カテゴリ:トラーパニの風景( 35 )

クリスマスの夜のお散歩

e0335287_18021259.jpg
クリスマスの夜。

いつもはドミンゴ家でそのまま過ごすのですが、
今年はトラーパニの街にuna passeggataに行ってみました。
今年でイタリアに来て12回目のクリスマスですが、
クリスマスの夜に外出するのはなんと初めて。

ここ数年、街にイルミネーションの灯らないトラーパニ。
今年も何にもないなー、と思っていたら、、、

e0335287_18073093.jpg

クリスマス前に市庁舎前に突如現れたショボいイルミネーション(笑)
ま~、何にもないよりはいいかな、、、という感はありますが、
写真を撮っているのは私だけ(苦笑)

そのまま散歩散歩、、、。

e0335287_18122476.jpg

チェントロまで辿りつくと、この微妙なライトアップ、、、。
ま、いっか(笑)

カトドラーレで礼拝が行われていたので、ちょっとだけ参加。
クリスマスミサは満員御礼で立って参加する信者達で溢れていました。
やはりここはキリスト教国家、そして南。
信仰心が厚い人が本当に多いです。

厳かな雰囲気の教会から外に出ると、人で賑わうトラーパニの街。

e0335287_18170647.jpg


一歩歩けば知り合いに会い、

「Auguri!!」

そしておしゃべり。

もう一歩歩けば、また知り合いに会い、

「Auguri!!!」

なかなか先に進めない、、、(笑)

いつもとはちょっと違うクリスマスの夜🎄

こんなクリスマスもまた楽し♩


==

2016年春のプランをアップしました!

第1弾は「シチリアの古代小麦とパンを巡る旅3泊4日」
「シチリアのパンはどうして美味しいの?」をテーマに、
小麦やパン作りについて学ぶ3月18日から3泊4日のプランです。

第2弾はパンツアーに続き、シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」
3月23日より3泊4日で開催。
キリスト教とシチリア伝統料理は切っても切り離せないもの。
本気でシチリア料理を追及したい!という方におススメのプランです。

いずれのプランもシチリアのディープな食文化を体験できるプランです。

お問い合わせはホームページお問い合わせフォームより。
どうぞお気軽にご連絡下さいね!





by latavolasiciliana | 2015-12-27 18:18 | トラーパニの風景 | Comments(0)

12月の海♪

e0335287_19310902.jpg
今年ももう12月。。。
今年は早く夏が来たせいか、寒さも少し早目に来たトラーパニ。
11月になって寒いな~、、、と思っていたら、
12月に入ったらポカポカ陽気が戻ってきて♪
今日日曜日は気持ちよく晴れたので、
Barでゆっくり朝ごはんを食べてから海でお散歩。
こんなゆっくりした日曜日は久しぶり♪

海の近くはやっぱりいいな。

==

3月21日(月)は日本も休日で3連休!
お休みを取りやすい時期でもあります。
そして3月27日(日)はパスクワ(復活祭)!
この時期ならではの風景やお菓子にも出会えるチャンスです♪

ラ ターボラ シチリアーナではパンツアーに続き、
復活祭の伝統料理を学ぶ「パスクワツアー」も開催します。
詳細は次のエントリーにて!

トラーパニで1週間、ど~っぷりと宗教ウィークにはまってみるのもおススメです♪
何せ、シチリアの食文化はキリスト教と切っても切り離せないご縁ですから、、、。





by latavolasiciliana | 2015-12-06 19:38 | トラーパニの風景 | Comments(4)

10月も海水浴!

e0335287_18143358.jpg
気が付けば10月、、、5月から始まった長い長い夏もようやくひと段落。
秋っぽい風が吹き始めたシチリア。
風は秋っぽくても太陽直下はまだまだ夏。

天気の良い土曜日はたくさんの人が海岸で夏の名残を楽しんでいました。

さて、11月の料理教室@日本。
11月8日(日)の夜の部でお席がご用意できます。
デモンストレーション方式とご案内していたこの日のレッスンですが、
実習付きレッスンを希望される方が多かったため、
一部実習付きレッスンに変更させていただきました。
デモンストレーション方式を希望される方は実習に参加しなくてもOK。
フレキシブルなレッスンにしたいと思っています!

皆さんのお越しをお待ちしております❤

詳しくはこちらから。




by latavolasiciliana | 2015-10-04 18:22 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_16200131.jpg


8月16日、それはクリスマス、パスクワ(復活祭)と同じくらいトラーパニの街が盛り上がる日。

何故って??

それは「マドンナのお祭り」だから。

イタリアには毎日、その日の聖人がカレンダーに刻まれていることは、
このブログでも何度も触れてきました。
そして1年に1回、その街の守護聖人の日があって、その日は祝日になることも。
でもトラーパニはダブル聖人の街とも言われていて。
8月6日のSant'Alberto(サン アルベルト)が守護聖人の日なトラーパニ。
でも8月16日は「トラーパニのマリア様の日」として正式な祝日ではありませんが、
トラーパニ市民の中ではほぼ祝日扱いの日なのです。

e0335287_16211351.jpg
トラーパニの街では8月15日になると「Quindicina(クインディチーナ)」といって、
8月16日のマドンナの日に向けた15日間のお祈りが捧げられます。
敬虔な信者はこの礼拝が行われるサンクチュアリーまで毎日徒歩で通うのです。

街に住んでいる人は毎日歩けますが、遠い村に住んでいる人はさすがに毎日は厳しく。
そんな人達は8月15日の夜、一晩かけて16日の朝早くの礼拝を目指して歩きます。
この習慣は今でも普通に残っていて、15日の夜は暗い車道をたくさんの人が歩いています。

今年で11回目のトラーパニの夏を迎えるのですが、私、この日にサンクチュアリーに行ったことない、、、。
多分、毎年天気が良いからきっと海に行っていたのですが、今年は天気がぐずつき。
朝、急に思い立ってサンクチュアリーに行ってみることに。

e0335287_16263610.jpg

朝の礼拝は中に入れないほどの満員御礼。
でもここはサンクチュアリーの教会。
マドンナは奥にある別のチャペルにいます。

礼拝を退散してマドンナへ向かう!
けどここにも長蛇の列、、、並ぶこと1時間。
ようやくマドンナに接近!

e0335287_16292803.jpg
マドンナは囲いの中に、、、。

そしてようやくお目にかかれたマドンナ様。

e0335287_16314982.jpg
皆さん、マドンナの顔って意識してみたことありますか?
街によってそれぞれ違うマドンナの表情。
トラーパニのマドンナはとっても穏やかな顔をして微笑んでいて癒される、、、。
とっても美人さんとウワサなのです(笑)

マドンナは一周できるようになっていて、裏側からは後ろ姿に触れられるようになっています。
皆、マドンナに触りながらそれぞれ何かを祈っているのでしょう。

この日の夜、マドンナは旧市街にあるカテドラーレに運ばれ、夜の街を練り歩きます。
そしてカテドラーレに戻った0:00、港沿いで花火が上がるのです。
盛大な行進が行われるパスクワに続いてトラーパニ市民のキリスト教への信仰心が強く感じられる1日です。

花火は例年30分以上遅れて始まるのですが、、、ことしはなんと0:00ほぼぴったりに始まった!
例年、港まで見に行くのですが、今年は待つのが嫌で、、、、
家のベランダから眺めたのですが、
こんなにぴったりに始まるなら来年は見に行こうかな?

ちなみにマドンナは通常も公開されています。

●アヌンツィアータ聖所記念堂
Via Conte Agpstino Pepoli, 179

旧市街から歩いて30分くらい。
隣にある州立ペポリ博物館もおススメです。




==

●シチリア美食の旅をコーディネート「ラ ターボラ シチリアーナ」
http://tavola-siciliana.com/

※2015年10月10日(土)~10月5日(木)
東シチリア周遊 REIと行く究極のシチリア美食旅 5泊6日(パレルモ集合、カターニャ解散)
予約受付中!興味のある方はお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

※2016年の「シチリア美食プラン」の日程が決定しました。詳しくは下記URLから。
http://tsiciliana.exblog.jp/23492589/




by latavolasiciliana | 2015-08-19 16:41 | トラーパニの風景 | Comments(0)
トラーパニと言えばマグロ漁で知られる街。

トラーパニの近くにはかつて4か所のトンナーラと呼ばれるマグロ加工工場がありました。
4艘で追い込み銛で突いて伝統漁、マッタンツァはマグロの数が減ると共に回数が減り、
今ではもうほぼ途絶えてしまいそうな伝統となってしまいました。

かつてマグロ漁で栄えた村にはマグロ漁に使った漁船が放置され。

e0335287_20513738.jpg
かつての加工工場は今はホテルになりました。

e0335287_20533465.jpg
時代の流れと共に、色々な事が変わっていくのだろうけれど、
遠くに見える夕陽はきっと今も昔も変わらないはず。

e0335287_20552006.jpg


==

●シチリア美食の旅をコーディネート「ラ ターボラ シチリアーナ」
http://tavola-siciliana.com/

※2015年10月10日(土)~10月5日(木)
東シチリア周遊 REIと行く究極のシチリア美食旅 5泊6日(パレルモ集合、カターニャ解散)
予約受付中!興味のある方はお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

※2016年の「シチリア美食プラン」の日程が決定しました。詳しくは下記URLから。
http://tsiciliana.exblog.jp/23492589/



by latavolasiciliana | 2015-08-02 20:56 | トラーパニの風景 | Comments(0)

初夏の真っ赤な夕日

e0335287_19294331.jpg


現在日没20:30。
真っ赤な夕陽は水面を赤く照らしながら西の空に沈み、
上空には1日の終わりのあいさつをするかのようにたくさんのカモメが飛び交う。
1年の中で一番日が長い今の季節の夕暮れはウソみたいに美しい。
まるで映画のワンシーンのように。
by latavolasiciliana | 2015-06-07 19:36 | トラーパニの風景 | Comments(2)

海水浴が始まりました!

e0335287_2237196.jpg


日本からシチリアに帰ってきた4月下旬。
数日後からいきなり気温がグングン上昇、、、早くも33度に到達した先週(汗)
今週は比較的落ち着きましたが、日差しは既にかなりギラギラ。
海では4月下旬から既にたくさんの人が海水浴をしています。

雨がたくさん降り、ずーっと天気が悪く長かった今年の冬。
待ちに待った夏がやってきた~!

真っ青な空と真っ青な海。
冬は冬で美味しい食材もたくさんあって、人が少ないしっとりとした街並みを楽しめますが、
もっともシチリアらしい季節はこれから!



by latavolasiciliana | 2015-05-13 16:06 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_17204557.jpg


4月5日日曜日は復活祭。

復活祭はキリストの復活を祝うお祭り。
トラーパニでは毎年、盛大な行進が行われます。

キリストが亡くなったのは金曜日の14:00と言われています。
トラーパニの行進はこの時間に合わせて、
キリストの最期を20シーンで表現したミステリと呼ばれる聖台が、
お神輿のように担がれて順々に教会を出発。
翌日土曜日14:00まで24時間、街を練り歩きます。

e0335287_17234799.jpg


各聖台にバンド、そしてそれに纏わる衣装を纏った人々が行列を成すため、
この日、数千人の人達が行進に参加。

e0335287_17252343.jpg


あまりにもこの盛大な行進を見にやってくるイタリア人観光客も多く、
今年は何故かたっくさんのドイツ人(多分)がいました。

今年は天気にも恵まれ。

e0335287_17263293.jpg


復活祭は春の到来を告げるお祭りとも言われていますが、
本当にこの頃になると春がやってくるから不思議。

夜もまた美しく。

e0335287_172996.jpg


去年、日本に滞在していて見れなかった分、今年は存分に楽しんできました。

宗教的行事と聞き、この写真だけを見ていると、なんだかオドロオドロしいものに感じるかもしれませんが、
実際にはとっても美しく、キリスト教信者ではなくとも心に染み入るものを感じられるこの行事。
物悲しい音楽に乗せてゆっくりと行進するその姿は、
人生の苦悩と、それから解放されることへの願いのようにも感じられます。

この行進が終わるのは土曜日の14:00。
そして日曜日、復活祭当日は家族でお祝いをするのがシチリアの習慣です。

Buona Pasqua a tutti!
by latavolasiciliana | 2015-04-04 17:35 | トラーパニの風景 | Comments(2)

羊雲、明日は雨

e0335287_3353084.jpg


今日はいきなり気温が20度まで上がってポカポカ、、、を通り越して、
なんだか暑い1日でした(汗)

でも、春が来た!と思うのもきっと今日だけ。
明日から来週明けまで、天気予報は連続して傘マーク。
気温も今日ほどは暖かくはないでしょう。

シチリアの空はいつでも天体ショー。
ひろ~~く広がる空は見ているだけで面白い。

今日の夕方、海沿いの空に羊雲が出ていました。

やっぱり明日は雨?

※翌日の追記
朝は晴れてて、あ~、羊雲もアテにならんな~、、、と思っていたらお昼前から急に嵐!
やっぱり羊雲の翌日は雨なんですね。
by latavolasiciliana | 2015-03-05 03:40 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_19371518.jpg


スフィンクスが登場して、遊園地で賑わう今年のトラーパニのクリスマスですが、、、。

教会に一歩入ってみれば、やっぱりイタリアでのクリスマスは宗教行事なんだな~、、、と強く感じます。

この時期、教会には多くの人が礼拝に参加します。毎週日曜日の礼拝は欠かさない、という人はもちろんの事、いつもは忙しくてなかなか礼拝には顔を出せないけれど、、、という人も、この時期、通常よりも頻繁に行われるミサには参列する、という人も少なくありません。

日本では「クリスマス」と呼ばれますが、イタリアでは「Natale(ナターレ)」。Nascere(ナッシェレ)=生まれる、という動詞から派生した「誕生の、出生の」という意味の言葉です。そこからも分かるように、Nataleはキリストの誕生をお祝いする宗教行事。25日を迎える瞬間(0時)は教会は人で溢れます。

そして教会にはプレゼピオと呼ばれる、キリスト誕生のシーンを再現したジオラマが飾られます。

e0335287_19435752.jpg


e0335287_19451683.jpg


e0335287_19464411.jpg


e0335287_19575246.jpg


棒がバシバシ動いていました(笑)

e0335287_2023549.jpg


朝、昼、夜、、、と照明が変わっていきます。雷が鳴って雨も降ったり、、、とかなり凝ってます。

そしてキリストの生誕シーン。

e0335287_19481443.jpg


キリストは25日になって生誕してから置かれることが多いのですが、ここの教会ではもう既に置かれていました。

イタリアではクリスマスツリーよりもこのプレゼピオが伝統で、家にこだわりのプレゼピオを作っている人も少なくありません。

クリスマスってイルミネーションを楽しんだり(トラーパニにはありませんがー。)、プレゼントを交換したり、なんだかワクワクするイベントであることは確かですが、宗教感溢れる伝統的なしっとりとしたNataleをみると、あ~やっぱりイタリアだな~、、、とちょっとホッとした気分になりました。

イタリアでは25日はナターレで祝日、そして26日も祝日。27日が土曜日で28日まで4連休となります。今年はC氏も私もなにかと忙しかった12月。クリスマスシーズン、どこの街にも出かけていないので、お休みの間に近くの街でも散歩しに行ってこようかな♪
by latavolasiciliana | 2014-12-23 20:03 | トラーパニの風景 | Comments(6)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から、トラーパニ在住のREIが食材情報、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!


by latavolasiciliana