<   2014年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

雲の上の街 エリチェ

e0335287_1111539.jpg


久しぶりにいったエリチェは雲の上。

トラーパニ近くの山の上の街エリチェ。その頂上からの風景は絶景!と言わんばかりに広がる大海原、、、はなずなのですが、昨日は雲が発生していました。そして私達がいるのは雲の上。

こんな風景を見ると夏も後半戦だな~、、、と感じます。

でも来週はもう9月。でも、まだまだ続くシチリアの夏。
by latavolasiciliana | 2014-08-30 01:14 | シチリア散策♪ | Comments(2)
e0335287_15471859.jpg


先日、久しぶりにシニョーラ マリアリータの料理教室が開催されました。

パレルモ空港に程近いところにあるマリアリータのVilla(ヴィッラ)の敷地はとても広く、、、。敷地内にはなんとこんなプールもあります。

e0335287_15492745.jpg


一般宅にこのプール、、、、すごい(笑)

パレルモ生まれのパレルモ育ち、生粋のパレルミターナな彼女が教えてくれる料理はもちろん「パレルモ料理」。シチリア料理と一言で言っても、街によってそれぞれの特徴があるのがシチリア料理の面白いところ。トラーパニとパレルモ、たったの100kmの距離ですが違うんです。(それを言うなら30kmしか離れていないトラーパニとマルサラでも結構違いがあるんですけどね)

レッスンはマリアリータが目利きで選んできた新鮮素材を使って行われます。素材を実際に見て触って香りをかいで、、、、参加型のレッスンです。

e0335287_1603854.jpg


バジル、イタリアンパセリ、ローリエなどレッスン中に使うハーブはお庭から♪

マリアリータの料理はひとつひとつの工程がとても丁寧。料理が美味しくなる小さなコツが満載!

さて、この日のレッスンのメニューです。

※イワシのアッリングアーテ

e0335287_1681919.jpg


※野菜とマグロのカラスミのパスタ

e0335287_1695324.jpg


※ピーマンのたっぷり詰め物オーブン焼き

e0335287_1611290.jpg


ふう、、、、お腹いっぱい、、、、っ!ごちそうさまでしたっ♪

生徒さん2人はこの後、軽く昼寝をしてzzz、、、夕方からプールでのんびり楽しんでいらっしゃいました♪

マリアリータの料理教室は今年の新プラン「シニョーラ マリアリータ宅ホームステイ3泊4日」で体験することができます。

料理教室のみならず、ウェルカムディナー、アペリティーヴォで、マリアリータの家庭料理を楽しむこともでき、観光、空港送迎も料金に含まれたお得なプラン☆ マンマの料理を味わいたい!という方には最適です♪ プランは皆さんのご都合に合わせて日程をアレンジすることができます。シチリアは10月まで比較的温暖な気候が続きます。食欲の秋はマリアリータの家庭料理を堪能してみませんか?

詳細は下記URLをご覧ください。
「シニョーラ マリアリータ宅ホームステイ3泊4日」
http://tavola-siciliana.com/set_plan/maria.html
by latavolasiciliana | 2014-08-27 16:03 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)
FBをご覧の方はご存知かと思いますが、、、、この1週間、カフェイン(つまりカッフェ)と白砂糖を使ったお菓子を絶ってみました。

きっかけはちょっとひどくなっていた指と頭の湿疹。生後3ヶ月に発症、、、という生粋のアトピッ子の私は、1年に1回くらい謎の湿疹に悩まされるのです。今、湿疹が出てくるの指と頭皮。出てくる理由と去っていく理由はいまだに不明。

イタリアでは「アトピー性皮膚炎」という言葉はすごくマイナー。皮膚科医以外のほとんどの人は知りません。それが故に、

「ストレスが原因よ。」

と言われてそれでおしまい。確かにストレスが過度にかかったり、過労になった後に出てくることも多いですが、そもそもストレスなく生活することなんて不可能。先日は「リラックスしすぎてもそれもアトピー悪化の原因に」、という記事を読みました。ストレスがかかりすぎず、リラックスもしすぎず、適度に働き適度な緊張感を持った生活、、、なかなか難しいですよね。というか、ほぼ不可能です。

ほんの5年前くらいまでは、私も結構強めのステロイド軟膏を使っていたのですが、それもついに効かなくなり。ある時を境にスパっと辞めました。その後は、湿疹が出てきたら出てきたでそのまま放置、、、自然に引いていくまで待つ、という感じです。幸い私の場合、顔や見えるところにひどく出てこず、それで耐えられるくらいの湿疹なので、、、。(人から見たら結構ひどいのかも知れませんが、一生付き合っているのでもう慣れっこ)

今年の湿疹が出てきたのは確か6月終わり頃。今までにも色々な人体実験をしてきましたが、今回ちょっと思うところあって試みよう!と思ったのが、カフェインと白砂糖絶ち。アトピッ子には、カフェインやカカオなどの刺激物、白砂糖、アルコールetc....よくないとされるものがたくさんありますが、どれもこれも私が好きなものばかり~(涙)人生の中から全部抜いてしまったら、どれだけ食べる楽しみが減ってしまうことか、、、でも摂取を制限したほうがいいことは確実で。「一生ダメ!」と思ったら絶対に始められないので、まずは1週間、、、という期間限定で、と思って始めたのが先週の火曜日。今日でちょうど1週間が経ちました。

結果、湿疹が快方に向かったか、、、と言われると、向いたような向かないような。始める前よりは治まりましたが、先週は指先を使う機会が少なかったりと、他の要因も考えられるし。はっきりとした効果はやっぱり1週間じゃ分からず。

でもそれよりも何よりも、びっくりしたのは体の変化。頭痛、ダルダル感、睡魔、、、、おそらくカフェインや砂糖を辞めたからだ、、、と思われる症状が次々に。ひょ~。特に2日目~4日目はひどかった。あまりにダルいけど、外を歩けばちょっと気が晴れるかな?と思って散歩に出たのですが、15分くらい歩いて目的地に達することなくUターン。雲の上をフワフワ歩いている感じで、軽く意識が遠のき、、、おお、危険!食事をすれば睡魔に襲われるし、、、低血糖症か?症状は日を追うごとに少しずつ軽くはなりましたが、数日間はすごく体調悪かったです。

私の甘い物好きは近々の人には有名?な話ですフェもイタリア生活で知らない間に相当摂取していたんでしょうね~。日常生活を送るのが難しいほど体調不良だった先週。そうそう、食欲もすごく出てきちゃって。一気に体重増加!(苦笑)ダイエットとして始めたわけではなかったので、食事は普通に取っていましたが、いつも以上に食べていました。

体ってすごい!と思ったこの1週間。

シチリアに移り住んで以来、「食と健康」は今までもずっと考えてきた私の一生のテーマでもあるのですが、今回の人体実験をもって改めて食と人間の体って密接に関わっているのだな~、と体で感じました。

色々な食べ方が提唱されているけれど、人は個体差があるからどういう食べ方が絶対的に良い!と言い切ることはすごく難しいと思います。「旬のものを美味しく」、、、が基本ですが、その食材をどうやって食べるのか、どういう時に食べるのか、私も自分に合った食べ方を色々と人体実験しながら見つけて行きたいな、と思います。

そういうえば1週間経った今日、なんだか体がスキッ!とした感じがします。中毒から脱したかな?

目標の1週間を過ぎたところで、明日からはまぁ、一応カッフェも白砂糖も解禁、、、な訳ですが。中毒症状は出たものの、それでもカッフェが飲みたい~っ!とか、お菓子が食べたい~っ!という欲求は意外と出てこなくって。まぁ、できるものならユルい感じでこのまま続けてみようかな?と。カッフェは飲みたくなったらデカフェナートというカフェイン抜きのカッフェもあるし。そして、ハチミツとか天然の甘味料を使った白砂糖を使わないお菓子作りにでも励んでみようかな?

人体実験はまだまだ続きます(笑)
by latavolasiciliana | 2014-08-26 15:53 | REIのシチリア日記 | Comments(2)

真夏の教会コンサート

e0335287_22335198.jpg


バカンスシーズンも真っ盛りの先週末。街をぷらぷらしていたらどこかから美しいピアノの音色と迫力のある歌声が聞こえてきました。

どこだどこだ??と音伝いに歩いていくと、たどり着いたのは普段はほぼ閉まっている小さな教会。中を覗いてみると、、、

わっ!すごい熱気!

ロシアから来たという若手のオペラ歌手がコンサートを行っていました。入場料は無料。早い者勝ちで席に座っていた人もいましたが、その後ろにはたくさんの立ち見。小さな教会なので人の熱気がムンムン、、、暑い!そして小さな教会の中で響く歌声はそれはそれは迫力があり、思わず暑さも忘れて聞き入ってしまいました。

イタリアでは教会での無料コンサートは珍しい事ではなく。もちろんチケットを買って行くオペラやコンサートも素晴らしいのですが、こうして街中で様々な文化が体験できるのはイタリアの素晴らしい一面だと思います。イタリアの子供たちは数百年前に作られた建物を身近で感じながら、こうして街中で生演奏を何気なく聞きながら育ち。

やっぱりここは芸術の国なのだな~、と感じたのでした。トラーパニでももっと頻繁にやってくれたら嬉しいな♪
by latavolasiciliana | 2014-08-21 22:44 | トラーパニの風景 | Comments(0)
先日、マンマのおうちで料理教室をやっていたときのこと、、、、

カラン、カラン、カラン、カラン、、、

という鈴の音に続き、

ワンワンワンワン!

と吠える犬の声、、、、お、これは!と思って外に出てみると、、、

e0335287_2219467.jpg


やっぱり、、、羊の群れだ~~~!

と思ったら、あれ?あれれ??

e0335287_2225357.jpg


山羊だった(汗)

このクルンと角がねじれた山羊、シチリアに古くから伝わる山羊らしく、でももう数が減ってきてる、、、って聞いたことあるけれど、いるじゃないの、こんなにたくさん。

羊の群れはしょっちゅう見るシチリアですが、山羊の群れってあんまり見ない。「群」って漢字は「君は羊」って書く、でも山羊は「山の羊」。ということはやっぱり集団で行動するのね、山羊も。

e0335287_22323772.jpg


道路にたくさんの落し物(笑)をして立ち去っていった山羊の群れ、、、犬もきちんと山羊を追いつつ働いていました。

こんな和やかな風景がまだまだ日常的に見ることができるシチリアです。
by latavolasiciliana | 2014-08-20 22:34 | 田舎を散歩♪ | Comments(0)

塩の収穫 2014

e0335287_1144356.jpg


7月下旬から始まった塩の収穫も最盛期を迎えています。

トラーパニから街を出てすぐの国道沿いに広がる塩田。マルサラに程近い塩田Ettore e Infersa(エットーレ エ インフェルサ)では、手摘みの塩の収穫を見ることができます。

手摘み、、、と言っても実際に収穫するのはスコップ。キッラキラの真っ白なクリスタルを真っ黒に日焼けした男たちがスコップで小さな山を作り、それを手押し車に乗せて大きな山を作っていく姿はずっと見ていても飽きません。トラーパニに住み始めてからというもの、毎年この風景を見ているわけですが、それでも飽きないこの風景。それはここでの塩作りが数千年も前から続く伝統だからか、それともシチリアの炎天下の中での作業があまりにも大変そうだからか、、、、それともクリスタルが真っ白で美しいから?

まだまだ続くシチリアの夏。今年はいつまで塩の収穫風景を見れるかな?
by latavolasiciliana | 2014-08-19 01:25 | シチリアの旬色々 | Comments(0)

シチリアの夏の保存食

e0335287_16513784.jpg


トマト、茄子、イチジク、プラム、、、夏は色々な野菜や果物がたわわに実るシチリア。この大地の恵みを年中美味しくいただけるように、夏は保存食を作るシチリア。

先日、料理教室でドミンゴ家に行ったらパパの納屋に今年のトマトがぶら下がっていました。比較的空気が乾燥しているシチリアでは、皮がちょっと厚めのトマトをこうして糸にひっかけて天井にぶら下げます。不思議なことにこれが冬まで、、、うまくいけば春ごろまで、持つのです。マンマは冬に肉のブロードを取る時は、必ずこのトマトを使います。冬のトマトは温室栽培。夏のシチリアの太陽をたっくさん浴びたトマトとの味の違いは歴然ですから、、、。

e0335287_16585422.jpg


庭にはマンマが作っている干しイチジク。これはクリスマス時期になると作るイチジクのビスコッティのための大切な材料。これも夏の甘みがたっぷりある果物を冬まで持ち越して、クリスマスのご馳走時期に、、、という昔の習慣です。

すっかりおなじみのトマトソース大作戦も既に行われていますが、今年はまだ参加していない、、、次回はお手伝い(ほとんど手伝いにはなってないけど)に行ってくるかな?

こうして季節の美味しい食材を他の季節に楽しむための保存食。季節の風物詩みたいで見ているだけでも楽しいもの。


私は今年はカポナータ大作戦を行う予定。夏野菜は今が大量に採れる時期。今週あたり作ろうかな?
by latavolasiciliana | 2014-08-18 17:08 | シチリアの旬色々 | Comments(0)
e0335287_23264054.jpg


お盆前の5日間、「料理教室三昧!シチリアマンマに料理を習おう!4泊5日」が開催されました。3名の女子がご参加くださり、楽しい楽しい5日間となりました。

「料理がたくさん習いたい!」というお客様の要望から生まれたこのプラン。通常は、料理のみならず色々なことも体験していただきたい、、、と料理教室は2回程度なのですが、このプランはマンマの料理教室2日、私の料理教室2日、合計4日間を短期間に詰め込みました。マンマの料理教室ではガッツリと時間をかけて丁寧に作るシチリア伝統料理、一方私の料理教室はチャチャっと作れて日常の食卓に大活躍!なシチリア伝統料理の数々をレッスンメニューに取り入れました。

e0335287_23323211.jpg


4日間ギューギュー詰めのプランで、来てくださった生徒さんも私も忙しかったけれど、とにかく楽しい4日間でした!

プランでは塩田やマルサラワインの工場見学ははずせないのですが、いつも行くマルサラワインの「フローリオ」、また今回も驚かされました、それは、、、

e0335287_23384040.jpg


海に面するテラスでの試飲タイム!
このためにここのテラスを改装したそうです、、、すごすぎ(汗)確かにこの時期、観光気分でやってくる人が多いフローリオ。海も大好き!ワインも大好き!というバカンス客にとってはこんなテラスで海を眺めながらの試飲は最高ですよね~。普段はマルサラを試飲するのですが、この日はまずはアペリティーヴォから。白と赤、キンキンに冷えたワインが提供されました。

e0335287_23432826.jpg


いつもは朝に見学するフローリオですが、今回のプランはギューギュー詰めプランだった&今の時期だけ夕方の見学時間が設けられてた、ということで時間を変更して夕方の部に参加。まずはたっぷりとフローリオでアペリティーヴォ&試飲を楽しんだ後は、マルサラの街で飲み比べ。

e0335287_2346819.jpg


写真4種はマルサラDOP3種と、アーモンド風味のマルサラ。並べてみると色も全く違うでしょ?

皆さんと一緒にすっかり私も夏のシチリアを満喫してしまいました(笑)

初めてご参加してくださった生徒さんが、マンマの家にて言った一言。

「自分達で野菜を育てて、季節の野菜を料理して、、、夏にはトマトソースを、秋にはオリーブオイルを作る、、、、彼らにとっては全てが普通のことで、季節と旬を感じながら無理することなく、自然と共存している。レシピもこうしたら美味しいかも?と思うことを少しずつ試してみて、常に改良しながら伝統料理を伝えていく、そんなマンマ達の暮らしが本当に素敵☆」

この言葉、実は私もマンマ達の生活を見たときに本当に全く同じことを思ったのです。50年前、マンマ達が結婚したときとスタイルは変わらないのかも知れないけれど、新しいことは時代とともに取り入れていく。でも大切な生活の軸を大きくは崩さない。伝統料理だって時代とともに少しずつレシピは変わっていくもの。それは我々を取り巻く環境が変わってくるから。こだわるところはこだわり、でも少しずつ新たな文明も取り入れていく柔軟性のあるその生活が、東京の雑踏から来た私にはとっても眩しく見えたことを思い出しました。

日本からやってくるお客様はいつも私に大切なことを思い出させてくれるのです。ありがとうございます♪

すごく楽しかった4日間が終わり、私もちょっと抜け殻チックになったここ数日間(笑)

来年もお盆前後に料理合宿を開催したいと思うので、参加したい!という方、まだまだ先の話ですがご連絡ください。一緒にプランを作って行きましょう!

--

さて、話しは変わって、、、ちょっと遅い夏休みをお考えの方、是非シチリアで美食の旅を楽しみませんか?

● 9月20日~ トラーパニステイ3泊4日&5泊6日ベーシックプラン
● 9月26日~ 東シチリア周遊 究極の美食とシチリア陶器を巡る旅 5泊6日
●10月11日~ ドンナフランカ シチリア食文化探求コース6泊7日

予約はまだまだ受付中です!いずれのプランも、わたくしREIが全日サポートしますので、イタリア語が話せない方でもご安心してご参加いただけます。

9月&10月のシチリアはまだまだ夏気分!ちょっと遅い夏休みをシチリアで過ごしませんか?
詳しくはこちらをご覧ください↓↓↓

■ラ ターボラ シチリアーナ■
~シチリア美食の旅をコーディネート~
tavola-siciliana.com
by latavolasiciliana | 2014-08-18 00:05 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)
e0335287_1552775.jpg


8月15日はFerragosto(フェッラゴスト)。イタリアでは祝日。日本語では「聖母被昇天の祝日」と呼ばれことからも分かるように、キリスト教の祝日にあたります。

日本でお盆が夏休みのピークとなるのと同じく、イタリアでもフェッラゴストのある週の前後がバカンスのピーク。大都市では人がいなくなってゴーストタウン、、、なんて話を聞きますが、そのいなくなった人達が行く先のひとつとして人気なのがシチリア。ということで、現在トラーパニの街も大賑わい!8月に入ってからずっと、旧市街は毎日が土曜日か?と思うぐらい夜遅くまで音楽が鳴り響いています。

今週末は私もお休み♪ 夏のトラーパニを満喫します!
by latavolasiciliana | 2014-08-16 15:52 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_1815066.jpg


暑中お見舞い、、、と思ったら、もう既に立秋を過ぎていて。暑い暑い日本の夏をお過ごしの皆様、残暑お見舞い申しあげます。

通常なら私も

「暑い!暑い!」

と、騒いでいる時期ですが、、、今年はなんと過ごしやすいシチリアの夏♪

北部では大雨が降ったりしているようですが、ここシチリアはもうかれこれ1ヶ月以上、天気が大きく崩れることもなく、気温もシチリアにしては低めの30度ちょいあたりの晴天な日々が続いています。今年はクーラーを付ける時間も本当に少ない、体にも優しいシチリアの夏です♪今年、シチリアに来た方はラッキーかも??

7月下旬~8月にかけて、ちょうどよいペースお客様がいらっしゃっていて。体が疲れすぎることもなく、楽しく充実した日々を送っています。今日の夜からまたお客様が来トラーパニ。8月は毎年いらっしゃるヘビーなリピータさん達とお会いできるのも楽しくって♪

最近の私は「食べることと健康」ということにすごく興味があって。なるべく生産者の顔が見える旬の素材を使って楽しく料理し、楽しく食べる、というのが基本なわけですが、なぜその季節にその食材を食べるのか、どうやったら自分の体調に合わせた食生活を送れるのか、、、そんなことにすごく興味を感じます。

「食べること以上の最良の薬はない」

そんな言葉を、シチリアにきてから何度となくききました。私も本当に同感。でも、それは自分に合った正しい食べ方をすれば、の話で、、、。

一時期、ベジタリアンなんかも考えたのですが、何せ食材を排除することがすっごく苦手な私。どんな食べ物でも、自分の体調と照らし合わせ、適した形で食べればよいのでは?と思う気持ちのほうが強くって。(つまりどんなものでも食べたい、、、というただの食いしん坊なのです・笑)

そんな勉強も独学&人体実験(自分の体で)でチョコチョコしていこうかな~、、、なんて思った2014年の夏でした。

今年は早々にパンテッレリア島でバカンスを楽しんでしまったので、もはや夏も終盤、、、という感じの私。実際にはこれからまだまだ続くんですけどね、、、。写真はおとといに行ったサンビート ロ カーポの小さな入り江。サンビート、ただいま砂浜ゾーンは恐ろしい人ごみにて近づけないため、ちょっと離れた小さな入り江でノンビリ泳ぎました。岩場だけど、ちょっと海の中には入れば底は砂。なのでこんな美しい色の海が楽しめるのです。この日はこの入り江、波が全くなくてまるで天然のプールみたいで❤こんな海が近くにあるなら、わざわざバカンスなんか行かなくてもいいんじゃない?なんて思ったりもしてみました。

さて、今日から5日間は料理教室三昧!暑さに負けずにがんばるぞ~!
by latavolasiciliana | 2014-08-09 18:24 | ご挨拶 | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana