<   2014年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

さて、街をウロウロして色々なプレゼピオを見た後は、お目当ての、、、人間プレゼピオっ!

カラタフィーミの人間プレゼピオは、街の中の細い坂道や階段を上手に利用して昔の街並み。小さなテーマパークみたい。

e0335287_213287.jpg


エキストラ?は街の人達。大人から子供まで、たくさんの人が参加しています。

そして街の一角や空き家を利用しながら、昔の生活を実際に再現しているのです。

e0335287_21383628.jpg


ここはおうちでパンを作っている様子。中ではパンを捏ね、外の窯で実際に焼いたパンを外で女の子2人が「どうぞ~♪」と。私も食べてみましたが、美味しかった~!

e0335287_21395972.jpg


ここは飲み屋だそうで。実際にみんな飲んでました(笑)

e0335287_21423754.jpg


機織り。手前にいる人達は羊毛から毛糸を作っていました。

e0335287_21435741.jpg


こんなにちっちゃい子もエキストラで参加!かわいい❤

e0335287_2146882.jpg


こうしてひとつひとつの小部屋を覗きながらそぞろ歩き。この日は寒かったのに、エキストラの皆様、本当にご苦労様です~。

e0335287_21475263.jpg


靴屋さん。

e0335287_21501165.jpg


手打ちパスタ作り。

そしてついに登場!キリスト誕生の馬小屋。

e0335287_21512286.jpg


赤ちゃんがスヤスヤと眠っていました。

e0335287_612117.jpg


僕たちも参加するメェ~~~。

で、その隣では羊から絞った乳でチーズ&リコッタ作ってました!

e0335287_2156387.jpg


そして出来立てのリコッタが振舞われます♪

e0335287_2157131.jpg


e0335287_21583130.jpg


e0335287_2201921.jpg


e0335287_2214129.jpg


ロバおじさんが、ロバミルクを絞ってくれました。ロバのミルクって初めて飲みましたが甘いんですね~。

どこかから大声が聞こえてくるな~、、、、と思ったら、、、。

e0335287_223418.jpg


その先にはメルカート!

e0335287_2263763.jpg


魚も売っています(笑)

メルカートが終わると、まだまだ続く人々の生活、、、。

e0335287_2273770.jpg


e0335287_22105166.jpg


e0335287_22134735.jpg


街の中に作られた昔の街並みは、ちょっと不思議空間。シチリアって1950年くらいまではこんな生活を本当にしていたらしく、エキストラの中には、こんな生活体験者も少なくないとか。

トラーパニ近郊の大きな洞窟を利用して作られる人間プレゼピオに比べると規模は小さかったですが、細部まで結構凝っていて。そして街を利用していたからか、リアリティがあって、気に入ったここの人間プレゼピオ♪

クリスマスは終わりましたが、イタリアでは1月6日までがクリスマス期間。ニューイヤーは宗教的な意味を持たないただのイベントなので、街の中はまだまだクリスマスムードが漂っています。

2014年も残すところあと2日!!カウントダウン開始ですねっ!
by latavolasiciliana | 2014-12-30 22:21 | シチリア散策♪ | Comments(2)
キリスト生誕のシーンを再現するプレゼピオ。イタリア全土、いや、キリスト教国家なら教会やおうちで見ることができるこのプレゼピオ。イタリアでは南に行けば行くほど、信仰心が厚くなるといわれていますが、ここ南の果てのシチリアでは、飾り物のプレゼピオのみならず、街の中で人々が昔の風景を再現する「人間プレゼピオ」があちらこちらで行われます。

トラーパニ近辺だけでも5つの小さな街で行われているのですが、今年はカラタフィーミというギリシャ遺跡セジェスタの近くの街で行われているのを見に行ってきました。

シチリアではこの手のイベント、大々的に宣伝されるわけでもなく、口コミ&ネットのちょっとした情報を見ていくわけでして。街についたものの特別情報はなく、街行く人に、

「人間プレゼピオはどこ~?」

と聞きながら探します(笑)

最初に道を聞いたおっちゃんが、

「この先に500(チンクエチェント)のプレゼピオがあるから、それを見てから行くといいよ!」

と教えてくれたのですが、500のプレゼピオ?なんじゃそりゃ??意味が分からぬまま、おっちゃんに示された方向に進んでいくと、、、あった!

e0335287_18565774.jpg


500(チンクエチェント)、、、そうフィアット社のルパンが乗っている車。教会の中に車、、、、(苦笑)

そしてなんと、車の中にプレゼピオ!

e0335287_1859228.jpg


なんと言ったらいいか、、、その大胆な発想に驚きです(笑)

e0335287_1915073.jpg


それもかなり凝ってる。

この車なんて、外まではみ出してるし。

e0335287_1941462.jpg


こっちは屋根から突き出てる!(笑)

e0335287_195474.jpg


むむ?これ、、、

e0335287_1962779.jpg


なんと全部パスタで出来てる~。すごっ!

会場は結構賑わっていて、あーでもない、こーでもない、とみんな意見を言いながら500を覗いていました。出口でどのプレゼピオが気に入ったかの投票があったので、私はパスタのプレゼピオに投票したところ、若い男の子が、

「あれ、ボクが作ったんですよ」

と。まだ10代の男の子でしたが、こんな若い子達もきちんとクリスマスの行事に参加していて、なんだかちょと心温まりました。

さて、外に出て人間プレゼピオをを探しながら歩いていると、街のあちらこちらにプレゼピオの展示がされていました。

e0335287_19125371.jpg


シチリア名物?フィーキ ディ インディア(うちわサボテン。実を食べます。)の葉の部分を使ったプレゼピオ。作ったおっちゃんが熱心に説明していました。

e0335287_19144247.jpg


これは普通のお宅の前に飾ってありました。写真では小さく見えますが、ドア1枚分くらいある意外と大きいプレゼピオ。

e0335287_19165314.jpg


街のところどころに、トラーパニには全くないイルミネーションが灯り。小さな街ですが、街全体でクリスマスを盛り上げている雰囲気が伝わってきました。

さて、こうして街をプラプラしながらたどり着いた人間プレゼピオは次のエントリーにてっ!
by latavolasiciliana | 2014-12-29 19:18 | シチリア散策♪ | Comments(0)

Natale 2014!!

今年もクリスマスが無事に終了。

イタリアのクリスマス=日本のお正月、みたいなイメージ。まだ年は明けていないものの、クリスマスが終了すると、「今年も終わったな~」という気分に毎年なります。

今年のクリスマスは24日のイブは、私達の結婚式の証人ともなってくれたC氏の親友宅で過ごし、25日は毎年恒例ドミンゴ家でのクリスマスでした。26日もイタリアは祝日なので、かつては26日も何もなければドミンゴ家で過ごしていた私達ですが、、、連日のお食べ地獄に体が耐え切れなくなってきて(笑)ここ数年は家でノンビリと過ごしています。

24日の夜は、とにかくすごかった、、、(汗)

e0335287_17581626.jpg


写真はアンティパストの一部。 一体何品あったことか、、、(汗)私は残念ながら途中でギブアップ。年々1度に食べれる量が減ってきている自分の胃を恨むばかり。

そして25日になった瞬間、、、

e0335287_1752225.jpg


Auguri!!(アウグーリ!)

キリストの誕生を祝います。

その後はみんなでプレゼント交換?をして、私達は1時ごろに退散、、、。たっぷりの食事に、これまたたっぷりのワイン、、、お腹ははち切れんばかり。

で、翌日。

e0335287_1862943.jpg


ドミンゴ家のお昼ごはん、、、まだお腹空いていませんでした(笑)

マンマのクリスマスごはんはクレープ生地でつくるカンネッローニ。私の大好物!ですが、残念ながらちょっとしか食べれず。はぁ、残念(涙)

品数は少なめですが、1皿がしっかりとしたボリュームなので、最終的にはまたはちきれんばかり満腹に。

でもって、ドルチェ、、、みんなで同じようなものを持ち寄ってしまった(笑)パネットーネにクリームを挟んだパネットーネ ファルチータ。パンドーロにクリームを挟んだパンドーロ ファルチータが2つ(汗)マンマはイチジクのビスコッティにクリスマスの揚げ菓子スフィンジ、、、、ドルチェ、ありすぎ(笑)

毎年、お食べ地獄なクリスマス。みんな「満腹すぎる!」とボヤいていますが、それも例年の恒例行事で(笑)こうして家族や友人と集まって過ごせることは幸せなことなのでしょうね♪

今年も残すところあと少し。 日本はこれからがお食べ地獄モード。皆さんも胃に気をつけながら、美味しいごはんを楽しんでくださいね!
by latavolasiciliana | 2014-12-29 18:13 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(0)

Buon Natale!!

e0335287_22571596.jpg


2008年のクリスマス、トラーパニにはこんな美しいイルミネーションが灯っていました❤

今日はクリスマスイブ。皆さんステキな時を過ごされましたか?

そして明日はクリスマス。

世界中の一人でも多くの人が、笑顔で心穏やかな日を過ごせますように、、、、♪

メリークリスマス!
by latavolasiciliana | 2014-12-24 22:59 | ご挨拶 | Comments(0)
e0335287_19371518.jpg


スフィンクスが登場して、遊園地で賑わう今年のトラーパニのクリスマスですが、、、。

教会に一歩入ってみれば、やっぱりイタリアでのクリスマスは宗教行事なんだな~、、、と強く感じます。

この時期、教会には多くの人が礼拝に参加します。毎週日曜日の礼拝は欠かさない、という人はもちろんの事、いつもは忙しくてなかなか礼拝には顔を出せないけれど、、、という人も、この時期、通常よりも頻繁に行われるミサには参列する、という人も少なくありません。

日本では「クリスマス」と呼ばれますが、イタリアでは「Natale(ナターレ)」。Nascere(ナッシェレ)=生まれる、という動詞から派生した「誕生の、出生の」という意味の言葉です。そこからも分かるように、Nataleはキリストの誕生をお祝いする宗教行事。25日を迎える瞬間(0時)は教会は人で溢れます。

そして教会にはプレゼピオと呼ばれる、キリスト誕生のシーンを再現したジオラマが飾られます。

e0335287_19435752.jpg


e0335287_19451683.jpg


e0335287_19464411.jpg


e0335287_19575246.jpg


棒がバシバシ動いていました(笑)

e0335287_2023549.jpg


朝、昼、夜、、、と照明が変わっていきます。雷が鳴って雨も降ったり、、、とかなり凝ってます。

そしてキリストの生誕シーン。

e0335287_19481443.jpg


キリストは25日になって生誕してから置かれることが多いのですが、ここの教会ではもう既に置かれていました。

イタリアではクリスマスツリーよりもこのプレゼピオが伝統で、家にこだわりのプレゼピオを作っている人も少なくありません。

クリスマスってイルミネーションを楽しんだり(トラーパニにはありませんがー。)、プレゼントを交換したり、なんだかワクワクするイベントであることは確かですが、宗教感溢れる伝統的なしっとりとしたNataleをみると、あ~やっぱりイタリアだな~、、、とちょっとホッとした気分になりました。

イタリアでは25日はナターレで祝日、そして26日も祝日。27日が土曜日で28日まで4連休となります。今年はC氏も私もなにかと忙しかった12月。クリスマスシーズン、どこの街にも出かけていないので、お休みの間に近くの街でも散歩しに行ってこようかな♪
by latavolasiciliana | 2014-12-23 20:03 | トラーパニの風景 | Comments(6)
e0335287_1812083.jpg


シチリアに戻ってきてから初の日曜日。恒例のマンマの日曜日ごはんを食べに行きました。

「これからクリスマスシーズンでたくさん食べるから、今日は軽めにブロードのパスタにしたわ」

と言っていたマンマ。

牛肉や鶏肉でじっくりと取ったブロードで短いパスタを茹でるこのパスタ。軽いといえば軽いけれど、、、その後に続くセコンドもこれまた肉、、、決して軽くはありませんが、クリスマスシーズンのお食べ地獄に比べれば確かに軽いかも(笑)

このシーズンはいつも誰かがドルチェを持ってくるのですが、マンマは今年もトラーパニ伝統のクリスマスのお菓子「イチジクのビスコッティ」を作りました。

このビスコッティを作るため、マンマは夏にドミンゴ家の庭にたわわに成るイチジクを干して、ドライいちじくを作っておきます。それをこの季節まで保存して、シーズン中に食べる分の大量のビスコッティを1日かけて作るのです。

昔は甘いものはお祝い事の時だけに食べる特別なもの。太陽の恵みのドライいちじくを、クリスマスのお祝いまで保存していたのです。

キリスト教国家でない日本でのクリスマスは恋人の祭典のような感じですが、ここイタリアではクリスマスは宗教行事。キリストの生誕を祝うお祝いです。マンマ世代はやはり昔の伝統をきっちりと引き継ぎ、この季節ならではのお菓子を作るのです。

日本から戻ってきたら既にクリスマスシーズンに突入していた今年。イマイチ自分の中では盛り上がっていなかったのですが、このビスコッティを見たら急にクリスマスだな~、という気分になり。

あと数日で今年もお食べ地獄が待っています、、、、(笑)
by latavolasiciliana | 2014-12-22 18:25 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(6)
e0335287_2494755.jpg


巨大スフィンクスに続いてびっくりした事、、、な、なんと!トラーパニの旧市街の入り口に、遊園地が出来てた。。。っ!

イタリアの街では、クリスマスやパスクワ(復活祭)のお祭りとなると、街に遊園地が登場!って話は良くあるのですが、それは大体、大きな広場や駐車場に設置されます。

が、トラーパニ。。。。

なんと、車道を封鎖しての遊園地設置!(驚!)

ちょっと引いて見てみるとこんな感じで。

e0335287_2541515.jpg


正確な場所はどこかというと、新市街の入り口と旧市街の入り口の中間にある巨大駐車場Piazza Vittorio、、、ではなく、その前の車道。上の写真は2枚とも旧市街サイドから撮っています。

なんと大胆だわ~。

でもなんだか、昔のデパートの屋上を彷彿させる懐かしい感じの乗り物がたくさん!

e0335287_302387.jpg


ちっちゃい子供達が楽しんで乗っていました。

e0335287_33195.jpg


ゴーカート!これも懐かしい~~~。

e0335287_351516.jpg


ビヨーン、ビヨーン、とジャンプ!これ、結構楽しそう(笑)

e0335287_364272.jpg


楽しんでいる大人もいます。

e0335287_310210.jpg


これ!すごいスピードにて、写真がブレちゃってほとんどわかりませんが、ロープに繋がれた椅子がすごい勢いで回転する、、、ちょっと楽しそう!右端の人、前の人の椅子を掴んでいます!でも、すんごい近いんですよ、見ている人との距離が、、、(汗)本当に目の前でフルスピードで回転!楽しそうですがちょっと怖くもありました(汗)

e0335287_3143214.jpg


これも派手だな~。デパート屋上のコーヒーカップ(って分かります??)を思い出しました(笑)

いやいや、本当に驚いた遊園地登場!ちょっと離れてみるとこんな感じで。。。

e0335287_317015.jpg


本当に不思議な感じ。。。何せ車道ですからね。。。(笑)

一体どこに向かっているのかトラーパニ、という感じもしますが、乗り物に乗っている子供達は大喜びっ!そりゃそうよね。。。。(笑)

気が付いてみれば、今週はもうクリスマスウィーク。

皆さんもステキなクリスマスをお過ごしくださいね☆
by latavolasiciliana | 2014-12-22 03:28 | トラーパニの風景 | Comments(0)
火曜日にシチリアに戻ってきましたが、約2週間、ビッチリの予定で駆け抜けた日本滞在、、、水・木と少しゆっくりしながらパソコン仕事に明け暮れ。金曜日はやはり疲れが溜まったのか、1日ぐっすりと寝てしまった私(笑)そんなこんなでクリスマスシーズンのトラーパニの街へ初めて繰り出した土曜日の夜。

長年、トラーパニの修復と繁栄に尽力してきた市長がおととし満期にて退任。去年から変わった市長は、トラーパニ繁栄のための裏に溜まっていた巨額の負債の返済のため、なんと!イタリア名物?クリスマスのイルミネーションを点灯させない方向に(涙)ということで、昨年から消え去ったクリスマスの街のイルミネーションは今年も灯らず、、、(ガックリ)寂しいな~、、、、と思いつつ、街を散歩していると。

むむ??な、何これ!?!?!?!?!?

e0335287_1844256.jpg


トラーパニ旧市街の目抜き通りの交差点に現れた巨大スフィンクス、、、しかも白(汗)

なんなんだろう、これ、、、、、(汗)

更に逆側からみてもスフィンクス、、、。

e0335287_18471189.jpg


両面スフィンクス!衝撃的!!

12月8日のクリスマスシーズン到来からここに存在していたらしいスフィンクス。街の人達はもう見慣れてしまったせいか、驚く人も写真を撮る人もいませんでしたが、個人的には相当驚いた!

おととしまで市庁舎の前に毎年飾られていたクリスマスツリー。去年はなーんも登場しませんでしたが、今年はこんなツリーが、、、、(汗)

e0335287_18492687.jpg


わっ!ちょっと怖い、、、、(汗)

なんでもこれ、現代アートらしく。街中にはこんなものも飾られていました。

e0335287_18505068.jpg


しかし、どうしてしまったのかトラーパニ、、、。現市長の方向性にちょっと疑問を持ってしまった私でした。

ま~、唯一の救いは、イルミネーションがなくても、たくさんの街の人達がそぞろ歩きをしていたこと。去年、イルミネーションがなくなったときには、

「これじゃ、街を散歩する楽しみもないよね~」

と、多くの人が口を揃えて言っていて、実際、そぞろ歩きする人達も少なかったように思います。2年目ともなるとやっぱりそれにも慣れて来るのか、、、。でもやっぱりスフィンクスよりも、イルミネーションが欲しいと思う私でありました。

さて、今年のトラーパニの街、もうひとつ異変が!

それは次回のエントリーにて~。
by latavolasiciliana | 2014-12-21 18:51 | トラーパニの風景 | Comments(0)
約2週間の日本滞在を終えて、シチリアに戻ってきました!

今回のREIの料理教室 in JAPANのテーマは「パンテッレリアの島ごはん」でした。

パンテッレリア島、、、と言ってもピンと来ない方も多いはず。なので、まずは写真を見ながら、パンテッレリア島の文化や特徴、そしてどんなものが生産されているかをじっくりと説明。

e0335287_17113949.jpg


日本ではほとんど得ることができない(であろう)パンテッレリア島の情報。皆さん、興味深く聞いてくださるので思わず1時間も喋ってしまいました(笑)

続いてデモンストレーション。

e0335287_17154179.jpg


デモンストレーションでは様々な料理が美味しく作れるコツをご紹介。ちょっとしたコツを覚えれば、美味しく作れるのが魅力のシチリア料理♪

e0335287_1719571.jpg


今回、野菜はほとんどを熊本からお取り寄せ。熊本ってどことなくシチリアと似ていて、野菜を始め食材も味が濃くて美味しい。シチリア料理を作るにはとっても適した食材です。そして、シチリアから持っていける食材は、もちろんシチリアから。

さてさて、お話、そしてデモンストレーションと、たっぷりとパンテッレリア島をお勉強していただいた後は、やっぱり一番のお楽しみの食事タイム!

今回、デモンストレーションで作り方をお店したのは4品でしたが、レシピをお渡しして実際に召し上がっていただいたのは7品。ですが、、、ほとんど写真が残っていません(笑)どなたか、写真をお持ちの方、メールで送ってください~。

e0335287_17272265.jpg


今回は日本未輸入のパンテッレリア島の島ワイン2種類と食事を楽しんでいただきました。

「美味しい~~~っ!」

という声が聞こえてくるこの時間、、、あ~、幸せ♪ 私がもっとも嬉しい!と思える瞬間です♪

さて、今回、ほとんど写真が残っていない中、何故かたくさんあったのがドルチェの写真。

e0335287_1730254.jpg


料理教室で作った小さなカップケーキ”パスティッチョッティ”、そして繊細な細工があまりにも美しいムスタッツォーリ、そしてシチリアファンなら垂涎の、、、ジビッボ種の干しブドウ!日本ではほとんど入手することが不可能であろうこの3品、、、それを私の親友作のシチリアマヨルカ焼きのお皿に盛った、というTHE PANTELLERIA!な一皿。

カワイイッ!と自画自賛(笑) あまりにもフォトジェニックだったのでたくさん撮ってしまったのかも(笑)

それを、パンテッレリアの農民から分けていただいたパッシートと一緒にお楽しみいただきました♪

e0335287_17342347.jpg


農民パッシート、とっても美味なのですが、日本で味わうパッシートとはちょっと違い、、、美味しいとか美味しくない、とかそういう事ではなく、まず日本では味わうことが出来ないお味かと。何が違うって?それは参加いただいた方のみの秘密です(笑)

パッシートのみならず、日本で伝わっていることと現地での解釈って、微妙に違うことがあったり。そんな事も料理教室でお伝えできたらな~、と思っています。

私の料理教室では、日本で手に入る食材を使いつつ、美味しくできる料理とその作り方のポイントを覚えていただく事、そしてその料理でたくさんの方が笑顔になれること、、、それが一番の目標。でも、日本で味わうことができない現地の味を少しだけですが楽しんでいただくのも、私の料理教室ならではの魅力だと思っています☆

皆さんに、おうちに帰ったらすぐに実践していただけるよう、少しですがパンテッレリア食材を販売させていただきました。

e0335287_1752556.jpg


最後にとある回での記念撮影。

e0335287_17432346.jpg


皆さんとってもステキな笑顔☆ (※写真は皆様の承諾をいただいて掲載しております。)

2日にかけて全4回、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました! 私も皆さんと楽しい時間を一緒に過ごすことが出来ました。今回、ご都合が悪く、「参加できません~」とご連絡をいただいた皆様、また次の機会にお目にかかれることを楽しみにしています!

「旅するシチリア料理」のシリーズの初レッスンとなった今回の料理教室。さて、次回の料理教室ではどこを旅していただこうかな??来年の春を予定していますので、乞うご期待!

☆生徒さんがレポしてくださいました。
料理の写真はこちらから♪ ↓↓↓

Casa del Sole
Eat and Run!
by latavolasiciliana | 2014-12-18 17:46 | 日本での活動 | Comments(4)
ここのところ、日曜日が忙しく、、、今月初めて行ったマンマの日曜日ごはん。って、もう11月30日(笑)

今日のごはんはポルペッテのパスタ。

e0335287_32767.jpg


マンマのポルペッテは何故か美味しい。私もほぼ同じレシピで作るんだけど、、、なんか違うんだよな~。まぁ、自分のは自分なりに美味しいと思っているからいいんですけど(笑)

セコンドは牛肉&鶏肉のグリルと畑の野菜の新鮮サラダ。

e0335287_3292133.jpg


ポルペッテに焼肉、肉 on 肉です。

食後には、焼き栗、フルーツ、マンマの娘のお手製オレンジのタルト(美味しかった!)、、、今日も満腹っ!焼き栗ってデザートと同じ位置づけで出てくるんですよね、いつも。なんとなく不思議な感じ。

先週はクスクスだったにも関わらず、自分の仕事があって家で黙々と仕事をし、、、(涙)C氏がお持ち帰りしてくれて、翌日たんまり食べましたけどね(笑)

久しぶりにちょっとリラックスした日曜日でした。

食後は、こちらも久しぶりの畑散策。

e0335287_3352457.jpg


そろそろ熟してきたタロッコという名の赤オレンジ。でも十分に熟すのは1月以降。今年は暖かいが故に、柑橘系がなかなか熟しません。今日もアフリカからの風、シロッコが吹いて27度まで上がっちゃったし。

おまけに雨がまだまだ降らないトラーパニ、、、。冬野菜の苗もなかなか植えられず、でしたが、さすがにもう11月末。

e0335287_3435030.jpg


フィノッキオ(フェンネル)も、

e0335287_3451370.jpg


ブロッコロ、という名のカリフラワーも植わっていました。

今年、6月以降、まとも雨が降った日は数えるくらいしかありません。そしてどうやらシロッコ当たり年らしく、いつも南風が吹いていて、気温が高い。だから、いつもなら今の時期はいなくなるハエもまだブンブンいて、オレンジに穴を開けちゃったり。農作物が大変な年となりました。

e0335287_34917.jpg


まだまだ柔らかそうなホウレン草♪

e0335287_3501957.jpg


真夏以外、ほぼ通年植えてあるネギ。

e0335287_3515640.jpg


ようやくカルチョーフィも出てきました。カルチョーフィって毎年同じ場所に出てくるんです。これは春に収穫。あと4~5ヶ月待たねばなりません。

おっ!小さな秋発見っ!

e0335287_3545066.jpg


柿の葉が微妙に紅葉していました。27度の南風の中で、ちょびっと秋を感じられた一瞬(笑)

さて、今週、日本に向けて出発しますっ!今、準備に大わらわですが、忘れ物のないよう、万全の準備をして出発したいと思います!日本では東京での料理教室が2日に渡って4回、熊本でオリーブオイルイベント、そして東京に戻ってきたらもう1回料理教室、、、ご参加いただける皆様、お会いできることを楽しみにしていますねっ♪
by latavolasiciliana | 2014-12-01 03:58 | 畑の四季折々 | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana