<   2013年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

e0335287_23608.jpg


5月15日から2週連続で2チームに分かれて開催した「シチリア究極の美食の旅5泊6日」、今日、第2チーム目をカターニャ空港でお見送りしてトラーパニに戻ってきました。

1チーム目、2チーム目、カラーは違うものの、いずれも私にとっては楽しいお仕事となった今回の旅。飛行機も無事に発着し、ロストバゲージもなく、大きなアクシデントも事故もなく、皆様にシチリアを楽しんでいただくことができ、ホッとしています。

シチリアでは小さなアクシデントは日常茶飯事。でも、人数が多いとその小さなアクシデントですら命取りになることがあります。私の仕事は旅をオーガナイズするだけでもなく、通訳をするだけでもなく、その小さなアクシデントをできるだけ取り除き、アクシデントが起きてしまった場合には迅速に最善の対応をするのも仕事です。今回も宿泊するホテルや参加者の皆様が楽しみに楽しみにしていたレストランなど、半年前から予約を入れ2ヶ月前からは本格的にしつこくメールや電話で確認作業。カターニャの町に行ったりアンティカ マリーナに食事をしに行ったのも、確認作業の一環でした。しっかりと確認をしておくことで私も安心して心に余裕を持って皆様をご案内する事ができるので。

今回の旅で一番心に残った事、それは、

「人」

旅は人との出会いによって、好印象にも悪印象にもなります。いくらどんなに素晴らしい器でも「人」がダメだったらその器も台無し。ただの普通の器だってそこにいる「人」によって最高のおもてなしになるのだな~、と。

とある小さな小さな街のお宿では、家族総出でお迎えの、まるで旅館のような歓待を受けました。到着後には田舎からわざわざ捥いできてくれたというフルーツでおもてなしされ、階段だらけの迷路のような作りのお宿でしたが家族の方々が力技で超重量級の荷物を15個、エッチラオッチラ運んでくれました。

「予約している街のレストランはどこだっけ?」と聞けば、

「連れて行ってあげるよ。」とレストランまで案内してくれ。

それはそれは心のこもったおもてなしでした。私達はそのホテルを「旅館」だとか「民宿」だとか呼び、そのお宿の名物おばあちゃんを「女将」と勝手に呼んでいました(笑)

そうかと思えば、素晴らしいホテルなのにちょっと残念な対応だった5ツ星ホテルもあり。

今回の旅、「人をもてなす精神」について、とっても考えさせられた旅でもありました。

全体的には「人」に恵まれ、「食」に恵まれ、、、、とっても充実した旅であった、、、と、個人的に思っています。(参加された皆様、いかがだったでしょうか?)

人生は何事も「ご縁」。今回、去年ラ ターボラ シチリアーナのプランに参加してくださった料理教室の先生とのご縁、又、参加してくださった先生の生徒さん達とのご縁、旅先でのご縁、、、本当にたくさんのご縁に恵まれました。一つ一つのご縁を大切に、そして小さな町の旅館の女将のように、なんだかホッとするような心温まるおもてなしができる人間になりたいな~、と思ったのでありました。

今頃2チーム目は機上の人かな?今度、岡山に行くんジャガ~、また皆に会うんジャガ~、ジャガジャガ(笑)(←岡山弁を教わりました・笑)

写真は旅館(笑)のテラスから見た夕陽。小高い丘の上にあるこの街からは南側の海が遠くに見渡せます。そこに沈んでいく夕陽はそれはそれは美しく。またいつか、皆でこの夕陽を見たいな~。

さて、明日からは休むヒマもなく仕事が待ち受けています!お客様はしばらくいらっしゃいませんが、美食の旅が終わってから、、、と先延ばしにしていた今年もう一つの大仕事が待っています。6月中旬のバカンスを目指してがんばります~!
by latavolasiciliana | 2013-05-28 02:39 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(4)
e0335287_384158.jpg


5月中旬、今年もマグロの季節が始まりました!

私のブログをずっと読んでくださっている方にはお馴染みのこの写真。オヤジさんも毎年一緒かも(笑)このオヤジさん、私が市場に通い始めたころにはジー、、、っと私を見るだけで、挨拶もしてくれなかったのだけれど、数年前から市場で会うと

「チャオ!」

とニッコリと笑顔をくれるようになり。いつもは強面のこのオヤジさん、笑うとカワイイのです。

トラーパニのマグロの価格は毎年20ユーロでしたが、今年は18ユーロ。やっぱりイタリア不況だからか?

最近、魚介類を食べるとビミョーに当たったりする私。第2周目美食の旅から戻ってきたら、マグロの刺身を食べるぞっ!それまではお預けです(笑)

マグロの季節はまだまだ後1ヶ月ほど続きます。
by latavolasiciliana | 2013-05-22 03:16 | シチリアの旬色々 | Comments(4)
e0335287_18102963.jpg


先週水曜日から始まった「シチリア究極の美食の旅5泊6日」、第1周目が終了しました!「第1周目」、、、ってことは、2周目も!?そう、今週の水曜日から第2周目が始まります~。

昨年の今頃、岡山から参加してくださった料理教室の先生Uさんのリクエストで企画を立て始めたのが去年の秋。半年以上かけて練りに練り上げた究極の美食ツアーは1周目14人、2周目も14人という、私にとっては大所帯の企画となりました。

シチリアの名店を周遊するこのツアー。

・クスクスの名店「カンティーナ シチリアーナ」 @トラーパニ
・シチリアワインの雄「カンティーナ ドンナフガータ」でランチ @マルサラ
・川床レストランで夕暮れを見ながらのディナー@チェファルー
・シチリアで一番古いレストラン「マヨーレ」で豚尽くし@キアラモンテ グルフィ
・「アンティカ マリーナ」で魚尽くし @ カターニャ
・ドラマチックなリストランテで最後の晩餐 @ タオルミーナ

シチリア好きなら誰しもが行ってみたい!と思う垂涎モノのツアー。食だけではなく、トラーパニ、エリチェ、チェファル、カルタジローネ、ラグーサ、カターニャ、タオルミーナとしっかり観光もします。

公共の交通機関がまったく整っていないシチリア。これだけの街を周り、これだけの名店を周るのは個人旅行では本当に難しい。大所帯だからなせたツアーでもあります。

写真はキアラモンテ グルフィの豚肉専門店「マヨーレ」でのヒトコマ。お客様のニッコニコな笑顔が全てを物語っています~♪ このカメリエーレのおじ様、広い店内を一人で切り盛りするツワモノのカメリエーレ。サービス中はしかめっ面ですが、忙しい店内が落ち着いたころになると見せる笑顔がステキなんです♪

まずは第1周目の方に、「楽しかったっ!夢のような1週間でした!」と言っていただけて一安心♪ それも束の間、、、明日から第2周目が始まります。今週も頑張ってくるぞ~♪

来週、2周目が終了したらツアーで周った土地をポツポツと紹介していきますね♪ どうぞお楽しみに!
by latavolasiciliana | 2013-05-21 18:14 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)
e0335287_1105537.jpg


ウチのオリーブ農園のオリーブの花が、ただいま満開です❤ オリーブの花って小さくて本当に可憐。咲くとスグに枯れちゃうところも儚くってなんかいいな~。今年は結構、剪定をしっかりしたのでちょっと心配していましたが、見事にたっくさんの花を咲かせました。オリーブの実は花が咲いた跡に付くので、まずは花がしっかりと咲いたところで一番最初の難関はクリアー。しっかりと小さな実を付けてくれるかが次の関門となります。ま、木にもバランスってものがあるので、多けりゃいい、、、って
ものでもないんですけどね。そこがなかなか難しいところ。

この前の日曜日には、新しいオリーブの苗木をもう少し空いている場所に植えました。そして、この前植えた27本のうち、何故かすでに枯れていた苗木があったのでそれも植え替え、、、。更に、苗木上の時に突然降ってきた大雨で、オリーブの木の間に植えたオレンジの木、、、、土をかぶせ忘れられていたっ!この時は、本数が多かったから苗木屋に人を送ってもらったんですけどね~、、、そのオヤジが忘れていった(涙)なので、それも植え替え。合計4本の苗木を植えてきました。

今回はクワを持って、苗木を植えた後に撒く用の20Lポリタンク入り水×4つ、、、重っ!この間はC氏、、、散水を一人でやったのかと思うと、本当にご苦労様でした、、、と、ちょっと心の中でねぎらいました。(心の中だけでね~・笑)

今度この土地にも井戸を作ることができないか、、、チェックしてもらおう。

日曜日は作業をしながらお花見を楽しんできました♪ 今の時期、シチリアの田舎道はオリーブのお花が満開!美しいです❤
by latavolasiciliana | 2013-05-15 01:20 | オリーブのお話 | Comments(2)
カターニャ、、、、シチリア第2の大都市。なのに、私が行ったことがあるのは確か4回くらい?しかも、モディカやシラクーサに住んでいた時に、何か用事があって行っただけで、じっくり観光、、、なぞしたことがありませんでした。なんとなくあまり好きな街の一つではなくって。

昔、バールでカッフェをしていたら、イタリアのテレビ局にインタビューされました。

「カターニャを色で例えると?」

「グリージョ(グレー)」

と、間髪入れずに答えた私。

「だめだよ~、アズーロ(青)って言って!」

ってインタビューアに言われ、

「アズーロ!!」

って笑顔で言ったら、その日の夜にそのインタビューがテレビで放映されていました。完全なヤラセだけどね(笑)ちなみにアズーロはカターニャのサッカーチームのカラーです。

という事で、私のカターニャの印象は「グレー」。夏に行ったことがなくて、行ったときはいつも天気があまり良くなくって。そんな事も手伝って、カターニャの街、あんまり好きじゃありませんでした、先週の土曜日までは。

先週の土曜日、天気は快晴。トラーパニから片道300キロ以上をぶっ飛ばして行ったカターニャは、、、美しい街でした❤

e0335287_205875.jpg


カターニャの街の建物はグレーと白の石で出来ています。グレーの石は近くの活火山エトナ山からやってくる火山石。白い石はシラクーサ方面で採石されているそうです。グレーと白、このモノトーンな感じが私に暗~い街の印象を与えていたのかもしれません。

e0335287_2083350.jpg


この建物もグレーの縦ストライプが入っています。

e0335287_2011752.jpg


カターニャのシンボル、、、と言えば、このゾウのオベリスク。パレルモのジョバンニ・バッティスタ・バッカリーニという有名な建築家が設計したものです。黒いよう溶岩でできたゾウはなんでもローマ時代のもの、、、と言われています。その上にエジプトから持ってきたオベリスクを乗っけたそうです。なんかすごい(笑)

e0335287_20145268.jpg


で、ゾウの前にあるのがドォーモ。こちらもそれとなくグレー。正面にはカターニャの守護聖女サンタ アガタがまつられています。私が行ったときには既に閉まっていて内部を見ることはできませんでした。

カターニャは2002年にノート、ラグーサなど東シチリアの他の7つの都市と共に「ヴァル ディ ノートの後期バロック様式の町々」で世界遺産に登録されました。街のサイズが大きいせいか、ノートやラグーサで見られるような、街全体がバロック!という感じもあまりしないのですが、やっぱりこんなのがあります。

e0335287_2021782.jpg


一つ一つの建物をよくみて見ると、やっぱり完全なバロックの街なんですね~。カターニャの街は東シチリアを襲った1693年の大地震だけではなく、1669年にはエトナ山の噴火に伴う溶岩流でも街が崩壊しています。その後、この時代にはやっていたバロック様式で街が建て直されました。

そしてカターニャの街にはローマ円形劇場、ローマ劇場&オデオンなど、ローマ時代の遺跡も残っています。今回は時間がなくてゆっくり見ることができなかったのですが、時間が出来たら行ってみよう。

カターニャの街のオススメの過ごし方は、ドォーモ前広場近くにあるバールで外に座ってゆっくりしたり、メインストリートのVia Etnea(ヴィア エトネア)でお買い物をしたり。そしてお腹が空いたら、ペスケリア(魚市場)を冷やかしつつ、アンティカマリーナでランチ、、、♪ そんな感じでしょうか?

カターニャのアンティカ・マリーナに次いで有名なお菓子屋さんもあるのですが、その話は又今度♪

東海岸に住んでいたのはかれこれ8年前。その頃と比べると、シチリアについても、シチリアの食についても格段に知識が増しました。色々な事を知ってから再訪してみると、新しい発見が色々あるものですね。今回の訪問で、すっかりカターニャ、好きになりました♪ 次回はローマ遺跡や教会巡りをしにゆっくり出掛けよう♪

今年の秋には東シチリアを旅する企画を立てています。カターニャはただの集合地か?と思っていましたが、もう少しカターニャ滞在を長くしてみようかな?なんて思ってみたりして。東シチリアの旅は募集人数が少ないため、ご興味ある方はお早めにご連絡くださいね★
by latavolasiciliana | 2013-05-14 20:32 | シチリア散策♪ | Comments(2)
e0335287_1557247.jpg


カターニャの魚市場の中にあるオステリア、、、と言えばおなじみの「Antica Marina(アンティカ マリーナ)」。確か私が最初にここを訪れたのはシチリアに来てスグの頃だったかな?

ここでの名物は何と言っても最初に出てくるアンティパスト群!(写真は2人分)

e0335287_1603112.jpg


日本でも最近はこの手のタイプのアンティパストを出すお店が増えてきましたが、その走りはここ。というか、シチリア内で言えばそういうスタイルのお店も前からあったのですが、それを広めたのはアンティカ マリーナだ、、、と言っても過言ではないほど。

e0335287_1653350.jpg


店内にあるショーケースにはたっくさんの種類のアンティパスト。ここから適当に(近くで見てたら本当にランダムだった・笑)8~10種類程度、盛られます。ちょこちょこといろんな種類が食べたい日本人としては嬉しいシステムですよね。

e0335287_1693036.jpg


厨房の中のオヤジ2人は、、、2人とも腹がすごい!(爆)

さてさて、アンティパストの後は、、、。

e0335287_16145883.jpg


・海の幸のリングイネ
・カジキとナスのパスタ ミント風味
・小魚&イカのフリット

いやいや、満腹♪

食べている間に、ちょうど魚市場も終了時間で、、、。魚屋さん達が長靴を履いたまま手には袋を持って入ってきて、、、厨房に魚を渡していました(笑)まあ、この環境ですから、そりゃ新鮮な魚が大量に入手できるわけですよね。

かつてはメニューがなかったこのお店。お店に入ると

「今日は何食べる~?」

と、カメリエーレが注文を取りに来て、その日にある新鮮な魚を使った料理を堪能する事が出来ました。最近、超有名になってきて観光客も多く訪れるようになったせいか、メニューも登場していた今回。お店もな~んとなく高級感が?(いや、高級感、、、ってわけではないですけどね、、、)個人的には昔のもーーーーっとガサガサした雰囲気の方が好きでしたが♪ でも市場の中で食事する、、、というのはいつでもテンションが上がるもの!そして料理自体は相変わらず美味しいですので、カターニャに行った際には是非お試しを♪

<店舗データ>
Osteria Antica Marina(オステリア アンティカ マリーナ)
住所:in via Pardo, 29 (zona Pescheria)
TEL: +39 095 348197

* ドォーモ広場裏側にある魚市場の中にあります。
by latavolasiciliana | 2013-05-13 16:25 | シチリアのお食事処 | Comments(2)
e0335287_15211031.jpg


シチリアで2番目に大きい都市カターニャ。

現在も噴火を続ける活火山エトナ山がすぐ近くに控えるカターニャ。街の建物は火山石で出来ているため、寒い暗い冬の日に行くと、シチリアなのによもや暗~い印象を受けがちなこの街ですが、ドォーモ広場の裏側に広がる魚市場(ペスケリア)、ここの熱気だけはいつ行ってもすごく。

新鮮な魚が所狭しと並びます。

e0335287_15232452.jpg


最近、トラーパニの魚市場にも行っていなかったので忘れていましたが、、、そろそろマグロの季節。

e0335287_1525547.jpg


はかりの上に乗っているのは大トロ。この時、中国人らしき観光客がでっかい大トロの塊を買っていました。きっとお刺身で食べるんでしょうね~。ちなみにイタリア人はあまりトロを好みません。脂っこくて嫌という人、多し。という私も、断然赤身派!シチリアで食べるマグロはギュっと身が締まっていて、かなりヘモグロビンも多い感じで

「これ、肉ですか???」

と思っちゃうほど。レア気味にグリルにして食べると最高に美味しい~♪

e0335287_1532530.jpg


カターニアの魚市場は相当規模が大きいのですが、実はシチリア西海岸からも魚がやってきているそうです。トラーパニの南部にあるマッザーラ デル バッロという街には、シチリアで一番大きいといわれる卸の魚市場があります。そこからはシチリア内だけではなく、イタリア全土に魚が輸送されます。ここカターニアでも、

「どこから来たの?」

と聞いてみると、

「西海岸だよ!」

と言われることも多く。

e0335287_153616.jpg


とはいえ、この日は台の上でピチピチと跳ねていた小魚もいたり。小魚は輸送されてきたら跳ねないでしょうからね。カターニア近辺でも新鮮な魚が釣れる、という事でしょう。(そりゃそうか)

e0335287_15385668.jpg


廃墟感が漂うところはパレルモのバッラロ市場にも負けません。これぞシチリア???

e0335287_15411647.jpg


この日はイワシDay。イワシって群れで動くから釣れる時は大量に釣れるのに、釣れないときは誰一人イワシを持っていない、、、。この日はあちらこちらでイワシだけを売っている人がいました。

e0335287_15434745.jpg


シチリアの市場ってちょっと東南アジアを連想されるカオス感があってすごくワクワクします。魚も内臓付きだし、冷蔵ショーケースに入れられているわけでもないので「今日売っちゃわなきゃ!」みたいな感じも更にワクワク(笑)市場散策はやっぱり楽しいですの♪

さて、この後は魚市場内のトラットリアでランチ。その様子はまた明日。
by latavolasiciliana | 2013-05-13 15:46 | シチリアの市場に行こう! | Comments(0)
トラーパニのサッカーチームがセリエBに昇格!

トラーパニのサッカーチームはセリエBの下にいるLega(レーガ)というグループに所属していました。2012年、セリエBに昇格するチャンスを目の前にして、、、最後の試合で負け、、、セリエB昇格を目前にして敗退してしまったのでした(涙)そして今年。

今日クレモナで行われたトラーパニVSクレモナ。勝てば文句なしの昇格!昇格を争うレッチェが負ければ、同点で試合が終わってもトラーパニが昇格する、、、という、又とないチャンス!前半は3-3で終わったトラーパニ戦。後半になってどちらも点が入らず、、、このまま同点か?というところで、レッチェが負けてる、、、というニュースが入り。残り10分くらいのところで、既にトラーパニはセリエB昇格ムード♪ そしてラスト1分、、、、

ゴーーーーール!

トラーパニが点を入れ♪

めでたく勝ってセリエB昇格を決めたのでした!

さて、私達もマンマの家で観戦した後、トラーパニの街へGo Go!! そして、そこで見たものは、、、す、すごい騒ぎ!!!!!(汗)

e0335287_315491.jpg


デモ行進ですか!?と思うほどの人、人、人、、、。手にはトラーパニの旗やマフラーを持ち、パフパフ~、パフパフ~とそこら中でミニラッパが鳴り、車はブーブーブーブーッ!とクラクションの嵐!!

トラーパニ空港行きの路線バスだって、、、

e0335287_3175934.jpg


運転手が旗振ってるよ!ちなみに普通に運行中です、この路線バス。中には満員の空港に行く旅行者が乗っていました(笑)

e0335287_3202485.jpg


子供達も大盛り上がり!

e0335287_3213774.jpg


本日無礼講!3人乗りだって、ノーヘルだって違反切られないよ~(笑)

街の一番盛り上がっている広場にたどり着いてみると、、、

e0335287_3263274.jpg


す、すごっ!
熱狂的ファンと旗で埋め尽くされていました、、、(汗)こんな騒ぎをトラーパニで見たのはハジメテカモ!ワールドカップでイタリアが優勝した時よりすごい、、、、。

混乱の中で記念撮影する人たち続出(笑)

e0335287_329433.jpg


お手製の巨大「B」!!

e0335287_3302451.jpg


チーム トラーパニグッズ。

e0335287_3313791.jpg


トラーパニのチームカラーはエンジです。

e0335287_333678.jpg


「ボクタチ カンコウキャク。カンケイナイケド ドサクサデ イエーーーーーーイ!」と、ビールを片手に、何故かトラーパネーゼと記念撮影をして盛り上がるイギリス人カンコウキャク(爆)

e0335287_3371445.jpg


真っ青な空も祝福!

いや~、、、とにかくすごい!としか言いようのない盛り上がりでした、、、っ!

家に戻ってニュースを見てみたら、パレルモがセリエAからBに降格したとのニュース!という事は、、、来季はトラーパニVSパレルモというカードがある~~~!サッカーには大して興味のない私ですが、このカードは見たいかも♪

さてさて。
今晩はチーム トラーパニが早くも凱旋帰還しますっ!夜の街をパレードするに違いない~~~。お祭り好きな私としては見に行かねばっ!

私がこの街に来た時、トラーパニのサッカーチームはセリエBより2段階下のリーグにいました。数年前に1つ上がり、そして今年はセリエBに!セリエBは夢のまた夢、、、と言われていたトラーパニですが、なんと実現してしまうんですね~。驚き。セリエAに進出することはまずないだろうから、今日はきっと最初で最後のこのドンチャン騒ぎ!となれば、そりゃ皆見に行きますよね。私もパフパフでも買って、このお祭り、を楽しんできます!

という事で、現在21時前。夜の部に行ってきます!
by latavolasiciliana | 2013-05-13 02:29 | トラーパニの風景 | Comments(2)
e0335287_20572735.jpg


トラーパニからロープウェイに乗ること20分、、、、750メートルの山の上にひっそりと作られた石畳と城壁の中世の街、エリチェに到着します。

冬にいくと人っ子一人おらず、犬もネコもいないほどのエリチェですが、3月を過ぎた頃から観光シーズンに突入。今の季節はお昼を過ぎると結構人も増えてきますが、午前中はまだまだ人もまばら。朝は空気も澄んでいるしエリチェに行くなら断然朝をオススメします。(と言いつつ、夕暮れや夜のエリチェもすっごくステキなんですけどねー・笑)

エリチェは街自体がとっても可愛くてどこを切り抜いてもフォトジェニック!それは、きっと建物自体がかわいいから?

e0335287_20582210.jpg


エリチェの街全体も可愛いんですが、私がいつもすっごく気になるのは建物のディテールの部分。色々な模様の鉄でできたバルコニーや美しい鉄格子(?)、そしてドアにかかった手編みのレース、、、、。シチリアの伝統を残している建物が街の景観を美しく保っているのかもしれません。

e0335287_21563455.jpg


エリチェの伝統工芸というと陶器が有名ですが、実はこのカラフルな手織りのカーペットも伝統工芸のひとつ。昔ながらの機織り機で丁寧に作られています。柄はアラブ伝統の幾何学模様。重量もずっしりとしているので、大きなカーペットはお土産には無理ですが、鍋敷きにもなるミニサイズもあります。これなら軽いしかさ張らないし自分へのお土産にオススメです♪

e0335287_2231657.jpg


エリチェはシチリアで唯一「中庭文化」がある街、、、と言われています。きっとアラブの影響でしょう。

中庭文化はトラーパニのアラブ人が侵略してきた時代に作られた旧市街の街並みにも存在しています。ヨーロッパ人がバルコニーを作って外部との接触や、外部に自分達の富を見せびらかしたいというのと対照的に、アラブ人は外部との接触を絶ち(特に女性)その代わり、庭を囲むようにして建物を作ることでご近所さん達とお喋りをしたり、暑い夏は中庭で過ごしたりしたそうです。外からみるとただ小さな扉があるだけなのですが、扉を開けてみるとそこには美しい中庭が広がります。

e0335287_22164211.jpg


ん~、空が青い!シチリア、夏本番!

e0335287_2224163.jpg


今の季節、まだ緑もあって美しいです。この緑ももう少しすると微妙に枯れてきます、、、。(暑すぎだよ、シチリア)

e0335287_22244024.jpg


ふっと視線を下に落として見ると。
おっ!雲がすぐそこに!
エリチェにかかる霧は、霧、、、というよりは雲。海のすぐ側にそそり立つ750メートルのエリチェ山。気温が上がると海水が蒸発して、山の上で冷却されて雲になるんです。

「雲に手が届きそう、、、」

なんてよく言うけれど、手が届きそうなのは上にある雲を想像しますよね。エリチェでは雲の上にいることが多いので、手が届きそうなのは下にある雲なんです(笑)

エリチェは街の中にいれば可愛い街並みと程よく整備された石畳が本当に美しくって、山のてっぺん辺りにたどり着くとそこに広がる大自然のスペタクル。地平線や水平線が見渡せて、地球ってやっぱり丸いのね、ってきっと誰しもが思うことでしょう。

世界遺産になってもおかしくないくらいの街なのに、そこにあまり興味を示さないところも意外と好きかも(笑)世界遺産になって今以上に観光客が訪れるようになったら、エリチェも美しくなくなっちゃうかもしれませんから、、、。

2005年、このエリチェにあるマリアグラマティコというパスティッチェリアで修行をしていた私。お昼休みにはいつもひとりでプラプラ~、と散歩していたのに、それ以来もしかして初めてひとりで散策したかもしれないエリチェは、あの時と全く変わらずやっぱり美しく。時には一人歩きもいいものですね♪
by latavolasiciliana | 2013-05-10 22:34 | シチリア散策♪ | Comments(4)

Bello Trapani !!

e0335287_1535373.jpg


今日は用事があって久しぶりにエリチェへ1人で行ってきました。

「世界で一番安全」という(誰が言ったんだか・笑)ロープウェイに乗ってエリチェへ。ロープウェイから臨むトラーパニの街と真っ青な海はまさに絶景。いつもは、お客様とおしゃべりしているため、この景色をじっくり見ることって実はあまり無いのですが、今日はひとりで満喫してきました♪

エリチェの街もサイコーに美しく❤

レポはまた明日!
by latavolasiciliana | 2013-05-10 01:59 | トラーパニの風景 | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana