カテゴリ:イタリアを旅する( 6 )

ローマぷらぷら

e0335287_22245665.jpg


パスポート更新のためローマへ日帰りの旅。

e0335287_22245743.jpg


朝早くの飛行機に乗ってローマへ。

e0335287_22245744.jpg


書類を提出した後、夕方の受取りまであてもなく街をウロウロ。

e0335287_22245841.jpg


e0335287_22245905.jpg


天気の良いローマは観光シーズン。

e0335287_22245962.jpg


e0335287_22250080.jpg


もはやイタリア語が聞こえてこない(笑

e0335287_22250001.jpg


日中はそこそこ暑かったけれど、朝は既に寒いローマ。
季節は秋。

e0335287_22250167.jpg


ヴェネツィア広場、パンテオン、トレビの泉、、、。
ベタな観光地を周り。

e0335287_22250236.jpg


ゆっくり周りすぎてお昼ごはんを食べ損ね(涙

でも無事にパスポートを受理して帰路へ。

朝5:30に家を出て23:30帰宅。
かなりグッタリだけど、やっぱりローマは好き。




by latavolasiciliana | 2016-10-02 22:10 | イタリアを旅する | Comments(2)
e0335287_18504824.jpg

9月中旬の話ですが、、、EXPO MILANOに行ってきました。

開催当初はテロが心配、、、とか、混んでいるとこ行きたくない、、、とか。
興味はあったものの、あまり行く気もなかったのですが。
プチ旅行で北に行くことになり、ならば!ということで100%気持ちが翻り(笑)


e0335287_18534247.jpg
9月中旬はとっても良い天気だったミラノ

EXPOって考えてみたら人生初めて。
2005年の名古屋万博の時は既にトラーパニ。
この時にトラーパニ県のMazra del Vallo近くで漁船に引き上げられたという、
古代ギリシャのブロンズ像「踊るサテュロス」が日本に行き。
サテュロス関連でトラーパニからたっくさんの人が日本に行き、
たっくさんの人から「日本に行ってきたよ!」と報告されたのが懐かしい。



e0335287_18584782.jpg
ベトナム館。入りたかったけど列があったのでパス。


さてさてEXPO MILANO、イタリア館、日本館はすっごい人気で2時間待ち、、、とウワサは流れ。
私達のテーマはと言えば、

「並ばないパビリオンに行こう!」

でした(笑)


e0335287_19160993.jpg
タイ館。アジアは木を使ったパビリオンが多し。ここも混んでたー。

たった1日しかないので、列に並んで時間を過ごすより、
列がないパビリオンに入り、あとはEXPO自体の雰囲気を楽しもうという戦法。

e0335287_22580958.jpg
生ハム、サルシッチャ、サラミ、肉、、、、これ全部ニセモノ!よくできてる、、、合羽橋もビックリ!(笑)


私達が入れたパビリオンは、、、
トルコ、スペイン、トルキスタン、イラン、ポーランド、アメリカ、スイス、、、
それに、お米、チョコレートなど、テーマ別に色々な国が展示していた大きなブース、
イタリア館横っちょのワイン館にも入りました。


e0335287_19414129.jpg
会場中央あたりにあるイタリアの地方料理が食べれるフードコート。しかし食べたいモノが見つからず退散。

とにかく会場自体が広い。
朝11:00頃に入場して、キョロキョロしながら歩いて、列がないパビリオンに入り、
チョコチョコと食べ、、、会場の逆の端っこについたらもう17:00、、、この時点でかなり疲れ果て(汗)
(ちなみに会場は一直線!)
また入ったところまで戻りながら、パレードや大道芸?みたいのを見つつ。

e0335287_22524895.jpg
イタリア料理のフードコート近辺では色々な地方のワインも飲めます。


19:00退散、、、。
23:00まで開いていますが、私達はちょっと遠いところに宿泊していたので、早めに退散したのでした。


e0335287_19453811.jpg
ポーランド館。列ナシ!もちろん入場(笑)


入ったパビリオンの中で一番気に入ったのはトルコ館。

e0335287_20372145.jpg
トルコ館はスパイス、茶器、陶器、、、東と西の融合地点のトルコらしく、
西洋と東洋が混ざり合う文化を象徴するような展示にあふれていました。
もちろん列はなし(笑)
心残りは奥でいただくことができたトルココーヒーを飲まなかったこと。

そしてイラン館。

e0335287_20434090.jpg
ちょっと意外だったのがハーブ溢れる展示だったこと。
こんなにたくさんの種類のハーブが栽培されているのですね~。
言われてみれば中東起源の植物って多いんですよね。
超細かい模様の陶器、茶器、ドライフルーツも。

私、やっぱりシチリアのルーツになるような文化が好きなんだわー、と
EXPOに行って思うのでした。

私が行ったのは金曜日。
入場は10分ちょっと荷物チェックの列に並んだだけでしたが、
翌日は、なんと入場するだけで1時間待ち、、、、というニュースが流れ(汗)

よ、よかった、、、。

EXPO MILANO、混んでなければもう1回、行ってもいいかな?と思いましたが、
終了が近づき(10月いっぱいで終了)、ますます混んでいるらしく。
私が行った日も「人がいっぱいいる~!」と思ったくらいなので、
あれ以上混んでいるのは耐えられない、、、。

おそらくこれが最初で最後のEXPOとなることでしょう(笑)

==

●シチリア美食の旅をコーディネート「ラ ターボラ シチリアーナ」
http://tavola-siciliana.com/

●エリチェの街散策付き!トラーパニステイ3泊4日&5泊6日ベーシックプラン
http://tavola-siciliana.com/set_plan/basic.html

●2016年の「シチリア美食プラン」の日程が決定しました。詳しくは下記URLから。
http://tsiciliana.exblog.jp/23492589/

●11月は日本に行きます!「REIの料理教室 in JAPAN」予約状況
・11月7日(土) REIの料理教室/実習付参加型レッスン
昼の部(11:00~14:00)⇒満席。キャンセル待ち受付中
夜の部(17:00~20:00)満席。キャンセル待ち受付中

・11月8日(日) REIの料理教室/(昼)デモンストレーション方式 (夜)一部実習付レッスン
昼の部(10:30~13:30)⇒満席。キャンセル待ち受付中
夜の部(16:30~19:30)⇒空席あり(一部実習付レッスンです)

詳しくはこちらから。



by latavolasiciliana | 2015-10-03 20:50 | イタリアを旅する | Comments(0)

北はもう秋

e0335287_15554790.jpg

まだまだ夏なシチリアを離れて、、、北イタリアに来ています。

太陽が出ればそこそこ気温も上がる北イタリア。
でも17:00を過ぎるといきなり気温が下がり、、、。
夜はもうジャケットが必要なくらい寒いです。

深い緑。
エレガントな建物。
尖塔の塔がある教会。
秋の味覚ポルチーニ。

シチリアでは見ることのできない風景を堪能しています。

今日も快晴!
北イタリアを楽しんできます!



==

●シチリア美食の旅をコーディネート「ラ ターボラ シチリアーナ」
http://tavola-siciliana.com/

※シチリアで料理を習おう!REIの料理教室 in Sicilia
http://tavola-siciliana.com/lezione/rei.html

※2016年の「シチリア美食プラン」の日程が決定しました。詳しくは下記URLから。
http://tsiciliana.exblog.jp/23492589/



by latavolasiciliana | 2015-09-20 16:00 | イタリアを旅する | Comments(0)
2泊3日でピエモンテにプチお菓子巡りの旅に行ってきました。

一緒に周ったのはオーブンミトンの小嶋さん。彼女の味に対するこだわりは半端じゃなく、あーでもない、こーでもない言いながらお菓子を見て、食べて、意見を交換して、、、やっぱり同じ目的を持って感想を言い合える人との旅はとっても楽しく♪ 最近、シチリア一辺倒でしばらく他の州のお菓子を見て周っていなかったので、今回は楽しく、そしてちょっと刺激的な旅となりました。

周った街はミラノから出発して、

アレッサンドリア → アルバ → バローロ → カネッリ → ニッツァ モンフェッラート → アスティ → トリノ

3日間で本当によく周った!(笑)

ピエモンテと言えばこのお菓子。

e0335287_22404621.jpg


イタリア菓子好きにはおなじみのbaci di dama(バーチ ディ ダマ)。一言でバーチと言ってもお店によってレシピは色々。味も違えば色も違う。そこらじゅうのパスティッチェリアでバーチを買い込み、食べ比べてみましたが、本当に全く違うのね、、、と思わんばかり。そりゃ、頭では違うことは分かっていますが、実際に比較してみると、どこがどう違うのかが明確に分かってきます。

お菓子巡りの旅ですが、ピエモンテと言えばワインの名産地、、、ということでバローロではテイスティングも楽しんできました。

e0335287_22451351.jpg


途中、都内とあるイタリアンレストランのスタッフと合流。カンティーナ訪問にも連れて行っていただき、、、。

e0335287_22465921.jpg


(ありがとうございましたっ!)

ピエモンテ料理も満喫し、、、、

e0335287_22523012.jpg


いやいや、たったの2泊でしたが、本当に充実の旅となりました。

お菓子に話を戻すと、イタリアンレストランの方の紹介でお菓子工房を見学させていただいたり、小嶋さんが「ピエモンテで一番美味しいと思う!」というパスティッチェリアの女主人にお話を伺ったり、お店を周るだけではなく作り手からのお話も聞くことができて、色々な意味で勉強になる旅でした。

e0335287_22554364.jpg


e0335287_22575333.jpg


e0335287_22591970.jpg


e0335287_2312621.jpg


e0335287_2325913.jpg


e0335287_2342150.jpg


e0335287_2353861.jpg


e0335287_2374633.jpg


e0335287_238599.jpg


本や雑誌で見たり、他の人から話を聞いたりする知識と、その土地に行って空気を吸い、景色を見て味わって体で感じた知識は全く別のもの。その土地に行かないと分からないことがたくさんのです。ピエモンテは3回目の旅行でしたが、その時の自分の知識量や経験、そして年齢によっても随分印象が変わってくるもの。何度同じ土地に行っても面白いものです。

戻ってきたシチリアは猛烈なシロッコが吹き、暑い、、、(汗)ピエモンテも25度くらいで土地の人は「暑い、暑い(汗)」と言っていましたが、こちらはまだまだ本当の夏です。一体、いつになったら雨が降り始めて気温が下がってくるのか、、、今年は過ごしやすい夏だった分、シチリアの夏は長そうです。
by latavolasiciliana | 2014-09-18 20:03 | イタリアを旅する | Comments(0)
パンテオンのすぐ裏にある私が大好きな教会、サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会。ローマに来ると、必ず一度は立ち寄る教会です。

この教会に初めて来たのはもう10年以上前。イタリア留学する数年前にローマに1ヶ月くらい滞在していた時のこと。ローマを毎日グルグルと歩いている時に偶然見つけた教会でした。

簡素な外観を見つつ入り口を入ると、、、

e0335287_17454065.jpg


はっ!と目が覚めるような青、、、、。この吸い込まれるような青にすっかり魅了されてしまった私なのでした。

ここは古代ミネルヴァの神殿跡にたてられた(sopra Minervaは”ミネルヴァの上”という意味)教会。ローマには珍しいゴシック建築のひとつで、教会内には芸術作品で溢れています、、、教会というよりまるでミニ美術館。

e0335287_17503081.jpg


フィリッピーノ・リッピのフレスコ画。

e0335287_17542935.jpg


ミケランジェロの作品。

e0335287_17571946.jpg


こちらはベルニーニ作。

教会の入場料は無料で、美しい教会とたくさんの芸術作品を堪能する事ができます。そこらじゅうに散りばめられるステンドグラスも美しいです。

e0335287_181347.jpg


教会の目印はこれ。

e0335287_183928.jpg


こちらもベルニーニ作という象のオベリスク。象は古代から知性と信心の象徴だったそうで。この教会の修道院の庭から発掘されたそうです。

1年に1回か2回ほどいくローマ。毎回新しい美術館や博物館をひとつずつ見ているのですが、まだまだ終わらないローマ、、、。今回は気候も良かったので、いつものローマお散歩道を歩いてきましたが、やっぱり楽しいローマ。街ごと巨大なテーマパーク、、、と言った感じでしょうか。教会や美術館はアトラクション(笑)ディズニーランド同様、何回行っても楽しめます。(ってそういう比較の対象じゃない?笑)

次回のローマ訪問はいつかな~。次回は久しぶりにトラステベレ地区を散策したいな♪
by latavolasiciliana | 2013-07-16 17:37 | イタリアを旅する | Comments(6)
日帰りで行ってきたローマ。朝6時半の便でトラーパニを発ち9:30にはローマのチェントロに到着。午前の用事は10:30頃には終了して、午後16:00からまた用事を済ませて19:30の便でトラーパニへ戻る、、、というスケジュールでした。なので用事と用事の間に約半日ほどの自由時間は最初はテルミニ駅前にある国立博物館を見に行こう!と思っていたのですが、天気もいいし、博物館は寒い冬に来た時のために取っておいて、ローマの街を散策する事にしました♪

スタート地点は、用事を済ませた場所から近かったスペイン階段、、、の上からローマを見下ろす。

e0335287_22452066.jpg


写真ではちょっと見ずらいですが、この日はモヤもなくって結構遠くまで見えていました。上から眺めるローマは大都市なのに街並みは古いままで。

さて降りてみましょう~。

e0335287_224909.jpg


相変わらず大盛況で(笑)いつだったか、6月にローマに来た時はこの倍くらいの人数がいて、階段が完全に人で埋め尽くされ全く見えなくって、、、驚いたことがありましたが、7月もやっぱり盛況。っていうか、真冬以外いつも盛況か、ローマは(笑)スペイン階段って下から見上げると、後ろのトリニタ ディ モンティ教会がアクセントになっているから美しんですよね。これがなければタダの階段、、、という気も(汗)超ド級に大きく古い教会が目白押しのローマでは、地味目の教会ではあるもののこの教会も1585年に完成と、結構古い教会。内部はシンプルですが心落ち着く空間です。

さてさて、先に進みましょう。

e0335287_22535034.jpg


かの有名なブランド通り、Via Condotti。そこにある1760年創業でゲーテやリスト、ワーグナーも通った、、、と言われるカフェ グレコ。ギリシャ人グレコが開店した事にちなんでいるそうです。外観も中もとっても素敵なんですけどね、、、。数年前に日本人のおばちゃん集団がカウンターの中に入り込んで、バリスタのお兄ちゃんに日本語で、

「写真一緒に撮りましょ~~~♪」(ん?確か関西弁だったな、、、)

と大騒ぎしつつ、、、。バリバリ日本語でちょっとイケメン風のお兄ちゃんに話かけてました、、、(汗)
そんな姿を目の当たりにした後、、、、中に入った事はありません(^_^;)

Via Condottiを抜けてVia del Corsoに出て左折して直進。

e0335287_22594621.jpg


マルクス アウレリウスの円柱。これ、写真で見るとタダの円柱ですが、近くで見るとすんごい細かい彫り物がしてあります。紀元前2世紀にドイツ遠征の戦いに勝ったことを記念して建てられたもの、、、彫り物は、その時の戦いの様子がらせん状に描かれているそうです。紀元前2世紀が首都のど真ん中、しかもPlazzo chigi(内閣総理府)のド真ん前に。これがローマのすごいところなんだな~。街の中に2000年も前のモノが普通に違和感なく存在している、、、。

さて、これが見えてきたちょっと先を右に曲がると細い道に。古代ローマの「すべてての神の神殿」パンテオンに向かいます。

e0335287_238968.jpg


この辺り、活気があって好き♪ スーパー観光地ではあるけれど、それすらも楽しめてしまうような街並み♪ お土産屋さんや立ち並ぶトラットリアを眺めながらすっかり観光気分♪

e0335287_23111447.jpg


パンテオンにたどり着く前の遺跡。形からすると神殿だったのかな?ガイドブックに載る事もなくひっそりとここにたたずんでいますが、、、きっとすごいものに違いない。(ローマ在住の方、ご存知でしたら教えてくださーい)

そして、やってきましたパンテオン。

e0335287_23153773.jpg


古代ローマの神殿が中世になって教会となりました。ドームの高さと直径はいずれもなんと43.3m。ど真ん中にオキュラスと呼ばれる穴が空いています。

e0335287_23232832.jpg


でもこれ、、、どうやって測量したんでしょうね??

内部にはラファエロの墓があることでも知られるパンテオンですが、一番驚くのはやっぱりその造り。内部や正面はすっかり修復されて、新しいものにも見えますが裏に回るとその古さが実感できます。

e0335287_2327163.jpg


写真の上と下の方に見える、壁の中に埋め込んであるるアーチ、、、分かりますか?(真ん中の窓枠があるところではありません。)これ、そのまま石を積み重ねていくと重くなるから、その重さを分散させるための構造なんだそうです。ひょー。

パンテオンもすごいけど、私が好きなのはパンテオン前のPiazza della Rotonda。

e0335287_23362163.jpg


なんでだろか?この広場が大好き♪ 本当に忙しい時のランチは、この広場にある食材屋さんでパニーニを作ってもらって、噴水眺めながらパクリ。時間があるなら広場を囲むバールに座って冷たいものでも、、、♪ ローマにくると必ず1度はやってくる広場です。ちなみに、↓のカルボナーラもVia del Corsoからパンテオンに行く小道にて食べました。

さてさて、この付近にもう一つ好きなものが。それは教会。ここも必ず行くポイント。エントリーが長くなってきたので、続きは次のエントリーにて♪
by latavolasiciliana | 2013-07-12 23:40 | イタリアを旅する | Comments(2)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana