カテゴリ:畑の四季折々( 14 )

e0335287_15244631.jpg
先週、仕事でワイナリーへ行ってきました。

気候が温暖なシチリアは、イタリア北部に比べて1か月くらい早くブドウが芽吹き始め、
4月中旬で葉がフッサフッサと♪ 
房も既に形を現しています☆

e0335287_15271819.jpg
今年は冬がとっても短かったトラーパニ。

シチリアはすっかり春です❤



by latavolasiciliana | 2016-04-18 15:28 | 畑の四季折々 | Comments(0)
e0335287_22553981.jpg


今、ドミンゴ家のお庭にはちっちゃいものがたくさん。

上の写真はオレンジの赤ちゃん。
オレンジって5月に小さな実が成って、収穫できるのは12月以降、、、。
半年以上かけて大きなオレンジになるんです。
そう思うと、1つずつ大切に頂かなきゃな~、と思うんです。

e0335287_22585269.jpg


そして待ってました、オリーブの赤ちゃん!
去年は凶作であったことは日本でもウワサが広まっているかと思いますが、、、
今年こそっ!とイタリア全土の生産者が願っているはず。
ドミンゴ家のお庭にあるオリーブはオイル用ではなく、食用として収穫されます。
5月上旬にはたっくさんの白い小さなお花が咲いていて、
今、ちょうど小さな実が成り始めました。

今年は大きな被害が出ませんように。。。。

e0335287_232195.jpg


これはブドウの赤ちゃん♪
ブドウはあと2か月ちょっとで収穫!楽しみです♪

e0335287_23475.jpg


これは見てお分かりの通り、カキ。
ちなみにカキはイタリア語でもカキ。
時折単数形でカコって言っている人もいて。

カキって小さな時からカキの形。
そしてヘタの部分は最初から大きい。

小さいものってなんだか愛らしくて、畑で1人ニヤニヤしていた日曜日の午後でした。
by latavolasiciliana | 2015-05-25 23:06 | 畑の四季折々 | Comments(2)
今年は年末に天候が崩れ、雨&大雪が降ったため、畑の土はかなりの水分を含んでいました。

シチリアの土、水分を含むと粘土みたいにドロドロになります。長靴を履いて畑を歩くと、靴に土が大量に引っ付き重い&2倍に膨れる(笑) そんなこんなで私はしばらく、畑に入っていなかったのですが、、、、その間、パパはしっかりと畑仕事していました。

日曜日の午後。ようやく土も乾いてきたので畑散策っ!

e0335287_1847740.jpg


わおっ!もうグリーンピースが成長し始めている、、、っ!

e0335287_1848346.jpg


ソラマメも、、、♪

マメって小さい頃はやたらかわいいと思いませんか?

e0335287_18494345.jpg


にんにく。

12月に植えたそうですが、収穫は7月上旬。にんにくって小さいですが、半年以上もかけて、あの不思議な形を形成していきます。にんにくは種ではなく、にんにくの1片を植えるわけなのですが、1片が1つのにんにくに、、、まるで錬金術っ!自然ってすごい。

e0335287_18533240.jpg


ここ、、、まるで雑草園みたいですが(笑)

庭の一角の種を撒いて出てきた青菜と、野草が混在している場所。数種類の青菜が収穫できます。奥のフサフサしたところは、お隣の畑。小麦が生長しています。

冬のシチリアの畑は、ブロッコロ(という名の黄緑カリフラワー)、フィノッキオ(フェンネル)、カルチョーフィ(アーティチョーク)が主役達。その他はあまり植わっていない地味~な感じ。でも年を越すと春野菜が成長し始めて、早くも春の息吹が感じられます。

1月2月はシチリアも結構寒いですが、陽射しは段々と強くなってきて、日も少しずつ長くなってくる。春の訪れを感じられる日が多くなってくる時期です。

12月はクリスマスシーズンで好きな時期のひとつでもあるけれど、それと同時に一番日の短い冬至もあるという嫌いな季節のひとつでもあります。気分もお天気にすっかり左右される私は、年明けが待ち遠しく、そして春の兆しを感じながらちょっとウキウキしてきた今日この頃です♪
by latavolasiciliana | 2015-01-12 19:00 | 畑の四季折々 | Comments(0)
ここのところ、日曜日が忙しく、、、今月初めて行ったマンマの日曜日ごはん。って、もう11月30日(笑)

今日のごはんはポルペッテのパスタ。

e0335287_32767.jpg


マンマのポルペッテは何故か美味しい。私もほぼ同じレシピで作るんだけど、、、なんか違うんだよな~。まぁ、自分のは自分なりに美味しいと思っているからいいんですけど(笑)

セコンドは牛肉&鶏肉のグリルと畑の野菜の新鮮サラダ。

e0335287_3292133.jpg


ポルペッテに焼肉、肉 on 肉です。

食後には、焼き栗、フルーツ、マンマの娘のお手製オレンジのタルト(美味しかった!)、、、今日も満腹っ!焼き栗ってデザートと同じ位置づけで出てくるんですよね、いつも。なんとなく不思議な感じ。

先週はクスクスだったにも関わらず、自分の仕事があって家で黙々と仕事をし、、、(涙)C氏がお持ち帰りしてくれて、翌日たんまり食べましたけどね(笑)

久しぶりにちょっとリラックスした日曜日でした。

食後は、こちらも久しぶりの畑散策。

e0335287_3352457.jpg


そろそろ熟してきたタロッコという名の赤オレンジ。でも十分に熟すのは1月以降。今年は暖かいが故に、柑橘系がなかなか熟しません。今日もアフリカからの風、シロッコが吹いて27度まで上がっちゃったし。

おまけに雨がまだまだ降らないトラーパニ、、、。冬野菜の苗もなかなか植えられず、でしたが、さすがにもう11月末。

e0335287_3435030.jpg


フィノッキオ(フェンネル)も、

e0335287_3451370.jpg


ブロッコロ、という名のカリフラワーも植わっていました。

今年、6月以降、まとも雨が降った日は数えるくらいしかありません。そしてどうやらシロッコ当たり年らしく、いつも南風が吹いていて、気温が高い。だから、いつもなら今の時期はいなくなるハエもまだブンブンいて、オレンジに穴を開けちゃったり。農作物が大変な年となりました。

e0335287_34917.jpg


まだまだ柔らかそうなホウレン草♪

e0335287_3501957.jpg


真夏以外、ほぼ通年植えてあるネギ。

e0335287_3515640.jpg


ようやくカルチョーフィも出てきました。カルチョーフィって毎年同じ場所に出てくるんです。これは春に収穫。あと4~5ヶ月待たねばなりません。

おっ!小さな秋発見っ!

e0335287_3545066.jpg


柿の葉が微妙に紅葉していました。27度の南風の中で、ちょびっと秋を感じられた一瞬(笑)

さて、今週、日本に向けて出発しますっ!今、準備に大わらわですが、忘れ物のないよう、万全の準備をして出発したいと思います!日本では東京での料理教室が2日に渡って4回、熊本でオリーブオイルイベント、そして東京に戻ってきたらもう1回料理教室、、、ご参加いただける皆様、お会いできることを楽しみにしていますねっ♪
by latavolasiciliana | 2014-12-01 03:58 | 畑の四季折々 | Comments(2)
昨日、ドミンゴ家の畑に行ったらこんなものがありました。

e0335287_19114296.jpg


これなんだか分かりますか?近づくと、、、

e0335287_19123023.jpg


もうお分かりですよね、そうソラマメ。
シチリアでは春に収穫したソラマメを乾燥させて保存食とします。でもこのソラマメ、、、この状態で乾燥されているわけではありません。収穫したソラマメは鞘に入ったまま木陰で1ヶ月ほど干します。その後、鞘をバンバン叩いて中身を取り出し、更に乾燥させます。(詳しくは昔のエントリー参照)これはつまり最終乾燥段階。これで冬になっても美味しいソラマメが食べれる、、、というわけです。

いやいや、いつもながらパパに脱帽です。

さて、すっかり暑くなってきたシチリア。畑もすっかり夏模様。

e0335287_19204665.jpg


ズッキーニは既に収穫が始まり。玉ねぎもトマトももうすぐかな?ナスはちょっと遅れをとって今がお花の時期。それにしてもナスの植物の紫って本当にきれいで☆彡葉の付け根から筋、そしてお花の薄紫、、、自然の色ってすごく美しいな~、、、とナス見て一人感動する私(笑)

そういえばこれも今からが季節!

e0335287_19241332.jpg


ケッパーです。
何度も書いてきましたがケッパーはお花の蕾。ほうっておけば白い美しいお花が咲くわけですが、その前に収穫してしまう、、、というちょっと残酷でもある食べ物なわけですが、ケッパーはやはりシチリア料理には欠かすことができず。ドミンゴ家はケッパーの味が誰もあまり好きじゃないので、収穫はされずこの後お花がバンバン咲きます。夏の初めの私の楽しみの一つです♪

路地ものの夏野菜が出揃ってきた今日この頃。目で見ても鮮やかな夏野菜は料理していても楽しくって♪ あ~、やっぱりシチリアは夏がいいね~♪
by latavolasiciliana | 2014-06-09 19:30 | 畑の四季折々 | Comments(0)

カルチョーフィ畑

日本ではあまりなじみの無い食材、カルチョーフィ。なにそれ?という人には英語でアーティチョークと言ったほうがまだなじみやすい?カルチョーフィ自体がなじみないモノなのだけれど、はて、一体どうやって成っているのだろう、、、という方も多いはず。

カルチョーフィは今が旬真っ盛り!シチリアの田舎にはコレでもか~!というばかりのカルチョーフィ畑がそこらじゅうに広がっています。

e0335287_18254456.jpg


葉の間からポコポコでているもの、それがカルチョーフィの正体。

もう少し近づいてみると、、、

e0335287_18314897.jpg


これがカルチョーフィ!

大きな葉の間にニョキっと現れるこの物体、野菜として扱われていますが実はお花の蕾。収穫しないでこのまま放置すると青い美しい色のお花を咲かせます。

このカルチョーフィ、ひとつのサイズは意外と大きいのですが食べられる部分は意外と少なく。真ん中の柔らかい部分(イタリアでは”cuore=クオーレ=心臓”と呼んでいます)が主に食べられるところ。シチリアの家庭では丸ごと蒸して、1枚1枚を歯でしごきながら食べるのが一般的。試してみたい!という方。是非、冬のシチリアにいらしてください♪

日本では1個300円以上するらしいこの高級食材ですが、ここシチリアでは今の時期10個で3~5ユーロと激安期に入ってきました。あと1ヶ月半ほどで旬が終了してしまうカルチョーフィ。私もそろそろラストスパートだっ!
by latavolasiciliana | 2014-02-18 18:39 | 畑の四季折々 | Comments(0)
e0335287_21442398.jpg


パパの畑で今年初めてのブロッコロ(という名のカリフラワー)が収穫されましたっ!

先週の日曜日は、

「収穫まであと一息だな~、、、」

と言っていたパパですが、昨日、

「ブロッコロ持ってく?」

と。で、植わっていたブロッコロを覗いてみると、どれもこれも大きくなっていましたが、収穫した形跡はなし。

「そうだよ。これが今年初めての収穫だからね。」

わ~い!今年の初物は私がゲットしました♪

ブロッコロ、大きな葉から顔を覗かせている姿もとってもかわいいですが、収穫してみるとなんとも美しい色と形、、、。シチリアの陽射しに映えてキラキラしています。

さて、今日はこのブロッコロを使ってパスタ♪ トロントロンのクリーミーなソースに仕上がります。パスタのお話はまた明日、、、♪
by latavolasiciliana | 2014-02-17 18:46 | 畑の四季折々 | Comments(0)
e0335287_197622.jpg


このブログではおなじみのブロッコロ、、、という名のカリフラワー(笑) シチリア弁でカリフラワーのことは「ブロッコロ」と呼ばれ、私達が指す濃い緑のブロッコリーはトラーパニ地方では「スパラチェッドゥ」と呼ばれています。ややっこしい(笑)

最近では10月くらいからメルカートに並ぶブロッコロですが、ブロッコロは本来冬の野菜。10月のまだまだ夏のような天気のシチリアに並ぶこと自体が本当は不自然なのです。この時期に並ぶ冬野菜は、大量の水分と肥料を与え季節外れでも育つようにするため、やっぱりあんまり美味しくなくって。需要があるから作るのだろうし、早生ものはそれなりに高く売れるので、農家の方々も生活していくためにはそれも仕方なし。

パパの畑は販売することが目的ではなく、自分達家族が食べることが目的。なので、植物が気持ちよく育つことができるようなタイミングで種まきをします。なので、パパの畑に成っているものは本当の旬の野菜たち、という事になります。ちなみにブロッコロは今ようやく葉から顔を覗かせてきました。あと1週間くらいしたら収穫できます♪

「季節の野菜を食べないと、その栄養分は体に吸収されにくい」

と、良く言います。シチリアはまだまだイタリア全土に比べると旬がはっきりと見ることができるし、1年中、何かしら収穫ができるという恵まれた土地でもあります。が、こうして「本当の旬」を食べて生活している人が身近にいると、そのシチリアのメルカートですら旬が無いように思えてきてしまうところが、、、ラッキーなのか、ラッキーじゃないのか(笑)

本当の旬が味わえる生活って本当に贅沢だな~、、、と思う今日この頃。パパに感謝。
by latavolasiciliana | 2014-02-12 19:19 | 畑の四季折々 | Comments(0)
e0335287_17592845.jpg


今年は暖冬とは言え、それなりに寒いシチリア。でも最近は日が長くなったり、畑の様相がちょっと変わったり、、、春が近づいているのを感じることができます。

パパの畑では、グリーンピースの芽が出てきました。チッチャくてかわいい、、、❤ こんな小さな頃からクルンとツルが出ていて、とってもチャーミング。

e0335287_1823975.jpg


チャーミングなグリーンピースに比べて、小さな頃からドッシリとしているソラマメ君。こっちはちょっと男性的?

グリーンピースもソラマメも旬が短い春の風物詩。3ヶ月後くらいの収穫時には、もう相当暖かくなっているはずです♪

冬には冬のよさがあるシチリアですが、やっぱり私は真っ青な海とギラギラした太陽の夏が好き♪ 少しずつ季節が変わるのを楽しみながら夏の到来を待ちましょう。
by latavolasiciliana | 2014-01-21 18:06 | 畑の四季折々 | Comments(2)

冬の畑

ここのところずっと天気もよくって気温もそこそこ高いトラーパニ。

パパの畑、雨が降ると土が粘土みたいに靴に引っ付いてくるので、畑になかなか入っていけません。最近、晴天が続いているのできっと乾いてるなっ!と思って畑に入っていったら、、、意外と土が湿っていた、、、ズボッ!11月は結構なまとまった量の雨が降って、このときの雨水をどうもたくさん蓄えているようです。

「耕しておかないと雨水は土に吸収されないからね。」

とパパが言っていたのを思い出しました。そして朝はそれなりに冷える田舎。(10度以下らしい)朝露が降りてきて、土が軽く湿るそうで。もっとも今の時期、夏の土のようにカラカラだったら、夏になったら食物はもう育たないくらいカラカラになっちゃうでしょうね~。

土が乾いていそうなところを選んで畑を見てきました。

e0335287_23155728.jpg


これは日本で言うところのブロッコリー。緑のもの。まだまだ丸いのは付いていませんでした。この裏には黄緑色のシチリア方言の「ブロッコロ」がありましたが、これは既に収穫済みでした。

e0335287_23181472.jpg


今年は沢山植えられてるフィノッキオことフェンネル。3畝植えられていたのですが既に1畝は食べられていて、、、あと2畝。結構早いスピードでなくなります。

e0335287_2321080.jpg


カルチョーフィは毎年同じところから生えてきます。畑の中であっちこっちにあるカルチョーフィですが、パパの家はパスクワ(復活祭)の頃に蕾となるもの。(tardiva=遅咲き)なので食べられるのはまだまだ先です。4月くらいかな?

e0335287_23244727.jpg


畑のあちこちに適当に植えられている青菜達。オリーブ畑がある丘の上には野草がたっくさん生息していたし、庭では適当に青菜が収穫できるし。冬のドミンゴ家には八百屋要らず、です。

e0335287_2327389.jpg


ちょっと前に種を蒔いたらしいニンジンは、既に芽が出てきました。やっぱり暖かいんだな~、シチリアは。あ、雑草に見えるかも知れませんがちょっとギザギザした葉がニンジンの葉です。

e0335287_23293737.jpg


数年前、自分が食べたいから、、、と言う理由でマンマの誕生日にプレゼントした金柑の木(ヒドイ・笑)背丈はあまり伸びてこないものの、実は年々着実に個数を増やしています。今年もそろそろ収穫だな♪

e0335287_23322710.jpg


収穫と言えばやっぱりオレンジ!数本あるオレンジの木は今が収穫真っ盛り。上の写真は今年は豊作なタロッコ。今も美味しいですが、もう少し熟してくると赤くなってきます。旬は1月ごろ。楽しみ♪

その他、数種のたまねぎ、じゃがいも、サラダ菜も植わっていて、もう少しするとソラマメやグリーンピースも植え始められます。夏は激しい暑さのため植えられるものが限られ、しかも8月になるとどんどん枯れてきてしまうシチリア。冬の畑のほうが種類も多く盛況♪ 来年の冬は密かにゴボウ、レンコンなんかを植えようかな、、、と計画している私。果たしてシチリアの土でうまく育つのか!?来年をお楽しみに(気が早すぎる、、、笑)
by latavolasiciliana | 2013-12-23 23:38 | 畑の四季折々 | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana