<   2013年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今年も残すところあと1日、、、あっ!という間に過ぎましたが、今年は区切りの1年となりました。

今振り返ってみると、大して忙しくなかったな~、、、という気もする2013年ですが、なんだかいっぱいいっぱいだった自分の姿を思い出す2013年の私。なんでだろ?(笑)

私にとって2013年を一言で表すならば、、、

「区切り」

今年の1月には期限ナシのイタリア滞在許可書を取得、10月には自分の一番の得意分野だった「シチリア菓子」の本を出版、そして11月には2度目の結婚。イタリア滞在の、仕事の、そして人生の区切りが一気にやってきた1年でした。

2004年にイタリアにやって来て約1年半の料理留学生活を終えて2006年から今まで、猪突猛進!という言葉がピッタリなくらいひたすら走ってきた私。やっとこさ生活と仕事のベースをここで築き、なんか人並みに休みが取れるような生活ペースになってきたような気がした2013年でした。そんな今年、ホッとしたせいか、、、12月のウィーン旅行から帰ってきてからはしばし放心状態が続いていまして(笑)この1ヶ月はかなりボーっと過ごした気がします。そしてよく寝た(笑)こんなに心からリラックスしたのは本当にいつ以来だろうか、、、想い出せません(苦笑)

今年1年、仕事上では色々なことがありました。たくさんの新しい出会い、そして再会。シチリアに来てくださったお客様と日本で再会したり、逆に日本の料理教室に来てくださっている方がシチリアに来てくださったり。最近、日本とシチリアの距離がすごく近く感じる私。ブログやFBをはじめインターネットのおかげもあって、本当に皆さんの存在がすごく近く感じられます。なんだか嬉しい❤ シチリア菓子の本の出版も、ほんと~に難産ではありましたが、色々なことを学ぶことができました。

そして、今年も1年の最後に、いつも応援してくれる皆々様に感謝の気持ちを♪ 私がこうしてシチリアで元気で暮らしていけるのは、日本の皆様の応援があってのこと。心より感謝します。そしていつも近くで励ましてくれる仕事仲間や友達、本当にありがとうっ!チミ達なしではきっと心が折れてしまい今年は乗り切れなかったよ。

明日は2013年最後の日、C氏へのスペシャル感謝DAYにしようかな。特別なことをする予定はありませんが、あまり改めて言うことのない「ありがとう」の気持ちをきちんと伝えよう。

クリスマスも終了し祭りのピークは過ぎた、、、という感じのシチリアですが、日本はこれからがお祭り本番ですね!皆様、良い年末、そして年始をお迎えくださいねっ!
by latavolasiciliana | 2013-12-30 20:32 | REIのシチリア日記 | Comments(2)
e0335287_6175064.jpg


今シーズン、セリエBに上がったトラーパニのサッカーチーム。

今年5月。セリエBの下のセリエみたいなものからセリエBに昇格した日、、、それはそれはものすごいお祭り騒ぎだったトラーパニ。この日から突然トラーパニにはサッカーファンが増えた気がします(笑)

トラーパニのサッカースタジオは我が家か徒歩5分。試合がある日は

「ウォォォォォ~ッ!」

という歓声が聞こえ、勝ったか負けたかすぐに分かります、、、、と言っても、ほとんどサッカーに興味のない私。サッカー観戦なぞ考えたこともありませんでした。

が。

先日、トラーパニのスポンサーになっている友人からチケットをもらってきたC氏。私の名前を登録してしまったため(イタリアでサッカー観戦するには名前と生年月日を登録する必要があるのです)、重い腰を上げて人生初のサッカー観戦に行ってきました。

上の写真は熱狂的ファンが集まる場所。私達のちょうど正面に位置していました。私達は大人席(笑)雨が降っても安心して観戦できる屋根付きのブース。

e0335287_6202988.jpg


エンジ軍団がトラーパニ。白いユニフォームはクロトーネのチーム。トラーパニがんばれっ!

試合途中経過は割愛させていただきます。(笑)

結果、、、1-0にてトラーパニが勝ちました!現在セリエBで8位だそうです。なかなか検討中ですっ!

試合中、私が一番楽しかったのはカメラ遊び(笑)サッカーのみならず、スポーツ観戦はほとんどしないので、スタジオでの撮影は初めて。席からグラウンドまでが近かったので意外と楽しめました。以下、自分的ナイスショット。

e0335287_6265243.jpg


e0335287_6283374.jpg


e0335287_6305782.jpg


e0335287_63318100.jpg


ユニフォーム引っ張られてる瞬間(笑)

e0335287_6393074.jpg


40-150mmの望遠レンズで撮影したのですが、意外とキレイに撮れるものなんですね~。

全くサッカー興味ありませんが、試合観戦はそれなりに楽しかった♪ サッカーだけじゃなくて人間観察も楽しかったし(笑)

さて今年のトラーパニ、何位で終わるんでしょうね~、、、、。シーズン終わったら、結果報告します。(知りたい人がいるかどうかは分かりませんが、、、、ははは)
by latavolasiciliana | 2013-12-27 06:44 | REIのシチリア日記 | Comments(0)
今年も無事に?クリスマスが終了しました、、、。

今日12月26日はイタリアでは祝日。24~26日にかけてお食べ地獄が続くのが普通のシチリアの家庭ですが、今年はお歳暮に26日のサッカーの観戦チケットをいただいたため、私達は免れた、、、、。(ホッ・笑)毎年、集まる家族がいるのはありがたいことではあるのですが、10年前と比べると相当食べる量も減ってきた私。正直連日のお食べ地獄は体が辛くって(涙)

e0335287_20764.jpg


これ、24日の夜に食べた料理の一部、、、。オーブンの中に入っていて後から出てきたため、数品、写真を撮り忘れたものがあったのでこれで全部ではありません。24日の夜は肉を食べないのが恒例で、シチリアではバッカラフリットをよく食べます。(写真にはありませんがサルシッチャのオーブン焼きがテーブルに並んでいました、、、・笑)家庭では夜にパスタを食べる習慣はないので、24日の夜もパスタはないものの、なんだかんだ13品くらいの料理がテーブルにズラリ。各自好きなものを好きなだけ食べるブッフェ方式なのですが、全部少しずつ味見するだけでも結構な量になる、、、。

24日の夜20:30くらいから食べ始め、終わるのは22:00近いのに、翌日25日のランチはまたしっかりと食べる、、、。

軽いアンティパストの後はラザーニャ。

e0335287_20141519.jpg


メインはロレという名の牛肉と野菜の煮込み。ここ数年、娘のマリアピアが作るクリスマスの定番料理。

e0335287_201639100.jpg


写真は作っている最中。最終的にはお肉はカットされて、ブロードと共にお皿に盛り付けます。付け合せはグリーンピースとキノコのブロード煮。その後、続く、カルチョーフィの蒸し煮。ちなみに、前日の夜もカルチョーフィの蒸し煮食べてますが、この日も新たに料理されていました、、、。

続いて、フルーツ、続いてドルチェ、、、、。

e0335287_20211148.jpg


これはパンドーロ ファルチート。タダでさえ甘いパンドーロにオレンジクリーム&生クリームが挟まっている&モリモリに周りに盛られている、、、恐ろしい1品。その大胆不敵っ!写真では小さく見えますが、パンドーロは普通サイズのものを丸々1個使っているので巨大です。その他にも、色んな人がドルチェを持ってくるためより取り見取り、、、というよりは、この時点で喉あたりまで食べ物が詰まっているのに、ドルチェブッフェ、、、拷問です(涙)

こんなにお昼沢山食べたのに、夜は24日&お昼に残ったもので、夜ごはん食べてたみんな、、、、。ダメだ。基本的食べる能力がなさ過ぎる私。日本に行くとランチ一人分とかじゃ結構足りなかったりするんですけどね、私。この人達には付いていません(付いていく必要もないけどね・笑)

こういうクリスマスが一番幸せなのかもしれませんが、、、。毎年毎年のことにちょっと飽きてきた感もある私達。来年はイルミネーション輝くどこかでメリークリスマス!もいいかな?なんてちょっと企て中の私達です。
by latavolasiciliana | 2013-12-26 20:26 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(0)

Buon Natale!

e0335287_18533957.jpg


明日はいよいよクリスマスっ!

日本では何故かイブの夜が盛り上がりますが、キリスト教国ではクリスマス本番?は25日。クリスマスは言わずとしれた「キリストの誕生」をお祝いする日。イタリア語では「Natale(ナターレ)」と呼びますが、これは「nascere(ナッシェレ)=産まれる」という動詞に由来する言葉。25日のお昼は家族や親戚が揃ってお祝いするのが習慣です。

昨日までは親戚や友達にプレゼントを買う人々でごった返して、激しい渋滞だったトラーパニの街。なのに今日は街はガラガラ、、、、既におうちで明日の準備モード?とにかくキリスト教の総本山イタリアでは、すごく重要なお祝い。12月はこの日のためにある!と言っても過言ではないほどの盛り上がりです。

上の写真は友人宅のプレゼピオ、かわいい♪ プレゼピオとはキリストの誕生の様子を描いたものなのですが、今はまだキリストがいない、、、。25日になるとフワフワのおふとんの上にキリストが置かれます。

日本では既に盛り上がりが終わってしまったかも知れませんが、クリスマスは明日ですよー(笑)私は恒例のドミンゴ家お食べ地獄ダービーに参加してきます。

皆さんも良いクリスマスをお過ごしくださいねっ!

Buon Natale a Tutti❤
by latavolasiciliana | 2013-12-24 19:04 | ご挨拶 | Comments(0)

冬の畑

ここのところずっと天気もよくって気温もそこそこ高いトラーパニ。

パパの畑、雨が降ると土が粘土みたいに靴に引っ付いてくるので、畑になかなか入っていけません。最近、晴天が続いているのできっと乾いてるなっ!と思って畑に入っていったら、、、意外と土が湿っていた、、、ズボッ!11月は結構なまとまった量の雨が降って、このときの雨水をどうもたくさん蓄えているようです。

「耕しておかないと雨水は土に吸収されないからね。」

とパパが言っていたのを思い出しました。そして朝はそれなりに冷える田舎。(10度以下らしい)朝露が降りてきて、土が軽く湿るそうで。もっとも今の時期、夏の土のようにカラカラだったら、夏になったら食物はもう育たないくらいカラカラになっちゃうでしょうね~。

土が乾いていそうなところを選んで畑を見てきました。

e0335287_23155728.jpg


これは日本で言うところのブロッコリー。緑のもの。まだまだ丸いのは付いていませんでした。この裏には黄緑色のシチリア方言の「ブロッコロ」がありましたが、これは既に収穫済みでした。

e0335287_23181472.jpg


今年は沢山植えられてるフィノッキオことフェンネル。3畝植えられていたのですが既に1畝は食べられていて、、、あと2畝。結構早いスピードでなくなります。

e0335287_2321080.jpg


カルチョーフィは毎年同じところから生えてきます。畑の中であっちこっちにあるカルチョーフィですが、パパの家はパスクワ(復活祭)の頃に蕾となるもの。(tardiva=遅咲き)なので食べられるのはまだまだ先です。4月くらいかな?

e0335287_23244727.jpg


畑のあちこちに適当に植えられている青菜達。オリーブ畑がある丘の上には野草がたっくさん生息していたし、庭では適当に青菜が収穫できるし。冬のドミンゴ家には八百屋要らず、です。

e0335287_2327389.jpg


ちょっと前に種を蒔いたらしいニンジンは、既に芽が出てきました。やっぱり暖かいんだな~、シチリアは。あ、雑草に見えるかも知れませんがちょっとギザギザした葉がニンジンの葉です。

e0335287_23293737.jpg


数年前、自分が食べたいから、、、と言う理由でマンマの誕生日にプレゼントした金柑の木(ヒドイ・笑)背丈はあまり伸びてこないものの、実は年々着実に個数を増やしています。今年もそろそろ収穫だな♪

e0335287_23322710.jpg


収穫と言えばやっぱりオレンジ!数本あるオレンジの木は今が収穫真っ盛り。上の写真は今年は豊作なタロッコ。今も美味しいですが、もう少し熟してくると赤くなってきます。旬は1月ごろ。楽しみ♪

その他、数種のたまねぎ、じゃがいも、サラダ菜も植わっていて、もう少しするとソラマメやグリーンピースも植え始められます。夏は激しい暑さのため植えられるものが限られ、しかも8月になるとどんどん枯れてきてしまうシチリア。冬の畑のほうが種類も多く盛況♪ 来年の冬は密かにゴボウ、レンコンなんかを植えようかな、、、と計画している私。果たしてシチリアの土でうまく育つのか!?来年をお楽しみに(気が早すぎる、、、笑)
by latavolasiciliana | 2013-12-23 23:38 | 畑の四季折々 | Comments(2)
e0335287_533172.jpg


今日は日曜日。恒例のドミンゴ家ランチの日♪

冬になると美味しいのがマンマのスープパスタ。写真の通り、具も入っていないほ~んとに地味なパスタなのですが、これがまたウマイ。本当にウマイのです。

オイシサの秘密はブロード。たっぷりの牛肉と鶏肉と野菜からとったブロードは優しいオフクロの味。野菜や肉のエキスがたっぷりと感じられるのにしつこくなくって。ブロードの中で茹でられたパスタはその旨みを十分に吸っていて。冬だけに食べられるマンマのゴチソウです♪

普段ならブロードパスタ、

「体が温まるね~♪♪♪」

と喜ばれるはずが、本日、日中の気温は20度くらいまで上がり。コート要らずにポカポカ日和。パスタを食べながらみんな、

「暑い、暑い(汗)クーラー付けるか!?」

と、冗談が飛ぶほど暖かかったんです、今日は。

私にとっては夏でも喜ばしいくらい大好きなこの一皿♪ いつでも大歓迎~~~♪

あ、ちなみに今日の鶏肉も数ヶ月前に締めた前代の庭のニワトリちゃんたちでした~。卵を産んで、最後は美味しいブロードとなり、、、ニワトリってエライ!
by latavolasiciliana | 2013-12-23 05:11 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(0)
e0335287_22372925.jpg


冬、、、とは思えないくらい暖かい日が続いているトラーパニ♪

シチリアに本格的オレンジの旬がやってきました。オレンジ自体は11月下旬からメルカートに並び始めますが、その頃のオレンジはちょっと固くてジュースも少なく。12月下旬になるとオレンジもジューシーになり、甘みも増します。これぞ旬のオレンジ!という感じです♪

今日は週1回土曜日に開催される農民市場に久しぶりに行きました。予想通りオレンジが山のように並んでいました。このオヤジ、冬になるとオレンジの前でいつもくわえタバコ(笑)私にとっては冬の風物詩的な姿です。

シチリアの太陽にピカピカ輝くオレンジ。さあ、今年もいっぱい食べてビタミンをたっぷり取るぞ!
by latavolasiciliana | 2013-12-21 23:07 | シチリアの旬色々 | Comments(2)
e0335287_18225761.jpg


見た目はな~んてことのないこの一皿、私にとってはゴチソウ♪

色々な種類の野菜と数種のマメ、そしてファッロのごった煮。しかも一緒に煮込むだけ!という本当に簡単な一皿ですが、これがまた美味しい、、、❤ 私はスープには特別なダシは使いません。いつも入れるのはドライトマトとローリエ。野菜は下茹でなどせずに小さく切ったらナベに入れて、野菜から出るダシを利用します。これだけで十分に美味しいスープが出来るのです♪

今年のフレッシュなオリーブオイルをたっぷりかけると、青いオリーブの香りがふわ~っと漂い。本当に幸せなひと時♪♪♪ チーズ大好きなC氏は表面みえなくなっちゃくらいのパルミジャーノをかけて。これもまたウマイ♪

レストランで食べる料理もおいしいのですが、やっぱり私はこんな素朴な一皿が好き♪
by latavolasiciliana | 2013-12-19 18:37 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)
e0335287_20435449.jpg


今朝、ラジオ関西の「谷五郎のこころにきくラジオ」という番組で15分ほどシチリアのお話をさせて頂きました。こちらの時間で7:15くらいからが出番だったので、いつもよりちょっと早起きしましたが、7:00ってまだ暗いんですね~。いつもは7:30ごろにベットから抜け出すのですが、その頃はもう明るいのですが。

ちょっと早起きしたので、朝のトラーパニの街に散歩へ。写真は8:00のトラーパニ。写真にはうまく出すことが出来ませんでしたが、実際の空はもう少し朝焼けしてオレンジ色。そういえば、昔、旧市街に住んでいた頃はこうしてよく朝のお散歩に出かけたっけな~。しかし、今日は本当によい天気!風もなく海はまっ平ら。この後気温もどんどん上がり、ポカポカ陽気となりました♪

冬の朝って空気がピーンと張り詰める感じですごくクリアな感じがします。昼間の青い海も良いですが朝の海もいいものですね♪

今日のつぶやきでした(笑)
by latavolasiciliana | 2013-12-18 20:51 | REIのシチリア日記 | Comments(0)
e0335287_18545583.jpg


ウィーン菓子といえば「デメル」、というほどデメルは日本でも有名な老舗のお菓子屋さん。王宮のほぼ前にあるデメルはハプスブルグ宮廷ととっても関係が深かったお菓子屋さんのひとつです。

創業は1786年、、、時は皇帝ヨーゼフ二世の時代だったというから驚きです(゜o゜)創業者の名はルートヴィヒ・デーネ。店名も最初は「デメル」ではなく「デーネ」だったそうです。ハプスブルグ家王宮、ホーフブルグ宮殿のすぐ近くににあるデメルは、19世紀以降、宮廷晩餐会や宮廷舞踏会のたびに菓子職人がデメルから借り出された、と言います。当時は、デメル自体がウィーン上流階級の女性達の溜まり場?となっていたらしく。

e0335287_19123084.jpg


沢山のお客さんで賑わう小さな店内。

e0335287_18465493.jpg


クラシックなデメルの店内はとってもステキ♪ 見ているだけでも楽しくって。中央に山積みになっているのはザッハトルテ。お持ち帰り用に木箱に入っています。スーツケースに入れて持って帰ったことがありますが、崩れも潰れもせず。

e0335287_1901122.jpg


クリスマス時期限定デザインのアイシングクッキーもあり。

e0335287_18445680.jpg


ショーケースには伝統ウィーン菓子がズラリと並びます。2階にはゆっくり寛げるサロンがあって、デメルの美味しいお菓子を楽しむことが出来ます。

歴史と絡む老舗のお店には独自の雰囲気があり。何と言っても時代はハプスブルグ家が存在していた時代、、、そんな事を妄想しながらお店にいるだけでワクワクしてきます♪ウィーンにはステキなカフェハウスや美味しいお菓子屋さんがたくさんありますが、デメルはまず行って頂きたい老舗のお菓子屋さんなのでした。
by latavolasiciliana | 2013-12-17 19:18 | 2013冬ウィーンでクリスマス! | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana