カテゴリ:ラ ターボラ シチリアーナ( 84 )

e0335287_4293670.jpg


今年2度目のパンテッレリア島ツアーを開催しました!

上の写真はLago di Venere、女神の湖という名のカルデラ湖。
そう、パンテッレリア島は火山島。
島全域が黒い溶岩石で覆われた地中海の黒い真珠。
その神秘的な風景は言葉では形容できないほど美しく、、、。

パンテッレリア島と言えばケッパーとパッシートが有名な島、、、ですが。
それ以外にもたくさんの美味しいものがゴロゴロしています。

今回は3泊4日で生産者を訪ねるツアーを開催しました。
ワイナリー3件、チーズ工場にケッパー、オレガノやパテ等を作るパンテッレリア食材の生産者。
毎日、あっちこっち忙しく周り、美味しいものを満喫してきました。

いや~、楽しかったっ!
仕事だ、、、という事を忘れてしまいそうなくらい楽しいツアーでした。
(いや、仕事はちゃんとしていますよ・笑)

おもてなし上手なパンテッレリア島民のお友達の助けもあって、
皆さんにも島の旅を十二分に楽しんでいただけたかな?と思っています。

奥深いパンテッレリアの食文化。
しばらくパンテッレリア熱が冷めそうにもない私です。

レポートは後日ゆっくりと。。。。
by latavolasiciliana | 2015-06-04 04:35 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)
e0335287_04492348.jpg
今日は通訳の仕事でMazara del Vallo(マザーラ デル ヴァッロ)という街に行ってきました。
お声をかけていただいたのは本厚木にあるシチリア料理のレストラン、
Fico di India(フィーコディインディア)の方々から。

Fico di Indiaでは去年から、ひょんなことからMazara del Valloにある、
恵まれない子供たちへの施設の募金活動をはじめたそうです。
その寄付金を持って施設に行きたい、、、という事で私を通訳として呼んでくださいました。
その施設はCasa di Comunita' Speranzaという、
チュニジア人やユーゴスラヴィア人の移民の二世や三世の学校の勉強を助ける施設でした。
子供たちは昼間は普通に学校に通っています。
シチリアの学校はほとんどが給食がなく、お昼前(13:30ごろ)には終わってしまうため
宿題が山ほど出るのです。
通常、お父さんやお母さんが宿題のお手伝いをしたり、
ゆとりのある家庭は家庭教師を付けたりするわけなのですが、
移民の彼らには宿題を手伝ってくれる人がいません。何せ彼らの両親は移民。
イタリア語での宿題は難しい。。。
そこで、この施設でプロフェッショナルな先生方がボランティア活動として
子供たちの宿題を一緒にやる、という訳です。

そしてこの施設では勉強も然ることながら、スポーツや団体行動を通じて、
人としての在り方、社会との交わり方、など、麻薬や暴力に走らないように
子供達を教育していきたい、と言っていました。

スポーツ教育の一環として、、、なんとブレイクダンスを披露してくれた子供達!
e0335287_05030732.jpg
他の子供達もヒューヒュー言いながら応援。
e0335287_05051588.jpg
なんだかすごく微笑ましい光景でした。
e0335287_05094554.jpg
ダンスを一生懸命なまなざしで見守るフィーコディインディアのマネージャーさんとシェフ、
そしてスタッフの皆様。
みなさんとっても素敵な笑顔!
この後、施設のスタッフの方々が街の旧市街、ほとんどチュニジア人が住んでいる地区を案内しながら
街の歴史や移民の現状を色々と語ってくださいました。

最後に寄付金の授与、けん玉や折り紙など、、、日本から子供達へのお土産の授与。
e0335287_05321773.jpg
けん玉に挑戦!
そして施設の方々からはお礼にシチリア菓子が振る舞われ。
最後は子供達もすっかり心を開いた感じで訪問終了しました。

最後に記念撮影、、、、一歩手前(笑)

e0335287_05345993.jpg
Mazara del Valloはとにかくチュジニア人がたくさん住む町。
割合で言ったらトラーパニの比ではないくらい。
外国人コミュニティにはイタリア人コミュニティとは別のたくさんの問題があります。
それを少しずつ解決していこう、と頑張る施設のスタッフやシスターパオラ(一番上の写真の方)は
チュニジア人家庭にとっては本当に心強い存在だと思います。
そして何といっても遠い日本から、、、、
この施設のために募金活動を始めたフィーコディインディアの皆様。
本当に素晴らしい試みだと思います。


フィーコディインディアではお昼の売り上げから10円@1人、
夜の売り上げから20円@1人として募金。
そのほか、お店に募金箱を置いてお客様からも募金をしていただいているそうです。
ということはお店に行くだけでも、間接的に募金に参加していることになります。
皆さんもおいしいシチリア料理を食べながら、募金に参加してみませんか?

フィーコディインディアのホームページはこちら↓
http://ficodindia.jp/

残念ながら私は食べに行ったことがないのですが、
私の食仲間の間ではもっぱら評判のシチリア料理店です。
私も今度日本に行ったら是非訪れてみたいと思っています。

人を助ける活動って色々とあるんだな~、、、、と心から思った今日。
私も自分ができる小さなことから何か始めてみようかな。




by latavolasiciliana | 2015-05-14 05:36 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(2)
e0335287_22152962.jpg


ちょっとアップが遅くなりましたが、、、。
4月に「春のシチリア祭り!」を開催しました。

予想を超えた人数の方々にいらしていただき本当に嬉しい限り!
シチリアにいらして下さった方、いつも日本の料理教室に来て下さる方との再会。
初めてお会いするシチリアファン。
たっくさんの方と声が枯れるまでお話しました(笑)

e0335287_22195779.jpg


1日目は飛ぶように商品が売れてゆき、本当に驚き、、、、(汗)

e0335287_22232689.jpg


日本未入荷の私の大好きなワインもたっくさんの方々に楽しんでいただきました♪

お越し下さった皆様、2日間、本当に楽しい時を過ごさせていただき感謝感謝!

どんな形かはわかりませんが、また楽しいイベントを企画したいと思います。

次回の日本の活動は料理教室を予定しています。
おそらく9月初旬の週末かと。。。。(いや、まだはっきりとは言えないのですが。。。)
日程が決まったらメルマガでまずは募集をかけます。
ご登録がまだの方は、下記URLより是非ご登録下さいね。

ターボラ シチリアーナ通信 ~美味しい&幸せなシチリアの食卓~
http://www.mag2.com/m/0001581661.html

ではまた次の機会に日本でお会いできることを楽しみにしています!
by latavolasiciliana | 2015-05-12 22:30 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)
シチリア祭りで販売する食材を少しずつ紹介していきます。

今回のイチオシ食材はこれ。

e0335287_3303983.jpg


今まで私のブログでも何度も紹介した古代小麦Tumminia(トゥンミニア)の全粒粉で作られたネジネジパスタブジアーテと、平たいパスタフェットチーネ。
こんな食べ方こんな食べ方をご紹介しました。
皆さんにもこのモチモチ感と粉の本来の美味しさを皆さんに味わっていただきたく、
今回、祭りで販売することにしました!

そして今回はオリーブの木のキッチングッズも充実!

e0335287_3395826.jpg


今回の私の一番のお気に入りは魚の形をした鍋式!一目惚れ~❤
人気商品らしく6枚だけしか入手できませんでした。
絶対手に入れたい!という方は早い時間にいらしてくださいね。

それと、これも可愛すぎる、、、❤

e0335287_343542.jpg


オリーブの木で出来た6個のボウルセット”マトリョシカ”。
シリーズの名前通り、全部重ねることができます。
小さなボウルはアーモンドやオリーブなど、おつまみを入れて。
大きなボウルはミニサラダボウルとして。
大きさを測らずに発送準備をしてしまいましたが、
一番大きいもので確か18cmくらいだったと思います。

ひとつひとつ手作りで作られたこのボウルセット。
手に持ってみるととても温かみがあります。
飾り棚に順番に並べておいてもかわいいですね❤

シチリア祭りまであと1ヶ月ちょっと。
少しずつ商品を紹介していきますね!
by latavolasiciliana | 2015-03-10 03:45 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(4)
e0335287_21262678.jpg


”春のシチリア祭り!”を開催します!

2013年秋に開催した初めての「シチリア祭り!」
想像以上にたくさんの方に来ていただき、大盛況で幕を閉じました。
今回はその第2弾!
前回より食材も増えパワーアップしています!

「シチリア祭り!」は、、、

●REIの厳選チョイス!シチリア直送のシチリア食材と雑貨販売
●シチリアワインで乾杯!シチリアワイングラス売り
●おつまみも食べたい?シチリアつまみもあります
●マヨルカ焼き作家中村智世さんの陶器展示販売

などなど。
とにかくシチリアを日本に持っていって楽しむぞ!みたいな祭りです。

今まで、こんなことを感じていたあなたっ!

「料理教室も参加してみたいのですが、ちょっと敷居が高くって」
「シチリアって興味あるけれど、、、現地プランに申し込む前にちょっと話しが聞いてみたい」
「REIさんってどんな人なの?ちょっと興味あるわー。」

ぜひお気軽にご参加くださいね♪

もちろん

「シチリア大好き!(自称シチリアマニア・笑)」
「シチリアに行った余韻を味わいたいわ~」
「美味しいワインが飲みたい♪」
「シチリア食材がちょうど切れちゃった!」
「REIさんに会いに行く!」

なんて方も大歓迎ですっ!

たくさんの方に気軽に参加していただき、シチリアを楽しんでいただきたいと思っていますっ!

<販売予定のシチリア直送の品々>
●パンテッレリア島産 塩漬けケッパー
●パンテッレリアの山から収穫&丁寧に乾燥させた香り高いオレガノ
●シチリアの大地の恵みが凝縮したドライトマト
●シチリアの夏の味を閉じ込めました ジュゼッペおじさん特製トマトソース
●アグリジェント産 杏仁の味が濃い皮なし生アーモンド
●これだけで料理がウマくなる!極上一番塩 フィオーリ ディ サーレ
●メニューに困ったときの便利もの!トラーパニ産まぐろのカラスミパウダー
●古代小麦Tumminiaの全粒粉で作ったねじねじパスタ「ブジアーテ」などのパスタ
●シチリアといえばかんきつ類!オレンジのマルメッラータとレモンのマルメッラータ

●オリーブの木のキッチングッズ色々、今回は充実しています。
●シチリア気分を盛り上げよう!シチリアエプロン&ナプキン
●REIの著作「シチリアのおうちレシピ」「シチリアの伝統菓子とマンマの手作り菓子」

●マヨルカ焼き作家中村智世さんの陶器販売(時間によってはご本人もいらっしゃいます)

このほかにもシチリアで厳選した食材や雑貨を日本の皆さんにお届けします!

どの品も数が限られています。
絶対に入手したい!という方は、お早めにいらしていただけますようお願い申し上げます。

秋のシチリア祭り!の詳細-----------------------------------------------------

●開催時間 :4月18日(土) 14:00~21:30(ワインとおつまみL.O21:00)
4月19日(日) 10:30~19:00(ワインとおつまみL.O18:30)

●開催場所 : レンタルキッチンスペース PATIA(パティア)
東京都新宿区四谷1-17 MEISTER四谷 1F

☆詳しい場所はこちらを参照下さい↓
http://www.patia.tokyo/access/

※シチリア祭り!に関するお問い合わせは、 FBメッセージにてお願い致します。
ホームページに記載されている電話番号では受け付けておりません。

<<注意事項>>
●会場は土足禁止となっております。
スリッパの数が限られておりますので、スリッパはお持ちいただけると助かりますっ!
万が一、スリッパの数が足らない場合、入場をお待ちいただくこともございます。

●お買い物用エコバックを持参いただけますようお願い申し上げます。

●つり銭が足りなくなる恐れがあります。
小額紙幣、そして小銭をたくさん持って来ていただけますよう、お願い申し上げます!

●オープン時は食材を購入されたい方々で混雑する可能性がございます。
ワインとおつまみを楽しみたい方は、少し時間をずらして来て頂けると、
ゆっくり楽しむことができると思います。

●駐車場のご用意はございません。

●シチリア祭りへのご参加は特別予約は必要ありません。
ご都合の良い時間にいらしてください。
大体の日時と時間がお分かりの方は、ブログやFBイベントで、
一言コメントを残していただけるとありがたいです!

------------------------------------------------------------------------------------

Facebookでは当日販売予定の食材のご紹介をしています。

https://www.facebook.com/events/1397308867241646/

どんな食材があるのかな?ご興味ある方は是非、上記リンクからご覧くださいね。
FBのアカウントをお持ちでなくてもご覧いただけるはずです。

皆様のお越しをスタッフ一同、お待ちしております☆
by latavolasiciliana | 2015-03-09 21:29 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(2)
e0335287_2353285.jpg


気がつけばもう3月。
3月の声を聞いた途端に気温も上がり、春めいてくるから不思議です。
こうなってくると俄然恋しくなるのが青い海。
ラ ターボラ シチリアーナでは今年も企画しました夏合宿!
シチリアの秘境マレッティモ島とトラーパニに宿泊し、青い海と美味しい食事を楽しむ5泊6日。
ワイナリー、料理教室、そして白い砂浜が広がるサンビートロカーポへ、、、
シチリアの夏を満喫できる充実のプランです♪

期間は6月29日~7月4日まで。
鬱陶しい日本の梅雨を飛び出して、シチリアでノンビリ羽を伸ばしてみませんか?
一足お先の夏休みに最適のプランです。

一緒にシチリアで海を、夏を楽しみましょう!

詳しくは下記URLをご覧下さい。

●夏合宿!シチリアの海を一足お先に満喫しよう!5泊6日
↓↓↓
http://tavola-siciliana.com/set_plan/natsu_2015.html

●マレッティモ島や夏合宿で訪れる街にについては下記のURLもご参照下さい。

<もうすぐ夏合宿!マレッティモ島に行きます>
http://tsiciliana.exblog.jp/20624121/

<マレッティモ島の街を散策する>
http://trapani2.exblog.jp/15497560/

<未開の地マレッティモ島で過ごす週末>
http://trapani.exblog.jp/8959375/

<サンビートロカーポで極上の休日を過ごす>
http://trapani2.exblog.jp/17777911/

<天空の街 エリチェ>
http://trapani2.exblog.jp/13749622/
by latavolasiciliana | 2015-03-03 23:50 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(2)
日本で開催する「REIの料理教室」はテーマに沿ってメニューを私が決めていますが、
シチリアで開催する私の料理教室は、皆さんのご希望をなるべく取り入れる形でメニューをご相談させていただいています。

今月、生徒さんからあったリクエストは、

「冬の旬を使った家庭料理」

冬の旬と言えば、カルチョーフィ(アーティチョーク)、フィノッキオ(フェンネル)、ブロッコロ(という名の緑のカリフラワー)、、、、
イタリア料理を知らない人には「なにそれ?」と言われちゃいそうなややっこしい野菜ばかり(笑)

私がシチリアで料理教室を始めた頃には、

「日本では手に入らないので、、、」

とメニューから敬遠されていたこの野菜たち。
この10年で日本のイタリア野菜の流通事情も随分変わったせいか、
最近は、あえてこの野菜達を使った料理をリクエストされることも増えてきました。

e0335287_18174053.jpg


カルチョーフィはどうやって調理したらよいか分からない、、、
という野菜の代表格。
アザミの一種なのでトゲトゲしたこの人、
本当に最初に食べた人、、、、勇気あるな~、って思います(笑)
しかも蕾なんですよ、カルチョーフィって。
放置すると春先に美しい青紫の花が咲きます。

e0335287_18203333.jpg


シチリアの方言では「ブロッコロ」と呼ばれていますが、、、、
実際にはカリフラワーなこの人。
でも、その正体は、、、、ブロッコリーでもカリフラワーでもない感じです。
茹でるととってもクリーミーなこの野菜。
今回はこれでパスタを作りました。
レシピ自体は日本でも再現可能なものではあるのですが、
実際の味はやっぱりシチリアに来ないと食べれない。

私もだ~い好きな野菜のひとつなのですが、、、ひとつ難点が。
茹でると家中がかなり臭い(笑)

e0335287_1824275.jpg


そして冬と言えば忘れてはいけないのがオレンジ!
日本ではオレンジはフルーツ、、、ですが、シチリアでは料理のための食材の一つ。
「シチリアのおうちレシピ」にも掲載したオレンジのサラダ。
オレンジとフィノッキオ(フェンネル)という最強の組み合わせです。
生徒さんは料理教室の先生でしたので美しく盛ってくださいました♪

この日のメニューは、

●カルチョーフィのフリッタータ
●ブロッコロのパスタ
●カジキのパンテッレリア風
●アーモンドのビスコッティ

と、ほぼ私のおうちごはん的なメニューでした。
が、やっぱり旬のメニューは美味しいな~、そして家庭料理は何度食べてもおいしいな~、、、
と、自分でレッスンしながら思ったのでした。

レストラン料理ももちろん美味しいのですが、
私が目指すのはシチリアのお母さんたちが家族のために作り続けてきた旬の素材を使った家庭料理。
飽きずに毎日食べ続けられる「おうちごはん」です。
私がここシチリアで色々なマンマから教わったおうちごはんのエッセンスを
皆さんに伝えられたら嬉しいな~、と思っています。

料理教室はセットプランにも組み込まれていますが、
1回だけのレッスンもお申し込みいただけます。
料理教室の前に料理教室に使う食材他、
日本にお持ち帰りの食材ショッピングもご一緒することが出来ます。

シチリアの冬の旬が楽しめるのは4月末まで。
GWの旅でもギリギリ楽しむことができます♪

詳しくはこちらから。
↓↓↓

●REIのシチリア伝統料理教室@トラーパニ
http://tavola-siciliana.com/lezione/rei.html
by latavolasiciliana | 2015-02-21 18:36 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)
e0335287_19354710.jpg


久しぶりのWマンマの料理教室!

去年、おととしと、私がなんだか忙しくなってしまったため、
ラ ターボラ シチリアーナのプランは自由に期間を選んでお申し込みをいただくことができず、、、。
今年になって、ようやく皆さんのご都合に合わせてプランのお申し込みをいただけるようにしたら、
すぐに予約が入ってきたWマンマの料理教室。
そんなこんなで久しぶりの開催となったWマンマの料理教室でした。

いとこ同士のこの2人、かつては同じ屋根の下に住み、同じおばあちゃんから料理を習っていたそうで、、、
2人の息は本当にピッタリ!
彼女達が教えてくれるのはクラシックなトラーパニ伝統料理。
おばあちゃんの時代のレシピからほとんど手が加えられていないそうです。

e0335287_19392219.jpg


みんなで粉をコネコネ、、、。

e0335287_1941691.jpg


できた!ねじねじ手打ちパスタブジアーテ!

e0335287_19415984.jpg


シチリア風ポルペッテはみんなの人気者。
これがキライな人はいない、、、?というくらいみんな大好きなメニューのひとつです。

e0335287_19441176.jpg


今が旬!のカルチョーフィ。
掃除の仕方を教わりたい、、、という生徒さんのご希望により、
イチからカルチョーフィを剥き剥き。
これが結構楽しいのです。

ラ ターボラ シチリアーナの料理教室はすべて参加型ですが、
Wマンマの料理教室は材料は揃っているだけで、ほとんど何の準備もされていないので、
特に食材に触る機会が多いのも楽しいところ♪
二人がおばあちゃんから料理を習ったときのエピソードや、
料理の歴史的背景もしっかりと説明してくれ。
レシピと作り方だけを習うだけではなく、その料理がどうしてそうなったのか、、、
そんな小ネタもいっぱい仕入れることができます(笑)

楽しく勉強できて、尚且つとっても美味しい彼女達のトラーパニ伝統料理。
皆さんのご都合の良い日程で、ご予約を承ることができるので、
旅のワインポイントのアクセントにいかがでしょう?
きっと良い旅の想い出となるはずです。
料理教室の先生やシェフなど、料理の仕事に従事される方は、
数回のレッスンを受けることで、トラーパニ伝統料理についてかなり詳しくなれること確実!です。

詳しくはラ ターボラ シチリアーナのホームページをご覧ください♪
↓↓↓↓

■Wマンマのシチリア伝統料理教室
http://tavola-siciliana.com/lezione/w_mamma.html
by latavolasiciliana | 2015-02-19 19:55 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(2)

GWはシチリアへ♪

今週は天気の良い晴れからスタートのトラーパニ♪ 天気が良いだけで気分もup♪

1~3月は冬が訪れるシチリア。東京と比べるえと比較的温暖ではあるものの、やはり春の訪れが待ち遠しい季節です。4月になり中旬を過ぎると、もう初夏の日差しとなってくるシチリア。GWのシチリアは比較的気候も安定していて晴れる日が多く。6月を過ぎると結構暑い日がやってくるシチリアですが、GWは暑すぎず、もちろん寒いわけではなく。本当に気持ちの良い季節です☆

去年まで、固定プランを作っていたGWですが今年は皆さんのご都合に合わせてお申し込みができるようになっています。その中でもオススメのコースは、「トラーパニステイ 、レジデンス泊ベーシックコース3泊4日・5泊6日」。短期間でトラーパニ周辺の食文化と観光が一気に楽しめるコースです。

プランでは料理教室が2回、マルサラワインのワイナリー見学と試飲、そして塩田にも行きます。中世の山の上の街エリチェを散策、そして古代ギリシャ時代に立てられた神殿がある遺跡セジェスタ、、、と、食も観光も全部楽しみた~い!という方に最適なプランです♪

ご宿泊はトラーパニ旧市街の中心地にあるレジデンス。 レジデンスとは、普通のホテルやB&Bとは違って

「暮らすように滞在すること」

を目的とした、長期滞在型の宿泊施設です。キッチンも付いているので、ちょっとした料理を作ることもできます。トラーパニのレジデンスやB&Bは通常、チェックインをして鍵を渡したらもう後は勝手にどうぞ~、というスタイルが多いのですが、ご宿泊していただくレジデンスは9:00~23:00まではフロントにスタッフが常駐しています。英語も通じるので、何か困ったことがあればすぐに対応してくれるので安心です♪

4月のトラーパニはもう初夏の日差し♪

e0335287_1841969.jpg


そしてこの時期は1年に1回だけ訪れるお花畑の時期!

e0335287_186727.jpg


ギリシャ遺跡セジェスタは野の花に包まれます。

e0335287_1882233.jpg


のどかな塩田♪

エリチェからは絶景が望めます。

e0335287_18152930.jpg


写真で見ても美しいシチリアですが、実際に眼で見るシチリアはまた別物。想像するより大きなスケールの大自然が広がります!

5泊6日のコースではパレルモ散策にも行きます!

e0335287_1818587.jpg


市場、教会を中心にパレルモ旧市街を一緒に散策しましょう。

GWはどこかに旅行に行きたいけれど、今から予定を立てるのも大変だし、、、という方、是非シチリアへいらしてみませんか?個人旅行ではなかなか難しいシチリア食文化体験の旅にREIがご案内します♪

詳しくは下記URLから。

「トラーパニステイ 、レジデンス泊ベーシックコース3泊4日・5泊6日」

ご興味ある方はまずはお問い合わせください。
by latavolasiciliana | 2015-01-26 18:22 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(0)
天空に浮かぶ街ラグーサ、ジャリジャリチョコの街モディカ、南東部の宝石ノート、、、シチリア南東部には魅力的な街がたくさん!でも、、、公共の交通機関を使っていくのは至難の技。それでも行きたい!という方のために、、、ラ ターボラ シチリアーナでは新しいプランを作りました。

滞在のベースとなるのは、私が2004~2005年にかけて、チョコレート修行のために滞在した「モディカ」という街。渓谷沿いに作られたこの街。渓谷に張り付くように作られた家々は、まるで洞窟住居を連想させます。夜になると灯るオレンジの街灯が渓谷を照らし、、、それはそれは美しい空間。シチリアには美しい街がたくさんありますが、どこかひとつ、、、と言われたらきっと私は「モディカ」と答えるかと。それほど、美しく、そして異国情緒を感じさせてくれる街なのです。

小さな街なので多くの人がチョコレートを買って次の街に移動してしまいますが、モディカの本当の美しさが見れるのは日が落ちてから。なので、この街をベースとして選びました。

プランでは、ご到着日の夜、早速モディカの夜景を専用車で回りながら堪能していただきます。

e0335287_285896.jpg


2日目は、天空に浮かぶ街ラグーサへ!移動は専用車でラクラク♪

e0335287_2152823.jpg


シチリア南東部のバロックの街といえば、縁の下の力持ち!

e0335287_2172377.jpg


思わずププっと笑ってしまうような力持ちもたくさんいます。

おいしいチーズ屋さんもあります。

e0335287_2191229.jpg


ご出発前に、ラ ターボラ シチリアーナ特製お勧めのお店&スポットが入った地図を差し上げます。観光も食も十分にお楽しみください♪

ランチ終了時間ごろにモディカに戻り、夕方はモディカチョコレート、、、といえば!モディカ一番の老舗お菓子屋さん「Bonajuto(ボナユート)」で古代アステカ文明から伝わる、、、というチョコレート作りを見学いただきます。チョコレートだけではなく、モディカ菓子も試食☆

e0335287_2262330.jpg


e0335287_2285012.jpg


ボナユートは私がシチリアで一番最初に修行をした思い出の店。もう10年も経ちますが、そのときのメンバーも健在っ!皆さんを優しく出迎えてくれるはずです♪ チョコレートの歴史や作り方をわかりやすく説明してくれます。

e0335287_230295.jpg


さて、この日の夜は地元ファミリーのお宅でお夕食♪ モディカの郷土料理を堪能いただきます。気分はプチホームステイ!英語も通じますが、言葉がわからなくてもご安心を♪ 心と心でする会話、、、きっと旅の思い出になるはずです。

盛りだくさんの2日目が終わり、3日目。

モディカの街から田舎道を走り、、、ワイナリー訪問です。シチリアの雄と言っても過言ではない「PLANETA社(プラネタ社)」のブドウ畑&カンティーナを訪問します。かの有名なプラネタ社のワインがどんなところで作られているのか、、、じっくりお楽しみいただけます。イタリア語、もしくは英語のご案内となりますが、事前に詳しい資料をお渡し致しますので安心してご見学いただけます。

e0335287_236775.jpg


e0335287_2371436.jpg


ランチもワイナリーにて♪

4種のワインを試飲しながら、ワイナリーでシチリアの特産品をたっぷりと使ったランチをお楽しみください。

e0335287_2382294.jpg


午後は、南東部の小さな宝石と言われるバロックの街、ノートへ。美しいバロックの街を散策、、、そしてもうひとつの目玉!シチリアファン垂涎(笑)の「パスティッチェリア Caffe' Sicilia(カッフェ シチリア)」でお菓子をお楽しみください♪

e0335287_245897.jpg


カッフェ シチリアにはシェフ パティシエ コラード氏が生み出す美味しいシチリア菓子を食べに全国からお菓子ファンがやってきます。

e0335287_251185.jpg


この日も移動はすべて専用車ですので、移動はラクラク♪

3泊4日のこのプラン、ご宿泊はモディカの旧市街中心地にあるプチホテルをご用意致します♪

電車やバスなど公共の交通手段が発達していないシチリア、、、自力で移動しようと思うと、なかなか大変です。プランではモディカに到着してからは、ほとんどが専用車での移動。安心して旅を楽しむことができます☆

もちろん、カターニャ空港、カターニャ市街、または他の街よりモディカの街まで専用車を手配することも可能です。(※別途料金)

こちらのプラン、基本的には日本語アシスタントが付かないプランとなっていますが、モディカのど真ん中にある「Modica Visiter Center(モディカビジターセンター)」のスタッフが皆さんをサポートします。街やプランのインフォメーションはもちろん、旅の途中で困った時にはお気軽にお立ち寄り下さい。ワタクシ、REIへの日本語ホットラインもご利用いただけます♪

ここで、皆様に朗報☆

ただいまモニター1組を募集中です。通常、REIのアテンドが付かないこのプランですが、1組様に限りご到着~ご出発までREIのフルサポートが無料で付きます!条件は下記の通り。

●ご滞在中に撮影した写真をホームページ、ブログ、Facebookにての使用を許可いただける方。(お客様の顔が写っている写真が掲載される場合もあります)
●2名様以上でご参加いただける方。
●ご滞在後、プランの詳細についてのアンケートにご協力いただける方。

2015年はシチリア南東部へ、、、と思っている方、チャンスですよ~☆

旅の詳細、料金などは下記URLよりご覧ください。

■バロックの街を周遊しながら楽しむ食の旅
ジャリジャリチョコ 工房見学+ワイナリー見学&ランチ+プチホームステイ

http://tavola-siciliana.com/set_plan/barcco.html

皆さんからのお問い合わせをお待ちしております☆
by latavolasiciliana | 2015-01-14 00:18 | ラ ターボラ シチリアーナ | Comments(4)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana