カテゴリ:REIのおうちごはん&お菓子( 60 )

e0335287_17374538.jpg


先日、たっくさんのアスパラガスをいただきました♪ おうちの畑で摘みたてのアスパラ。栽培している、、、というより、春と秋にお隣との家の境界線にニョキニョキと生えてきます。放置して成長したアスパラは境界線の役目も果たします(笑)

細いものからちょっと太めのものまで色々ですが、とにかく味が濃い!そして柔らかいのでサッと茹でるだけで食べることができます。

そしてもう1種いただいたアスパラガスがこれ。

e0335287_17403483.jpg


これは野生のアスパラガス。葉は茎の部分に引っ付かず普通の植物のように外に広がっていくので、知らなければアスパラガスだとは気が付かないでしょうね。シチリアでは丘にいくと生えているところがあって、時折メルカートでも売っているのを見ますが、八百屋さんではなかなか手に入らないちょっと貴重な食材です。

これは春の味覚。苦味が強いので山菜、、、といったところ。ちょっと長めに茹でてオリーブオイルをたっぷりかけていただくとこれまた美味♪ 量が少なかった&アツアツで食べたかった、、、ということで写真はなし。食べちゃいました(笑)

さて、一番上の写真のアスパラは何になったかというと、、、半分は茹でたてで味見したらあまりにも美味しかったため、その場で食べてしまいました、、、。写真で見ると少なく見えるかもしれませんが、実際には結構な量があり。ランチ前にすっかり茹でアスパラガスでお腹が満たされました。(幸福度100%な単純なワタクシ・笑) そして、かろうじて残った半分はリゾットに。

e0335287_17484897.jpg


オリーブオイルでパンチェッタをじっくり炒め、十分に脂を出したところに塩水で茹でたアスパラ投入。軽くひとまぜしたら、お米も投入。アスパラの茹で汁をお米ヒタヒタに入れて、、、水分がなくなってきたら茹で汁を加え、お米が柔らかくなるまで約15分ほど。

いつもならここで、パルミジャーノを、、、というところですが、アスパラガスの味が濃く十分においしかったので今回はナシ。オリーブオイルを軽くかけて、いっただきまーす♪ いや~、自画自賛!美味しかった。素材命!の一皿でした。

グリーンピース、ソラマメ、アスパラガス、、、春の味覚ですが今年は日本滞在→GWラッシュで楽しむ余裕がなく。旬も終わりかけになって堪能しています♪

我が家はC氏が毎日お昼ごはんに帰ってくるので、必ず料理をします。一人だったら、仕事にかまけて適当に済ませてしまう可能性が大大な私。「面倒だな~」と思うこともあるけれど、きちんとお昼ごはんを食べる習慣って、体のリズムを整える上でも重要なことだな~、と、しばらくこの習慣から離れると思うのです。やっぱり「食べること」って大切。

今日はドミンゴ家で最後の収穫のグリーンピースがあります。ヒヒヒ。何にしようかな~、、、。
by latavolasiciliana | 2014-05-14 17:54 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(2)
e0335287_1265573.jpg


微妙に続くバレンタインねた、、、、(笑)

お菓子も作りましたが、今年はごはんもC氏の好物で♪ 久しぶりにジャガイモのニョッキを作りました。オランジェットも久しぶりでしたが、ニョッキも考えてみたら相当久しぶりだな~、、、。スーパーでは出来合いのニョッキが売っていますが、やっぱりニョッキは手作りが美味❤市販のものは、なんだか微妙に酸味を感じるんですよね。自分で作ったニョッキは甘くってフワフワで♪ 私のニョッキは相当柔らかめに仕上げるのですが、久しぶりに作ったせいか手が完全になまっていて。本当はギザギザの板の上で転がすのですが、今日作ったのはちょっと柔らかすぎて転がせず、、、結局、白玉のようなニョッキになってしまいました(爆)

ソースはあえて作らずに、オリーブオイルとパルミジャーノをたっぷりかけたらコショウをガリガリ、、、ニョッキはシンプルに食べるのが一番好きです。

去年、一昨年のこの時期は、本のレシピ調整、そして日本での撮影準備に追われていました。今年は出版の予定がないので(期待していた方がいたらスミマセン)ゆっくりと冬を楽しんでいます♪ 仕事がたくさんあるのは本当に嬉しくありがたいことではありますが、毎日の食事をゆっくりと考えたり作ったりする時間というのも大切だな~、と思う今日この頃なのでした。
by latavolasiciliana | 2014-02-16 05:08 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(2)
e0335287_23144834.jpg


本日2月14日はバレンタインDAY❤

日本ではチョコレート戦争が盛り上がっていますが、ここバレンタインデー発祥の地イタリアでは、チョコレートの交換なぞは行われません。あれは、その昔、某お菓子会社が仕掛けたワナとして始まり、、、そのワナは日本の伝統みたいにしてすっかり根付いたのでした。すごいっ!

イタリアではカップルや夫婦や大切な人同士がプレゼントを交換します。ウチ、こう見えても❤新婚さん❤え?そこで笑ったあなた、、、なにか??(笑)根っからのイタリア男C氏は、プレゼントをするのが大好き人間(笑) 何にもない時でも時折、「はいこれ♪」と、私が喜ぶと彼が勝手に想像したプレゼント(私が喜ぶか喜ばないかは別問題・苦笑)をチョコチョコ持ってきます。私はといえば、、、実は、私も意外とプレゼント大好き人間(笑)でもね、、、C氏、自分の趣味の世界があるために、私のプレゼントするものは彼のストライクゾーンにはなかなか入らず。というか、入った試しナシ。タンスの肥しとなってしまうのが悲しく、もうプレゼントはやめちゃいました。

でも、今年は新婚さん(しつこい・爆)色々考えた末、食べるものなら胃に収まるから、何か作ってあげよう!という事で、C氏の好物2点。

オリーブオイルベースのサクサククッキー。(一番上の写真)バレンタインデーなのでチョコを刻み込んでみました。

そしてもうひとつ久しぶりに作ってみたのがオランジェット。

e0335287_0491053.jpg


オレンジピールも作ろう!と思っていたのですが、今週は急用三昧で時間が作れず諦めました。
考えてみたらチョコレートのテンパリング、、、って相当久しぶり。あっ!そしてうちには温度計が無いんだった、、、。ま、いいか。昔の目と手の感覚でやってみました。が、久しぶりすぎてやっぱり完璧にはツヤがdなかった、、、けど、まいいか。気は心っていうし(笑)

お昼に帰ってくるを待ってテーブルの上にクッキーとオランジェットをきれいに包装してセッティング、、、私は隠れる!

「おおおおおおーーーーー、なんだこれは!」

滅多にこんなプレゼントをしない私だからか、、、相当驚きのC氏、、、やっぱりプレゼントは時折するに限る(笑)喜んでもらえて何より♪ キッチンに戻ってテーブルの上を見ると、、、あら?

e0335287_102215.jpg


やった!私にもバレンタインデー♪ イタリアではチョコレートの交換なぞしない、、、と冒頭に書きつつ、ウチは結局チョコレート交換でした。ま、私日本人だしね(笑)

東京は今日もすごい雪なんですってね。ホワイト バレンタインデー❤ トラーパニは今日はバリバリ暖かくポカポカ バレンタインデーでした!
by latavolasiciliana | 2014-02-14 01:17 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(4)

レモンのリゾット REI風

e0335287_2351652.jpg


今が旬のレモン♪

シチリアの一軒屋のお庭には必ずと言っていいほどオレンジやレモンなど柑橘系の木があります。これはアラブ時代から引き継がれた習慣だそうで。

シチリアは本当に柑橘類の栽培に適した土地らしく、この時期、色んな方から自家製無農薬レモンをいただきます。うちの冷蔵庫は現在、レモン三昧!なぜ、オレンジではなくレモンばかりか、、、というと、オレンジはそれなりに消費できるから(笑)でも、レモンってどんなにがんばってもそんなにたくさん消費できないし。じゃ~、人にあげちゃえ!みたいな(笑)

そうしている間に冷蔵庫の中にだいぶ溜まってきてしまったので、私も毎日がんばってレモンを消費しています!

今日はのお昼はレモンのリゾット。昨日適当に作ってみてあまりにも美味しく、、、今日もリピートしちゃいました♪

材料は冷凍庫に眠らせていたプロシュットの端切れ、ネギ、ドライトマト、米、そしてレモン、、、仕上げにパルミジャーノ。オリーブオイルでプロシュットの端切れを弱火でじっくり炒めたらあらみじん切りにしたネギを加え、またじっくり炒め。そこに米を投入してひと混ぜしたら、レモンの皮1/2個分の皮のすりおろしとレモン汁を加え更にざっくりまぜ、温めておいたお湯をヒタヒタまで注ぎ、細く切ったドライトマトを加え、、、、後は、水分がなくなりそうになったらお湯を加えてかき混ぜながら、米が柔らかくなるまで煮ていきます。最後にもう半分のレモン皮のすりおろしとパルミジャーノを入れてかき混ぜたら出来上がり!

レモンのリゾット、色んなバージョンを作りましたが、これが一番美味しい♪ 昨日は雨が降ってしまって買い物にいけず、冷蔵庫の中がほぼ空っぽ、、、な状況でつくったこのレモンのリゾット。棚からボタモチ、、、的な感じです(笑)

しかし、このリゾット。美味しさの秘訣は、、、やっぱりシチリアのレモンだと思うんです。

シチリアのレモンってすっごくフレッシュな、なんともいえない香りがします。日本に輸入されている某S社のものとは香りが違います。日本で柑橘類がテーマの料理教室を開催したとき使った小豆島のレモンは、シチリアのレモンとはまた違う香りでしたが美味しかったので、小豆島レモンが入手できたら是非お試しを♪

昨日は、米少な目で作ったのですが、今日はたっぷり食べられるよう多めに作りました(笑)あ~、幸せ~~~❤
by latavolasiciliana | 2014-02-13 23:15 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)
e0335287_23551057.jpg


午後1時、、、。毎日この時間になるとソワソワし始める私。C氏が2時にお昼を食べに帰って来るため、お昼ごはんの準備を始めるから。

冷蔵庫に今日は何にもない!という日は、朝仕事を始める前に買い物に行きますが、冷蔵庫の中に何かしらあるときは、作る直前に材料を見てから考えます。今日の材料は、、、ブロッコリー、にんじん、赤い長ネギ、フィノッキオ、葉野菜、、、昨日、農民市場に買い物に行ったので野菜中心のラインナップ。そして気分はパスタよりお米、、、、じゃ、野菜のリゾットだな♪

このブログでも何度も何度も書いていますが、リゾットってブロード(だし汁)がないと作れないように思われている方も多いかと思うのですが、私もブロードなぞ冷蔵庫に常備していません。私が作るリゾットは、素材の旨みを直接お米に吸収させる作り方。これならブロードがなくても美味しいリゾットが出来ます。

おうちレシピ」では、キノコと豚肉を材料にドライトマトで旨みを出しながら作るレシピを乗せましたが、材料はこれに限ったことではありません。今日は、ブロッコリー、にんじん、赤い長ネギ、そしてあまりモノの生ハムの固いところ(お土産でいただいたブロックの生ハムの固めのところを冷凍保存しておきました)で旨みを出すことに。生ハムがなければ、ただのハムでもベーコンでも構いません。もちろんドライトマトでもOK。ブロッコリーは塩水で柔らかくなるまで茹でて、その茹で汁をリゾットを炊く水分として利用しました。

作り方は簡単。材料を小さく切ったらまずは野菜類をじっくり炒め、生ハムの端っこを炒め脂が出てきたらお米を入れて全体が光るくらいまで混ぜます。そしたらブロッコリーの茹で汁を常にヒタヒタキープでお米を15~20分、炊いていきます。簡単でしょ?

材料は小さくお米と同じくらいの大きさに切ったほうが短時間でよい味が出てくるように感じます。生ハムの端っこは初めて入れましたが、すごいコクが出ていました。ドライトマト(常備しておくとお役立ちですよ♪)で作るときは最後にコクを出すときにパルミジャーノをかけて召し上がれ♪

パスタはすっかり家庭料理として市民権を得ましたが、リゾットはあと一歩かな?という感じがします。それはどのレシピにも書いてある「ブロード」の存在が邪魔しているのではないかと。野菜のブロード、肉のブロード、魚のブロード、、、って良くレシピに書いてあるけれど、そんなものストックしている人って極々わずかだと思うんです。キューブのブロードを使ってしまえばすぐできるけれど、私個人としては、やっぱり人工的なキューブは使いたくないのです。でも、キューブがなくったって、ブロードがなくたって材料を上手に組み合わせれば美味しいリゾットが作れるんですよ、しかも簡単に♪

冷蔵庫のあまりものを集めて簡単に作れるリゾット、是非お試し下さいね☆彡
by latavolasiciliana | 2014-01-18 00:12 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)
e0335287_18535252.jpg


クッキーが食べたいな~、、、と思ったときにつくるこのオリーブオイルクッキー。

バターなし、卵ナシ、、、の一見とってもヘルシーなクッキーに見えるのですが。(いや、本当にヘルシークッキーなのであろう)そこには落とし穴が。

油脂分はオリーブオイルだけなのでサクサクと軽い口当たりでベトつかない、、、それが故にたっくさん食べれてしまう、、、(汗)砂糖もグラニュー糖ではなくzucchero di canna(甘蔗糖 )を使っているのですが、量はそれなりに入っていて、、、でも普通のクッキーに比べると甘みは非常に抑え気味に感じます。それが故にまたたっくさん食べれてしまう、、、(汗)

シナモン、ナツメグ、コショウが入っているこのクッキー、私のみならずC氏も大好きでして。大体粉200gほどの分量で作るのですが、大体2日ほどでなくなってしまいます、、、オソロシや~。

でも時折ムショウに食べたくなるこのクッキー。昨日も作ってしまいましたが、今朝起きたら、既に半分くらいなくなってしました、、、。(私はC氏より1時間半遅れで起床です・苦笑)

今このブログを書きながら小腹が空いてきた私、、、あ~、悩む!今食べ始めたらきっと止まらない、でも食べたい、、、1枚だけ、、、いや2枚だけ、、、食べよう(笑)
by latavolasiciliana | 2014-01-14 19:08 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(4)
e0335287_18225761.jpg


見た目はな~んてことのないこの一皿、私にとってはゴチソウ♪

色々な種類の野菜と数種のマメ、そしてファッロのごった煮。しかも一緒に煮込むだけ!という本当に簡単な一皿ですが、これがまた美味しい、、、❤ 私はスープには特別なダシは使いません。いつも入れるのはドライトマトとローリエ。野菜は下茹でなどせずに小さく切ったらナベに入れて、野菜から出るダシを利用します。これだけで十分に美味しいスープが出来るのです♪

今年のフレッシュなオリーブオイルをたっぷりかけると、青いオリーブの香りがふわ~っと漂い。本当に幸せなひと時♪♪♪ チーズ大好きなC氏は表面みえなくなっちゃくらいのパルミジャーノをかけて。これもまたウマイ♪

レストランで食べる料理もおいしいのですが、やっぱり私はこんな素朴な一皿が好き♪
by latavolasiciliana | 2013-12-19 18:37 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(0)
e0335287_1211641.jpg


今朝、用事があって出かけたのですが、家に戻ってきてからどうしてもやる気が起きない、、、。日本の友人にそんな事をぼやいてみたところ、

「じゃぁ、今日はC氏感謝Dayにしたら?」

と、ナイスなアイディア!

ナイス、、、とは思ってみたものの、、、感謝Dayって何すれば?(笑)特別感謝する事ってないので、本当に思い浮かばない~。

とりあえず買い物にでも行って、家に戻り冷蔵庫を整理していたら、古くなってきて絶対にもう食べないであろうりんごが2コ、、、そうだ!これでケーキでも作ってあげよー。

という事で、C氏感謝Dayはリンゴのケーキを作ってあげる事に♪

このケーキのレシピ、混ぜるだけの簡単ケーキなのに、すっごくオイシイ。かつてはよく作っていたのですが、そういえば最近つくってないし。

ランチに家に戻ってきたC氏に、

「じゃーん!今日は感謝Day!!」

と、リンゴのケーキを見せたところ、

「そういえば、、、、確か冷蔵庫にふるーいリンゴが2コあったよね、、、、まさか、、、、。」

ドキッ!(^_^;) バレタカ、、、、。

いや、材料は古いけど(残飯整理じゃないよー・笑)、感謝の気持ちはこもってますから、一応(笑)
by latavolasiciliana | 2013-06-05 01:31 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(2)
週末のプチバカンスの帰り、マンマの家に立ち寄りました。マンマとお喋りしていると、

「ズッキーニいらない??」

と、巨大ズッキーニを2本、手にもって現れたマンマの娘、マリアピア。

e0335287_22181443.jpg


でかっ!(注)後ろのすり鉢はミニじゃありません、普通サイズです。

「いるけど1本でいいわ。」

という私に、

「えー、収穫しちゃったから2本持ってって~。」

とズッキーニを置いて立ち去るマリアピア、、、(ははは・苦笑)マンマは既に2本、前日にもらっちゃったそうで。

「こんなに食べきれないよー」

という私にマンマからのアドバイス。

「薄く切って揚げて茹でたパスタとあえるのよ。そこにパルミジャーノをかければご馳走よ♪」

えー、でもズッキーニだけじゃおいしくないんじゃないの?という私に、

「いいから試してみなさい~」

とマンマ。そこまで言うなら試してみるか、、、。という事で今日はお試しデー。週末たらふく食べてしまったため、パスタというよりはコメの気分だった私達。という事で、少しアレンジして玉ねぎも加えて作ってみました。作り方はすっごく簡単。

玉ねぎを薄切りにして多めのオリーブオイルで炒めたら、角切りにしたズッキーニを投入。中火でじっくりと炒めていきます。しんなりして水分が出てきたらコメ投入。後は熱湯をヒタヒタくらいにキープしながら、かき混ぜながら、17分程度コメに火を通します。コメがちょうど良いくらいの硬さになったら、今日はパルミジャーノじゃなくてラグザーノ(熟成したカチョカヴァッロ)のすりおろしをたっぷりと投入。

出来上がり~。

e0335287_22201797.jpg


って、これが、、、、本当にウマイ!

ズッキーニの甘みがほんのりあって、なんとも優しい味なんです。今日は旨み成分が少ない?と思い、塩はFiori di sale(フィオーリ ディ サーレ)と呼ばれる一番塩を使ったのもよかったのかも。でっかいズッキーニだからもしや大味なのでは、、、という心配もよそに、いや~、とにかく驚きのおいしさでした!(我ながら自画自賛!・笑)

さてさて、大量にもらってきたズッキーニ、、、コメをたいている間は火から離れられないので、その時間を利用してついでにグリルしました。こうしとけば食べたい時に食べれるしね。しっかりとグリルして、これも一番塩をかけて、先日のシチリア周遊の時にいただいていたキアラモンテ グルフィ地方のオリーブオイルをかけて、、、ちょっと味見。

ひょ~、これもウマ!

塩&ズッキーニの相乗効果の甘みに、とっても爽やかなオリーブオイル、、、。シチリアって本当に食の宝庫だわ、、、と再確認した本日のランチでした。お外で食べるごはんもおいしいけれど、とれたて野菜を使ったおうちでのごはんがやっぱり一番だわね~♪

巨大ズッキーニ、濃い緑の方は、直径が太いところで8cmほど、長さは軽く30cmほどありましたが、リゾットとグリルでランチで完食してしまいました。

ちなみに薄い緑色のズッキーニ、日本ではあまりなじみがありませんが、ここシチリアでは普通に栽培&売られています。緑のよりもちょっと水っぽいかな?という感じもしますが、グリルでもスープでも使えます。

明日はパスタにするか、、、それとも他の野菜とスープにするか、、、。使い切れそうにないな~、と思っていたズッキーニですが、どうやらすぐになくなりそうです♪
by latavolasiciliana | 2013-06-03 22:26 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(4)
e0335287_22131187.jpg


今日の朝、インターネットの調子が悪く、、、インターネットがないと私の仕事、進みません(涙)インターネットが無くても出来る仕事をしながら待つこと1時間、まだ開通しないので、諦めて家の掃除、衣替え、溜まりに溜まったショッパー(お店で入れてもらう紙袋とか)の整理に精を出しました。おかげで家がすっきり♪

そんな事をしている間に12時を過ぎて、そろそろお昼ゴハンを何にしようかな~、、、と冷蔵庫をあさってみたところ、な、なんと、、、。10日前に開催した料理教室に使うために買ってきたバジルがある、、、しかも、まだピンピンしてるっ!夏の間はバジルは八百屋さんで何かを買い物すると、

「バジルいるかい?」

イタリアンパセリも同様、タダでもらえます。が、今の時期はボウボウに生えてくるにはまだちょっと早いため、1束1ユーロで購入します。1束、、、と言っても、ミニ花束ですか?というくらいのボリュームで、根もしっかりついています。なので、冷蔵庫でポリ袋にいれて保存しておくと1週間くらいは軽く持ちます。

袋を開けてみるとバジルの爽やかないい香り~♪ 捨てるのはもったいない!という事で、今日はシチリア風ジェノベーゼをつくろ~、、、、って何がシチリア風かって??それは、

アーモンドを使うところ

ジェノバのジェノベーゼは松の実を使いますが、私はアーモンドで作ったジェノベーゼが大好き♪ アーモンド特有の甘みがほのかに香りとっても美味♪ そしてもう一つシチリア風なところは、「適当なところ」(笑)私が作るジェノベーゼにレシピはありません。バジルの葉、アーモンド、パルミジャーノレッジャーノをボンボン適当に入れてフードプロセッサーをガーーーーーと回しながらオリーブオイルを足していきます。後は味を見ながら調整。ね?シチリア風でしょ?(笑)

本来はジェノベーゼ、バジルに熱を加えないため大理石のモルタイオ(すり鉢)で作るのですが、平日のおうちごはんではそれは無理。そんな時は迷わずフードプロセッサーを使いますが、ここでポイントが一つ。私、パルミジャーノはいつも大量に買ってきて、冷凍庫で保存します。ジェノベーゼを作るときに冷凍庫から取り出したパルミジャーノを使うと、、、熱でバジルの色が変わることもなく美しい緑のペーストができるのです♪ ペーストの出来上がり状態も冷凍パルミジャーノのおかげでまだ冷たい状態。

今日のオリーブオイルはピリピリっと辛いノチェッラーラ種のモノクルティヴァル(単一品種)を使用。強い青みとピリピリ感が爽やか~♪

そして、シチリア風、、、ってことで、パスタもネジネジのブジアーテを使いました。あ、これじゃトラーパニ風か?(笑)

今日のジェノベーゼは我ながら美味しかった~♪ バジルって夏のハーブなので、冬のバジルで作ると味が薄くってイマイチなんですけどね。そろそろ結構暑くなってきたシチリア、、、夏のハーブも香りが強くなってきたのかと♪

さ、やっとこさ、インターネット環境が戻ってきたので、午後はメールの返信などします~、仕事仕事、、、、、っ!
by latavolasiciliana | 2013-05-08 22:27 | REIのおうちごはん&お菓子 | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana