カテゴリ:トラーパニの風景( 39 )

e0335287_21570870.jpg

今まで私のブログをずっとご覧くださっている方はもう何度も読んだかもしれませんが、、、。


イタリアのカレンダーにはその日の守護聖人の名前が書かれています。
そして街には守護聖人がいて、カレンダーに街の聖人が書かれている日は祝日となります。
トラーパニの守護聖人は聖アルベルトで8月7日が祝日。
街にはイルミネーションが灯り、夜になると聖アルベルトの像が街を練り歩きます。


e0335287_21585397.jpg


夕方、トラーパニで一番重要な教会、カテドラーレに行ってみると、聖アルベルトが行進に出る準備をしていました。


そして夜20:00過ぎ、もう一度街に行ってみると、教会の鐘が鳴り響き、、、聖アルベルトが教会を出発した合図です。
この鐘の音を聞くと、トラーパニ市民は聖アルベルトの像を追いかけに!
私達はちょっとだけ追いかけていきましたが、すごい人、人、人、、、、!


e0335287_22022969.jpg

一番奥の赤い旗のその前、ちょうど建物と建物のど真ん中辺りに、キラッ!と輝いていました。


これから数時間、練り歩く訳ですが、この時点で猛烈にお腹が空いていた私。


神より食欲(笑)


食欲はあれど、お腹は空いていれど、、、暑い日々が続く今年のシチリア。

ガッツリ食べる!という感じでもなかったのにアペリチェーナに行くことにしました♪


アペリチェーナとはAperitivo(食前酒)+Cena(夕食)の造語。

元々アペリティーヴォを頼むと、結構しっかりしたおツマミが付いて来ていたトラーパニ。

かつては、アペリティーヴォしてから、レストランで夕食を、、、というのが流れだったのですが、

近年のダイエット志向で、夕食は比較的ライトなものへと嗜好が移り。

尚且つ、不況も後押しして、一気に盛り上がったアペリチェーナ。


私達、行きつけBarのアペリチェーナはこんな感じ。


e0335287_22082240.jpg

これで2人分ですが、パンをつまみながら食べていると、意外とお腹いっぱいになります。
ミニアランチーニとパネッレは揚げたてでとっても美味♡

アペリチェーナの内容はお店によって色々ですが、1杯飲みながら軽くご飯を、、、という時に最適。
というか、我々、最近、外食というとこればかり(笑)
夏のトラーパニは、トラットリアには人が殺到していますからね~、、、。

アペリチェーナを楽しんでいる最中に、港では花火が上がりました。
聖アルベルトが教会に戻った後に花火が上がるのです。


トラーパニの守護神は聖アルベルトですが、8月16日はトラーパニのマドンナの日。

マドンナ信仰がとっても強いトラーパニは、W守護神の街とも言われ。

イルミネーションは8月16日までこのまま灯されています。


トラーパニは夏真っ盛りです♪


=============================================
シチリア美食の旅をコーディネート 「ラ ターボラ シチリアーナ」

各種料理教室、ワイナリー見学、生産者訪問、空港送迎、専用車手配等、、、
あなたのシチリア美食の旅をサポートします!


http://www.tavola-siciliana.com/




by latavolasiciliana | 2017-08-09 22:20 | トラーパニの風景 | Comments(0)
暑い日曜日、、、家にいても暑いし、こんな日は海へ行くに限る♩

e0335287_01262656.jpg

今日は家から徒歩5分のLIDO(リド)へ。

e0335287_01262758.jpg

ちょこっと海に行こうか、、、という日は、ビーチタオルとパラソルを持ってフリーの海岸へ行くのですが、
1日海にいるぞー!という日はビールベッドとパラソルを借りてノンビリと♩


e0335287_01262709.jpg


まずは背徳の朝ビール♩


e0335287_01262766.jpg

サルデニアの海もきれいだったけど、トラーパニも悪くないね♩


e0335287_01262710.jpg


ただ、、、サルデニアよりも格段に暑い(汗
サルデニアは北風の土地、トラーパニは南風シロッコの土地。
やっぱりシチリアは暑い〜。
(って最近そればかり・笑)

e0335287_01262800.jpg


夕方までのんびーりしました。

サルデニア島ヴァカンツァに続き、週末が終わり、私の2017年の夏休みは終了。
明日から日本からいらっしゃる方々が、楽しくシチリアでの夏休みを楽しんでいただけるよう頑張ります!


by latavolasiciliana | 2017-07-24 14:00 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_15472729.jpg



乾いたトラーパニの夏。
降水量が極端に少ないトラーパニ。
夏の大地は茶色い。
今日もシロッコが猛威をふるい。
暑い1日になりそうな予感。

<追記>
結局気温は41℃を超え。
その上、湿度は19%、、、。
乾燥しすぎて喉がカラカラな1日。




by latavolasiciliana | 2017-07-11 15:45 | トラーパニの風景 | Comments(0)

エリチェが山火事に!

大変ご無沙汰してしまいました、、、。
前のエントリーで午前中、半日休んでからというもの、昨日までまたしても1日も休みのない日々が続き、、、。
日本に行く前の準備期間から数えると、ほぼ丸2か月、1日きっちりと休んだ日は1日もなく、
60日連続働き続けた、、、という、個人記録を打ち立てました(笑)

そんなこんなで、プラチナブロガーに選んで頂いたというのに、6月はほとんど更新できない日々となってしまいました。

今日が久しぶりの投稿!
というのに、、、話題はエリチェの山火事(汗)

一昨日の夕方、ちょろっと家に帰った時、モクモクモクモク、、、、わ!山火事!

e0335287_00451169.jpg

この日はなんと、40℃まで達していて、、、。

e0335287_00490969.jpg
本当に暑い1日。
しかもシロッコ(アフリカからの暑い風)が吹いて、外は熱風が吹き荒れ、まるで暖房が入っているかのような状態。
湿度は30%くらいだったので、自然発火だったのか、、、はたまた捨てられたたばこの火から発火したのか、、、。

夜に帰ってきた時には火がボウボウと燃えていました、、、。

e0335287_00401576.jpg

この写真、我が家の前の道路から撮ったのですが、意外と火は近いところにあって。
風向きから我が家の方には火は来ないような感じではありましたが、ちょっと怖いな、、、、と思いつつ眠りにつき。
夜中に起きて火をチェックしよう、と思って寝たのに、あまりに疲れていたせいか朝までグッスリ、、、zzz
朝起きて、「わ!生きててよかった!」と本気で思いました(笑)

外に出てみると、、、。

e0335287_00592864.jpg

シロッコがもたらす砂埃と煙のせいか、空はどんよーり、、、。
しかも、意外と下の方まで火が降りてきてる(汗)(汗)(汗)
写真中心部の黒くなっているところ、我が家から結構近いんです。
ただ風向きは写真右側から左側へ、、、と強く風が吹いていたため、灰が飛んできたり、家の周りに煙がモクモク、、、
という被害はありませんでした。

この時点では一回鎮火、、、と思っていたのですが、また午後になって発火!

e0335287_01041089.jpg
この時点で気温は38℃、体感気温は42℃、、、それに加えて太陽も出てきたので、焼け付くように暑くて。
火はかすかに見えるくらいでしたが、黒い煙が上がっているのでやはり結構燃えているのか、、、。

夕方、仕事が終わってから気になって煙が出ている方面に車で行ってみると。

e0335287_01072060.jpg

ひょえー!
昨晩の燃えた後、、、ここ、道路からすぐ近く。

e0335287_01084210.jpg

左の塀はおうちの壁。
右の下、100m近くまで火が近づいて来ていたそうです。
住民の方々は、この時も心配そうに火の行方を見守っていました。

山火事の時に必ず出動するのがこれ!

e0335287_01112645.jpg

山火事の時は陸からの消火はなかなか難しいので、空から消火します。
消防飛行機が空から水を撒くのです。

どこから水を汲んでくるかというと、、、、。


e0335287_01144848.jpg


答えは海!

水面ギリギリを飛び続けて給水、そして空に旅立って水をまき消火、、、これを何度も何度も繰り返すのです。

夕陽に向かって飛んでいく消防飛行機、頑張れ!

e0335287_01162984.jpg

海を見るととっても美しい夕暮れ、、、。

e0335287_01182913.jpg

でも、反対側の山を見るとモクモクと黒い煙をあげて燃えている山、、、。

まるで天国と地獄のような風景でした。

幸い、今朝には鎮火したようですが、全国区のニュースでも取り上げられるくらい大きな山火事でした。
民家に火がうつる被害はなかったようで、良かった!

さて、、、ここ1か月、色々なところを周った写真がたくさんあるのですが、まったく紹介できておらず。
仕事がひと段落したので、シチリアの美しい風景をチョコチョコとアップしていきたいと思います。

どうぞまたお付き合いくださいね♪





by latavolasiciliana | 2017-06-30 01:21 | トラーパニの風景 | Comments(6)
もう今までのブログでも何度も何度も取り上げてきたパスクワ(復活祭)の大行進@トラーパニ。

↑こちらからパスクワ(復活祭)について、色々ご覧いただけます。

今年は時間に余裕があったので、 この金曜日の大行進を迎える前にも教会に行き。
そして迎えた金曜日。

見事に晴れた!

e0335287_17275050.jpg

このミステリと呼ばれる聖台は、キリストの最後の1日を20シーンに分けてあらわしたもの。
ということで、20台。
キリストが亡くなったとされる金曜日の14:00に最初の1台が教会から出て、
翌日土曜日の14:00に最後の1台が教会に入っていく。
つまり24時間、トラーパニの街のどこにいってもこのミステリと出会う訳です。

1台につき1組のブラスバンド。

e0335287_17334031.jpg
ブラスバンドの奏でるちょっと物悲しいシチリア伝統音楽に乗せて、ミステリはゆっくりゆっくりと行進します。

そして、ミステリと関係する小道具を持った子供や大人達が、それぞれの服装でミステリと一緒に行進。


e0335287_17394366.jpg

かなり大規模な行進であることが分かっていただけるかと思います。

宗教行事、、、と聞くと、なんとなくおどろおどろしい感じもするかと思いますが、
実際には青空の下、トラーパニの街を行進するミステリ達は、感動的でもあり。

宗教心のあらわれとしてこの行事に参加する人々は、担ぎ終えた後、涙を流しながら教会からでてきます。

e0335287_17444479.jpg

最後の1台はマドンナが教会に戻る際には、花吹雪が舞い。
教会の前にはおびただしい人の数。

感動的な瞬間です。

そして最後、教会の扉が閉まり、2017年パスクワの行進も終了。

e0335287_17481419.jpg

そしてこのブログを書いている今日、日曜日はパスクワ。
キリストは日曜日に復活した、、、と言われています。
今日はみんな、それぞれの形で復活をお祝いします。

私は毎年の恒例でドミンゴ家でお昼を過ごします。

この時期のトラーパニは非常に賑やかで。
今年は遅めのパスクワだったせいか、観光客がすっごく多くて。
既にタンクトップと短パン、そしてビーサンで街を闊歩(笑)
そしてトラーパニ人はまだダウン着ている、、、というこの時期恒例のこのギャップ(笑)
(トラーパニはいつも風が吹いているので、市民達は風邪を引かないよう割と厚着)

来年のパスクワは4月1日。
ラ ターボラ シチリアーナでは毎年この時期に「シチリアの復活祭(イースター)料理を学ぼう!3泊4日」を開催しています。

2016年の様子はこちらから。


来年は3月28日(水)~31日(土)の開催です。

イタリア料理やイタリア菓子はキリスト教とは切っても切り離せないご縁で。
イタリア好きの方、イタリア料理を勉強されている方には一度は見ていただきたいこの行進。
ちょうど春休みの時期なので、お子さんと一緒のご参加も大歓迎です!

ではこれからドミンゴ家にパスクワランチに行ってきま~す!



by latavolasiciliana | 2017-04-16 18:04 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_05414415.jpg


たっくさんの人があふれかえる聖金曜日のトラーパニ。
そう、今日はパスクワの大行進が行われています!

毎年道順が変わるのですが、今年は旧市街のメインストリートを夜に通過。
私がトラーパニに来てからはこのルートは初めて。

バロック建築の立ち並ぶ旧市街を生花が飾られ、キャンドルが灯る聖台が、
ちょっと悲しげな音楽と共に行進します。

詳細は後日。。。


by latavolasiciliana | 2017-04-15 05:35 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_16525868.jpg

昨日水曜日の夜のお散歩に続き、木曜日も夜のお散歩。

金曜日の大行進の前夜、木曜日の夜。
教会にはセポルクリと呼ばれる、キリストの聖体安置所が作られます。


そのいわれは、↑のエントリーからご覧ください。

敬虔なキリスト教徒達は明日の大行進の前日、このセポルクリを見るため、そしてミサに参加するため教会に行きます。
私達も夕食を家で食べた後、トラーパニの街へ。

セポルクリは「奇数見なければならない」と言われています。
それも最低3つ。

さて、まず向かったのはカテドラーレ(大聖堂)。
中に入ってみると、、、

e0335287_16561882.jpg

わかるでしょうか、、、長蛇の列。


e0335287_16583021.jpg

パンはキリストの身を、杯に注がれた赤ワインはキリストの血をあらわします。
後ろにある絵は最後の晩餐。
そう、聖木曜日は最後の晩餐が行われた日。
そして翌日、金曜日に十字架にかけられます。

2つ目はこれも旧市街のサンピエトロ教会へ。


e0335287_17024006.jpg

セポルクリは教会によってそれぞれ。

どこでも一緒なのは、パンとワインがあること。
そしてミサが行われている事。

そして次は新市街のアヌンツィアータ聖所記念堂へ。
ここは私達は「マドンナの教会」と呼んでいる通り、トラーパニのマドンナが祀られている場所。
正確には教会ではなくサンクチュアリーです。
トラーパニ市民に愛されるマドンナ、ここの教会は人がいっぱいいるだろうな~、、、とは思っていたんですが。
行ってみたら外にまで列ができていました。


e0335287_17070960.jpg

ん?ここの空間、入ったことが無いような。


e0335287_17085808.jpg

非常に美しいセポルクロ。(セポルクリ(複数)⇒ せポルクロ(単数))

どこの教会も、神聖な空気に包まれ。
観光客はほとんどいない(というか、いない)ので、写真を撮ることさえはばかられる雰囲気です。
と言いながら、私は撮ってしまいましたが、、、、(苦笑)

このセポルクリの前にいる時間は皆ほんの少し。
祈りを捧げるというより、軽くご挨拶程度な感じ。
なので列ができていても比較的早く順番が回ってきます。

こうして1日1日、パスクワに備えていく敬虔な信者達。

そして今日はついに聖金曜日。

復活祭の大行進があと4時間後に始まります。


もちろん私も見に行きます!




by latavolasiciliana | 2017-04-14 17:13 | トラーパニの風景 | Comments(0)
e0335287_15435422.jpg

とっても美しいトラーパニ旧市街の夜のお散歩♪

パスクワ(復活祭)前のトラーパニでは、
金曜日の行進に向けて毎日色々な宗教行事が行われています。


e0335287_16080655.jpg


昨日は、マドンナの絵がバンドと共に街を行進。

e0335287_16085160.jpg

たくさんの人が行進を見に来ていました。

e0335287_16103893.jpg

パスクワ(復活祭)の時期は、クリスマスよりも人々の信仰心を垣間見る事ができる時期。

キリスト教徒ではなくてもちょっと心打たれるものがあります。

明日はいよいよパスクワの大行進!



by latavolasiciliana | 2017-04-13 16:15 | トラーパニの風景 | Comments(0)

美しき秋の塩田風景

e0335287_17035535.jpg


先日、塩田近くに用事があり、ならば、、、塩田Barでアペリティーヴォでも?ということになり。

夕陽は沈んじゃったな〜、、、と思いながら塩田に到着すると、、、。
そこにはこの世のものとは思えないくらいの美しい風が広がっていました。

例年、9月には終わってしまう塩の収穫ですが、
今年は10月になってもまだやっている模様。
塩田Barのちょうど目の前に、収穫半ばの塩の小山が❤️

日中はまだ暑いですが、朝晩は涼しく秋の空気。

夏のシチリアは最高ですが、秋のシチリアもこれまた美しき。


by latavolasiciliana | 2016-10-08 16:57 | トラーパニの風景 | Comments(2)
e0335287_20435679.jpg


キラキラと光る水面、、、✨✨✨
9月に入りましたがトラーパニはまだまだ夏!
海ではたくさんの人が海水浴を楽しんでいます。
写真はトラーパニの街のすぐ横にある海。
こんなに透明度が高い海がすぐ横っちょにあるそこそこサイズの大きい街って、
イタリア全土探してもそう多くはないと。
(ちなみにトラーパニは県庁所在地)

トラーパニで海水浴を楽しむなら警察署裏の海岸@砂浜、リニーの塔に向かう道の下@岩場、
この2か所がオススメ。
いずれも透明度が高く、ライフセーバーもいます。

9月はまだまだ海水浴シーズン!
今年はいつまで泳げるかな?

by latavolasiciliana | 2016-09-01 20:42 | トラーパニの風景 | Comments(0)

イタリア人も美食と羨むイタリアの南に浮かぶ島・シチリア島から。トラーパニ在住、「シチリア 食のスペシャリスト REI」が市場、食材、レシピ、オリーブオイル豆知識など、美味しい&幸せな食卓をお届けします!シチリア観光情報もあり☆


by latavolasiciliana