<   2014年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

春うらら

e0335287_17281972.jpg


すっかり春が訪れたトラーパニ。
街のバールでおしゃべりしていたおじいちゃん達も、海辺に移動。
すぐに夏がやってきてしまう束の間の春を満喫中。

春うらら。
by latavolasiciliana | 2014-03-28 17:31 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_2359495.jpg


先週末からトラーパニにお客様がいらしてました。

今回のお客様は、おばあちゃま、お母様、娘さん、、、と母子3代の女子旅行。「おばあちゃまのために無理の無い旅を、、、」とのご希望だったのですが、そのおばあちゃま、時差ボケもあまりなくてお元気でビックリ!とにかく楽しい楽しい4日間をご一緒させていただきました。

旅を企画したのは松本でお菓子教室を主宰されているお母様

「とにかくシチリアのお菓子が見たい!食べたい!」

とのご希望。短い滞在ですので、プランの中に特別「お菓子屋さん巡り」は入れませんでしたが、移動の途中や訪れた土地では意識してお菓子屋さんを見学することができるよう、そしてきちんとお菓子を食べることもできるように、時間の配分を心がけ。そこは私の腕の見せどころ(笑)この仕事も長くやっていると、どのくらいの配分でレストランの食事を盛り込んだら良いか、どのタイミングでおやつを食べたら、食事もきっちりと美味しくいただけるか、、、段々心得てくるもの。せっかくシチリアまで来ていただくのですから、やっぱり食事は美味しく召し上がっていただきたいし♪

今回は、お母様のご希望を中心に、無理なく、そして美味しく旅ができるよう、コーディネートさせていただきました。

ラ ターボラ シチリアーナでは去年からこちらでプランと日程をご提案して、そこにご参加していただくシステムにしました。でも、3人以上でのお申し込みでしたら、皆様のご希望をお聞きしつつ、お好きな日程でプランを開催することが可能なのはご存知ですか?家族やお友達で旅行はもちろん、生徒さんと旅行したいな~、、、と思っている料理教室の先生、料理研修旅行を開催したいな~、、、と思っているイタリア料理店の経営者の方、是非お気軽にお問い合わせください。皆さんの欲求を満足させる「オリジナルシチリア美食の旅」をコーディネート致します♪
詳しくはこちららから。
↓↓↓
http://www.tavola-siciliana.com/watasino_sicilia/watashino_sicilia.html

上の写真は今回旅した一部です。食あり、歴史あり、観光あり、自然あり、、、やっぱりシチリアって奥が深いな~、と改めて思ったのでした。これからもたくさんの方にシチリアを楽しんでいただけるようなプランとシステムを作っていけたらな、、、と思っています♪
by latavolasiciliana | 2014-03-26 00:01 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)
e0335287_23445496.jpg


毎年毎年、、、アップしているような気もしますが(笑)3月19日はサンジュゼッペの日。飾りパンもステキですが、トラーパニでこの日に食べるお菓子といえば「スフィンチョーネ ディ サンジュゼッペ」!ちなみに南イタリア各地でスフィンチという名の揚げ菓子が食べられます。クリームが乗っているものもあれば、揚げてグラニュー糖をまぶしただけのシンプルなものもありますが、生地は揚げてあることが共通点です。

トラーパニのスフィンチョーネ ディ サンジュゼッペは揚げシュー生地にチョコレート入りのリコッタがたっぷ~~~りと乗っています。今日は近所のパスティッチェエリアで初めてスフィンチョーネを買ってみたのですが、形がマチマチでなんかかわいい♪ 写真ではその迫力が伝わらないかもしれませんが、コンビニで売っているデカシューより1回り大きいくらいで。とにかくデカイ!あまりにデカいから、、、家に持って帰って重さをを計ってみたら3つで600g。揚げシューの部分はほとんど重さがないので、1人約200gほどのリコッタを食べる計算に。

パスティッチェリアにはこのスフィンチョーネ ディ サンジュゼッペを求めて、ショーケースの前は人だかりができていましたが、今頃みんな、おなかいっぱーい!って言っているに違いない(笑)

サンジュゼッペはキリストのお父さん。それにちなんで、今日は「父の日」でもあるイタリア。。。ですが、やっぱりイマイチ盛り上がらないのは日本と一緒で(笑)母の日はそれなりに盛り上がるんですけどね。

ちなみに作り方は「シチリアの伝統菓子とマンマの手作り菓子(誠文堂新光社)」の42ページにレシピが載っています。興味ある方は試してみて下さいね♪
by latavolasiciliana | 2014-03-19 23:52 | シチリアのお菓子 | Comments(0)
3月19日はサンジュゼッペの日。サンジュゼッペ(=ヨセフ)と言えばキリストのお父さん。ということで、イタリアではこの日は父の日でもあります。

サンジュゼッペはすごく心の広い人だったといわれ。自分も決して裕福だった訳でもないのに、貧しい民に食べ物を与えてた、、、という言い伝えから、トラーパニ近辺の小さな村では、飾りパンを作る風習があります。

e0335287_2301920.jpg


モチーフは、お花、ブドウ、麦、動物、、、、自然界に存在しているもの色々。その一つ一つには豊作を祈るなどの意味があるそうです。

e0335287_2335653.jpg


1ヶ月以上も前から、村の女性陣が飾りパンを作り、男性陣がそれを飾る会場を設営します。そして、3月19日に行われるのは「Cena di San Giuseppe(チェーナ ディ サンジュゼッペ)」。直訳すれば「サンジュゼッペの夕食」という意味ですが、かつて貧しい民に食事を与えていたサンジュゼッペにちなみ、101種類の食事を作って貧しい人達に振舞う、という行事です。かつて、まだまだ貧しい民がいた頃には本当にこの日には普段ご馳走を食べることができない人達に色々な食事を振舞っていたそうですが、現在はサンジュゼッペとマリア、そしてキリストの3人を見立てて、彼らが101種類の食事を食べる、、、という風習になりました。

e0335287_23102535.jpg


昨日は3月19日ではありませんでしたが、マンマの家の近くでCena di San Giuseppeをやっているのを偶然見つけて。中に入ってみました。

おっ!やってるやってる!しかし101種類って、、、作るほうも、食べるほうも大変です。本当に皆さんお疲れ様です。

この風習はシチリア全土で行われるわけではなく、トラーパニ近隣の小さな村々や、山の中の小さな村を中心に行われています。トラーパニの街中では残念ながら見ることができません。

e0335287_23151437.jpg


まだまだキリスト教への信仰心が厚く、年間を通してキリスト教関連行事の多いシチリア。特に、キリストのお父さんサンジュゼッペ、そしてお母さんマリアへの信仰はハンパじゃありません。その証拠に、ジュゼッペ&マリアという名前が異常に多いのも特徴。私の電話にもたっくさんのジュゼッペと、たっくさんのマリアの番号が登録されています(笑)

3月19日、サンジュゼッペ当日は時間があったら他の街のパン飾りも見に行ってこよう♪
by latavolasiciliana | 2014-03-17 23:08 | シチリアのお菓子 | Comments(0)
昨日の日曜日のマンマのランチは、お庭でピッツァパーティーでした!

先週~今週にかけてマンマとC氏の姪っ子ちゃんの誕生日がやってきて。じゃー、両方一緒にお祝いしちゃえっ!という事で、マンマの娘(@姪っ子ちゃんのマンマ)のマリアピアの家の石釜にてピッツァパーティーが開催されました~。

今日のマンマ役はマリアピア。マンマの娘だけあって彼女も料理上手。

e0335287_16555879.jpg


20人くらい集まったのですが、なんと7kgの粉を練ったそうです、、、お疲れ様(汗)

e0335287_16574699.jpg


キレイに丸く整形する人もいれば、フニャフニャな人がいるのは、、、ご愛嬌(笑)

本日のピッツァイオーロはこのお方!

e0335287_16593965.jpg


マリアピアのパートナー、チッチョ。彼、本職はエノロゴ(ワイン醸造家)。でもって、家の土地を継いで野菜や果物も作り、オリーブオイルもつくり、、、そしてピッツァイオーロもできる!(笑)

e0335287_173960.jpg


美味しそうに焼けてるにゃ~♪

e0335287_175153.jpg


ほいきた!!まじおいしそ~!!

直径20cmほどのミニピッツァ出てくる出てくる!そして焼きたてのピッツァをハフハフいいながらみんなでほうばります。しかし、本当に美味しいな~❤ おとといもピッツェリアでピッツァ食べたけど、今日のピッツァのほうが数倍美味しいもん。

e0335287_17114250.jpg


作っても作っても終わらないピッツァ。なにせ7kgの粉だから、、、。

e0335287_17124565.jpg


皆が食べ終わってもまだまだ出てくる(笑)ひょ~、すごいっ!

あまりの美味しさに私も相当な量を食べてしまい、、、この後、久しぶりに食べすぎで胃が痛くなった私(涙)苦しい~、と叫んでいると、

「レイコ、ピッツァ食べた??食べてる姿、見かけなかったけど、、、」

と、何人にも言われ(汗)そりゃ、みんな、自分が食べることに夢中になってましたからね~人のことなんて見てないでしょ(笑)

e0335287_17171461.jpg


最終的にあまった生地はカブッチョを焼きました。ただのパンですが、これまた美味しく、、、。焼きたてにあちらこちらから手が伸びてました。

あ~、、、やっと終わった!と思ったのも束の間。(この時点で既に17:00!)

e0335287_17194697.jpg


庭の隅では使い終わった炭を再利用してカルチョーフィの炭火焼が、、、。これ、本当に本当に美味しいんですけどね~、、、大量にピッツァ食べてまだ間もなく、、、。

e0335287_1722916.jpg


あまりにも苦しくって食べれなかった(号泣)カルチョーフィが焼き終わると、、、

e0335287_17235291.jpg


ウソでしょ!?サルシッチャ、、、。

e0335287_17261533.jpg


「焼けたよ~」

という声と共にゾロゾロと集まってくる、、、しかもさっきのカブッチョ片手に。締めくくりはカブッチョでサルシッチャのパニーニ。

「ウマイ、ウマイ♪」

と、皆、かなりがっついてました。恐るべしシチリア人、、、。ちなみに、ピッツァのお供にチーズやオリーブなども用意されてたし、食後はフルーツもモリモリ食べてたし、2人のお誕生日会だから、ケーキも2種食べたし。その後のカルチョーフィとサルシッチャ、、、、もまた食べる能力の差を見せ付けられたのでありました(苦笑)

春が来たとはいえ、夕方になるとまだちょっと肌寒いシチリア。私は石釜や炭の近くにいつもいました。家に帰ってすぐにシャワーを浴びたのですが、今日もどことなく炭っぽい香りが漂う私、、、今朝になって写真を見つつ炭のほのかな香りをかぎつつ、カルチョーフィが食べれなかったことを今悔やんでいる私です(笑)
by latavolasiciliana | 2014-03-17 17:32 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(2)
e0335287_194514.jpg


北イタリアのほうがポカポカになったらしい今週末のイタリア。

でもね、、、シチリアの太陽の力はすごくって。同じ20度でも体感温度は確実に違います。今週末、トラーパニの最高気温は17度ですが、太陽の下で歩いていると結構汗をかくくらい。このくらいの気温が散歩をするには最適です♪

いつもきれいな海、、、というとサンビート ロ カーポばかりをアップしますが、トラーパニの海岸も実はきれい(笑)この海岸はサンジュリアーノという、街から3kmほど海岸線を走ったところにあるトラーパニ市民が通う海岸。うちから歩いて15分ほどのところにあります。

e0335287_19115545.jpg


波打ち際、水だってちゃんと透明。
波打ち際がうっすらと青いのは、赤珊瑚の破片があがってきているから。
これがまたキラキラと光ってキレイで♪

夏になるとリドと呼ばれるイタリア版海の家がズラリと並びます。一番端っこのリドはちょっと大人の雰囲気のオサレリド(笑)年に数回は私達も行きますが、そうなってくると道路から海は見えなくなっちゃうので散歩、、、という気分でもなくなっちゃう。なので、キレイな海を堪能するには今の季節が一番♪

きっともう少しすると、海岸で日焼けし始める人が出てくるんだろうな(笑)夏はもうそこかも。
by latavolasiciliana | 2014-03-16 19:22 | トラーパニの風景 | Comments(0)

シチリアのウニ

e0335287_171161.jpg


天気が良くなってきた今日この頃。トラーパニの海沿いの道には「ウニ売り」が登場するようになりました。

かつて、トラーパニの街のすぐ横の海には驚くほどたくさんのウニがいたそうです。近年、その数は少なくなったとは言え、ちょっと沖まで行って潜るとまだまだたくさんいるそうで。

ウニの季節といえば冬。でも、冬の海は荒れることが多いのでウニ師も危険を感じるのか、あまり潜りません。春になると待ってました!とばかりに潜り始めます。

シチリアのウニは日本のウニとは違い、、、

e0335287_17793.jpg


赤いのです。

日本のウニはクリーミーですが、この赤いウニは磯の香りがワ~~~っ!と口の中に広がる感じで♪ 強烈な印象ながらに美味♪

e0335287_1795684.jpg


「味見してくかい?」

と、ウニ師のおっちゃん、、、しかし、ワタクシ、ウニアレルギー!(お腹が痛くなります)残念ながら食べれません(涙)

ちなみにこれは私が今まで食べた中でいっちばん美味しかったウニのパスタ❤

e0335287_1714482.jpg


去年の夏合宿プランで、マレッティモ島にて食べました、、、え?アレルギーじゃないのって?そう、、、アレルギーなんですけどね、、、出てきた瞬間、あまりにも美味しそうで、、、思わず一口だけ食べちゃいました(笑)体調が良かったからか、ウニがあまりにも新鮮だったからか、許容量をオーバーしなかったからか、、、アレルギーもでず。(ホッ)

非常にシンプルですが、ウニの美味しさがダイレクトに味わえたこの一皿。今年も夏合宿開催します。(2014年6月22日~27日の予定です)一緒にウニのパスタを味わいに行きませんか?

海がますます青くなってきたトラーパニ。夏の到来が待ち遠しい☆彡
by latavolasiciliana | 2014-03-13 17:23 | シチリアの旬色々 | Comments(0)

La vita e' bella!

e0335287_1738074.jpg


昨日、仕事でとあるアグリツーリズモに行きました。車を運転すること約20分。9:30にアグリ到着。

オリーブ畑とオレンジ農園に囲まれるこのアグリツーリズモ、やっぱり自然の中は落ち着きます♪ 到着するや否や、

「オレンジのスプレムータいかが?あ、マンダリンがいいかしらね~♪」

と、早速スプレムータを準備してくれたシニョーラ。その後、仕事に取り掛かるまで約1時間の談笑(苦笑)

そしてやっと仕事、、、と思ったら、シラクーサからやってきたというライフスタイル アーチストなる肩書きのお方がやってきて。とってもオサレなこの男性、オリジナルの生地から洋服を作ったり、はたまた陶器、リネン類、小物、、、つまり、生活に関するものをすべて作っているアーチストらしく。なんと、中庭で販売会が始まり。

シチリア人との仕事はいつもこんな感じ。アポは午前1件、午後1件が基本です(笑)

販売会の間、私はちょっと屋上のテラスで休憩。(この時点でまだ何の仕事もしてませんでしたがー・笑)ここのアグリはBaglio(バーリオ)と呼ばれる昔の典型的なシチリアお金持ちの建物。中庭を囲うように建物が作られ、ご主人様と使用人達がこの建物で一緒に暮らし、小さな社会を形成していました。上から覗いていると、色々な人が入ってきてはちょっとおしゃべりをして出て行き、お手伝いさんがシニョーラに用事を伝えに来たり、、、、なんだかそこは映画の世界。とってもゆっくりと、ゆったりと時間が流れています。

e0335287_1751558.jpg


販売会も終了し、やっと仕事に取り掛かり(笑)1時間くらいで終われる用事だったのですが、結局、家に着いたらもう13:00、、、結局、待ち時間とおしゃべりの時間のほうが長かった(いつものことですけどねー・苦笑)

今日、同行していた友人@男性に「時間がかかっちゃってごめんねー」と謝ると、

「何言ってんのよ!男の人はこういうのを”時間の無駄”と呼ぶけれど、私達女性にとっては”人生を満喫する”っていうのよ!」

と、すかさずシニョーラ。私の友人は、「いつものことさ。」と、普通な感じ。

なんだか、はっ!としちゃった私。

彼ら、決して働いていないわけではないのですが、仕事すらも思いっきり楽しんでいる感じで。ここのところちょっとギスギスしていた自分に反省。

シチリア人って皆さん、働かない、、、って思っているかもしれませんが、私は一概にそうとも思いません。私の身の回りの人は結構忙しく働いています。一見、陽気でなんの悩みもなさそうな彼らですが、それぞれに問題や悩みを抱えているのはどこの世界に生きる人も一緒。おもてなし精神からか、そういう姿は本当に近い人以外に見せることはありません。それでも、きちんと人生を楽しむことも忘れていない。そんな彼らを見ていると、

「生きるって楽しいことなんだなー。La vita e' bella!!」

って気がつかされる瞬間が時々あって。

生きていることに感謝しつつ、私も今与えられている人生を楽しもう!
by latavolasiciliana | 2014-03-12 19:21 | Comments(0)

春が来たよ~♪

e0335287_224169.jpg


ピカピカの太陽の光が入ってきた目覚めた日曜日、、、、このまま家にいるのはもったいないっ!

いつもはちょっと寝坊して家ダラダラするのですが、朝ごはんを食べて、さっさと着替え、、、ドライブ。行き先は海辺のお散歩道。海に行くまでの道にはこれでもかっ!と広がるお花畑♪ 黄色のお花が咲き乱れるところもあれば、色とりどりの野の花が咲き乱れるところもあり。

シチリアは現在、1年に1回のお花畑シーズン。今から約1ヶ月半、シチリアの田舎道はお花が咲き乱れます。

やっぱりシチリアは青い空と青い海、、、がイメージかもしれませんが、この時期のシチリアもオススメの季節です☆彡
by latavolasiciliana | 2014-03-10 02:09 | 田舎を散歩♪ | Comments(2)

3月の農民市場

今年は冬、、、という冬がついにやってこなかったトラーパニ。

11月中旬~下旬にかけて、猛烈な寒気が入り込んだヨーロッパ。そのときはさすがに冬だ~、、、っ!と思ったものの、その後、あまり冷え込むことがなく、春がやってきてしまいました。

この時期、メルカートに激しく並び始めるのがニンジン。

e0335287_23534257.jpg


ニンジンって旬は冬、ってよく言いますが、トラーパニでは冬後半~春にかけて、メルカートで見かけます。秋にも見かけますが、今の時期のものがニンジンの味が濃くて美味しい♪ 秋はまだまだ水が足りていないのかも。

e0335287_23564688.jpg


この長ネギ、、、というにはちょっと短いネギも春の味覚。たまねぎと同じような感覚で使います。蒸すと甘みが増してこれまたウマい。

e0335287_23595317.jpg


カルチョーフィも旬真っ盛り!カルチョーフィって、クリスマス時期の収穫を目指して栽培されるPrecoce(プレコーチェ)と、復活祭の時期を目指して栽培されるTardivo(タルディーヴォ)があるそうで。今の時期Tardivoの旬真っ盛り。

「今朝収穫してきたんだよ!」

e0335287_023211.jpg


写真を撮られるのが大好きなシチリア人、、、メルカートで写真撮ってると、必ずこういう人が現れます(爆)
でも、「朝採り」の言葉はウソではなく、葉がぴんぴんしてました。見るからに新鮮!

e0335287_05554.jpg


オレンジはそろそろラストスパート!4月もまだメルカートに並びますが、今月いっぱいくらいが美味し時期です♪

e0335287_071663.jpg


フィノッキオは巨大化しています(笑)

e0335287_0901.jpg


最近人気のタマゴ屋さん。1枚、まるごと持ってこのメルカートから出て行く人がたくさんっ!現在マンマの家のニワトリ君が元気に卵を産んでいるので、最近はもっぱら産みたて卵をいただいていますが、あんまり産まない時期が来たら私も試してみよう。卵は怖いですからね、、、。

本当に天気がよかった土曜日は、紫外線もだいぶ強くなってきて。野菜も果物もなんだかピッカピカに光って見えました。ビタミンカラーで目から吸収するビタミンか?

さほど寒くないシチリアですが、春の到来はやっぱりウキウキ❤ 外に出るのが楽しい季節です☆彡
by latavolasiciliana | 2014-03-10 00:13 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana