カテゴリ:マンマの愛情たっぷりごはん( 26 )

マンマ、ぞろ目の誕生日

e0335287_305289.jpg


ちょっとご無沙汰してますが、、、元気です!

3月17日は私のイタリアのかーさんの誕生日!
イタリアでは誕生日は自分で祝うもの。
皆、毎年誕生日近くの日曜日にはトルタ持参でやってきます。
(私は持参したことない、、、笑)

昨日、日曜日はマンマも例に漏れず、ケーキを焼いて、、、
娘のマリアピアがクリームを塗って春らしくお花を飾って仕上げてくれたそうです。

出会った頃は60台後半だったマンマも今年でなんとぞろ目の77歳!
ひょーっ!

マンマが1年間平和に穏やかに、そして健康に過ごせますように☆
by latavolasiciliana | 2015-03-17 01:57 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(0)
e0335287_4495480.jpg


今週はカルネヴァーレ週間。

カルネヴァーレ=カーニバル。
この期間はこの後にやってくる節食期間に向けて、
いっぱい食べて、いっぱい飲んで、いっぱい楽しもう!という、
元を正せばキリスト教の暦に基づくお祭りでした。

トラーパニの伝統料理と言うと北アフリカから伝わってきた手打ちクスクス、
特に「魚のクスクス」が有名ですが、
カルネヴァーレ週間には「豚肉のクスクス」を食べるのが習慣なトラーパニ。
先日も肉屋さんで豚の頭を買っているおじさんがいたので、何を作るのか聞いてみたら、

「豚肉のクスクスだよ。カルネヴァーレだからね。」

と。
かつてはこの時期、豚1頭を解体して、肉の部分は炭火でローストしたり、煮込みを作り、
頭の部分は脂が多いからブロードを取ったり、、、。
だから今も豚の頭をブロードに使う人が多いそうです。

そう言えば、この時期、マンマも肉のクスクスを良く作ってたっけ、、、。
写真は数年前のカルネヴァーレの時期に食べた豚肉と冬野菜のクスクスです。

今年のマンマのカルネヴァーレはクスクスではなく、
色々な肉の煮込みソースのパスタと豚肉のロースト。
クスクスじゃないけど、やっぱり肉三昧。

e0335287_6285475.jpg


カルネヴァーレのお菓子の定番、キアッキエレも山ほど作ってありました。

カルネヴァーレ週間は木曜日に始まって火曜日で終了。
街はまだまだ浮き足立っていますが、ここ数日、ずっと食べ続けていた私、、、。
明日からは野菜中心の食事を心がけます(汗)
by latavolasiciliana | 2015-02-16 06:35 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(2)

私の目指す料理

e0335287_22151644.jpg


昨日のクリスマス月間最後のランチは、、、魚のクスクス。

魚のクスクス、という割りにはどこにも魚は登場せず、見た目はすっごーく地味なこの一皿。
でもここには旨みエキスがギュッ!と凝縮している。

トラーパニ県のみに伝わる粉から作る手捏ねのクスクス。
時間と手間がかかるこのクスクスは、家族が集まるときのみに登場する一皿。
マンマの家族への愛情が最高のスパイス。

色々なレストランでクスクスを食べたが、やっぱりマンマのクスクスが一番美味しい。

私の目指す料理はまさにこんな料理。
地味だけど滋味。
家族に代々愛されて伝わってきた味。

今年はこんな味を求めてシチリアを旅したいと思う。
by latavolasiciliana | 2015-01-07 22:54 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(0)

Buon Anno Nuovo 2015!!

2015年、トラーパニの年明けは大雪で始まりました。。。

今年もドミンゴ家にてファミリー年明け!だったのですが、トラーパニは予想せぬ大雪に見舞われました。うちのべランダの窓から見るエリチェの山はすっかり白くなっていて。31日は吹雪か!というくらいの雪が降ったトラーパニの街。幸いずーっと振り続けたわけではなく、吹雪いたり、やんだり、、、を繰り返していたので、街の中には雪は積もりませんでしたが、、、トラーパニの街を一歩出た瞬間!

ツルン。

タイヤが滑った、、、、(汗)

ドミンゴ家に行く途中、C氏のツルツルなタイヤだった車では行くことが出来ず、とりあえず家に戻り。タイヤを替えたばっかりだった私の車で出直して、なんとか到着。その間もかなり強く雪が降っていてずっと30km走行でした。怖かった、、、、。

そして到着してみたドミンゴ家。裏の畑に出てみると、、、

e0335287_20274385.jpg


ぬわんとそこは銀世界!!

驚いた、、、。

そして今年の食べ収め!

e0335287_20332165.jpg


やっぱり定番はレンティッキエ(レンズマメ)。形が貨幣に似ていることから、お金が溜まりますように、、、という願いを込めて食べます。ま~、お金が溜まるか否かは別問題として、やっぱり寒い日にマメの煮物は美味しいです。昨日はマイナス1度でしたから。

私が始めて参加した10年前は、マンマが10品以上をぜーんぶ一人で作っていましたが、ここ数年、娘や嫁(わたしじゃない嫁・笑)が、毎年数品、持ち寄ってきています。マンマも高齢になってきてさすがにひとりで10品は大変、、、。来年は私も1品くらい作って持っていこうかな。

食べ終わった後はダラダラ、、、と年が明けるのを待ち、、、。

e0335287_20382844.jpg


0時だっ!カンパーイ!

アウグーリ!!

2015年も穏やかに年が明けました。

こうして毎年同じように年越しをしていますが、最後に日本で年越ししたのはいつだったか、、、。
来年は久しぶりに日本で年越しもいいな~、、、なんて思ってみた2015年のお正月でした。

皆さんも良いお年を迎えましたか?

ではでは、改めて、、、。

新年明けましておめでとうございます☆
2015年、皆さんと皆さんの家族に笑顔が溢れる1年でありますように。

今年もどうぞよろしくお願い致します♪
by latavolasiciliana | 2015-01-01 20:41 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(2)

Natale 2014!!

今年もクリスマスが無事に終了。

イタリアのクリスマス=日本のお正月、みたいなイメージ。まだ年は明けていないものの、クリスマスが終了すると、「今年も終わったな~」という気分に毎年なります。

今年のクリスマスは24日のイブは、私達の結婚式の証人ともなってくれたC氏の親友宅で過ごし、25日は毎年恒例ドミンゴ家でのクリスマスでした。26日もイタリアは祝日なので、かつては26日も何もなければドミンゴ家で過ごしていた私達ですが、、、連日のお食べ地獄に体が耐え切れなくなってきて(笑)ここ数年は家でノンビリと過ごしています。

24日の夜は、とにかくすごかった、、、(汗)

e0335287_17581626.jpg


写真はアンティパストの一部。 一体何品あったことか、、、(汗)私は残念ながら途中でギブアップ。年々1度に食べれる量が減ってきている自分の胃を恨むばかり。

そして25日になった瞬間、、、

e0335287_1752225.jpg


Auguri!!(アウグーリ!)

キリストの誕生を祝います。

その後はみんなでプレゼント交換?をして、私達は1時ごろに退散、、、。たっぷりの食事に、これまたたっぷりのワイン、、、お腹ははち切れんばかり。

で、翌日。

e0335287_1862943.jpg


ドミンゴ家のお昼ごはん、、、まだお腹空いていませんでした(笑)

マンマのクリスマスごはんはクレープ生地でつくるカンネッローニ。私の大好物!ですが、残念ながらちょっとしか食べれず。はぁ、残念(涙)

品数は少なめですが、1皿がしっかりとしたボリュームなので、最終的にはまたはちきれんばかり満腹に。

でもって、ドルチェ、、、みんなで同じようなものを持ち寄ってしまった(笑)パネットーネにクリームを挟んだパネットーネ ファルチータ。パンドーロにクリームを挟んだパンドーロ ファルチータが2つ(汗)マンマはイチジクのビスコッティにクリスマスの揚げ菓子スフィンジ、、、、ドルチェ、ありすぎ(笑)

毎年、お食べ地獄なクリスマス。みんな「満腹すぎる!」とボヤいていますが、それも例年の恒例行事で(笑)こうして家族や友人と集まって過ごせることは幸せなことなのでしょうね♪

今年も残すところあと少し。 日本はこれからがお食べ地獄モード。皆さんも胃に気をつけながら、美味しいごはんを楽しんでくださいね!
by latavolasiciliana | 2014-12-29 18:13 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(0)
e0335287_1812083.jpg


シチリアに戻ってきてから初の日曜日。恒例のマンマの日曜日ごはんを食べに行きました。

「これからクリスマスシーズンでたくさん食べるから、今日は軽めにブロードのパスタにしたわ」

と言っていたマンマ。

牛肉や鶏肉でじっくりと取ったブロードで短いパスタを茹でるこのパスタ。軽いといえば軽いけれど、、、その後に続くセコンドもこれまた肉、、、決して軽くはありませんが、クリスマスシーズンのお食べ地獄に比べれば確かに軽いかも(笑)

このシーズンはいつも誰かがドルチェを持ってくるのですが、マンマは今年もトラーパニ伝統のクリスマスのお菓子「イチジクのビスコッティ」を作りました。

このビスコッティを作るため、マンマは夏にドミンゴ家の庭にたわわに成るイチジクを干して、ドライいちじくを作っておきます。それをこの季節まで保存して、シーズン中に食べる分の大量のビスコッティを1日かけて作るのです。

昔は甘いものはお祝い事の時だけに食べる特別なもの。太陽の恵みのドライいちじくを、クリスマスのお祝いまで保存していたのです。

キリスト教国家でない日本でのクリスマスは恋人の祭典のような感じですが、ここイタリアではクリスマスは宗教行事。キリストの生誕を祝うお祝いです。マンマ世代はやはり昔の伝統をきっちりと引き継ぎ、この季節ならではのお菓子を作るのです。

日本から戻ってきたら既にクリスマスシーズンに突入していた今年。イマイチ自分の中では盛り上がっていなかったのですが、このビスコッティを見たら急にクリスマスだな~、という気分になり。

あと数日で今年もお食べ地獄が待っています、、、、(笑)
by latavolasiciliana | 2014-12-22 18:25 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(6)
昨日の日曜日のマンマのランチは、お庭でピッツァパーティーでした!

先週~今週にかけてマンマとC氏の姪っ子ちゃんの誕生日がやってきて。じゃー、両方一緒にお祝いしちゃえっ!という事で、マンマの娘(@姪っ子ちゃんのマンマ)のマリアピアの家の石釜にてピッツァパーティーが開催されました~。

今日のマンマ役はマリアピア。マンマの娘だけあって彼女も料理上手。

e0335287_16555879.jpg


20人くらい集まったのですが、なんと7kgの粉を練ったそうです、、、お疲れ様(汗)

e0335287_16574699.jpg


キレイに丸く整形する人もいれば、フニャフニャな人がいるのは、、、ご愛嬌(笑)

本日のピッツァイオーロはこのお方!

e0335287_16593965.jpg


マリアピアのパートナー、チッチョ。彼、本職はエノロゴ(ワイン醸造家)。でもって、家の土地を継いで野菜や果物も作り、オリーブオイルもつくり、、、そしてピッツァイオーロもできる!(笑)

e0335287_173960.jpg


美味しそうに焼けてるにゃ~♪

e0335287_175153.jpg


ほいきた!!まじおいしそ~!!

直径20cmほどのミニピッツァ出てくる出てくる!そして焼きたてのピッツァをハフハフいいながらみんなでほうばります。しかし、本当に美味しいな~❤ おとといもピッツェリアでピッツァ食べたけど、今日のピッツァのほうが数倍美味しいもん。

e0335287_17114250.jpg


作っても作っても終わらないピッツァ。なにせ7kgの粉だから、、、。

e0335287_17124565.jpg


皆が食べ終わってもまだまだ出てくる(笑)ひょ~、すごいっ!

あまりの美味しさに私も相当な量を食べてしまい、、、この後、久しぶりに食べすぎで胃が痛くなった私(涙)苦しい~、と叫んでいると、

「レイコ、ピッツァ食べた??食べてる姿、見かけなかったけど、、、」

と、何人にも言われ(汗)そりゃ、みんな、自分が食べることに夢中になってましたからね~人のことなんて見てないでしょ(笑)

e0335287_17171461.jpg


最終的にあまった生地はカブッチョを焼きました。ただのパンですが、これまた美味しく、、、。焼きたてにあちらこちらから手が伸びてました。

あ~、、、やっと終わった!と思ったのも束の間。(この時点で既に17:00!)

e0335287_17194697.jpg


庭の隅では使い終わった炭を再利用してカルチョーフィの炭火焼が、、、。これ、本当に本当に美味しいんですけどね~、、、大量にピッツァ食べてまだ間もなく、、、。

e0335287_1722916.jpg


あまりにも苦しくって食べれなかった(号泣)カルチョーフィが焼き終わると、、、

e0335287_17235291.jpg


ウソでしょ!?サルシッチャ、、、。

e0335287_17261533.jpg


「焼けたよ~」

という声と共にゾロゾロと集まってくる、、、しかもさっきのカブッチョ片手に。締めくくりはカブッチョでサルシッチャのパニーニ。

「ウマイ、ウマイ♪」

と、皆、かなりがっついてました。恐るべしシチリア人、、、。ちなみに、ピッツァのお供にチーズやオリーブなども用意されてたし、食後はフルーツもモリモリ食べてたし、2人のお誕生日会だから、ケーキも2種食べたし。その後のカルチョーフィとサルシッチャ、、、、もまた食べる能力の差を見せ付けられたのでありました(苦笑)

春が来たとはいえ、夕方になるとまだちょっと肌寒いシチリア。私は石釜や炭の近くにいつもいました。家に帰ってすぐにシャワーを浴びたのですが、今日もどことなく炭っぽい香りが漂う私、、、今朝になって写真を見つつ炭のほのかな香りをかぎつつ、カルチョーフィが食べれなかったことを今悔やんでいる私です(笑)
by latavolasiciliana | 2014-03-17 17:32 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(2)
e0335287_354477.jpg


今日は日曜日。マンマのランチの日♪

「今日のごはんはナニ~??」

「肉のクスクスよ。もうすぐカーニバルだからね。」

あ、そういえば、、、来週末からカーニバルウィークが始まるんだ!

カーニバルは復活祭の前の四区節はかつて、お肉を食べない習慣があったことから、その時期が始まる前にゴチソウをたくさん食べましょ~!という期間でした。今では四区節の間だってお肉を食べるので、あえてその前にお肉をたくさん食べる必要もありませんが、マンマが子供の頃はやっぱり四区節中はお肉を食べなかったそうで。その前にマンマのマンマは必ずお肉のクスクスを作っていたそうです。なので、マンマもこの時期になると体が自然とクスクスを作ってしまうらしく(笑)

トラーパニ伝統料理の代表的存在と言えば「魚のクスクス」。でも、地元には肉のクスクス、野菜のクスクス、肉と野菜のクスクス、、、、などなど、色々なバリエーションが根付いています。ただ、作れる人が段々減ってきているらしく。私はトラーパニにやってきたその翌年の冬に、マンマの家で初めて食べたのですが、トラーパニ市民でも

「肉のクスクスは食べたことがないわ」

という人も結構いることが後で発覚。私ってばラッキーだったんだわ~!

マンマの肉のクスクスは、正確には肉と野菜のクスクス。季節の色々な野菜が入りますが、ブロッコロ(という名のカリフラワー)は、自家製のものが出来ないと作りません。そういえば、先週、ブロッコロ、収穫させてもらったものが今年の初物だったっけ、、、。肉のクスクスも、魚のクスクス同様、既にクスクスにたっぷりとソースが染み込ませてありますが、さらに上からソースをお好きなだけかけながら食べます。

ソースの中には色々な野菜が溶け込んでいて既に何の野菜が入っているかはいつも分かりませんが、ブロッコロと青菜は欠かせないらしく。その他、畑に成る数種野菜、合計5種くらいが入っています。魚のクスクスが非常にあっさりしているのに対して、肉のクスクスはやっぱり少しコッテリ。でも、マンマの料理ってすごく澄んだ味がするんです。どの料理も雑味がなくって。それはきっと一つ一つの工程を丁寧に料理しているからなんだろうな~。

マンマの食卓は季節感のある食卓。それは素材だったり、料理だったり、、、いつもきっちりと季節を感じることができるんです。このブログのサブタイトル、「美味しい&幸せなシチリアの食卓」、それはまさにマンマの食卓なんです♪

今日は残念ながら、お腹の調子が思わしくなく、、、残念ながらちょびっとしか食べれなかった私(涙)ちなみに写真は私のお皿、極少盛り。皆さん、この倍くらいは食べていました、、、さすが(汗)

さてさて、今週は週末のカーニバルに向けて街も盛り上がるかな??
by latavolasiciliana | 2014-02-24 04:09 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(0)

マンマの日曜日の意地

e0335287_2571052.jpg


昨日、ドミンゴ家のちょっと遠い親戚の方がお亡くなりになり、、、、。

今日日曜日、それもお昼タイムどんぴしゃの15:00からのお葬式(ミサ)、、、だと聞き、

「じゃー、明日のお昼は12時くらいに食べ始めないとね~。」

と、マンマ。

え!?お昼、、、マンマ作るの?一緒に食べるの??

12時に食べ始めるにはマンマも朝早くから準備しなければならないし、15:00と言えば、いつも食べ終わって片付けをし始める時間だし。ミサが行われる教会は違う街にあるから、マンマ達、着替えて移動しなきゃならないし。

それでも、日曜日のお昼ごはんは作るのね、、、、(^_^;)

マンマにしてみれば日曜日の家族集まっての食事は、もはや体の中に染み付いている習慣のようなもので、どんな用事があっても、その時間帯に合わせる形で、、、と、思考回路が自然に動き始めるのでしょう。

すごいなー。私にゃ、とっても無理なお話だわ~。

こうして家族のためにずーっと生きてきたマンマ。

「そりゃ、たくさんの犠牲もはらったわよー。でもね、こうして日曜日に私がごはんを作ることで、みんなが集まってきてくれるなら、いつまででも作るわよ!」

と、いつだったか、お皿を洗いながら話してたことがあります。人それぞれの幸せの形があります。マンマとパパを見ていると、人生色々大変なことも多かっただろうけれど、ひとつの幸せの形だな~、と思うことが多々あり。

今日のマンマのお昼ごはんはパスタ イン ブロード。私のお気に入りの一皿❤ こうして忙しい中、家族のためにきちんと作ってくれるマンマ。私はなんにもお返しできてないけれど、感謝の気持ちだけはいつも忘れていません。

マンマがミサに行っている間、私達はお留守番。今日は23度まで上がり、ポカポカだったトラーパニ。私は真っ青な空を見上げながらロング田舎のお散歩へ、C氏はじっくりと車を洗い(笑)気持ちの良い日曜日でした!
by latavolasiciliana | 2014-02-16 17:38 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(4)

年越しはレンズマメで♪

e0335287_2364238.jpg


順番が完全に入れ替わっていますが、、、。

イタリアで年末に必ず食べるもの、それはレンティッキエ。レンズマメです。なぜなら、、、レンティッキエは形がコインに似ているから。レンティッキエを食べて金運に恵まれますように、というゲン担ぎです。

レンティッキエはそれだけで煮ても美味しいのですが、この日はザンポーネやコテッキーノと呼ばれる豚肉や皮など色々な部分をミンチ状にして混ぜて豚の足や腸に詰めたものを一緒に煮ます。が、、、ドミンゴ家、ザンポーネもコテッキーノも誰も好きな人がいない、、、(ちなみに私も苦手・汗)なので、パスクワローラと呼ばれるサルシッチャを一緒に煮ます。これは美味しい♪

この一皿で十分におなかがいっぱいになりそうな感じですが、、、もちろんこれだけで終わるわけはありません。その他ズラリと料理が並びます。本当にどんだけ食べるのよね~(笑)
by latavolasiciliana | 2014-01-02 23:17 | マンマの愛情たっぷりごはん | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana