている人がいなかった、、、
のですが。
ここ数年の世界的な和食ブームがようやくトラーパニにもちょっとだけ来たような来ないような(笑)
トラーパニにある料理学校から講師を頼まれました。

今回はまずは料理を作るとか作らないとかいうより、

「和食とは何か?」

という講義と、簡単なデモンストレーション方式の料理教室、、、という事での依頼。

和食とは何か?って、常に身近にあった私にとってはこれと言ってまとめてみたこともなかったのですが、
調べていくと新発見もあって。

e0335287_23191339.jpg

40人ほどの人が集まったのですが、聞いている方もかなり真剣。

「ワカメとコンブは違うの?」
「ミソって何?」
「タマリって何?」

思っていたよりも日本の食材については知識を持っていた事にもちょっと驚きでした。
でも、間違った情報もたくさん持っていて、、、というか、ほとんどが????な情報でした(笑)

デモンストレーションで作ったのは、

・手毬ずし
・ホウレンソウの胡麻和え
・ホウレンソウのお味噌汁

の3品。
e0335287_23223527.jpg

和食=寿司、刺身、天ぷら

という印象を持っている方がほとんどなので、すし系は避けよう、、、と思っていたのですが、
白いごはんの炊き方をデモでお見せしたかったので、そのごはんをどうするか、、、。
ならば、帰ってから自宅ですぐにでも作れそうな手毬ずしにしました。

ホウレンソウの胡麻和え、ゴマが違う。。。
日本から持ってきたゴマはすごく香り高いのですが、こっちで売っているゴマはそんなに香りが出ない。
色々試してみたところ、想像していた味に近い味に仕上がりました。

味噌汁は想像以上に好評で。
ただ、味噌をそのまま試食してもらったら、口をそろえて

「しょっぱーーーーーーい!」

と。

いやいや、そんなにしょっぱい味噌でもなく、個人的には甘すぎかな?と思った味噌でした。
シチリア人、レストランで食べるかなり塩気の強いパスタは大丈夫なのに、
味噌の塩気はダメなのね、、、。
小さいころから食べてきた習慣みたいなものでしょうか。
新しい味覚に対しては敏感なのかもしれませんね。
これもちょっと面白かった。

e0335287_23283880.jpeg

当日はこの学校の責任者のシェフと若いスタッフ達が手伝ってくれたのですが、
若い子達は和食、全く興味なし!!!!
そんなもんなんですね、、、、
確かに参加者も年齢層は高かったし、、、(笑)

まぁ、でもトラーパニにも和食に興味を持っている人がいるのだ!とわかったのは
かなりの収穫でした♪

私が日本に伝えたいことって、シチリア料理を作るっていう事だけではなくその裏にある文化的背景や、
食材とのかかわり方、食と健康、食べるという事、、、などなど、、、
食を通して、色々な分野の知識を深めたり、食の重要性を考えるきっかけ作りだったり。
そして最終的には

「食で笑顔と幸せを」

という事なんだと思うのです。
今まではシチリア→日本に情報を発信していましたが、
今度はその逆で、日本→シチリアに発信するのも面白いかな?と。

料亭で食べるような日本料理ではなく、私が小さいころにウチで食べていたような家庭料理、、、
そんな料理をトラーパニにも紹介したいな~、、、と思った1日でありました。



==

パンツアー&パスクワツアー、好評受付中!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。
こちら残席1名様となっています。
ご希望の方はお早目に~。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!




by latavolasiciliana | 2016-01-21 23:32 | シチリアで和食 | Comments(2)
e0335287_17451081.jpg

1月19日(火)19:00~、BS日テレの「大人の街歩き」に出演します☆

撮影が行われたのは去年の11月。
日本から帰ってすぐ、それも大嵐の中、、、、(汗)
かなり天候的コンディションは悪かった中行われた撮影。
あちゃー、これじゃトラーパニの印象も台無しだなー、と思っていたのですが、、、。

カメラを回す直前になると青空が現れる!

という幸運❤

幸い、撮影最中は雨にも見舞われず、素敵な映像が取れたそうです。(カメラマンさん談)

常に強風が吹いていたので、髪の毛は乱れまくってますけどね(笑)

いらしてくださった白石美帆さん、そして撮影隊の皆さま。
とっても気持ちの良いチームで、楽しいお仕事をさせていただきました!
皆さま、改めてありがとうございました☆

トラーパニ近辺だけで1時間の番組。
これからトラーパニに行きたい!という方は前準備として。
既にいらしてくださった方は、トラーパニで過ごした日々を懐かしみつつ、、、。
是非ご覧くださいね!

BS日テレのホームページはこちら↓
http://www.bs4.jp/guide/document/e_machiaruki/



by latavolasiciliana | 2016-01-16 17:55 | 日本での活動 | Comments(8)

冬の農民市場

e0335287_00501797.jpg

トラーパニの海沿いに土曜日にたつ農民市場。

何度も言っていますが今年のトラーパニの冬、本当に暖かくて。
市場でも太陽の下で野菜や果物がキラキラと輝いていました☆

e0335287_00514755.jpg
冬野菜と言えば、ブロッコロという名のカリフラワー。

e0335287_00532024.jpg

カルチョーフィ。

e0335287_00543700.jpg
フィノッキオ。

冬に欠かせない食材達♪

11:00頃に行ったら、山積みであったろうカルチョーフィとフィノッキオ達は、
既に随分と売れたようで、、、ちょっとだけしか残っていませんでした。

やっぱり市場は早く行かないとねー。

かぼちゃも今が旬!

e0335287_00565668.jpg
ひょうたん型のものから丸いものまで、、、各種並んでいます。

私はオレンジ3kg、ブロッコリー1kg(大きいの2個)、フィノッキオ1kg(3株)をお買い上げ。
これで4ユーロ、、、やっぱり安いなー。

最近、八百屋さんもかなりの値上げ。
あまり買いこむのは好きではありませんが、農民市場は庶民の強い味方です(笑)

e0335287_01003158.jpg
ファーマーズマーケット、、、という言葉があまりにも似合わないこの市場。
やっぱり「農民市場」がしっくりきます(笑)

==

パンツアー&パスクワツアー、好評受付中!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。
こちら残席1名様となっています。
ご希望の方はお早目に~。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!





by latavolasiciliana | 2016-01-12 01:04 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)
e0335287_05325615.jpg
1月8日、記念すべきイタリアでのラジオ初出演です。

RADIO102という地元のラジオ放送局にゲスト出演させていただきました。
地元、トラーパニでは結構聴いている人も多く。
私が出演させて頂いたのは102 OPEN SPACEという音楽&情報番組。
週2回、生オンエアーがあって、毎回ゲストを呼んで話を聞いているそうです。
通常は、ピアニスト、ミュージシャン、声楽家、、、などなど、
やはり音楽関係のゲストが多いそうですが、
ひょんなことから、異文化をテーマにした話も面白いんじゃない?ということで、
日本人の私にお声がかかったわけです。

しかも出演が決まったのはほんの数日前。
台本なし、打ち合わせなし、の生放送、、、いかにもイタリアっぽい(笑)
とりあえず15分前にスタジオ入り。

「何について話すの?」

と聞いたら、

「もちろんキミと日本についてだよ~」

打ち合わせ終了(笑)

「あ、そうそう、これ訳して番組の冒頭で読んでもらえる?」

と、放送3分前に渡されたのはイギリス人の詩人が書いたポエム、、、。
マジ!?
訳している間にオープニング曲が流れ始めちゃいました(汗)

坂本龍一のかの有名な曲から始まった放送、、、、。
突然渡された詩を日本語で朗読する私、、、。
あまりに急で、取りあえず訳しましたが、あとちょっとだけ時間があったら
もっといい訳が付けられたのに、、、
(ってイタリア人には全くわかりませんけどね・笑)

シチリアらしくハチャメチャな感じで始まりました。

放送が始まった後は、何故私がトラーパニに残ったのか、日本の日常、働き方について、
トラーパニのツーリズモについて、などなど、、、。
楽しくお話をさせていただきました♪
放送中にイタリア人の友人達から

「聴いてるよ!」

ってバンバン、メッセージが入ってきて、、、生放送って面白い(笑)

リスナーには概ね好評だったようで、一安心。

ただ、日本の話をするのってほんと難しい。
私は東京生まれの東京育ちなので、私にとっての日本=東京。
でも日本全国が大都市なわけでもなく、小さな都市に行くとまた違う現実が広がっているわけで。
私が話す事が、日本全国全員そうなんですよー、と思われてしまうのも困る。
でも、

「労働時間が長い」
「勤勉」
「礼儀正しい」

とかいうのは全体的なイメージとしては私もそう思うし、、、でも例外もあるし。

日本についての知識も浅いなー、と思う今日この頃。
日本の知識よりもイタリアの知識の方がよっぽど増えてきてしまった今日この頃。
日本の歴史や文化をきちんと勉強しなおすかな、、、と思った1日でもありました。

なにはともあれ無事終了!

聴いてくださった日本の皆様、本当にありがとうございましたっ!

放送が終わった後に、

「日本とシンガポールにいる友人からも聴いたよ!ってメッセージがあったよ!」

と伝えたら、今日9日のお昼頃の放送で、

「昨日のREIKOの放送は、日本とシンガポールにもリスナーがいたらしいよ!すごいねっ!」

って昨日のDJが話してた(笑)

でもほんとすごいわー。

この番組、インターネットでも聞く事ができます。

↑このページを開くと音が直接出ます。
PCを常にミュートにしている方は、ミュートを解除すると音が出ます。

イタリア語を勉強したい方、イタリアの音楽を聴きたい方、
どうぞ聴いてみて下さいね!



by latavolasiciliana | 2016-01-10 05:55 | REIのシチリア日記 | Comments(2)
e0335287_20175309.jpg

1月6日、エピファニア、祝日。
当方から三博士がキリストの誕生をお祝いしにやってきたというこの日をもって、
1月8日から始まるクリスマス期間はようやく終了します。

この日を迎えると毎年、

「あぁ~、、、お食べ地獄がやっと終わった、、、」

という気分でちょっとホッとする1日でもあります(笑)

今年のトリを飾ったのは巨大ポルペッテ!

そしてこのポルペッテをどん、どん、どん、、、と3つ乗せる、、、これが標準盛り(笑)
この後、残ったポルペッテは大皿に盛られ、足りない人は追加。
誰も追加なんていないよね~、、、と思っていたら、
1つ、、、もう1つ、、、とどんどん皆取っていく(笑)

恐るべし(笑)

ピアットウニコのようなプリモでしたが、メインも肉、、、コトレッタでした。

e0335287_20214763.jpg

マンマのコトレッタは本当に美味しいのですが、ポルペッテの後の肉はね、、、(苦笑)
牛肉と鶏肉があったので迷わずあっさり系の鶏肉のコトレッタで。
庭で取れたサラダのおかげでコトレッタもはしが進む、、、。
今の時期、サラダにはビネガーは使わず、はす向かいの娘の家にタワワに成るレモンを使います。
シチリアレモン、これが恐ろしく香りがいいんです!
搾った後の手の香り、、、あぁ、、、アロマ効果(笑)

たっぷりと肉系を食べた後は、マンマのお宅のお庭にタワワに実るオレンジを♪

e0335287_20251174.jpg
今年はタロッコが豊作♪
もう少しすると赤くなってきます。

そして最後はやっぱりパネットーネ。

e0335287_20272862.jpg


マンマのお宅から車で10分くらいの、周りになーんもないドが付くほどの田舎のパン屋さん。
ここのパネットーネ、以前から美味しい、、、という噂は聞いていたのですが。
本当に美味しいぃぃぃぃぃ❤
余計な味と香りがしない、とってもシンプルなパネットーネ。
入っているオレンジの砂糖漬けもとっても美味。

トラーパニのパン屋さん、以前は毎年数軒食べ比べていたのですが、
フワフワしすぎていたり、固すぎたり、本当にパン見たいだったり、香りが強すぎたり、、、
どうしても美味しいパネットーネが見つからなくて。
トラーパニには美味しいパネットーネを作るパン屋さんがないなー、と思っていたのですが。

見つけた❤

来年は私もここに買いにこよーっと。

「今年のクリスマスも無事終了だね!」

とマンマに言ったら、

「もうカーニバル目前よ、それが終わったらパスクワ、、、」

そうだった、今年のパスクワは3月27日とすごく早いんだった、、、。
シチリアのマンマって本当に働き者。
本当に頭が下がります。

出会ったときよりもだいぶお年を重ねたマンマ。
最近は娘のマリアピアの登場回数も多く。
この日のパスタもポルペッテを作ったのはマンマでしたが、仕上げはマリアピア。
こうして少しずつ世代交代。

e0335287_20341805.jpg

彼女も21歳のお嬢ちゃんがいる立派なマンマ。
彼女はマンマの娘、、、料理はやっぱり上手!
今年はマリアピアの料理教室も始めようかな。

と、今年もとりあえずクリスマスが無事終了しました!


【お知らせ】
1月8日(金)、イタリア時間15:00~16:30(日本時間23:00~翌0:30)、
RADIO102という地元のラジオ放送局にゲスト出演します。
102 OPEN SPACEという音楽&情報番組。

台本なし、打ち合わせなし、の生放送、、、一体、何について話すのか、、、??
ストリーミング放送でも聞けます!
日本時間1月8日(金)、23:00~翌0:30まで。
皆、聞いてね~♪

↑このページを開くと音が直接出ます。
PCを常にミュートにしている方は、ミュートを解除すると音が出ます。




by latavolasiciliana | 2016-01-07 20:38 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana