<   2015年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

e0335287_21491488.jpg

2015年最後の日、12月31日。
私はこの日まで仕事でした(笑)

マルサラワインを造るとあるワイナリーと打ち合わせ。
来年、ちょっと面白い事ができるかな?と思わせる提案を頂き。。。
私が来年から真剣に取り組みたい、と思っていた事と
ちょうどリンクしていたので、
2016年への向けての幸先良い一歩を踏み出すための準備にふさわしき2015年最終日でした!

トラーパニは今日も晴天!
昨晩、雨が降ったようですが、今日も気温17度。
穏やかな青空が広がっています☆

クリスマス終了後、年末らしきことはこれと言ってやっていなくて。
まったくお正月気分も盛り上がっていません。
FBで皆さんのお節や年越しソバを見て、じゅるり。。。とヨダレを流しています(笑)

2015年もたくさんの方に支えられ、多くの出会いと再会に恵まれた1年となりました。
シチリアに来てくださった方、日本のイベントに参加してくださった方、
ご指導くださった先輩方、そしていつも近くで助けてくれる家族や友人、、、
感謝しても感謝しきれないほど。
本当にありがとうございました☆

日本は年明けまであと2時間。(こちらはまだ午後2時)

皆さま、どうぞ良い年越しを。。。。☆




by latavolasiciliana | 2015-12-31 22:07 | Comments(0)
e0335287_18032233.jpg

日本ではクリスマスが終わると、ササッと模様替え。
一気にお正月の雰囲気になりますが、
イタリアは1月6日までずーっとクリスマスモード。
街のイルミネーションもそのままです。

この間、散策しに行ったパレルモ。
トラーパニはショボショボのイルミネーションでしたが、
さすが州都のパレルモ。

e0335287_18064330.jpg
イルミネーションきらきら☆彡


e0335287_18092832.jpg

それでも北部の街に比べるとイルミネーションが少ないのは、
やはり暖かいからか、、、。

e0335287_18112022.jpg
でも何よりも驚いたのが、、、、
人の多さっ!!!

パレルモ新市街、Via LibertaからTeatro Mssimoにかけて、、、
もんのすごい賑わいでした!
きっとカウントダウンもすごい人なんだろうな~。

クリスマスが終了し、すっかり普通モードで働く私。
イタリアはクリスマスが終わると、なんだか一気に普通の空気に戻るんですよね。
皆さんは良い年末をお過ごしですか??


==

2016年春のプランをアップしました!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!




by latavolasiciliana | 2015-12-30 18:15 | シチリア散策♪ | Comments(0)
e0335287_19551221.jpg
24日、25日と無事にクリスマスを終了。
26日はお腹休めにおうちで軽めのごはん。
27日が日曜日で連休だった今年のクリスマス。

友達と久しぶりにゆっくりと日曜日ランチに行ってきました。
私達にとって日曜日はドミンゴ家で過ごす日、、、外食することは少なく。
ならばトラーパニを離れてちょっと遠くに行くか、とC氏おススメの海辺のレストランへ。

海辺、と言ってもお店から海は見えませんが、本当に海のすぐ近く。
私がいつも遠目に見てきれいだな~、、、と思っていた海岸のすぐ近くでした。

お店に入って席に着くと、まずシチリア産スプマンテとミニアランチーニが♪

e0335287_19560436.jpg

軽く飲みながら、そしてつまみながら、、、ワインやメニューを選びます。
粋だね♪



クリスマスで散々食べた後だし、ランチだし、、、ということで軽めに。
アンティパストをシェア。

合わせるワインは大好きな蔵のZibibbo Secco。
口の中に広がる果実味溢れる白ワイン。
暖かい冬のお昼にピッタリ


e0335287_19565743.jpg
その後、それぞれにプリモを注文。

e0335287_20130948.jpg

私が注文したのはハタのラビオリ魚介類のソース。
C氏はカサゴとピスタチオのパスタ。

このお店のプリモ、、、とっても美味しい❤

素材の味をしっかりと生かし、余計な味は加えられていない、、、
ミニマムな美味しさ。
塩と素材のバランスもとっても良くて。

最後に頼んだドルチェもかなり美味。

e0335287_20072936.jpg
ピスタチオの風味が濃厚。
これでもか!というくらいピスタチオが乗っていて。

久しぶりに秘密にしたい衝動に駆られるお店に出会いました。
しばらくは店名は伏せて、、、シチリアに来てくださったお客様とだけ、
楽しみたいと思います❤


==

2016年春のプランをアップしました!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!





by latavolasiciliana | 2015-12-28 20:09 | シチリアのお食事処 | Comments(0)

クリスマスの夜のお散歩

e0335287_18021259.jpg
クリスマスの夜。

いつもはドミンゴ家でそのまま過ごすのですが、
今年はトラーパニの街にuna passeggataに行ってみました。
今年でイタリアに来て12回目のクリスマスですが、
クリスマスの夜に外出するのはなんと初めて。

ここ数年、街にイルミネーションの灯らないトラーパニ。
今年も何にもないなー、と思っていたら、、、

e0335287_18073093.jpg

クリスマス前に市庁舎前に突如現れたショボいイルミネーション(笑)
ま~、何にもないよりはいいかな、、、という感はありますが、
写真を撮っているのは私だけ(苦笑)

そのまま散歩散歩、、、。

e0335287_18122476.jpg

チェントロまで辿りつくと、この微妙なライトアップ、、、。
ま、いっか(笑)

カトドラーレで礼拝が行われていたので、ちょっとだけ参加。
クリスマスミサは満員御礼で立って参加する信者達で溢れていました。
やはりここはキリスト教国家、そして南。
信仰心が厚い人が本当に多いです。

厳かな雰囲気の教会から外に出ると、人で賑わうトラーパニの街。

e0335287_18170647.jpg


一歩歩けば知り合いに会い、

「Auguri!!」

そしておしゃべり。

もう一歩歩けば、また知り合いに会い、

「Auguri!!!」

なかなか先に進めない、、、(笑)

いつもとはちょっと違うクリスマスの夜🎄

こんなクリスマスもまた楽し♩


==

2016年春のプランをアップしました!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!





by latavolasiciliana | 2015-12-27 18:18 | トラーパニの風景 | Comments(0)

クリスマス2015

e0335287_05461894.jpg

とっても暖かかった2015年のクリスマス。
日中は連日18度くらいまで上がり、コートを着ていると暑いほどで。

クリスマス、日本では外で食事を楽しむ人が多いのですが、
イタリアでは家族で過ごすもの。
私も恒例でドミンゴ家でクリスマスを過ごしました。

まずは24日。

ちょっと早くきてね~、とマンマから集合がかかり。
行ってみると、トラーパニ地方のクリスマス菓子、スフィンチの生地がすでに醗酵。
生地は全部で3kg分、、、っ!

e0335287_05532299.jpg

皆で揚げる事、約2時間半、、、。

e0335287_05555149.jpg

やっと揚がった!!
大きなトレー4皿分、、、(苦笑)
揚げたてが美味しいスフィンチ。
揚げている最中からみんなでつまみ食い。
トレー1皿分はなくなっていました(汗)

そのあとはクリスマスイブの晩餐。

e0335287_06014980.jpg
夜はパスタを食べる習慣がないドミンゴ家。
セコンドを中心に準備がされていました。
マンマも結構なお歳なのに何種類も料理を作るのは本当に大変、、、。
来年からは皆で分担しようね!と意見がまとまり。
今まで食べるだけの私でしたが、来年からはがんばりまーす♪

25日0:00。

「Auguri!!」(おめでとう!)

その後帰宅。

そして翌日クリスマスもドミンゴ家ランチ。

マンマはカンネッローニを準備していました。(写真一番上)
もちろんカンネッローニだけではなく前菜もセコンドも、、、。
本当にお疲れさまでした<m(__)m>

今年も無事にクリスマスが終了。
こうして皆で元気で揃うクリスマスが年々ありがたいなー、と思う今日この頃。
考えてみれば日本でクリスマスやお正月も長い事過ごしていません。
2016年の年末は日本で過ごしたいな~、、、なんて思った今年のクリスマスでした。


==

2016年春のプランをアップしました!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!











by latavolasiciliana | 2015-12-27 06:09 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(2)

Auguri di Buon Natale❤

e0335287_08290798.jpg

とっても暖かいクリスマスを迎えるトラーパニ。
今日も真っ青な空に真っ青な海。

世界中でどれだけの人が笑顔でクリスマスを過ごせるのか、、、。
こうして普通にクリスマスを迎えられることがどれだけ幸せなのか、、、。

皆さんはどんなクリスマスをお過ごしですか?

1人でも多くの人が笑顔でクリスマスを迎えられますように。

Buon Natale❤



by latavolasiciliana | 2015-12-25 08:31 | ご挨拶 | Comments(0)
e0335287_18565254.jpg

1月30日(土)&2月1日(月)の料理教室に続き、1月31日(日)の料理教室のお知らせです!

1月31日(日)のレッスンは名古屋郊外での開催です。
「郊外田園クラブ 下田ビレッジ」という農園内でのクラブハウスをお借りして、
自然の中でシチリア料理を楽しんでいただこう!というREIの料理教室@NAGOYA。
名古屋市内からはちょっと遠いですが、自然の中でリラックスしながらシチリアの風を感じてみませんか?

こちらは実習なしのデモンストレーション方式のレッスンです。
作るより食べたい!という方におすすめのレッスンです(笑)

ケッパーやアーモンドなど、シチリア食材をふんだんに使ったシチリア料理とシチリアのお話。
寒い冬ですが、シチリアの太陽をたっぷり浴びた食材で皆さんをおもてなし致します。



REIのシチリア料理教室 @ NAGOYAのご案内

真っ青な海、ゴツゴツとした岩山、広大な草原、、、
ギラギラした太陽と大自然の元で育った力強さを感じるシチリア食材。
ケッパー、オレガノ、アーモンドなどなど、
シチリア食材を上手に使って普段の食卓がワンランクアップ!
日本で味わえるシチリアの味、そんなシチリアの家庭料理をご紹介します。

●日時: 1月31日(日)

昼の部 12:00~15:00 満席(キャンセル待ち受付中)
夜の部 17:00~20:00 満席(キャンセル待ち受付中)

●開催場所 : 郊外田園クラブ 下田ビレッジ
       愛知県日進市赤池町下田91番地
       ・車の場合 / 名二環植田インターから4分
       ・電車の場合 / 名古屋市営地下鉄 鶴舞線 平針駅 原駅 徒歩14分
        ↓アクセスマップはこちらから↓
        http://club-suburb.com/

●参加費 : 8,000円(税込み)

●料理内容 : シチリアの家庭料理
      アンティパスト2品、パスタ2品、メイン1品を予定しています。
      ※ワインは別料金にてご用意させていただきます。
       ※料理教室はデモンストレーション方式で行われます。
      ※冒頭の写真はイメージです。

当日はシチリア食材の販売をさせていただきます。
ご購入をご希望の方は、エコバックを持参いただけますようお願い致します。
また、小額紙幣やコインをご用意いただけると助かります。

●お申し込み方法
お名前、メールアドレス、電話番号、ご希望の時間(昼の部or夜の部)をご記載の上、

info2★tavola-siciliana.com (★→@に変えて送信してください)

までご連絡ください。
折り返し確認メールを送らせていただきます。


==

中部&関西地方にお住いの皆様、この機会にお会いできたら嬉しく思います!





by latavolasiciliana | 2015-12-22 17:44 | 日本での活動 | Comments(0)

e0335287_19131064.jpg

1月30日&2月1日に名古屋で料理教室を開催します!

熊本以来、久しぶりの東京以外での料理教室の開催です♪
今年の夏にシチリアに来てくださった伊藤華づ枝先生。
名古屋を中心に全国でご活躍の料理研究家の先生です。
今回は伊藤先生の主宰する料理講座「食のスペシャリストをめざして」 と「食育伝道師をめざして」で
1日特別レッスンをさせていただく事となりました。

50分ほどのデモンストレーションの後、実際に皆さんに作っていただく実習形式。
シチリア食材を使ったお子さんから大人まで楽しんでいただけるメニューを考えました。
試食中にはシチリアのお話もさせていただきたいと思います。
(しゃべり過ぎないように気を付けないと!・笑)

以前から東京以外でもレッスンがしたいな~、、、とずっと思っていたのですが、
実際のところ、集客や準備、、、協力してくださる方がいないとなかなか難しいもの。
今回は伊藤先生の全面協力にて実現した名古屋レッスン!

通常このコースは全6回の連続レッスンとなっているそうですが、
今回は特別に一般の方も参加して頂けます♪
東京までは遠いわ~、、、と思っていらっしゃる、中部&関西地方の方、
是非是非ご参加をお待ちしております!

メニュー等の詳細は上記のパンフレットをご参照ください。
今回は私にお申し込みではなく「栄中日文化センター 」に直接お電話にてお申し込みください。

中部&関西地方にお住まいの皆様、新年早々に日本でお会いできることを楽しみにしていま~す☆

<開催日程>


●1月30日(土) 13:00~15:30
●2月1日(月) 10:00~12:30
※どちらか1日を選択下さい。

<受講料>
4,536円

<お申し込み方法>
栄中日文化センター まで直接お電話下さい。

フリーダイヤル 0120-53-8164
※午前10時~午後6時まで〔日曜は午後5時まで〕

【ご注意】お申し込み後、
必ず10日以内にご入金手続きをお願いいたします
ご入金手続きは当センター受付窓口または、
最寄りのコンビニエンスストアーで お振込み下さい。
(お振込み希望の方は、所定の用紙をお送りいたします)
入金期日を過ぎた場合は、自動的にキャンセルとなりますのでご了承下さい。
原則として入金後のご返金は出来かねますのでご了承下さい

<開催場所>
名古屋・栄中日文化センター
愛知県名古屋市中区栄4丁目1−1

アクセス:http://www.chunichi-culture.com/center/sakae/pages02/access.html




by latavolasiciliana | 2015-12-21 19:08 | 日本での活動 | Comments(0)

e0335287_23545884.jpg

冬のシチリアの食材で欠かせないのがブロッコロ、、、という名の黄緑のカリフラワー。
12月から旬を迎え、3月までシチリアの市場には欠かせない野菜の一つとなります。

私がシチリアにやってきた10年前は、トマトやナスなどの夏野菜は、
冬にはチョロチョロ見かける程度であまり店頭には並んでいませんでした。
10年経った今、農民市場にも八百屋にも普通に並んではいるのですが、
やはり価格は夏の2倍以上。
そしてハウス栽培なので夏ほど美味しくない、、、となれば、
やはり食卓の中心は旬の冬野菜。

冬の我が家の定番と言えば「ブロッコリーのパスタ」。


e0335287_23501645.jpg

今日は黄緑色のブロッコロではなく、
日本と同じ緑のブロッコリーを使って作りました。
ポイントはブロッコリーをクッタクタに茹でる事。

日本では野菜は食感が残る程度にシャキっと茹で上げますが、
シチリアでは野菜はクタクタになるまで茹でるもの。
このパスタも茹で上げた時にフォークで刺せば砕けてしまうほど柔らかく茹でています。

ブロッコリーのパスタは色々なバージョンがありますが、
今日は一番ベーシックなアンチョビ+干しブドウ+松の実。
ほっくほくのブロッコリーと茹でたてパスタで湯気がモワ~っと上がっているのが、
写真でもお分かりいただけるかと。
出来立てをアッツアツで食べるのが美味です。

寒い冬は大っ嫌いですが、冬には冬の美味しいものがある、、、❤


==

2016年春のプランをアップしました!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!







by latavolasiciliana | 2015-12-17 00:04 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)
e0335287_02461822.jpg



トラットリアで飲んで食べてお腹いっぱい!


そして食後酒を頂きに伺ったのが、マルサラワイン最大のカンティーナ「Frolio(フローリオ)」。


マルサラワインはイギリス人が作った、、、という話を聞いた事はありますか?

そう、マルサラワイン、マルサラの伝統で地場産業となりましたが、

それを最初に作ったのはイギリス人でした。

時は1700年代後半。

1800年に入ってようやくイタリア人で初めてマルサラワインに参入してくる人物がいました。

それがVincenzo Florio(ヴィンチェンツォ フローリオ)

1833年にカンティーナ フローリオを創業。


その後の詳しい話は、、、トラーパニまでいらしてくださいね(笑)


e0335287_02505892.jpg

この巨大な樽は18000リットル!
1915年のものです。
当時は大きな樽を作れるほど、国の工業が発展しているとされていました。
この樽、現在も実際に使われています。

カンティーナの中には大小さまざまな大きさの樽がズラリ!

e0335287_02534634.jpg
それはそれは、、、本当に壮観。
こんなにたくさんの樽が置いてあるカンティーナ、他に見たことありません。
カンティーナ内にはマルサラの香りが充満、、、幸せ❤

e0335287_02560123.jpg

カンティーナ内にはワインだけではなく、歴史的資料も展示されています。

マルサラには大小様々はマルサラワインの蔵がありますが、
フローリオ社は1833年創業のイタリア人が作ったマルサラワインのワイナリーとしては
最古かつ最大。
ここにはシチリアの歴史、、、いやイタリアの歴史がギュギュっ!と詰まっています。

小さな蔵めぐりも楽しいのですが、マルサラワインの生い立ちを知るにはやはりフローリオ。


ワイナリって大小色々ありますが、それぞれの魅力があって。

大きなワイナリーからはかつての歴史やその強大な力を実感することができるし、

小さなワイナリーでは造り手のワインに対する情熱や小さい蔵だからこその工夫が見え隠れ。

どっちがいいとか悪いではなく、それぞれのワイナリーにそれぞれの楽しみ方があると思います。


e0335287_02582334.jpg



ちなみにこの樽↑、現存している一番古い樽。

実際に1939年のマルサラワインが入っているんです、、、

しかもすんごい美味しいらしい、、、すごっ!


ワイナリー見学の最後はやっぱり試飲♪



e0335287_03004552.jpg


でもね、、、フローリオの試飲はちょっと残念で。

ワインってやっぱりお話を聞きながらゆっくりと試飲したい。

でもフローリオの試飲はビデオを見ながら、若しくは、ガイドさんが早口で説明するのを

大急ぎで日本語に訳して試飲、、、ゆっくり試飲できない(汗)


マルサラワインの歴史やイタリアの歴史を知るのには本当に素晴らしいんですけどね~。


ということで、2016年はフローリオ社とあと1社小さな蔵を巡る、

マルサラワインを極める1日プチ旅を企画しようと思います!

大中小と3社周るヘロヘロコースも企画しようかな(笑)


ワイナリーは周れば周るほど勉強になりますからね☆


==

ラ ターボラ シチリアーナでは
トラーパニ発、パレルモ発の1日のワイナリーツアーを
通年受け付けております。
ホームページに掲載されていないワイナリーも、コーディネート致しますので、
お気軽にお問い合わせ下さいね!

詳しくはこちらから。




by latavolasiciliana | 2015-12-14 20:00 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana