カテゴリ:シチリアの旬色々( 26 )

e0335287_02005555.jpg


Il limone siciliano🍋

レモンは頂くもの🍋🍋🍋
収穫したてのシチリアレモンの香しいこと!!
見ているだけで元気になるビタミンカラー❤️

#sicilia #sicily #limonesiciliano #sicilianlemon #raccolto #graziemariapia #profumonaturale #giallo #yellow
#シチリア #シチリアレモン #よい香り #収穫したて #レモンは買いません #頂き物 #レモンイエロー #シチリアレモンはすっぱくない #毎日料理に使ってます
by latavolasiciliana | 2017-04-06 01:58 | シチリアの旬色々 | Comments(0)
e0335287_3184958.jpg



すっかりブログを更新していませんが、、、(汗)
なんとか生きています。

日本から戻って数日後にお客様がいらしてから2週間。
今日まで1日も休むことなく朝から夜遅くまで料理教室、食の工場見学、アテンド、一緒にご飯&飲み、、、
と、忙しい日々を送っていました。
お客様がいらっしゃる間は、忙しいけれど本当に楽しいっ!
でも、さすがに体力も底をつき始め、、、今日は1日ゆっくりと休み、
明日から1週間の夏合宿に備えました。

さて、現在マグロの時期真っ盛りっ!
トラーパニ近辺では5月下旬~6月にかけてマグロが回遊します。
この時期、トラーパニの魚市場には生の黒マグロが並ぶのです。

写真は先日行ったパレルモのバッラロ市場。
こちらでもあちらこちらでマグロの解体ショーが行われていました。
そして驚くべきはその価格、、、。
トラーパニでは10~12ユーロ/kgで販売されていますが、
なんとパレルモのバッラロ市場ではその約半額、5.99ユーロ/kgがほぼ平均。
やすーーーーーっ!
トロの部分もこの価格ですからね、、、驚くばかりです。

来週はお客様のピークも去り、少し時間ができるので、マグロを堪能したいっ!
と、指をくわえてみているのでありました。

さて、今週もがんばってきまーすっ!
by latavolasiciliana | 2016-06-13 03:22 | シチリアの旬色々 | Comments(0)
e0335287_16123257.jpg
引っ越しもようやくひと段落。。。だいぶ段ボールも消え、
キッチンも無事使えるようになりました!

ということで、張り切って農民市場へ♪

トラーパニでは水曜日と土曜日の2回、場所を変えて開催される農民市場。
水曜日の農民市場、以前のアパルタメントからは徒歩10分。
今度のおうちは、前のおうち→農民市場を通り越して徒歩10分。
ということで、今のおうちからも徒歩10分(笑)
しかも土曜日の農民市場(こっちの方が大きい)へも近づいた♡

好立地です(笑)

さて、春の野菜と言えば、、、、やっぱりソラマメ!(写真上)
イタリアのソラマメは細長くて、1つの鞘に5~6個くらいマメが入っています。

そしてこちらも春の風物詩。

e0335287_16171204.jpg
グリーンピース。
甘くてとっても美味しい❤

シチリアも私がきた10年前よりも、随分旬が長くなってきた気がしますが、
ソラマメとグリーンピースの旬は本当に短く。
もうそろそろ、なくなっちゃうだろうな~、、、。

比較的旬が長い、冬野菜もまだまだ健在。

e0335287_16204290.jpg
これ達も今が最後。

そして私が好きな春の野菜と言えば、、、これっ!

e0335287_16225175.jpg
赤い短い長いネギ、、、どっちなんだよ!って声が聞こえてきそうですが(笑)
これ、赤玉ねぎと同じ苗を冬に植えるんです。
そして春になると、、、長くなってる。
春に同じ苗を巻くと初夏に赤玉ねぎが収穫できるそうです。

同じ苗を植えても気候条件に寄ってできる形状が違う。
面白いですね。

この春の短い長いネギ、オーブンで焼くとトロ~んとしてとっても美味しく♡
ネギは体にもいいですしね。

比較的温暖なシチリアは「長い冬があけ、、、」という訳でもないシチリアの春の訪れですが、
やはり春は夏の訪れを感じさせるとってもよいシーズン♪

もう少しだけ楽しめる春の旬を楽しみたいと思います。



by latavolasiciliana | 2016-04-22 16:27 | シチリアの旬色々 | Comments(2)

シチリア産大根を収穫!

e0335287_06404982.jpg

ドミンゴ家の畑でな、なんと、、、
大根が収穫できましたっ!

来週はもう日本へ、、、現在絶賛準備中!
やたらいっぱいある私のスーツケース、ドミンゴ家の物置、、、のような
使っていないお部屋に置かせていただいています。
買い物も大半終了したし、そろそろ詰めるぞ、、、
今朝、ドミンゴ家にスーツケースを取りにひとっ走り。

スーツケースは拭いてから持っていこう、と思ってタオルを絞っていると、、、
ん??
流しの横に小さな長い白いものが、、、え?これ大根!?!?

「あ~、レイコに言い忘れてたわっ!あなたの野菜、できてるわよ。」

以前、ここで植えようと思って持っていた大根の種。
2014年に種を蒔いたとき時には、蒔いた時期が悪かったのか、、、、
芽が出ませんでした。
やっぱり土が合わないのかな~、、、なんて思いながらすっかり忘れていた2015年。

半分残っていた種、もはやなんの種だかよく分からなかったのだけれど、
パパがなんだろ?と思って蒔いてみたら、、、。

最初は葉野菜かな?と思っていたパパとマンマ。
ある程度の大きさになったので引っこ抜いてみたら、、、なんと大根だった(笑)
もちろん私は全く知らず(笑)

早速一緒に収穫してきましたよー。
一番長いので18cmくらい。
葉の部分はやたら立派っ!

パパ曰く、

「下に伸びるものならもっと土を柔らかくしておけば良かったな~、、、、」

と。
シチリアの土、養分を含む粘土質。
冬は雨も降るし、朝露も降りるので土はかなり湿気を帯び、、、。
何度も何度も耕してから植えないと、下にうまく伸びていってくれないそうです。

確か大根収穫したらものすごい量の泥も一緒に収穫できた(笑)
そしてその土は、洗っても洗ってもなかなか落ちない、、、。
以前にカブも植えたのですが、ラディッシュくらいで終わってしまった。
あの時も耕し方が足りなかったのが原因かも。

パパとマンマには、全部収穫しちゃわないで、
私が日本から帰ってくるまで、きちんと残しておいてねっ!
とお願いしておきました。
畑にはかなりの量の大根が植わっていたので、何も言わなくてもきっと全部は収穫しきれないと思いますが(笑)

2週間でどれだけ育つかな~、、、楽しみ❤

せっかく大根が取れたので、今日のお昼は大根でお味噌汁♪

e0335287_06535479.jpg
葉もかなり大量に入れたのですが、味噌汁の量も大量だったのであまり見えません(笑)
私だけだったら食べる直前に葉を入れてもいいのですが、
我が家にはイタリア人がいるので、、、しっかり葉を煮たら、色が悪い~~~!
やっぱり直前に入れるに限る。

大根、あまり見えませんがちょっと苦みもあって美味しかった❤

ついでに頂いてきた本日産まれてきた卵。
炒り卵と牛ひき肉でそぼろ丼を作りました。

なんか大根があるだけで我が家の食卓が一気に日本っぽく(笑)

今日は大根に大興奮の1日でした!

==

パンツアー&パスクワツアー、好評受付中!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。
こちら残席1名様となっています。
ご希望の方はお早目に~。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!




by latavolasiciliana | 2016-01-24 06:57 | シチリアの旬色々 | Comments(0)
e0335287_17273909.jpg

今年のシチリアの夏は暑く、そして長い、、、
一度去ったかと思った暑さですが、またあっ!という間に舞い戻り。
6月に5月下旬から気温が急上昇していわゆる日本の猛暑日、酷暑日が続き早4か月、、、
さすがにこんなに長いと人間の体はバテますが、
自然界にはいい事もあるのです。

今年は塩の収穫が長い!

通常、8月下旬に豪雨が降ってそこで塩の収穫は終わってしまうのですが、
9月上旬、まだまだ毎日収穫が行われています。

e0335287_17285856.jpg
塩田はキラキラ、キラキラ、キラキラ、、、☆彡
塩のクリスタルが輝いて本当に美しい。
でも、収穫している人は皆、真っ黒。
白い塩が反射してとても日焼けします。

e0335287_17332743.jpg
とっても重労働。
でもそのおかげで美味しい塩を頂く事ができるのです☆彡

e0335287_17350133.jpg
古代フェニキュア人の時代からここの土地で塩が作られているといわれます。
目の前にはカルタゴ遺跡が残るモツィア島。
悠久の歴史を感じます。

e0335287_17375034.jpg
9月の塩田は8月の超混雑期が終わって観光客も少なく。
塩田前のBarで収穫を眺めながらゆっくりとするのもよし。

9月は私が大好きな季節の一つ☆彡
シチリアはまだまだ夏!
少し遅めの夏休みをシチリアで過ごしてみませんか??

==

●シチリア美食の旅をコーディネート「ラ ターボラ シチリアーナ」
http://tavola-siciliana.com/

※2015年10月10日(土)~10月5日(木)
東シチリア周遊 REIと行く究極のシチリア美食旅 5泊6日(パレルモ集合、カターニャ解散)
予約受付中!興味のある方はお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

※2016年の「シチリア美食プラン」の日程が決定しました。詳しくは下記URLから。
http://tsiciliana.exblog.jp/23492589/



by latavolasiciliana | 2015-09-04 17:42 | シチリアの旬色々 | Comments(0)
e0335287_227019.jpg



パンテッレリア紀行を書きたいとことですが、、、。
6月はお客様ラッシュで忙しくなかなか時間が取れないため、後日ゆっくりとアップします。

さてさて、6月と言えば毎年のお約束は、、、マグロの解体ショー!
今年もトラーパニの魚市場で始まりました。
正確には5月中旬からチョコチョコと並んでいたマグロですが、
6月に入ってググっとサイズもアップして、
マグロを並べる漁師も増えてきました。

今年は微妙に価格が安いマグロ。
大体1キロ15ユーロ以下で売っています。
トロも赤身も価格は一緒。
おいしそうなマグロがいたら、マグロ丼にでもしようかな?

来年はマグロ祭りでも開催しようかな~、、、。
参加したい方、この指と~まれ!(笑)
by latavolasiciliana | 2015-06-07 02:29 | シチリアの旬色々 | Comments(2)

オレガノの花

e0335287_16544647.jpg


オレガノのお花が咲き始めました。

オレガノはシチリア料理には欠かせないハーブの一つ。
良く耳にすることはあるかもしれないけれど、
本当のオレガノの香りを知っている人は少ない、、、
知られているようで知られていないハーブ、それがオレガノだと思います。

オレガノは今から6月ごろにかけて、
お花が咲いた頃に収穫されます。
暑い暑い夏の間に乾燥され、秋ごろから使えるようになります。

でも使うのは葉ではなく花。

日本で流通しているオレガノはあまり香りがしませんが、
シチリア産オレガノの香り高いことといったら。
トマトソースにもオレガノを加えるだけでもうシチリアの風がビシバシ感じられます。

初夏のシチリアは楽しい♪
by latavolasiciliana | 2015-05-20 17:01 | シチリアの旬色々 | Comments(4)
e0335287_23401212.jpg


今年もやってきた黒マグロの季節。

マグロは回遊魚。
今の時期、トラーパニとエガディ諸島沖付近を回遊し、
北上してサルデニアの南海岸に行くか、
はたまた南下してシチリアの南の沖を通ってシラクーサ方面に向かうか、、、。
何れにせよ、トラーパニ付近を回遊してから北か南に分かれるので、
この辺では昔からマグロ漁がとても盛ん。

トラーパニの魚市場ではご覧のように、部位別にゴロンゴロンと並びます。
この日は1キロ20ユーロ。
イタリア人は脂の乗っている部分はあまり好まないので、赤身もトロも同じ価格。

トラーパニでは5月中旬~6月にかけてがマグロの季節。
今年はマグロ丼でも作ってみようかな。
by latavolasiciliana | 2015-05-19 23:45 | シチリアの旬色々 | Comments(2)
11月11日はサン マルティーノの日。イタリアではこの日に今年の新しいワインが出来る日!と言われています。

カトリックの国ではオノマスティコと言って、毎日その日の聖人が制定されています。11月11日は聖マルティーノの日。この日はその年に仕込んだワインの醗酵がそろそろ完了しますよ~、と昔から言われていた日。様々な土地で様々な習慣があります。

トラーパニを始め、西シチリアではビスコッティ ディ サンマルティーノと赤ワインを一緒に食べます。

ビスコッティ ディ サンマルティーノは固めのボソボソとした渦巻き型のビスコッティ。

e0335287_2335065.jpg


アニスと丁子が入ったスパイス感たっぷりのこのビスコッティ。確かに赤ワインに合います。

トラーパニではもうひとつ、この日の習慣がありまして。

ムッフォレッテと呼ばれるフェンネルシード入りのフワフワしたパンに、モルタデッラを挟んだパニーニを食べます。

e0335287_2383363.jpg


モルタデッラはシチリアのものではないのですけどね~、何故かモルタデッラ。なぜだ??

今日のお昼頃、パソコンで11月11日と日付を入力した瞬間に思い出したサンマルティーノの日。慌ててムッフォレッテとモルタデッラを買いに行った私。パン屋さんにはムッフォレッテを買い求める長蛇の列、食材店でもみんなこぞってモルタデッラ(笑)そしてパン屋さんでも食材店でも今日限定でビスコッティ ディ サンマルティーノを販売していました。

このムッフォレッテというパン、フワフワモチモチで本当に美味しいんですけどね。サンマルティーノの日の1~2週間前くらいから焼かれ始め、サンマルティーノの日が終わると店頭から姿を消します。限定感、満載(笑)

ビスコッティ ディ サンマルティーノは、ほぼこの日しか店頭に出てこないせいか、ラベルは手書きでした(笑)

e0335287_24715.jpg


日本みたいに大きく宣伝やキャンペーンなどはしませんが、人々の生活の中には「何月何日には○○を食べる」という習慣が身に染み付いているイタリア。季節感が感じられます。

ちなみに日本で騒がれるイタリアワインのNovello(ノヴェッロ)、トラーパニではほとんど騒がれず、、、ワインバーやスーパーでも見かけませんでした。その代わり、サンマルティーノの後の日曜日にイベントを行うワイナリーはあります。そう考えるとノヴェッロって商業ベースに新しい習慣で、古い習慣を好むイタリア(シチリア?)ではあまり飛びつく人がおらず、古い慣わしであるサンマルティーノの方が重要視されている辺り、、、イタリアのこういうところはステキだな~、と思う一面です。

私達も今日のお昼はモルタデッラ入りムフォレッテのパニーニ。日本だったらここにレタスとかチーズとか挟んじゃうところですが、シチリアではレタス入りパニーニはほとんど登場せず。風習にならってモルタデッラのみで食べました。

それだけじゃ食卓が寂しいので、家にあった野菜でスープを作りました。

e0335287_250421.jpg


にんじん、キノコ、フィノッキオ、ネギ、イタリアンパセリなどなど、あまり野菜でお手軽スープ。ちょっと前まで暑くてスープを食べる気分ではなかったけれど、そろそろ温かいものが恋しい季節??(ってまだまだ結構暖かいんですけどね~、トラーパニ)

さて、今晩は赤ワインとビスコッティ ディ サンマルティーノで秋の夜長を楽しみますかね♪
by latavolasiciliana | 2014-11-12 02:53 | シチリアの旬色々 | Comments(0)

オレガノもみもみ

e0335287_2574068.jpg


先日、山から下りてきたTちゃんが持ってきてくれた乾燥オレガノの束。昨日、モミモミしました。

束はちょっと解体しただけでボロボロボロボロ!っと葉が落ちてきます、、、。自宅でモミモミしたら大変なことになってしまうので、ドミンゴ家の作業スペースを借りてモミモミしてきました。

オレガノって植物全体が使える、と思っている方も多いと思いますが、実際に料理に使うのは先っちょのお花の部分のみ。

e0335287_312275.jpg


オレガノを収穫するタイミングはお花が咲いた直後、枯れ始める前。ここの部分が一番香り高く、下の葉の部分と比べると全く香りが違うのです。(香りの強さだけではなくて、香り自体が違います)

ここの部分をモミモミ、モミモミして細かくしていくのです。

でも、葉の部分ももったいない、、、ということで、昨日は品質により3つに分けてみました。

e0335287_364389.jpg


1級品(下)はきれいな緑の部分をモミモミしたもの。これは料理に使います。2級品はちょっと黒くなっちゃった部分があるけれど、十分に使えるもの。これはモミモミせずに小さな房で分けて、使う直前にモミモミします。3級品は黒くなっちゃった部分と葉の部分。小さな布袋に入れて、たんすやシューズケースの消臭剤として使います。

ドミンゴ家でも、毎年パパが山奥に行って野生のオレガノを収穫してきて、蔵で干しています。マンマに「少しいる?」と聞いてみると、

「1年分あるから大丈夫よ!」

と言って見せてくれたのは、1Lの大きなタッパー3個分!それは1年分、、、というか、数年分あります(笑)さすがマンマ&パパ。

さて、今日は是非ともこのオレガノを作った料理が作りたくて。

ランチはオレガノをた~っぷり使ったパスタ。

e0335287_3161876.jpg


フレッシュのトマトにオレガノ、ケッパー、バジルを入れて軽く煮込みました。簡単だけれど色々な地中海の香りが混じり合い、とっても美味しいこのパスタ。これぞ夏の味覚!という感じの一皿です。

夜は、これまたオレガノが名脇役となるナスのパルミジャーノ。

e0335287_3214157.jpg


本来、ナスのパルミジャーノにはバジルのみで、オレガノは入らないのですが、ナスとオレガノの相性はどんなにアツアツのカップルにも負けないほどで、、、。たっぷりとオレガノを振りました。4段のナスの間には、トマトソース、2種のチーズ、オレガノ、バジル、アンチョビ、、、と盛りだくさん。写真はオーブンに入れる前に撮影したもので、実は今オーブンの中、、、これから夜ごはんが楽しみです!(追記:やっぱり美味しかった~❤)

もはや私の料理には欠かせない存在のオレガノ。香り高いオレガノはソースに、サラダに、仕上げに、チョチョっと入れるだけで風味がグーンと増します。私の著書「イタリアで一番美味しい家庭料理 シチリアのおうちレシピ」でもオレガノを使ったレシピがたくさん載っています。

日本ではなかなか「シチリアのオレガノ」を探すのは難しく。スーパーで売っているビンのオレガノ、、、、あれはシチリアのオレガノとはまったく違う香り。でも、ホンモノのシチリアのオレガノ、どこで手に入れたらいいのか、、、と聞かれると、あぁ、、、私も分からず。(スミマセン)シチリアにオレガノを入手しに来てください(笑)

しばらくオレガノ料理ブームが続きそうな予感です。
by latavolasiciliana | 2014-09-02 03:12 | シチリアの旬色々 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana