<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

e0335287_22553981.jpg


今、ドミンゴ家のお庭にはちっちゃいものがたくさん。

上の写真はオレンジの赤ちゃん。
オレンジって5月に小さな実が成って、収穫できるのは12月以降、、、。
半年以上かけて大きなオレンジになるんです。
そう思うと、1つずつ大切に頂かなきゃな~、と思うんです。

e0335287_22585269.jpg


そして待ってました、オリーブの赤ちゃん!
去年は凶作であったことは日本でもウワサが広まっているかと思いますが、、、
今年こそっ!とイタリア全土の生産者が願っているはず。
ドミンゴ家のお庭にあるオリーブはオイル用ではなく、食用として収穫されます。
5月上旬にはたっくさんの白い小さなお花が咲いていて、
今、ちょうど小さな実が成り始めました。

今年は大きな被害が出ませんように。。。。

e0335287_232195.jpg


これはブドウの赤ちゃん♪
ブドウはあと2か月ちょっとで収穫!楽しみです♪

e0335287_23475.jpg


これは見てお分かりの通り、カキ。
ちなみにカキはイタリア語でもカキ。
時折単数形でカコって言っている人もいて。

カキって小さな時からカキの形。
そしてヘタの部分は最初から大きい。

小さいものってなんだか愛らしくて、畑で1人ニヤニヤしていた日曜日の午後でした。
by latavolasiciliana | 2015-05-25 23:06 | 畑の四季折々 | Comments(2)

田舎の散歩道

e0335287_4395744.jpg


お花の季節は終わったなぁ、、、と思っていたら、
田舎道にひなげしのお花畑。
真っ赤に染まる野原の向こうには、
金色に輝く小麦畑。

美しき初夏のシチリア。
by latavolasiciliana | 2015-05-25 04:43 | 田舎を散歩♪ | Comments(0)

沖縄へ母娘旅行 

e0335287_225911.jpg


4月の日本滞在、母と一緒に沖縄旅行へ行ってきました。

考えてみれば去年の春はC氏と行った沖縄。
2年連続の春の沖縄は、初日ちょっと雨が降ったものの、全体的にはお天気にも恵まれ、
楽しい母娘旅行となりました。

まずは那覇をウロウロ。
私たちのお目当ての一つ、それは「やちむん」。
沖縄の焼き物です。
去年は読谷の「やちむんの里」に行ったのですが、今年はレンタカー予定なし。
那覇の牧志公設市場の奥にある「壺屋やちむん通り」でお買い物♪

e0335287_22153618.jpg


かわいい❤
シチリアのマヨルカ焼きも大好きですが、やちむんもとっても素敵♪
唐草模様やお花がモチーフなのはマヨルカ焼きとも共通しています。
今回、それぞれの模様に意味があることも知りました。
唐草模様は四方八方に伸びていくことから延命、長寿孫繁栄を意味し、
菊紋は太陽の恵みを象徴する花で、病気を治し、寿命を延ばすと考えられた文様だそうです。

壺屋やちむん通りの入り口には博物館もあります。
陶器好き必見!

e0335287_22223043.jpg


日本の博物館ってすごいな~。。。と思うのが、ひとつひとつに説明がついている!
日本にお住いのみなさんにとっては普通のことかもしれませんが、
シチリア(というかイタリア?)の博物館にはほとんど説明がついていません。
イタリア全土ではオーディオガイドが付いているところも増えてきましたが、
シチリアはまだまだ。
その辺でおしゃべりしている学芸員の人を捕まえて説明を聞くしか方法がありません(苦笑)

やちむん博物館も説明がしっかりと書かれていて、とても勉強になりました。

本当は陶器ショッピングに1日費やしてもいいくらいだったのですが。。。
時間も限られているので、牧志公設市場を散策に。

e0335287_2232422.jpg


相変わらずシュールなこの市場、、、楽しい♪
カラフルな魚たち、、、1階で魚を買って、2階の食堂で調理してもらって食べることができるのですが、
残念ながら今回もチャンスなし。
また次回にっ!

そして市場場外。

e0335287_22372886.jpg


ここも大好きな通り!
やるきのなさそ~なおばちゃんオンパレード(笑)

「声かけないでよ~」

というオーラを醸し出しまくり。
トロピカルフルーツに怪しい沖縄のお菓子。
左下のお菓子、、、どこかで見たことがある!と思ったら、、、
シチリアのカッサータシチリアーナ、、、。
なんか共通点を感じます。
実際、暑い国、島国、本島とは違う歴史を辿ってきた、、、などなど、
歴史的地理的背景も似ている沖縄とシチリア。
どことなく共通点があちらことらに見受けられます。

那覇に2泊して街をたっぷりと楽しんだ後は、読谷近くのリゾートへ移動。

e0335287_22424822.jpg


あ~、シチリアに戻ってきた、、、的な気分になる私。
やっぱり青い空、青い海はいいのぉ~♪

お部屋は180℃に美しい海が広がり。

e0335287_22495749.jpg


ホテルでノンビリ過ごした1日でした。

いつもは甘いものしか食べない朝ごはんですが、沖縄式の薬膳定食があったの頼んでみました。

e0335287_22463637.jpg


日本の朝ごはんってすごい。
けど、朝から苦しい(笑)

3泊4日の沖縄旅行。
年に数回しか会えない母との時間は私にとっては貴重な時間でもあり。
離れているが故に、余計に感謝の気持ちがわいてくるのかもしれません。

とっても楽しかった沖縄の旅。
また来年、春に日本に行くことがあれば行きたいな。
by latavolasiciliana | 2015-05-23 22:55 | 日本滞在日記 | Comments(0)

塩田に沈む夕日

e0335287_18554985.jpg


トラーパニからマルサラにかけてシチリア西海岸に広がる塩田。

塩田からは美しい夕日を拝むことができます。
風車がところどころに立つ塩田の風景はそれだけでも旅情を誘うものだけれど、
塩田の向こうに沈んでいく夕日、、、それはまるで絵画を見ているような、
芸術品を眺めているような気分にさせてくれます。

先日いらしたお客様と訪れた夕方の塩田。
5月は例年ほぼ晴天続きなのに、今年に限って2日間お天気がぐずつき。
でも最後の日にこんなに美しい夕日を見せてくれました。

感謝。
by latavolasiciliana | 2015-05-21 18:54 | シチリア散策♪ | Comments(0)

オレガノの花

e0335287_16544647.jpg


オレガノのお花が咲き始めました。

オレガノはシチリア料理には欠かせないハーブの一つ。
良く耳にすることはあるかもしれないけれど、
本当のオレガノの香りを知っている人は少ない、、、
知られているようで知られていないハーブ、それがオレガノだと思います。

オレガノは今から6月ごろにかけて、
お花が咲いた頃に収穫されます。
暑い暑い夏の間に乾燥され、秋ごろから使えるようになります。

でも使うのは葉ではなく花。

日本で流通しているオレガノはあまり香りがしませんが、
シチリア産オレガノの香り高いことといったら。
トマトソースにもオレガノを加えるだけでもうシチリアの風がビシバシ感じられます。

初夏のシチリアは楽しい♪
by latavolasiciliana | 2015-05-20 17:01 | シチリアの旬色々 | Comments(4)
e0335287_23401212.jpg


今年もやってきた黒マグロの季節。

マグロは回遊魚。
今の時期、トラーパニとエガディ諸島沖付近を回遊し、
北上してサルデニアの南海岸に行くか、
はたまた南下してシチリアの南の沖を通ってシラクーサ方面に向かうか、、、。
何れにせよ、トラーパニ付近を回遊してから北か南に分かれるので、
この辺では昔からマグロ漁がとても盛ん。

トラーパニの魚市場ではご覧のように、部位別にゴロンゴロンと並びます。
この日は1キロ20ユーロ。
イタリア人は脂の乗っている部分はあまり好まないので、赤身もトロも同じ価格。

トラーパニでは5月中旬~6月にかけてがマグロの季節。
今年はマグロ丼でも作ってみようかな。
by latavolasiciliana | 2015-05-19 23:45 | シチリアの旬色々 | Comments(2)
e0335287_5494417.jpg


↓下のエントリーの街、マザーラ デル ヴァッロは、イタリア、、、というよりアラブの香りがプンプンと漂う街。

教会のクーポラを見ても。

e0335287_5522533.jpg


街中のタイルを見ても。

e0335287_553545.jpg


元モスクもあって。

e0335287_5551977.jpg


トラーパニもかなりアラブの影が見える街なのですが、
マザーラ デル ヴァッロはそれ以上。
とにかく街中を歩くだけでも、アラブ人がここを支配していたであろうことがヒシヒシと感じられます。

そもそもシチリアはほとんどの街が少なからずアラブの影響を受けていて。
でもその後やってきたノルマン人、スペイン王朝の時代に多くの建物がバロック様式に建て替えられました。

マザーラ デル ヴァッロはチュニジアに近いせいか、
かなりのチュニジア人が今も住んでいるため、アラブの雰囲気がまだまだ残っているのでしょう。

写真はないのですが訪問した施設の方々がアラブ人が作ったという迷宮のようなアラブ地区を案内してくれました。
細いくねくね道は、戦いの時に投げられた槍がまっすぐ飛んできて人間に当たらないように。
一見道にみえる袋小路は、敵がやってきた時に騙されて袋小路に追いつめられるように。
かなり複雑な街つくりでした。
案内なしでは迷います。。。

でもそんな細い道を海の方に抜けると。。。

e0335287_634065.jpg


美しい海を眺めながらのお散歩道が広がります♪
海沿いにはレストランが並び、真っ青な海を眺めながら食事をすることができます。

この町なんでもかつて100個の教会があったほど栄えていたそうで。
旧市街、確かに数十メートル置きに教会があり。
隣り合ったり向かい合ったりする教会もあり。
7つも教会がある通りはVia Sette Chiesa(7つの教会通り)と呼ばれているらしく。
数回来たことのあるマザーラ デル ヴァッロですが、
いつも日曜日だったせいか、あまり教会を見たことがありませんでした。

施設の方が案内してくださったサンフランチェスコ教会。

e0335287_610592.jpg


iPhone撮影が故、少しボケていますが、こんなに素晴らしい教会があって。

そしてこの教会の地下には、なんとローマ帝国時代の隠れキリシタンのお墓がありました。

e0335287_612553.jpg


この街、ちょっと面白そう。

今回はあまり街を見る時間がありませんでしたが、
また今度ゆっくりと街を散策しに行きたいな~、と思うのでした。

ガイドブックには書いていない地元民情報に感謝!

さて、また明日からお客様がやってきます!
今回もご満足いただけるようがんばりま~す!
by latavolasiciliana | 2015-05-15 06:16 | シチリア散策♪ | Comments(0)
e0335287_04492348.jpg
今日は通訳の仕事でMazara del Vallo(マザーラ デル ヴァッロ)という街に行ってきました。
お声をかけていただいたのは本厚木にあるシチリア料理のレストラン、
Fico di India(フィーコディインディア)の方々から。

Fico di Indiaでは去年から、ひょんなことからMazara del Valloにある、
恵まれない子供たちへの施設の募金活動をはじめたそうです。
その寄付金を持って施設に行きたい、、、という事で私を通訳として呼んでくださいました。
その施設はCasa di Comunita' Speranzaという、
チュニジア人やユーゴスラヴィア人の移民の二世や三世の学校の勉強を助ける施設でした。
子供たちは昼間は普通に学校に通っています。
シチリアの学校はほとんどが給食がなく、お昼前(13:30ごろ)には終わってしまうため
宿題が山ほど出るのです。
通常、お父さんやお母さんが宿題のお手伝いをしたり、
ゆとりのある家庭は家庭教師を付けたりするわけなのですが、
移民の彼らには宿題を手伝ってくれる人がいません。何せ彼らの両親は移民。
イタリア語での宿題は難しい。。。
そこで、この施設でプロフェッショナルな先生方がボランティア活動として
子供たちの宿題を一緒にやる、という訳です。

そしてこの施設では勉強も然ることながら、スポーツや団体行動を通じて、
人としての在り方、社会との交わり方、など、麻薬や暴力に走らないように
子供達を教育していきたい、と言っていました。

スポーツ教育の一環として、、、なんとブレイクダンスを披露してくれた子供達!
e0335287_05030732.jpg
他の子供達もヒューヒュー言いながら応援。
e0335287_05051588.jpg
なんだかすごく微笑ましい光景でした。
e0335287_05094554.jpg
ダンスを一生懸命なまなざしで見守るフィーコディインディアのマネージャーさんとシェフ、
そしてスタッフの皆様。
みなさんとっても素敵な笑顔!
この後、施設のスタッフの方々が街の旧市街、ほとんどチュニジア人が住んでいる地区を案内しながら
街の歴史や移民の現状を色々と語ってくださいました。

最後に寄付金の授与、けん玉や折り紙など、、、日本から子供達へのお土産の授与。
e0335287_05321773.jpg
けん玉に挑戦!
そして施設の方々からはお礼にシチリア菓子が振る舞われ。
最後は子供達もすっかり心を開いた感じで訪問終了しました。

最後に記念撮影、、、、一歩手前(笑)

e0335287_05345993.jpg
Mazara del Valloはとにかくチュジニア人がたくさん住む町。
割合で言ったらトラーパニの比ではないくらい。
外国人コミュニティにはイタリア人コミュニティとは別のたくさんの問題があります。
それを少しずつ解決していこう、と頑張る施設のスタッフやシスターパオラ(一番上の写真の方)は
チュニジア人家庭にとっては本当に心強い存在だと思います。
そして何といっても遠い日本から、、、、
この施設のために募金活動を始めたフィーコディインディアの皆様。
本当に素晴らしい試みだと思います。


フィーコディインディアではお昼の売り上げから10円@1人、
夜の売り上げから20円@1人として募金。
そのほか、お店に募金箱を置いてお客様からも募金をしていただいているそうです。
ということはお店に行くだけでも、間接的に募金に参加していることになります。
皆さんもおいしいシチリア料理を食べながら、募金に参加してみませんか?

フィーコディインディアのホームページはこちら↓
http://ficodindia.jp/

残念ながら私は食べに行ったことがないのですが、
私の食仲間の間ではもっぱら評判のシチリア料理店です。
私も今度日本に行ったら是非訪れてみたいと思っています。

人を助ける活動って色々とあるんだな~、、、、と心から思った今日。
私も自分ができる小さなことから何か始めてみようかな。




by latavolasiciliana | 2015-05-14 05:36 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(2)

海水浴が始まりました!

e0335287_2237196.jpg


日本からシチリアに帰ってきた4月下旬。
数日後からいきなり気温がグングン上昇、、、早くも33度に到達した先週(汗)
今週は比較的落ち着きましたが、日差しは既にかなりギラギラ。
海では4月下旬から既にたくさんの人が海水浴をしています。

雨がたくさん降り、ずーっと天気が悪く長かった今年の冬。
待ちに待った夏がやってきた~!

真っ青な空と真っ青な海。
冬は冬で美味しい食材もたくさんあって、人が少ないしっとりとした街並みを楽しめますが、
もっともシチリアらしい季節はこれから!



by latavolasiciliana | 2015-05-13 16:06 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_22152962.jpg


ちょっとアップが遅くなりましたが、、、。
4月に「春のシチリア祭り!」を開催しました。

予想を超えた人数の方々にいらしていただき本当に嬉しい限り!
シチリアにいらして下さった方、いつも日本の料理教室に来て下さる方との再会。
初めてお会いするシチリアファン。
たっくさんの方と声が枯れるまでお話しました(笑)

e0335287_22195779.jpg


1日目は飛ぶように商品が売れてゆき、本当に驚き、、、、(汗)

e0335287_22232689.jpg


日本未入荷の私の大好きなワインもたっくさんの方々に楽しんでいただきました♪

お越し下さった皆様、2日間、本当に楽しい時を過ごさせていただき感謝感謝!

どんな形かはわかりませんが、また楽しいイベントを企画したいと思います。

次回の日本の活動は料理教室を予定しています。
おそらく9月初旬の週末かと。。。。(いや、まだはっきりとは言えないのですが。。。)
日程が決まったらメルマガでまずは募集をかけます。
ご登録がまだの方は、下記URLより是非ご登録下さいね。

ターボラ シチリアーナ通信 ~美味しい&幸せなシチリアの食卓~
http://www.mag2.com/m/0001581661.html

ではまた次の機会に日本でお会いできることを楽しみにしています!
by latavolasiciliana | 2015-05-12 22:30 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana